スマートフォン

【2023最新】今買うべきおすすめスマホまとめ/ベンチマークランキング【AnTuTu / PCMarkスコア】

新しいスマホが欲しいけど何を買っていいのか分からない!

高いものから安いものまで多くのスマホが販売されているので、こんな風に悩んでいる人が多いことでしょう。

そこで本記事では、毎月スマホを購入して実際に使っている僕がおすすめのスマホを厳選して紹介いたします。

もちろん僕のおすすめだけでは単なる主観になってしまうので、客観的にスマホの性能を評価できるベンチマークスコアもランキング形式にして掲載するのでチェックしてください。

スマホを買うタイミングは?

iPhone SE(第3世代)

スマホはどんなタイミングで買うべきなのか?

ズバリ!「買いたい時が買い替え時」です。

ちびめがね
ちびめがね
どっかで聞いたことあるな・・・。

もちろん以下のように絶対買い替えが必要な時期はもちろんあります。

  • 故障してしまった
  • 落としてしまった
  • 2年間の分割払いが終了する

そうでなければ、欲しいと思った時に買うのが最も適切なタイミングと言えるでしょう。

スマホは家電と同じように毎年必ず新しいモデルが発売されます。さらに言えば、毎月と言っていいほど様々なメーカーから新しいスマホが登場します。

こんな状況で「もっと良いスマホが出るんじゃないか?」と待っていたら、いつまで経っても買い替えができなくなってしまうんです。

  • なんだか動きがモッサリしてきた
  • バッテリーもちが悪くなった気がする
  • もっと綺麗に撮れるカメラが欲しいな

何年か使っていて、こんな風に思うことがあったら、どんなスマホが販売されているかチェックしてみましょう。

ピンとくるスマホが見つかったら、それはあなたが買うべきスマホかもしれませんよ!

さらに詳しく、そのスマホのことが知りたい場合には、ぜひ当ブログの実機レビューも参考にしてくださいね。

自分に最適なスマホの選び方

Xperia 10 Ⅱ

「おすすめのスマホを教えてください」

実はこれは最も答えるのが難しい質問。人によって使い方や求めるものが違うので、最適なスマホも人によって異なります。

  • 動作性能
  • カメラ性能
  • バッテリー性能
  • 機能・付加価値
  • 価格・コスパ

自分がどんな使い方をして、どれくらいの性能が必要で、予算は幾らなのか。これらを明確にすることで自分に合ったスマホが少しずつ絞れてくると思います。

動作性能・バッテリー性能

Pixel 6 Proのサイズ感

動作性能やバッテリー性能はスマホのスペックを見るとある程度は判断できます。

搭載されているSoC(CPU)やメモリ量、バッテリー性能はバッテリー容量をチェックしてみましょう。

もちろんスマホはメーカーがチューニングしているので、同じSoC・バッテリー容量でも同じように動くとは限りません。

そこで参考にしたいのがベンチマークスコアです。

ベンチマークスコアはスマホの動作性能やバッテリー性能を数値化し、客観的に判断できる指標になります。

当ブログではレビュー記事を作成する際に、以下の2つのベンチマークスコアを計測するようにしています。

  • 動作性能:AnTuTuベンチマーク
  • バッテリー性能:PCMark

後述のベンチマークランキングを御覧ください。

ちびめがね
ちびめがね
iOSとAndroidの性能は単純比較できないのでiOSスコアは参考程度にしてください!

カメラ性能

OnePlus Nord 2のデザイン

カメラ性能も良い悪いの判断が非常に難しいもの。

どんな写真を綺麗と感じるのか、どのくらいの写真が撮影できれば良いのか、やはり人によって基準が異なります。

ただ一般的に言われているのは、高価なスマホほどカメラ性能が高い傾向にあるということです。

搭載されているイメージセンサー等の性能が高いものになるので必然的にカメラ性能も良くなります。

カメラ性能を重視するなら、スマホの価格が高くなってしまうことは知っておきましょう。

ちびめがね
ちびめがね
もちろん価格が全てではないですよ!

当ブログのスマホレビュー記事では、必ずカメラ性能をチェックするために実際に撮影した作例を掲載していますので、気になるスマホが見つかったらチェックしてください。

機能・付加価値

Zenfone 8の30W急速充電

動作性能・バッテリー性能・カメラ性能と併せてチェックしたいのが、付加価値的な要素になる機能です。

  • 防塵防水性能
  • おサイフケータイ
  • 指紋認証
  • 急速充電
  • ワイヤレス充電
  • イヤホンジャック
  • ステレオスピーカー

これらは必要か不要かどちらかになるかと思います。

ちなみに僕がメインスマホとして使うなら「防水性能」「おサイフケータイ」は必ず搭載されているものを購入します。

以前はハイエンドモデルにしか搭載されてないことが多かったのですが、2021年頃からミドルレンジ・エントリーモデルにも搭載されている状況です。

【iPhone SE(第3世代)レビュー】A15&ホームボタン搭載のコスパモデル!iPhone 12 miniとの比較で分かるメリット・デメリット・評価iPhone SE(第3世代)を実機レビューしています。5万円台から購入できる廉価モデル。iPhone 13シリーズと同じA15 Bionicを搭載。待望のホームボタンも搭載されております。iPhone 12 miniとの比較を中心にメリット・デメリット・評価を解説。...
【AQUOS sense7レビュー】シリーズ最高傑作!使ってわかったメリット・デメリット・評価AQUOS sense7はSnapdragon 695 5Gを搭載したミドルレンジスマホ。senseシリーズの特徴である扱いやすさはそのままに、カメラ性能が大きく進化しています。超長持ちバッテリーも魅力的な1台です。実際につかって感じたメリット・デメリットを含めて実機レビューしています。...
【OPPO Reno7 Aレビュー】使ってわかったメリット・デメリット・評価を解説!薄型&軽量で扱いやすい万能ミドルレンジスマホOPPO Reno7 Aを実機レビューしています。扱いやすいサイズ感でおサイフケータイ・IP68防塵防水を搭載した万能ミドルレンジスマホ。美しい背面パネルのデザインも魅力。長く使い続けられる1台に仕上がっております。使って感じたメリット・デメリット・評価を解説です。...
【Xperia 10 Ⅳレビュー】使ってわかったメリット・デメリット・評価を解説!サイズ感が最強でメインスマホにしたくなるXperia 10 ⅣはSnapdragon 695 5Gを搭載したSONY製のミドルレンジスマホ。普段使いに困らない動作性能でおサイフケータイ・IP68防塵防水にも対応。コンパクトなのに大画面ディスプレイ搭載した魅力的な1台です。Xperia 10 Ⅳを実機レビューしています。...

スマホ選びに困ったらiPhoneを買うべきです

iPhone 12 mini パープル

色々検討しても、どんなスマホを買ったらいいのか分からない。

そういう場合にはiPhoneを購入するのがベストです。

身も蓋もないように感じるかもしれませんが、結局iPhoneを買っておけば間違いないと思っています。

理由は簡単で、バッテリー性能こそ少し弱いものの、必要な性能・機能が殆ど揃っているので不満を感じにくいからです。

  • トップクラスの動作性能
  • 重いゲームにも対応できる
  • プロ並みに撮影できるカメラ性能
  • おサイフケータイ
  • 防塵・防水性能
  • 急速充電
  • ワイヤレス充電
  • ステレオスピーカー

好みのサイズ感と求めるカメラ性能を検討して購入モデルを選択すれば良いでしょう。

例えば僕はカメラ性能はそこそこでも、コンパクトなスマホが好きなのでiPhone 12 miniを購入しました。

【iPhone 12 mini パープル レビュー】ケース付けずに使いたいポップな新色!iPhone 12 miniの新色パープルをレビューしています。ケースを付けずに使いたくなる魅力的なデザインに注目。カメラ性能・バッテリー性能を中心に実機を使ってレビューです。...

ただ、これだけ優秀な機能・性能が搭載されている分、価格は当然高くなります。

このため、最新のiPhoneを購入するならキャリアでの長期分割払いが王道。2年毎に最新モデルを使えますからね。

楽天モバイルなら回線契約なしでも2年レンタル(48回分割で購入して2年後に返還することで残債免除)することも可能です。

楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラムの注意点・デメリットを解説!楽天モバイルのiPhoneアップグレードプログラムについて解説しています。25ヶ月以上使用することを条件に、iPhoneの実質負担額が半額になるプログラム。注意点もあるのでご確認ください。...

また、旧モデルであればMVNO(格安SIM)で定価よりも安いキャンペーン価格で購入することもできちゃいます。

【2月最新】OCNモバイルONEスマホセール価格まとめ!新規もMNPも端末が安い!【2023年2月最新版】OCN モバイル ONEで開催中のスマホセール情報をまとめて紹介しています。音声通話SIMとのセット購入で最新スマホが格安に!...
【2月最新】IIJmioスマホ特価キャンペーン対象端末まとめ!MNPがチャンス!月額料金・初期費用割引特典も付いてくる2023年2月1日から2月28日までIIJmioでスマホが安くなるキャンペーンを開催中。対象スマホとキャンペーン価格をまとめて紹介しています。音声通話SIM&他社からのMNPが適用条件。注意点も併せて解説です。...

個人的におすすめは、1世代前のモデルの激安購入です。

iPhoneは過剰なくらいに優秀な性能なので、数年前のモデルでも十分メインとしてバリバリ使えます。

バッテリー性能の消費が気にならないのであれば中古iPhoneの購入を視野に入れてもいいでしょう。

にこスマの評判・口コミ・特徴まとめ!売ってるiPhoneの品質もチェックしてみた中古スマホショップ「にこスマ」をレビュー。利用制限なし・キレイ・機能不能なしの良質な「三つ星スマホ」を数多く販売しています。360°の商品画像やバッテリー最大容量も掲載されているので安心して買い物できます。特徴・評判・口コミ、実際に販売されているiPhoneの品質もチェックしてみました。...

不満を感じるポイントがあるとすれば最新モデルのiPhoneは指紋認証が搭載されていないところでしょうか。

マスクをして生活している時間が長い現状で、スマホのロックを解除するためにマスクをずらすのはめんどくさいと思います。

iOSのアップデートでマスクを装着したままでもロック解除できるようになったものの、完璧な精度とまではいきません。

もちろん解決手段がないわけではありません。

Apple Watchがあればマスクを装着したままロック解除できますし、ホームボタンが搭載された旧モデルを購入すれば指紋認証を使うことも可能です。

2022年に発売されたiPhone SE(第3世代)はホームボタンを搭載したモデル。

iPhone 13シリーズと同じチップセットを搭載していながら5万円台で購入できるコスパの高さが魅力です。

【iPhone SE(第3世代)レビュー】A15&ホームボタン搭載のコスパモデル!iPhone 12 miniとの比較で分かるメリット・デメリット・評価iPhone SE(第3世代)を実機レビューしています。5万円台から購入できる廉価モデル。iPhone 13シリーズと同じA15 Bionicを搭載。待望のホームボタンも搭載されております。iPhone 12 miniとの比較を中心にメリット・デメリット・評価を解説。...

おすすめのハイエンドモデル

やっぱりiPhoneが最強だ!

事実そう思っているのですが、僕はiPhoneをメインスマホでは使っていません。

指紋認証が搭載されていないので不便に感じる機会が多いからです。

もしあなたがiPhoneと変わらない性能のスマホが欲しいなら、やはり各メーカーがフラッグシップモデルとして発売している「ハイエンドモデル」が最適と言えるでしょう。

これまでにレビューしてきたハイエンドモデルの中でおすすめのスマホを紹介いたします。

Zenfone 9

Zenfone 9

Zenfone 9は2022年11月に発売されたASUS製のSIMフリースマホ。

片手でも扱いやすいサイズ感ながら2022年の最高性能SoC「Snapdragon 8+ Gen 1」を搭載し、「IP68防塵防水」「おサイフケータイ」にも対応したハイエンドモデルです。

  • コンパクトサイズ・超軽量
  • 極上の動作性能
  • ゲーム性能が高い
  • 発熱が気にならない
  • 美しいAMOLEDディスプレイ
  • 120Hzリフレッシュレート
  • 30W急速充電
  • 困らないカメラ性能
  • ステレオスピーカー
  • 指紋認証&顔認証
  • おサイフケータイ
  • IP68防塵防水

旧モデルZenfone 8は発熱とバッテリーもちがきになる要素でしたが、Zenfone 9は改善されております。

スマホの価格が高騰している現状で99,800円(税込)で購入できるコスパの良さも魅力です。

詳しいレビューはこちら

【Zenfone 9レビュー】コンパクトハイエンドが進化!使ってわかったメリット・デメリット・評価Zenfone 9は片手操作がしやすいコンパクトサイズでありながら、SoCにSnapdragon 8+ Gen 1を搭載したハイエンドモデルです。おサイフケータイ・IP68防塵防水にも対応ているので多くの人を満足させる1台。メリット・デメリットを含めてZenfone 9を実機レビューしています。...

Google Pixel 7 Pro

Pixel 7 Pro

2022年にGoogleが発売したフラッグシップモデルです。

動作性能は他のハイエンドよりも控えめですが、カメラの性能がめちゃくちゃ高いことが特徴。誰でも簡単に綺麗な写真を撮影できます。

Pixel 7 Proのカメラバー
ちびめがね
ちびめがね
現在レビュー記事を作成中です!

ROG Phone 6

スマホの使い方がゲーム中心の人は、ゲーミングスマホの購入も視野に入れておきましょう。

2022年10月に発売されたROG Phone 6はとてつもないゲーム性能でした。

ROG Phone 6
  • Snapdragon 8+ Gen 1
  • 最新冷却システム
  • 6.78インチ AMOLEDディスプレイ
  • リフレッシュレート165Hz
  • 6,000mAhバッテリー
  • 超音波ボタントリガー
  • モーションセンサートリガー
  • ステレオスピーカー
  • RGBライト

ゲーミングの名に恥じぬ機能・性能を余すことなくゴリゴリ搭載。

極めて高い動作性能・ゲーム性能ながらも、発熱がかなり抑えられており、カメラ性能の高さにも驚かされます。

ゲームエンジョイ勢の僕からすれば、ショルダートリガーが搭載されているだけでもプレイの幅が大きく広がりました。

最小構成モデルでも価格は12万円を超えているので超高級ですが、ゲーマーさんなら十分その価値があるでしょう。

詳しいレビューはこちら

【ROG Phone 6レビュー】使ってわかったメリット・デメリット・評価!2022年最強ゲーミングスマホ降臨ROG Phone 6を実機レビューしています。Snapdragon 8+ Gen 1を搭載したAsus製のゲーミングスマホです。超音波式ショルダートリガーやモーションコントロールなどゲームに特化した機能が盛り沢山。発熱が抑えられている点も魅力。2022年最強のゲーミングスマホです。...

おすすめの高コスパスマホ

安くて高性能なスマホが欲しい!

特にAndroidを探している多くの人は、こんな風に考えているんじゃないでしょうか?

これまで安いスマホは性能が低く、まともに使えないことばかりでした。まさに安かろう悪かろうですね・・・。

でも、今は違います。

2021年頃から、日本に進出した中国メーカーから驚くほどコスパの高いスマホが発売されるようになりました。

多くの人を満足させる性能を持ったスマホ。

4~5万円で購入できる、いわゆる「ミドルレンジ」と呼ばれるスマホです。

あなたがスマホを買い替えたいと考えているなら、まずこの価格帯のスマホをチェックしてみましょう。

実際に僕も話題のスマホを購入してレビューしているので、特におすすめの機種を紹介していきます。

Google Pixel 6a

Google Pixel 6a

2022年7月に発売されたGoogle 6シリーズの廉価モデルです。

5万円台でありながら、フラッグシップモデルPixel 6 Proと同じSoC「Google Tensor」を搭載。

個人的に現時点でのコスパ最強スマホはPixel 6aだと思っています。

  • 6.1インチ 有機ELディスプレイ
  • 軽量・扱いやすいサイズ感
  • 長持ちバッテリー
  • おサイフケータイ
  • IP67 防塵防水
  • ステレオスピーカー

しっかりと欲しい機能も入っているので安心です。

ちなみに僕のメインスマホがPixel 6a。

使いやすくてめちゃくちゃ気に入っています。

詳しいレビューはこちら

【Pixel 6aレビュー】使ってわかったメリット・デメリット・評価!2022年最強コスパスマホ決定!Google Pixel 6aの実機レビューしています。5万円台ながらもSoCにGoogle Tensorを搭載。おサイフケータイ・IP67防塵防水にも対応し、軽くて扱いやすいサイズ感も魅力なコスパの高いスマホです。...

AQUOS sense7

AQUOS sense7のメリット・デメリット・評価

ライトユーザーからミドルユーザーまで幅広い層に人気のあるAQUOS senseシリーズの2022年最新モデル。

コンパクトで軽量、普段使いに困らない動作性能と長持ちバッテリーが愛される理由です。

さらにsense7はメインカメラの性能が大きく進化しております。

もちろん「おサイフケータイ」「IP68防塵防水」にもしっかり対応。

価格は5万円台なのでちょっぴり高いですが、多くの人を満足させる魅力的な1台です。

詳しいレビューはこちら

【AQUOS sense7レビュー】シリーズ最高傑作!使ってわかったメリット・デメリット・評価AQUOS sense7はSnapdragon 695 5Gを搭載したミドルレンジスマホ。senseシリーズの特徴である扱いやすさはそのままに、カメラ性能が大きく進化しています。超長持ちバッテリーも魅力的な1台です。実際につかって感じたメリット・デメリットを含めて実機レビューしています。...

Redmi Note 11 Pro 5G

Redmi Note 11 Pro 5G

Xiaomiが2022年5月に発売したミドルレンジスマホ。

定価4万円台でありながら、ハイエンドモデル顔負けの付加価値を盛り込んだコスパの高い1台です。

  • 6.67インチ 有機ELディスプレイ
  • リフレッシュレート120Hz
  • 67W急速充電
  • 1億800万画素メインカメラ
  • ステレオスピーカー
  • おサイフケータイ

搭載SoCも「Snapdragon 695 5G」と普段使いには十分な性能。

おサイフケータイが搭載されているのが嬉しいポイントです。

サイズが大きく重たいところは気になりますが、多くの人を満足させるスマホだと思います。

詳しいレビューはこちら

【Redmi Note 11 Pro 5Gレビュー】使ってわかったメリット・デメリット・評価を解説!Redmi Note 11 Pro 5Gは2022年5月に発売されたミドルレンジスマホ。普段使いに困らない動作性能・リフレッシュレート120Hzに対応した有機ELディスプレイ・67W急速充電。さらにおサイフケータイにまで対応したコスパの高い1台に仕上がっております。実際に使ってみた様子を実機レビューです。...

OPPO Reno7 A

OPPO Reno7 A

2022年6月に発売されたOPPOのミドルレンジスマホ。

旧モデルReno5 Aと同様おサイフケータイ・IP68防塵防水に対応。

さらに軽量で扱いやすいサイズ感が魅力的な1台になっております。

  • 6.4インチ 有機ELディスプレイ
  • リフレッシュレート90Hz
  • 快適な動作性能
  • 長持ちバッテリー

多くの人が欲しいと思っている機能・性能が詰まった、長く使えるコスパの高いモデルです。

詳しいレビューはこちら

【OPPO Reno7 Aレビュー】使ってわかったメリット・デメリット・評価を解説!薄型&軽量で扱いやすい万能ミドルレンジスマホOPPO Reno7 Aを実機レビューしています。扱いやすいサイズ感でおサイフケータイ・IP68防塵防水を搭載した万能ミドルレンジスマホ。美しい背面パネルのデザインも魅力。長く使い続けられる1台に仕上がっております。使って感じたメリット・デメリット・評価を解説です。...

おすすめのエントリーモデル

2021年頃から、SoC(CPU・GPU)の性能が高くなり、2~3万円程のいわゆる「エントリーモデル」でも普段使いに困らない十分な動作性能をもつスマホが増えてきました。

安くてもストレスなく動いてくれるのであれば、多くの人が満足できるので個人的に非常に注目しているモデルです。

これまでレビューしてきた中でおすすめのエントリーモデルを紹介いたします。

Redmi Note 11

Redmi Note 11

2022年3月にXiaomiが発売したSIMフリーモデル。

定価24,800円(税込)ながら、ミドルレンジ顔負けの機能・性能をもった高コスパスマホです。

  • 6.43インチ有機ELディスプレイ
  • リフレッシュレート 90Hz
  • 33W 急速充電
  • ステレオスピーカー
  • デュアルSIM+SDカード

もちろん、おサイフケータイ・防水性能が非搭載であったり、重いゲームまではプレイできなかったりと物足りない部分もありますが、2万円台で購入できるスマホとは思えない完成度。

デザインも可愛らしいので、お子さんにもおすすめです。

詳しいレビューはこちら

【Redmi Note 11レビュー】メリット・デメリット・評価を解説!2万円台のスマホに高駆動AMOLEDディスプレイと33W急速充電!Xiaomi Redmi Note 11(日本版)を実機レビューしています。2万円台で購入できるモデルながらリフレッシュレート90Hzに対応した有機ELディスプレイや33W急速充電を搭載したコスパの高い1台です。ライトユーザーにおすすめのSIMフリースマホ。...

iPhone SE(第3世代)

iPhone SE(第3世代)

2022年3月に発売された、5万円台で購入できるiPhoneの廉価モデルです。

片手操作しやすいコンパクトサイズながら、iPhone 13シリーズと同じSoC(A15 Bionic)を搭載しているのでサクサク使えるのが最大のメリット。

ホームボタンを搭載しているのも嬉しいポイントです。

  • 最高レベルの動作性能
  • 悪くないバッテリー性能
  • 想像以上に優秀なカメラ
  • 指紋認証
  • おサイフケータイ
  • 防塵防水
  • ワイヤレス充電対応
  • 5G通信対応

個人的に初めてのスマホこそ動作性能がしっかりしているものが良いと感じています。

あまりにも動きが悪いと使うのが嫌になってしまいますからね・・・。

この点、iPhone SE(第3世代)は最高の動作性能とお子さんでも使いやすいサイズ感が魅力。

一般的なエントリーモデルと比べるとちょっぴり高いですが、長く使える1台になると思います。

詳しいレビューはこちら

【iPhone SE(第3世代)レビュー】A15&ホームボタン搭載のコスパモデル!iPhone 12 miniとの比較で分かるメリット・デメリット・評価iPhone SE(第3世代)を実機レビューしています。5万円台から購入できる廉価モデル。iPhone 13シリーズと同じA15 Bionicを搭載。待望のホームボタンも搭載されております。iPhone 12 miniとの比較を中心にメリット・デメリット・評価を解説。...

おすすめの海外スマホ

realme GT Master Editionのサイズ感

もし自分にピッタリのスマホの性能・機能がハッキリしているなら、日本国内で発売されていない海外スマホの購入にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

AliExpressで買い物する方法を解説!住所の入力やお得な支払い方法を紹介海外通販サイト「AliExpress(アリエクスプレス)」で買い物する方法を紹介しています。さらにお得に購入できる方法も。AliExpressでお得に、珍しいものを買ってみましょう。...

ハイエンドモデル並みの基本性能ながら、格安で購入できるところが魅力です。

現在当ブログでレビューしたスマホの中でおすすめなのが以下の3機種。どれも日本円で3万円台ながら超高性能なのでおすすめです。

  • POCO F3
  • POCO X3 GT
  • realme GT Master Edition
【POCO F3レビュー】3万円台で買えるハイエンドスマホ!ゲームもカメラも十分な性能で圧倒的なコスパ!POCO F3をレビューしています。3万円台で購入できる高性能スマホです。Snapdragon 870搭載でAnTuTu60万点以上の基本性能、リフレッシュレート120Hz、カメラも綺麗。2021年のフラッグシップキラーはこのスマホに決まり!...
【POCO X3 GTレビュー】メリット・デメリット・評価を解説!3万円台でAnTuTu55万点の超コスパモデル!POCO X3 GTを実機レビューしています。3万円台なのに動作性能はハイエンドモデルと同等。120Hzリフレッシュレート、長持ちバッテリー、ハイレゾ対応と優秀な機能が搭載されております。...
【realme GT Master Editionレビュー】3万円台でAnTuTu50万点超え!唯一無二のデザインとストリートフォトグラフィーが良い感じ!realme GT Master Editionを実機レビューしています。オシャレなスーツケースデザインが目を引く独創的なスマホ。Snapdragon 778G 5G搭載で動作性能もサクサク。65W急速充電にも対応したコスパの高いモデルです。...

もちろん日本で発売されていない、ハイエンドモデルも多数ありますよ。

【OnePlus 10 Proレビュー】AnTuTu100万点超えでも評価イマイチ?実機を使って感じたメリット・デメリットOnePlus 10 Proを実機レビューしています。メリット・デメリット・評価をまとめて紹介。2022年OnePlusフラッグシップモデルの実力は?A review of the OnePlus 10 Pro. Pros / Cons / Verdict.How about is 2022 Flagship model of OnePlus?...

なお、海外スマホには以下のデメリットがあるので購入前に必ず確認しておきましょう。

  • 技適がない
  • 国内キャリアのBandに非対応の場合がある
  • VoLTE化が必要な場合がある
  • 保証がない or あっても手続きが海外
  • 到着まで時間がかかる
  • 価格は為替相場で変動する

なかなか難しい面が多いので、よく分からない場合は手は出さないほうが無難かもしれませんね。

AnTuTu(Ver.8)のスコアランキング

AnTuTuベンチマーク(Ver.8)のスコアです。iOSデバイスとAndroidデバイスは単純比較ができないのでiOSスコアは参考として最下部に掲載しています。機種名をタップするとレビュー記事に飛ぶので御覧ください。

機種名総合スコアGPUスコアSoC
ROG Phone 6990,750482,528Snapdragon 8+ Gen 1
Zenfone 9968,744477,415Snapdragon 8+ Gen 1
REDMAGIC 7922,818447,789Snapdragon 8 Gen 1
Xiaomi 12T Pro918,756457,011Snapdragon 8+ Gen 1
OnePlus 10 Pro895,349455,360Snapdragon 8 Gen 1
Galaxy Z Flip4808,996394,051Snapdragon 8+ Gen 1
Vivo iQOO 7727,471315,115Snapdragon 888
Mi 11694,919310,008Snapdragon 888
Zenfone 8686,782297,175Snapdragon 888
Google Pixel 6 Pro621,697274,546Google Tensor
OnePlus 9R604,497235,447Snapdragon 870
POCO F3602,575240,828Snapdragon 870
moto g100594,324230,919Snapdragon 870
Google Pixel 6a563,665228,471Google Tensor
POCO X3 GT533,508200,343Dimensity 1100
Nothing Phone (1)517,329165,201Snapdragon 778G+
realme GT Master Edition482,087143,716Snapdragon 778G
Mi 11 Lite 5G466,220156,980Snapdragon 780G
OUKITEL WP10336,11497,583Dimensity 800
moto g52j 5G334,44881,025Snapdragon 695 5G
Xperia 10 Ⅳ332,21881,906Snapdragon 695 5G
POCO X4 Pro 5G331,12480,478Snapdragon 695 5G
Redmi Note 11 Pro 5G328,33980,229Snapdragon 695 5G
AQUOS sense7326,19080,853Snapdragon 695 5G
OPPO Reno5 A324,54993,421Snapdragon 765G
OPPO Reno7 A320,51580,454Snapdragon 695 5G
Galaxy M23 5G317,86575,318Snapdragon 750G 5G
DOOGEE V20299,57068,104Dimensity 700
Pixel 5299,01660,413Snapdragon 765G
Mi 11 Lite(4G)289,24778,804Snapdragon 732G
Redmi Note 9T288,15782,086Dimensity 800U
OnePlus Nord N10286,23762,520Snapdragon 690 5G
UMIDIGI S5 Pro285,57381,891MediaTek Helio G90T
AQUOS sense4 lite276,29772,642Snapdragon 720G
Redmi Note 9S275,80572,136Snapdragon720G
Rakuten Hand271,25172,756Snapdragon 720G
POCO X3 NFC268,67976,024Snapdragon 732G
AQUOS sense6267,15944,165Snapdragon 690 5G
OPPO A55s 5G256,20069,670Snapdragon 480
Rakuten Hand 5G252,60751,534Snapdragon 480
Redmi Note 10 JE252,60250,346Snapdragon 480
Redmi Note 11229,43839,339Snapdragon 680
OPPO Pad Air216,67228,608Snapdragon 680
TCL 10 Lite187,47835,122Snapdragon 665
Redmi 9T184,92134,405Snapdragon 662
OPPO A5 2020183,77234,517Snapdragon 665
OPPO Reno3 A183,30334,180Snapdragon 665
OPPO A73182,64033,748Snapdragon 662
moto g31182,07646,021MediaTek Helio G85
UMIDIGI BISON177,84133,214MediaTek Helio P60
Xperia 10 Ⅱ169,07224,724Snapdragon 665
Unihertz Jelly 2165,47632,718MediaTek Helio P60
Huawei P40 lite E162,71626,630Kirin 710F
UMIDIGI A9 Pro159,93825,302MediaTek Helio P60
OUKITEL C21143,14925,580MediaTek Helio P60
OPPO A77107,54815,018MediaTek Helio G35
UMIDIGI A1193,95612,156MediTek Hekio G25
Blackview BV5500 Pro55,7842,199MediaTek MT6739WW
OUKITEL C12 PRO43,450不明MediaTek MT6739WW
iPhone 12 mini607,279263,095A14 Bionic(参考)
iPhone SE(第2世代)443,349185,100A13 Bionic(参考)

AnTuTu(Ver.9)のスコアランキング

AnTuTuベンチマーク(Ver.9)のスコアです。iOSデバイスとAndroidデバイスは単純比較ができないのでiOSスコアは参考として最下部に掲載しています。機種名をタップするとレビュー記事に飛ぶので御覧ください。

機種名総合スコアGPUスコアSoC
ROG Phone 61,116,376473,906Snapdragon 8+ Gen 1
Zenfone 91,089,458471,964Snapdragon 8+ Gen 1
Xiaomi 12T Pro1,059,065463,468Snapdragon 8+ Gen 1
REDMAGIC 71,038,960445,349Snapdragon 8 Gen 1
OnePlus 10 Pro1,010,691442,814Snapdragon 8 Gen 1
Galaxy Z Flip4985,722424,758Snapdragon 8+ Gen 1
Zenfone 8756,191281,434Snapdragon 888
Google Pixel 6 Pro717,083295,105Google Tensor
OnePlus 9R686,568237,427Snapdragon 870
POCO F3679,086238,895Snapdragon 870
OnePlus Nord 2 5G677,135236,999Dimensity 1200-AI
Google Pixel 6a651,514246,846Google Tensor
moto g100638,327223,684Snapdragon 870
POCO X3 GT589,439203,733Dimensity 1100
Nothing Phone (1)574,699175,211Snapdragon 778G+
realme GT Master Edition527,984155,041Snapdragon 778G
Mi 11 Lite 5G525,935167,696Snapdragon 780G
Galaxy M23 5G383,15491,728Snapdragon 750G 5G
Xperia 10 Ⅳ380,01698,139Snapdragon 695 5G
POCO X4 Pro 5G379,15797,142Snapdragon 695 5G
moto g52j 5G376,46895,715Snapdragon 695 5G
AQUOS sense7372,43696,362Snapdragon 695 5G
Redmi Note 11 Pro 5G372,38995,801Snapdragon 695 5G
OPPO Reno5 A371,016100,987Snapdragon 765G
OPPO Reno7 A352,89093,716Snapdragon 695 5G
Mi 11 Lite(4G)350,59894,488Snapdragon 732G
DOOGEE V20342,08578,314Dimensity 700
OnePlus Nord N10340,96077,570Snapdragon 690 5G
AQUOS sense6310,98658,014Snapdragon 690 5G
Rakuten Hand 5G310,12175,790Snapdragon 480 5G
AQUOS wish287,50166,447Snapdragon 480 5G
OPPO Pad Air250,94938,118Snapdragon 680
Redmi Note 11249,84238,286Snapdragon 680
OPPO Reno3 A215,17340,233Snapdragon 665
moto g31194,70139,554MediaTek Helio G85
OPPO A77118,81516,988MediaTek Helio G35
iPhone 12 mini735,497309,153A14 Bionic(参考)
iPhone SE(第3世代)720,343290,048A15 Bionic(参考)

PCMarkバッテリースコアランキング

PCMarkというアプリでバッテリー残量100%から20%まで消耗する時間を計測した結果です。機種名をタップするとレビュー記事に飛ぶので御覧ください。

機種名計測結果バッテリー容量
AQUOS sense4 lite21時間50分4,570mAh
Redmi Note 10 JE21時間43分4,800mAh
Xperia 10 Ⅳ20時間55分5,000mAh
Redmi Note 9S20時間30分5,020mAh
Redmi 9T19時間42分6,000mAh
POCO X3 NFC19時間24分5,160mAh
OUKITEL WP1019時間6分8,000mAh
Redmi Note 9T18時間28分5,000mAh
moto g10017時間46分5,000mAh
moto g52j 5G17時間38分5,000mAh
AQUOS sense717時間23分4,570mAh
Rakuten Hand16時間39分2,750mAh
AQUOS sense616時間16分4,570mAh
OPPO Reno7 A16時間4分4,500mAh
OPPO A5 202015時間20分5,000mAh
OnePlus Nord 2 5G14時間55分4,500mAh
Redmi Note 1114時間50分5,000mAh
POCO X4 Pro 5G14時間44分5,000mAh
Huawei P40 lite E14時間41分4,000mAh
POCO X3 GT14時間31分5,000mAh
OPPO Pad Air14時間24分7,100mAh
UMIDIGI BISON14時間11分5,000mAh
OPPO A7713時間44分5,000mAh
TCL 10 Lite13時間40分4,000mAh
realme GT Master Edition13時間34分4,300mAh
UMIDIGI A1113時間27分5,150mAh
Galaxy M23 5G13時間17分5,000mAh
DOOGEE V2013時間13分6,000mAh
Xperia 10 Ⅱ13時間10分3,600mAh
moto g3113時間10分5,000mAh
Xiaomi 12T Pro12時間48分5,000mAh
OnePlus 9R12時間34分4,500mAh
Redmi Note 11 Pro 5G12時間33分5,000mAh
Vivo iQOO 712時間29分4,000mAh
AQUOS wish12時間27分3,730mAh
OnePlus 10 Pro12時間19分5,000mAh
OPPO A55s 5G11時間59分5,000mAh
ROG Phone 611時間15分6,000mAh
Mi 11 Lite 5G11時間12分4,250mAh
OPPO Reno5 A11時間10分4,000mAh
Zenfone 911時間07分4,300mAh
OUKITEL C2110時間51分4,000mAh
UMIDIGI A9 Pro10時間46分4,150mAh
Mi 11 Lite 4G10時間46分4,250mAh
OPPO A7310時間18分4,000mAh
OPPO Reno3 A09時間31分4,025mAh
Mi 1109時間26分4,600mAh
POCO F309時間18分4,520mAh
Galaxy Z Flip408時間42分3,700mAh
REDMAGIC 707時間13分4,500mAh
Unihertz Jelly 206時間54分2,000mAh
Zenfone 805時間55分4,000mAh
Google Pixel 6a計測エラー4,410mAh
Nothing Phone (1)計測エラー4,500mAh

スマホ実機レビュー一覧