ガジェット

【OPPO A73実機レビュー】デザインとディスプレイが美しい!けど高いかも・・・。

2020年11月20日に発売された、OPPO A73を購入しました。

OPPO A73
  • 6.64インチ 有機ELディスプレイ
  • 軽量薄型
  • レザー風デザイン
  • 超広角搭載の4眼カメラ
  • ディスプレイ指紋認証
  • 物理SIM&eSIM対応
  • バッテリー容量4,000mAh
  • 18W急速充電対応
  • Snapdragon662搭載

 

美しいデザインで、大型ディスプレイを搭載していながらも薄くて軽い、非常に扱いやすいスマホです。

搭載されているSoC(CPU)が「Snapdragon662」と、基本性能はそれほど高くないものの、ライトユーザーであれば普段使いに困らないと思います。

 

ただ実際に使ってみると、販売価格30,800円(SIMフリー版)はちょっと高いんじゃないかなー?という印象を受けました。

デザインや扱いやすさを重視するのであればOPPO A73をおすすめできますが、性能重視の人には向かないかもしれません。

ちびめがね
ちびめがね
他社製のスマホと比べてしまうと見劣りする部分がね・・・。

 

本記事では、OPPO A73を実際に使った様子をレビューしていきます。

OPPO A73の外観と付属品

OPPO A73のカラーバリエーションは2色。

OPPO A73のカラーバリエーション
  • ネービーブルー
  • ダイナミックオレンジ

 

ネービーも落ち着いた感じで素敵ですが、ダイナミックオレンジを購入してみました。

OPPO A73 ダイナミックオレンジ

 

見た目はレザー風ですが、質感はプラスチックです。

ケースを付けずにそのまま使っても良いかもしれません。

レザー風デザイン

 

飽きのこないスタイリッシュなデザインが魅力的。

 

サイズは、約72.9mm×159.8mm×7.45mm。

大きなサイズ感なのですが、横幅が狭く薄いので非常に持ちやすいです。

OPPO A73のサイズ感
OPPO A73は薄い

 

そして手にした時に驚くのが、OPPO A73の軽さ。

僅か163gしかありませんでした。

OPPO A73の重さ

 

付属ケースを装着しても182g。

OPPO A73の重さ

 

ディスプレイサイズが6インチ以上のスマホはズシッと重たいものが多いのですが、OPPO A73なら持ち運びも楽々です。

持ったときに手にしっくりきて、扱いやすいところはOPPO A73を使うメリットと言えます。

 

背面には4眼カメラを搭載。

金属メッキの縁取りが高級感も醸し出しています。

OPPO A73の4眼カメラ

 

レンズが本体から大きく飛び出ていないのもグッド。

OPPO A73の4眼カメラ
ちびめがね
ちびめがね
ケースを装着すれば机に直接触れることもないですよ!

 

左側面にはSIMカードスロットと、音量ボタン。

OPPO A73の左側面

 

カードスロットは、SIMカードとSDカードを1枚ずつ挿入できるタイプです。

OPPO A73のカードスロット

 

なお、OPPO A73には物理SIMとeSIMを1つずつ搭載可能。

eSIMと物理SIMを搭載可能

 

現在日本でeSIMを発行しているのは、楽天モバイルとIIJmioしかありません。

さらに音声通話可能なeSIMは楽天モバイルのみ。

DSDVに対応しているとは言っても、どちらでも通話したいのであれば、eSIMは必然的に楽天モバイルになってしまいます。

ちびめがね
ちびめがね
eSIMを取り扱う通信会社は、これから増えていくはずですよ!

 

右側面には電源ボタンがあります。

音量ボタンと電源ボタンの配置は、iPhoneと同じですね。

OPPO A73の右側面

 

底面には3.5mmイヤホンジャックと、USB-Cポート、スピーカーが搭載されています。

僕はワイヤレスイヤホンを使っていますが、有線イヤホンを使う人にとっては、イヤホンジャックがあるのは嬉しいポイントではないでしょうか。

OPPO A73の底面

 

OPPO A73の付属品は以下のとおり。

  • マニュアル
  • 保証書
  • SIMピン
  • 充電器
  • 充電ケーブル
  • クリアケース
OPPO A73の付属品

 

充電器は最大18W出力可能なタイプ。

ひし形のPSEマークの表示もあって、安心です。

OPPO A73の充電器

 

付属の充電ケーブルはUSB-A to USB-C。

OPPO A73付属の充電ケーブル

 

イヤホンはリモコン付きのインイヤータイプでした。

 

スマホケースが付属しているは嬉しいですよね。

付属のクリアケース

 

ちなみに液晶保護フィルムも、元々貼ってあります。

付属の液晶保護フィルム

OPPO A73のスペック表

OPPO A73のスペックは以下のとおりです。

サイズ約72.9mm×159.8mm×7.45mm
重さ約162g
ディスプレイ6.44 インチ有機EL
FHD+(2400×1080)
縦横比 20:9
408ppi
Corning Gorilla Glass 3
リフレッシュレート60Hz
OSColorOS 7.2
(based on Android 10)
CPUQualcomm Snapdragon 662
オクタコア:4×2.0GHz+4×1.8GHz
GPUAdreno 610
RAM4GB
LPDDR4X
ROM64GB
UFS 2.1
外部メモリmicroSDXC
最大256GBまで
アウトカメラ(メイン)1600万画素(ƒ/2.2 絞り値)
アウトカメラ(超広角)800万画素 (ƒ/2.2 絞り値 / 画角119 °)
アウトカメラ(ポートレート)200万画素 (ƒ/2.4 絞り値)
アウトカメラ(モノクロ)200万画素 (ƒ/2.4 絞り値)
インカメラ1600万画素 (ƒ/2.0 絞り値)
ビデオ(アウトカメラ)1080P/720P@30fps
電子式手ブレ補正
ビデオ(インカメラ)1080P/720P@30fps
バッテリー4,000mAh
18W急速充電対応(Q.C 3.0)
ポートUSB Type-C(USB 2.0)
生体認証ディスプレイ指紋認証
顔認証(カメラ)
対応SIM物理SIM
eSN
DSDV対応
対応BandGSM: 850/900/1800/1900MHz
WCDMA: Bands 1/2/4/5/6/8/19
FDD-LTE: B1/2/3/4/5/7/8/18/19/26/28
TD-LTE: Bands 38/41
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac
BluetoothVer.5.0
オーディオコーデックSBC, AAC, aptX
イヤホンジャックあり(3.5mm)
スピーカーモノラル
FMラジオ対応
防塵防水非対応
FeliCa(おサイフケータイ)非対応
ワイヤレス充電非対応

 

対応Bandが豊富なので、ドコモ・ソフトバンク・au・楽天のどの回線でも使えます。

ちびめがね
ちびめがね
楽天モバイルや格安SIMでも販売されている端末ですからね!

OPPO A73の使用感レビュー

ここからはOPPO A73を実際に使って見た様子を紹介していきます。

ディスプレイ

OPPO A73は、有機ELディスプレイ採用しているので、表示がとても綺麗です。

OPPO A73のディスプレイ
OPPO A73のディスプレイ

 

視野角も広く、きつい角度でもしっかり見えるので、ごろ寝スマホしても問題ないでしょう。

OPPO A73の広い視野角

 

さらにOPPO A73のディスプレイは6.44インチと大型。

ノッチが水滴型で小さいので、画面占有率が90.7%と高くなります。

水滴型ノッチ

 

ディスプレイが大きくて綺麗だと、全く同じ動画を閲覧していても、他のスマホとは迫力と没入感が違いますね。

OPPO A73のディスプレイは大きい

 

そもそも表示領域が広いのって、シンプルに便利ですよね。

6インチのGoogle Pixel 5と比較してもこれだけ変わってきますよ。

OPPO A73は表示領域が広い

指紋認証

OPPO A73のロック解除は指紋認証です。

しかも、ディスプレイ内にセンサーが搭載されています。

普段は見えませんが、ロック画面で自動表示。

OPPO A73の指紋認証

 

反応も悪くありません。

指紋認証でロック解除
ちびめがね
ちびめがね
ディスプレイ指紋認証は、机に置いた状態でロック解除できるので超便利!

 

なお、フロントカメラを利用した顔認証も搭載されています。

OPPO A73の顔認証
ちびめがね
ちびめがね
暗所で一切ロック解除できないので、おすすめできません!

AnTuTuベンチマークテスト

スマホの基本性能を数値化できるのがベンチマークテスト。

最も有名なAnTuTuを使ってみたところ、総合スコアは182640ポイントでした。

スコア的には必要最低限の性能を持ったミドルレンジクラスということになります。

OPPO A73のAnTuTuベンチマークスコア
ちびめがね
ちびめがね
ネットサーフィンや動画閲覧はできるけど、ゲームをするには厳しい感じ!

動作性能

スコアだけ見てもあまり参考にならないので、動作性能を見ていきましょう。

アプリの起動速度を僕が現在メインで使っているGoogle Pixel 5と比較してみました。

Twitterの起動比較Twitterの起動比較
Yahoo!JAPANの起動比較Yahoo!JAPANの起動比較
楽天市場の起動比較楽天市場の起動比較

 

軽めのサイトであれば大きな違いはありませんが、楽天市場のように重いサイトだと表示速度に違いを感じてしまいます。

Yahoo! JAPANでのブラウジングの様子を撮影しました。

 

画像の読み込みに時間がかかり、ページ遷移が少しモタつきますね。

当ブログの閲覧では、モタつきがさらに顕著です。

 

気になるレベルではないかもしれませんが、サクサク動くというわけにはいきません。

AnTuTuストレージテスト

AnTuTuでストレージ速度のテストをした結果がこちら。

OPPO A73のストレージテスト

 

読み込み・書き込み、どちらもそれほど速くありません。

RAMが4GBしか搭載されていないので、仕方ない部分ですが、本体起動に少し時間がかかります。

バッテリー性能

OPPO A73のバッテリー容量は4,000mAhと大容量。

PC MARKというアプリで、バッテリー残量100%から20%まで消耗する時間を計測した結果、10時間18分でした。

OPPO A73のバッテリーテスト

 

連続で10時間以上使い続けることができるので、バッテリーはかなり長持ち。

ゲームを長時間プレイする等、特殊な使い方をしなければ途中充電しなくても1日過ごすことができそうです。

また、OPPO A73は18W急速充電に対応しているので、2時間くらいでバッテリーをフル充電できます。

ちびめがね
ちびめがね
前日に充電し忘れても、朝の支度の30分間で50%充電可能!

 

なお、残念ながらワイヤレス充電には対応していません

スピーカーの音質

OPPO A73はモノラルスピーカーです。

端末の底面にしかスピーカーを搭載していません。

そのため、横向きでゲームをしたり動画を見る場合には、片側からしか音が出ないのでご注意ください。

OPPO A73はモノラルスピーカー
ちびめがね
ちびめがね
イヤホンしちゃえばハイレゾステレオですけどね!

カメラ性能

OPPO A78は、超広角を含む4眼カメラを搭載しています。

OPPO A73の4眼カメラ

 

いくつか撮影してみたので作例を御覧ください。

メインカメラで撮影メインカメラで撮影
超広角カメラで撮影超広角カメラで撮影
メインカメラで撮影メインカメラで撮影
超広角カメラで撮影超広角カメラで撮影

 

明るいところでは綺麗に撮影できました。

若干モヤがかかったような雰囲気に見えなくもないのですが、気になりますか?

撮影シーンを自動認識してくれるAIダズルカラーを使えば、食事がいい感じに撮影できます。

メインカメラで撮影メインカメラで撮影
メインカメラ(AI適用)で撮影メインカメラ(AI適用)で撮影
メインカメラで撮影メインカメラで撮影
メインカメラ(AI適用)で撮影メインカメラ(AI適用)で撮影

 

OPPO A73には夜景モードも搭載されていますが、暗所撮影は苦手なようです。

夜景モードで撮影夜景モードで撮影

 

同じ場所をGoogle Pixel 5の夜景モードで撮影したのがこちらの写真。

Google Pixel 5の夜景モードGoogle Pixel 5の夜景モード
ちびめがね
ちびめがね
やっぱり全然違いますよね・・・。

 

光の量が多ければ撮影できないことはありませんが、ちょっと厳しい感じです。

ポートレート撮影ポートレート撮影

 

背景をボカすポートレート撮影用の深度カメラも搭載されています。

明る所での撮影であれば、しっかり機能するので楽しいですよ。

ポートレート撮影ポートレート撮影
ポートレート撮影ポートレート撮影

 

ビデオ撮影も、静止画同様明るいところなら割と綺麗に撮影できます。

 

ちびめがね
ちびめがね
若干チリチリしてるのが気になるかなぁ・・・。

 

こちらは夜道を歩いている時を撮影した動画です。

 

手ブレ補正は頑張ってくれているのですが、不自然にカクカクしちゃいました。

カメラ性能は普通といったところ。

特別綺麗な写真が簡単に撮影できるというわけではないようです。

OPPO A73のイマイチなところ

OPPO A73を使って感じたイマイチな部分は以下の2点です。

  1. 防水・おサイフケータイ非対応
  2. コスパが高いわけではない

1つずつ紹介していきます。

防水・おサイフケータイ非対応

使う人によって変わる部分ではあるのですが、防水とおサイフケータイは対応していて欲しかったですね。

僕は半身浴をしながらスマホで動画をよく見るので、防水性能が全く無いOPPO A73を使うことができません・・・。

ディスプレイがめちゃくちゃ綺麗なので動画閲覧に最適なだけに残念です。

また、僕のメインキャッシュレス決済はQUICPay(クイックペイ)。

レジ横の端末にピッとタッチして使うスマホ決済です。

OPPO A73にはQUICPayに必要なFeliCaが搭載されていないので使えません。

ちびめがね
ちびめがね
バーコードのスマホ決済なら問題ありませんけどね!

 

これらの機能は、僕がスマホを購入するうえで重要視している部分なので、OPPO A73をメインとしては利用できません。

防水・おサイフケータイに対応しているスマホが良いのであれば、他の機種を購入したほうがいいでしょう。

なお、同じOPPO製のReno3 Aであればどちらにも対応しています。

ちびめがね
ちびめがね
僕のメインスマホはこれからもGoogle Pixel 5です!
【Pixel 5レビュー】指紋認証・防水・おサイフケータイ対応!使ってみたら最高でした!Google Pixel 5(グーグル ピクセル 5)をレビューしています。実際に使って感じたメリット・デメリット等を併せて紹介。基本性能は低いが必要な機能が全て搭載されたPixel 5にライバルはいるのか?指紋認証がキーポイント。...

コスパが高いわけではない

OPPO A73の販売価格は30,800円(SIMフリー版)です。

うーん・・・。

やっぱり基本性能を考えると、ちょっと割高感がありますね。

大きくて綺麗なディスプレイを搭載していながらも、薄くて軽量なので使いやすいのは確かです。

ただ、基本性能はソコソコで、カメラも普通。

さらに対応していて欲しい防水性能などがありません。

そこに3万円を支払う価値があるのかな?と考えると、OPPO A73は安易におすすめできないスマホってことになります。

少しサイズダウンしてしまいますが、あと5,000円追加してAQUOS sense 4を購入したほうが良いかもしれません。

基本性能がOPPO A73より高いうえに、防水・おサイフケータイに対応しています。

 

ただし、格安SIMなどでSIMカードとセット販売で購入するなら話は別。

各社で端末購入キャンペーンを開催しているので、OPPO A73を割安で購入できちゃいます。

通信会社販売価格
OCN モバイル ONE8,000円
(MNPによる加入時)
BIGLOBE mobile11,840円
(ポイント還元後の実質価格)
LINEモバイル23,800円

(すべて税別)

特にOCN モバイル ONEでの販売価格が破格状態・・・。

SIMカードとのセット販売であれば、OPPO A73を購入する価値が十分あると思います。

OPPO A73の評判・口コミ

OPPO A73を使っているユーザーの評判・口コミを見ていきましょう。

 

ディスプレイの美しさが称賛されている一方で、性能面がボチボチという声が多かったです。

OPPO A73はハイエンドモデルではないので、やはり注意が必要です。

ネットサーフィンや動画閲覧くらいであれば十分使えますが、人気のバトルロイヤルゲーム等をプレイする人は、OPPO A73のスペックでは物足りないと思います。

OPPO A73のレビューまとめ

OPPO A73をレビューしました。

基本性能はそれほど高いスマホではありませんが、スタイリッシュなデザインで、薄くて軽く、扱いやすい点が魅力です。

SIMフリー版を定価(30,800円)で買うのは、コスパが悪いのでやめておきましょう。

格安SIM等のキャンペーンを利用して、SIMカードとのセット販売でできるだけ安く購入することをおすすめします。

通信会社販売価格
OCN モバイル ONE8,000円
(MNPによる加入時)
BIGLOBE mobile11,840円
(ポイント還元後の実質価格)
LINEモバイル23,800円

(すべて税別)

 

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

楽天モバイルにしたいけどエリアじゃない・・・。
月額基本料1年無料が羨ましい・・・。

 

そんなあなたに朗報です!

 

安心のドコモ回線エリアに対応した格安SIM、y.u mobileにしてみませんか?

音声通話/3GBとプランは標準的ですが、2021年3月1日までの申込みで現金23,000円キャッシュバックキャンペーン中!

月額基本料金は1,859円(税込み)なので、1年で1,859円×12ヶ月=22,308円。

つまり!

キャッシュバックがあれば、月額基本料が実質1年無料になっちゃいます。

高速データ通信できるのは月3GBまでなので、データ使い放題ってわけにはいきませんが、外で動画を見ないのであれば十分。

しかもドコモ回線だから使えるエリアも広くて安心です。

 

現金23,000円キャッシュバックは、当サイト特設ページからの申込み限定のキャンペーン。

公式サイトからの申込みだと、22,500円キャッシュバックなのでちょっぴりお得。

月額基本料が高い大手キャリアから、格安SIMに乗り換えてみませんか?

 

y.u mobileについての詳しい解説は、こちらの記事をご覧ください。

y.umobileレビュー!
y.u mobile(ワイユーモバイル)レビュー!メリット・デメリット情報まとめ格安SIMのy.u mobile(ワイユーモバイル)を実際に使ってレビューしています。料金や通信速度、メリットデメリットをまとめて紹介いたします。当サイト限定キャッシュバックキャンペーンも開催中です!...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA