ガジェット

【Redmi Note 10 JEレビュー】メリット・デメリット・評価!2万円台でFeliCa&防水対応の5Gスマホ

2021年8月13日にauから発売されたRedmi Note 10 JEを購入しました。

Redmi Note 10 JE

 

28,650円と手の届きやすい価格ながらも「おサイフケータイ」「IP68防塵防水」を搭載した5G回線対応スマホ。

価格的にライトユーザー向けのエントリーモデルですが性能はどの程度のものなのか。

実際に使ってみた様子を本記事で紹介していきます。

Redmi Note 10 JEのメリット・デメリット・評価

Redmi Note 10 JE

 

Redmi Note 10 JEは、au・UQ mobileから発売されたXiaomi製のスマホ。

グローバル版として販売されていたRedmi Note 10 5Gをベースに、日本向けにリビルドされたモデルになります。

製品名のJEはJapanese Editionのことで、わざわざ日本限定モデルを発売するあたりにXiaomiの日本市場に対する熱量を感じますね。

まずRedmi Note 10 JEのメリット・デメリット・評価をまとめて紹介いたします。

メリット

Redmi Note 10 JEを買うべきメリットは以下のとおりです。

  • 26,850円と低価格
  • 普段使いに困らない動作性能
  • 超長持ちバッテリー
  • おサイフケータイに対応
  • IP68防塵防水に対応
  • イヤホンジャック搭載

デメリット

購入前に確認しておきたい注意点は以下のとおり。

  • ゲーム性能は高くない
  • カメラ性能はハイエンドモデルに遠く及ばす
  • 超広角カメラ非搭載
  • モノラルスピーカー
  • 大きくて重い
  • ワイヤレス充電非搭載

評価

(3.5点/5点満点)

ハイエンドモデルと比べてしまうと見劣りする部分はありますが、2万円台で購入できるスマホとしては十分な性能です。

さらにおサイフケータイ・IP68防塵防水もあって、5Gにも対応しているとなるとコスパの高さが際立ちます。

ゲームはそれほどやらず、カメラ性能にもそこまで拘らないライトユーザーにバッチリはまるスマホと言えるでしょう。

安いながらも「それなりに」何でもできる優等生

これがRedmi Note 10 JEの評価です。

ちびめがね
ちびめがね
2万円台でここまで付加価値を盛り込まれたら他社が相当困るんじゃないでしょうか・・・。

Redmi Note 10 JEのデザイン・外観・付属品

Redmi Note 10 JEの外箱

 

Redmi Note 10 JEのカラー展開は以下の2色。

  • グラファイトグレー
  • クロームシルバー
Redmi Note 10 JEのカラバリ

外観・デザイン

このうち僕が購入したのは「グラファイトグレー」です。

Redmi Note 10 JEグラファイトグレー

 

触り心地や質感的な部分はプラスチック製でそれなりなのですが、光沢が少ないマットなカラーリングが非常に良い感じ。

光に反射して優しく光る様子は高級感すら感じます。

Redmi Note 10 JEのデザイン

 

ブランド名であるRedmiの横に輝く5Gの表記。

 

本体上部には3眼構成のカメラユニット。

メインカメラの他にマクロカメラと深度計測用カメラが搭載されています。

Redmi Note 10 JEのデザイン
ちびめがね
ちびめがね
超広角カメラがないのは悲しいですね・・・。

 

カメラユニットの横にはFeliCaポートが搭載されております。

やっぱりおサイフケータイに対応しているのは強いメリットです。

Redmi Note 10 JEのデザイン

 

背面パネルは側面フレームに向かって緩やかにカーブをしているのでフィット感に優れています。

Redmi Note 10 JEのデザイン

 

本体右側面には音量ボタンと電源ボタンが縦並び。

スクショを撮る時は両手になっちゃうタイプですね。

Redmi Note 10 JEのデザイン

 

電源ボタンには指紋認証センサーが内蔵されています。

少し窪んでいるので手探りでも場所が分かりやすいのがポイント。

Redmi Note 10 JEのデザイン

 

左側面にはカードスロット。

Redmi Note 10 JEのデザイン

 

SIMカードとSDカードを1枚ずつ装着できるタイプです。

デュアルSIM非対応なのでSIMカードは1枚しか装着できません。

Redmi Note 10 JEのデザイン

 

本体下部にはマイク・USB-Cポート・スピーカーが搭載されています。

Redmi Note 10 JEのデザイン

 

本体上部にはマイク、3.5mmイヤホンジャックとXiaomi製品おなじみの赤外線ブラスター。

Redmi Note 10 JEのデザイン

 

搭載されているIRブラスターのおかげでRedmi Note 10 JEがテレビやエアコンのリモコン代わりになります

リモコンが迷子になった時などに使えるので地味に便利です。

POCO F3がリモコン代わりに

サイズ感

Redmi Note 10 JEのサイズは約163mm × 76mm × 9.0mmとかなり大きめ。

Redmi Note 10 JE

 

現在僕がメインで使っているZenfone 8と比べると親子ほどの違いがあります。

Redmi Note 10 JEのサイズ感
Redmi Note 10 JEのサイズ感

 

厚みがそこまでないので持ちにくさを感じることはないでしょう。

お子さんが使うにはちょっと大きすぎるかもしれませんが。

Redmi Note 10 JEのサイズ感

 

重さも約200gとなかなかヘビー級で、付属ケースを装着するとなんと220gを超えてしまいます。

 

ただバランスが良いせいか実際に持ってみると重さはそれほど気になりません。

Redmi Note 10 JEのサイズ感

ディスプレイ

Redmi Note 10 JEのディスプレイ

 

ディスプレイは6.5インチのFHD+の液晶を採用。

湾曲のないフラットタイプです。

Redmi Note 10 JEのディスプレイ

 

下部のみやや大きいですが、ベゼルも狭く表示領域はかなり大きめ。

Redmi Note 10 JEのディスプレイ

 

文字入力くらいならなんとかなりますが、さすがに片手操作は厳しいですね。

Redmi Note 10 JEのディスプレイ

 

有機ELディスプレイではないものの表示はとっても綺麗です。

使っていて不満に感じるポイントにはならないでしょう。

 

視野角もそれなりに広いのでゴロ寝しながらの動画視聴も十分耐えられます。

大きくて重いので持っているのがキツくなるかもしれませんが・・・。

Redmi Note 10 JEのディスプレイ

 

ディスプレイ最大の特徴はリフレッシュレート90Hzに対応している点ですね。

Redmi Note 10 JEのディスプレイ

 

しかも常時90Hzになっているわけではなく、利用状況に併せてリフレッシュレートが変化するアダプティブシンクを採用しています。

  • スクロール時:90Hz
  • 動画再生時:60Hz
  • 静止画表示時:50Hz

このため、高リフレッシュレートにも関わらずバッテリー消耗が激しくありません。

120Hzほどのヌルヌル感はないものの、一般的な60Hzと比べると滑らかに動くので嬉しいですよ。

Redmi Note 10 JEのディスプレイ

 

インカメラはパンチホールタイプでディスプレイ中央上部にあります。

Redmi Note 10 JEのインカメラ

 

ちょっと大きさが気になるものの、全画面時に邪魔になるほどではありません。

Redmi Note 10 JEのインカメラ

 

ゲームの時にはちょっと気になっちゃうかも・・・。

Redmi Note 10 JEのインカメラ

付属品

Redmi Note 10 JEの付属品は以下のとおり。

  • スタートガイド類
  • SIMピン
  • 保護ケース
  • 保護フィルム
Redmi Note 10 JEの付属品

 

ディスプレイ保護フィルムは最初から貼り付けられていました。

光沢タイプで質感はそんなに良くありませんが、フィルムを貼るのが苦手な僕にとっては貼ってあるのは感謝でしかありません。

Redmi Note 10 JEの付属品

 

保護ケースは透明のソフトタイプ。

Redmi Note 10 JEの付属品

 

角の部分が暑くなっているので落下の衝撃に耐えてくれそうです。

Redmi Note 10 JEの付属品

 

カメラユニットの飛び出しもしっかりガード。

デスクに直接当たることがなくなり、置いた状態で操作してもガタつきません。

 

ちなみにUSBポートを守るキャップは付いていませんでした。ホコリの侵入を防いでくれるのは嬉しいけど、あれ超邪魔じゃないですか?

Redmi Note 10 JEの付属品

 

充電器と充電ケーブルが付属していない点は要注意。

もちろん現在使用中の充電器とケーブルで代用できますが、18W急速充電をしたいなら対応している充電器を自分で用意する必要がありますね。

Redmi Note 10 JEの動作性能

Redmi Note 10 JEはSnapdragon 480 5G

Redmi Note 10 JEに搭載されているSoCはQualcomm Snapdragon 480 5G。

エントリーモデル向けのチップセットである4シリーズとして初めての5G回線対応モデルです。

400番台のSnapdragonと言えば、最低限の性能しかないので全体的に動作はモッサリしがち・・・。

果たしてRedmi Note 10 JEの実力はどんなものでしょうか?

AnTuTuベンチマーク

スマホの基本性能を数値化できるのがベンチマークテスト。

スコアが高ければ高いほど基本性能が優秀ということになります。

ちびめがね
ちびめがね
スコアが全てではないですが指標の1つになりますね!

 

最も有名なAnTuTuというベンチマークアプリ(Ver.8)を使ってみたところ、総合スコアは252,602点、GPUスコアは50,346点という結果でした。

Redmi Note 10 JEのAnTuTuスコア

 

このスコア、2020年であれば700番台のSnapdragonに迫る勢い!

GPUスコアは足りないまでも、同じXiaomiから発売された「Redmi Note 9S」や「AQUOS Sense 4 Lite」「Rakuten Hand」と同じくらいの性能です。

【AQUOS sense4 liteレビュー】機能全部盛りで2万円台!楽天モバイルに加入と同時に購入したいスマホ!AQUOS sense4 liteをレビューしています。おサイフケータイ・防水・ステレオスピーカー・サイズ感。欲しい機能が全部盛り込まれたコスパの高いスマホです。楽天モバイルへの新規加入と同時に購入で実質1円に。...
【Rakuten Handレビュー】超コンパクトで性能も優秀なスマホが2万円で買える!楽天モバイルのRakuten Hand(楽天ハンド)を紹介しています。片手操作も楽にできるコンパクトなサイズ感が魅力。基本性能も優秀で、バッテリーも長持ちです。税込み20,000円で購入できる高コスパスマホ。デメリットと併せてレビューしました。...

400番台のSnapdragonと言えども十分な性能であることが分かります。

これまで様々なスマホをレビューしておりますが、AnTuTuスコアが20万点から30万点くらいあれば、普段使いで困ることは殆どありません。

実際に動かしてみても動作はかなり快適でした。

Redmi Note 10 JEの動作性能
Redmi Note 10 JEの動作性能
Redmi Note 10 JEの動作性能

AnTuTuストレージテスト

同じAnTuTuアプリでストレージ速度のテストもしてみました。

Redmi Note 10 JEのストレージ速度

 

読み込み・書き込みともにそれほど速くはありませんが普段使いに困ることはないでしょう。

RAMが4GBしかないので仕方ない部分ではあります・・・。

ストレージ容量も64GBと最低限と言ったところ。

システム領域に約16GBほど使用してしまうので、実質自由に使えるのは50GB程度になります。

Redmi Note 10 JEのストレージ速度

 

写真や動画を撮影したり、重いゲームをダウンロードするとすぐに容量がいっぱいになってしまうかもしれません。

この点、Redmi Note 10 JEは最大1TBまでのSDカードを搭載できるので安心です。

動作性能をZenfone 8と比較

動作性能はスコアだけでは分かりにくい部分もあるので、Zenfone 8とウェブブラウジングの速度を比較してみました。

ちなみにZenfone 8は2021年最高性能のSoCであるSnapdragon 888を搭載したハイエンド端末で、AnTuTuベンチマークスコアは70万点超えです。

Zenfone 8のAnTuTuベンチマークスコア
【Zenfone 8レビュー】メリット・デメリット・評価を解説 | さらばiPhone 12 mini!Zenfone 8をレビューしています。コンパクトなサイズ感ながらもSnapdragon 888を搭載したハイエンドモデル。おサイフケータイ・IP68防塵防水にも対応した、あらゆるシーンで活躍してくれるSIMフリースマホです。...

 

Yahoo!・楽天市場・Twitterでの動作比較がこちらです。

Redmi Note 10 JEとZenfone 8の比較Yahoo! JAPAN
Redmi Note 10 JEとZenfone 8の比較楽天市場
Redmi Note 10 JEとZenfone 8の比較楽天市場
Redmi Note 10 JEとZenfone 8の比較Twitter

 

全体的にZenfone 8の方が早く表示されていますが、AnTuTuスコアが3倍離れているほどの違いは感じないのではないでしょうか?

Redmi Note 10 JEでネットサーフィンやSNS、動画視聴などの普段使いでストレスを感じることはまずありません。

重いゲームはグラフィック設定を落とす必要がある

普段使いには困らない動作性能のRedmi Note 10 JEですが、ゲーム性能となると少々厳しい様子。

特に高いグラフィック性能が必要なゲームでは、低画質でプレイすることになります。

人気ゲーム「PUBG Mobile」では「スムーズ」「ウルトラ」/「HD」「高」までの設定になります。

Redmi Note 10 JEでPUBG
Redmi Note 10 JEでPUBG

 

原神でのデフォルトグラフィック設定は「低」でした。

Redmi Note 10 JEで原神

 

どちらもグラフィック設定を落とせば遊べないことはありませんが、ゲーム好きな人からすると物足りないかもしれませんね。

ライトなゲームならサクサク動く

僕が普段メインでプレイしているのが人気ゲームの「パズドラ」と「モンスト」です。

この2つについてはRedmi Note 10 JEで快適にプレイできることが分かりました。

以前にレビューしたMi 11 Lite 5GはAnTuTuスコア50万点超えの動作性能があるにも関わらず、ゲーム性能がダメダメ・・・。

【Mi 11 Lite 5Gレビュー】メリット・デメリットを解説!メインスマホにできない理由を知って欲しい・・・。Mi 11 Lite 5Gをレビューしています。快適な動作性能と必要十分なカメラ・バッテリー。ハイエンドモデル並のスマホが4万円台で購入できるなんて信じられません・・・。おまけにおサイフケータイまで搭載された神モデル!...

自分がプレイしているゲームがちゃんと動くのか、購入前に情報を収集しておくのが重要になります。

なお、発熱に関してはそれほど気になりませんでした。

原神をプレイしている時でもCPU温度は40度程度。

これなら負荷がかかりにくいので安心ですね。

Redmi Note 10 JEの発熱

Redmi Note 10 JEのバッテリー性能

 

Redmi Note 10 JEのバッテリー容量は4,800mAhとスペック的には大容量。

ただいくらバッテリー容量が多くても、すぐに充電がなくなってしまったら意味がありません。

PCMarkバッテリーテスト

Redmi Note 10 JEのバッテリーは長持ちなのかPC Markというベンチマークアプリでテストしました。

PC Markは数値からバッテリー性能を計算しているわけではなく、実際にスマホを動作させて100%から20%までのバッテリー消耗時間を測定しているので信頼できる結果です。

PC Markでバッテリー性能をチェック

 

計測の結果、バッテリー残量100%から20%まで消耗する時間は18時間50分と超長持ち。

リフレッシュレートを60Hz固定にしてみると、21時間43分とこれまでレビューしてきたスマホの中でトップクラスの性能でした。

 

Redmi Note 10 JEなら充電がなくなる不安から開放されますね。

よほどハードな使い方をしなければ、2,3日充電しなくても大丈夫でしょう。

これはRedmi Note 10 JEを購入するメリットの1つと言えます。

18W急速充電に対応しているが・・・

Redmi Note 10 JEには「充電器」と「充電ケーブル」が付属していないので、自分で用意する必要があります。

18W急速充電に対応しているとのことだったので手持ちの急速充電器(Quick Charge対応)で試してみたところ、たしかに18W前後で充電できることが確認できました。

Redmi Note 10 JEのバッテリー性能

 

バッテリー残量20%からフル充電までにかかった時間は約2時間。

バッテリー容量が多いせいか、急速充電したとしてもそこそこ時間がかかりました。

一般的な5W充電器等ではさらに時間がかかると思います。

 

ただ1点注意したいのが、USB-C / USB-C充電ケーブルではRedmi Note 10 JEを充電することができませんでした。

Redmi Note 10 JEのバッテリー性能

 

僕が持っているケーブルとの相性が悪かっただけかもしれませんが、使用するならUSB-A / USB-Cケーブルが安心です。

また、充電中に謎のノイズが発生することも確認しました。

壊れたりしているわけではないと思いますが、ちょっと気持ち悪かったです・・・。

Redmi Note 10 JEのカメラ性能

Redmi NOte 10 JEのカメラ性能

スマホを購入するうえで気になるのは基本性能・バッテリー性能、そしてカメラ性能ですよね?

Redmi Note 10 JEのカメラはあなたが求める性能なのか、実際に撮影した写真を紹介していきますので参考にしてみてください。

ちなみに僕はカメラを趣味にしているわけではないので、普段使う時も基本的にはシャッターボタンをタップするだけでAIまかせの撮影。

誰でも簡単に指先一つで綺麗な写真が撮影できることが重要だと思っています。

ちびめがね
ちびめがね
ブログ掲載の都合上、全ての写真をリサイズしています。

カメラアプリ

Redmi Note 10 JEのカメラアプリはとってもシンプルです。

写真も動画も迷うことなく使えると思います。取り出してサクッと撮影するのみ。

Redmi Note 10 JEのカメラアプリ Redmi Note 10 JEのカメラアプリ

 

僕は使ったことがありませんが、細かな設定をしながら撮影できるプロモードも搭載しています。

Redmi Note 10 JEのカメラアプリ

 

1点気になったのはズームの使い方。

スマホによってはワンタップでズームの切り替えができるものもありますが、Redmi Note 10 JEは画面をグワーッとする必要があります。

Redmi Note 10 JEのカメラアプリ

 

これでは少々めんどくさいので僕は設定で音量ボタンでズームできるようにしておきました。

これなら指一本で調整できるのでまだ簡単です。

Redmi Note 10 JEのカメラアプリ

 

なおスクショの音は設定から消すことができますがシャッター音は消せず音の変更止まりでした。

メインカメラ

まずは最も登場回数の多いメインカメラ。

比較用にiPhone 12 miniで撮影した写真を並べています。

スライドバーは自由に動かせるので比べてみてください。

左の写真がRedmi Note 10 JE、右の写真がiPhone 12 miniで撮影したものです。

 

 

 

 

 

iPhone 12 miniで撮影した写真には遠く及ばないものの、日中の明るい場面であれば十分使えるカメラだなーという印象です。

AI補正がかなり強力で実際の見た目よりもカラフルな仕上がりになっています。

左が補正なしで、右がAI補正を適用したものなんですが、空の色が全然違うことがわかります。

どちらが好きかは好みなのでなんとも言えませんが、場面に応じてAI補正のON/OFFを切り替えて使っても良いかもしれませんね。

 

HDR機能も搭載されているのですが効果は今ひとつと言ったところです。

iPhone 12 miniで撮影した写真と比較してみてください。

建物が真っ暗になってしまい何も見えません・・・。

48MP高画素モード

Redmi Note 10 JEのメインカメラは4,800万画素での撮影も可能です。

通常撮影では12MPになるので、48MPのほうがより高精細に撮影できると思うかもしれませんが、そこまで大きな違いを感じることはないでしょう。

左が通常撮影で右が48MPで撮影したものですが違いが分かりますか?

 

 

普通に撮影するなら通常撮影でも特に困ることはないと思います。

ファイルサイズも大きくなってしまいますしね?

ただ、撮影後に大きなサイズでプリントする場合などには拡大しても画質が粗くならないので高画素モードで撮影しても良いでしょう。

デジタルズーム

Redmi Note 10 JEには光学式望遠レンズが搭載されておらず、デジタルズームで最大8倍まで撮影可能です。

高倍率での撮影は画質の粗さが目立つものの、2倍くらいまでなら実用性があります。

それにしても作り物のような空の色ですね・・・。

 

等倍、2倍、5倍をそれぞれiPhone 12 miniと比較してみました。

 

 

 

Redmi Note 10 JEの写真だけ見ると意外と綺麗だなって思えるのですが、比べてしまうとやっぱりiPhone 12 miniのほうが綺麗なんですよね。

カメラ性能だけは、どう頑張ってもハイエンドスマホには敵いません・・・。

マクロカメラ

Redmi Note 10 JEは超広角カメラが非搭載。

メインカメラの次によく使うのがワイドアングルの超広角カメラなので個人的に寂しいポイントです。

その代わり200万画素のマクロカメラを搭載しており、被写体に4cmくらいまで寄って撮影できます。

 

マクロカメラって撮影が難しいですよね?どうしてもスマホ自体が影を作ってしまいます。

そういう場合にはズーム機能を使うのがおすすめです。

画質は荒くなってしまうものの、マクロカメラよりも寄ることだってできちゃいます。

 

ズーム機能があればこのような撮影もできるので、尚更マクロカメラなんて搭載しないで超広角カメラにして欲しかったですね。

価格を下げるには何かを犠牲にしなければいけないので仕方がないかもしれませんが。

ポートレート撮影

Redmi Note 10 JEに搭載されているもう1つのカメラは深度計測用。

背景をボカした写真を撮影するポートレートモード用のカメラです。

 

インカメラでもポートレート撮影が可能で、被写体と背景の切り分けも上手なのでそこそこ実用性があるなーと思いました。

 

ボケ具合が後からでも編集可能なのが良いですね。

夜景モード

Redmi Note 10 JEには低照度下でも綺麗に撮影できる夜景モードが搭載されています。

左が通常撮影で、右が夜景モード。

通常撮影よりも明るくなっているにもかかわらず、ライトの明かりが抑えられていることが分かりますね。

 

とは言えiPhone 12 miniに搭載されている夜景モードと比較すると到底敵わず、全体的に暗くノイジーになってしまいます。

2万円台のスマホでここまで撮影できるのなら良いんじゃないかな?とは思いますが。

 

 

 

インカメラ

Redmi Note 10 JEのインカメラは800万画素。

画素数が全てではないですが、このくらい撮影できるのであれば十分でしょう。

さすがに顔面は晒せませんが、ビューティーモードがしっかり機能していましたよ。

 

ただリアカメラ同様HDRの効果は感じられませんでした。

動画撮影

Redmi Note 10 JEで動画撮影もしてみました。

 

手ブレ補正は全く利きませんが価格以上に綺麗に撮影できました。

動きながらの撮影は厳しいので定点撮影向き。

夜間撮影だと少々ノイズが目立ちます。

Redmi Note 10 JEのスペック

Redmi Note 10 JEのスペック
サイズ約163mm × 76mm × 9.0mm
重さ約200g
ディスプレイ6.5インチ 液晶
FHD+(2400×1080)
リフレッシュレート最大90Hz
OSMIUI 12.5
Android11ベース
CPUQualcomme
Snapdragon 480 5G
GPUArm
Mali-G57 MC2
RAM4GB
ROM64GB
外部ストレージ対応(最大1TB)
リアカメラ(メイン)4,800万画素
f/1.79
リアカメラ(マクロ)200万画素
f/2.4
リアカメラ(深度計測)200万画素
f/2.4
インカメラ800万画素
f/2.0
ビデオ(リアカメラ)1080P@30fps
720P@30fps
ビデオ(インカメラ)1080P@30fps
720P@30fps
バッテリー4,800mAh
18W急速充電
ポートUSB Type-C
生体認証側面指紋認証
顔認証
対応SIM物理SIM×1
2回線同時待ち受け不可
対応Band
(赤字が重要Band)
【GSM】850,900,1800,1900
【WCDMA】B1,2,4,5,6,8,19
【LTE-FDD】B1,3,4,5,7,12,13,17,18,20,26,28
【LTE-D】B38,41,42
【5G NR】N28,77,78
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac
BluetoothVer5.1
イヤホンジャックあり
スピーカーモノラル
FMラジオあり
防塵防滴IP68
NFCあり
FeliCa(おサイフケータイ)対応
ワイヤレス充電非対応

OSはMIUI12.5

Redmi Note 10 JEはMIUI12.5

Redmi Note 10 JEのOSはAndroid11をカスタムしたXiaomi製のMIUI12.5。

ホーム画面も設定画面も可愛らしい雰囲気です。

 

シンプルでとっつきにくさはないので、これまで他社製スマホを使っていたとしても問題なく使っていけると思います。

AndroidスマホのOSはメーカーが独自カスタムしていることが多いのですが、どれでも使っていくうちに慣れるものなので神経質に考えることはないでしょう。

僕は様々なスマホを実際にレビューしていますが使いにくいと感じるほど癖の強いOSに出会ったことがありません。

対応Bandはau回線中心

Redmi Note 10 JEはauから発売されている端末なので対応Bandはau回線中心です。

主要Band一覧表
ドコモ回線(△)Band 1 ○
Band 3 ○
Band 19(プラチナバンド)✕
ソフトバンク回線(△)Band 1 ○
Band 3 ○
Band 8(プラチナバンド)✕
au回線(○)Band 1 ○
Band 3 ○

Band 18(プラチナバンド)
Band 26(Band 18を内包)
楽天回線(○)Band 3 ○
Band 18(パートナー回線)

SIMロックを解除すればau回線に限らずどのキャリアの回線でも使えるようにはなるものの、端末自体がドコモ・ソフトバンクの「プラチナバンド」に非対応なので、利用できないエリアが出てくる可能性が高いです。

なお、SIMロック解除したRedmi Note 10 JEに楽天モバイルのSIMカードを挿入して実際に使ってみたところ、楽天回線エリアであれば問題なく利用できました

こちらの記事でレポートしているので併せて御覧ください。

Redmi Note 10 JEで楽天モバイルが使えるか試してみました!au版をSIMロック解除して検証!XiaomiのRedmi Note 10 JEで楽天モバイル(UN-LIMIT)が使えるか実際に試してみました。au版のRedmi Note 10 JEをSIMロック解除して検証です。...

 

未だ日本では実感を感じにくい5G回線(Sub-6)にも対応しています。

主要Band一覧表
ドコモ回線Band 77 ○
Band 78 ○

Band 79 ✕
ソフトバンク回線Band 77 ○
au回線Band 77 ○
Band 78 ○
楽天回線Band 77 ○

そこまで超高速データ通信を利用する機会は少ないものの、アンテナピクトに5Gの文字が表示されることが増えてきた気がします。

これからスマホを買うなら5G対応機種を買ったほうが良いかもしれませんね。

おサイフケータイ・IP68防塵防水に対応

Redmi Note 10 JEを購入するメリットの1つはFeliCaが搭載されていること。

あなたが使っているおサイフケータイの機能が、Redmi Note 10 JEでも使えます。

FeliCaのポートは背面パネル上部カメラユニットのすぐ隣にあるのでタッチしやすく、反応もいい感じ。

Redmi Note 10 JEはおサイフケータイに対応

 

またもう1つの優れたポイントは防水性能です。

防滴性能なんていう付いてるのかどうかハッキリしないものではなく、IP68等級の防塵防水性能

試しに水の中に入れて使ってみましたが何の問題もありません。

Redmi Note 10 JEはIP68防塵防水

念のためにお知らせしておきますが、あくまでも防水性能です。

よく防水性能があるからお風呂でも使える!っていう記述を見かけますが、それは間違い。

お風呂で使っていて、湯船に落としてしまったら最悪破損する可能性があるので注意してください。

また、Redmi Note 10 JEに水がかかってしまった時は、しっかり乾かしてから充電しましょう。

濡れた状態で通電させるのは非常に危険です。

指紋認証・顔認証どっちも使える

Redmi Note 10 JEのロック解除は指紋認証と顔認証。

側面の電源ボタンに指紋認証センサーが搭載されています。

やはりマスクを装着する時間が長い現状で顔認証しかないスマホは不便ですからね?

指紋認証が搭載されているだけでも十分購入するメリットになり得ます。

ちびめがね
ちびめがね
ロック解除するのにいちいちマスクをズラすなんてめんどくさい!!!

 

ロック解除までに僅かにタイムラグはあるものの感度は良いので、ちょっとタッチしただけでも認証できていました。

Redmi Note 10 JEの指紋認証

 

顔認証は専用センサーが非搭載なので、インカメラを使った簡易的なもの。

反応も早くインカメラに顔が入れば一瞬でロックが解除されます。

Redmi Note 10 JEの顔認証

モノラルスピーカーだけどイヤホンジャックはある

Redmi Note 10 JEのスピーカーは本体下部の1つのみ。

縦持ちだとそれほど気になりませんが、横持ちすると片側からしか音が出ないモノラル仕様になってしまいます。

Redmi Note 10 JEはモノラルスピーカー

 

大画面で動画視聴やゲームを楽しみたいところですが、ステレオサウンドにならないのは残念なポイント。

ただ本体上部に3.5mmイヤホンジャックが搭載されているので、音質が気になる場合には素直にイヤホンを使いましょう。

Redmi Note 10 JEはイヤホンジャック搭載

BluetoothコーデックはLDAC・aptX HDに対応

Redmi Note 10 JEはLDAC対応

Redmi Note 10 JEにいくつかワイヤレスイヤホンを接続してみたところ、SONYのLDAC・QualcommeのaptX HDに対応していることが分かりました。

Redmi Note 10 JEはLDAC対応

 

残念ながらaptX Adaptiveには非対応でしたが、ハイレゾ相当の音質になるのでワイヤレスイヤホン派の人には嬉しい仕様です。

もちろんXperiaのように純然たるハイレゾ音質とまではいきませんが、普段使いになら十分に高音質と言えます。

Redmi Note 10 JEはLDAC対応

WidevineはL1で動画視聴は高画質

スマホのデジタル著作権管理方式WidevineのセキュリティレベルはL1。

Redmi Note 10 JEはWidevine L1

 

HDRには非対応ですがNetflixではFull HD画質で動画視聴を楽しめます。

ただし、残念ながらAmazonプライム・ビデオでは高画質には非対応・・・。

SD画質での動画再生になるのでご注意ください。

Redmi Note 10 JEはWidevine L1

まとめ:Redmi Note 10 JEを買うべき人は?

Redmi Note 10 JE

 

XiaomiのRedmi Note 10 JEをレビューしました。

購入しやすい価格帯ながらもおサイフケータイと防水性能を搭載。

エントリーモデルながらも普段使いに困らない動作性能と、長持ちバッテリーが非常に魅力的です。

  • ネットサーフィン
  • SNS
  • メール・LINE
  • 動画視聴

スマホの用途がこのくらいのライトユーザーであれば、Redmi Note 10 JEの性能があれば十分満足できるのでおすすめです。

おまけに5G回線にも対応しているので、この先を見据えて今のうちに対応モデルを購入しておいても良いと思います。

一方、重いゲームをプレイするには性能不足で、カメラ性能もハイエンドスマホには及ばないので、この点を重視する人には向いていません。

必要な機能は一通り揃っているコスパモデル、Redmi Note 10 JEをぜひ使ってみてください。

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

Amazon
Music Unlimited
\ お得なキャンペーン開催中 /

初めてAmazon Music Unlimitedを利用する人限定で・・・

なんと3ヶ月間無料で利用できるキャンペーン中!

 

通常月額980円なので2,940円がタダ

Amazonプライム会員の人は、月額780円なので2,340円がタダになります。

7,500万曲が聴き放題なAmazon Music Unlimited。

スマホにアプリを落とせば、いつでもどこでも好きな音楽を楽しめます。

楽曲をダウンロードすればオフライン再生もOK。

しかも2021年10月19日からは待望の空間オーディオにも対応しております。

 

このキャンペーンは利用しないと絶対に損です!

2022年1月10日までの期間限定キャンペーンなので登録をお忘れなく。

公式サイト>>Amazon Music Unlimited

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA