ガジェット

【Huawei P40 lite Eレビュー】買うべき?HMSでできることは?実機レポート

Huawei P40 lite Eレビュー!

2020年6月に発売されたHuawei(ファーウェイ)の最新スマホ P40 lite Eを購入しました。

Huawei P40 lite E

 

  • 4,800万画素のメインレンズを含む3眼カメラ
  • 最新SoC Kirin710F搭載
  • 6.39インチのフルビューディスプレイ

定価27,800円(税込)と購入しやすい価格帯のスマホです。

 

Huaweiのスマホは、低価格ながらも性能が高いので人気ですよね?

ただ、2020年6月に発売されたP40シリーズは購入しにくい仕様になってしまいました。

どのモデルもGMS(グーグル モバイル サービス)を使用できず、以下の影響があります。

  • Google Playからアプリをダウンロードできない
  • Google関連アプリ(Gmail等)が使えない

 

P40 lite Eを購入する時に同意が求められましたよ・・・。

GMSが使えないことへの同意

 

アプリは、Huawei独自のアプリストア「Huawei AppGallery」からダウンロードします。

息子
息子
アプリが落とせるなら別に良いんじゃないの?
ちびめがね
ちびめがね
それがアプリの種類が少なすぎて、まじで微妙なんだよ・・・。

 

スマホを使う以上、アプリをダウンロードできるのが当たり前です。

Huawei P40 lite Eは、その当たり前のことができません。

ちびめがね
ちびめがね
美味しいラーメンを提供してくれるのに、箸がないお店みたいなもんですね・・・。

 

Huawei P40 lite Eは買うべきスマホなのか?

GMSの変わりに搭載されているHMS(ファーウェイ モバイル サービス)は使えるのか?

本記事でHuawei P40 lite Eをレビューしますので、参考にしてみてください。

Huawei P40 lite Eの外観と付属品

P40 lite EはHuawei(ファーウェイ)が2020年6月に発売した最新のスマホ。

同時に3機種発売した中で最も安い、エントリーモデルです。

機種名販売価格(税込)
Huawei P40 Pro 5G119,680円
Huawei P40 lite 5G43,780円
Huawei P40 lite E27,280円
ちびめがね
ちびめがね
上位2機種はスペックも高く、5Gに対応したスマホです。もちろんGMSは使えませんが・・・。

 

P40 lite Eは2色展開。

僕が購入したカラー「オーロラブルー」の他に、「ミッドナイトブラック」もあります。

緑と青のグラデーションがとても綺麗です。

P40 lite Eオーロラブルー

 

縦15.9cm×横7.6cmと大きいサイズ感。

Huawei P40 lite Eのサイズ

 

ディスプレイのサイズは6.39インチなので、片手で操作するのは厳しい感じです。

6.39インチディスプレイ
片手操作は厳しい

 

片手操作をするなら、バンカーリングがあると重宝します。

 

現在メインで使っているiPhone SE(第2世代)と比べると、大きの違いがよくわかりますね。

P40 lite EとiPhone SEのサイズ比較①
P40 lite EとiPhone SEのサイズ比較②

 

重さは181gと、公表より5gほど重かったです。

6インチ前後のスマホでは標準的な重さ。

長時間持っていると、腕がだるくなってきますね。

P40 lite Eの重さ

 

厚さは8mmなので、まずまず薄いです。

右側面には電源ボタンと音量ボタン。

P40-lite-Eの右側面

 

左側面にはSIMカードスロットがあります。

P40 lite Eの左側面

 

nano SIMカード2枚と、512GBまでのmicro SDカードを装着できます。

デュアルSIMスロット
ちびめがね
ちびめがね
2枚のSIMカードを装着すれば、1つの電話番号が通話中の場合に、他方の電話番号に転送するように設定可能です。

 

底面にはスピーカー、Micro USBポート、3.5mmイヤホンジャックが搭載されています。

イヤホンジャックが廃止されているスマホが増えてきたので、地味に嬉しいですよね。

P40 lite Eの底面

 

背面には指紋認証センサーと、3眼カメラがあります。

P40 lite Eの背面

 

P40 lite Eの付属品は以下のとおりです。

  • クイックスタートガイド
  • SIMカード取付用ピン
  • 充電ケーブル
  • 充電器
  • イヤホン
HUAWEI P40 lite Eの付属品

 

また、クリアケース・液晶保護フィルムも付いてきます。

P40 lite E付属クリアケース
P40 lite Eの液晶保護フィルム
ちびめがね
ちびめがね
フィルムは最初から貼ってありますよ!

 

充電器は10W出力の標準的なもので、高速充電はできません。

P40 lite Eの充電器

 

充電ケーブルはUSB Type-A to Micro USB。

P40 lite Eの充電ケーブル

 

イヤホンはリモコン付きのインイヤータイプです。

P40 lite Eに付属のイヤホン
ちびめがね
ちびめがね
正直イヤホンはめちゃくちゃ安っぽい・・・。

Huawei P40 lite Eのスペックと性能

Huawei P40 lite Eのスペックは以下のとおりです。

価格27,200円(税込)
サイズ159.81mm x 76.13mm x 8.13mm
重さ176g
ディスプレイサイズ6.39インチ(TFT)
ディスプレイ解像度1560×720(HD)
SoC(CPU)HUAWEI Kirin 710F
OSEMUI 10.1
(Android10カスタマイズ)
RAM4GB
ROM64GB
外向きカメラ4,800万画素(メイン)
800万画素(超広角)
200万画素(ポートレート)
内向きカメラ800万画素
バッテリー容量4,000mAh
おサイフケータイ非対応
防水防塵なし
指紋認証背面センサー
ちびめがね
ちびめがね
使用感をレビューしていきます!

ディスプレイは悪くない

ディスプレイサイズは6.39インチ。

インカメラが中央ではなく画面左上にある(パンチホールフルビュー)ので、画面占有率は90%を超えて広々しています。

P40 lite Eのパンチホールフルビュー
P40 lite Eのパンチホールフルビュー②

 

対応しているアプリであれば、2画面表示も可能です。

P4- lite Eは2画面表示可能
ちびめがね
ちびめがね
SNSを見ながら、ブラウザで検索できますよ!

 

画面解像度は1560×720ピクセルでHD画質相当。

格安スマホでも、FHD以上の画質を搭載したモデルも沢山あるので、スペック的にはイマイチ。

ただ、僕が見た感じでは、それほど悪くはないんじゃないかなーという印象です。

 

P40 lite Eのディスプレイ①
P40 lite Eのディスプレイ②
ちびめがね
ちびめがね
ディスプレイの美しさは、人によって感覚が異なるので、気になる場合は実機を見ていただくのが一番ですね!

動作はサクサクしている

P40 lite Eには、SoC(CPU)にKirin710Fが搭載されています。

1世代前のP30 liteに搭載されていたKirin710よりも僅かに性能がアップ。

普段使いする分には、なんの問題もなくサクサク動きます。

ゲームもそこそこ滑らかに動く

格安スマホではゲームがカクカクしてしまうことが多いのですが、P40 lite Eは、そこそこ滑らかです。

実際にプレイしている様子を録画してみました。

 

 

最高性能とまではいきませんが、耐えられるレベルにはあると思います。

ちびめがね
ちびめがね
もちろんアプリがあればの話ですけどね・・・。

AnTuTuベンチマークテスト

P40 lite Eの性能をベンチマークテストアプリ「AnTuTu」で計測してみました。

スコアは「162,716」ポイントと、体感よりも低め。

GPUのスコアがまずまずなので、グラフィック性能は良いですね。

P40 lite Eのベンチマークスコア

 

メモリーを6GB積んでいれば、Kirin710Fの性能を更に活かせたんだろうなーって思います。

OPPO A5 2020と同じくらいのスコアですからね・・・。

OPPO A5 2020と同程度のスコア

カメラの性能が優秀

HUAWEI P40 lite Eを使ってみて、最も気に入ったのがカメラの性能でした。

「AIインテリジェントシーン認識技術」が搭載されているので、シャッターボタンを押すだけで、シチェーションに最適な撮影が可能に。

P40 lite EのAI撮影

 

カメラ初心者の僕でも、良い感じの写真が撮れます。

P40 lite Eで撮影した画像①

 

こちらは、同じ場面をiPhone SE(第2世代)で撮影した写真です。

iPhone SE(第2世代)で撮影した画像①
ちびめがね
ちびめがね
明るさは劣るものの、P40 lite Eも負けてない感じがしますよねー?

 

ズームは6倍まで。

P40 lite Eで撮影した画像②

 

食べ物も自動で美味しそうに撮影できます。

P40 lite Eで撮影した画像⑥
P40 lite Eで撮影した画像⑦

 

マクロレンズは搭載されていませんが、接写もまずまず。

P40 lite Eで撮影した画像③
P40 lite Eで撮影した画像④

 

800万画素の超広角レンズを搭載しているので広角撮影も可能です。

外にいくほど曲がっちゃいますけど。

P40 lite Eで撮影した画像⑤
P40 lite Eで撮影した画像⑧

 

ナイトモードがあるので、夜景の撮影も得意です。

P40 lite Eで撮影した画像⑨

 

一眼レフカメラのように、背景をぼかすポートレート撮影も可能です。

P40 lite Eのポートレートモード
ちびめがね
ちびめがね
これは被写体が悪すぎますが、がっつりボケてくれます!

 

P40 lite Eのメインカメラは4800万画素で撮影できます。

ただ、普通に撮影しても、1200万画素にしかなりません。

4800万画素で撮影するには、「ハイレゾモード」にする必要があります。

P40 lite Eのハイレゾ撮影
ちびめがね
ちびめがね
正直言って画質の違いはよく分かりませんでしたが、ファイルサイズは1枚10MBくらいなので、多分凄いんだと思います・・・。

 

P40 lite Eがあれば、写真撮影が楽しくなります。

カメラの得意な人が使えば、とってもいい写真が取れるでしょう。

僕のようにカメラ初心者なら、AIに任せてしまうのがおすすめです。

動画撮影は苦手です

P40 lite Eは静止画の撮影は得意ですが、動画撮影には弱いようです。

道を歩いている様子を1080P/30fpsで撮影したのですが、ブレブレ・・・。

 

こちらがiPhone SE(第2世代)で撮影した動画なのですが、違いが一目瞭然です。

 

もうちょっと手ブレ補正が効いてくれれば良かったですね。

バッテリーは長持ち

P40 lite Eのバッテリー容量は4,000mAhと、そこそこ大容量。

ベンチマークテストアプリ「PCMark for Android」でバッテリー駆動時間をテストしてみました。

自動でスマホを動かし続けて、バッテリー残量が100%から20%になるまでの時間を計測するテストです。

PCMarkでのバッテリー駆動テスト

 

結果は、「14時間41分」と結構長持ちです。

2~3日は充電しなくても使い続けられるでしょう。

14時間連続で使い続けることなんて、そうそうないですからね。

PCMark for Androidの結果
ちびめがね
ちびめがね
実際にP40 lite Eを使ってみても、2日くらいは使えましたよ!

ツインアプリ機能でLINEが2つ使える!

Huawei・ASUSのスマホには、「ツインアプリ」機能があります。

1台のスマホに、同じアプリを2つ作成できる便利な機能です。

Huawei P40 lite Eにも、ツインアプリが搭載されています。

P40 lite Eのツインアプリ機能

 

ツインアプリで複製できるアプリは、Appgalleryからダウンロードしたものだけです。

僕がダウンロードしたアプリでは、LINEがツインアプリの対象でした。

LINEはツインアプリ対象

 

ホーム画面にLINEが2つありますよね。

LINEが2つ使える
ちびめがね
ちびめがね
もちろんLINEアカウントを2つ持つためには、電話番号が2つ必要ですよ!

 

仕事とプライベートなど、LINEアカウントを2つ使っている人にとっては、ツインアプリ機能があれば、スマホ1台で済むのでめちゃくちゃ便利ですね。

ドコモ・ソフトバンク・auどの回線でも使えました

LINEモバイルのSIMカードを装着して、接続できるか試してみたところ、ドコモ・ソフトバンク・auどの回線でも利用できました

楽天回線については、SIMカードを持っていないので検証できていませんが、Band3(楽天回線)とBand18(パートナー回線)どちらにも対応しているので、利用できそうです。

ただし、ドコモ回線系の格安SIM「y.u mobile(ワイユーモバイル)」のSIMカードでは、接続できませんでした

相性の悪いSIMカードもあるようなので、ご注意ください。

ちびめがね
ちびめがね
LINEモバイルならどの回線でも利用できます!

HMS(ファーウェイモバイルサービス)の使用感

GMS(Googleモバイルサービス)の代わりに使用するHMS(ファーウェイモバイルサービス)の使用感をレビューしていきます。

特に気になる、以下の2点についての解説です。

  • AppGalleryでダウンロードできるアプリ
  • Google関連サービスの使い方

AppGalleryでダウンロードできるアプリ

P40 lite EにはGoogle Playがないので、Huawei独自のアプリストア「AppGallery」からアプリをダウンロードします。

こちらがHuaweiのAppGalleryです。

Huawei AppGallery

 

見た目はごく普通のアプリストアですね。

ただ、日常的に使うであろうアプリが殆どありませんでした。

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

2020年6月現在、多くの人が現在使っていると思われるアプリで、AppGalleryでダウンロードできるものは以下のとおりです。

  • LINE
  • TikTok
  • U-NEXT
  • Zoom meetings
  • Snapchat
  • Tinder
  • Viber
  • タウンWiFi
  • Simeji
  • NAVITIME
  • 乗換案内
  • Microsoftニュース
  • gooニュース
  • bitFlyerウォレット
  • Microsoft Office
  • ヨドバシ
  • Trip.com
ちびめがね
ちびめがね
僅かこれだけ・・・。

 

さすがにこれでは、あまりにも少なすぎます。

もちろんブラウザでアクセスすれば使えるのですが、アプリがないっていうのは不便ですよね?

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

AppGalleryの中には「高速アプリ」と表示されるものがあるのですが、これもブラウザでのアクセスを意味しているので、アプリではありません。

高速アプリ

 

ニュース・買い物はもちろん、金融機関系アプリも存在しないので、残念ながら今使っているスマホと同じように使うのは不可能です。

Google Playが利用できない弊害

日常生活で頻繁に使うアプリがダウンロードできないだけでも十分不便なのですが、Google Playが利用できない弊害は他にもあります。

公共機関が提供しているアプリも使えないということです。

例えば、以下のアプリはP40 lite Eでは使えません。

  • 新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)
  • マイナポータルAP
  • JPKI利用者ソフト
  • マイナポイント

 

僕らの健康やお金に関わる大事なサービス・アプリなので、これらがダウンロードできないP40 lite Eは、メインのスマホにはなりえないと思います。

Google関連サービスの使い方

GmailやYouTubeなどのGoogle関連サービスは、AppGalleryにアプリが存在しません。

AppGalleryでGoogleを検索
ちびめがね
ちびめがね
「Open in browser」つまりブラウザからアクセスしろってことですね・・・。

 

このため、Google関連サービスを利用するには、ブラウザからサービスにアクセスする必要があります

ただ、ブラウザでの利用はめちゃくちゃ不便です。

例えばこれは、Googleカレンダーのブラウザ版。

表示が小さいのももちろん、使い勝手が悪すぎますよね・・・。

アイコンも文字化けしてるし。

 

ただし、GmailだけはP40 lite Eの標準メールアプリで送受信できます

Gmailをメールアプリで送受信①
Gmailをメールアプリで送受信②

 

同期頻度が最短15分と遅いですが、使えないことはありません。

ちびめがね
ちびめがね
Googleアカウント・Gsuiteアカウント、どちらも送受信できましたよ!

 

HMSは、日常的に使うには不便すぎます。

他のスマホでなら普通に出来ることが、P40 lite Eではできません。

AppGalleryでダウンロードできるアプリは、これから増えていくと思いますが、今使うにはちょっと早すぎると思います。

Huawei AppGalleryにないアプリをダウンロードする3つの方法

Huawei AppGalleryにないアプリをダウンロードする方法もあります。

以下の3つの方法です。

  1. Phone Cloneで引き継ぐ
  2. Amazonアプリストアで落とす
  3. APKPureで野良アプリを落とす

1つずつ紹介していきます。

1.Phone Cloneで引き継ぐ

P40 lite Eの初期アプリ「Phone Clone」を利用すれば、他のスマホからデータを引き継ぐことが可能です。

新旧のスマホをBluetoothで接続して、移行していきます。

Phone Cloneで引き継ぎ

 

移行できるデータは以下のとおり。

  • 連絡先
  • メッセージ
  • 発着信履歴
  • カレンダー
  • 写真
  • 音楽
  • ビデオ
  • ドキュメント

そして、アプリです。

Phone Cloneで引き継げるデータ

 

古いスマホにインストールされているアプリで、P40 lite Eでも使えるものは引き継ぐことができます。

実際に試したところ、27個のアプリのうち7個を移行できました。

Phone Cloneで移行したアプリ

 

このうち、Feedlyだけはデータの同期ができずに使えませんでしたが、残りのアプリは問題なく動きました。

ちびめがね
ちびめがね
Netflixが使えるようになったのは、嬉しかったです。

2.Amazonアプリストアで落とす

FireタブレットなどのAmazonデバイス用のアプリストアから、アプリをダウンロードすることも可能です。

Amazonアプリストア公式サイトから、ストアアプリをP40 lite Eにインストールします。

Amazonアプリストアをインストール①
Amazonアプリストアをインストール②

 

AppGalleryにはないアプリでも、Amazonアプリストアなら落とせるものがあるので、P40 lite Eの使い勝手がちょっと向上します。

例えば、TwitterやInstagramは、Amazonアプリストアでダウンロード可能です。

Amazonアプリストアでダウンロードできるアプリ

 

有名ゲームのダウンロードできるので、嬉しい人も多いと思います。

実際にダウンロードして使ってみたアプリは以下のとおり。

 

ただ、動くと言っても、P40 lite Eに正式対応しているアプリではありませんので、アップデート等で動かなくなってしまう可能性もあります。

Google Play開発者サービスがありません
ちびめがね
ちびめがね
モンストは動くものの、毎回怒られます・・・。

3.APKPureで野良アプリを落とす

APKPureを利用して、広く公開されているアプリデータをダウンロードする方法もあります。

いわゆる「野良アプリ」です。

APKPureでアプリをダウンロード
APKPureでアプリをダウンロード②

 

野良アプリのダウンロードは、変なプログラムが紛れ込んでいる可能性もあるので、セキュリティ上おすすめはできません。

どうしても必要なアプリがある場合に限って、自己責任でダウンロードしましょう。

なお、APKPureにはGoogle関連アプリもあります。

試しにインストールしてみたのですが、やっぱり使えませんでした・・・。

APKPureでGmailをインストール

 

なお、AppGallery内の「TopAPPNAVI」を使えば、野良アプリの検索が可能です。

TopAPPNAVI
ちびめがね
ちびめがね
野良アプリは怖いからなるべく使いたくないんですけどねぇ・・・。

アプリの更新はどうなるのか?

AmazonアプリストアやAPKPureからダウンロードしたアプリでも、AppGalleryに認識されています。

AppGalleryでアプリを管理

 

このため、更新プログラムがある場合にはアップデート可能です。

ただし、P40 lite EではGMSが使えないので、確実に更新できる保証はありません。

ちびめがね
ちびめがね
「Google Play開発者サービス」が必要なアプリは、サポート対象外です!

 

Huawei P40 lite Eのイマイチな部分

GMSが使えないだけでも大きすぎるデメリットですが、さらに性能的にイマイチだと感じた点を2つ紹介します。

  1. Wi-Fi規格は2.4GHzのみ
  2. 充電コネクタがMicro USB
ちびめがね
ちびめがね
旧式のスマホじゃないんだからさ・・・。

Wi-Fi規格は2.4GHzのみ

P40 lite EがサポートしているWi-Fi関連規格は「802.11b/g/n」のみ。

つまり、5GHzのWi-Fiが使えません・・・。

Wi-Fi6に対応しないまでも、せめて5GHz「802.11ac」には対応して欲しかったところです。

充電コネクタがMicro USB

P40 lite Eは4,000mAhバッテリー容量を持っていながら、充電コネクタは「Micro USB」です。

 

高速充電に対応していないため、充電時間が長くなってしまいます。

大容量バッテリーを搭載しているわけですから、USB Type-Cでの高速充電に対応させるべきですよね。

ちびめがね
ちびめがね
ワイヤレスイヤホンでさえUSB Type-Cを採用しているんですよー?

 

実際に充電時間を計測してみたところ、20%から100%までの充電時間は約2時間

遅くはないものの、30分で70%まで充電できる!ということはありません。

2020年6月に発売された、最新モデルのスマホとは思えない仕様です・・・。

まとめ:Huawei P40 lite Eは買うべきなのか?

Huawei P40 lite Eをレビューしました。

スマホの性能的に問題があるわけでもなく、カメラも優秀なのですが、GMSが使えないというデメリットが大きすぎます。

GMSを犠牲にしてまで、P40 lite Eを使うメリットが見当たらない状態です。

AppGalleryで取り扱いがないアプリを落とすこともできますが、あれこれ考えて使うくらいなら、素直に他のスマホを購入したほうがいいでしょう。

例えば、Xiaomiから発売されたRedmi Note 9Sは、24,800円でありながらP40 lite Eよりも遥かに高い性能です。

おまけに、GMS対応なので、Google Playからアプリも落とせます。

 

HMSは今後発展行く可能性があるものの、搭載スマホをメインで使うのは厳しい状況です。

新しい物好きの人や、ガジェット好きの人は使ってみる価値があると思いますが、多くの人にはP40 lite Eをおすすめすることはできません。

 

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Amazon
Music Unlimited
\ お得なキャンペーン開催中 /

初めてAmazon Music Unlimitedを利用する人限定で・・・

なんと3ヶ月間無料で利用できるキャンペーン中!

 

通常月額980円なので、2,940円がタダ

Amazonプライム会員の人は、月額780円なので2,340円がタダになります。

6,500万曲が聴き放題なAmazon Music Unlimited。

スマホにアプリを落とせば、いつでもどこでも好きな音楽を楽しめます。

楽曲をダウンロードすれば、オフライン再生もOK。

 

このキャンペーンは利用しないと絶対に損です!

7月21日 23:59までの期間限定キャンペーンなので、登録をお忘れなく。

公式サイト>>Amazon Music Unlimited

この記事のURLとタイトルをコピーする
  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA