ガジェット

【UMIDIGI A9 Pro実機レビュー】13,000円なら悪くない性能のSIMフリースマホ!

UMIDIGI(ユミデジ)のSIMフリースマホ「A9 Pro」を購入しました。

UMIDIGI A9 Pro
  • 6.3インチ 液晶ディスプレイ
  • Helio P60
  • RAM6GB / ROM128GB
  • 4800万画素メインカメラ
  • 超広角・ポートレイト・マクロ
  • 2Sim+SDカードスロット

さらに非接触タイプの赤外線温度計まで付いて、お値段なんと13,000円から

衝撃的なコストパフォーマンスですが、UMIDIGIのスマホは実際に使ってみなければ性能が分かりません。

ちびめがね
ちびめがね
スペックだけを見て購入すると、後悔してしまうことが多いですからね・・・。

 

ただ、以前購入した2020年フラッグシップモデル「S5 Pro」は、かなり優秀な性能で驚かされました。

UMIDIGI S5 Pro レビュー
【UMIDIGI S5 Proレビュー】2万円台の高コスパSIMフリースマホ!UMIDIGI(ユミデジ) S5 Proをレビューしています。2万円台で購入できるコスパの高いSIMフリースマホ。価格以上の性能を持ったUMIDIGIスマホの最高傑作です。技適マークあり。...

 

果たしてUMIDIGI A9 Proの実力は、どれほどのものなのでしょうか?

中国の通販サイト「AliExpress」でA9 Proを購入して使ってみたので、レビューしていきます。

 

AliExpressの価格を見る>>UMIDIGI A9 Pro

Banggoodの価格を見る>>UMIDIGI A9 Pro

なお、UMIDIGI A9 Proは「技術基準適合証明」(いわゆる「技適」)を取得していません

そのため、総務省に届け出を行わずに日本国内で使用する(電源を入れる)と電波法違反になりますので、ご注意ください。

私は本記事を作成するにあたり、総務省に試験利用の届け出を行ったうえでA9 Proを使用しています。

総務省>>技適未取得機器を用いた実験等の特例制度

UMIDIGI A9 Proの外観と付属品

A9 Proは、大手キャリアや格安SIM等では販売していない、中国メーカーUMIDIGI(ユミデジ)のSIMフリースマホです。

公式サイト>>UMIDIGI

 

UMIDIGIではスマートフォンの他にスマートウォッチも販売しています。

こちらの記事で紹介しているUwatch 2Sは、3,000円と低価格ながらも多機能でおすすめです。

UMIDIGIのスマホとの相性が抜群なので、是非本記事と併せてご覧ください。

【UMIDIGI Uwatch 2Sレビュー】安くて多機能!高コスパなスマートウォッチ!UMIDIGI(ユミデジ)のスマートウォッチUwatch 2Sをレビューしています。3千円を切る価格ながら、豊富な機能を搭載した高コスパモデル。スポーツ計測、睡眠計測、心拍・SpO2・血圧計測までできるので万能です。初めてのスマートウォッチにもおすすめ!...

 

A9 Proのカラーバリエーションは2色。

A9 Proのカラーバリエーション

 

僕は「Forest Green」を購入しました。

A9 Pro Forest Green

 

写真よりも青みがかっていますが、2.5Dラウンドエッジのガラス背面は非常に綺麗です。

A9 Proのガラス製背面

 

金属フレームとの相性も良く、かっこいいですね。

UMIDIGI A9 Proの金属フレーム

 

サイズは約158.7mm×74.9mm×8.6mmと大型。

UMIDIGI A9 Proのサイズ感

 

重さも209gと超ヘビー級です。

UMIDIGI A9 Proの重さ

 

付属のクリアケースを付けると228gにもなるので、お子さんや女性が使うのは厳しいかもしれません・・・。

UMIDIGI A9 Proの重さ

 

右側面には、電源ボタンと音量ボタン。

A9 Proの右側面

 

左側面には、カードスロットとショートカットボタンが搭載されています。

UMIDIGI A9 Proの左側面

 

カードスロットは、nano SIMカード2枚とMicro SDカード1枚が挿入できるタイプです。

UMIDIGI A9 ProのROMは128GBとたっぷりの容量ですが、写真や動画を大量に撮影する人にとっては外部メモリーを使えるのは嬉しいポイント。

UMIDIGI A9 Proのカードスロット
ちびめがね
ちびめがね
SDカードは最大256GBまで利用可能!

 

底面には3.5mmイヤホンジャックと、USB Type-Cポート、マイクが搭載されています。

A9 Proの底面

 

上部には何もありません。

A9 Proの上部

 

背面には指紋認証センサーと、カメラが搭載されています。

A9 Proの背面

 

カメラ部分がそこそこ出っ張っており、傷が付きやすい構造なので注意しましょう。

A9 Proのカメラ部分

 

UMIDIGI A9 Proの付属品は以下のとおりです。

  • クイックスタートガイド
  • クリアケース
  • 保護フィルム
  • USB充電器(ACアダプター)
  • USBケーブル
UMIDIGI A9 Proの付属品

 

クリアケースが付属しているのは嬉しいですね。

UMIDIGIのスマホ用のケースってなかなか売ってないので重宝します。

UMIDIGI A9 Proのクリアケース

 

それほど強度はありませんが、カメラ部分の出っ張りが少なくなるので装着しておいたほうがいいでしょう。

A9 Proのクリアケース

 

液晶保護フィルムは、最初から貼り付けられています。

A9 Proのディスプレイ保護フィルム

 

USB充電器は、最大出力10WのUSB Type-Aのもの。

日本のコンセントに適合するものが付属していました。

ちびめがね
ちびめがね
PSEマークの表示がないので、使わないほうがいいでしょう・・・。

 

充電ケーブルはUSB Type-C to USB Type-A。

UMIDIGIのスマホに付属のケーブルは、なぜか毎回「赤」です。

UMIDIGI A9 Proの充電ケーブル

 

AliExpressの価格を見る>>UMIDIGI A9 Pro

Banggoodの価格を見る>>UMIDIGI A9 Pro

UMIDIGI A9 Proのスペック表

UMIDIGI A9 Proのスペックは以下のとおりです。

サイズ約158.7mm×74.9mm×8.6mm
重さ約205g
ディスプレイ6.3インチ LTPS液晶ディスプレイ
FHD+(2340×1080)
縦横比 19.5:9
406ppi
リフレッシュレート60Hz
OSAndroid 10
CPUMediaTek Helio P60
オクタコア:4xCortex-A73 4xCortex-A53
GPUARM Mali G72 MP3
RAM4GB / 6GB
LPDDR4X
ROM64GB / 128GB
UFS 2.1
外部メモリmicroSD
最大256GBまで
アウトカメラ(メイン)6GBモデル:4800万画素
4GBモデル:3200万画素
(ƒ/1.79 絞り値)
アウトカメラ(超広角)1600万画素 (画角120°)
アウトカメラ(ポートレート)500万画素
アウトカメラ(マクロ)500万画素 
インカメラ2400万画素 (ƒ/2.0 絞り値)
ビデオ(アウトカメラ)1080P/720P/480P@30fp
ビデオ(インカメラ)1080P/720P/480P@30fps
バッテリー4,150mAh
10W充電
ポートUSB Type-C
生体認証背面指紋認証
顔認証(カメラ)
対応SIMNano SIM×2
DSDV対応
対応BandGSM: B2/B3/B5/B8
WCDMA: B1/2/4/5/6/8/19
FDD-LTE: B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28/66
TD-LTE: B34/38/39/40/41
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac
BluetoothVer.4.2
オーディオコーデックPCM, AAC / AAC + / eAAC +, MP3, AMR – NB and WB, APE, WAV
イヤホンジャックあり(3.5mm)
スピーカーモノラル
FMラジオ対応
非接触型赤外線温度計対応
防塵防水非対応
FeliCa(おサイフケータイ)非対応
ワイヤレス充電非対応

 

価格以上に充実したスペックですね。

ちびめがね
ちびめがね
ただし、UMIDIGIのスマホはスペックはだけでは真の性能が判断できない・・・。

 

搭載されているOSは、ほとんどカスタマイズされていないAndroid10。

インストール済みの初期アプリも特殊なものは何もありません。

 

対応Bandが豊富なので、ドコモ・Softbank・au・楽天いずれの回線でも利用可能なようです。

ただし、試験利用ではSIMカードを挿入して使えないので検証できておりません。

経験上、ドコモ・Softbank回線であれば安定利用できるのではないかと思います。

ちびめがね
ちびめがね
5G回線には対応していませんよ!

 

イヤホンジャックやFMラジオが搭載されているのは嬉しいポイントであるものの、日本で特に需要の高い以下の機能は非搭載となっておりますので、ご注意ください。

  • 防水
  • おサイフケータイ
  • ワイヤレス充電

 

AliExpressの価格を見る>>UMIDIGI A9 Pro

Banggoodの価格を見る>>UMIDIGI A9 Pro

UMIDIGI A9 Proの使用感レビュー

ここからはUMIDIGI A9 Proを実際に使ってみた様子をレビューしていきます。

ディスプレイ

A9 Proのディスプレイは、6.3インチのLTPS(低音ポリシリコン)液晶。

有機ELではないものの非常に綺麗でした。

UMIDIGI A9 Proのディスプレイ

 

画面解像度は1080×2340のFHD+。

ただ、Netflixの再生仕様はSD画質になっていました。

A9 ProでのNetflix再生仕様

 

視野角は広く、多少きつい角度でもしっかり表示できます。

UMIDIGI A9 Proのディスプレイ

 

インカメラの切り欠きが小さく、ほぼ全画面ディスプレイです。

A9 Proの切り欠き

 

サイズ感が大きく重たくなってしまいますが、広いディスプレイだと純粋に見やすいですよね。

UMIDIGI A9 ProのディスプレイGoogle Pixel 5と比較

指紋認証

UMIDIGI A9 Proのロック解除は指紋認証です。

背面に指紋認証センサーが搭載されています。

反応はそれほど速いほうではなく、タッチから僅かに時間がかかかりました。

A9 Proの指紋認証

 

もちろんフロントカメラを利用した、顔認証も搭載されています。

ただ、暗所で一切ロック解除できないので全くおすすめできません。

ちびめがね
ちびめがね
マスクする機会が多いので、指紋認証のほうが良いと思いますよ?

AnTuTuベンチマークテスト

スマホの基本性能を数値化できるのがベンチマークテスト。

最も有名なAnTuTuを使ってみたところ、総合スコアは159938ポイントでした。

スコア的には必要最低限の性能を持ったミドルレンジクラスということになります。

UMIDIGI A9 ProのAnTuTuベンチマークスコア

 

ネットサーフィンや動画視聴には向いていますが、ゲームをするには厳しい性能です。

ただ、全くゲームができないわけではなく、グラフィック設定などを下げれば普通に遊べます。

試しにPUBGモバイルをインストールしてプレイしてみました。

グラフィック設定は「HD」で「高」まで選択可能です。

A9 ProでPUBG Mobile

 

最後ヘッドショットで抜かれてしまいましたが、2位にランクインするくらい遊べました(笑)

動作性能

スコアだけ見てもあまり参考にならないので、動作性能を見ていきましょう。

アプリの起動速度を僕が現在メインで使っているGoogle Pixel 5と比較してみました。

なお、Pixel 5のAnTuTuベンチマークスコアは「299016」。

Pixel 5のAnTuTuベンチマークスコア

 

A9 Proと比較すると2倍以上の基本性能です。

どのくらいの違いが出るのでしょうか?

Twitterの起動比較Twitterの起動比較
Yahoo! JAPANの起動比較Yahoo! JAPANの起動比較
楽天市場の起動比較楽天市場の起動比較

 

楽天市場のように重いサイトだと少し時間がかかりますが、それ以外なら殆ど差がありません!

特に画像読み込みに時間がかかるようで、Twitterのスクロールが少しカクカクしますね。

Twitterのスクロール比較Twitterのスクロール比較

 

基本性能のスコアは低めですが、これくらい動いてくれれば十分じゃないでしょうか?

こちらの動画でもう少し長くA9 Proを動かしているので御覧ください。

AnTuTuストレージテスト

AnTuTuでストレージ速度のテストをした結果がこちら。

AnTuTuストレージテスト

 

読み込み・書き込み、どちらもそれほど速くありません。

RAMが6GBを搭載されているものの、本体起動に少し時間がかかります。

バッテリー性能

UMIDIGI A9 Proのバッテリー容量は4,150mAhと大容量。

PC MARKというアプリで、バッテリー残量100%から20%まで消耗する時間を計測した結果、10時間46分でした。

A9 ProのPC Markスコア

 

連続で10時間以上使い続けることができるので、バッテリーはかなり長持ち。

ゲームを長時間プレイする等、特殊な使い方をしなければ途中充電しなくても1日過ごすことができそうです。

充電速度もそこそこ早く、2時間でバッテリー残量10%から100%まで充電することができました。

なお、残念ながらワイヤレス充電には対応していません

スピーカーの音質

UMIDIGI A9 Proはモノラルスピーカーです。

端末の底面にしかスピーカーを搭載していません。

そのため、横向きでゲームをしたり動画を見る場合には、片側からしか音が出ないのでご注意ください。

A9 Proのスピーカー
ちびめがね
ちびめがね
イヤホンしちゃえば問題ないですけどね!

カメラ性能

UMIDIGI A9 Proは、超広角を含む4眼カメラを搭載しています。

UMIDIGI A9 ProのカメラUMIDIGI公式サイトより

 

いくつか撮影してみたので作例を御覧ください。

全て画像の調整はAI任せで、シャッターボタンをタップしただけです。

A9 Proのカメラ性能メインカメラ(48MP/AI)
A9 Proのカメラ性能メインカメラ(48MP/AI)
A9 Proのカメラ性能メインカメラ(48MP/AI)

 

こちらは超広角カメラで撮影した風景です。

望遠カメラよりも、超広角カメラのほうが使う機会が多いので搭載されているのは嬉しいポイントです。

A9 Proのカメラ性能超広角カメラ(16MP/AI)

 

5MPのマイクロカメラも搭載されています。

これがなかなかすごい!

お花や、ファミマで買ったスイーツに思いっきり寄れました。

A9 Proのカメラ性能メインカメラ(48MP/AI)
A9 Proのカメラ性能マクロカメラ(5MP)
A9 Proのカメラ性能メインカメラ(48MP/AI)
A9 Proのカメラ性能マクロカメラ(5MP)

 

AIによるスーパーナイトモードも搭載されています。

かなり明るく撮影はできますが、ノイズが気になる部分もあり性能はそれほど良くはありません。

A9 Proのカメラ性能メインカメラ(ナイトモード)
A9 Proのカメラ性能メインカメラ(ナイトモード)

 

超広角カメラではナイトモードの選択はできませんでした。

A9 Proのカメラ性能超広角カメラ

 

500MPの深度計測用カメラも搭載されているので、ポートレート撮影もできます。

明るい場所であれば、しっかり機能してくれるようです。

A9 Proのカメラ性能ポートレートモード
A9 Proのカメラ性能ポートレートモード

 

こちらは動画撮影したところです。

明るく綺麗に撮影できますが、手ブレ補正がないのでただ歩いてるだけでもガクガク・・・。

 

暗所での撮影は苦手なようで、時々ピントが合わなくなります。

当然手ブレ補正も利かないので、ブレまくりです。

 

UMIDIGI A9 Proのカメラ性能は中の下と言ったところでしょうか。

もちろん撮影後の調整でいくらでも綺麗にすることはできますが、誰でも簡単に良い感じの写真が撮れるわけではないと思います。

ショートカットボタンが便利すぎる

UMIDIGI A9 Proの左側面には、便利なショートカットボタンがあります。

UMIDIGI A9 Proの左側面

 

好みの機能・アプリを、1回押し・2回押し・長押しの3つの動作に割り付けることが可能です。

A9 Proのショートカットボタン

 

頻繁に使う機能を簡単に呼び出せるので超便利!

全てのスマホに搭載して欲しいと思いました。

  • 1回押し:温度計測
  • 2回押し:カメラ起動
  • 長押し:スクショ
A9 Proのショートカットボタン

赤外線温度計はおまけ程度の性能

UMIDIGI A9 Proが他のスマホと大きく異なる点が、非接触式赤外線温度計が搭載されていることです。

A9 Proの温度計測機能

 

コロナ禍で体温計測を頻繁にしなければいけない現状において、特に活躍してくれます。

使い方はとっても簡単で、温度計測を起動(初期設定でショートカットボタンを1回押し)し、計測対象の1cm~3cmのところに近付けて「MEASURING」ボタンをタップするだけ。

A9 Proの温度計測機能
ちびめがね
ちびめがね
人の体温を測りたい時は、おでこに近づけて計測します!

 

肝心の精度なんですが、僕の体温を計測したところ、1度ほど誤差が・・・。

残念ながら不正確なので実用性はなく、おまけ程度に留まります。

ちびめがね
ちびめがね
ないよりあったほうが嬉しいけども・・・。

AliExpressの価格を見る>>UMIDIGI A9 Pro

Banggoodの価格を見る>>UMIDIGI A9 Pro

UMIDIGI A9 Proのレビューまとめ

UMIDIGIのSIMフリースマホ「A9 Pro」をレビューしました。

正直言うと購入前はそれほど期待していませんでしたが、想像以上に基本性能は悪くない感じ。

カメラ性能があまり良くないのでメイン機として使うのは難しいですが、サブ機としてなら十分使えます。

なお、期待の赤外線温度計は、おまけ程度の性能です。

日本円で13,000円で購入できるのであれば、価格とのバランスはかけ離れていないと思います。

中国のECサイト「AliExpress」や「Banggood」であれば、セール価格で購入できるのでぜひお試しください。

 

AliExpressの価格を見る>>UMIDIGI A9 Pro

Banggoodの価格を見る>>UMIDIGI A9 Pro

 

なお、2020年12月16日現在、UMIDIGI A9 Proは技適を取得していないので、日本国内で利用するには総務省への届け出が必要です。

購入を検討している場合には、くれぐれもご注意ください。

総務省>>技適未取得機器を用いた実験等の特例制度

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

楽天モバイルにしたいけどエリアじゃない・・・。
月額基本料1年無料が羨ましい・・・。

 

そんなあなたに朗報です!

 

安心のドコモ回線エリアに対応した格安SIM、y.u mobileにしてみませんか?

音声通話/3GBとプランは標準的ですが、2021年3月1日までの申込みで現金23,000円キャッシュバックキャンペーン中!

月額基本料金は1,859円(税込み)なので、1年で1,859円×12ヶ月=22,308円。

つまり!

キャッシュバックがあれば、月額基本料が実質1年無料になっちゃいます。

高速データ通信できるのは月3GBまでなので、データ使い放題ってわけにはいきませんが、外で動画を見ないのであれば十分。

しかもドコモ回線だから使えるエリアも広くて安心です。

 

現金23,000円キャッシュバックは、当サイト特設ページからの申込み限定のキャンペーン。

公式サイトからの申込みだと、22,500円キャッシュバックなのでちょっぴりお得。

月額基本料が高い大手キャリアから、格安SIMに乗り換えてみませんか?

 

y.u mobileについての詳しい解説は、こちらの記事をご覧ください。

y.umobileレビュー!
y.u mobile(ワイユーモバイル)レビュー!メリット・デメリット情報まとめ格安SIMのy.u mobile(ワイユーモバイル)を実際に使ってレビューしています。料金や通信速度、メリットデメリットをまとめて紹介いたします。当サイト限定キャッシュバックキャンペーンも開催中です!...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA