ガジェット

【POCO X3 NFCレビュー】2万円台前半で買える優秀なSIMフリースマホ!

XiaomiのSIMフリースマホ、POCO X3 NFCを、中国のECサイトBanggoodで購入しました。

POCO X3 NFC
  • 6.67インチ FHD+ディスプレイ
  • リフレッシュレート120Hz
  • Snapdragon 732G搭載
  • 6GB / 64GB or 128GB
  • バッテリー容量5,160mAh
  • 超広角を含む4眼カメラ

 

2万円台で購入できる、良い感じのスマホないかなー?と探して見つけたのがPOCO X3 NFC。

実際に使ってみると、基本性能がかなり優秀で、なるべく安いスマホを探している人におすすめできると感じました。

 

本記事では、POCO X3 NFCを実機レビューしていきます。

なお、POCO X3 NFCは「技術基準適合証明」(いわゆる「技適」)を取得していません

私は本記事を作成するにあたり、総務省に試験利用の届け出を行ったうえで使用しています。

総務省>>技適未取得機器を用いた実験等の特例制度

こちらの記事では2021年4月に発売されたPOCO F3をレビューしています。

3万円台でAnTuTu60万点超えの超コスパモンスターです。

人気爆発中のスマホなので本記事と併せて御覧ください。

【POCO F3レビュー】3万円台で買えるハイエンドスマホ!ゲームもカメラも十分な性能で圧倒的なコスパ!POCO F3をレビューしています。3万円台で購入できる高性能スマホです。Snapdragon 870搭載でAnTuTu60万点以上の基本性能、リフレッシュレート120Hz、カメラも綺麗。2021年のフラッグシップキラーはこのスマホに決まり!...

POCO X3 NFCの外観と付属品

X3 NFCはPOCO製のSIMフリースマホです。

POCOはXiaomi(シャオミ)のサブブランドで、低価格帯に特化したスマホを販売しています。

POCO X3 NFCのカラーバリエーションは2色。

  1. シャドーグレイ
  2. コバルトブルー
POCO X3 NFCのカラバリ

 

僕はシャドーグレイを購入しました。

やや青みがかった配色が非常に良い感じ。

POCO X3 NFC シャドーグレイ

 

背面は光沢が強く、ガラス製ではありませんが綺麗です。

七色に輝くPOCO

 

ブランド名が大きく表示されているのは好みが分かれるポイントだと思いますが、個人的には好きです。

でっかくPOCO

 

側面もメタル風フレーム。

全体的に指紋が付きやすいので、ケースを付けたほうが良いかもしれません。

POCO X3 NFCのフレーム

 

サイズは約165.3mm×76.8mm×9.4mmと超巨大!

一昔前のタブレットくらいのサイズ感なので、片手操作はまず無理です。

POCO X3 NFCのサイズ感

 

重さも216gとヘビー級で、持つとズッシリきます。

POCO X3 NFCの重さ

 

付属クリアケースを装着すると241gにもなるので、女性やお子さんが扱うのは厳しいかもしれません・・・。

POCO X3 NFCの重さ

 

右側面には音量ボタンと電源ボタン。

POCO X3 NFCの右側面

 

左側面にはカードスロットが搭載されています。

POCO X3 NFCの左側面

 

POCO X3 NFCのカードスロットは、SIMカードとSDカードの排他的利用タイプ。

POCO X3 NFCのカードスロット
  • Nano SIM×2枚
  • Nano SIM+Micro SD

どちらかの使い方になるので、ご注意下さい。

 

底面には3.5mmイヤホンジャック、USB Type-Cポート、スピーカー。

イヤホンジャックが搭載されているのは、1つ嬉しいポイントになりますね。

POCO X3 NFCの底面

 

上部にはマイクと赤外線リモコンブラスターがあります。

POCO X3 NFCの上部

 

Xiaomiのスマホの特長でもある赤外線リモコン機能が、POCO X3 NFCにも搭載。

対応家電のリモコンを一本にまとめられるので、非常に便利です。

POCO X3 NFCのIRブラスター

こちらが背面のカメラ部分です。

超広角・マクロを含む4眼カメラ搭載。

左寄りにカメラが搭載されているスマホが多いですが、POCO X3 NFCはど真ん中と変わったデザインをしています。

POCO X3 NFCのカメラ部分

 

かなり出っ張っているので、傷がつかないように注意しなければいけません。

POCO X3 NFCのカメラ部分

 

なお、付属のクリアケースを装着すれば直接デスク等に触れることがなくなります。

POCO X3 NFCは、ケース装着必須ですね。

ケース装着後のPOCO X3 NFC

 

POCO X3 NFCの付属品は以下のとおりです。

  • 説明書・保証書
  • SIMピン
  • クリアケース
  • 保護フィルム
  • USB充電器(ACアダプター)
  • USBケーブル
POCO X3 NFCの付属品

 

USB充電器は海外仕様のものなので、直接日本では使えません。

ただ、Banggoodで注文した場合には、変換アダプタが無料で付属されていました。

Banggoodでの注文で変換アダプタ付属
Banggoodでの注文で変換アダプタ付属
ちびめがね
ちびめがね
ケーブルはUSB-C to USB-A!

 

中華スマホは、クリアケースと保護フィルムが付属しているのでコスパの良さがありますね。

強度も高くてしっかりしていますが、USBポートの保護部分が蓋状になっていて、充電しづらかったです。

付属のクリアケース

 

ディスプレイ保護フィルムは最初から貼られていました。

付属の保護フィルム
ちびめがね
ちびめがね
フィルムの貼り付けが苦手な僕にとっては最高のサービス!全てのメーカーにお願いしたい!

POCO X3 NFCのスペック表

POCO X3 NFCのスペックは以下のとおりです。

サイズ約165.3mm×76.8mm×9.4mm
重さ約215g
ディスプレイ6.67インチ 液晶
FHD+(2400×1080)
縦横比 20:9
395ppi
Corning Gorilla Glass 5
リフレッシュレート120Hz
タッチサンプリングレート240Hz
OSMIUI 12 for POCO
(based on Android 10)
CPUQualcomm Snapdragon 732G
オクタコア:2×2.3 GHz & 6×1.8 GHz
GPUAdreno 618
RAM6GB
LPDDR4X
ROM64GB/128GB
UFS 2.1
外部メモリmicroSDXC
最大256GBまで
アウトカメラ(メイン)6400万画素(ƒ/1.89 絞り値)
アウトカメラ(超広角)1300万画素 (ƒ/2.2 絞り値 / 画角119 °)
アウトカメラ(ポートレート)200万画素 (ƒ/2.4 絞り値)
アウトカメラ(マクロ)200万画素 (ƒ/2.4 絞り値)
インカメラ2000万画素 (ƒ/2.2 絞り値)
ビデオ(アウトカメラ)4K/1080P/720P@30fps
電子式手ブレ補正
ビデオ(インカメラ)1080P@30fps
バッテリー5,160mAh
33W急速充電対応
ポートUSB Type-C 2.0
生体認証指紋センサー内蔵電源ボタン
顔認証(カメラ)
対応SIM物理SIM×2
※SDカードとの排他的利用
DSDV対応
対応BandGSM: B2/3/5/8
WCDMA: B1/2/4/5/8
FDD-LTE: B1/2/3/4/5/7/8/20/28
TD-LTE: B38/40/41 (2535-2655MHz)
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac
BluetoothVer.5.1
オーディオコーデックMP3, FLAC, APE, DSF, M4A, AAC, OGG, WAV, WMA, AMR, AWB
イヤホンジャックあり(3.5mm)
スピーカーステレオ(ハイレゾ)
防塵防滴IP53
FeliCa(おサイフケータイ)非対応
ワイヤレス充電非対応

 

OSはMIUI 12

OSはAndroidベースのMIUI 12。

独自機能も多く含まれていて、使いやすいと思います。

 

スマホを2台持っているかのように使えるセカンド・スペース。

MIUIのセカンド・スペース

 

アプリが2つに増える「デュアルアプリ」も特長的です。

InstagramとFacebookが2つあるのが分かりますか?

複数のアカウントを使い分けている人に重宝します。

MIUIのデュアルアプリ

対応Bandはソフトバンク回線が快適

対応Band(回線)は多い方ではありません。

試験利用のためSIMカードを挿入して通信状況を試すことはできませんが、ソフトバンク回線であれば快適に使うことができそうです。

ドコモ回線は、地方都市・山間部での利用は厳しいものの、主要都市であれば使えるでしょう。

主要Band一覧表
ドコモ回線(△)Band 1 ○
Band 3 ○
Band 19(プラチナバンド)✕
ソフトバンク回線(○)Band 1 ○
Band 3 ○
Band 8(プラチナバンド)○
au回線(✕)Band 1 ○
Band 18(プラチナバンド)✕
Band 26(Band 18を内包)✕
楽天回線(✕)Band 3 ○
Band 18(パートナー回線)✕
ちびめがね
ちびめがね
au回線・楽天回線はまともに使えないと思います!

SIMフリーAndroidスマホが好きならソフトバンク回線がおすすめ!

世界で標準的に使われているBandに対応しているのがソフトバンク回線になります。

格安料金プランのLINEMOやワイモバイル・格安SIMなら月額料金が安く抑えられるのでサブスマホにもピッタリです。

こちらの記事でソフトバンク回線が使える通信会社を紹介しているので本記事と併せてぜひ御覧ください。

ソフトバンク回線ならLINEMO・ワイモバイル・格安SIMどれがおすすめか検討!LINEMO(ラインモ)・ワイモバイル・mineo(マイネオ)・nuroモバイル・LINEモバイルを比較して、ソフトバンク回線を使うのにおすすめはどこか検討しています。料金・データ通信量・通信速度の安定性が決め手です。...

 

デュアルアプリなどの便利な機能が搭載されているのは嬉しいものの、日本で特に需要の高い以下の機能は非搭載となっておりますので、ご注意ください。

  • 防水(防滴ならOK)
  • おサイフケータイ
  • ワイヤレス充電

 

製品名に「NFC」と入っていますが、日本では決済機能が使えない状態です。

NFCに対応しているものの、FeliCaには非対応。

このため、Google Payが使えてもタッチ決済はごく一部のサービスに限られます。

ちびめがね
ちびめがね
タッチ決済は殆ど無理!バーコード系のスマホ決済なら使えますよ!

POCO X3 NFCの使用感レビュー

ここからはPOCO X3 NFCを実際に使ってみた様子をレビューしていきます。

ディスプレイ

ディスプレイは、6.67インチのIPS液晶です。

POCO X3 NFCのディスプレイ

 

有機ELではないものの非常に綺麗でした。

 

画面解像度は1080×2400のFHD+。

Widevineも「L1」なので、Netflixの再生仕様もしっかり「Full HD」になっています。

POCO X3 NFCでNetflix

 

視野角も広く、多少きつい角度でもしっかり表示できます。

POCO X3 NFCのディスプレイ

 

インカメラの切り欠きがないパンチホール型で、ほぼ全画面ディスプレイです。

インカメラはパンチホール型

 

サイズ感が大きく重たくなってしまいますが、広いディスプレイだと純粋に見やすいですよね。

僕がメインで使っているGoogle Pixel 5(6インチ)と比較してもこのとおり。

POCO X3 NFCとGoogle Pixel 5POCO X3 NFCとPixel 5

指紋認証

POCO X3 NFCのロック解除は指紋認証です。

電源ボタンに指紋認証センサーが搭載されています。

POCO X3 NFCの指紋センサー

 

反応はそれほど速いほうではなく、タッチから僅かに時間がかかかりました。

POCO X3 NFCの指紋認証

 

もちろんフロントカメラを利用した、顔認証も搭載されています。

ただ、暗所で一切ロック解除できないので全くおすすめできません。

ちびめがね
ちびめがね
マスクする機会が多いので、指紋認証のほうが良いでしょう!

AnTuTuベンチマークテストの結果

スマホの基本性能を数値化できるのがベンチマークテスト。

最も有名なAnTuTuを使ってみたところ、総合スコアは268279ポイントでした。

スコア的には、軽いゲームまでなら難なくこなせるミドルレンジということになります。

POCO X3 NFCのAnTuTUベンチマーク

 

人気のRedmi Note 9sや、僕がメインで使っているGoogle Pixel 5に迫るスコアで、基本性能は十分高いです。

これが2万円台で買えちゃうなら超コスパが良いと思います。

UMIDIGI S5 ProとRedmi Note 9Sを実機で比較!2万円台で買うならどっち?UMIDIGI S5 ProとRedmi Note 9Sを実機で比較しています。どちらも約3万円で購入できるコスパの高いスマホです。UMIDIGIのフラッグシップモデルは、Xiaomiの人気スマホに勝てるのか、是非ご確認ください。...
【Pixel 5レビュー】指紋認証・防水・おサイフケータイ対応!使ってみたら最高でした!Google Pixel 5(グーグル ピクセル 5)をレビューしています。実際に使って感じたメリット・デメリット等を併せて紹介。基本性能は低いが必要な機能が全て搭載されたPixel 5にライバルはいるのか?指紋認証がキーポイント。...

動作性能

スコアだけ見てもあまり参考にならないので、動作性能を見ていきましょう。

アプリの起動速度をiPhone SE(第2世代)と比較してみました。

なお、iPhone SE(第2世代)のAnTuTuベンチマークスコアは431652ポイント。

iPhone SE(第2世代)のベンチマークスコア
ちびめがね
ちびめがね
スコアだけで比較すれば、POCO X3 NFCの1.5倍優秀!

 

Twitterの起動比較Twitterの起動比較
Yahoo! JAPANの起動比較Yahoo!JAPANの起動比較
楽天市場の起動比較楽天市場の起動比較

 

画像の読み込みに時間がかかるようで、楽天市場のように重いサイトだと表示に差が出ますね。

Twitterのスクロールも画像を読み込むと少々ひっかかりがあります。

POCO X3 NFCのTwitter動作

 

ただ、比較すると遅いだけであってサクサク動かないわけではありませんよ?

ネットサーフィンや動画閲覧なら、難なくこなせる性能はあります。

こちらの動画でもう少し長く操作しているので、是非御覧ください。

 

AnTuTuストレージテスト

AnTuTuでストレージ速度のテストをした結果がこちら。

POCO X3 NFCのストレージ速度

 

値段相応で、それほど速くはありません。

特に書き込み速度はかなり遅い結果でした。

RAMが6GBを搭載されているものの、本体起動に少し時間がかかります。

バッテリー性能

POCO X3 NFCのバッテリー容量は5,160mAhと大容量。

PC MARKというアプリで、バッテリー残量100%から20%まで消耗する時間を計測した結果、19時間24分でした。

POCO X3 NFCのバッテリー性能

 

連続で19時間以上使い続けることができるので、バッテリーは超長持ち!

ゲームを長時間プレイする等、特殊な使い方をしなければ途中充電しなくても2日くらい過ごすことができそうです。

また、Xiaomiの急速充電規格「Mi Turbo Charge」に対応しているので、充電時間も短くて済みます。

Mi Charge Turbo

 

付属の充電器を使ってみたところ、最大30W出力で充電されていました。

スマホの充電は速くても18W前後なので、驚くほどハイパワー!

ちびめがね
ちびめがね
充電規格Quick Charge 3.0対応のUSB充電器であれば、Mi Turbo Chargeが使えそうです!

 

Mi Turbo Chargeでの充電中は、バッテリー容量が徐々に増えて行く様子が分かって、面白いですよ。

Mi Turbo Charge

スピーカー性能

POCO X3 NFCはステレオスピーカーです。

本体上部・下部2つのスピーカーから音が流れます。

音楽を聞くのはもちろん、動画を見たり、ゲームをする時も迫力あるサウンドを楽しむことができるでしょう。

音質は普通で、僅かに上部スピーカーの音量が小さい気がしました。

POCO X3 NFCのスピーカー性能

カメラ性能

POCO X3 NFCは、超広角を含む4眼カメラを搭載しています。

POCO X3 NFCのカメラ

 

いくつか撮影してみたので作例を御覧ください。

全て画像の調整はAI任せで、シャッターボタンをタップしただけです。

POCO X3 NFCのカメラ性能リアカメラ
POCO X3 NFCのカメラ性能リアカメラ

 

119°の超広角カメラも搭載されています。

POCO X3 NFCのカメラ性能リアカメラ
POCO X3 NFCのカメラ性能超広角カメラ

 

屋外は、あいにくの曇り空でしたが綺麗に撮影できています。

ポートレートモードもマクロカメラも良い感じです。

POCO X3 NFCのカメラ性能
POCO X3 NFCのカメラ性能ポートレートモード
POCO X3 NFCのカメラ性能マクロカメラ
ちびめがね
ちびめがね
マクロの寄りは4cmくらいまで。控えめですね!

 

夜間で光が少ない場所でも、結構明るく撮影できます。

POCO X3 NFCのカメラ性能リアカメラ(夜間)
POCO X3 NFCのカメラ性能リアカメラ(夜間)

 

超広角カメラでは、ナイトモードで撮影できませんでした。

POCO X3 NFCのカメラ性能超広角カメラ(夜間)

 

最大10倍までのデジタルズームで撮影可能ですが、実用的なのは2倍までですね。

POCO X3 NFCのカメラ性能リアカメラ(等倍)
POCO X3 NFCのカメラ性能リアカメラ(2倍)
ちびめがね
ちびめがね
望遠ってあんまり使わなくないですか?

 

動画も撮影してみました。

4K / 30FPSまで撮影可能です。

普段の撮影なら1080P / 60FPSがおすすめです。

手ブレ補正もしっかり利いて、綺麗に撮影できました。

 

夜間撮影は、あまり得意ではないようです。

全体的にチリチリしてしまいます。

 

それほど多く撮影できませんでしたが、カメラ性能はかなり優秀だと感じました。

鮮明にシャープな画像が出来上がる印象です。

カメラ性能を重視している人には物足りないと思いますが、そこそこの写真を簡単に撮影したいなら、POCO X3 NFCを使っても問題ありません。

POCO X3 NFCでゲームは快適にできる!?

POCO X3 NFCの水冷システム

POCO X3 NFCは、以下の特長があるように、ゲームが快適にできることをウリにしているようです。

  • リフレッシュレート120Hz
  • タッチサンプリングレート240Hz
  • 水冷システム搭載
  • ゲームターボモード搭載
ちびめがね
ちびめがね
ゲームターボモードは、ゲーム性能を高めるものではありませんけどね?

 

ただ、実際にいくつかゲームで遊んでみましたが、特に優秀とは感じませんでした。

そもそも基本性能がミドルレンジのスマホなので、リフレッシュレートやタッチサンプリングレートが高くても、うまく活かせないのだと思います。

例えば、PUBG Mobileのグラフィック設定は、「スムーズ」で「ウルトラ」止まり。

カクついて遊べない!なんてことはありませんが、普通です。

 

ただ、発熱に関してはかなり抑えられていると思います。

2試合ほどPUBG Mobileをプレイしましたが、本体が熱くなることはありませんでした。

POCO X3 NFCの発熱グラフ

 

ゲーミングマシンのようなイメージはあるかもしれませんが、過度の期待は禁物。

軽いゲームをプレイするなら何の問題もありませんが、3Dゲームを快適にプレイしたいのであれば、高スペックのスマホを購入したほうが良いでしょう。

POCO X3 NFCの評判・口コミ

POCO X3 NFCの評判・口コミを見ていきましょう。

 

あまり使っている人は多くない感じですね(総務省に届け出しなきゃいけないし一応)。

価格以上の基本性能と、カメラ性能が素晴らしい!という声が結構多かったですね。

ゲーム性能については、やっぱりマズマズと言ったところでしょうか。

POCO X3 NFCのレビューまとめ

POCO X3 NFCをレビューしました。

2万円台で購入できるスマホとしては、かなり優秀な性能を持っていました。

ネットサーフィンや動画視聴、軽いゲームをするなら特に不満はないでしょう。

サイズが大きくて重たいという弱みはあるものの、他のスマホよりもコスパが高いのが魅力です。

もし購入しようか迷っているなら、中国のECサイト「Banggood」や「AliExpress」をチェックしてみてください。

頻繁にセールを開催しているので、2万円台前半で販売していたら買っちゃいましょう!

 

なお、2020年12月20日現在、POCO X3 NFCは技適を取得していないので、日本国内で利用するには総務省への届け出が必要です。

購入を検討している場合には、くれぐれもご注意ください。

総務省>>技適未取得機器を用いた実験等の特例制度

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA