ガジェット

【AQUOS wish3レビュー】旧モデルを買うべき?使って分かったメリット・デメリット・評価

本記事はアフィリエイト広告を利用しています

評価:(3.5点/5点満点)

お世話になります。毎月スマホを買っちゃうガジェットブロガーのちびめがね(@chibimeganecom)です。

AQUOS wish3を購入しました。

AQUOS wish3

2023年7月にSHARPが発売したエントリースマホ。

売れてるスマホランキングでいつも上位にランクインしているAQUOS wishシリーズの最新モデルです。

僕は2世代前の初代AQUOS wishをレビューしており、扱いやすいサイズ感+困らない動作性能で、高齢の方が使うスマホにぴったりだと感じました。

【AQUOS wishレビュー】AQUOS sense6と徹底比較!機能を絞ったミニマムスマホAQUOS wishを実機レビューしています。同じSHARP製のAQUOS sense6との実機による徹底比較。どちらのスマホを買うべきなのか?AQUOS wishで満足できるのか?詳しく解説いたします。...

実際に僕の両親はAQUOS wishを使っていますが、不満を感じることなく気に入っているようです。

ちびめがね
ちびめがね
かなり使いやすいみたい!

果たして最新モデルのAQUOS wish3の実力はどれほどのものなのか?

本記事で詳しくレビューするので購入の参考になさってください。

メリットデメリット
・本体の質感が良い
・扱いやすいサイズ感

・困らない動作性能
・長持ちバッテリー
・おサイフケータイ
・IP67防塵防水
・イヤホンジャック
・SoC性能低下
・ゲームは厳しい
・モノラルスピーカー
・カメラは価格相当
・ワイヤレス充電なし
・指紋認証なし
・付属品なし

タップして読みたい場所へ

AQUOS wish3のスペック

AQUOS wish3のスペック

AQUOS wish3の実機レビューをする前に、どんなスマホなのかスペックをチェックしていきましょう。

旧モデルAQUOS wish2(ワイモバイル版)のスペックも並べて掲載しています。

製品名 AQUOS wish3AQUOS wish2
サイズ147mm
70mm
8.9mm
147mm
71mm
8.9mm
重さ161g162g
ディスプレイ5.7インチ
液晶
HD+
720×1,520
5.7インチ
液晶
HD+
720×1,520
リフレッシュレート60Hz60Hz
OSAndroid 13Android 12
SoCMediaTek
Dimensity 700
Qualcomm
Snapdragon 695 5G
RAM4GB
LPDDR4X
4GB
LPDDR4X
ROM64GB
UFS 2.1
64GB
UFS 2.1
外部ストレージ対応(最大1TB)対応(最大1TB)
リアカメラ(メイン)1,300万画素
f/2.0
1,300万画素
f/2.0
インカメラ500万画素
f/2.2
800万画素
f/2.0
ビデオ(リアカメラ)最大1080P@30fps最大1080P@30fps
ビデオ(インカメラ)最大1080P@30fps最大1080P@30fps
バッテリー3,730mAh3,730mAh
ポートUSB Type-C
USB Type-C
ワイヤレス充電非対応非対応
生体認証顔認証指紋認証
対応SIMnano SIM
eSIM
nano SIM
eSIM
2回線同時待ち受け
対応Band
(販売キャリアによる)
5G(Sub6):n3/n28/n77/n78/n79
LTE:B1,B2,B3,B5,B8,B12,B17,B18,B19
,B38,B39,B41
3G:B1,B5,B8
GSM:850,900,1800,1900
5G(Sub6):n3/n28/n77/n78
LTE:B1,B2,B3,B5,B7,B8,B12,B17,B18,B19
,B38,B39,B41
3G:B1,B5,B8
GSM:850,900,1800,1900
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac802.11a/b/g/n/ac
BluetoothVer5.3
Ver5.1
位置情報GPS
GLONASS
BeiDou
GALILEO
QZSS
GPS
GLONASS
BeiDou
GALILEO
QZSS
イヤホンジャックありあり
スピーカーモノラルモノラル
FMラジオなし不明
防塵防水IPX5/IPX7/IP6X
MIL-STD-810H準拠
IPX5/IPX7/IP6X
MIL-STD-810H準拠
NFCありあり
おサイフケータイ対応対応

※販売キャリアによって一部仕様が異なりますのでご注意ください。

AQUOS wish3とAQUOS wish2とでは、スペックに大きな違いはありません。

そればかりか、スマホの基本性能の中心となるSoC(CPU/GPU)は性能が低いものに変更されました。

つまり総合的にダウングレードしたと言って良いでしょう。

製品名発売日搭載SoC
AQUOS wish2022年1月Snapdragon 480 5G
AQUOS wish22022年6月Snapdragon 695 5G
AQUOS wish32023年6月Dimensity 700

もちろんSoCだけが性能の全てではありませんし、同じSoCでも端末によって使用感は変わってきます。

ただ、これまでの経験から考えると、現在AQUOS wish2を使っているなら買い替えは不要。

初代AQUOS wishを使っている人でも、大幅な性能アップは望めないので機種変更は慎重に検討する必要があるでしょう。

「初めてのスマホ」として購入するにしても、個人的にはAQUOS wish2をおすすめしちゃいます。

サポート期間はwish3の方が1年長くなるものの、ワイモバイルならかなり安く買えちゃいますからね・・・。

AQUOS wish3のデザイン・サイズ感・付属品

AQUOS wish3のデザイン・サイズ感・付属品

さてスペックを確認して少々ガッカリしちゃった気持ちは一旦置いておいて、ここからはAQUOS wish3の実機レビューを進めていきましょう。

まずはAQUOS wish3の外観・付属品をチェックです。

付属品・・・ねぇ・・・。

デザイン

AQUOS wish3のカラーバリエーションは以下の3色。

  • グリーン
  • ホワイト
  • ブラック
AQUOS wish3のカラバリ

この他、ワイモバイル版にはピンクも用意されております。

AQUOS wish3のカラバリ

ピンク変わってていいなーと思いつつ、このうち僕はホワイトを購入してみました。

そもそも楽天モバイル版にはピンクありませんからね笑

AQUOS wish3のデザイン

結果、大正解でしたね。ホワイトめちゃくちゃ良い感じです。可愛い。

AQUOS wish3は外箱のデザインが従来のモデルから変更されており、本体カラーと相まってMUJI感がでちゃってます。

そしてAQUOS wishシリーズの特徴でもある背面パネルも健在。

筐体には再生プラスチック材が含まれていて使用率は約60%になっているそうです。

AQUOS wish3のデザイン

プラスチック製と聞くと光沢のある安っぽい雰囲気があるのですが、マットな色合いでザラザラとした質感。

陶器のようでもあり、紙のようでもある。卵の殻が最も近い触り心地かもしれません。

AQUOS wish3のデザイン

ホワイトの色合いのおかげか、指紋も皮脂も全く目立ちません。

汚れが気になるかもしれないけどケースを付けずに使いたくなります。

AQUOS wish3のデザイン

背面左上にはカメラユニット。メインカメラのみの単眼構成で出っ張りは殆どありません。

AQUOS wish3のデザイン

中央上部にはFeliCaポートがありました。

おサイフケータイが使えるのは嬉しいポイントですね。

AQUOS wish3のデザイン

ミドルフレームに向かって緩やかに湾曲しています。

AQUOS wish3のデザイン

フレームとは言いつつも恐らく同じ素材で繋ぎ目もありません。

中央部分が僅かに凹んでいます。

AQUOS wish3のデザイン

ディスプレイを上にして右側面に音量ボタンと電源ボタン。

AQUOS wish3のデザイン

左側面にはカードスロットがありました。

AQUOS wish3のデザイン

SIMピンを使わずに抜き差しできるタイプでSIMカードとmicroSDカードを1枚ずつ装着できます。

この他eSIMにも対応しているので、楽天モバイル版とSIMフリーモデルは2回線同時待受(DSDV)が可能です。

AQUOS wish3のカードスロット

なお以前のwishシリーズではカードスロットを引き抜くと勝手に再起動していましたが、wish3では確認できませんでした。

いちいち再起動するのは面倒なので地味に嬉しいポイントです。

本体上部にはイヤホンジャックとマイク。

AQUOS wish3のデザイン

下部にはマイク・USB Type-Cポート・スピーカーが搭載されております。

AQUOS wish3のデザイン

サイズ感

AQUOS wish3のサイズは147mm×70mm×8.9mm。

旧モデル同様にコンパクトでめちゃくちゃ持ちやすいです。

AQUOS wish3のサイズ感

同じSHARP製の人気端末AQUOS sense7(6.1インチ)と比べるとこんな感じ。

AQUOS wish3とAQUOS sense7の比較 AQUOS wish3とAQUOS sense7の比較

横幅は同じサイズなもののsense7の方が縦に長いのでシュッとしていますね。

【AQUOS sense7レビュー】シリーズ最高傑作!使ってわかったメリット・デメリット・評価AQUOS sense7はSnapdragon 695 5Gを搭載したミドルレンジスマホ。senseシリーズの特徴である扱いやすさはそのままに、カメラ性能が大きく進化しています。超長持ちバッテリーも魅力的な1台です。実際につかって感じたメリット・デメリットを含めて実機レビューしています。...

重さも162gと非常に軽量。

AQUOS wish3の重さ

ただ実はsense7の方がさらに軽かったりします笑

AQUOS wish3の重さ

こう見てみると、少し高くはなるもののAQUOS sense7のサイズって最高なんじゃないかと思えてきました笑

いずれにしても、毎日多くの時間を共にするスマホは、手に取りやすい大きさと重さが重要なポイント。

AQUOS wish3のサイズ感は、これを満たしていると言っていいでしょう。

AQUOS wish3のサイズ感
ちびめがね
ちびめがね
コンパクトスマホ万歳!

付属品

AQUOS wish3の付属品はマニュアルのみ。

AQUOS wish3の付属品
  • 充電器
  • 充電ケーブル
  • ケース
  • 保護フィルム

潔いくらい何ひとつ付属していないので、ご注意ください。

充電器・充電ケーブルは今使っているものを流用できそうですが、ケースとフィルムは自分で購入するしかないですね・・・。

既に他社製のケースやフィルムが販売されているようなので、好みのものを探してみましょう。

Amazonで検索>>AQUOS wish3 ケース

Amazonで検索>>AQUOS wish3 保護フィルム

AQUOS wish3のディスプレイをレビュー

AQUOS wish3のディスプレイ

続いてAQUOS wish3のディスプレイを見ていきましょう。

毎日目にするディスプレイはスマホの命と言っても過言ではないくらい重要です。

5.8インチ 液晶ディスプレイ

AQUOS wish3のディスプレイ

AQUOS wish3のディスプレイサイズは5.8インチ。

6インチを超えのディスプレイを搭載しているスマホが多いのでコンパクトです。

大きなディスプレイの方が純粋に表示領域が広いので見やすいのは確かですが、一方で片手操作しにくいデメリットもあります。

この点AQUOS wish3なら片手でも操作できちゃうサイズ感。

頑張れば上部にまで指が届きそうです。

AQUOS wish3のディスプレイ

入力なんかも片手で余裕です。本当に扱いやすいサイズ感。

AQUOS wish3のディスプレイ

ベゼル(縁)はかなり太めですが表示領域も狭すぎることはありません。

下ベゼルはだいぶ太いですけどね笑

AQUOS wish3のディスプレイ

6.1インチのAQUOS sense7と比較するとこんな感じ。

極端に小さすぎるわけではありません。

AQUOS wish3とAQUOS sense7の比較

液晶なので有機ELに比べてどうしても視野角が狭くなりがちですが、使っていて気になるほどではありませんでした。

AQUOS wish3のディスプレイ

ディスプレイは湾曲のないフラットタイプ。

保護フィルムを貼り付けやすいから良いですよね。

AQUOS wish3のディスプレイ

フレームより僅かに下がった仕様。使いにくさを感じることはないですが、指に引っかかりを感じることはあります。

AQUOS wish3のディスプレイ

ディスプレイ解像度はHD+

AQUOS wish3のディスプレイ解像度はHD+(1520 x 720)。

FHD+のスマホが多いので、粗いのかな?見づらいのかな?と不安だったのですが、実際に使ってみると、気にするほどではありませんでした。

AQUOS wish3のディスプレイ AQUOS wish3のディスプレイ

もちろんAQUOS wish3よりも高精彩で美しいディスプレイを搭載したスマホなんていくらでもあるわけですが、普段使いで困ることは殆どないと思います。十分綺麗。

AQUOS wish3のディスプレイ AQUOS wish3のディスプレイ

液晶ディスプレイは有機ELディスプレイに比べると黒色表現が弱くなります。

同じ黒を表示しても、どうしてもグレーっぽくなってしまいがち。

AQUOS wish3のディスプレイ

ただまぁ、これも使っている上でデメリットになるほどでもなく、夜景動画なんかも綺麗に見れましたよ。

AQUOS wish3のディスプレイ

ディスプレイの解像度が低そうで心配な人も多いかもしれませんが、普通に使えちゃうのでご安心ください。

ディスプレイの暗さが気になる

個人的に気になったのはディスプレイの解像度よりも明るさです。

しっかり明るさがキープできてるシーンでは問題ありませんが、室内で使っていると突然画面が暗くなってしまうことがありました。

AQUOS wish3のディスプレイ AQUOS wish3のディスプレイ

明るさ自動調整が下手なのかもしれません。

ディスプレイ輝度は公表されていないので分かりませんが、直射日光下でも極端に見ずらいことはありません。

AQUOS wish3のディスプレイ

スマホは一般的に屋内で使うことが多いので、明るさは自動調整よりも手動で調節したほうが良いかもしれませんね。

インカメラは切り欠きタイプ

AQUOS wish3のインカメラは切り欠きタイプでディスプレイ中央にあります。

AQUOS wish3のインカメラ

パンチホールタイプが主流になっている現状では少々デザイン的に野暮ったい印象。

使用上不便なことはないものの、全画面表示の時に邪魔に感じることはあるかもしれません。

AQUOS wish3のインカメラ AQUOS wish3のインカメラ

レンズの縁の黒い部分も太いので、やっぱり少し気になりますねぇ・・・。

リフレッシュレートは60Hzだけどスクロールが独特

AQUOS wish3は高駆動非対応で、画面リフレッシュレートは60Hz。

120Hzのようにヌルヌル動く感じではありません。

ただ、画面スクロールの動きが独特で氷の上を滑っているかのようにスーっと流れていきます。

AQUOS wish3のスクロール

指を動かすスピードと上手く連動しているような、そんな感覚。

普段高駆動ディスプレイを使っていれば気になることもあるかもしれませんが、そうでないなら60Hzでも困ることはないでしょう。

オートスクロールが便利

独特なスクロール感に加えて特徴的なのがオートスクロール機能。

ディスプレイをゆっくり上下に動かすと矢印マークが表示され、それをタッチしてあげるとオートスクロールが可能になります。

AQUOS wish3のオートスクロール

自分の好みに合わせてスクロール速度も調整可能。

AQUOS wish3のオートスクロール

SNSが好きに人にピッタリの機能ですね。ずっと見てられる笑

動画視聴はSD画質(Widevine L3)

普段使いでAQUOS wish3のディスプレイ品質に困ることはありませんが、動画配信サービス利用時には注意が必要です。

AQUOS wish3はデジタル著作権管理方式WidevineのセキュリティレベルはL3

このため、動画ストリーミングサービスでは最大でもSD画質になってしまします。

AQUOS wish3はWidevine L3

ただ実際の表示は別にして、Amazonプライムビデオでは設定上1080pにすることは可能。

AQUOS wish3はWidevine L3

YouTubeは「1440p60」まで設定できるようです。

AQUOS wish3はWidevine L3

動画の画質に拘りがある人にはおすすめできませんが、スマホのディスプレイ程度の大きさであれば気にならないでしょう。

AQUOS wish3の基本性能・動作性能をレビュー

AQUOS wish3の基本性能・動作性能

スマホが自分の思う通りに動いてくれるのか、ストレスを感じずに使えるのか。

購入前に必ずチェックしておきたいところですよね?

スマホの動作性能を司るのはSoC(CPU)。

ちびめがね
ちびめがね
人間で言うところの脳です!

AQUOS wish3には「Dimensity 700」が搭載されております。

2020年11月に台湾の半導体メーカーMediaTekが発表したチップセットで、7nmプロセスを採用した5G通信対応モデルです。

公式サイト>MediaTek Dimensity 700

発表から2年以上経っているSoCですが、エントリーモデルのスマホによく搭載されています。

【Galaxy A23 5Gレビュー】はじめてスマホにおすすめ?使ってわかったメリット・デメリット・評価Galaxy A23 5Gを使ってみた!扱いやすいサイズ感で普段使いに困らない動作性能と長持ちバッテリーが特徴のエントリーモデル。おサイフケータイ・IP68防塵防水にも対応している点も魅力です。本当に初めてのスマホにおすすめなのか?メリット・デメリットと併せて実際に使ってみた様子を実機レビューいたします。...
【Libero 5G Ⅲレビュー】買うべき人は?使ってわかったメリット・デメリットを解説ワイモバイルで販売中の格安スマホ【Libero 5G Ⅲ】を使ってみた!実機でわかったメリット・デメリットを紹介。Libero 5G Ⅲ(リベロ ファイブジー スリー)を買うべき人・おすすめな人を解説いたします。...

AnTuTuベンチマークスコア

スマホの基本性能を数値化できるのがベンチマークテスト。

スコアが高ければ高いほど動作性能が優秀ということです。

ちびめがね
ちびめがね
スコアが全てではないですが目安になります!

最も有名なAnTuTuというベンチマークアプリを使ってみたところ、Ver.9の総合スコアは275,471点、GPUスコアは54,578点

高めのスコアになるVer.10では総合スコアが369,584点、GPUスコアは70,052点という結果になりました。

やはりSnapdragon 695 5Gを搭載したAQUOS wish2よりもスコアは低め。

Snapdragon 480 5Gを搭載したAQUOS wishと同じくらいのスコアです。

モデル搭載SoCAnTuTuスコア
AQUOS wishSnapdragon 480 5G28万〜30万点
AQUOS wish2Snapdragon 695 5G36万〜38万点
AQUOS wish3Dimensity 70027万〜29万点

27万点くらいだと、普段使いに困らない最低限のスコアと言ったところ。

AQUOS wish3の使用用途を考えれば、このくらいで十分かもしれません。

こちらのページで、これまでにレビューしたスマホのAnTuTuスコアをランキング形式で掲載していますので、参考に御覧ください。

普段使いに困らない動作性能

AQUOS wish3は、ネットサーフィンやLINE、SNS、動画視聴などの普段使いならサクサク軽快に動くのでストレスを感じることはありません。

AQUOS wish3の動作性能

搭載されているSoCによってはガクガクしがちなTwitterもスムーズに動いてくれました。

AQUOS wish3のスクロール

試しにWEBブラウザのタブを20個開いた上で同じように動かしてみたのですが、これでも動作がモッサリすることはありません。

AQUOS wish3の動作性能
AQUOS wish3の動作性能

この動作性能であればライトユーザーならストレスなく使えると思います。

AQUOS sense7と動作性能を比較

AQUOS wish3とAQUOS sense7の比較

スコアだけ見てもイマイチよく分からないと思うので、AQUOS sense7と実際の動作性能を比較してみました。

AQUOS sense7はミドルレンジスマホの人気モデル。AQUOS wish3の兄貴的な存在で、当然動作性能が高いと予想できます。

【AQUOS sense7レビュー】シリーズ最高傑作!使ってわかったメリット・デメリット・評価AQUOS sense7はSnapdragon 695 5Gを搭載したミドルレンジスマホ。senseシリーズの特徴である扱いやすさはそのままに、カメラ性能が大きく進化しています。超長持ちバッテリーも魅力的な1台です。実際につかって感じたメリット・デメリットを含めて実機レビューしています。...

多くの人が閲覧するであろうYahoo!と楽天市場での表示速度をチェックしてみましょう。

AQUOS wish3とAQUOS sense7の比較Yahoo! JAPAN
AQUOS wish3とAQUOS sense7の比較Yahoo! JAPAN
AQUOS wish3とAQUOS sense7の比較楽天市場
AQUOS wish3とAQUOS sense7の比較楽天市場

Twitterでの動きはこのとおり。AQUOS wish3の方が画像の読み込みで多少ガクガクッとなるものの、殆ど変わりませんね。

AQUOS wish3とAQUOS sense7の比較

ベンチマークスコアでは10万点ほど差があるものの、ネットサーフィンくらいであれば動きが全然変わらないことが分かります。

スマホの使用用途がネットサーフィン・LINE・メール・SNSが中心なら、AQUOS wish3の動作性能くらいがピッタリですよ。

ゲーム性能は高くない

AQUOS wish3のゲーム性能

AQUOS wish3は普段使いに困らない十分な動作性能ですが、ゲームを快適にプレイできるほどではない点は注意したいところ。

特に高グラフィックを売りにしているような重いゲームで遊ぶには性能不足です。

例えば人気RPGゲーム「原神」ではデフォルトグラフィック設定が「最低」になっており、実際にプレイしても表示の粗さや動作のカクつきが目立ちます。

AQUOS wish3のゲーム性能 AQUOS wish3のゲーム性能

デフォルトグラフィック設定で20分ほど原神で遊んだ時のFPSの推移はこんな感じ。

AQUOS wish3で原神をプレイ

平均FPSは26.9。開始から暫くは数値が比較的安定しているものの、18分を過ぎたくらいから数値が乱れているのが分かります。

また、別の機会に同じように原神をプレイしたところ、負荷がかかるシーン(派手な演出の必殺技を乱発する)になると、ゲームが落ちてしまいました・・・。

AQUOS wish3でゲームをしようと思っている人なんていないとは思いますが、重いゲームを快適にプレイできる性能ではないのでご注意ください。

もちろん、将棋やオセロ、麻雀のような軽いゲームであれば支障なくプレイできるのでご安心下さい。

AQUOS wish3でテーブルゲームをプレイ AQUOS wish3でテーブルゲームをプレイ

当ブログではゲームのFPS計測にPerfDogを使用しています。

WeTest PerfDog

iOS・Android端末でFPS値やバッテリー温度等を計測できるツールです。

15分間の無料使用ができるので、新しいスマホを購入してゲーム性能が気になる場合などに使ってみてください。企業・インフルエンサー向けの無料プラン(使用時間制限あり)も用意されていますよ。

公式サイト>>WeTest PerfDog

負荷がかかると発熱する

スマホに負荷がかかると発熱して性能が下がる(カクつき・モタつきを感じる)こともありますが、AQUOS wish3にも多少感じられることがありました。

原神をプレイしている時の背面パネルの温度は約45℃で、持てなくなるほどではありませんが、それなりにホカホカしていました。

AQUOS wish3の発熱

AnTuTuベンチマークを4回連続で計測した時のスコアは以下のとおり。

少しずつスコアが下がっているのが分かります。

AQUOS wish3に高い負荷をかけることは多くないとは思いますが、発熱の影響を受けて動作性能が低下する可能性があるのでご注意ください。

AnTuTuストレージ速度テストのスコア

AnTuTuアプリでストレージ速度のテストもしてみました。

読み込み速度はそれなりに速いですが、書き込みは遅め。

ただ実際に使っていても、アプリの起動が遅い等のようなストレスを感じる場面はありませんでした。

RAMが4GBしか搭載されていないのは物足りないポイントではありますが・・・。

なお残念ながらストレージ(ROM)の一部を仮想メモリにする機能は非対応でした。

ストレージ容量は64GBと多くはありません。

そのうえシステム領域に約11GB使うので実際に保存可能なのは50GBほど。

AQUOS wish3のストレージ容量

写真や動画を大量に撮影する人は容量不足にならないように注意しましょう。

最大1TBまでのMicro SDカードを搭載できるので活用したいところです。

AQUOS wish3のバッテリー性能をレビュー

AQUOS wish3のバッテリー性能

続いてAQUOS wish3のバッテリー性能をみていきましょう。

充電速度はもちろん、バッテリーもちの良し悪しもスマホを使ううえで重要なポイント。

なるべく充電しなくても長時間使えるに越したことはありませんからね?

PCMarkバッテリーテストのスコア

AQUOS wish3のバッテリーは3,730mAhと十分な容量。

ただいくら容量が多くても、すぐに充電がなくなってしまったら意味がありません。

そこでPCMarkというベンチマークアプリでバッテリーもちを検証してみました。

PCMarkは数値からバッテリー性能を計算しているわけではなく、実際にスマホを動作させて100%から20%までのバッテリー消耗時間を測定しているため、それなりに信頼できる結果だと思っています。

PC Markでバッテリー性能をチェック

計測の結果、バッテリー残量100%から20%まで消耗する時間は14時間53分とまずまず。

AQUOS wish3のバッテリー持ち

エントリーモデルのスマホとしては少々物足りないかなーとは思いますが、普段使いであれば2日くらい使えちゃうと思います。

なお、これまでレビューしてきたスマホのPCMark計測結果をランキング形式で掲載しているので参考に御覧ください。

バッテリー消費時間を実機で計測

スコアだけではピンと来ない人もいるかもしれないので、実際に使った場合のバッテリー消耗時間も紹介しておきます。

まず1時間Amazonミュージックで音楽を聴いた結果、バッテリー消耗は4%。

1時間YouTubeで動画(1080P/60fps)を視聴した結果、バッテリー消耗10%。

24時間一切触らずに放置してみたところ、バッテリーは1%未満。

48時間放置で3%バッテリーを消耗しました。

結果をまとめると次のとおりになります。

使用時間バッテリー消耗使用可能時間(想定)
音楽再生 1時間4%約25時間
動画再生 1時間10%約10時間
24時間放置1.5%約60日間

上位モデルのAQUOS sense7と比較すると以下のとおり。

使用時間AQUOS wish3AQUOS sense7
音楽再生 1時間4%4%
動画再生 1時間10%10%
24時間放置1.5%4%

やはり驚くべきは待機中の電力消費の少なさ

これはAQUOS wish3をおすすめできる1つのメリットです。

これまでレビューしてきたスマホの中で、ここまでアイドリング時の電力消費が少ないものはありませんでした。

ライトユーザーは、そもそもスマホを触っている時間が短いものです。

スマホを触っていない時間にバッテリー消耗が少なければ、それだけ長期間連続で使えることになり、理にかなっています。

なお、設定からバッテリーの最大充電量を変更したり、状態をチェックすることも可能。

特に「画面消灯中のみ充電」機能が優秀。

画面が点灯している間はバッテリーの充電ではなく直接給電に切り替えることができます。

発熱を抑えることができるのでゲーミングスマホに搭載されていることが多い機能なんですが、エントリーモデルのAQUOS wish3でも使えるのは驚きです。

充電速度はのんびり

バッテリー持ちは十分なAQUOS wish3ですが、充電速度はのんびり。

20%からフル充電までにかかった時間は約2時間でした。

スペック上のフル充電時間は130分とのことなので、公称通りの結果となりました。

急速充電規格USB-C Power Deliveryに対応しているようですが、充電時間からも分かるとおり、そこまで充電時の電力は高くないようです。

AQUOS wish3の充電速度 AQUOS wish3の充電速度

なお、AQUOS wish3には充電器が付いていません。

急速充電を使いたいなら自分で別途購入する必要があります。

寝る前にちゃんと充電したり、フル充電に拘らないなら普段使いで困ることはありませんが、バッテリーもちが良いだけに少し残念なポイントですね。

ちびめがね
ちびめがね
ワイヤレス充電にも非対応!

AQUOS wish3のカメラ性能をレビュー

AQUOS wish3のカメラ性能

スマホを購入するうえで気になるのは動作性能・バッテリー性能、そしてカメラ性能です。

カメラだけは高性能(もれなく高価)なハイエンドスマホほど良い写真が撮影できるもの。

エントリーモデルのAQUOS wish3がどこまで手が届くのかが気になります。

とは言え、最終的には自分好みの写真が撮影できるかが重要です。

果たしてAQUOS wish3のカメラ性能はどれほどなのか?実際に撮影してみたので参考にしてください。

ちびめがね
ちびめがね
ブログ掲載の都合上、写真は全てリサイズしています!

カメラアプリ

作例を紹介する前にカメラアプリを少しだけ見ておきましょう。

AQUOS wish3のカメラアプリはシンプルで操作しやすいのが特徴。

AQUOS wish3のカメラアプリ写真撮影
AQUOS wish3のカメラアプリ動画撮影

写真も動画もサッと取り出して迷うことなく撮影できます。

ズームは倍率が表示さえている部分をスライドです。

AQUOS wish3のカメラアプリ

シャッター音は消すことができず、スクショ音は鳴ったり・鳴らなかったり挙動が不安定・・・。

本体ボリュームと連動しているのかな?よく分かりません。設定にはスクショ音を消す項目はありませんでした。

ちびめがね
ちびめがね
スクショ音は鳴らないことの方が多かったです!

メインカメラの作例

まずはメインカメラでどんな写真が撮影できるのかチェックです。

比較用にPixel 7aとAQUOS sense7で撮影した写真も併せて掲載していきます。

Pixel 7aは6万円台とは思えないほどのハイエンドモデル並みのカメラ性能。

【Google Pixel 7aレビュー】2023年コスパ最強スマホ決定!使ってわかったメリット・デメリット・評価Google Pixel 7aは6万円台で購入できるミドルレンジモデルながら十分な動作性能と簡単に綺麗な写真を撮影できるカメラ、さらにワイヤレス充電やリフレッシュレート90Hzt等の付加価値も充実したコスパの高い1台。実際に使ってみた様子を実機レビューしています。...

AQUOS sense7もSnapdragon 695 5Gを搭載したスマホの中では良い感じの写真が撮影できると定評があります。

【AQUOS sense7レビュー】シリーズ最高傑作!使ってわかったメリット・デメリット・評価AQUOS sense7はSnapdragon 695 5Gを搭載したミドルレンジスマホ。senseシリーズの特徴である扱いやすさはそのままに、カメラ性能が大きく進化しています。超長持ちバッテリーも魅力的な1台です。実際につかって感じたメリット・デメリットを含めて実機レビューしています。...
AQUOS wish3
Pixel 7a
AQUOS sense7

最初に撮影した写真からいきなりピントが合わずにビックリしました笑

AQUOS wish3はこういうシーンが苦手なんでしょうか・・・。

同じAQUOS端末だからか、色味はsense7と同じような感じになっていますね。

AQUOS wish3
Pixel 7a
AQUOS sense7
AQUOS wish3
Pixel 7a
AQUOS sense7
AQUOS wish3
Pixel 7a
AQUOS sense7

日中の明るいシーンであれば、それなりに撮影できていることが分かります。

ただPixel 7a・AQUOS sense7と比べると解像感・質感に乏しくノッペリした風合いになってしまう印象です。

HDR性能を確かめるために逆光のシーンでも撮影してみました。

AQUOS wish3
Pixel 7a
AQUOS sense7

頑張っているとは思いますが、他の2つに比べると黒つぶれが多いですね。

室内でのメシウマ写真はこんな感じに。

AQUOS wish3
Pixel 7a
AQUOS sense7

どれも大きく変わりはしませんが、Pixel 7aが自然な感じがしますね。

なお、AQUOS wish3にはAIによるシーン補正機能が搭載されています。

例えばラーメンにカメラを向けると「料理」と表示。シーンに応じて自動補正がかかるようです。

AQUOS wish3のシーン補正

AIのON/OFFでの違いはこんな感じ。

左が通常撮影で、右がAI補正を有効にした写真です。

 

色味が変わって全体的に明るくなっているのが分かります。

不自然な色合いになってしまうこともあると思うので、好みに応じて使い分けるのがベストです。

夜景モードの作例

AQUOS wish3には夜景モードはなく、AIシーン補正の1つに用意されています。

暗い環境での撮影では自動で夜景モードになるイメージです。

AQUOS wish3の夜景モード

夜景モードが有効の状態で撮影すると、通常撮影よりも明るく撮影できるようです。

 

引き続き2台のスマホと比較していきましょう。

AQUOS wish3
Pixel 7a
AQUOS sense7
AQUOS wish3
Pixel 7a
AQUOS sense7
AQUOS wish3
Pixel 7a
AQUOS sense7

他の2つよりもノイズが激しく厳しい結果になってしまいました・・・。

AQUOS wish3で夜間撮影は難しいと思います。

AQUOS sense7はセンサーサイズが大きいこともあり、夜間撮影に強い印象。

Pixel 7aよりも綺麗に撮れていることも多かったです。

最大8倍のデジタルズーム

AQUOS wish3には望遠カメラが搭載されていないので、デジタルズームで最大8倍まで引き伸ばしての撮影になります。

通常撮影
2倍ズーム
5倍ズーム
8倍ズーム

2倍までは解像感がありますが、それを超えるとイラストのような質感になってしまいます。厳しい・・・。

ちなみに比較している2つのスマホにも望遠カメラは非搭載ですが、Pixel 7aの画像処理能力が高すぎて驚きます笑

Pixel 7a(8倍ズーム)
ちびめがね
ちびめがね
凄すぎる・・・。

ポートレートモードの作例

簡単に背景ボケのある写真が撮影できるポートレートモードもあります。

深度計測用カメラは非搭載なのでソフトウェア処理になりますが、被写体との切り分けはそこそこ上手です。

通常撮影
ポートレートモード

効果はイマイチですが、人物以外の被写体にもボケモード的に使用できました。

距離に応じてボケ具合が変化するわけではなく、被写体以外をバツっとボケさせてしまうのはソフトウェア処理によるものなので仕方ないと思います。

インカメラの作例

AQUOS wish3のインカメラは500万画素。

個人的に利用機会は全くありませんが、そうじゃなくても解像感が低くてあまり使いたくありません笑

後ろのカーテンなんかイラストみたいな質感になっちゃってますからねぇ・・・。

室内で撮影したので明るさ不足だったのかもしれませんが、AQUOS wish3のインカメラには期待しないでください笑

動画撮影の作例

AQUOS wish3で動画撮影もしてみました。

 

比較用にiPhone 14 Proで撮影した動画も続けて掲載しています。

写真同様に日中明るい場面ではそれなりに撮影できています。

ただ、iPhone 14 Proと比べてしまうと解像感が低く、手ぶれ補正も殆ど効いていないので動きながらの撮影は難しい印象。

また、HDR性能が低いのか日陰の部分が暗くなってしまいいます。

夜間撮影はノイズが多く発生するので向いていません。

ちょっとした記録程度なら使えると思いますが、思い出を形にできるほどの性能ではないと思います・・・。

AQUOS wish3を実機レビュー

AQUOS wish3を実機レビュー

ここからはAQUOS wish3の動作性能・バッテリー性能・カメラ性能以外で気になった部分を紹介していきます。

OSはAndroid 13

AQUOS wish3に搭載されているOSはAndroid 13。

AQUOS wish3はAndroid 13

現時点の最新バージョンが搭載されているのは嬉しいポイント。

なお、2年間で最大2回のOSアップデートと、3年間のセキュリティアップデートが保証されています。

メーカー独自のカスタマイズは殆ど施されていないピュアAndroid状態なので、シンプルで使いやすいです。

なお楽天モバイル版は楽天関連アプリがゴリゴリにプリインストールされていました。やめてもろて・・・。

wishシリーズを使うユーザーには必要ないかもしれませんが、海外メーカーのスマホによくある便利機能も殆ど搭載されていません。

画面分割機能はあるものの「デュアルアプリ」「セカンドスペース」「複数ユーザー」なんかは探しても見つけることができませんでした。

AQUOS wish3の画面分割

AQUOS wishに搭載されている機能を使いこなしたい場合には、設定から「AQUOSトリック」を開くと分かりやすく紹介されています。

ディスプレイ上部の長押しでスクショが撮影できる「Clip Now」は便利です。

AQUOS wish3のClip Now

また、電源ボタンを長押しで特定のアプリを開けるPayトリガーなんかもあります。

AQUOS wish3のPayトリガーPayトリガーでTwitterを起動

かんたんモード/ジュニアモード

AQUOS wish3をかんたんケータイ化できる「かんたんモード」も搭載しております。

また、お子さん用の「ジュアモード」も新たに加わりました。

AQUOS wish3のかんたんモードかんたんモード

ジュニアモードでは、ホーム画面によく使う連絡先へのショートカット機能「楽ともリンク」を設置可能。

またGoogleファミリーリンクを使えば、アプリや使用時間に制限をかけることもできます。

GoogleファミリーリンクGoogleファミリーリンク

お子さんが使う場合には非常に重宝する機能です。

個人的にAQUOS wish3が向いているお子さんは小学生までで、中高生には確実に物足りないスマホになるとは思います。

IP67防塵防水/おサイフケータイ搭載

AQUOS wish3はIP67防塵防水対応

AQUOS wish3にはIP67等級の防塵・防水性能があり、さらにアメリカ国防総省の調達基準であるMIL-STD-810Hに準拠

米国国防総省が制定したMIL-STD-810Hに準拠した規格において、

・防水(浸漬):深さ約1.5mの水中に30分間浸漬させる試験
・防水(雨滴):高さ1mから15分間雨滴を落とす試験
・防塵:12時間の粉塵試験
・防塵(風塵):連続6時間(風速8.9m/sec、濃度10.6g/m³)の粉塵試験
・耐衝撃(落下):高さ1.22mから鋼板に製品を26方向で落下させる試験
・耐振動: 上下10Hz~500Hz、加速度1.04G、左右10Hz~500Hz、加速度0.2G、前後10Hz~500Hz、加速度0.74Gでそれぞれ60分の振動試験
・防湿:連続10日間(湿度95%RH)の高湿度試験
・高温保管(固定):63℃に固定した72時間の高温保管試験
・高温保管(変動):28℃~58℃までの温度変化において72時間の高温保管試験
・高温動作 (固定):55℃に固定した5時間の高温動作試験
・高温動作 (変動):28℃~39℃/湿度43%~78%までの変化において72時間の高温動作試験
・低温動作:-20℃に固定した5時間の低温動作試験
・低温保管:-33℃~-25℃の温度変化において連続72時間の低温保管試験
・温度耐久(温度衝撃):-21℃~50℃の急激な温度変化において連続3時間の温度耐久試験
・低圧保管:連続2時間(57.2kPa/高度約4,572m相当)の低圧保管試験
・低圧動作:連続2時間(57.2kPa/高度約4,572m相当)の低圧動作試験
・氷結(結露):-10℃で結露や霧を発生させ1時間維持し、25℃、95%RHで動作確認
・氷結(氷結):-10℃環境下で着氷した氷の厚さが6mmになるまで氷結させる試験
を実施。本製品の有する性能は試験環境下での確認であり、実際の使用時すべての状況での全機能の動作を保証するものではありません。
また、すべての衝撃に対して、無破損、無故障を保証するものではありません。

引用:公式サイト

もはやタフネススマホさながらの耐久性があると言っていいでしょう。

雨や汗に強いのはもちろん、お風呂で使っても簡単には壊れません。

ここがIP67防塵防水との違いになりますね。

ちびめがね
ちびめがね
入浴剤やシャンプー・石鹸が入り込むと壊れる危険性はありますよ!

また、おサイフケータイにもしっかり対応。

AQUOS wish3はおサイフケータイ対応

バーコード決済が普及したとしても、タッチ決済している人も多いはず。

乗車券や定期券は未だタッチ方式ですからね。

AQUOS wish3なら今使っているSuicaやPASMOをそのまま利用可能です。

生体認証は顔認証のみ

AQUOS wish3の生体認証は、まさかの顔認証のみ・・・。

マスクを装着している状態でもロック解除できるようなので、困ることはないとは思いますが、指紋認証にも対応して欲しかったですね。

一瞬ロック画面が表示されるので、ロック解除は早くはないものの反応に問題はありません。

AQUOS wish3は顔認証のみ

なお、僕の購入した楽天モバイル版には指紋認証がありませんが、なんとドコモ版には指紋認証が搭載されております。

うーん・・・。全キャリア付けてくれれば良かったんですけどね。残念!

スピーカーは1個のモノラル仕様

AQUOS wish3は本体下部にしかスピーカーが搭載されていません。

AQUOS wish3はモノラルスピーカー

このため、縦持ちしている分には気にならないものの、横持ちすると片側からしか音がでないアンバランスなモノラル仕様になってしまいます。

AQUOS wish3はモノラルスピーカー

音質もイマイチといったところで、低音が殆ど聞こえずにスカスカしております。

ただ、サイズの割に大きな音が出るのは凄いと思いました。

イヤホンジャック搭載

片側スピーカーなのは残念ポイントなんですが、AQUOS wish3にはイヤホンジャックが搭載されております。

AQUOS wish3はイヤホンジャック搭載

音楽やゲーム・動画視聴を高音質で楽しみたい場合には素直にイヤホンを使いましょう。

なお残念ながらイコライザー、FMラジオは非搭載でした。

BluetoothコーデックはLDACに対応

AQUOS wish3のBluetoothコーデック

AQUOS wish3にワイヤレスイヤホンを接続して使う人も多いと思います。

その場合に気になるのがBluetoothコーデック。

実際にワイヤレスイヤホンを接続してみたところ、対応状況は以下の通りでした。

  • SBC:○
  • AAC:○
  • aptX:✕
  • aptX HD:✕
  • aptX Adaptive:✕
  • LDAC:○
  • LHDC:✕

aptX系は全滅なもののLDACには対応していました。

このため無線接続でもハイレゾ相当の音質が楽しめます。

また、Amazonプライムミュージックのストリーミング再生では、日本オーディオ協会が求める「96kHz/24bit」出力にまで対応していることが分かりました。

Amazon Musicアプリがどこまで正確なのかは分かりませんが、エントリーモデルのスマホなのにSRC回避が出来ているのは貴重です。

まとめ:AQUOS wish3のメリット・デメリット・評価

AQUOS wish3のメリット・デメリット・評価

AQUOS wish3を実機レビューしました。

最後に本記事のおさらい。メリット・デメリット・評価をまとめて紹介いたします。

メリット・デメリット

AQUOS wish3を買うべきメリット、購入前に確認しておきたい注意点は以下のとおりです。

メリットデメリット
・本体の質感が良い
・扱いやすいサイズ感

・困らない動作性能
・長持ちバッテリー
・おサイフケータイ
・IP67防塵防水
・イヤホンジャック
・SoC性能低下
・ゲームは厳しい
・モノラルスピーカー
・カメラは価格相当
・ワイヤレス充電なし
・指紋認証なし
・付属品なし

評価

総合評価:(3.5点/5点満点)

デザイン★★★★☆
サイズ感★★★★☆
ディスプレイ★★★☆☆
動作性能★★★☆☆
ゲーム性能★★☆☆☆
バッテリー性能★★★★☆
カメラ性能★★★☆☆
機能・付加価値★★★★☆

SoCの性能は低くなったものの、これまでのAQUOS wishシリーズ同様に普段使いに困らない動作性能は健在。

さらにおサイフケータイ・IP67防塵防水にも対応し、扱いやすいサイズ感で、ライトユーザーには使い勝手の良いスマホでした。

ゲームするには物足りず、カメラも全般的に弱いものの、音声通話やネットでのちょっとした調べ物が中心の人なら十分満足できるでしょう。

初めてスマホを使う人には2種類のパターンがあります。

  1. お子さん
  2. 高齢の方

AQUOS wish3が向いているのは後者です。

これまでガラケーを使っていたけど、スマホにしてみようかな?

そんな人にAQUOS wish3はピッタリだと思います。

ただし、旧モデルのAQUOS wish2がワイモバイルで安く購入できたりもするので、購入する場合には検討してもいいでしょう。

AQUOS wish3よりも基本性能が高いですからね・・・。

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!


ソフトバンクでAQUOS wish3が実質24円!

スマホ乗り換えドットコムでAQUOS wish3が実質24円

ソフトバンク正規代理店「スマホ乗り換え.com」で本記事で紹介したAQUOS wish3がセールの対象になっております。

スマホ乗り換えドットコムの販売価格

通常価格25,920円がセール価格で3,936円に。さらにソフトバンクの「新トクするサポート」による48回分割払い適用で、25ヶ月目に返却すれば実質24円で購入(レンタル)可能です。

①48回分割スケジュール1〜24回:月額917円
25〜48回:月額163円
総額:25,920円
②割引額1〜24回:-916円
割引総額:-21,984円
③割引適用後の支払額1〜24回:月額1円
25〜48回:月額163円
総額:3,936円
④新トクするサポート
13ヶ月目にスマホ返却
1〜24回:月額1円
25〜48回:免除
総額:24円

公式サイト>>AQUOS wish3

実質24円で購入(レンタル)できるソフトバンクへの加入条件はこちら。

  • 新規/スマホデビュープラン+(20GB)
  • MNP/スマホデビュープラン+(20GB)
  • MNP/メリハリ無制限プラン
  • MNP/ペイトク(無制限・50・30)プラン
スマホ乗り換えドットコムのセール対象プラン

スマホ乗り換え.comは店舗へ足を運ぶ必要なく、自宅から申込できちゃいます。

手続きの流れは以下のとおり。

  1. 公式サイトから問い合わせ
  2. 電話かメールで特典・料金などの案内
  3. 正式申し込み
  4. ソフトバンクから専用入力フォームの連絡

ウェブだけで完結するわけではなく、電話かメールでの対応は必要になりますが、担当者と直接やり取りできるのは逆に安心ポイント。

分からないことがあれば気軽に問い合わせできちゃいますからね。

  • 本当に安くスマホを買えるの?
  • おすすめの料金プランは?
  • 月額どのくらい支払う必要があるの?

分からないことは担当スタッフに聞いちゃいましょう!

AQUOS wish3をなるべく安く手に入れたい人は【スマホ乗り換え.com】がおすすめです。

公式サイト>>Pixel 8

ワイモバイルでAQUOS wish3が7,920円!今なら純新規も安い!

ワイモバイル スマホセール

AQUOS wish3がワイモバイルで割引販売中です!

販売価格の比較

現在AQUOS wish3を取り扱っている主な格安SIMと販売価格は以下のとおり。

「最安価格」はMNPやオプション加入等の条件を適用した場合の価格になります。

格安SIM通常価格最安価格
ワイモバイル31,680円7,920円
IIjmio33,800円19,800円
楽天モバイル29,700円9,700円

楽天モバイルもかなり安いですが、現在の最安値はワイモバイル。

他社からのMNP+シンプル2M/Lへの加入が条件にはなりますが脅威の7千円台。

その他の加入条件でも十分安く買えちゃいます。

  • 新規(シンプル2S):17,280円
  • 新規(シンプル2M/2L):9,800円
  • MNP(シンプル2S):11,520円
  • MNP(シンプル2M/2L):7,920円
  • 機種変更:21,600円

現在セールを開催しているのでMNPだけじゃなくて純新規(新しい電話番号での契約)でも1万円切ってます。

さらにワイモバイルで常時開催の「どこでももらえる特典」で最大6,000円相当のPayPayポイントが戻ってきます。

還元されるPayPayポイントを加味すれば実質1,920円で購入可能に・・・。

個人的に「実質」ってあんまり好きではないのですが、さすがにお得としか言いようがありません。

ワイモバイルで購入する場合には、事前にキャンペーンへのエントリーを忘れずにしましょう。

ワイモバイルどこでももらえる特典
【新どこでももらえる特典】ワイモバイル店舗での申し込みでも最大3,000円貰えるキャンペーン!ワイモバイルの「新どこでももらえる特典」を解説しています。ネットでも店舗でもワイモバイルへの申し込みでPayPayポイントが貰えます。オンラインストアで開催しているキャンペーンとの併用がお得です。...

公式サイト>>AQUOS wish3

ワイモバイルの料金プラン

ワイモバイルをスマホで利用する時の料金プランは「シンプル2」です。

プラン名シンプル2 Sシンプル2 Mシンプル2 L
データ通信量
4GB20GB30GB
月額基本使用料2,365円4,015円5,115円

各種割引を適用すれば更に安くなり、格安SIMにも負けないくらいお得な料金プランになっています。

ワイモバイル料金プラン「シンプル2」

また、現在「データ増量無料キャンペーン」を開催しているので、6ヶ月間はデータ通信量が無料で増量。これが地味に嬉しいメリットです。

ギガはたくさん使えるに越したことありませんからね。

ワイモバイルの特徴

ワイモバイルの特徴は以下の

  • 2つの通話定額オプション
  • 安定した通信速度
  • データくりこし可能
  • PayPayが貯まりやすい

2つの通話定額オプション

ワイモバイルの通話定額オプション

ワイモバイルの通話料は22円/30秒ですが、2つの通話定額オプションが用意されています。

オプション名月額料金内容
だれとでも定額880円10分以内の国内通話が無料
スーパーだれとでも定額1,980円国内通話かけ放題

個人的には通話は殆どLINEなので音声通話を使う機会は少ないですが、そうはいかない人も多いでしょう。

1ヶ月に20分以上話すなら「だれとでも定額」、45分以上話すなら「スーパーだれとでも定額」を利用したほうが安上がりと言われています。

安定した通信速度

ワイモバイルの特徴

ワイモバイルはソフトバンク回線を直接利用しています。

格安SIMでもソフトバンク回線を利用しているところがありますが、通信速度が安定しているのは圧倒的にワイモバイル。

低速になりがちな「お昼休み」や「夜のくつろぎタイム」でも遅くなることはありません。

ちびめがね
ちびめがね
さすがソフトバンクのサブブランド!

また今後エリアの拡大が予想される5G回線も標準搭載。追加料金を支払うことなく利用できます。

データくりこし可能

ワイモバイルのデータくりこし

以前ワイモバイルはデータ繰り越しに対応していなかったのでデメリットの1つになっていましたが、現在は対応しており、余ったギガを翌月まで繰り越し可能です。

月によって使うギガがバラバラな人ほど恩恵を受けやすいですね。

なお、シンプル2 M/Lプランなら、データを使い切った後の通信速度が1Mbps

動画視聴やゲームにはちょっと遅いですが、ネットサーフィンやSNSをやるくらいであればストレスなく使えます。これも大きなメリットです。

PayPayが貯まりやすい

ワイモバイルはPayPayが貯まる

PayPayを普段使っていない人には魅力を感じにくいポイントかもしれませんが、ワイモバイルはPayPayとの親和性が非常に高いです。

ワイモバイルに加入すると、通常月額508円のLYPプレミアム会員特典が無料で使えます。

ワイモバイルユーザーはLYPプレミアム特典が使える

これでYahoo!ショッピングで+2%のPayPayポイントが還元(支払い方法に条件あり)。

さらに月額550円に「Enjoyパック」に加入すると、Yahoo!ショッピングでの買い物がいつでも最大12%還元になっちゃいます。

還元率を上げるためにわざわざ毎月550円払わないといけないの?と思うかもしれませんが、Enjoyパックの特典はそれだけに留まりませんよ。

ワイモバイルenjoyパックの特典

毎月0.5GBのギガと、Yahoo!ショッピングで使える500円OFFクーポンが貰えます。これだけで月額料金以上の価値があるのでお得すぎです笑

どうしてもPayPayを中心にしたサービスに偏ってしまうのですが、ワイモバイルに加入したら全力でPayPayの還元を受けるべきだと思います。

ちびめがね
ちびめがね
安定した通信速度がワイモバイル最大のメリット!

現在大手キャリアを利用している人、格安SIMを使っているけど通信速度に不満がある人はワイモバイルへ乗り換えて、AQUOS wish3を購入してみてはいかがでしょうか?

公式サイト>>AQUOS wish3

2024年2月スマホ乗り換えドットコムセール

SoftBankに乗り換えを検討している人朗報です!

ソフトバンク正規代理店「スマホ乗り換え.com」でスマホセールを開催中。

ラインナップは以下のとおり。ソフトバンク「新トクするサポート」による48回分割払い適用後の実質価格になります。

  • motorola razr 40s:実質24円
  • Google Pixel 8:実質24円
  • Google Pixel 8 Pro:実質25,896円
  • AQUOS wish3:実質24円
  • Redmi Note 10T:一括1円
  • iPhone 15:実質12円
  • iPhone 15 Pro:実質79,176円
  • iPhone 14:実質24円
  • iPhone SE(第3世代)64GB:実質24円

Pixe 8 Proがラインナップに追加されました。

172,080円が25,896円!約15万円安くなっちゃいますよ。ヤバすぎ笑

【Google Pixel 8 Proレビュー】最高のカメラでもゲーム性能は弱い!未知数のAI機能で大化けなるか?使ってわかったメリット・デメリット・評価 Google Pixel 8 Proは普段使いに困らない快適な動作性能と優れたカメラ性能が特徴の2023年フラッグシップモデル。消しゴムマジックや音声消しゴムマジックなどのAIによる画像編集機能が強化されています。実際に使ってみて感じたメリット・デメリットを含めて実機レビューしています。...

公式サイト>>スマホ乗り換え.com

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA