iPhone

【iPhone SE(第2世代)レビュー】iPhone 8と実機で比較!買い替えるべき?

iPhone SE vs iPhone 8

2020年4月24日に発売されたiPhone SE(第2世代)を購入しました。

iPhone 8と全く同じサイズ感ながら、CPUプロセッサはA13 Bionicチップ搭載

さらに価格も、最新のiPhoneの中ではかなり格安で、超コスパの高いiPhoneです。

なお、Apple公式サイトでの販売価格は以下のとおりです。

64GB44,800円(税抜)
128GB49,800円(税抜)
256GB60,800円(税抜)

 

各キャリアでの販売価格は、公式サイトをご確認ください。

また、2020年8月から一部の格安SIM(サブブランド含む)でも、iPhone SE(第2世代)が販売されています。

月額基本料が安い格安SIMでこそコスパの高さが輝くでしょう。

>>ワイモバイルでiPhone SE(第2世代)を買うべき?他社との価格を比較!

ワイモバイル×iPhone SE(第2世代)
ワイモバイルでiPhone SE(第2世代)を買うべき?他社との価格を比較!2020年8月27日からY!mobile(ワイモバイル)でiPhone SE(第2世代)が購入できます。オンラインストアで購入すれば割引価格で購入可能。ワイモバイルでスマホを買うならiPhone SE(2020)がおすすめです。...

 

さっそく、これまで使っていたiPhone 8と実機を使って比較してみたので、本記事で紹介いたします。

現在iPhone 8を使っていて、iPhone SE(第2世代)に買い替えを検討している人は参考にしてください。

結論を先に申し上げると、現在のiPhone 8に何の不満もないのであれば、無理に買い替える必要はないでしょう。

ただ、今より少しでも高い性能を求めているのであれば、買い替えてOKです!

また、以下のiPhoneを使っている人が買い替え時期に差し掛かっているなら、iPhone SE(第2世代)がおすすめです。

  • iPhone 6
  • iPhone 6s
  • iPhone 7
ちびめがね
ちびめがね
これまでと変わらない使い勝手で、性能が格段に上がります!

iPhone SE(第2世代)とiPhone 8を実機で比較

iPhone SE(第2世代)とiPhone 8を、違いの分かりやすい以下の項目で比較しました。

  • 外観とディスプレイ
  • カメラ
  • CPUプロセッサ(Aプロセッサ)
  • AnTuTu ベンチマークテスト
  • 通信速度
  • SIMカード
  • 価格

1つずつ紹介していきます。

外観とディスプレイ

iPhone SE(第2世代)はホームボタンが搭載されているモデルです。

ちびめがね
ちびめがね
顔認証「Face ID」は利用できません。

 

iPhone SE(第2世代)とiPhone 8のサイズは同じです。

iPhone SE(第2世代)はiPhone 8と同じ
ちびめがね
ちびめがね
本体の素材もアルミニウムとガラスなので変化ありません!

 

重さも146gなので、全く同じ。

実測したところ、iPhone 8のほうが2gほど重い状態に。

iPhone SE(第2世代)の重さは146g
iPhone 8の重さは148g
ちびめがね
ちびめがね
ゴミやホコリが溜まってるのかも・・・。

 

iPhone SE(第2世代)背面のデザインは、Appleのリンゴマークが真ん中になり、「iPhone」の文字が無くなりました。

iPhone SE(第2世代)の背面デザイン

 

充電もiPhone 8と同様にLightningケーブルで。

イヤホンジャックは付いていません。

iPhone SE(第2世代)の底面

 

もちろん、ワイヤレス充電「Qi」に対応しています。

iPhoen SE(第2世代)はQi対応

 

ディスプレイのサイズも4.7インチと全く一緒。

ただし、iPhone 8に搭載されていた「3D Touch」機能がなくなり、iPhone SE(第2世代)は「触覚タッチ」になりました。

iPhone 8は3D Touch搭載
iPhone SE(第2世代)は触覚タッチ
ちびめがね
ちびめがね
ディスプレイを強く押し込む操作が3D Touchですね!

 

どちらも要するに「長押し」のことなのですが、3D Touhを好んで使っていた人は、少し違和感を覚えるかもしれません。

僕が最も違和感を感じたのが、キーボードを押し込むことでカーソル移動できなくなった点です。

iPhone SE(第2世代)では「空白」キーの長押しでカーソル移動が出来ます。

iPhone SE(第2世代)のカーソル移動は「空白」

 

これまでiPhone 8を使っていた人にとっては、慣れ親しんだサイズ感なのでiPhone SE(第2世代)が使いやすいでしょう。

カメラ

iPhone SE(第2世代)とiPhone 8のカメラ性能は同じです。

外向きカメラシングル12MPカメラ(広角)
内向きカメラ30fpsの1080p HDビデオが撮れる7MPカメラ

 

ただ、iPhone SE(第2世代)には、被写体の背景をボカすポートレートモードが搭載されています。

iPhone SE(第2世代)にはポートレートモードが搭載されている
ちびめがね
ちびめがね
背景がボケることで人物がはっきり写るのがポイント!

 

インカメラでもポートレート撮影が可能です。

iPhone SE(第2世代)のインカメラもポートレート撮影可能

 

一眼レフカメラさながらのポートレート写真を、誰でも簡単に撮影できるのは嬉しいポイントではないでしょうか。

お子さんを撮影することが多い、パパさん・ママさんに特におすすめです。

ちびめがね
ちびめがね
ポートレートモードで撮影した画像であれば、深度を後から編集することも可能ですよ!

CPUプロセッサ(Aプロセッサ)

見た目に違いがないiPhoneSE(第2世代)とiPhone 8の大きな違いの1つが、処理能力を司るCPUプロセッサ(Apple Aプロセッサ)です。

iPhone 8A11 Bionicチップ
iPhone SE(第2世代)A13 Bionicチップ

A13 Bionicチップは、なんとiPhone 11シリーズに搭載されているものと同じもの

これにより、iPhone 8と比べると以下の通りの処理能力の向上が見込めます。

  • CPU最大1.4倍
  • GPU最大2.0倍

 

とは言え、iPhone 8の処理速度も決して悪いわけではありません。

そのため、処理速度の向上が体感できたとしても僅かです。

例えば、iPhone SE(第2世代)とiPhone 8で同じWebページを表示してみると、以下のように少しだけにiPhone SE(第2世代)が早いことが分かります。

iPhone SE(第2世代)の表示速度①
iPhone SE(第2世代)の表示速度②

AnTuTu ベンチマークテスト

CPU・GPUの性能等を数値で表示できる「AnTuTu」で、iPhone SE(第2世代)のベンチマークテストをしたところ、スコアは443349ポイントでした。

iPhone SE(第2世代)のベンチマークスコア

 

数値だけ言われてもよく分からないと思いますが、超ハイスコア!

世界中の人が計測したiOSデバイスのスコアの中で第10位です。

iPhone SE(第2世代)のベンチマークスコアは第10位

 

非公式情報では、iPhone SE(第2世代)はメモリ3GB搭載していると言われていますが、iPhone XS Maxに匹敵するスコアでした。

ちなみに、iPhone 8のスコアは287552ポイント。

iPhone 8のベンチマークスコア

 

特にiPhone SE(第2世代)は、GPUの性能が大幅に向上していることが分かります。

日常使いには顕著な処理能力の差は体感できないかもしれませんが、ゲームをする時に違いを感じるはずです。

ちびめがね
ちびめがね
PUBGや荒野行動をやる人なら、すぐに違いが分かると思いますよ!

通信速度

iPhone 8からiPhone SE(第2世代)にすると、通信速度の向上が見込めます。

モバイルデータ通信Wi-Fi
iPhone 84G LTE-AdvancedMIMO対応802.11ac Wi‑Fi
iPhone SE(第2世代)ギガビット級LTEMIMO対応802.11ax Wi‑Fi 6

 

モバイルデータ通信は、理論上1Gbpsに対応しています。

特に、ドコモ・ソフトバンク・auでiPhone SE(第2世代)を利用すると、速度向上を実感できそうです。

ちびめがね
ちびめがね
格安SIMだと、そもそも速度が遅いので違いが分からないと思います・・・。

ギガビットLTEは「5G」ではありませんので、ご注意ください。

 

また、Wi-Fiも最新規格「Wi-Fi 6」に対応しています。

家でも外でも、高速データ通信ができるのが、iPhone SE(第2世代)のメリットです。

参考>>初心者向け 次世代Wi-Fi規格“Wi-Fi 6”とは?

SIMカード

iPhone SE(第2世代)はデュアルSIMに対応しています。

iPhone 8は1枚のnano SIMしか挿入できませんでしたが、iPhone SE(第2世代)はnano SIMと併せて「eSIM」を利用可能です

iPhone SE(第2世代)はeSIM対応
ちびめがね
ちびめがね
1つのスマホでSIMを2つ使えるってこと!

 

仕事用とプライベート用にスマホを2つ持っていた人も、これからはiPhone SE(第2世代)1台で済みます。

なお、日本でeSIMを購入できる通信キャリアは限られているので、ご注意ください。

楽天モバイルのeSIMもiPhoneで利用できますが、動作保証外です。

そのため、現在iPhone SE(第2世代)で安心して利用できるeSIMは「IIJmio」になります。

価格

iPhone SE(第2世代)の価格は、最新のiPhoneと比べるとかなり抑えられています。

現在Appleの公式サイトで購入可能なiPhoneの価格は以下のとおりです。

iPhone XR64,800円~
iPhone 1174,800円~
iPhone 11 Pro106,800円~

(すべて税抜き)

ちびめがね
ちびめがね
iPhone 8はAppleでは購入できないので掲載しておりません。

 

そして、iPhone SE(第2世代)の価格は以下のとおり。

64GB44,800円
128GB49,800円
256GB60,800円

(すべて税抜き)

容量が最も大きい256GBのモデルでさえ、他のiPhoneよりも安くなっています。

2020年4月現在、最も高性能なiPhoneを最も安く購入できるのが、iPhone SE(第2世代)の魅力です。

iPhone 8からiPhone SE(第2世代)への移行は簡単!

僕と同じように、SIMフリーのiPhone SE(第2世代)に買い替えた場合、データの移行が必要になります。

ちびめがね
ちびめがね
キャリア版もオンラインショップで購入したら、データ移行が必要ですね!

 

iPhone 8からiPhone SE(第2世代)への移行はとっても簡単でした。

ただ、2つのiPhoneを横に並べて、画面の指示に従うだけです!

iPhone SE(第2世代)のデータ移行①
iPhone SE(第2世代)のデータ移行②
iPhone SE(第2世代)のデータ移行③

 

2つのiPhoneがBluetoothで接続され、データが移行できます。

ちびめがね
ちびめがね
もちろんデータ移行後に各種アプリでログイン作業は必要ですよ!

 

一部のアプリでは、機種変更に伴う手続きを必要とするものもありましたが、早い人なら30分程度で終わってしまうと思います。

iPhone 8をiPhone SE(第2世代)に買い替えても、すぐに使えるのでご安心ください。

格安SIMなどを利用している場合、データ移行のみではAPN構成プロファイルが移行されず、モバイルデータ通信ができないことがあります。

その場合には、各通信会社の公式サイトでAPN構成プロファイルをダウンロードしてください。

 

なお、僕はApple Watchを利用していて、ペアリングがどうなるのか心配でした。

しかし、Apple Watchに表示がされたので、無事iPhone SE(第2世代)とのペアリングもできましたよ。

Apple Watchのペアリングメッセージ
ちびめがね
ちびめがね
Apple製品同士は親和性が高いので使いやすいですね!

まとめ:iPhone SE(第2世代)を買うメリットは多い!

iPhone SE(第2世代)をiPhone 8と比較して紹介いたしました。

iPhone 8をiPhone SE(第2世代)に買い替えた場合、以下のメリットが得られます。

  • サイズ感が変わらない
  • iPhone11と同じA13チップ搭載
  • ポートレートモード搭載
  • デュアルSIM搭載
  • 次世代通信規格に対応

そして何より、現在発売中のどのiPhoneよりも安く購入できます

あなたが以下のiPhoneを使っていて、そろそろ買い替えようとしているのなら、iPhone SE(第2世代)をおすすめします。

  • iPhone 6
  • iPhone 6s
  • iPhone 7
  • iPhone 8
ちびめがね
ちびめがね
これまでと同じサイズ感で、これまでよりも性能が格段に上がりますよ!

 

是非あなたもiPhone SE(第2世代)を使ってみてください。

周りの人にちょっと自慢できるiPhoneですよ!

Apple公式サイト>>iPhone SE

 

各キャリアでもiPhone SE(第2世代)を購入可能です。

 

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

楽天モバイルにしたいけどエリアじゃない・・・。
月額基本料1年無料が羨ましい・・・。

 

そんなあなたに朗報です!

 

安心のドコモ回線エリアに対応した格安SIM、y.u mobileにしてみませんか?

音声通話/3GBとプランは標準的ですが、11月30日までの申込みで現金22,500円キャッシュバックキャンペーン中!

月額基本料金は1,859円(税込み)なので、1年で1,859円×12ヶ月=22,308円。

つまり!

キャッシュバックがあれば、月額基本料が実質1年無料になっちゃいます。

高速データ通信できるのは月3GBまでなので、データ使い放題ってわけにはいきませんが、外で動画を見ないのであれば十分。

しかもドコモ回線だから使えるエリアも広くて安心です。

 

現金22,500円キャッシュバックは、当サイト特設ページからの申込み限定のキャンペーン。

公式サイトからの申込みだと、15,000円キャッシュバックなので損しちゃいますよ!

月額基本料が高い大手キャリアから、格安SIMに乗り換えてみませんか?

 

y.u mobileについての詳しい解説は、こちらの記事をご覧ください。

y.umobileレビュー!
y.u mobile(ワイユーモバイル)レビュー!メリット・デメリット情報まとめ格安SIMのy.u mobile(ワイユーモバイル)を実際に使ってレビューしています。料金や通信速度、メリットデメリットをまとめて紹介いたします。当サイト限定キャッシュバックキャンペーンも開催中です!...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA