ガジェット

OUKITEL C12 PROレビュー!便利な機能やイマイチな点を解説いたします!

新しいもの好きの ちびめがね(@chibimegane)です!

10,000円以下(2019年5月4日現在)で購入できるおすすめのSIMフリースマートフォン OUKITEL C12 PROをご紹介いたします。

 

OUKITEL C12 PROは中国の深セン市にある「SHENZHEN YUNJI INTELLIGENT TECHNOLOGY CO.,LTD」のオリジナルブランドOUKITELのスマートフォンです。

OUKITELではスマートフォンだけではなく、スマートウォッチや充電器などの電子機器も展開されています。

OUKITEL公式サイト>>製品一覧

ちびめがね
ちびめがね
OUKITELの製品はどれも手に入れやすい価格設定なのが嬉しいところです!

 

OUKITEL C12 PROは低価格のエントリーモデルですが多機能なのが特徴です。

  • 6.18インチ(19:9)全画面ディスプレイ
  • リアカメラ 8MP+2MP / フロントカメラ 5MP
  • 顔認証+指紋認証
  • 2GB RAM(クアッドコア)
  • デュアルSIM(nanoSIM×2)
ちびめがね
ちびめがね
最新モデルのスマートフォン並みの充実っぷりじゃないですか!

 

実際に2か月ほど使ってみた結果、多機能ではありますがやっぱりエントリーモデル。

価格相当のスマートフォンだな、というのが僕の正直な感想です。

 

OUKITEL C12 PROをメイン機としてバリバリ使うのはおすすめできませんが

  • 2台目のスマホが欲しい人
  • とにかく安いスマートフォンが欲しい人

そんな場合には最適のSIMフリースマートフォンです!

 

本記事では10,000円以下で購入できるエントリーモデルのSIMフリースマートフォンOUKITEL C12 PROを詳しくレビューしていきたいと思います。

OUKITEL C12 PROの基本スペックと外観

OUKITEL C12 PROの基本スペックは以下のとおりです。

モデル名 C12 PRO
CPUモデル MT6739WW
CPUコア数 4(クアッドコア)
RAM 2GB
ROM(内部ストレージ) 16GB(microSDカードで64GBまで拡張可)
OS Android8.1

 

OUKITEL C12 PROの付属品

OUKITEL C12 PROには充電用のmicroUSB-USBケーブルとUSB ACアダプターが付属されています。

OUKITEL C12 PROの付属品①
ちびめがね
ちびめがね
本体は「黒」「金」「紫」の3色展開です!

 

また透明の専用カバー・保護フィルムも最初から装着されています。

OUKITEL C12 PROの付属品③
OUKITEL C12 PROの付属品④

透明カバーも保護フィルムも傷がつきやすいので、気になる方は別途購入されることをおすすめします。

OUKITEL C12 PROの外観

OUKITEL C12 PROのサイズは155mm×75mm。

OUKITEL C12 PROの外観①

 

厚みは約10mmで片手で持つにはやや大きいサイズ感です。

OUKITEL C12 PROの外観④

 

重さは180gで僕が使っているiPhone 6sより少し重いかな?と感じる程度でした。

OUKITEL C12 PROの外観③

ちなみにiPhone XSは177gですのでほぼ同じくらいの重さです。

 

背面上部にはデュアルカメラと指紋認証センサー、背面下部にはスピーカーがあります。

OUKITEL C12 PROの外観⑩
OUKITEL C12 PROの外観⑪
ちびめがね
ちびめがね
背面はシリコン製でマットな質感なので、サイズは大きいですが滑りにくく持ちやすいですよ!

 

本体上部には充電用のmicroUSBポートとイヤホン用の3.5mmジャックがあります。

OUKITEL C12 PROの外観⑨

 

そして側面には音量ボタンと、ロック(電源)ボタンが付いています。

OUKITEL C12 PROの外観⑧

 

画面のサイズは6.18インチで、縦横比が19:9とかなり縦長です。

OUKITEL C12 PROの外観⑤

 

画面サイズを大きくするために「切り欠き」のノッチデザインが採用されています。

OUKITEL C12 PROの外観⑥

切れ込み部分にはスピーカーとインカメラが搭載されていますよ。

ちびめがね
ちびめがね
全画面ディスプレイと言えば最近流行りなのがノッチデザイン。かっこいいですよね!

 

普段iPhone 6sを使用している僕からするとかなり大きいと感じました。

ただ重さはそれほど重くないので、片手で持っても苦になりません。

また、背面がマットな質感なので落ち着きがあり、高級感もある大人っぽいデザインなので、年代を問わずに使用できます。

OUKITEL C12 PROのバッテリー性能

OUKITEL C12 PROには3,300mAhのバッテリーが搭載されています。

ちびめがね
ちびめがね
iPhone XS Maxに搭載されているバッテリーの容量が約3,200mAhと言われているのでかなり大容量ですね。

 

OUKITEL C12 PROを充電100%の状態から使ってみたところ、約4日間充電せずに使い続けることができました。

OUKITEL C12 PROのバッテリー性能①
OUKITEL C12 PROのバッテリー性能②
ちびめがね
ちびめがね
使用頻度はそれほど多くなかったので4日間耐えることができたのだと思います。

 

使用方法や頻度によって差はあると思いますが、バッテリー性能は悪くありませんよ。

OUKITEL C12 PROのカメラ性能

OUKITEL C12 PROに搭載されているカメラのスペックは以下のとおりです。

リアカメラ 8.0MP+2.0MP(デュアル)
フロントカメラ 5.0MP

 

リアカメラには8MPのカメラに補助的な2.0MPのカメラも搭載されているので、iPhoneのポートレートモードのような「ボケ」を追加できます。

こちらはiPhone 6sで撮影した写真です。

OUKITEL C12 PROのカメラ性能⑨

手前の青いアヒルに焦点を合わせて撮影したところ、背後のアヒルが若干ボケました。

 

OUKITEL C12 PROの「ボケ」モードで同じように撮影してみます。

OUKITEL C12 PROのカメラ性能⑧

このように強い「ボケ」が追加され、より立体感のある写真を撮影をすることが可能になります。

ちびめがね
ちびめがね
疑似的に調整してボケ感を生み出しているので残念ながら精度がそこまで高いとは言えません。

 

外の景色も撮影してみました。

こちらはiPhone 6sで撮影した写真です。

OUKITEL C12 PROのカメラ性能④

 

こちらはOUKITEL C12 PROで撮影した写真です。

OUKITEL C12 PROのカメラ性能⑤

先ほどのアヒルの写真でもそうですが、やや黄色みが強い写真になっているのがお分かりになると思います。

発色は弱いですが、その分温かみのある色合いの写真が仕上がります。

 

OUKITEL C12 PROのカメラ機能には複数の撮影モードがあります。

OUKITEL C12 PROのカメラ性能①

「Panorama」「Video」「Beauty」「Bokeh」「Mono」「Pro」

また、中央の倍率ボタンで「1X~8X」まで望遠撮影をすることも可能です。

 

設定ではホワイトバランス等も細かく切り替えることもできます。

OUKITEL C12 PROのカメラ性能②

 

こちらは「Pro」モードでの撮影設定画面です。

OUKITEL C12 PROのカメラ性能③
ちびめがね
ちびめがね
僕はカメラに詳しくなので全く使いこなせていません・・・。

 

デュアルカメラの特徴でもある「ボケ」が簡単に追加できるのは嬉しいポイントです。

超高画質の写真を撮影したいというのは不可能ですが、SNSなどに投稿する写真や、日常生活での撮影には十分なカメラ性能と言えます。

OUKITEL C12 PROのSIMカードの入れ方

OUKITEL C12 PROはSIMフリーのスマートフォンなので、SIMカードを自分で差し込んで使う必要があります。

SIMカードの取り付け方が少し難しかったのでご紹介いたします。

 

ディスプレイを正面から見て右下にある「窪み」に爪をひっかけて、カバーを上に引き上げます。

OUKITEL C12 PROのSIMカードスロット①
OUKITEL C12 PROのSIMカードスロット②
ちびめがね
ちびめがね
この動作が少し怖いかもしれませんが、思いっきり引き上げない限り壊れることはありませんので、少し力を入れてカバーを外してみましょう!

 

1か所カバーが外れたら少しずつカバー全体を本体から外していきます。

OUKITEL C12 PROのSIMカードスロット③

SIMカードを取り付ける時はこのようにカバーを完全に取り外します。

 

OUKITEL C12 PROはデュアルSIMに対応しているので、nano SIMカードを2枚取り付けることが可能です。

OUKITEL C12 PROのSIMカードスロット④

 

実際に僕はLINEモバイルの「softbank回線」と「au回線」の2枚のnano SIMカードを取り付けていますが、問題なく利用できています。

OUKITEL C12 PROのSIMカードスロット⑤

 

デュアルSIMに対応しているのは大変便利です。

仕事用・プライベート用でSIMカードを切り替えることや、電波の入り具合によって回線を切り替えることが可能になります。

OUKITEL C12 PROのイマイチな点

数か月実際にOUKITEL C12 PROを使っていてイマイチだなと感じた点を紹介していきます。

OUKITEL C12 PROをAntutuで計測した結果

RAM2GBのクアッドコアなのですが、多くのアプリを同時に利用することには向きません。同時に複数のアプリを起動させていると、アプリが落ちてしまうことがありました。

そこで、無料ベンチマークテストアプリAntutuでOUKITEL C12 PROのスコアを計測してみました。

Antutuはスマートフォンやタブレットの性能評価を調べるために使われているベンチマークテストアプリです。

Antutu Benchmark
Antutu Benchmark
開発元:Beijing AnTuTu Technology Limited
無料
posted withアプリーチ

 

 

その結果はこちら「43450」です。

OUKITEL C12 PROのベンチマークテスト①

 

僕が普段使用しているiPhone 6sのスコアを計測してみると「148917」。

OUKITEL C12 PROのベンチマークテスト②

3年以上使用しているiPhone 6sと比べてもOUKITEL C12 PROはかなり低いスコアになってしまいました。

 

なお参考までに2019年5月4日時点でのiOSシリーズのスコアランキングの上位は以下のようになっています。

OUKITEL C12 PROのベンチマークテスト③
ちびめがね
ちびめがね
OUKITEL C12 PROのスコアの低さがお分かりいただけると思います・・・。

 

また、OUKITEL C12 PROで人気ゲーム「PUBG MOBILE」をプレイしてみましたが、動きがカクカクしてしまい、狙ったところに射撃することもできませんでした。

OUKITEL C12 PROでPUBG MOBILEをプレイ

 

同様に「パズル&ドラゴンズ」もプレイしてみましたが、こちらは問題なくプレイすることができました。

OUKITEL C12 PROでパズドラをプレイ

 

OUKITEL C12 PROは本体に高い負荷をかけたり、メモリーを大量に消費するような使い方には不向きです。

これまでハイエンドモデルのスマートフォンを使用していた人がOUKITEL C12 PROを使用するとストレスになることも多いかもしれません。

ちびめがね
ちびめがね
WEB閲覧やメール、SNSなどに利用する分にはなんの問題もありませんよ!

解像度が低い

OUKITEL C12 PROは6.18インチの大画面なのですが、解像度が「480×996」なので粗さが目立ってしまうことがあります。

ちびめがね
ちびめがね
画面サイズが4インチのスマートフォンと同等の解像度です。

写真やビデオを高い解像度で閲覧しようとしても、その通りに表現できない場合もあるので注意が必要です。

対応Bandが少ない

OUKITEL C12 PROが対応しているBAND(周波数帯)は以下のとおりです。

3G(W-CDMA) Band1,Band8
4G(LTE) Band1,Band3,Band7,Band8,Band20

 

まず、3G回線は「W-CDMA」方式ですので「au回線」は利用できません。

そしてSoftbank回線のプラチナバンドには対応していますが、docomo回線で使用する場合には山間部などでは繋がりにくい状況になる場合もあります。

4G回線でも同様にSoftbank回線ではプラチナバンドに対応していますが、docomo回線・au回線では山間部などでは繋がりにくい可能性があります。

OUKITEL C12 PROが格安SIMのLINEモバイルで使用できるのか試した結果をこちらの記事で紹介しています。

対応Bandについても詳しく解説していますので是非あわせて読んでみてください。

 

OUKITEL C12 PROはエントリーモデルのスマートフォンなので、ハードな使い方には向いていません。

また、せっかく購入してもBand(周波数帯)に対応していない場合もありますので注意が必要です。

まとめ:安さで選ぶならOUKITEL C12 PROはおすすめです

10,000円以下で購入できるエントリーモデルのSIMフリースマートフォンOUKITEL C12 PROをレビューいたしました。

価格以上に豊富な機能をもっているのが特徴のOUKITEL C12 PROは安さで選ぶならおすすめのスマートフォンです。

しかし、実際に使ってみると以下のイマイチな点を感じました。

  • ハードな使い方はできない
  • 解像度が低い
  • 対応しているBand(周波数帯)が少ない

スマートフォンに高機能を求めて、日常的にバリバリ使いたい人には向かないスマートフォンですが、Web閲覧やメール・LINE、SNSなど必要最低限のことができれば良い人や、とにかく安いスマートフォンが欲しい人には最適のスマートフォンです。

デュアルカメラを利用して写真に「ボケ」を追加することができますし、デュアルSIMで回線の切り替えも簡単にできます。

流行りのスマートフォンの最新機能を試してみたいけど、10万円以上も出すことができない。

そんなあなたはOUKITEL C12 PROを試してみてください!

 

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいてありがとうございました!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA