ガジェット

【Unihertz Jelly 2レビュー】超小さいスマホは真のおサイフケータイでした!購入レポ

UnihertzのJelly 2を海外クラウドファンディングサイトKickstarterで支援購入しました。

Unihertz Jelly 2

 

以前購入してこちらの記事でレビューした、Jelly Proの後継機。

Unihertz Jelly Proレビュー
【Unihertz Jelly Proレビュー】世界最小スマホはバッテリー減りすぎ・・・。Unihertz Jelly Proをレビューしています。感動的に小さいSIMフリースマートフォン。実際に使って分かったデメリットも併せて紹介いたします。...

 

Jelly Proはただ小さいだけの「おもちゃスマホ」でしたが、Jelly 2は性能が大幅アップ!

  • 3インチ(480×854)
  • SoC HelioP60搭載
  • RAM 6GB/ROM128GB
  • バッテリー容量 2,000mAh
  • 1600万画素 リアカメラ
  • 800万画素 インカメラ

さらに日本向けに販売されるモデルには、Felica(おサイフケータイ)も搭載されています。

実際に使ってみたところ、小さいながらもちゃんとスマホになっていて、基本性能は悪くない感じでした。

メインのスマホとして使うのは正直なところ厳しいですが、使い分けができるのであればおすすめできるコンパクトスマホです。

 

本記事では、Unihertz Jelly 2の実機レビューをしていきます。

BIGLOBEモバイルでJelly 2発売!おサイフケータイ専用スマホを作ろう!Unihertz Jelly 2が格安SIMのBIGLOBEモバイルで販売されます。おサイフケータイ搭載のコンパクトスマホ。2台目のスマホとして使うのもありですよ!...

Unihertz Jelly 2のデザインと付属品

Jelly 2はUnihertzが販売している、超ミニサイズのSIMフリースマホです。

Unihertzでは、Jelly 2の他にもコンパクトで面白いスマホを多数販売しています。

公式サイト>>Store

 

Jelly 2にカラーバリエーションはなく、Dark Green1色のみ。

光沢のあるメタリックなデザインでかっこいいですが、指紋は目立ちます。

Jelly 2のデザイン

 

サイズは95mm × 49.4mm × 16.5mmと極小サイズ。

手のひらに収まるサイズ感です。

Jelly 2のサイズ感

近くにあったリップスティックと比較してもこんな感じ。

このサイズ感にハマる人は結構いるんじゃないかなーと思います。

Jelly 2とリップスティック
ちびめがね
ちびめがね
めちゃくちゃ可愛いですよ!

 

ちなみに1世代前のJelly Proより少し大きくなっています。

Jelly 2とJelly Pro
Unihertz Jelly Proレビュー
【Unihertz Jelly Proレビュー】世界最小スマホはバッテリー減りすぎ・・・。Unihertz Jelly Proをレビューしています。感動的に小さいSIMフリースマートフォン。実際に使って分かったデメリットも併せて紹介いたします。...

 

重さも約110gと超軽量。

専用ケースを付けたとしても120gしかありません。

 

背面にはカメラ、フラッシュ、指紋認証センサー。

そしてFelicaマークがしっかり記載されています。

Jelly 2の背面デザイン

 

カメラ部分だけはマットな質感になっていて、他の部分と異なるデザインをしています。

Jelly 2のカメラ部分

 

右側面には、電源ボタン、マルチファンクションボタン、カードスロット、USBポートが搭載されています。

Jelly 2の右側面

 

カードスロットはMicro SDカードとの排他的利用タイプ。

Jelly 2のカードスロット
  • SIMカード2枚
  • SIMカード + Micro SDカード

どちらか一方の使い方になります。

 

USBポートは大好きなType-Cでした。

Jelly 2はUSB Type-C

 

左側面には音量ボタンのみ。

Jelly 2の左側面

 

本体下部にはスピーカーとマイクがあります。

Jelly 2の下部

 

上部には3.5mmイヤホンジャック、サブマイク、IRコントローラー(赤外線リモコン用)。

僕はワイヤレスイヤホンを使いますが、イヤホンジャック搭載が嬉しい人も多いはずです。

Jelly 2の上部

 

Jelly 2の付属品は以下のとおりです。

  • クイックスタートガイド
  • 保証書
  • SIMピン
  • 充電器
  • USBケーブル
  • ディスプレイ保護フィルム
  • 専用ケース
  • ストラップ
Jelly 2の付属品

 

ディスプレイ保護フィルムは、最初から貼り付けてあるものの他に予備が1枚。

Jelly 2保護フィルム

 

本体にはストラップホールはありませんが、付属のクリアケースに取り付けることができます。

Jelly 2クリアケースとストラップ

 

 

なおJelly 2用のケースや保護フィルムは他社からも発売されているようです。

 

充電器は最大7.5W出力のもので、日本向けに販売されているので海外製のスマホには珍しくPSEマークがしっかり掲載されています。

Jelly 2の充電器

 

本体側面にUSBポートがあるので充電ケーブルもL字型です。

こういう小さな拘りが嬉しいですよね。

Jelly 2の充電ケーブル

Unihertz Jelly 2のスペック

まずJelly 2のスペックを見ていきましょう。

サイズ95*49.4*16.5mm
重さ約110g
ディスプレイ3インチ 液晶ディスプレイ
SD(480×854)
329ppi
リフレッシュレート60Hz
OSAndroid 10
CPUMediaTek Helio P60
GPUARM Mali-G72 MP3
RAM6GB
LPDDR4X
ROM128GB
外部ストレージ対応(Micro SD)
アウトカメラ(メイン)1600万画素(ƒ/1.7 絞り値 )
インカメラ800万画素 (ƒ/2.8 絞り値)
ビデオ(アウトカメラ)FHD/HD/VGA/CIF
ビデオ(インカメラ)HD/VGA/CIF/QVGA
バッテリー2,000mAh
ポートUSB Type-C
生体認証指紋認証
対応SIM物理SIM×2
DSDV対応
対応Band【GSM】Band 2/3/5/8
【WCDMA】Band 1,2,4,5,6,8,19
【TDS】Band 34/39
【CDMA】BC0/BC1
【FDD-LTE】Band 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28A/28B/66
【TD-LTE】Band 34/38/39/40/41
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac
BluetoothVer.4.2
イヤホンジャックあり
スピーカーモノラル
FMラジオ対応
防塵防水なし
NFC対応
FeliCa(おサイフケータイ)対応
ワイヤレス充電非対応

OS

Jelly 2に搭載されているOSはAndroid10です。

カスタマイズされているものは見当たらないので、ピュアAndroid状態。

アプリはホーム画面に全て並んでいてアプリドロワーはありません。

 

いくつかオリジナルアプリがインストールされていました。

例えばアウトドアやワークアウトなどで使える「ツールボックス」。

Jelly 2のツールボックス

 

カメラに指を置くことで簡単な心拍計測ができたりするのが、面白いですね。

Jelly 2で心拍計測可能

 

また、本体上部にIRコントローラーが搭載されているので、家電等のリモコン代わりに使う機能まであります。

リモコンってすぐに行方不明になる(だいたいコタツカバーの隙間にある)ので、意外と重宝するかも。

Jelly 2のリモコン機能

対応Band(4G)

対応Bandはかなり豊富です。

スペックを見る限り、docomo・ソフトバンク・au・楽天いずれの回線にも対応しています。

各社のプラチナバンド(速度は遅めだけど繋がるエリアが広い)にも対応しているので、使えない地域は少ないと思います。

ただし、auと楽天については、Bandに対応していても接続できないことが多いのでご注意ください。

ちびめがね
ちびめがね
5Gにも非対応です!

 

僕は実際に「LINEモバイル(ドコモ回線)」「y.u mobile(ドコモ回線)」のSIMカードを挿入してみましたが、問題なく使えました。

Jelly 2にSIMカードを挿入
Jelly 2で格安SIM
LINEモバイルの最新レビュー!3年使った感想は【おすすめ】です!格安SIM【LINEモバイル】を最新レビュー!3年実際にLINEモバイルを使っている僕が、プラン・料金・通信速度・お得なキャンペーン情報から解約方法まで詳しく解説いたします。...
y.umobileレビュー!
y.u mobile(ワイユーモバイル)レビュー!メリット・デメリット情報まとめ格安SIMのy.u mobile(ワイユーモバイル)を実際に使ってレビューしています。料金や通信速度、メリットデメリットをまとめて紹介いたします。当サイト限定キャッシュバックキャンペーンも開催中です!...

 

SIMカードを設定した直後は、なぜか3G回線しか拾わない状態なのですが、再起動してしばらくすると4G回線を掴むのでご安心ください。

Jelly 2で3G回線

 

残念ながら人気機能の「防水」「ワイヤレス充電」には非対応ですが、メインスマホで使わないとしたら十分充実しているのではないでしょうか。

なんと言っても、おサイフケータイ対応ですからね!

Unihertz Jelly 2の使用感レビュー

ここからはJelly 2を実際に使って見た様子をレビューしていきます。

技適マーク

海外製のスマホを使う前に確認したいのが、技適マークの表示。

技術基準適合証明を受けていなければ、日本国内で使用することができません。

Jelly 2は設定画面内で技適マークを確認できたので安心して使えます。

Jelly 2の技適マーク
ちびめがね
ちびめがね
総務省のHPでもしっかり掲載されていましたよ!

ディスプレイ

Jelly 2のディスプレイは3インチの液晶。

Jelly 2の液晶

 

画面解像度は480×854のSD画質なのですが、ネットサーフィンやSNSくらいであれば困りませんね。

Jelly 2のディスプレイ
ちびめがね
ちびめがね
撮影した写真をチェックするのが大変かも!

 

視野角も広めで、きつい角度でもしっかり表示されています。

Jelly 2の視野角

 

さすがにこのサイズ感で動画を見たり、ゲームをやったりは厳しいですよ。

ちびめがね
ちびめがね
小さいことを分かった上で購入するはずなので、そんな人はいないでしょうけど・・・。

 

ネットサーフィンやSNSの時に文字が小さいと感じる場合には、設定からサイズ変更可能です。

ちびめがね
ちびめがね
老眼が入ってくると厳しいものがあるかも・・・。

 

何度も言いますが、本当に小さいので過度な期待は禁物ですよ。

6インチ前後のディスプレイが主流の現在の状況だと、衝撃的なサイズ感になります。

Jelly 2とPixel 5Jelly 2とPixel 5

 

ちなみにWidevineはL3なので、Netflixの再生仕様はSD画質になっていました。(L1だとしてもSD画質だけど・・・。)

Jelly 2でNetflix

文字入力

ディスプレイが小さいので、文字入力がちゃんとできるのか心配な人もいると思います。

確かに入力しにくい部分はありますが、慣れれば問題ない感じです。

フリック入力であれば、誤入力してしまうことはないでしょう。

Jelly 2でフリック入力

 

ただ、Qwertyキーボード入力は小さすぎるのでちょっと難しいかも・・・。

Jelly 2でQwerty入力

 

ID・パスワードの入力にモタついてしまうことがあるので、ご注意ください。

指紋認証

Jelly 2には背面に指紋認証センサーが搭載されています。

Jelly 2のカメラ部分

 

指先をタッチするだけでロック解除されるのは、やっぱり便利。

マスクを付ける機会が多い現環境なら、指紋認証を搭載しているスマホが良いですよ。

Jelly 2の指紋認証

 

もちろんフロントカメラを利用した、顔認証も搭載されています。

ただ、暗所で一切ロック解除できないのでおすすめできません。

AnTuTuベンチマークスコア

スマホの基本性能を数値化できるのがベンチマークテスト。

最も有名なAnTuTuを使ってみたところ、総合スコアは165476ポイントでした。

スコア的には、最低限の基本性能を持ったエントリーモデルということになります。

Jelly 2のAnTuTuスコア

 

メインスマホにするには残念な結果なんですけど、Jelly 2の用途を考えれば十分すぎるスコアだと思いました。

同じSoC(CPU)を搭載しているのが、中華スマホOukitel C21。

実際にレビューしているのですが、ゲームさえやらなければ十分サクサク動いてくれてましたよ。

【OUKITEL C21レビュー】1万円ちょいのSIMフリースマホの性能は?OUKITEL C21を実機レビューしています。Helio P60を搭載した6.4インチのSIMフリースマホ。1万円ちょいで購入できる格安スマホの性能は?買うべきなのか参考にしてください。...

 

ちなみに、前モデルJelly ProのAnTuTuスコアは43261ポイントですからね?

どれだけJelly 2がパワーアップしたのか、お分かりになると思います。

Jelly ProのAnTuTuスコア
ちびめがね
ちびめがね
GPUスコア0点って・・・。

 

Jelly 2でゲームをやろうと思う人はいないと思いますが、参考までにPUGB Mobileでのグラフィック性能は最高でも「スムーズ」「高」でした。

Jelly 2でPUBG Mobile
ちびめがね
ちびめがね
頑張ればプレイできますね?これなら。

動作性能

スコアだけ見てもあまり参考にならないので、動作性能を見ていきましょう。

アプリの起動速度を僕がメインで使っているGoogle Pixel 5と比較してみました。

Pixel 5のAnTuTuベンチマークスコアは28万点くらいなので、数値的には2倍の性能となります。

アプリ起動速度比較Yahoo! JAPAN
アプリ起動速度比較楽天市場
アプリ起動速度比較Twitter
アプリ起動速度比較YouTube

 

まじか!と思わず声をあげてしまうような結果に。

画像の読み込みに若干時間がかかるものの、Pixel 5と大差はありません・・・。

これくらいサクサク動いてくれるのであれば、ネットサーフィンするくらいならストレスなく使えますね。

ちびめがね
ちびめがね
Pixel 5は74,800円もしたんですけど・・・。

 

さすがにTwitterのスクロールは、Pixel 5のほうが滑らかでした(安心)。

Jelly 2でTwitterをスクロール

 

こちらの動画でもう少し長くJelly 2を使っているので、参考に御覧ください。

 

AnTuTuストレージテスト

AnTuTuでストレージ速度のテストをした結果がこちらです。

AnTuTuストレージテスト

 

読み込み書き込みともに、そんなに早くはありません。

ただメモリを6GBも積んでいるので、本体やアプリの起動が遅いとは感じませんでしたよ。

バッテリー性能

Jelly 2のバッテリー容量は2,000mAh。

PC MARKというアプリで、バッテリー残量100%から20%まで消耗する時間を計測した結果、6時間54分でした。

Jelly 2のPC Mark結果

 

一般的なスマホに比べれば短いのですが、僕個人としては大満足。

サブスマホとして使うくらいなら、途中充電しなくても1日もってくれそうな性能です。

というのも、前機種のJelly Proのバッテリー性能が低すぎてやばかった・・・。

Jelly Proのバッテリー性能

 

これに比べたら大きな進歩と言えると思います。

ちびめがね
ちびめがね
Unihertzさんありがとう!

 

なお、20%から100%になるまでの充電時間は、だいたい2時間くらいでした。

付属の充電器・充電ケーブルを使えば7Wくらいで充電できていましたよ。

Jelly 2を充電

カメラ性能

Jelly 2のカメラ性能は中の下くらい。

ちょっとした記録程度には使えますが、高画質の写真撮影は厳しい感じです。

いくつか撮影してみたので作例を御覧ください。

ちびめがね
ちびめがね
画像の調整はAI任せで、シャッターボタンをタップしただけです!

 

あいにくの空模様でしたが、こちらがメインカメラで撮影した写真。

Jelly 2で写真撮影
Jelly 2で写真撮影

 

マクロ機能はありませんが、このくらいまでなら寄れます。

Jelly 2で写真撮影

 

望遠はデジタルズームが4倍まで。

撮影中にディスプレイで指を広げると拡大可能です。

Jelly 2で写真撮影通常撮影
Jelly 2で写真撮影4倍ズーム(デジタル)

 

ポートレイト撮影も夜景モードもありません。

試しに夜間撮影もしてみましたが、光が少なくなるほど画質は劣化していきます。

Jelly 2で写真撮影
Jelly 2で写真撮影

 

こちらは動画撮影した様子です。

日中の撮影ならそこそこ綺麗なのですが、デジタル手ブレ補正機能を使うと画質が劣化してしまいました。

また、動画についても夜間撮影は苦手なようです。

 

本体サイズが超コンパクトながらも、良く撮れてるじゃん!っていうのが僕個人の感想です。

カメラ機能を求めてJelly 2を購入する人は、あまりいないと思いますしね。

Felica(おサイフケータイ)機能

Jelly 2日本モデルの最大の特長は、Felicaが搭載されていること。

これはとっても嬉しい機能ですよね。

実際に「モバイルPASMO」「iD」で試してみましたが、全く問題なく使えました。

Jelly 2でiDを使う

 

こちらの動画は、自動販売機のタッチ決済でJelly 2を使っている様子です。

 

なお、デフォルトの設定ではFelicaが使えない状態になっているのでご注意ください。

設定の中から機能を「ON」にしてあげる必要があります。

Jelly 2のFelica設定

 

また、Jelly 2には「モバイルSuica」と「モバイルPASMO」は、どちらか1つしか入れることができないのでご注意ください。

PASMO公式サイト>>モバイルSuica・PASMO対応機種一覧.pdf

 

小さいながらもしっかりFelicaに対応。

Jelly 2こそ真の「おサイフケータイ」と言って良いのではないでしょうか。

プログラマブルボタン

Jelly 2の電源ボタンの下には、プログラマブルボタンがあります。

スマートキーになっているので、機能やアプリを割り当てれば簡単に起動可能です。

  • 1回押す
  • 2回押す
  • 長押し

最大3つまで機能・アプリ起動を割り当てることができます。

長押し「ライト点灯」、1回押し「カメラ起動」、2回押し「スクショ撮影」を割り当てて見た様子がこちらです。

Jelly 2のプログラマブルボタン
ちびめがね
ちびめがね
カメラ一発起動はかなり便利!

 

公式サイト>>Jelly 2(日本用)

Unihertz Jelly 2のデメリット・イマイチなところ

Unihertz Jelly 2を使ってみて、イマイチだと感じたのは以下の2つです。

  • 指紋認証の精度が低い
  • 5GHzのWi-Fiに接続できない
  • タッチ式ホームボタンがある

1つずつ紹介していきます。

指紋認証の精度が低い

Jelly 2の指紋認証センサーは、精度がそんなに高くないようです。

馴れなければ一発でロック解除してくれることは殆どありません。

Jelly 2の指紋認証エラー

 

通常人差し指の指紋を登録すると思いますが、色んな角度で指紋登録することをおすすめします。

マスクを付けない環境であれば、顔認証のほうが楽かもしれませんね・・・。

早くロック解除したい時にエラーが出ると、ちょっとイラッとしてしまいますよ。

5GHz帯のWi-Fiに接続できない

Jelly 2は、2.4GHz帯・5GHz帯どちらのWi-Fiにも対応しているはずなのですが、5GHz帯のWi-Fiにうまく接続できませんでした。

一応対応しているので認識してくれるのですが、何度試しても接続してくれません。

Jelly 2でWi-Fi接続

 

僕が購入した端末の不備かもしれませんし、自宅ルーターとの相性かもしれません。

2.4GHz帯であればちゃんと接続できるので実害はありませんが、ちょっと残念なポイントでした。

タッチ式ホームボタンがある

Jelly 2にはディスプレイの下にタッチ式のホームボタンが搭載されています。

タッチ式ホームボタン

 

これ自体があるのは特に不便なポイントではないのですが、ホームボタンを使わなくてもスワイプジェスチャーでホームに戻ったり、ブラウザバックすることも可能なんです。

Jelly 2のホームボタン

 

スワイプジェスチャーに対応しているのであれば、わざわざホームボタンを搭載する必要はなかったのになーと思いました。

ちびめがね
ちびめがね
ホームボタンを廃止すれば、ディスプレイがもっと広くなったかも・・・。

まとめ:Unihertz Jelly 2はこんな人におすすめ!

UnihertzのコンパクトスマホJelly 2をレビューしました。

前機種Jelly Proから大幅な性能アップ。

基本動作も良く、バッテリーも長持ちになって満足できるスペックになっています。

おまけに日本向けモデルであれば、Felicaまで搭載している充実っぷり。

ちびめがね
ちびめがね
びっくりするほど進化していました!

 

ただ、Jelly 2をメインスマホとして使うのは、やはり難しいでしょう。

そこで、僕は以下の使い方をおすすめします。

ワークアウト専用機にするランニングやジョギング用のスマホにJelly2がおすすめ。
大きなスマホを持ち歩くのは大変でも、Jelly 2ならコンパクトで軽いので邪魔になりません。

緊急時にはおサイフケータイが活躍してくれますし、GPSも搭載されているのでアクティビティの記録もバッチリ!音楽再生アプリをインストールすれば、ワークアウト中にも使えますね。
おサイフケータイ専用機にする最新の高性能スマホの中には、Felica非搭載のものも多くあります。
そこで、Felica(おサイフケータイ)用にJelly 2を使ってみましょう。

コンビニでのちょっとした買い物くらいなら、Jelly 2さえ持っていけばOKです!

 

ちなみに僕はおサイフケータイ専用機として、支払いやPASMO定期券としてJelly 2を使っていこうと思います。

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!
楽天モバイルにしたいけどエリアじゃない・・・。
月額基本料3ヶ月無料が羨ましい・・・。

 

そんなあなたに朗報です!

 

安心のドコモ回線エリアに対応した格安SIM、y.u mobileにしてみませんか?

音声通話/5GBとプランは標準的ですが、2021年10月1日までの申込みで現金13,000円キャッシュバックキャンペーン中!

2021年9月 y.u mobileキャンペーン

 

月額基本料金は1,639円(税込み)なので、1,639円×7ヶ月=11,473円。

つまり!

キャッシュバックがあれば、月額基本料が実質7ヶ月無料になっちゃいます。

高速データ通信できるのは月5GBまでなので、データ使い放題ってわけにはいきませんが、外で動画を見ないのであれば十分。

しかもドコモ回線だから使えるエリアも広くて安心です。

 

現金13,000円キャッシュバックは、当サイト特設ページからの申込み限定のキャンペーン。

公式サイトからの申込みだと10,000円キャッシュバックなので3,000円もお得

月額基本料が高い大手キャリアから、格安SIMに乗り換えてみませんか?

 

y.u mobileについての詳しい解説は、こちらの記事をご覧ください。

y.umobileレビュー!
y.u mobile(ワイユーモバイル)レビュー!メリット・デメリット情報まとめ格安SIMのy.u mobile(ワイユーモバイル)を実際に使ってレビューしています。料金や通信速度、メリットデメリットをまとめて紹介いたします。当サイト限定キャッシュバックキャンペーンも開催中です!...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA