ガジェット

【POCO F3レビュー】3万円台で買えるハイエンドスマホ!ゲームもカメラも十分な性能で圧倒的なコスパ!

POCO F3をAliexpressで購入しました。

POCO F3

 

10万円を超えるフラッグシップモデル並の性能を持っているにも関わらず、価格がたったの$349(約38,200円/2021年8月16日時点)

高コスパモデルとして日本で爆発的に売れているXiaomiのMi 11 Lite 5Gを遥かに凌ぐ基本性能を持っています。

【Mi 11 Lite 5Gレビュー】メリット・デメリットを解説!メインスマホにできない理由を知って欲しい・・・。Mi 11 Lite 5Gをレビューしています。快適な動作性能と必要十分なカメラ・バッテリー。ハイエンドモデル並のスマホが4万円台で購入できるなんて信じられません・・・。おまけにおサイフケータイまで搭載された神モデル!...

高性能なスマホをできるだけ安く手に入れたいならPOCO F3が超おすすめです。

10月31日まで開催しているBanggood秋の大感謝セールでPOCO F3がお得です。

セール会場でクーポンの適用でそれぞれ以下のセール価格に!

  • 6GB / 128GB : $309(約34,220円)
  • 8GB / 256GB : $349(約38,650円)

こちらの記事で詳しく解説しているので是非御覧ください。

POCO F3やPOCO X3 GTが安い!Banggoodで秋の大感謝祭セール開催中!Banggood秋の大感謝祭セールで買うべきおすすめ商品を紹介しています。POCO製のスマホが割引価格で購入できるので注目。タブレットやスマートウォッチも最大65%OFFになっていますよ。...

本記事ではPOCO F3の基本的な動作性能、バッテリー性能、カメラ性能を中心に実際に使ってみた様子をレビューしていきます。

なお、POCO F3と同性能のスマホもレビューしておりますので本記事と併せてぜひ御覧ください。

搭載SoC特長
OnePlus 9R
レビューはこちら
Snapdragon 870憧れのOnePlusが5万円台で購入可能。
moto g100
レビューはこちら
Snapdragon 870技適があるので日本で購入可能。4キャリア対応モデル。
OnePlus Nord 2
レビューはこちら
Dimensity 1200-AIメインカメラのイメージセンサーにIMX766を搭載。5万円台でフラッグシップ性能。
【OnePlus 9Rレビュー】5万円台でハイエンド性能だけど買うべき人は少ないかも?OnePlus 9Rをレビューしています。憧れのOnePlusスマホの高性能モデルが5万円台で購入可能。Snapdragon 870搭載でサクサク動き、65W Warp Chargeにも対応しています。ただ買うべき人は少ないかもしれません。...
【moto g100レビュー】ハイエンド性能で5万円台!メリット・デメリットを実機で評価motorola(モトローラ)のmoto g100をレビューしています。Snapdragon 870を搭載したハイエンドスマホなのに5万円台で購入可能。国内4キャリアに対応しているSIMフリースマホです。高性能のスマホをなるべく安く手に入れたい人におすすめ。...

https://chibimegane.com/oneplus-nord-2/

POCO F3は「技術基準適合証明」(いわゆる「技適」)を取得していません

私は本記事を作成するにあたり、総務省に試験利用の届け出を行ったうえで使用しています。

総務省>>技適未取得機器を用いた実験等の特例制度

最新のPOCO製スマートフォン「POCO X3 GT」こちらの記事でレビューしているので参考にどうぞ。

【POCO X3 GTレビュー】メリット・デメリット・評価を解説!3万円台でAnTuTu55万点の超コスパモデル!POCO X3 GTを実機レビューしています。3万円台なのに動作性能はハイエンドモデルと同等。120Hzリフレッシュレート、長持ちバッテリー、ハイレゾ対応と優秀な機能が搭載されております。...

 POCO F3とは?メリット・デメリットと評価

POCO F3の外箱

 

POCO F3は中国のスマホメーカーPOCO製のSIMフリースマホです。

中国向けに発売されたRedmi K40のグローバルモデルとして販売されています。

実際にGoogleアカウントでPOCO F3にログインした時にRedmi K40としてアナウンスされました。

POCO F3 はグローバル版Redmi K40

 

POCOはXiaomi(シャオミ)のサブブランドで、低価格帯に特化したスマホを販売しています。

僕は2020年に発売されたPOCO X3 NFCも購入してレビューしていますが、こちらも2万円台とは思えない高性能で驚きました。

【POCO X3 NFCレビュー】2万円台前半で買える優秀なSIMフリースマホ!XiaomiのSIMフリースマホ「POCO X3 NFC」をレビューしています。2万円台で購入できる高コスパのスマホです。基本性能も高く、カメラ性能も優秀。リフレッシュレート120Hzまで対応しています。...

日本で販売されるコスパモデルは価格は安いものの性能は今ひとつ物足りないことが多いです。

しかし、いわゆる中華スマホのコスパモデルは本当に価格と性能が良い意味でアンバランスのものばかり。

2021年に発売されている中華スマホは特にその傾向があるので、これまで使ったことがない人は是非使ってみてください。

【2021年春】5万円以下で買えるおすすめハイスペック中華スマホまとめ【バジェットスマホ】2021年3月から4月に発表・発売された5万円以下で購入できる中華スマホのおすすめを紹介しています。フラッグシップモデルより気になるのがバジェットスマホ。安くて高性能なモデルばかりです。...

メリット

POCO F3を購入すべきメリットは次のとおりです。

  • 3万円台の低価格
  • Snapdragon 870搭載で抜群の性能
  • ゲーム性能が高い
  • 十分なカメラ性能
  • リフレッシュレート120Hz
  • E4 AMOLEDの綺麗なディスプレイ
  • Widevine L1対応
  • ステレオスピーカー

なんと言っても購入しやすい価格でありながら超高性能なところが最大のメリット。

ディスプレイの美しさも注目したいポイントです。

デメリット

購入前に知っておいたほうが良いイマイチな部分は以下のとおり。

  • SDカード非対応
  • バッテリーもちが悪い
  • 高負荷で発熱する
  • ワイヤレス充電できない
  • おサイフケータイ非対応
  • 防水性能がない
  • イヤホンジャックがない

人気の付加価値的な機能は殆ど搭載されていないので注意が必要です。

また、バッテリーの消耗が早いのでハードに使う場合はモバイルバッテリーが必須になります。

評価

(4点/5点満点)

POCO F3は価格と性能のバランスが良い意味で壊れています。

とにかく安くて高性能なスマホが欲しい人に超おすすすめです!

本記事を参考に是非使ってみてください。

POCO F3のデザインと付属品

POCO F3の外箱

 

POCO F3のカラーバリエーションは3色。

POCO F3のカラーバリエーション

 

僕が購入したのは「Arctic White(アークティック ホワイト)」です。

POCO F3 Arctic White

 

ガラス製の背面パネルはきめ細かいフロスト加工でしっとり滑らかで見事な質感。

3万円台で購入できるスマホとは思えないくらい高級感に溢れています。

POCO F3の外観
ちびめがね
ちびめがね
ディスプレイも背面パネルもGorilla Glass 5!

 

光沢は控えめで白なので指紋は全く目立ちません。

カバーを付けずにずっと触っていたいと思うほどの心地良さ。

鈍い反射が美しさをさらに際立たせています。

POCO F3の外観

 

ブランド名の表示も小さくて良い感じ。

POCO F3の背面パネル

 

2021年に発売されたXiaomi製スマホは背面パネルがフロスト加工のものが多いようです。

僕が持っているMi 11も同じ質感で気に入っています。

POCO F3の外観

 

カメラユニットもMi 11と似たような雰囲気。

POCO F3のカメラユニット

 

最大48MPで撮影可能なメインカメラは存在感があります。

POCO F3のカメラユニット

 

カメラユニットはそれなりに出っ張っていますが、付属ケースをつければレンズが直接くっついてしまうことはないでしょう。

 

背面パネルとディスプレイを繋ぐフレームは金属に見えますがプラスチック製。

側面はマットで上下は光沢のあるデザインをしています。

 

右側面には音量ボタンと電源ボタンが搭載され、左側面には何もありません。

POCO F3の右側面

 

本体下部にはカードスロット・USB-Cポート・マイク・スピーカーがあります。

POCO F3の本体下部

 

カードスロットは両面にSIMカードを装着するタイプ。

残念ながらSDカードを装着することはできません。

POCO F3のカードスロット
ちびめがね
ちびめがね
パッキンがあるから多少の防水性能はありそう!

 

本体上部にはスピーカーとマイク、IRブラスターがあります。

POCO F3の本体上部
ちびめがね
ちびめがね
全部スピーカーに見えるけどよく見ると違うんですよ!

 

搭載されているIRブラスターのおかげでPOCO F3がテレビやエアコンのリモコン代わりになります

我が家ではリモコンがすぐに迷子になるので地味に便利です。

POCO F3がリモコン代わりに

 

POCO F3のサイズは163.7mm × 76.4mm × 7.8mmと大きめ。

POCO F3のサイズ感

 

ただ背面パネル側面が湾曲していて、さらに本体が薄いのでハンドリングしやすいと思います。

POCO F3の背面パネルは湾曲している
POCO F3は薄い

 

重さは197gでギリギリ200gを切っていました。

決して軽くはありませんが、このサイズ感で200gを切っているのは見事。

実際に持ってみても、それほどズッシリしているわけではありませんでしたよ。

POCO F3の重さ

 

POCO F3の付属品は以下のとおりです。

  • マニュアル・保証書(日本語なし)
  • 保護ケース
  • 保護フィルム
  • USB充電器
  • USBケーブル
  • イヤホンジャック変換アダプター
  • SIMピン
  • ステッカー
POCO F3の付属品

 

POCO F3にはイヤホンジャックがないので、有線イヤホンを使いたい場合にはUSB-Cポートに付属の変換アダプターを装着します。

POCO F3の付属品
ちびめがね
ちびめがね
充電中は使えないけどアダプターはありがたい!

 

保護ケースはシリコン製のソフトタイプ。

 

USB-Cポート保護するキャップが付いているのですが、充電のたびに開ける必要があるので邪魔です・・・。

POCO F3の付属ケース

 

ディスプレイ保護フィルムは初めから貼り付けられていました。

指が引っかかることもなく質感はGOODです。

POCO F3の保護フィルム

 

USB充電器は33Wの独自急速充電に対応したタイプ。

POCO F3の充電器

 

残念ながら日本のコンセントプラグには非対応の形状です。

POCO F3の充電器

 

Aliexpressで購入すれば無料でプラグ変換アダプターが付いてくるので、使おうと思えば使えます。

 

USBケーブルはUSB-C/USB-Aで、3A出力に対応しているタイプでした。

POCO F3のUSBケーブル

POCO F3の動作性能は抜群!

POCO F3に搭載されているSoCは「Snapdragon 870」。

2020年のフラッグシップスマホに搭載されていたSnapdragon 865+の後継機種で、高性能でありながら価格が安く設定されているのが特長です。

2021年の最高性能モデルSnapdragon 888よりワンランク下のSoCになります。

AnTuTuベンチマークテストの結果

スマホの基本性能を数値化できるのがベンチマークテスト。

スコアが高ければ高いほど基本性能が優秀ということになります。

ちびめがね
ちびめがね
それだけが全てではないですが1つの指標にはなりますね!

 

最も有名なAnTuTuというベンチマークアプリを使ってみたところ、総合スコアは602575ポイント、GPUスコアは240828ポイントでした。

POCO F3 Antutuベンチマークスコア

 

2021年4月時点での最高スコアは72万点くらいですが、60万点を超えていれば文句なしの最高性能で何をやっても快適に感じるスコア

ちなみにこのスコアは2020年に発売されたフラッグシップモデルと同等で、3万円台で購入できるなら超破格と言えます。

なおAnTuTuベンチマークアプリはこれまでより高めなスコアが出る最新版も公開されています。

試しにVer9.0.3で計測した結果、679086点まで伸びました。

POCO F3 Antutuベンチマークスコア

 

ネットサーフィンやLINE、SNS、動画視聴。

なにをやってもサクサク軽快に動くのでストレスを感じることはありません。

POCO F3の動作性能
POCO F3の動作性能

 

AnTuTuベンチマークで70万点近いスコアになるMi 11(Snapdragon 888搭載)と動作を比較しても殆ど差がありません。

POCO F3とMi 11の比較
POCO F3とMi 11の比較
POCO F3とMi 11の比較

 

価格が倍以上高いMi 11と同等な性能なんですから、いかにPOCO F3がコスパに優れているのかが分かりますよね。

【Mi 11レビュー】グローバル版なら日本で使っても安心!高コスパな最高性能スマホ!XiaomiのMi 11(グローバル版)を実機でレビューしています。Snapdragon 888搭載のフラッグシップモデル。GMS対応で日本でも安心して使えます。基本性能が高くカメラも優秀なMi 11をチェックしてください。...

重いゲームのプレイもバッチリ!

基本的な動作性能がサクサクなのはもちろん、ゲーム性能も抜群です。

高い動作性能・グラフィック性能を求めるようなゲームでもカクつくことなくプレイできます。

PUBG MOBILEでのグラフィック性能は「HDR」で「極限」、「FHD」で「ウルトラ」まで設定可能でした。

 

画面が超キレイすぎて普段プレイするゲームと別物に感じてしまいました。

結果は伴ってませんけど・・・。

 

原神のグラフィック設定はデフォルトで「中」でしたが、FPSを60にしてもカクつくことなくプレイできました。

POCO F3で原神
POCO F3で原神

 

ちなみにPOCO F3には「ゲームターボモード」も搭載されています。

一見スマホ自体の性能を高めてくれる機能に見えますが、通知を抑えてくれたりする等ゲームプレイに最適な環境を作ってくれるものです。

POCO F3のゲームターボモード

 

ただ画面コントラストを高めてくれるビジュアル強化機能があるので、より細部までハッキリ見ることは可能になります。

POCO F3のゲームターボモード

 

これは原神でビジュアル強化を「極度」に設定した画面ですが、遠くの景色が微妙にハッキリしているのが分かると思います。

左が「オリジナル」で右が「極度」です。

ちびめがね
ちびめがね
中央のスライダーを動かして比較してみてくださいね!

 

ちなみにPOCO F3のタッチサンプリングレートは360Hzとかなり高め。

実際にアプリで測定してみたところ、人差し指1本の場合に仕様よりも高い460Hzになっていました。

僅かなタッチで差が出る音ゲーもバッチリ遊べそうですね。

POCO F3のタッチサンプリングレート

ストレージ速度も十分

AnTuTuでストレージ速度のテストをした結果がこちらです。

POCO F3のストレージ性能

 

読み込み・書き込みともに十分な速度が出ています。

本体起動・アプリ起動どちらも他のスマホよりも早く快適でした。

ちなみに僕が購入したモデルはRAMが6GBの廉価版なので、8GBモデルであればさらにベンチマークスコアが上がると思います。

6GBモデルはストレージ容量が128GBで、8GBモデルなら256GBになります。

システム領域で14GB程度使用するので、写真を多く撮影する人は8GBモデルの方が安心かもしれませんね。

POCO F3のストレージ容量
ちびめがね
ちびめがね
SDカードが使えないのが痛い!

 

何度も言いますがPOCO F3は超コスパの高いスマホです。

この動作性能のスマホが3万円台で購入できるなんてありえないと思います。

普段使いに十分なだけでなく、何をするにも十分な性能を持っているハイエンドスマホと言って良いでしょう。

POCO F3のバッテリー性能はイマイチ・・・。

POCO F3のバッテリー容量は4,520mAhと十分な容量です。

バッテリー性能はどんな感じなのか見ていきましょう。

PC Markバッテリーテスト

POCO F3のバッテリーは長持ちなのかPC MARKというアプリでテストしました。

バッテリー残量100%から20%まで消耗する時間は9時間18分とイマイチな結果に。

POCO F3のバッテリー性能

 

ちなみにPC Markは数値からバッテリー性能を計算しているわけではなく、実際にスマホを動作させてバッテリーの消耗時間を測定しているので正確です。

POCO F3のバッテリー性能

 

連続で9時間スマホを使う機会はそうそうないとは思いますが、通常利用で1日もつかもたないか微妙なところ

高性能なSoCを搭載しているとバッテリーの消耗は早くなるので仕方ない部分ではありますが、ゲームをする時間等が長ければすぐにバッテリーがなくなってしまいます。

POCO F3をメインスマホとして使うならモバイルバッテリーが必須です。

さらに画面リフレッシュレートを120Hzに設定しているとバッテリーの消耗が加速。

実際に画面リフレッシュレートを60Hzに設定してPC Markで測定してみたこところ、1時間半ほどバッテリー消費時間が長くなりました。

POCO F3のバッテリー性能

 

僕自身はハイリフレッシュレートでヌルヌル画面が動くほうが好きなので120Hz固定ですが、できるだけ充電回数を少なくしたいなら60Hzにして使った方が良いでしょう。

これまでレビューしてきたスマホの「AnTuTuベンチマークスコア」「PCMarkバッテリーテスト」の結果はこちらのページにまとめておりますので是非御覧ください。

カテゴリー>>スマートフォン

33W急速充電対応

POCO F3は付属の充電器・充電ケーブルを使えば最大33Wの急速充電に対応しています。

日本国内では使えないタイプのプラグなので変換アダプターが必要ですが、実際に使ってみたところ確かに30W前後の出力で充電可能でした。

POCO F3の急速充電

 

33W急速充電中は、少しずつバッテリー容量が増えていく様子が表示されます。

POCO F3の急速充電

 

17%から100%までの充電時間はわずか50分で、一般的なスマホの半分くらいの充電時間になっているようです。

 

ちなみにこちらの記事でレビューしているiQOO 7の急速充電は120W出力と規格外に強力なものになっています。

興味のある方は本記事と併せて是非御覧ください。

【Vivo iQOO 7レビュー】Snapdragon 888搭載の中国版ハイエンドスマホ購入レポ!Vivo iQOO 7の実機レビューです。Snapdragon 888を搭載した最高性能スマホ。AnTuTuベンチマークスコアから実際に使ってみた様子、イマイチなポイントまで詳しく解説しています。...

 

急速充電規格Quick ChargeやPower Deliveryにも対応しているようなので、付属充電器を使わなくても18W出力での充電も可能です。

 

付属の充電器を使うのが怖いなーと感じたら、現在使用中のUSB充電器を代用しても問題ありません。

POCO F3のカメラ性能はいい感じ!

POCO F3に搭載されているカメラは以下の4つです。

カメラの種類スペック
メインカメラ解像度:48MP(通常撮影12MP)
イメージセンサー:Sony IMX582
絞り:f/1.79
ピクセルサイズ:0.80µm
ピクセルビニング:1.6µm(4-in-1)
センサーサイズ:1/2
超広角カメラ解像度:8MP
イメージセンサー:Sony IMX355
絞り:f/2.2
ピクセルサイズ:1.14µm
センサーサイズ:1/2.8
マクロカメラ解像度:5MP
イメージセンサー:Samsung S5K5E9
絞り:f/2.4
ピクセルサイズ:1.12µm
センサーサイズ:1/5
インカメラ解像度:20MP
イメージセンサー:Samsung S5K5T2
絞り:f/2.45
センサーサイズ:1/3.4

 

スマホを購入するうえで気になるのは基本性能・バッテリー性能、そしてカメラ性能ですよね?

POCO F3のカメラはあなたが求める性能なのか、実際に撮影した写真を紹介していきますので参考にしてみてください。

ちなみに僕はカメラを趣味にしているわけではないので、普段使う時も基本的にはシャッターボタンをタップするだけでAIまかせの撮影。

誰でも簡単に指先一つで綺麗な写真が撮影できることが重要だと思っています。

カメラに関する詳しい知識は持っていないライトユーザーなので作例をご覧いただく際にはご了承ください。

ちびめがね
ちびめがね
ブログ掲載の都合上、全ての写真をリサイズしています。

カメラアプリ

POCO F3のカメラアプリの仕様はシンプルです。

ワンタップで2倍ズーム・0.6倍(超広角カメラ)の切り替えができます。

また、様々なオプション撮影モードへのアクセスも簡単なので非常に使いやすいと思いました。

POCO F3のカメラアプリ

 

なおスクショの音は設定から消せますが、シャッター音を消すことはできません。

その代わり4種類から好みのシャッター音に変更することは可能です。

POCO F3のスクショ音は消せる
POCO F3のシャッター音

メインカメラの48MP(高解像度)モード

POCO F3のメインカメラは最大48MPの高解像度で撮影できますが、通常撮影では12MPになります。

48MPのほうがより高精細に撮影できると思うかもしれませんが、そこまで大きな違いを感じることはないでしょう。

左が48MPで右が12MPで撮影したものですが違いが分かりますか?

ちびめがね
ちびめがね
僕には分かりません・・・。

 

 

2枚の写真は中央のスライダーで比較できますので自由に動かしてみてください。

 

なお夜間撮影では12MP(通常撮影)の方が明るく撮影できます

 

本来メインカメラの解像度は48MPですが、隣接する4つのピクセルを1つに結合して12MPにしています。

このため48MPで撮影するよりも12MPで撮影した方が取り込む光の量が多くなり明るく撮影できるわけです。

撮影後に拡大したり、大きな紙に印刷したりするなら話は別ですが、普段使いにはあえて高解像度モード(48MP)で撮影する必要はないでしょう。

AIシーン補正の性能

POCO F3にはシーンに併せて自動補正してくれるAIが搭載されています。

元々POCO F3は色鮮やかな写真が撮影できますが、AI補正では更に強調されるようです。

左がAI補正なし、右がAI補正ありで撮影しています。

 

 

 

空の色の違いはハッキリ分かりますが、それ以外は僅かに鮮やかになる程度。

風景を撮影する時に効果があるので好みに応じて切り替えて使うと良いでしょう。

メインカメラの性能

POCO F3のメインカメラで撮影した画像を紹介していきます。

なお比較用に並べている画像は、僕が持っているスマホの中で最もカメラ性能の高いXiaomi Mi 11で撮影したものです。

 

 

 

日中の明るい場面での撮影では大きな違いを感じないほど、どちらも綺麗に撮影できます。

もちろん細かい部分を見ると違いがあるものです。

例えばこちらの写真ではMi 11で撮影した方が明るくなり、狛犬の影の部分も認識しやすい仕上がりになっていました。

 

またこちらの写真では、空に違いが出ました。

POCO F3では白飛びしてしまっているのに対して、Mi 11はHDRがよく利いてハッキリ空が分かります。

 

細かなディティールに違いがあるものの、POCO F3は3万円台で買えるスマホですからね?

十分すぎるカメラ性能と言って良いと思います。

望遠はデジタルズーム10倍まで

POCO F3には光学式望遠レンズは搭載されていないので、デジタルズームで最大10倍まで撮影が可能です。

これは2倍ズームで撮影したもの。

 

そしてこちらは10倍ズームで撮影した画像です。

POCO F3は厳しい仕上がりですが、Mi 11は遠くの富士山までハッキリ綺麗に撮影できました。

 

実用的なのは2倍ズームくらいまでで、それ以上になると粗さが目立ってしまいます。

超広角カメラの性能

個人的に望遠よりもよく使うのが、ワイドアングルの超広角カメラ。

風景を撮影する時はもちろん、食卓全体を撮影する場合にも重宝します。

POCO F3の超広角カメラの性能はかなりいい感じです。

色合いが若干濃くなる傾向があるものの、歪みも自然で使いやすいと思います。

 

 

ポートレートモードの性能

OCO F3には深度計測用カメラは搭載されていないようですが、ポートレートモードもあります。

ソフトウェアでの処理なので、撮影しながらでもボケ味の調整が可能です。

POCO F3のカメラ性能

 

ただポートレートモードにしなくても、AI補正で被写体から遠い部分は勝手にボケてくれるので、強い遠近感を求めない限りは通常撮影でも良いでしょう。

POCO F3のカメラ性能

 

人物を撮影する時に特に効果を発揮するのがポートレートモードなので、シーンに併せてボケ味を調整して使ってみてください。

マクロカメラの性能

POCO F3にはマクロカメラ(テレマクロ)が搭載されています。

マクロカメラで撮影する時って、近くに寄りすぎるとスマホで影ができてしまうことがありますよね?

POCO F3ならマクロ撮影時に2倍ズームも使えるので、それほど被写体に寄らなくても面白い撮影ができます。

POCO F3のカメラ性能
POCO F3のカメラ性能

 

なおマクロカメラでの動画撮影も可能です。

手のひらサイズのルフィ人形を撮影してみました。

 

ピントを合わせるのが難しくて画面がブレまくってしまいましたが、植物や虫等を撮影する時に便利です。

夜景モードの性能

POCO F3には夜間撮影に便利な夜景モードが搭載されています。

必要以上に明るくなって白飛びが激しくなることなく、かなり高性能。

左がAI撮影で右が夜景モードでの撮影です。

 

Mi 11と比較するとノイズがあることが目立ってしまうのですが、十分綺麗に撮影できると思います。

夜間撮影でもここまでキリッとクリアに撮影できれば十分です。

 

 

 

 

夜景モードは超広角カメラでも使えます。

少し青みがかった仕上がりになるものの悪くないですよね。

インカメラの性能

POCO F3は20MPのインカメラを搭載しています。

ボヤっとした仕上がりになってしまうものが多いですが、POCO F3は非常に綺麗に撮影できました。

左がPOCO F3、右がMi 11で撮影したものです。

 

僕は全く使いませんが美顔モードも搭載されていて、顔の大きさや目の大きさ等を調整可能です。

SNS映えする自撮りを簡単に撮影できます。

動画撮影性能

POCO F3で動画撮影もしてみました。

 

1080P@30fps,60fps /4K@30fpsで日中・夜間にそれぞれ撮影しています。

日中の撮影なら4K@30fpsがベスト。

手ブレ補正もしっかり利いて綺麗な動画が撮影できます。

60fpsにすると手ブレ補正が利かなくなるので、定点撮影なら臨場感のある動画になるのでおすすめです。

ちびめがね
ちびめがね
ファイルサイズが大きくなってしまうので注意!

 

また超広角カメラ(1080P@30fps)でも綺麗に撮影できました。

夜間撮影は全体的にノイジーになりますが、1080P@60fpsでの撮影が最も安定していました。

撮影したビデオを確認してみて、搭載されているマイクの性能がいい感じだなーと思いました。

今回の撮影には使っていませんが、風切り音を軽減するノイズリダクション機能や立体音響での録音もできるようです。

POCO F3のマイク

 

通常撮影の他にも、様々な効果を使った面白撮影もできます。

 

僕はVlogモードでそのへんにあったプラレールをドラマチック(?)にしてみました。

 

子ども遊びながら撮影すると盛り上がるので、是非使ってみてください。

誰でもクリエーター気分になれるので超テンション上がりますよ。

POCO F3の実機レビュー

ここからはPOCO F3を実際に使っててみた様子をさらに細かくレビューしていきます。

OSはMIUI 12

POCO F3のOSはAndroid 11をカスタムしたXiaomiのMIUI 12。

POCOF3はMIUI 12

カスタマイズ性に優れている

MIUIは操作性こそ一般的なAndroidスマホですが、カスタマイズされている項目が多く使っていて楽しいOS。

好みが分かれると思いますが個人的にはユーザーフレンドリーな部分が多いので好きです。

ホーム画面も可愛らしい感じになっています。

POCO F3はMIUI 12

 

壁紙やアイコンのデザインはストアから好みのテーマをダウンロードして変更可能。

僕はプリインストールされている「リミットレス」が気に入っています。

POCO F3はMIUI 12
POCO F3はMIUI 12

 

自分の使いやすいようにカスタマイズできる点も優秀。

アプリ一覧もホーム画面に並べるタイプとドロワータイプを選択可能。

ドロワータイプにすればアプリを自動でカテゴリー分けしてくれます。

POCO F3のアプリ一覧

 

ディスプレイを上から下にスライドさせると表示される通知コントロールも2種類から選択可能。

新しいバージョンなら通知とコントロールを分けて表示できるので便利です。

POCO F3のコントロールセンター
POCO F3のコントロールセンター

ジェスチャーショートカットでクイックアクセス

POCO F3には豊富なジェスチャーショートカットも搭載されいています。

POCO F3のジェスチャーショートカット

 

音量ボタン(下げる)を2回押すとロック画面からカメラが起動するショートカットは様々なスマホに搭載されているのでご存知の方も多いかもしれません。

POCO F3のジェスチャーショートカット

 

背面タップショートカットも便利。

背面パネルを2回、3回タップした時にアクションをアサインすることが可能です。

2回タップでスクリーンショット、3回タップでサイレントモードに切り替え。

こんな風に使ってみてはいかがでしょうか?

POCO F3の背面タップ
POCO F3の背面タップ

 

この他ディスプレイに常駐できる「クイックボールショートカット」もあります。

よく使う機能・アプリを登録しておけばどんな時でもすぐにアクセスできるので重宝しますよ。

POCO F3のクイックボールショートカット

対応Bandはソフトバンク回線なら安心

POCO F3は4G回線の対応Bandが少ない点がデメリットと言えます。

試験利用のためSIMカードを挿入して通信状況を試すことはできませんが、スペック情報を見る限り、ソフトバンク回線であれば「プラチナバンド」が含まれているので安心して使えそうです。

東京・大阪・名古屋にお住まいであればドコモ・au回線でも使えそうですが、プラチナバンドに対応していないので圏外になってしまうことがあるかもしれません。

主要Band一覧表
ドコモ回線(△)Band 1 ○
Band 3 ○
Band 19(プラチナバンド)✕
ソフトバンク回線(○)Band 1 ○
Band 3 ○
Band 8(プラチナバンド)○
au回線(△)Band 1 ○
Band 3 ○
Band 18(プラチナバンド)✕
Band 26(Band 18を内包)✕
楽天回線(✕)Band 3 ○
Band 18(パートナー回線)✕

 

POCO F3は、2021年4月時点で日本では普及していない5G通信(Sub-6)にも対応しています。

各キャリアの対応状況は以下のとおりです。

主要Band一覧表
ドコモ回線(○)Band 77 ○
Band 78 ○

Band 79
ソフトバンク回線(○)Band 77 ○
au回線(○)Band 77 ○
Band 78 ○
楽天回線(○)Band 77 ○

 

全キャリアで5G(Sub-6)に対応しています。

ただ、そもそも4G回線の対応Bandがソフトバンク以外はまともに使えない状況なので、どちらにしてもPOCO F3はソフトバンク回線推奨です。

auと楽天については回線が独特なので、スマホがBandに対応していても接続できないことがあるのでご注意ください。

また、回線によっては「VoLTE化」が必要な場合もありますので、よく分からない人は安易に購入するのはやめておきましょう。

SIMフリーAndroidスマホが好きならソフトバンク回線がおすすめ!

世界で標準的に使われているBandに対応しているのがソフトバンク回線になります。

格安料金プランのLINEMOやワイモバイル・格安SIMなら月額料金が安く抑えられるのでサブスマホにもピッタリです。

こちらの記事でソフトバンク回線が使える通信会社を紹介しているので本記事と併せてぜひ御覧ください。

ソフトバンク回線ならLINEMO・ワイモバイル・格安SIMどれがおすすめか検討!LINEMO(ラインモ)・ワイモバイル・mineo(マイネオ)・nuroモバイル・LINEモバイルを比較して、ソフトバンク回線を使うのにおすすめはどこか検討しています。料金・データ通信量・通信速度の安定性が決め手です。...

E4 AMOLEDディスプレイが美しい

POCO F3のディスプレイは6.67インチのE4 AMOLED(有機EL)。

POCO F3はE$ AMOLED

 

鮮やかで高精細に映し出す機能を十分に搭載しており、何を表示させても美しいです。

  • 395ppi
  • コントラスト比5000000:1
  • HDR10+
  • 最大輝度1300nit

 

さらにAI画像エンジンでソフトウェア的に描写性能を高める機能まであります。

 

視野角も十分広いです。

POCO F3のディスプレイ

 

下部だけは僅かに広いですが、ベゼル(縁)も狭いので表示領域が広々しています。

POCO F3のディスプレイ

 

6.67インチと大きなサイズなので片手操作は厳しいですね。

使っていくうちに慣れると思いますが、基本は両手操作になります。

POCO F3のディスプレイ

 

ディスプレイのガラスは強度のある第5世代Gorilla Glass製のフラットタイプ。

左右の端が湾曲していないので保護フィルムが貼りやすくて好きです。

POCO F3のディスプレイ

 

インカメラは画面中央上部に搭載されていて、切り欠きを作らないパンチホール型。

POCO F3のインカメラ

 

かなり小さいので普段は邪魔に感じることはありませんが、全画面表示でのゲームをプレイする時だけは少し気になるかもしれません。

POCO F3のインカメラ

リフレッシュレート120Hzでヌルヌル動く

POCO F3のディスプレイリフレッシュレートは最大120hzをサポート。

POCO F3はリフレッシュレートは120Hz

 

1秒間にディスプレイを120回書き換えてくれるので、ディスプレイの表示が滑らかになります。

左が60Hzで右が120Hzに設定したものです。

120Hzのほうが残像感がなく滑らかに動いているのが分かると思います。

 

高リフレッシュレートのスマホは色々出ていますがイマイチ実感できない人もいるのではないでしょうか?

ご安心ください、POCO F3はしっかりヌルヌルでちょっと画面をスクロールするだけで他のスマホとの違いがはっきり分かります

POCO F3はリフレッシュレートは120Hz

 

高リフレッシュレートは一度使うと快適すぎて60Hzに戻れません。

バッテリーの消耗は激しくなってしまうのですが、僕は120Hz固定で使っています。

常時オンディスプレイ(AOD)に対応

POCO F3は有機ELディスプレイの省電力性を活かしたAOD(Always On Display)に対応しており、ロック画面で時計や画像を表示し続けることが可能です。

POCO F3のAOD

 

表示内容は設定で変更可能で、時計はもちろん好みの画像を設定することもできます。

 

バッテリーを消耗しやすくなるのですが、リフレッシュレートに比べたら僅かなもの。

いちいち電源ボタンを押したり、ディスプレイをタップするまでもなく時計が表示されているのは本当に便利ですよ。

ちなみに僕は「スーパー壁紙」の設定が気に入っています。

POCO F3のAOD

Widevine L1で動画視聴も快適

スマホのデジタル著作権管理方式WidevineのセキュリティレベルはL1。

安いスマホだとL3になっているものもありますが、POCO F3であれば高画質での視聴が可能となります。

NetflixではFull HDで視聴可能でした。

POCO F3はWidevine L1

 

ただし残念ながらAmazonプライム・ビデオではSD画質での表示になってしまいます。

Amazon側が端末によって画質を調整しているため、Widevine L1であっても高画質で見れない場合が多いのでご注意ください。

ちびめがね
ちびめがね
ユーザーの設定ではどうにもならないことです・・・。

ステレオスピーカー搭載!

POCO F3は上下2つのスピーカーを搭載しているので、横向きに持てばステレオサウンドを楽しめます。

POCO F3はステレオスピーカー

 

音量も大きく左右のバランスもGood。

低音が少し物足りない部分はありますが、広がりがあって臨場感溢れる音質です。

動画視聴はもちろん、ゲームをする時でも活躍してくれますね。

デュアルアプリ・セカンドスペース対応!

Xiaomiのスマホでおなじみのデュアルアプリとセカンドスペース機能。

ご安心ください、もちろんPOCO F3にも搭載されております。

1つのアプリを複製することができるのがデュアルアプリ。

LINEアプリを2つにすることも簡単です。

 

さらにPOCO F3の中にもう1台のスマホを作ってしまうのがセカンドスペース。

右手と左手別々の指紋認証でログインできるので、仕事用とプライベート用などなど有効活用できちゃいます。

POCO F3のセカンドスペース
ちびめがね
ちびめがね
この機能のためにXiaomiのスマホを使う人がいるくらい人気!

指紋認証・顔認証の精度が高い

POCO F3のロック解除は指紋認証と顔認証。

電源ボタンに指紋認証センサーが搭載されています。

軽く触れただけでロック解除されてしまうくらい感度良好です。

POCO F3の指紋認証

 

インカメラを利用した顔認証も精度は上々。

マスクを装着していると反応してくれませんが、メガネなら大丈夫でした。

POCO F3の顔認証

 

良いのか悪いのか分かりませんが、POCO F3を逆さまに持っていてもロック解除されてしまいました(笑)。

POCO F3の顔認証
ちびめがね
ちびめがね
ちょっとザル過ぎるのではないでしょうか・・・。

 

なお、ロック解除後に画面をスワイプアップしない設定にもできます。

こっちのほうがすぐに使えるので僕は好きです。

POCO F3の顔認証

発熱が気になる・・・。

POCO F3を使っていて気になったポイントは発熱です。

持てなくなるほど熱くはないのですが、カメラユニット付近がかなり発熱します。

例えば原神を60FPSでプレイしている時は、カクつきやモタつきは感じないもののCPU温度が70℃以上に上昇。

POCO F3の発熱

 

AnTuTuベンチマークソフトを3回連続で動かしてみたところ、スコアに大きな変化はないもののCPU温度が80℃まで上昇しました。

POCO F3の発熱

 

高い負荷をかけるほどCPU温度は上がるものなのでPOCO F3に限ったことではありませんが、重いゲームを長時間連続でプレイする場合には、グラフィック設定を下げる等なるべく高負荷にならないように注意したほうが良いでしょう。

POCO F3の評判・口コミ

POCO F3の評判・口コミを見ていきましょう。

 

コスパ最強!そんな声が多数見受けられました。

実際に購入している人の満足度はかなり高いようです。

ただ、カメラ性能については厳しい意見もありました。

僕みたいにサッと撮る分には気にならないですが、カメラ好きな人からすると物足りなさがあるのかもしれませんね。

POCO F3のスペック表

サイズ約163.7mm × 76.4mm × 7.8mm
重さ約196g
ディスプレイ6.67インチ AMOLED
FHD+(2400×1080)
386ppi
リフレッシュレート120Hz
タッチサンプリングレート360Hz
OSMIUI 12 for POCO
Based on Android 11
CPUQualcomm
Snapdragon 870
GPUQualcomm
Adreno 650 GPU
RAM6GB / 8GB
LPDDR5
ROM128GB / 256GB
UFS 3.1
外部ストレージ非対応
リアカメラ(メイン)4800万画素
f/1.79
リアカメラ(超広角)800万画素
f/2.2 / 119°
リアカメラ(マクロ)500万画素
ƒ/2.4
インカメラ2000万画素
ƒ/2.45
ビデオ(リアカメラ)4K/1080P/720P@30fps
1080P@60fps
ビデオ(インカメラ)1080P@60fps
1080P/720p@30fps
バッテリー4,520mAh
33W急速充電
ポートUSB Type-C
生体認証指紋認証(電源ボタン)
顔認証
対応SIM物理SIM×2
2回線同時待ち受け
対応Band
(赤字が重要Band)
【2G】850MHz/900MHz/1.8GHz/1.9GHz
【3G】B1/2/4/5/6/8
【4G】B1/2/3/4/5/7/8/12/17/20/28/38/40/41/66
【5G】n1/3/5/7/8/20/28/38/41/77/78
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac/ax
BluetoothVer5.1
イヤホンジャックなし
スピーカーステレオ
FMラジオなし
防塵防滴なし
NFCあり
FeliCa(おサイフケータイ)非対応
ワイヤレス充電非対応

 

残念ながら以下の人気機能は全て非搭載。

  • ワイヤレス充電
  • おサイフケータイ
  • 防水機能
  • イヤホンジャック

ただ、これらの機能がなくても基本性能が充実しまくっているので全く気になりません。

POCO F3のレビューまとめ

POCO F3

超高コスパスマホPOCO F3をレビューしました。

実際に使ってみて良かった点、イマイチな点をまとめると以下のとおりになります。

GOODBAD
  • 3万円台の低価格
  • Snapdragon 870搭載で抜群の性能
  • ゲーム性能が高い
  • 十分なカメラ性能
  • リフレッシュレート120Hz
  • E4 AMOLEDの綺麗なディスプレイ
  • Widevine L1対応
  • ステレオスピーカー
  • SDカード非対応
  • バッテリーもちが悪い
  • 高負荷で発熱する
  • ワイヤレス充電できない
  • 防水性能がない

 

バッテリーのもちと発熱が少し気になるポイントではありますが、それを加味してもコスパが高すぎるので買うべきスマホです。

なるべく安く高性能のスマホを手に入れたいならPOCO F3を是非お試しください。

超おすすめです!!!

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

Amazon
Music Unlimited
\ お得なキャンペーン開催中 /

初めてAmazon Music Unlimitedを利用する人限定で・・・

なんと3ヶ月間無料で利用できるキャンペーン中!

 

通常月額980円なので2,940円がタダ

Amazonプライム会員の人は、月額780円なので2,340円がタダになります。

7,500万曲が聴き放題なAmazon Music Unlimited。

スマホにアプリを落とせば、いつでもどこでも好きな音楽を楽しめます。

楽曲をダウンロードすればオフライン再生もOK。

しかも2021年10月19日からは待望の空間オーディオにも対応しております。

 

このキャンペーンは利用しないと絶対に損です!

2022年1月10日までの期間限定キャンペーンなので登録をお忘れなく。

公式サイト>>Amazon Music Unlimited

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA