ガジェット

【UMIDIGI S5 Proレビュー】2万円台の高コスパSIMフリースマホ!

UMIDIGI S5 Pro レビュー

UMIDIGIのSIMフリースマホ「S5 Pro」を購入しました。

UMIDIGi S5 Pro

 

ただ安いだけで使い物にならない。

これまでUMIDIGIのスマホは、性能がイマイチなために酷評され続けてきました。

しかし、S5 Proはその評価を一転するようなスペックを搭載したフラッグシップモデルです。

  • 6.39インチ FHD+ディスプレイ
  • 4,800万画素メインカメラ
  • 広角カメラ & マクロカメラ搭載
  • ゲーミングSoC 「Helio G90T」搭載
  • RAM 6GB & ROM 256GB
  • バッテリー容量4,680mAh
  • 18W急速充電対応
  • PCクラスの水冷搭載
ちびめがね
ちびめがね
かなり胸が熱くなる仕様!

 

中華家のスマホは、スペックの表示は良いけど使ってみたらイマイチなこともありますよね?

そこで本記事では、UMIDIGI S5 Proを詳しくレビューしていきます。

先に結論を言ってしまうと、2万円台で購入できると考えれば、おすすめできるSIMフリースマホです。

僕の場合は、大きな画面を活かしてエンタメ系をアプリを入れて、サブ機として使っています。

ちびめがね
ちびめがね
性能はかなり良い感じで、普段使いなら何の不満もないですよ!

 

こちらの記事では、後日購入したXiaomiのRedmi Note 9Sと比較レビューをしています。

高コスパで大人気のRedmi Note 9SにUMIDIGIのスマホはどこまで太刀打ちできるのか。

是非、本記事と併せてお楽しみください。

UMIDIGI S5 ProとRedmi Note 9Sを実機で比較!2万円台で買うならどっち?UMIDIGI S5 ProとRedmi Note 9Sを実機で比較しています。どちらも約3万円で購入できるコスパの高いスマホです。UMIDIGIのフラッグシップモデルは、Xiaomiの人気スマホに勝てるのか、是非ご確認ください。...

UMIDIGI S5 Proの外観と付属品

UMIDIGI S5 Proは、大手キャリアや格安SIM等では販売していない、中国製のSIMフリースマホです。

公式サイト>>UMIDIGI

 

UMIDIGIではスマートフォンの他にスマートウォッチも販売しています。

こちらの記事で紹介しているUwatch 2Sは、3,000円と低価格ながらも多機能でおすすめです。

UMIDIGIのスマホとの相性が抜群なので、是非本記事と併せてご覧ください。

【UMIDIGI Uwatch 2Sレビュー】安くて多機能!高コスパなスマートウォッチ!UMIDIGI(ユミデジ)のスマートウォッチUwatch 2Sをレビューしています。3千円を切る価格ながら、豊富な機能を搭載した高コスパモデル。スポーツ計測、睡眠計測、心拍・SpO2・血圧計測までできるので万能です。初めてのスマートウォッチにもおすすめ!...

 

UMIDIGI S5 Proのカラー展開は「コズミックブラック」と「オーシャンブルー」の2色。

UMIDIGI S5 Proのカラー展開

 

僕はオーシャンブルーを購入しました。

 

背面ガラスが見る角度によって絶妙に輝いて、とっても綺麗です。

美しく輝くUMIDIGI S5 Pro
ちびめがね
ちびめがね
オーシャンブルーにして正解でした!

 

大きさは約16cm×7.5cm×1cm。

 

ディスプレイのサイズは6.39インチです。

UMIDIGI S5 Proは6.39インチ

 

背面ガラスがアーチ状にラウンドしているので、片手でも持ちやすいと感じました。

UMIDIGI S5 Proのサイズ感

 

とは言ってもやっぱりでかいです。

僕は手が小さいので、頑張っても親指が画面の恥まで届きません・・・。

UMIDIGI S5 Proのディスプレイは大きい
ちびめがね
ちびめがね
大きなスマホは落としやすいので、ケースかバンカーリングを装着すると安心!

 

重さはズッシリ202g。

6インチ以上のディスプレイを搭載したスマホでは標準的なものの、ずっと持っていると重たいと感じてしまいますね。

UMIDIGI S5 Proの重さ

 

右側面には電源ボタンと音量ボタン。

UMIDIGI S5 Proの電源・音量ボタン

 

SIMカードスロットは、左側面にあります。

UMIDIGI S5 ProのSIMカードスロット

 

下部にはUSB Type-Cポートとスピーカー。

充電端子がUSB-Cなのは、個人的にめちゃくちゃ嬉しいポイントです。

スピーカーとUSB Type-Cポート

 

背面にはカメラがあります。

UMIDIGI S5 Proの背面

 

カメラ部分は1.5mmほど突出しているので、傷つけたくない場合にはケースが必須ですね。

UMIDIGI S5 Proのカメラ部分

 

S5 Proの付属品は以下のとおりです。

  • マニュアル
  • SIMピン
  • 3.5mmイヤホンジャック変換アダプタ
  • 充電器
  • 充電ケーブル
UMIDIGI S5 Proの付属品

 

SIMピンは、マニュアルの中に入っています。

UMIDIGI S5 Proのマニュアル

 

S5 Proにはイヤホン端子がありません。

そのため、USB Type-Cポートに変換アダプタを接続して使います。

 

充電器はUSB Type-Aポートが搭載された18W出力可能なタイプです。

UMIDIGI S5 Proの充電器

 

充電ケーブルは、長さ1mのUSB Type-A to USB Type-C。

ちびめがね
ちびめがね
UMIDIGIは赤いケーブルが好きなのかな?

 

また、この他にディスプレイ保護フィルムと、専用ケースも付属されています。

中国製のスマホは標準搭載のものが多いので嬉しいですね。

 

背面カメラは本体より高さがありますが、ケースを装着すれば保護できます。

S5 Proのケースでカメラを保護

UMIDIGI S5 Proのスペックと使用感レビュー

UMIDIGI S5 Proのスペックは以下のとおりです。

型番S5 Pro
SoC(CPU)MediaTek Helio G90T
GPUARM Mali-G76
RAM6GB
ROM256GB
外向きカメラメインカメラ(4,800万画素)
広角カメラ(1,600万画素)
深度カメラ(500万画素)
マクロカメラ(500万画素)ビデオ撮影
4K / 1080p / 720p / 480p(30fps)
内向きカメラ1,600万画素

ビデオ撮影
1080p / 720p / 480p(30fps)

ディスプレイ6.39インチ AMOLEDディスプレイ
2340×1080(FHD+)
アスペクト比 19.5 : 9
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetoothver5.0 / HID
指紋認証インスクリーン(ディスプレイ)
NFC対応(Google Payサポート)
Felica(おサイフケータイ)非対応
OSAndroid 10
バッテリー容量4,680mAh

 

NFCは搭載しているものの、Felica(おサイフケータイ)には非対応なのが残念です。

ちびめがね
ちびめがね
使用感をレビューしていきます!

技適

UMIDIGI S5 Proは2020年6月1日に、相互承認による設計認証(技適)を取得しています。

設定アプリ内で確認した、UMIDIGI S5 Proの技適マークは以下のとおりです。

UMIDIGI S5 Proの技適マーク
ちびめがね
ちびめがね
安心してご利用下さい!

ディスプレイ

まず、注目したいのが、ディスプレイ内にインカメラがありません。

そのため、画面占有率は驚異の93.1%

UMIDIGI S5 Proの画面占有率は93.1%

 

ではインカメラはどこにあるかというと、こちらです。

UMIDIGI S5 Proのインカメラ

 

UMIDIGIのインカメラは必要な時だけせり出してくる、ポップアップ方式。

UMIDIGI S5 Proのインカメラ

 

カメラアプリでインカメラを選択した時だけ、現れます。

UMIDIGI S5 Proのインカメラ

 

キュイーンという駆動音が気になる人がいるかもしれませんが、画面が広く使えるので良いですね。

ちびめがね
ちびめがね
300,000回の耐久テストにクリアしているので、まず壊れることもないでしょう!

 

UMIDIGI S5 Proのディスプレイは、6.39インチの有機EL。

発色が鮮やかで美しいですね。

色合いがはっきりしているので、個人的に好きな発色です。

UMIDIGI S5 Proのディスプレイ

 

文字が滲む、ぼやけるなどは特にありません。

ネットサーフィンでも、動画閲覧でも充分使えます。

UMIDIGI S5 Proのディスプレイ画面を拡大しても綺麗です

指紋認証

UMIDIGI S5 Proの指紋認証は、インスクリーンタイプです。

ディスプレイ内の指紋センサーをタッチして、ロック画面の解除等を行います。

UMIDIGI S5 Proの指紋認証

 

認識の精度はまずまずですが、反応が少し遅いのが気になりました。

煩わしい場合は、ロック解除は他の方法を選択してもいいでしょう。

ただ、S5 Proを持ち上げるだけで指紋センサーが表示されるのは便利です。

UMIDIGI S5 Proの指紋センサー表示

AnTuTuベンチマークスコア

UMIDIGI S5 Proには、MediaTekのゲーム用SoC「Helio G90T」が搭載されています。

前評判が良かったSoC(CPU)だったので、性能が気になっていました。

AnTuTuでベンチマークスコアを計測した結果がこちら。

UMIDIGI S5 Proのベンチマークスコア

 

総合スコアが285,573ポイントで、GPUスコアが81,891ポイント!

2万円台で購入できるスマホとしては、相当高いスコアになっていました。

ネットサーフィンやSNS、動画閲覧などでもサクサク動いてくれる性能です。

 

ちなみに、コスパが高くて大人気なXiaomiのRedmi Note 9sのスコアを抑えています。

UMIDIGI S5 Proのベンチマークスコア

 

ストレージテストの結果は以下のとおり、読み込みが528MB/sで、書き込みが194MB/sでした。

これまた、充分すぎる性能です。

UMIDIGI S5 Proのストレージテスト

動作性能

UMIDIGI S5 Proはかなりサクサク動き、もたつきを感じることはありません。

UMIDIGI S5 Proの動作はサクサク

 

2画面表示もバッチリ使えます。

UMIDIGI S5 Proの2画面表示

 

ピュアAndroidなので、UMIDIGIだけの独自機能等は搭載されていないものの、これだけk軽快に動いてくれるなら、使っていて困ることはないと思います。

ちびめがね
ちびめがね
キーボード入力も不満なし!

ゲーム性能

UMIDIGI S5 ProはGPUの性能も高いので、ゲームも快適にできます。

もちろん各メーカーのフラッグシップモデルほどのスコアではありませんが、プレイになんの支障もないでしょう。

モンストのように軽いゲームは、カクつきなくスムーズ。

 

 

人気のバトルロワイヤルゲーム「荒野行動」を、グラフィック設定を最高にしてプレイしてみました。

 

プレイヤーが多く集まるところでは、カクついてしまいましたが、プレイするのに大きな問題もなさそうです。

 

ちびめがね
ちびめがね
UMIDIGI S5 Proは、なんでもこなせる、満足度の高い動作性能ですね!

 

PCレベルの冷却装置を搭載しているということでしたが、荒野行動を最高画質でプレイしている最中はCPUの温度が70℃近くまで上昇しました。

ゲームプレイ中のCPU温度
ちびめがね
ちびめがね
高負荷だとやっぱりスマホは熱くなりますね・・・。

カメラ性能

UMIDIGI S5 Proには4つのカメラが搭載されています。

UMIDIGI S5 Proのカメラ

 

4,800万画素のメインカメラの性能は普通です。

他のレビューを見てみると、ボロクソ言われていたりするのですが、そこまで悪くないと思うんですけどね?

写真撮影に拘りを持っている人や、スマホを選ぶ時にカメラ性能を最優先で考える人には当然おすすめはできません。

iPhone SE(第2世代)で撮影した写真と並べて比較してみます。

ちびめがね
ちびめがね
ちなみにカメラ初心者なので、撮影モードはAI任せ!

 

 

ちびめがね
ちびめがね
全体的に白が強い気がしますが、全然悪くないですよね?

 

望遠レンズは搭載されていませんので、デジタルズームが最大8倍。

遠くで飛んでいた飛行機を撮影したところ、形がはっきり分かります。

 

広角カメラの性能もまずまず良い感じです。

 

マクロカメラを使えば、2cmまで寄って撮影も可能。

 

夜景モードも搭載されていますが、撮影する場所によって仕上がりはバラバラでした。

この道路の写真は比較的綺麗に撮れています。

iPhone SEでも明るく撮れているので、それほど暗くはありません。

 

夜の公園を撮影した写真です。

かなり明るくはなるものの、電灯の明るさに引っ張られてしまっています。

 

これも夜道を撮影した写真です。

めちゃくちゃ明るく仕上がりはするものの、夜景モードの性能はイマイチかもしれませんね。

 

また、シャッタースピードやISO感度を調整できる「プロモード」もあります。

スマホのカメラでは撮影しにくい月の模様も撮影できました。

 

安いスマホは、撮影時の画素数は高いものの、SoCの性能が追いつかずにイマイチな写真しか撮れないことも多いですが、S5 Proはそんなことはありません。

AI任せで撮影したとしても、そこそこ綺麗な写真が撮影できます。

 

ただ、ビデオ撮影については、画質は綺麗なものの手ブレ補正が利かずにブレブレになってしまいました。

1080P / 30fpsで撮影した動画です。

 

ちびめがね
ちびめがね
ただ歩いてただけなんですけどね・・・。

対応回線

UMIDIGI S5 ProのSIMカードスロットには、2枚のnano SIMカードを挿入可能で、どちらのスロットもVOLTに対応したDSDVです。

ただし、Micro SDカードとの排他利用になります。

UMIDIGI S5 ProのSIMカードスロット
  • SIMカード1枚+Micro SDカード1枚
  • SIMカード2枚

どちらかの使い方しかできないので、ご注意ください。

 

対応BANDは以下のとおり。

2GGSM: B2 /B3 /B5 /B8 
CDMA1X: BC0 /BC1
3GWCDMA: B1 /2 /4 /5 /6 /8
TD-SCDMA: B34 /39
CDMA EVDO: BC0 /BC1
4G FDD-LTE: B1 /2 /3 /4 /5 /7 /8 /12 /13 /17 /18 /19 /20 /25 /26 /28A /28B /66 /71 
TDD-LTE: B34 /38 /39 /40 /41

 

Docomo・Softbank・au・楽天回線、いずれのキャリアでも利用できます。

ただ、実際にLINEモバイルのSIMカードで試してみたところ、Softbank回線ついては4G(LTE)を掴むことができませんでした。

ドコモ回線通話・SMS・データ契約
ソフトバンク回線SMS・データ契約
au回線SMS・データ契約
Softbank・au回線Softbank・au回線
Docomo回線Docomo回線

 

SIMカードスロットを変えたり、再起動を繰り返したのですが、どうしても掴むことができません。

SIMカードとの相性があるのかもしれないので、ご注意ください。

なお、楽天回線についてはSIMカードを持っていないので検証できておりません。

BAND3(楽天回線)、BAND18(パートナー回線)どちらにも対応しているので使えるとは思いますが、楽天モバイルの動作保証対象外になります。

バッテリー性能

UMIDIGI S5 Proのバッテリー容量は4,680mAh。

大容量なので、普通に使っている分には、1日以上は充電しなくても問題ありません。

また、大容量バッテリーは充電時間が長くなりがちですが、18Wの急速充電に対応しているので、短くて済みます。

付属の充電器、充電ケーブルを利用したところ、約2時間で5%からフル充電できました

UMIDIGI S5 Proは急速充電可能

 

UMIDIGI S5 Proのイマイチなところ

UMIDIGI S5 Proは価格以上の性能があるので、満足できます。

ただ、以下の2つだけはイマイチだと感じました。

  1. スピーカーがモノラル仕様
  2. 防水性能がない

スピーカーがモノラル仕様

S5 Proは、スピーカーを1つしか搭載していないモノラル仕様。

ゲームをする時や、動画を閲覧する時って横向きでスマホを持つことが多いですよね?

そのため、S5 Proの場合は片側からしか音が出ないので、アンバランスになってしまいます。

UMIDIGI S5 Proはスピーカーが1つ

 

ゲーミングSoCを採用しているだけに、これは残念なポイントでした。

イヤホンを使うにしても、3.5mmイヤホンジャックがないので付属の変換アダプタが必要になります。

S5 Proで快適にゲームや動画を楽しみたいのであれば、ワイヤレスイヤホンが必須です。

防水性能がない

僕はお風呂でゆっくり動画を見るのが好きなのですが、UMIDIGI S5 Proには防水性能がありません

ちびめがね
ちびめがね
そもそも防水性能が合ったとしてもお風呂は温度的にアウトですけど・・・。

 

そのため、湯船に落としたら一発でアウト!

強固な防水性能はいらないまでも、せめて生活防水レベルだけでも搭載して欲しかったです・・・。

ちびめがね
ちびめがね
個人的には最も残念なポイントでした!

まとめ:コスパの高いUMIDIGI S5 ProはおすすめのSIMフリースマホ!

SIMフリースマホのUMIDIGI S5 Proをレビューしました。

2020年8月現在、Amazonでの販売価格は29,969円。

3万円を切る価格でありながら、優秀な性能を持っています。

スピーカーがモノラル仕様な点や、Felica非対応という弱みはあるものの、普段使いなら充分使えるコスパの高いスマホです。

安くて性能の高いスマホを探しているなら、ぜひUMIDIGI S5 Proをお試しください。

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

3%還元のクレカもう作りましたか?

Visa
\ LINE Pay クレジットカード /

※当ページからのお申し込みは、LINE Pay株式会社が主催する各種キャンペーンの条件に該当しない場合がございます。

 

2021年4月30日までの利用分は3%還元

早く作ったほうがお得な期間が長くなりますよ!

実際に使ってみると、LINEポイントがサクサク溜まっちゃいました。

2020年9月LINEポイントクラブのランク

 

月額料金の支払いも、いつものお買い物も、3%還元!

  • 初年度年会費無料(2年目以降は1回以上の利用で無料)
  • LINE Payで「チャージ&ペイ」ができる
  • 利用内容はLINEで通知

 

便利でオトクなクレジットカード、是非ご活用ください!

公式サイト>>Visa LINE Payクレジットカード

※当ページからのお申し込みは、LINE Pay株式会社が主催する各種キャンペーンの条件に該当しない場合がございます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA