iPhone

iPhone SEはいつまで使える?今買うのは大丈夫?調べてみました!

2018年秋でApple公式サイトから姿を消してしまったiPhone SE。いつまで現役として利用できるのでしょうか。

2018年9月13日Appleのイベントで新型iPhoneが3機種発表になりました。

  • iPhone XS
  • iPhone XR
  • iPhone XS MAX

3機種全て物理的なホームボタンが廃止され、全面ディスプレイのモデルとなりました。

ちびめがね
ちびめがね
ディスプレイ大型化の波は止められない状態ですね。

 

新機種発表の裏でとうとう存在が消えてしまったモデルがあります。

iPhone SE

 

 

僕はiPhone SEの後継機種がサプライズで発表になると予想していたのですが、残念ながら発表されませんでした。

それどころかAppleの公式サイトからもその姿を消してしまったのです・・・。

公式サイトからはiPhone SEを購入することはできなくなりました。

ただ家電量販店や大手キャリア、格安SIMでもまだ取り扱いをしていますので、新品を正規購入するなら今がラストチャンスかもしれませんね!

 

では、iPhone SEは、いつまで現役として利用できるのでしょうか?

正式発表ではないので予測ですが2020年秋発表のiOSまで対応できると考えられます。

また、故障した場合には2020年以降でも修理の対象になるでしょう。

 

iPhone SEを今購入しても決して遅くはありません。

本記事では、iPhone SEが2020年秋発表のiOSまで対応できると考えることができるのか詳しく解説いたします。

iPhone SE はいつまで最新のiOSに対応できるか

近年発売されたiPhoneは発売から5年は最新のiOSにアップデートできることが多いです。

機種名発売時期最終iOS(最終更新)
iPhone 4s2011年10月iOS9.3 (2016年8月)
iPhone 52012年9月iOS10.3(2017年7月)
iPhone 5s2013年9月iOS12(2018年9月)に対応

 

2018年秋に発表された最新iOS12は2013年9月(5年前)に発売されたiPhone 5sも対応しています。

Apple公式サイト・・・iOS12(ページ最下部に対応デバイス情報)

最新iOSへの対応はiPhoneの性能が上がることでますます長くなっていくと予想できます。

また、iOS12では最新機種でなくとも動作が向上することが説明されていました。

Apple公式サイト・・・iOS12詳細ページ(パフォーマンス部分に記載あり)

 

発売から5年までは最新のiOSに対応できると考えると、iPhone SEが発売されたのは2016年3月なので2021年秋発表のiOSまでは対応できそうですよね。

ただiPhone SEはiPhone 6Sと同じ性能を持った機種なので、2015年9月に発売されたiPhone6Sと同じ時期である2020年秋に最新iOSへのアップデートが終了することになるでしょう

iOS12に対応したことにより最短でもあと1年はiPhone SEを利用できます

 

さらに、iPhoneの性能を司るCPUから予測しても、iPhone SEは次回アップデートで登場するiOS13にも対応するのではないかと考えられるので、今購入しても長く使うことができそうです。

<iPhoneの機種別CPU>

iPhone5s・・・A7チップ ← iOS12に対応

iPhone6 ・・・A8チップ

iPhone6s・・・A9チップ

iPhone SE・・・A9チップ

最新のiOSにアップデートできても、iPhoneの性能によって使えない機能もでてくるので注意しましょう。(例えばiPhone6sではSuicaの機能は使えません。)

iPhone SE はiOS13にも対応する

2019年6月4日にWWDCで発表されたiOS13。

Apple公式サイト>>iOS13をプレビュー

 

対応機種はiPhone 6s以降に発売された全てのiPhoneです。

これにはもちろんiPhone SEも含まれています

iOS13は2019年秋頃から利用可能になるので、少なくともiPhone SEはiOS14がリリースされる2020年秋頃までは最新のiOSを利用できるでしょう。

WWDCでの発表によるとiOS13には以下の特徴があります。

  • アプリケーションのダウンロードサイズが最大50%削減
  • アプリケーションのアップデートのサイズが60%以上縮小
  • アプリケーションの起動スピードが最大2倍高速

 

ちびめがね
ちびめがね
iPhone SEがさらにキビキビ動いてくれるようになると嬉しいですね!

iPhone SEが最新のiOSに対応できなくても使えるのか

ではiPhone SEが最新のiOSアップデートに対応できなくなったら、壊れるまで使っても大丈夫なのでしょうか?

もちろん使い続けることはできますが、おすすめできません!

なぜなら、以下のようなトラブルが発する可能性があります。

  • 最新のセキュリティに対応できない
  • iOSのバージョンで利用できないアプリもある

 

特にセキュリティについては重大な問題(大切な個人情報が盗まれてしまったり、詐欺に遭う危険)になるので、iPhoneを利用するならば最新のiOSにアップデートするのは大切なことです。

旧モデルのiPhoneのOSをアップデートする場合は不具合が起きる可能性がありますので、リリースから暫くは様子を見たほうが良いでしょう。

安定して利用できることを確認してからiOSをアップデートするのが安心です。

iPhone SEが壊れてしまったらいつまで修理できるか

iPhone SEは、まだしばらく最新のiOSに対応できそうですが、iOSに対応していても壊れてしまったら意味がありませんよね。

Appleには公式修理サービスがあります。

Apple公式サイト>>iPhoneの修理サービス

 

こちらのページでは2013年9月に発売されたiPhone5cの記載が確認できます。(2019年12月現在)

部品の供給具合にもよりますが、費用をかければ発売から5年以上は修理可能と予想できます。

ただしAppleのiPhone向け保証サービス「AppleCare+for iphone」に加入していても、購入から2年目までしか通常よりも安く修理することはできませんので、それ以降の修理には安くない費用がかかると考えておいたほうが良さそうです。

iPhone SEの修理にかかる費用(2019年1月現在)

修理項目AppleCare+加入AppleCare+非加入
画面の修理3,400円14,800円
その他の修理11,800円30,400円

iPhoneの修理代金が気になるあなたは、モバイル保険に加入することをおすすめします!

どこよりも安い月額700円の保険料で、修理代金が実質無料に!

しかも1契約で3台(Wi-Fiに繋がる機器ならOK)まで登録可能です!

 

詳しくはこちら>>修理費用全額保証【モバイル保険】

iPhone SE のバッテリーの寿命はどのくらいか

Appleの公式発表によるとiPhoneに使われているリチウムイオン電池の寿命は3年です。

購入から3年程度経過すると、性能は落ちていきます。

バッテリーは大切に使っていたとしても寿命があるものなので、使用期間が長くなるほど自然と消耗していくものなので防ぎようがない部分でもあります。

 

iOS11.3からはバッテリーの性能を診断する機能が追加されました。

Apple公式サイト>>iPhoneのバッテリーとパフォーマンス

少しでも消耗を抑えるために工夫して利用することが重要です。

 

なお、Appleの修理サービスの中にはバッテリー交換も含まれています。

Apple公式サイト>>iPhoneの修理-バッテリーと電源

iPhoneのバッテリーの性能が落ちた場合、有償(場合によっては無償で)バッテリーを交換してくれます。

2019年1月現在、iPhone SEのバッテリー交換費用は以下のとおりです。

AppleCare加入・・・0円

購入から1年以内・・・0円

上記以外・・・5,400円

 

僕はiPhone6sを利用していますが、バッテリーを交換したことがあります。

その時の記事も参考にしてみてください。

>>iPhone 6sのバッテリーを無料で交換したのでレポートします!

iPhone 6sのバッテリーを無料で交換したのでレポートします!iPhone 6sのバッテリー交換の費用や所要時間について、僕の経験を元にご紹介いたします...

 

iPhone SEのバッテリーの寿命は購入から3年程度と考えておけばよいでしょう。

【最新】iPhone SEはどこで購入できるのか

Appleの公式サイトでの購入はできませんが、大手キャリアや格安SIMでも取り扱いしているのでまだ新品でも購入可能です。

iPhone SEを取り扱っているキャリアへのリンク

ただ新たに生産することはないと思うので、現在市場に出回っているものが新品で購入できる最後のiPhone SEになるのではないでしょうか。

 

中古のiPhoneであれば、IIJmioで取り扱いがあります。

IIJmio公式サイト>>端末ラインナップ

 

オークションやメルカリでも購入できると思いますが、偽物だったりや壊れていたりする可能性が0ではないのであまりおすすめできません。

まとめ:iPhone SEはいつまで使えるのか

2018年9月現在、iPhone SEはApple公式サイトからは購入できませんが、SIMフリー版(格安SIM等で利用できるもの)もキャリア版もそれぞれ購入可能な状態です。

近年発売されたiPhoneは、発売から5年は最新のiOSに対応しており、iPhone SEのCPUの性能を考えても2020年秋発表のiOSまで対応できると予想できます。

また壊れてしまったとしても、当分の間公式修理サービスを利用することができそうです。

ただし、バッテリーの性能は購入から3年程度で低下していくので注意しましょう。

今からiPhone SEを購入してもしばらくの間使えます!

 

2016年3月にiPhone SEは発表されたので、2年半もの長い間iPhoneの特別なシリーズとしてファンに愛されてきました。

名前を変えてでもいいので、もう一度戻ってきて欲しいと思います!

まだまだ現役として使えるiPhone SE。

コンパクトなスマートフォンが良いと思えるならオススメです!

 

最新のiPhoneを買うなら
オンラインストアで

お店で並ぶことも、店員さんの長い話を聞くこともありません。

365日・24時間、いつでも自宅でiPhoneを購入できます!

 

オンラインショップなら
\ iPhone11をいつでも買える /

 

 

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいてありがとうございました!

 

iPhone SEと同じ性能のiPhone6sをiOS12にアップデートしてみました。

使用感をレポートしましたので、参考にしてみてください。

iPhone6sをiOS12にアップデートしたのでレポートします。iPhone6sをiOS12にアップデートしたら動作がサクサク軽快になったので使用感をレポートいたします。...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA