ワイモバイル

【2022年5月】ワイモバイルで買うべきおすすめスマホはこれ!激安でやばい!

安すぎて引いてます・・・。

ワイモバイルのスマホ特価販売

ワイモバイルに新規加入・MNP(他社からの乗り換え)をする際に、新たにスマホを購入する人も多いと思います。

2022年5月現在、ワイモバイルで販売している主なスマホは以下のとおり。

  1. iPhone SE(第3世代)
  2. iPhone 12
  3. iPhone 12 mini
  4. iPhone SE(第2世代)
  5. Android One S9
  6. かんたんスマホ2+
  7. OPPO Reno5 A(eSIM版)
  8. AQUOS wish
  9. Libero 5G Ⅱ
  10. Xperia 10 Ⅲ
  11. かんたんスマホ2
  12. Xperia 8
  13. Android One X5

公式サイト>>製品一覧

種類が豊富なのでどれを購入しようか迷ってしまいますよね?

ズバリお答えします!

2022年5月時点でワイモバイルで購入すべきスマホはOPPO Reno5 Aです。

2022年4月 OPPO Reno5 Aの価格

普段使いに困らない性能と豊富な機能。さらにワイモバイルでの販売価格が他社と比べて異常に安いのがおすすめポイントになります。

OPPO Reno5 Aはこちらの記事で詳しくレビューしているので是非御覧ください。

【OPPO Reno5 A レビュー】実機を使って感じたメリット・デメリットを解説!おサイフケータイ&防水が搭載されて高コスパOPPO Reno5 Aを実機レビューしています。多くの人を満足させる優秀な基本性能。さらにおサイフケータイも防水性能も搭載されています。おまけに5G回線にも対応しているコスパの高いモデルです。メリット・デメリットと併せて紹介いたします。...

ワイモバイルならOPPO Reno5 Aが激安!販売価格は?

OPPO Reno5 A

キャンペーン適用後の価格は実質7,080円!

OPPO Reno5 Aのワイモバイルでの定価は31,680円(税込)ですが、オンラインストアでの購入の場合、さらに以下のとおり機種代金割引が適用に。

販売種別販売価格割引額最終価格
新規(プランS)31,680円-13,280円18,400円
新規(プランM/L)31,680円-16,880円14,800円
MNP(プランS)31,680円-18,000円13,680円
MNP(プランM/L)31,680円-21,600円10,080円
機種変更31,680円-13,680円18,000円

 

なんと機種代金割引適用後の販売価格は定価の1/3以下

ちびめがね
ちびめがね
ちなみに僕はSIMフリー版を43,800円で購入しました・・・。

さらに現在ワイモバイルでは、新規加入者に最大3,000円相当のPayPayポイントを付与するキャンペーン(要エントリー)を開催しています。

ワイモバイルどこでももらえる特典
【新どこでももらえる特典】ワイモバイル店舗での申し込みでも最大3,000円貰えるキャンペーン!ワイモバイルの「新どこでももらえる特典」を解説しています。ネットでも店舗でもワイモバイルへの申し込みでPayPayポイントが貰えます。オンラインストアで開催しているキャンペーンとの併用がお得です。...

実質価格という言葉はあまり好きではないのですが、「どこでももらえる特典」を加味した結果OPPO Reno5 Aを実質7,080円で購入できることになってしまいます。

実際にOPPO Reno5 Aを購入し、実機レビューもした僕から言わせてもらえば、超ありえない価格。

ちびめがね
ちびめがね
マジで信じられないくらい安いです!

ワイモバイルと他社の販売価格を比較

OPPO Reno5 Aはワイモバイル以外でも販売されているので、他社での販売価格と比較してみましょう。いかに安いか実感できると思います。

購入先最安販売価格(実質価格含む)
ワイモバイル実質7,080円(MNP)
OCN モバイル ONE25,960円
IIJmio9,600円(MNP)

他社も相当頑張ってますが、ワイモバイルの販売価格には及ばず。

「どこでももらえる特典」の存在がやっぱり大きいです。

ちびめがね
ちびめがね
本当に信じられないくらい安いんです!

ワイモバイルではiPhoneを含めて様々なスマホが購入できますが、性能と販売価格のバランスが良い意味で壊れているスマホはOPPO Reno5 Aだけです。

OPPO Reno5 Aを買うべきメリットと特長

OPPO reno5 Aの外観

OPPO Reno 5Aは中国スマホメーカーOPPO製のSIMフリースマホです。

OPPOの日本法人であるオッポジャパン株式会社(現オウガ・ジャパン)から発売されたスマホなので、もちろん技適は通過済み。

本体の認証情報でも技適マーク・認証番号を確認できました。

多くの人を満足させる性能です

OPPO Reno5 Aの動作性能・バッテリー性能・カメラ性能は十分優れています。

もちろん、ゲーマーやカメラマン、スマホマニアの人が使えば物足りないと言えるでしょう。

でも、それ以外の大多数の人はOPPO Reno5 Aを使ってストレスを感じることはありません

搭載されているSoC(CPU)はSnapdragon 765G。

AnTuTuベンチマークスコアが30万点以上にもなります。

ネットサーフィンやSNS、LINEにメール、ゲームに動画視聴まで。

あなたがやりたいことは、OPPO Reno5 Aでサクサク快適にできるはずです。

OPPO Reno5 Aの動作性能は快適
OPPO Reno5 Aの動作性能は快適

あなたが欲しい機能は全て入っています

OPPO Reno5 A最大の特長は、付加価値と言うべき機能が充実していること。

  • おサイフケータイ
  • 防水性能
  • イヤホンジャック

全てOPPO Reno5 Aに入ってます。

3万円~5万円のミドルレンジスマホでこれらの機能が搭載されているものは少ないです。

いくら性能が高くても、高いリフレッシュレートでも、ワイヤレス充電ができても、やりたいことができないのであれば買うべきスマホではありません

欲しい機能がしっかり入っているスマホ。

つまり、OPPO Reno5 Aこそ、あなたが買うべきスマホだと思います。

OPPO Reno5 Aのデメリット・イマイチなところ

OPPO Reno5 Aの付属品

OPPO Reno5 Aを実際に使って感じたイマイチなところは以下の2点。

  • モノラルスピーカー
  • 液晶ディスプレイ
  • ワイモバイル版のデメリット

モノラルスピーカー

多くの人が満足できる動作性能・カメラ性能、さらにおサイフケータイも使えて、防水性能もある。

ここまで十分すぎるスペックを搭載していながら、なぜかモノラルスピーカー・・・。

せっかく大画面で動画視聴やゲームができるのに、横持ちしたら片側からしか音が出てきません。

OPPO Reno5 Aはモノラルスピーカー

 

しかも、サウンドシステムにDolby Atmosを搭載しているので、もしステレオスピーカーを搭載していたら臨場感の溢れる音楽を楽しむことができたんですよね。

OPPO Reno5 AはDolby Atomos

 

せめてもの救いはイヤホンジャックが搭載されているところ。

音楽やゲーム・動画視聴を高音質で楽しみたい場合には、イヤホンやヘッドホンが必須です。

OPPO Reno5 Aはイヤホンジャック搭載

 

音質に拘る人ってそんなにいないのかもしれませんが、個人的には残念なポイントでした。

液晶ディスプレイ

OPPO Reno5 Aに搭載されているディスプレイは液晶です。

有機ELディスプレイ搭載のスマホが増えている中で、ちょっと寂しい印象・・・。

とは言っても、別に見にくいとか汚いわけではありませんよ?

OPPO Reno5 Aのディスプレイ

どんなシチュエーションでも綺麗に表示されるので使ううえで不便なことはありませんが、旧モデルOPPO Reno3 Aのディスプレイが有機ELだっただけに残念だと感じました。

ワイモバイル版のデメリット ← 解決済み

発売当初、OPPO Reno5 Aのワイモバイル版だけはSIMカード1枚のみの特別仕様だったので、eSIMが使えない点がデメリットでした。

ところが2022年2月24日にワイモバイルから「eSIM対応版」が発売

公式サイト>>OPPO Reno5 A(eSIM対応版)

SIMフリーモデルと同じようにSIMカード+eSIMでの2回線同時待ち受けができるようになりました。

ワイモバイル版の唯一の弱点がこれで解消。安心して購入できますね。

ワイモバイルのLibero 5G Ⅱが1円で販売中

OPPO Reno5 Aほどの性能は必要ないから、もっと安いスマホが良い!と考える人もいるかもしれません。

そういう場合には、現在1円で販売している、ZTE製のワイモバイルオリジナルスマホ「Libero 5G Ⅱ」も選択肢にあがります。

Libro 5G Ⅱ
Libro 5G Ⅱ
  • 普段使いに困らない動作性能
  • 防塵防水(IP57)
  • おサイフケータイ
  • SIMカード + eSIM
  • 指紋認証
  • 5G対応

1円スマホなんて性能悪いんでしょ?と思うかもしれませんが、全くそんなことはありません。

カメラ性能についてはOPPO Reno5 Aに及ばないものの、LINE・メール・SNS・ネットサーフィン・動画視聴が中心のスマホの使い道であれば全く問題なく使えます。

ゲームを殆どやらないライトユーザーにピッタリのスマホです。

ディスプレイサイズが6.67インチで重さが202g。

OPPO Reno5 Aよりも一回り大きく20gほど重たくなるので、サイズ感には注意が必要ですね。

公式サイト>>Libero 5G Ⅱ

ただ、実質7,080円と1円では大きな違いですし、それなりに使えるスマホではありますが、個人的にはOPPO Reno5 Aをおすすめしたいです。

ワイモバイルの料金プラン・特徴

最後にワイモバイルの料金プラン・特徴をおさらいしておきましょう。

料金プラン

ワイモバイルをスマホで利用する時の料金プランは「シンプルプラン」です。

プラン名シンプルSシンプルMシンプルL
データ通信量
(1年間無料で増量)
3GB→5GB15GB→20GB25GB→30GB
月額基本使用料2,178円3,278円4,158円

 

家族割や親子割を適用すれば更に安くなり、格安SIMにも負けないくらいお得な料金プランになっています。

また、現在「データ増量無料キャンペーン」を開催しているので、加入から1年間はデータ通信量が無料で増量。これが地味に嬉しいメリットです。

ギガはたくさん使えるに越したことありませんからね。

2021年11月ワイモバイル料金プラン

ワイモバイルをさらに安く使える親子割についてはこちらの記事で詳しく解説しているので、本記事と併せて確認しておきましょう。

ワイモバイルを月990円で使う条件を解説!18歳までのワイモバ親子割でお得!ワイモバイルが2022年5月31日までワイモバ親子割の申込みを受付しています。シンプルMなら月額基本料が990円に!家族みんなで乗り換えすれば1年で20万円も携帯代が節約できますよ。...

2つの通話定額オプション

ワイモバイルの特徴

ワイモバイルの通話料は22円/30秒ですが、2つの通話定額オプションが用意されています。

オプション名月額料金内容
だれとでも定額770円10分以内の国内通話が無料
スーパーだれとでも定額1,870円国内通話かけ放題

個人的には通話は殆どLINEなので音声通話を使う機会は少ないですが、そうはいかない人も多いでしょう。

1ヶ月に18分以上話すなら「だれとでも定額」、43分以上話すなら「スーパーだれとでも定額」を利用したほうが安上がりと言われています。

安定した通信速度

ワイモバイルの特徴

ワイモバイルはソフトバンク回線を直接利用しています。

格安SIMでもソフトバンク回線を利用しているところがありますが、通信速度が安定しているのは圧倒的にワイモバイル。

低速になりがちな「お昼休み」や「夜のくつろぎタイム」でも遅くなることはありません。

ちびめがね
ちびめがね
さすがソフトバンクのサブブランド!

また今後エリアの拡大が予想される5G回線も標準搭載。追加料金を支払うことなく利用できます。

データくりこし可能

ワイモバイルの特徴

以前ワイモバイルはデータ繰り越しに対応していなかったのでデメリットの1つになっていましたが、現在は対応しており、余ったギガを翌月まで繰り越し可能です。

月によって使うギガがバラバラな人ほど恩恵を受けやすいですね。

なお、シンプルM/Lプランなら、データを使い切った後の通信速度が1Mbps

動画視聴やゲームにはちょっと遅いですが、ネットサーフィンやSNSをやるくらいであればストレスなく使えます。これも大きなメリットです。

PayPayが貯まりやすい

ワイモバイルの特徴

PayPayを普段使っていない人には魅力を感じにくいポイントかもしれませんが、ワイモバイルはPayPayとの親和性が非常に高いです。

ワイモバイルに加入すると、通常月額508円のYahoo!プレミアム会員特典が無料で使えます。

これだけでYahoo!ショッピング・PayPayモールでの買い物で+2%のPayPayポイントが還元(支払い方法に条件あり)。

さらに月額550円に「Enjoyパック」に加入すると、Yahoo!ショッピング・PayPayモールでの買い物がいつでも8%還元になっちゃいます。

還元率を上げるためにわざわざ毎月550円払わないといけないの?と思うかもしれませんが、Enjoyパックの特典はそれだけに留まりませんよ。

ワイモバイルの特徴

毎月550円分のギガと、Yahoo!ショッピング・PayPayモールで使える500円OFFクーポンが貰えます。これだけで月額利用料以上の価値があるのでお得すぎます笑

どうしてもPayPayを中心にしたサービスに偏ってしまうのですが、ワイモバイルに加入したら全力でPayPayの還元を受けるべきだと思います。

まとめ:ワイモバイルで買うべきスマホはOPPO Reno5 A!

OPPO Reno5 Aの外観

2022年5月現在、ワイモバイルで販売中のスマホで最もおすすめなのはOPPO Reno5 Aです。何度でも言いますが、性能と価格が良い意味でアンバランスすぎます。

SIMフリー版なら4万円以上するスマホが実質約7,000円ですからね?

お金がかかってもいいから高性能のスマホを買いたい!分割払いにするから気にならない!そういう場合には素直に最新のiPhoneを購入すれば良いでしょう。絶対後悔することはありません。

ワイモバイル×iPhone SE(第2世代)
ワイモバイルでiPhone SE(第3世代)を買うべき?他社との価格を比較!2022年3月18日からY!mobile(ワイモバイル)でiPhone SE(第3世代)が購入できます。オンラインストアで購入すれば割引価格で購入可能です。他社での販売価格と比較して紹介しています。...

ただ、最新のiPhoneは多くの人にとって過剰性能。せっかく購入しても使いこなせない場合のほうが多いです。スマホが好きな僕でも完璧に使いこなせているかと聞かれたら自信がありません・・・。

それなら普段使いに困らない性能のスマホを格安で購入したほうが良いのではないかと個人的には思います。

ワイモバイルへの加入を検討中の方の参考になれば幸いです。

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA