ワイモバイル

ワイモバイルでiPhone SE(第2世代)を買うべき?他社との価格を比較!

ワイモバイル×iPhone SE(第2世代)

2020年8月27日から、ワイモバイルでiPhone SE(第2世代)が購入できます。

ワイモバイルでiPhone SE販売開始

 

これまでワイモバイルで販売しているスマホは、性能自体は悪くないものの、どれもパッとしないものばかりでした。

しかし今後は、iPhone 11と同等の高い性能を持ったiPhone SE(第2世代)が端末ラインナップに加わります。

しかもコスパが非常に高く、64GBモデルの販売価格は57,600円。

オンラインストアで購入すれば割引価格になり、なんと39,600円で購入できちゃいます。

ちびめがね
ちびめがね
ワイモバイルへの加入と同時にスマホを買うなら、iPhone SE(第2世代)一択!

 

公式サイト>>ワイモバイル

iPhone SE(第2世代)が
\ 18,000円値引になる /

 

iPhone SE(第2世代)は、現在僕がメインで使っているスマホです。

コンパクトなサイズ感と性能の高さが魅力で、ストレスなく利用できます。

あなたがワイモバイルに加入を検討しているなら是非使っていただきたいので、他社と比べて価格は安いのか、本記事で解説していきます。

 

4万円のスマホはちょっと高いかも・・・。

そうお考えなら、OPPO Reno3 Aが良いかもしれません。

こちらの記事で解説しているので、本記事と併せてご覧ください。

ワイモバイルOPPO Reno3 A発売!
ワイモバイルがOPPO Reno3 A発売!買うべき?最新スマホと比較して検証!2020年8月にYmobile(ワイモバイル)から初のOPPO製品「Reno3 A」が発売されます。買うべきスマホなのか、他の端末と比較して検証しました。カメラ重視の人は買いです!...

ワイモバイルでのiPhone SE(第2世代)の価格

ワイモバイルで販売するiPhone SE(第2世代)は64GB・128GBの2種類。

ちびめがね
ちびめがね
カラーは白・黒・赤の3色展開!

 

それぞれの販売価格は以下のとおりです。

  • 64GBモデル:57,600円
  • 128GBモデル:64,080円

 

最大36回まで分割払いもできるので、月々の支払額は以下のとおりになります。

iPhone SE(第2世代)
64GB

分割回数月々の支払額合計支払額
24回2,400円57,600円
36回1,600円57,600円
iPhone SE(第2世代)
128GB

分割回数月々の支払額合計支払額
24回2,670円64,080円
36回1,780円64,080円

オンラインストアならiPhone SE(第2世代)を割引価格で購入可能

ワイモバイルオンラインストアで購入すれば、iPhone SE(第2世代)が割引価格で購入可能です。

ワイモバイルには2つのオンラインショップがあり、それぞれ割引額と特典が異なります。

ショップ名運営特長
ワイモバイルオンラインストアワイモバイルが直接運営しているオンラインストア・事務手数料が無料
・本体割引額が高い
Yahoo!モバイルYahoo!が運営しているワイモバイルオンラインストア・5のつく日と日曜日にPayPayが貰える

公式オンラインストアでの価格

ワイモバイルオンラインストアでの割引後の価格は、プランによって異なりそれぞれ以下のとおり。

モデルプランS
(14,400円値引き)
プランM
プランR
(18,000円値引き)
64GB
43,200円39,600円
128GB49,680円46,080円

 

Apple Storeで販売されている定価よりもかなり安く購入できるので、お得です。

ちびめがね
ちびめがね
僕はApple Storeで64GBモデルを49,280円で購入しましたよ・・・。

SoftBankからワイモバイルへのMNP(番号移行)の場合には割引にならないのでご注意ください。

また、ワイモバイルではオンラインストアで契約をすると、加入時の事務手数料(3,300円)が無料です。

さらに、現在開催中の「どこでももらえる特典」で、3,000円相当のPayPayボーナスライトも貰えます。

特典を加味した実質価格は以下のとおりです。

64GBモデル
プランSプランM・R
本体価格57,600円57,600円
割引額-14,400円-18,000円
事務手数料0円0円
どこでももらえる特典-3,000円-3,000円
実質価格40,200円36,600円

 

128GBモデル
プランSプランM・R
本体価格64,080円64,080円
割引額-14,400円-18,000円
事務手数料0円0円
どこでももらえる特典-3,000円-3,000円
実質価格46,680円43,080円
ワイモバイルどこでももらえる特典
ワイモバイルが店舗での申し込みでも3,000円貰えるキャンペーン開催!2019年12月23日から、ネットでも店舗でもワイモバイルへの申し込みでPayPayボーナスライトが貰えるキャンペーンが開催されます。どこで申し込みをすればお得なのか解説しています。...
ワイモバイルオンラインストアのメリットを解説
ワイモバイル公式オンラインストアのメリットを解説!店舗が近くにない人も安心!ワイモバイルショップや取扱店などの店舗よりも便利でお得なY!mobile(ワイモバイル)ワイモバイルオンラインショップのメリットを解説しています。事務手数料が無料で、スマホ本体が安いのが特長です。...

Yahoo!モバイルでの価格

Yahoo!モバイルでは、毎月5のつく日と日曜日に新規加入で5,555円相当のPayPayボーナスライトが貰えます。

ただし、本体割引額は公式オンラインストアよりも少なく、事務手数料も無料になりません。

割引・特典を加味した実質価格は以下のとおりです。

64GBモデル
プランSプランM・R
本体価格57,600円57,600円
割引額-12,240円-15,840円
事務手数料3,300円3,300円
PayPay特典-5,555円-5,555円
どこでももらえる特典-3,000円-3,000円
実質価格40,105円36,505円

 

128GBモデル
プランSプランM・R
本体価格64,080円64,080円
割引額-12,240円-15,840円
事務手数料3,300円3,300円
PayPay特典-5,555円-5,555円
どこでももらえる特典-3,000円-3,000円
実質価格46,680円42,985円

 

毎月5のつく日と、日曜日ならYahoo!モバイルの方が僅かに安いです。

このため、PayPayを普段使っている人ならYahoo!モバイルで購入したほうが良いかもしれません。

PayPayをあまり使わない人にとっては、大きな魅力にはならないと思うので、割引額が高いワイモバイルオンラインストアで購入すれば良いでしょう。

ちびめがね
ちびめがね
iPhone SE(第2世代)を購入するならワイモバイルオンラインストアがお得です!

 

公式サイト>>ワイモバイル

iPhone SE(第2世代)が
\ 18,000円値引になる /

ワイモバイルのiPhone SE(第2世代)の価格を他社と比較

iPhone SE(第2世代)は大手キャリアでも購入できます。

また、ワイモバイルと同様に格安SIM(サブブランド含む)でも購入可能です。

それぞれの価格を比較してみましょう。

大手キャリアとの価格比較

ドコモ・ソフトバンク・auでもiPhone SE(第2世代)を販売しています。

価格はそれぞれ以下のとおりです。

iPhone SE(第2世代)
64GB

キャリア販売価格
ワイモバイル57,600円
docomo57,024円
SoftBank57,600円
au55,720円
iPhone SE(第2世代)
128GB

キャリア販売価格
ワイモバイル64,080円
docomo62,568円
SoftBank64,080円
au61,250円

 

割引前の一括購入価格は、ワイモバイルと同じくらいですね。

ただし、大手キャリアの場合もMNPやオンラインストアでの購入であれば割引があります。

iPhone SE(第2世代)
64GB

キャリア販売価格割引後の価格
ワイモバイル57,600円39,600円
(プランM/R)
docomo57,024円35,024円
(MNPが条件)
SoftBank57,600円36,000円
(オンラインストア限定)
au55,720円33,720円
(オンラインストア限定)
iPhone SE(第2世代)
128GB

キャリア販売価格割引後の価格
ワイモバイル64,080円46,080円
(プランM/R)
docomo62,568円40,568円
(MNPが条件)
SoftBank64,080円42,480円
(オンラインストア限定)
au61,250円39,250円
(オンラインストア限定)
ちびめがね
ちびめがね
買い替えプログラム(2年後に機種を返却)に加入すればさらに安くなります!

 

価格だけで比べると、大手キャリアで購入したほうが安くなります。

ただし、ワイモバイルは月額利用料が大手キャリアよりも安いので、月額基本料と機種代金のトータルで考えればワイモバイルの方がお得です。

ちびめがね
ちびめがね
だいたい1年以上ワイモバイルを使い続ければ、大手キャリアよりもお得になりますよ!

格安SIMとの価格比較

サブブランドを含む格安SIMでiPhone SE(第2世代)を購入できるのは、ワイモバイルを含めて3つあります。

  • ワイモバイル
  • UQ mobile
  • mineo
  • BIGLOBEモバイル

 

それぞれの一括購入価格は以下のとおりです。

64GB128GB
ワイモバイル(プランS)
(割引適用後)
43,200円49,680円
ワイモバイル(プランM/R)
(割引提供後)
39,600円46,080円
UQ mobile35,640円47,520円
mineo51,480円57,024円
ちびめがね
ちびめがね
UQ mobileは36回、mineoは24回分割払いが可能です!

 

BIGLOBEモバイルは24回分割払いのみ購入可能です。

2020年11月3日まで、18,000円相当のポイント還元があるので実質価格はかなり安くなります。

支払総額(税別)実質価格
64GB1,925円×24回
=46,200円
28,200円
128GB2,120円×24回
=51,360円
33,360円
ちびめがね
ちびめがね
BIGLOBEモバイルで貰えるポイントは「Gポイント」ですのでご注意ください!

 

64GBモデルならUQ mobile、128GBモデルならワイモバイルが最安値でした。

ただし、ワイモバイルはオンラインストアでの購入で事務手数料(3,300円)が無料になります。

端末代と事務手数料を合計すると、64GBモデルでも大きな差にはなりません。

ワイモバイルUQ mobile
端末代39,600円35,640円
事務手数料0円3,300円
合計39,600円38,940円

 

月額基本料は、加入から7ヶ月目までは同じ料金ですが、それ以上使うならUQmobileの方が安くなります

ワイモバイル
スマホベーシックプラン月額基本料
プランS
(3GB→4GB)
7ヶ月目まで1,980円
8ヶ月目以降2,680円
プランM
(10GB→13GB)
7ヶ月目まで2,980円
8ヶ月目以降3,680円
プランR
(14GB→17GB)
7ヶ月目まで3,980円
8ヶ月目以降4,680円
UQ mobile
スマホプラン月額基本料
プランS(3GB)1,980円
プランR(10GB)2,980円

 

ただ、ワイモバイルはどのプランも国内通話10分無料です。

スマホでよく電話をする機会がある人は、ワイモバイルの方が断然お得になります。

また、加入から1年はデータ通信量(ギガ)の無料増量サービスがあるのも嬉しいポイントです。

公式サイト>>ワイモバイル

iPhone SE(第2世代)が
\ 18,000円値引になる /

iPhone SE(第2世代)はどんなスマホ?

iPhone SE(第2世代)は2020年4月24日に発売された、Apple製のスマホです。

iPhone 8と全く同じサイズながら、iPhone 11に搭載されているA13が採用されているのが特長です。

iPhone SE(第2世代)の背面デザイン

 

コンパクトなサイズ感ながらも、高性能なので爆発的に売れています。

iPhone SE(第2世代)の表示速度①
ちびめがね
ちびめがね
現在人気NO.1のiPhoneです!

 

ベンチマークテストの結果も44万点台とハイスコア。

iPhone SE(第2世代)のベンチマークスコア
iPhone SE(第2世代)のベンチマークスコアは第10位

 

SoC(CPU)性能も、GPU性能も申し分なく、メインのスマホとしてバリバリ使えます。

ちびめがね
ちびめがね
ゲームもサクサク動いてバッチリ!

 

僕自身が毎日使っていて、気に入っているポイントは以下のとおりです。

  • コンパクトで軽い
  • とにかくサクサク動く
  • ワイヤレス充電対応
  • IP67 防水・防塵性能

 

僕はコンパクトなスマホが好きなので、本当に買って良かったと思っています。

ワイモバイルでスマホを買うなら、iPhone SE(第2世代)が超おすすめです。

こちらの記事でiPhone SE(第2世代)についてさらに詳しくレビューしているので、本記事と併せてぜひご覧ください。

>>【iPhone SE(第2世代)レビュー】iPhone 8と実機で比較!

iPhone SE vs iPhone 8
【iPhone SE(第2世代)レビュー】iPhone 8と実機で比較!買い替えるべき?iPhone SE(第2世代)とiPhone 8を実機で比較しています。iPhone SE(第2世代)は多くのメリットがあるコスパの高いモデルです。買い替えを検討しているなら是非ご覧ください。...

 

公式サイト>>ワイモバイル

iPhone SE(第2世代)が
\ 18,000円値引になる /

ワイモバイルの料金プランをチェック!

2020年8月現在のワイモバイルの料金プランは以下のとおりです。

ワイモバイルの料金プランワイモバイルの料金プラン

 

最も人気があるのが、スマホベーシックプランMです。

2020年7月からプラン内容がパワーアップして、かなり使いやすくなっています。

  • 高速で使えるギガが9GBから10GBに増量
  • ギガを使い切っても1Mbpsで使える

 

また、iPhone SE(第2世代)の割引額は少なくなりますが、月額基本料を安くおさえたいのであれば、スマホベーシックプランSもおすすめです。

特に家族みんなでワイモバイルに乗り換えれば、2回線目移行の月額基本料が割引になって、当初7ヶ月は1,480円で利用できます。

>>ワイモバイルは本当に月1,480円で使える?条件と期間に注意!

ワイモバイル1,480円って本当なの?
ワイモバイルは本当に月1,480円で使える?条件と期間に注意!Y!mobile(ワイモバイル)は本当に月1,480円で利用できるのでしょうか?月額基本料の割引サービスや割引期間について解説しています。...

 

月額基本料をおさえつつ、安定した通信速度で使いたいならワイモバイルがおすすめです。

公式サイト>>ワイモバイル

iPhone SE(第2世代)が
\ 18,000円値引になる /

ワイモバイルでiPhone SE(第2世代)を購入するならオンラインストアで!

ワイモバイルで購入できるiPhone SE(第2世代)について紹介しました。

iPhone SE(第2世代)は高性能なうえに、コンパクトで軽量なので、メインで使うスマホにぴったりです。

しかもワイモバイルなら、大手キャリアよりも月額基本料が安いので、月々の携帯代を大きく節約することができます。

これからワイモバイルに加入しようと検討しているなら、購入するスマホはiPhone SE(第2世代)がおすすめです。

公式サイト>>ワイモバイル

iPhone SE(第2世代)が
\ 18,000円値引になる /

 

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

楽天モバイルにしたいけどエリアじゃない・・・。
月額基本料1年無料が羨ましい・・・。

 

そんなあなたに朗報です!

 

安心のドコモ回線エリアに対応した格安SIM、y.u mobileにしてみませんか?

音声通話/3GBとプランは標準的ですが、11月30日までの申込みで現金22,500円キャッシュバックキャンペーン中!

月額基本料金は1,859円(税込み)なので、1年で1,859円×12ヶ月=22,308円。

つまり!

キャッシュバックがあれば、月額基本料が実質1年無料になっちゃいます。

高速データ通信できるのは月3GBまでなので、データ使い放題ってわけにはいきませんが、外で動画を見ないのであれば十分。

しかもドコモ回線だから使えるエリアも広くて安心です。

 

現金22,500円キャッシュバックは、当サイト特設ページからの申込み限定のキャンペーン。

公式サイトからの申込みだと、15,000円キャッシュバックなので損しちゃいますよ!

月額基本料が高い大手キャリアから、格安SIMに乗り換えてみませんか?

 

y.u mobileについての詳しい解説は、こちらの記事をご覧ください。

y.umobileレビュー!
y.u mobile(ワイユーモバイル)レビュー!メリット・デメリット情報まとめ格安SIMのy.u mobile(ワイユーモバイル)を実際に使ってレビューしています。料金や通信速度、メリットデメリットをまとめて紹介いたします。当サイト限定キャッシュバックキャンペーンも開催中です!...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA