ガジェット

iKanzi 完全ワイヤレスイヤホン TWS-X9のレビュー!

ikanzi TWS-X9のアイキャッチ

コストパフォーマンスが高く、完全ワイヤレスイヤホンを初めて買う人に特におすすめな、iKanziの完全ワイヤレスイヤホン「TWS-X9」をご紹介いたします。

 

2018年10月に開催された「Amazonタイムセール祭り」でiKanziの「TWS-X9」を購入しました。

何でもっと早く買わなかったんだろうと後悔してしまうくらい優れもの!

 

イヤホンのコードがカバンの中で絡みつく悩みも一気に解決!

iPhoneとのペアリングも驚くほど簡単!

イヤホンの充電がなくなる心配も激減!

 

価格以上の性能の良さで大変満足しています。

是非あなたにも使って欲しいので、iKanziの完全ワイヤレスイヤホンTWS-X9を詳しくレビューしていきたいと思います!

(2019.2.15 追記)

現在Amazonでは本記事で紹介しているiKnazi TWS-X9の5%OFFクーポンが発行されていました!

iKanzi 5%OFFクーポン

いつもより少しお得に買えるのでクーポンの適用をお忘れなく!

Amazonの商品ページはこちら>>>iKanzi TWS-X9

 

ちびめがね
ちびめがね
初めての完全ワイヤレスイヤホン!もう有線イヤホンには戻れません!

なぜiKanzi TWS-X9を買うことに決めたのか

完全ワイヤレスイヤホンと言えばAppleのAirPodsが思い浮かびますよね。

 

デザインも良いし、音質にも定評があります。

なによりiPhoneとの親和性が高い!

少々高くてもAirPodsが欲しいと思っていました。

 

ただ、僕の耳にはAirPodsのようなインイヤータイプのイヤホンが合わないんです。

耳の形が適していないのですぐにポロポロ落ちてしまいます。

 

こちらの記事で僕の耳の形がなぜインイヤータイプのイヤホンに適していないか解説しています。

AirPodsもEarPodsも耳から落ちる。その原因は耳の形だった!

AirPodsもEarPodsも耳から落ちる。その原因は耳の形だった!Apple製イヤホンのAirPodsやEarPodsが耳から落ちてしまう原因は耳の形にあります。AirPodsやEarPodsが落ちやすい耳の形の解説や耳から落ちないためのおすすめ対策グッズを紹介いたします。...

あなたの耳もインイヤータイプのイヤホンは合ってないのかもしれませんよ?

インイヤータイプのイヤホンを買おうと思っているならその前にこちらの記事を読んでみてくださいね。

 

耳の形状が原因で僕にはカナルタイプという「イヤホンを直接耳の穴に入れるタイプ」しか選択の余地がありません。

 

TWS-X9を買う前まではSoundPEATSのワイヤレスイヤホンを使っていました。

このイヤホンもコスパの高いイヤホンです!

 

でもやっぱり完全ワイヤレスイヤホンが欲しかったんですよね。

SoundPEATSもワイヤレスイヤホンなんですけど、デメリットがありました。

  • 左右のイヤホンを繋ぐケーブルがあるため、カバンの中でひっかかってしまって煩わしい
  • イヤホンの充電を気にしなければいけない

特に充電は気にするポイントで、せっかく音楽を聴こうとしても充電がないから聴けないなんてこともありました。

 

そこで見つけたのがiKanziのTWS-X9でした!

 

Amazonでも沢山のレビューが付いていて、ランキングも上位!

なにより僕が何かを買う時に一番重要な「価格」も、完全ワイヤレスイヤホンなのに手頃で言うことがないくらい完璧でした。

 

ちびめがね
ちびめがね
僕が買い物で重視しているポイントはコスパです!

iKanzi TWS-X9の基本性能と商品画像

iKanzi TWS-X9の基本性能

重さ      約3.5g
伝送方法    Bluetooth V5.0
連続通話時間  3-4時間
音楽再生時間  3-4時間
連続待受時間  80時間
充電時間    約2時間
伝送距離   約10m(※環境によって異なります)
サポートプロファイル HSP/HFP/A2DP/AVRCP
充電ケースサイズ   80*54*33.3mm
対応機種       iOS/Android/Windows
イヤホン電池容量   55mAh
充電ケース電池容量  2200mAh(イヤホンを約20回充電可能)

(Amazon商品ページより引用)

 

Bluetooth5.0が採用されています

僕がTWS-X9と接続して使っているiPhone 6sに搭載されているBluetoothは4.2なので、Bluetooth5.0が搭載されている機種だったらより効果が発揮されると思います。

iPhoneであればiPhone8以降の機種にBluetooth5.0が搭載されていますよ!

 

Bluetoothの情報についてはこちらのITマルチハックさんの記事にめちゃくちゃ詳しく掲載されているので是非チェックしてみてください!

 

ノイズキャンセリング機能も搭載されているので、外部の音をかき消してくれます。

そのおかげで音楽をクリアに聴くことができます!

 

IPX7の防水機能もあります

バシャバシャ水をかけたり、TWS-X9を装着しながらシャワーを浴びるのは絶対におすすめしませんが、ランニング等の汗にも強いのは確かです!

 

iKanzi TWS-X9の外観レビュー

箱の中身です。

iKanziのTWS-X9の箱の中身

 

小さな箱の中に付属品が入っています。

iKanziのTWS-X9の付属品

 

付属のUSBケーブルは約15㎝でした。

少し短いと感じたので、手持ちのUSBケーブルを利用しても良いと思います。

持ち歩くには15㎝くらいのケーブルが一番良いですね!

iKanziのTWS-X9付属品USBケーブル

 

イヤーピースは3サイズが2つずつ入っています。耳の穴の大きさによって変えることができます。最初にイヤホンに付いているのは一番小さいサイズ。僕には少し小さかったです。

iKanziのTWS-X9交換用イヤーピース

 

日本語の取扱説明書もついています。ところどころ日本語がおかしいところがありますが、分からないことはありません。

iKanziのTWS-X9の取扱説明書

 

充電器兼イヤホン収納ケースです。

TWS-X9本体 開封

イヤホンを入れると自動的に充電されます。

 

TWS-X9の横にiPhone付属のUSB ACアダプターとヴァセリンを並べてみました。

大きさの参考にしてください。

iKanziのTWS-X9の大きさ比較

 

手におさまるくらいのサイズ感です。

iKanziのTWS-X9を手で持つ

AirPodsのケースを見せてもらったことがあるのですが、それに比べると大きいです。

ポケットに入れて持ち歩くのは厳しいですが、カバンの中にあっても邪魔になるサイズではありません。

 

これがイヤホン本体です。

iKanziのTWS-X9イヤホンの写真2

マークが描いてる部分をタッチすると再生/停止などの操作ができます。

これがとても便利です!

 

耳に装着するとこんな感じになります。お見苦しくてすいません・・・。

iKanziのTWS-X9を装着する

耳に不思議とピッタリおさまるのが凄いです!

カナル型なので全く落ちる気配はありません。

 

実際TWS-X9を手に取って、価格以上に高級感があると思いました。

少しポッテリしたサイズですが、許容範囲です。

また耳のおさまりが良く、安定しているので落ちてしまう感じがありません!

 

改めて買ってよかった!良い買い物をしました!

iKanzi TWS-X9の特徴

iKanziのTWS-X9の特徴を紹介していきます。

TWS-X9はペアリングが超簡単

完全ワイヤレスイヤホンを探している時にレビューで見かけたのがスマートフォンとイヤホンのペアリングが難しいという意見でした。

TWS-X9はどうなのか心配だったのですが、めちゃくちゃ簡単にペアリングできました。

 

左右のイヤホンを取り出します。

TWS-X9の左右のイヤホン

すると青ランプが点滅してペアリング待機状態になります。

TWS-X9はイヤホンケースからイヤホンを取り出すだけでイヤホンの電源がONになり、ケースに戻すとイヤホンの電源が自動的にOFFになります。

これも便利なポイントです!

 

次に接続する機器でペアリングの設定をします。

(僕はiPhoneを使っているのでiPhoneの画面です。)

設定→Bluetoothをタップすると次のように表示されています。

iPhoneのBluetooth設定画面 接続前

「その他のデバイス」に「X9」が表示さているのでここをタップします。

 

すると「自分のデバイス」に「X9」が追加されます。

iPhoneのBluetooth設定画面 接続後

「接続済み」となっていれば接続完了です!

 

これだけです!たったこれだけでペアリングが終わります!

めちゃくちゃ簡単じゃないですか?

次回からは何もしなくてもイヤホンをケースから取り出すさけで自動的に接続してくれますよ。

TWS-X9はイヤホンをタップして操作ができる!

iKanziのTWS-X9イヤホンの写真4

イヤホン自体にリモコン機能があります。

白いマークをタップする回数で操作できますよ。

音楽を聴く時

  • 再生/停止・・・1回タップ
  • 次の曲へ・・・2回タップ

この2つだけ機能します。

前の曲に戻すことや早送りはできませんでした。

また音量の調節もできないので、接続機器側で調整する必要があります。

通話する時

  • かかってきた電話を受ける・・・1回タップ
  • 電話を切る・・・1回タップ
  • リダイヤル・・・3回タップ

この3つの操作だけできます。

通話の音量も調節できないので、機器側で調整する必要があります。

 

ちょっと物足りない気もしますが、必要最低限のことができると考えればなんの問題もないのではないでしょうか?

僕は使っててそんなに不便は感じませんでした。

 

なお、iPhoneの場合は2秒間長押しすると「Siri」が起動しますよ!

TWS-X9はイヤホンケースに充電機能が備わっている

イヤホンケースがイヤホンの充電器になっています。

イヤホンを使い終えてケースにしまうと自動的に充電されるのがものすごく便利です

イヤホンの充電を気にする必要がほとんどなくなりました。

 

1回の充電で3~4時間利用できるということですが、僕は通勤中にイヤホンを利用することが多いので、十分使えます。

ただ、イヤホンケース自体を充電しておく必要はあります。

 

ここにUSBケーブルを接続してイヤホンケースを充電します。

TWS-X9の充電口

 

イヤホンケースの電池容量は2200mAh、イヤホンの電池容量は片方55mAhです。

単純計算で20回程度イヤホンを充電できそうです。

これ凄く大容量だと思いませんか?十分すぎると思いますよ!

モバイルバッテリーは「変換ロス」というものがあるので、最大容量の60%~70%くらいを目安に充電回数を計算するのが良いとされています。

TWS-X9の場合、イヤホンケースの電池容量は2200mAhなので利用できるのは実質1500mAh程度だと思います。

実際にはイヤホンを15回程度充電できる電池容量です。

 

充電しているときはこのようにランプが点灯します。

イヤホンケースの充電ランプは

イヤホンの充電ランプは

iKanziのTWS-X9充電中

 

またイヤホンケースにはUSBポートがあるので、他の機器を充電することが可能です。

iKanziのTWS-X9のUSBポート

緊急でスマホを充電する必要がある時なんかに効果を発揮します!

TWS-X9のイヤホンケースをモバイルバッテリー代わりに使うには容量が少ないので、モバイルバッテリーも持ち歩いたほうが安心です。

2200mAhでは最新のスマートフォンをフル充電できませんからね。

TWS-X9は音質が素晴らしい

個人的な感想になってしまいますが、TWS-X9は音質が良いと感じています。

安いイヤホンに特有のシャリシャリと軽い感じはあまりなく、厚みがあって迫力のある音が再現出来ています。

ズンズン低音が響くとまでは言えませんが、この価格であれば十分過ぎる音質です!

 

TWS-X9のメリットと言うべき特徴を紹介しました。

これらの特徴があるので、僕はTWS-X9を買って良かったと思えます。

特にイヤホンケースがイヤホンの充電器になるのは本当に便利です!

 

ちびめがね
ちびめがね
Bluetoothのデバイスで大切なのはペアリングの簡単さですよね!

iKanzi TWS-X9のちょっとイマイチなところ

TWS-X9を使っていてもっとこうだったら良いのにな、と思える部分もありました。

TWS-X9は音が途切れてしまうことがある

家や電車の中ではそんなに感じないのですが、人が大勢いるところにいくと音が途切れてしまうことがありました。

これは他の人が使っているBluetooth等の無線が影響しているのだと思います。

iPhoneとTWS-X9の接続が不安定になってしまうんですね。

ワイヤレスイヤホンを使っていれば起きやすい症状なのですが、TWS-X9でもやっぱり感じました。

気になる人にはTWS-X9はオススメできません。

TWS-X9はあぶら汚れが目立ちやすい

黒いプラスチックのせいか、あぶら汚れが目立ちやすいです。

 

iKanziのTWS-X9イヤホンの写真1

特に耳と密着するこの部分にあぶら汚れが付きやすいです。

 

小まめに拭いてあげると良いかと思います。

人に貸す機会がある人は少し注意が必要ですね。

 

僕が使っていて気になる点はこんなところでした。

接続が不安定になる点は、気にする人は気にしてしまうかもしれません。

そうであればワイヤレスイヤホンではなく、有線イヤホンを使った方が良いと思います。

 

ちびめがね
ちびめがね
都心の通勤ラッシュ時には特に音が途切れてしまいました・・・。

まとめ:iKanziのTWS-X9はコスパの高い優秀な完全ワイヤレスイヤホンです

本来ならばAirPodsを使いたい僕ですが、TWS-X9を購入して本当に良かったと思っています。

AirPodsの3分の1くらいの値段で、十分な機能を持ったイヤホンを購入できたのですから大満足です!

 

TWS-X9の良い点とイマイチな点をまとめてみました。

【TWS-X9の良い点

  • ペアリングが超簡単
  • イヤホンをタップして操作ができる
  • イヤホンの充電を気にする必要がない
  • 音質が素晴らしい

【TWS-X9のイマイチな点

  • 人が多い場所等で接続が不安定になる
  • あぶら汚れが気になる

 

そしてTWS-X9は僕のように初めて完全ワイヤレスイヤホンを購入する人にとっては、まさにオススメの商品です。

耳の形状は人それぞれ違いますし、音質も人によって好みがあるので、自分に合うイヤホンってなかなか見つからないですよね。

いきなり最高級のイヤホンを買うのではなく、完全ワイヤレスイヤホンの導入としてコスパの高いTWS-X9を買ってみても良いのではないでしょうか。

 

あなたも是非完全ワイヤレスイヤホンTWS-X9の快適さを感じてみてください!

 

ちびめがねアンテナでは、用途別におすすめの完全ワイヤレスイヤホンも紹介しています。

あなたが欲しい完全ワイヤレスイヤホンが見つかるかもしれません!

ぜひこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

【2018最新】用途別おすすめ完全ワイヤレスイヤホン5選!

【2019最新】用途別おすすめ完全ワイヤレスイヤホン5選!種類が多くてどれを買ったら良いか分からない完全ワイヤレスイヤホンの中から、「コスパ」「スポーツ用」「重低音重視」など用途別におすすめの完全ワイヤレスイヤホンをピックアップして紹介いたします。...

 

この記事で紹介したiKanziの完全ワイヤレスイヤホンは2018年にAmazonで本当に買って良かったと思えるコスパの高い商品の1つです!

他にもこちらの記事で紹介しているのでぜひ読んでみてください。

どの商品も低価格で高品質のものばかりですよ!

【2018】Amazonで買って良かったコスパの高いおすすめ商品はこれ!

【2018】Amazonで買って良かったコスパの高いおすすめ商品はこれ!2018年にAmazonで実際に買っておすすめできる商品を厳選して紹介しています。完全ワイヤレスイヤホンやポータブルスピーカー等、どの商品もコストパフォーマンスが高いことが特徴です。...

 

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいてありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA