ガジェット

【AirPods Proレビュー】耳から落ちない!ノイズキャンセリングが最高!

AirPods Proレビュー

便利な電子小物ガジェットが大好きな ちびめがね(@chibimegane_rv)です。

2019年10月30日にAppleからAirPods Proが発売されました。

AirPods Pro
ちびめがね
ちびめがね
美しいですねー!素晴らしい造形美!

 

これまで僕は、AirPodsやEarPodsを使うことができませんでした。

僕の耳は対珠たいじゅと呼ばれる軟骨が小さいため、インイヤータイプのイヤホンだと、すぐにポロっと落ちてしまうんです。

すぐに落ちるEarPods

 

>>AirPodsもEarPodsも耳から落ちる。その原因は耳の形だった!

AirPodsもEarPodsも耳から落ちる。その原因は耳の形だった!Apple製イヤホンのAirPodsやEarPodsが耳から落ちてしまう原因は耳の形にあります。AirPodsやEarPodsが落ちやすい耳の形の解説や耳から落ちないためのおすすめ対策グッズを紹介いたします。...

 

ところが、新しく発売されたAirPods Proは、耳の中に直接イヤホンを入れるカナルタイプ

ついにAirPodsが使える時がきた!と思い、発売後すぐに購入しました。

AirPods Proと外箱

 

実際にAirPods Proを使ってみたところ、購入して大正解!

どれだけ頭を激しく振り回しても、耳から落ちることがありません。

AirPods Proは耳から落ちない
ちびめがね
ちびめがね
本当にこの時をどれほど待っていたことか・・・。

 

 

AirPods Proの価格は税込み30,580円

息子
息子
たっけー!
ちびめがね
ちびめがね
間違いなく超高級ワイヤレスイヤホンです・・・。

 

コスパの高い完全ワイヤレスイヤホンも発売されている中、価格だけを見てしまうと購入を躊躇ためらってしまう人も多いはず。

そこで、本記事でAirPods Pro(エアポッズ プロ)を詳しくレビューいたしますので、検討の材料にしてみてください。

僕と同じように、AirPodsやEarPodsが耳に合わない人には、特におすすめですよ!

AirPods Proの外観と付属品

AirPods Proは、充電器を兼ねた専用ケースに収納して持ち運びます。

充電ケースのサイズは、縦約4.5cm×横幅約6cmとコンパクト。

AirPod Proの充電ケース

 

厚みも僅か2cmしかありません。

AirPod Proの充電ケースのサイズ②

 

手の中にすっぽり収まるサイズ感です。

AirPod Proの充電ケースのサイズ③

 

AirPods Proを収納しても、重さは56g。

ポケットに入れて持ち歩いても良いくらいですね。

AirPods Proの充電ケースの重さ

 

ケース背面にはBluetooth接続ボタンが備わっています。

AirPods Pro充電ケースの背面
ちびめがね
ちびめがね
iPhoneなどのiOSデバイスでこのボタンを利用して接続することは殆どありませんよ!

 

ケース底面には、充電用のLightningコネクタがあります。

AirPods Pro充電ケース底面

 

AirPods Proはケースの中に内向きに収納されています。

AirPods Proの収納
ちびめがね
ちびめがね
イヤホンを取り出して、向きを変えることなく装着出来るのでストレスフリー!

 

AirPods Pro自体も、相当コンパクトです。

AirPods Pro本体

 

AirPods Proの耐汗耐水性能は、IPX4。

防塵性能はありませんが、運動中の汗や多少の雨に対する耐水性があります

こちらの動画の冒頭でIPX4の試験風景を確認できるので、御覧ください。

 

ちびめがね
ちびめがね
耐水性の高さがお分かりいただけますよね!

 

AirPods Proの重さは、片方僅か5gと軽量です。

耳に装着していても、全く負担に感じません。

AirPods Proの重さ

 

耳の中に挿入するイヤーチップは、柔らかなシリコン製。

軸の部分には、L・Rの表示がなされています。

AirPods Proの軸に記載のL

 

また、イヤホンの軸には「感応センサー」が搭載されており、リモコン操作が可能です。

AirPods Proの感応センサー

 

実際に触感のあるスイッチにはなっていませんが、指で押し込むとイヤホンからカチッと音が鳴るので、実際に押しているかのような感覚になります。

感応センサーを押す回数によって、以下のリモコン操作が可能です。

1回押す 音楽の再生/停止
2回押す 次の曲へ進む
3回押す 前の曲へ戻る
長押し ・ノイズキャンセリングと外部音取り込みの切替
Siriの起動

 

感応センサーを1回押すと音楽を停止できますが、AirPods Proを耳から外すだけで自動的に音楽が止まります

このため、急に曲を止めたい状況になった場合には、片方のAirPods Proを耳から外してしまえばいいでしょう。

また、残念ながら、AirPods Proには音量を調節する機能がありません

そのため、音量を調節するには、以下の動作が必要になります。

  • iPhoneやiPad本体で調節する
  • Apple Watchで調節する
  • Hey Siriと話しかけて調節する
ちびめがね
ちびめがね
少し残念なポイントです・・・。

 

AirPods Proの付属品は以下のとおりです。

  • 取扱説明書
  • USB-Type C to Lightningケーブル
  • 交換用イヤーチップ
AirPods Proの付属品

 

充電用ケーブルは長さ105cmのUSB-Type C to Lightningケーブル

AirPods Proの充電ケーブル

 

USB-Type Cによる給電で高速充電が可能です。

AirPods PriはUSB-Type Cで高速充電可能

 

また、ワイヤレス充電Qiチーにも対応しているため、Qi対応充電器に置くだけで充電できちゃいます。

AirPods ProはQiに対応
ちびめがね
ちびめがね
これがめちゃくちゃ便利で重宝しています!

 

イヤーチップは、AirPods Proに元から装着されているMサイズを含めて、3つのサイズへ交換可能です。

AirPods Proの交換用イヤーチップ

 

AirPods Pro本体からイヤーチップを外す時は、そこそこ力が必要です。

AirPods Proのイヤーチップ交換①

ちびめがね
ちびめがね
少し怖いですが、勢い良くプチっと外します!

 

イヤホンの突起にイヤーチップをはめ込むので、外れにくい構造をしています。

AirPods Proのイヤーチップ交換②
ちびめがね
ちびめがね
さすがApple製品。どこを見ても美しいデザインです!

AirPods Proの使用感レビュー

ここからは実際にAirPods Pro使って感じた点をレビューしていきます。

ちびめがね
ちびめがね
このイヤホンは本当に凄いです!

iPhoneとのペアリングが超簡単

AirPods ProはBluetooth接続する左右独立型の完全ワイヤレスイヤホンです。

使用するには、iPhoneやiPadと接続(ペアリング)する必要があります。

娘
なんだか難しそう・・・。
ちびめがね
ちびめがね
とんでもない!めちゃくちゃ簡単だよ!

 

AirPods Proを接続するiPhoneの近くに持っていき、充電ケースの蓋を開けます。

すると、iPhoneがAirPods Proを自動的に検知して、接続を促す通知を表示します。

AirPodsのペアリング①

 

表示された通知の「接続」をタップするだけで、ペアリングは完了です!

AirPodsのペアリング②

 

ペアリングが必要なのは最初の1回だけ。

2回目以降は、iPhoneのそばで充電ケースの蓋を開閉するだけで、自動的に接続してくれます。

2回目以降のiPhoneとAirPods Proの接続
ちびめがね
ちびめがね
ここまで迷いがないペアリング方法は滅多にありません。直感的に接続できます!

 

AirPods ProのBluetoothのバージョンは5.0。

このため、Bluetooth5.0が搭載されているiPhone 8以降のモデルであれば、途切れることも少なく利用できるでしょう。

ちなみに僕はAirPods ProをiPhone 8に接続して利用しています。

1週間ほど使っていて、1秒くらい音が途切れてしまったことが1回だけありました。

Bluetooth接続のワイヤレスイヤホンは、人混みなどで途切れがちですが、AirPods Proは比較的安定しています。

ちびめがね
ちびめがね
音ズレも全く感じませんよ!

アクティブノイズキャンセリング

AirPods Proの最大の特長はノイズキャンセリング機能です。

AirPods Proに備えられている、外向きと内向き2つのマイクが、不要な音を検知して取り除きます。

AirPods Proの外向きマイク
AirPods Proの内向きマイク

 

アンチノイズ機能は1秒間に200回調整され、ほぼリアルタイムでのノイズキャンセリングが可能です。

ちびめがね
ちびめがね
アクティブノイズキャンセリングと呼ばれていますよ!

 

ノイズキャンセリング機能は、AirPods Pro本体の軸にある感応センサーを長押しすることで使えるのはもちろん、iPhoneのコントロールセンターからでも操作可能です。

コントロールセンターからノイズキャンセリング機能を使う
コントロールセンターからノイズキャンセリング機能を使②

 

また、Apple Watchを使っている人なら、AirPlayアイコンをタップして使用することも可能です。

Apple Watchからノイズキャンセリング機能を使う

 

僕が初めてノイズキャンセリング機能を使ったのは、寝室でした。

もともと物音等はしないので、大きな変化はないだろうを思っていましたが大間違い!

AirPods Proのノイズキャンセリング機能をオンにした瞬間に、無音の世界に包まれました

道路を走る車の音、キッチンの換気扇が回る音。

このような雑音を無意識で聞いていたようです。

ちびめがね
ちびめがね
これは本当にびっくりしますよ!

 

あなたがAirPods Proを購入したり、お店で試したりする時は、まず音楽を再生せずにノイズキャンセリング機能をオンにしてみてください。

きっと、僕と同じように驚き、感動すると思います!

 

アクティブノイズキャンセリングは、もちろん音楽再生にも最適です。

周囲の雑音が殆どなく、大好きな音楽だけが聴こえる状態は、自分だけのライブが開催されているようなもの。

ちびめがね
ちびめがね
Apple公式サイトでは「没入感」と表現されていますね!

 

電車の中で使用するのもおすすめです。

ただ、車内アナウンスが聞こえづらくなってしまうので、乗り過ごしに注意です!

ちびめがね
ちびめがね
ノイズキャンセリング機能が、AirPods Proの価値を高めていると思います!

外部音取り込みモード

AirPods Proのアクティブノイズキャンセリングは、本当に優れた機能です。

ただ、外の音が聞こえた方が良いシチュエーションもありますよね?

  • 電車の車内アナウンスを聞き逃したくない
  • 屋外でランニングをする
  • 女性の夜道の一人歩き
  • レジで店員さんとやりとりをする

 

そういう場合に効果を発揮するのが、「外部音取り込みモード」です!

 

外部音取り込みモードを有効にするには、ノイズキャンセリング機能と同様に、AirPods Proの軸にある感応センサーを長押しするだけです。

AirPods Proの外向きマイクが周囲の音を拾ってくれるので、閉塞感の強いカナル型にも関わらず、外部音がはっきり聴こえるようになります

ちびめがね
ちびめがね
ウォーキングが日課の僕にとって、外部音取り込みモードは神機能です。自転車や自動車の音が聞こえ、察知することができますからね。

 

外部音取り込みモードは、周囲の音が聞こえにくいカナル型の閉塞感を軽減し、使い心地を開放的にしてくれますよ。

装着感

これまでのAirPodsは、白い軸の部分が耳から垂れ下がっているように見えるため、「耳からうどん」などと揶揄やゆされていました。

AirPods Proでは、軸の長さが短くなり、湾曲しています。

AirPods Proの装着①
AirPods Proの装着②
ちびめがね
ちびめがね
うどん感が減ったような気がします!

 

耳の中に直接イヤホンを挿入するカナル型なので、まず耳から落ちることはありません。

僕にとっては、これがAirPods Proを使う最大のメリットです。

イヤホン本体も軽く、耳に大きな負担がかかる感じもしません。

また、外向きマイクが通気口の役割を兼ねているためか、カナル型特有の鼓膜への圧迫感も少なく感じます

 

僕はAirPodsのようなインイヤータイプのイヤホンが耳の形状的に使えません。

このため、カナル型のイヤホンばかり使ってきました。

AirPods Proはこれまでに使ってきた、どのカナル型のイヤホンよりも快適だと感じています。

 

ノイズキャンセリングと外部音取り込みモードは、適正な密閉性がある状態でのみ機能します。

そのため、AirPods Proは「イヤーチップ装着状態テスト」が可能です。

イヤーチップ装着テスト①

 

わざとAirPods Proを中途半端な状態にしてテストをした結果、このように表示されました。

イヤーチップ装着テスト②
ちびめがね
ちびめがね
テストの結果、このように表示された場合は、イヤーチップのサイズを変更すると、適切な密閉性を保つことができますよ。

音質

AirPods Proは、癖のない音質に仕上がっています。

別の言い方をすれば、普通です。

ちびめがね
ちびめがね
悪くはないけど、めちゃくちゃ良い!ってほどでもない感じ・・・。

 

重低音がそれほど響かず、迫力に欠ける印象です。

その分、中高音域は比較的クリアに聞こえ、特にボーカルの音が際立って感じました。

3万円も払ってこの音質?と疑問に思ってしまう人もいるかもしれません。

高音質を求めるのであれば、別のワイヤレスイヤホンを購入した方がいいでしょう。

 

ただ、AirPods Proはじっくり腰を据えて音楽鑑賞するためのイヤホンではありません。

さっと取り出して、いつでも手軽に音楽を楽しむためのものです。

決して高音質ではありませんが、日常使いに最適なワイヤレスイヤホンと言えるでしょう!

Siriがより身近に

AirPods Proは軸の感応センサーを長押しすることで、音声アシスタント「Siri」を起動できます。

しかも、それだけではなく、「Hey Siri」と話しかけるだけでSiriを呼び出すことが可能です!

AirPods Proには、Apple独自のサウンドチップ「H1」が搭載されています。

そのため、Siriに話しかけて様々なことができるようになりました。

僕が実際に試したのは以下の内容です。

  • 今何時?
  • 明日の天気は?
  • ELLEGARDENの曲かけて
  • 自宅まであと何分?
ちびめがね
ちびめがね
どの質問にも、ちゃんと答えてくれましたよ!

 

また、iOS13.2では、「着信メッセージ読み上げ」機能が搭載されました。

2019年11月現在、標準「メッセージ」アプリにしか対応していません。

しかし、今後サードパーティー製のアプリでも、利用できるようになるそうです。

ちびめがね
ちびめがね
LINEのメッセージを読み上げてくれたら便利だと思いませんか?

 

これだけ便利な機能が備わっていれば、街中で「Hey Siri」って言っても恥ずかしくないなと思いました。

これまでSiriとあまり話してきませんでしたが、AirPods Proのおかげで、親密になれそうな気がします。

AirPods Proの注意点

AirPods Proは最高のワイヤレスイヤホンです。

しかし、いくつか注意点も感じたので紹介いたします。

充電器が付属していない

AirPods Proはワイヤレス充電Qiに対応しています。

しかし、Qi対応の充電器は誰もが持っているような一般的なものではありません。

そうなると、ケーブルを利用して充電することになります。

AirPods Proには、充電用のUSB Type-C to Lightningケーブルが付属されています。

AirPods Proの充電ケーブルはUSB Type-C①

 

しかし、充電器は付いていません。

このため、USB Type-Cに対応した充電器を持っていなければ付属のケーブルが使えないことになります。

例えば、僕の使っているiPhone 8に付属の充電器は、USB Type-A対応です。

AirPods Proの充電ケーブルはUSB Type-C

これだと、AirPodsに付属のケーブルを利用できません。

 

AirPods Proに付属の充電ケーブルを利用するためには、USB Type-C対応の充電器を別途購入する必要があります。

 

でも、ご安心ください。

そもそもAirPods Proはワイヤレスイヤホンです。

充電のためにそこまで強力な電力を必要とするはずがありません。

iPhone 8に付属のUSB Type-A to Lightningケーブルを使ってみたところ、ちゃんと充電できました。

AirPods ProはUSB Type-Aでも充電できる

 

現在iPhoneやiPadがお手元にあるのであれば、AirPods Proが充電できない事態には陥らないでしょう。

ちびめがね
ちびめがね
もちろんUSB Type-Cであれば急速充電が可能ですよ!

連続再生時間はやや短い

Appleが公開している仕様によると、AirPods Proの連続再生時間は以下のとおりです。

AirPods Pro 1回の充電で4.5時間連続再生
1回の充電で3.5時間連続通話
AirPods Proの充電ケース 1回の充電で24時間連続再生
1回の充電で18時間連続通話

 

充電ケースがフル充電の状態で、3日間使ってみたところ、70%程度バッテリーを消費しました。

AirPods Proを3日間使った状態のバッテリー残量
ちびめがね
ちびめがね
AirPods Proを1日2~3時間使用するのであれば、充電ケースは5日間くらいもちそうです。

 

現在発売されている完全ワイヤレスイヤホンには、AirPods Proよりも長時間使えるバッテリー性能のものも多くあります。

長時間の音楽再生や、連続通話をすることが多い人は注意が必要です。

カナルタイプ特有の閉塞感は0ではない

AirPods Proはこれまでに使ったどのカナル型イヤホンよりも快適でした。

  • 外向きマイクが通気口代わりになる
  • 外部音取り込みモードがある

これらの機能が、カナル型特有の閉塞感や鼓膜への圧迫感を軽減してくれます。

しかし、閉塞感や圧迫感が0になるわけではありません

そのため、極度にカナル型イヤホンが嫌いな人には不向きです。

ちびめがね
ちびめがね
自分に合うか心配な場合は、お店で試着することをおすすめします!

AirPods Proの評判・口コミ

AirPods Proのネットでの評判や口コミを見ていきましょう。

 

以上、Twitterで見かけた評判と口コミをまとめてみました。

皆さんアクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードの性能に驚いていますね。

音質は悪くないけど、普通と感じている人が多いようです。

まとめ:AirPods Proなら耳から落ちません!

AirPods Proを詳しくレビューいたしました。

アクティブノイズキャンセリングの圧倒的な音楽への没入感は、一度は体験してほしい素晴らしい機能です。

また、外部音取り込みモードがあることにより、カナル型イヤホンの閉塞感を軽減し、快適に使うことができます。

音質やバッテリー性能はそこまで高いものではありませんが、iPhoneを利用している人にとっては、これ以上に親和性の高いワイヤレスイヤホンはないでしょう。

そして、何より僕にとっては、耳から落ちないAirPodsであることが、最大のメリットです。

僕と同じように、インイヤータイプのイヤホンが耳に合わない人は、是非お試しください!

高価なワイヤレスイヤホンですが、あなたに与える価値は必ずそれ以上のものになります。

 

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。もしAirPodsが耳に合わなくて悲しい思いをしている人がいたら、この記事をシェアして教えてあげてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA