スマートウォッチ

【OnePlus Watchレビュー】メリット・デメリットを解説!海外メディアで低評価なスマートウォッチの実力は?

OnePlus Watchを購入しました。

OnePlus Watch

 

スマホが人気のOnePlusが発売した初のスマートウォッチ。

2015年に一度発売の噂があったそうですが立ち消えになり、2021年4月に満を持して登場。

OnePlusファンにとっては待望のガジェットと言えます。

 

発売から既に2ヶ月以上経過しており、海外メディアでも数多くのレビュー記事があがっていますが、まぁなんというか、評価は結構ボロクソです・・・。

例えば大手メディアの「GIZMODE」が公開したこちらの記事

>>「This Is the Worst Smartwatch I’ve Ever Used」

「これは私が今まで使った中で最悪のスマートウォッチ」

こんなタイトルを付けちゃうくらい最悪なスマートウォッチなら、逆にどのくらいダメなのか気になっちゃいませんか?だって天下のOnePlusのプロダクトなんだから。

というわけで、本記事ではOnePlus Watchを実際に使ってみた様子をレビューしていきます。

Aliexpress>>OnePlus Watch

OnePlus Watchは「技術基準適合証明」(いわゆる「技適」)を取得していません

私は本記事を作成するにあたり、総務省に試験利用の届け出を行ったうえで使用しています。

総務省>>技適未取得機器を用いた実験等の特例制度

OnePlus Watchのメリット・デメリットと評価

OnePlus Watch実機レビュー

メリット・デメリット

メリットデメリット
優れたデザイン
快適な操作性
IP68防水性能
でかい
心拍計測がイマイチ
iOS非対応
日本語非対応

評価

(3点/5点満点)

さすがはOnePlusが作ったスマートウォッチ。

洗練されたデザインは、これまで使ってきたスマートウォッチ・スマートバンドの中で最も気に入ってます。純粋にオシャレでかっこいいです。

また、サクサク軽快な操作性もグッドで非常に使いやすかった。

ただ、機能に目を向けてみると超平凡・・・。

おまけにiPhoneでは使えず、日本語にも非対応です。

心拍計測の精度もちょっと怪しい感じがしました。

スマホと連携して電話ができたり、音楽を保存してスマホがなくても音楽が聴けたり、良い感じの機能もあるものの、もっとOnePlusらしい目新しさも欲しかったところ。

$159かー!だったら他のスマートウォッチでいいや!そんな風に思ってしまいます。

あえてOnePlus Watchを選ぶ理由が見つからない、それが僕の評価です。

ちびめがね
ちびめがね
デザインは本当にかっこいいんですけどねぇ・・・。
Aliexpress>>OnePlus Watch

OnePlus Watchのデザインと付属品

OnePlus Watchの外箱外箱が既にでかい

 

OnePlus Watchのグローバル版は黒1色のみの展開。

中国版であれば、黒と白に加えて限定色の金とサイバーパンク2077バージョンがあるようです。

OnePlus Watchのカラー

 

僕が購入したのはグローバル版なので黒。

オンでもオフでも使えそうなデザインでかなりカッコイイです。

OnePlus Watchのデザイン

 

ウォッチフェイスは46mmのワンサイズ。

OnePlus Watchのデザイン

 

僕の腕でも相当大きく感じるので、女性やお子さんではアンバランスになりそう。

屈強な男性が付けていればベストなサイズかもしれませんが・・・。

せめて2サイズ展開にして欲しかったですよね。いや、でかすぎるわ!どう考えても。

OnePlus Watchのデザイン

 

バンドを含めた全体の重さは75gとまずまず。

スマートバンドよりは重たいですが、手首に負担がかかるような重さではありません。

装着してワークアウトしても問題ないでしょう。

OnePlus Watchのデザイン

 

ウォッチケースは錆びにくいステンレス製。

1つ1つ手作業で何度も磨かれているようで、滑らかで美しく光ります。

 

このデザインに関しては何も文句がありません。

エレガントな高級腕時計のような佇まいです。

OnePlus Watchのデザイン

 

右側面には2つの物理ボタンが搭載されています。

OnePlus Watchのデザイン

 

OnePlusの刻印がなされた上のボタンを押すとメニューが表示されます。

OnePlus Watchのデザイン
OnePlus Watchのデザイン

 

下のボタンはショートカットボタンで、好みの機能を簡単に呼び出すことが可能です。

OnePlus Watchのデザイン

 

僕はワークアウトを割り当てています。

OnePlus Watchのデザイン

 

ウォッチフェイス背面はマットなプラスチック製で、心拍等の計測センサーと充電用の端子が搭載されています。

OnePlus Watchのデザイン

 

バンドはシリコン製で横幅約2.2cm。

曲線の模様が施されていて、なかなかカッコイイ仕上がりになっております。

OnePlus Watchのデザイン

 

バンドの留め具を穴にハメ込み、ループに通して装着。

OnePlus Watchのデザイン

 

しっかり留まってくれるので激しく動いても外れてしまうことはありません。

 

本体が大きいのと同様にバンドも長め。

これ以上大きかったら手首から肘に向かってスルッと動いてしまったかもしれません。

やっぱり女性やお子さんが装着するのは厳しいですね・・・。

OnePlus Watchのデザイン

 

バンドはクイックレバーで取り外しできるので、好みのバンドに交換しても良いでしょう。

ウォッチフェイスに高級感があるので、ステンレス製やレザー製のバンドとの相性も良さそうです。

OnePlus Watchのデザイン
ちびめがね
ちびめがね
レザー製のバンドを使ってみたい!

 

OnePlus Watchの付属品はマニュアルと充電ケーブルのみ。

充電器は付属していないのでご注意ください。

OnePlus Watchの付属品

 

充電ケーブルはUSB Type-Aのもの。

他のケーブルで代用できないので無くさないように注意しましょう。

OnePlus Watchの付属品

 

スマートウォッチの充電ケーブルは外れやすいものが多いのですが、OnePlus Watchはマグネットがかなり強力なので心配ありません。

OnePlus Watchの付属品
Aliexpress>>OnePlus Watch

OnePlus Watchを実機レビュー

ここからはOnePlus Watchを実際に使ってみた様子をレビューしていきます。

iOSでは使えません

まずは大前提ですが、OnePlus WatchはiPhoneと接続して使うことはできません。

スマホとのペアリングが必須なので、iPhoneユーザーは箱から取り出して電源をONにした瞬間に詰みます。

AppStoreにコンパニオンアプリである「OnePlus Health」の提供がありませんからね。

OnePlus Health

OnePlus Health

OnePlus Ltd.無料posted withアプリーチ

 

OnePlus Watchの電源を入れても、まずはペアリングしてくださいとアナウンスが出るので、この段階でどうすることもできなくなってしまいます。

OnePlus Watchのペアリング

本体・専用アプリどちらも日本語非対応

OnePlus Watchは本体もコンパニオンアプリも、日本語に対応していません。

言語の選択項目を確認しても日本語はなし。

OnePlus Watchは日本語非対応

 

そして、専用コンパニオンアプリ「OnePlus Health」も見事なまでに日本語非対応です。

OnePlus Watchは日本語非対応

 

せめてアプリだけでも日本語に対応してくれていれば良かったのですが、これは使うのが厳しいかも・・・。

ちなみに日本語対応していないMi Band 6なんかはアプリは完全日本語対応なので、難なく使えちゃうんですけどね。

【Mi Band 6レビュー】画面1.5倍でSpO2測定に対応!進化したXiaomiのスマートバンドXiaomiのMi Smart Band 6(Mi スマートバンド 6)をレビューしています。人気のXiaomi製スマートバンドの2021年最新モデル。ディスプレイが1.5倍大きくなり、SpO2計測ができるようになりました。正統進化したMi Band 6の性能を御覧ください。...

もちろんこれまでスマートウォッチやスマートバンドを使ったことがある人なら、感覚的に理解できるとは思いますが。

  • iOS非対応
  • 日本語非対応

購入前にこの点は前提として知っておいたほうが良い重要な部分です。

ペアリングは専用アプリで

OnePlus Watchとスマホとのペアリングは、専用アプリ「OnePlus Health」で行います。

OnePlus Watchの電源をいれたらペアリングするように表示されるので、スマホにOnePlus Healthアプリをインストールします。

インストール後、デバイスの追加(Add a device)をタップ。

あとはスマホに表示されたとおりに進めていけばペアリングは完了します。

英語に拒否反応さえなければ特に難しいことはありません。

 

ペアリング完了時にデバイスのアップデートがあるかもしれません。

OnePlus Watchはかなり未完成な部分が多いので頻繁にアップデートして欲しいのですが、今のところ2回だけのようです。

OnePlus Watchのペアリング

美しい有機ELディスプレイ

OnePlus Watchのディスプレイは1.39インチのAMOLED。

ベゼル(縁)も狭く作られているので表示領域がかなり広めです。

OnePlus watchのディスプレイ

 

ウォッチフェイスのデザインは専用アプリから変更可能。

OnePlus Watchのディスプレイ

 

様々なデザインが用意されているのですが、正直どれもパッとしない感じ。

デフォルトのデザインが一番かっこいいかもしれませんね。ごちゃごちゃしてないし。

 

デザインの中にはディスプレイをタッチすると変化するものなんかもあります。

OnePlus Watchのディスプレイ

 

画面解像度は327ppiとスマホ並。

ディスプレイの明るさは周辺に合わせて自動的に調整してくれます。

屋外で日光の下でもそれほど見にくいことはありません。

OnePlus Watchのディスプレイ

常時オンディスプレイ(AOD)対応

有機ELの特性を活かしたAODに対応しているので、スリープ時でもディスプレイに時刻や日付を表示し続けることが可能です。

InePlus WatchのAOD

 

AOD時のディスプレイのデザインも複数用意されていました。

InePlus WatchのAOD

 

ただし、AODはバッテリーの消耗が激しくなるので、長持ちさせたい場合にはAODをオフにしておいたほうが無難です。

ずっと表示させておく必要ってそんなにないですし、手首を返せば画面を点灯する機能もしっかり搭載されていますからね。

InePlus WatchのAOD

操作性は抜群でサクサク

OnePlus Watchの操作性は抜群です。

スマートバンドに比べてスマートウォッチっは動作性能が悪くなりがちなのですが、OnePlus Watchはいつでもサクサク動いてくれました。

Apple Watchを含めて様々なスマートウォッチを使ってきましたが、トップクラスに良かったです。

OnePlus Watxhの操作性
ちびめがね
ちびめがね
このストレスフリーはありがたいですねー!

 

上下スワイプで設定項目と通知の表示。

OnePlus Watxhの操作性

 

左スワイプでショートカットメニューが表示できます。

OnePlus Watxhの操作性

 

ショートカットメニューは自分の好みの機能を配置させることが可能です。

OnePlus Watchの操作性

 

機能についてはApple Watchのようにサードパーティー製のアプリを追加することはできないので、OnePlus Watchに搭載されているものが全てになります。

バッテリー性能は優秀

OnePlus Watchのバッテリー容量は402mAh。

公式サイトでの説明によれば、最低限の機能なら14日間連続使用可能とのこと。

そこで全ての機能(睡眠時のSpO2計測・AOD機能を含む)をONにしてどのくらいバッテリーがもつのか試してみたところ、3日以上は充電しないで使い続けることができました。

 

スマートバンド等に比べると短く感じるかもしれませんが、より高性能なスマートウォッチとしては十分長持ち。

Apple Watchなんて1日もつかもたないかぐらいでしたからね?

また、OnePlus Watchは充電速度も優秀。

20分の充電で20%から65%まで充電できて、フル充電までにかかった時間は40分程度。

OnePlus Watchのバッテリー性能

 

OnePlus Watchのバッテリー性能はかなり優秀だと思います。

できるだけ1回の充電で長期間使いたいのであれば、利用しない機能をOFFにしちゃうのがおすすめです。

睡眠・心拍・ストレスレベルを自動計測

OnePlus Watchを装着しているだけで、歩数・距離・消費カロリー・睡眠・心拍・ストレスレベルを自動計測してくれます。

OnePlus Watchの自動計測
ちびめがね
ちびめがね
フィットネストラッカー的な機能!

 

OnePlus Watchで記録を確認できるのはもちろん、コンパニオンアプリでもデータの確認が可能です。

OnePlus Watchの自動計測
OnePlus Watchの自動計測
ちびめがね
ちびめがね
全部英語ですけどね?

 

装着しているだけで勝手にデータが蓄積されていくのは本当に便利ですね。

SpO2は睡眠時のみ自動計測

OnePlus Watchはコロナ禍の現状で注目されている酸素飽和度(SpO2)の計測が可能です。

OnePlus WatchでSpO2計測

酸素飽和度(SpO2)とは、心臓から全身に運ばれる血 液(動脈血)の中を流れている赤血球に含まれる ヘモグロビンの何%に酸素が結合しているか、皮 膚を通して(経皮的に)調べた値です。

引用:パルスオキシメータとはどのようなものですか?(日本呼吸器学会)

 

任意で手動計測できるのはもちろん、睡眠時のみ自動計測してくれます。

OnePlus WatchでSpO2計測

 

もちろん医療用に作られたパルスオキシメーターではありませんので、呼吸器の疾患をお持ちの方が常用する用途としては利用できません。

ただ、毎日定期的に自動計測していれば体調の変化に気付きやすくなると思います。

110種類のワークアウトモード

OnePlus Watchには110種類のワークアウトモードが搭載されています。

発売当初は10種類くらいでしたが、2021年5月のシステムアップデートで一気に増えました。

OnePlus Watchのワークアウトモード

 

ランニングやウォーキングはもちろん、水泳や球技、ダーツに犬の散歩まで、自分がやっているスポーツで搭載されていないものはないでしょう。

僕が普段やっているのはウォーキングですが、使っていて不満に思うことはありません。

OnePlus Watchのワークアウトモード

 

OnePlus Watch自体にGPSが搭載されているので、スマホをわざわざ持ち歩かなくて良いのも嬉しいポイント。

GPSの精度も僕の生活圏ではおかしなことはありませんでした。

 

ウォーキングしている最中に立ち止まったら自動で計測を一時停止してくれたりもするので便利です。

OnePlus Watchのワークアウトモード

OnePlus HealthはGoogle Fitと連携できる

トレーニングの状況やヘルスケアをGoogle Fitで確認している人もいますよね。

Google Fitを使えば、様々なヘルスケアデータを1つに集約できるので重宝します。

OnePlus HealthはGoogle Fitとの連携が可能です。

Setting内の「Data sharing」からGoogle Fitを選択すればOK。

OnePlus HealthとGoogle Fit

これでパーソナルデータが一元管理できるようになります。

スマホの通知は日本語表示OK

OnePlus Watchはスマホの通知を表示させることが可能です。

本体やアプリは日本語非対応ですが、表示する分には問題ありません。

OnePlus Watchのスマホ通知

 

ただスマホの通知を表示するだけで、返信等の操作はできません。

また、アプリとの相性があるのか、結構な確率でLINEの通知だけ取りこぼしていました。

ちびめがね
ちびめがね
LINEは頻繁に使うから通知してくれないと困るなぁ・・・。

 

搭載されているスピーカーで通知音も流させるようですが、僕はいつもミュートモードで。

仕事中にピコーンとかなっても迷惑ですからね。

ただし、バイブレーションが超上品なので気付かないことがたまにありました。

OnePlus Watchのミュートモード
ちびめがね
ちびめがね
そこは上品さいらないから力強く震えてくれよ!

スマホと連携して通話ができる

OnePlus Watchにはスピーカーとマイクが搭載されているので、OnePlus Healthアプリから連絡先を追加すれば、スマホを使わずとも音声通話可能です。

もちろんOnePlus Watch自体にデータ通信機能があるわけではないので、あくまもスマホでかけている電話をリモコンのように扱っているような状態。

 

実際に使ってみたところ、相手の声は普通に聞こえますが、マイクの精度が微妙なようでOnePlus Watchに口を近づけなければうまく会話できませんでした。

誰が使うんだこの機能?と思いましたが、重宝するシチュエーションもあるのかもしれませんね。

ちびめがね
ちびめがね
寝起きとかかな?

音楽再生アプリを操作&保存した音楽を聴ける

OnePlus Watchはスマホで再生中の音楽をリモコン操作できます。

曲送り・戻しはもちろん、音量の調整もできるのが便利です。

いちいちスマホを取り出さなくても操作できるのは良いですよね。

OnePlus Watchで音楽を操作

 

これだけならスマートバンドでもできる機能ですが、OnePlus Watchは4GBのストレージに音楽データを保存して、スマホがなくても音楽を聴くことが可能です。

OnePlus Watchで音楽を聴く

 

OnePlus Watchに保存した音楽を聴くには、Bluetoothイヤホンとの接続が必須で、スピーカーからは音楽再生できません。

OnePlus Watchで音楽を聴く

 

だったらスマホで良くね?って思うかもしれませんが、これはワークアウトの時に非常に便利で、OnePlus Watchがあればスマホを携帯しなくても運動しながら音楽が聴けます。

SpotifyとかAmazon Musicの曲を聴くことはできないのは難点で、スマホに保存できるデータがある楽曲に限られますが、あれば便利かなーとは思います。

天気情報は全然ダメ

OnePlus Watchはスマホと連動して天気情報を表示させることが可能です。

ただこの機能は全く使いものにならず、全然情報を更新してくれません。

OnePlus Watchで天気情報

 

極稀に表示してくれることもあるのですが、そんな運試しのような機能は必要ありません。

OnePlus Watchには天気情報を表示する機能はないと思ってください。

防水性能は5ATM & IP68

OnePlus Watchの防水性能は5ATM、IP68防塵防水の2段構え。

あらゆるシチュエーションで水から守ってくれます。

スポーツモードにもある通りスイミング中でも利用可能。

日本時計協会による5ATMの解説でも以下のように記載されているので、水泳での利用は問題なさそうです。

水に触れる機会の多い水仕事(漁業・農業・洗車・食堂など)や水上スポーツ(水泳・ヨット・つりなど)をされる方にお使いいただけます。
素潜り(スキンダイビング)及び飽和潜水用や空気潜水用に使用しないで下さい。
5bar以上の防水時計でも水圧の激しいシャワーや水道水が直接時計に当たらないようご注意下さい。

引用:防水時計の種類と取扱い上の注意点を教えて

 

試しに水の中に入れて壊れないか検証してみましたが全く問題ありませんでした。

OnePlus Watchの防水性能

 

なお、お風呂やシャワー中の利用は避けましょう

お湯や蒸気は、特に故障しやすい原因になるのでくれぐれもご注意ください。

防「水」ですからね?防「水」。

Aliexpress>>OnePlus Watch

OnePlus WatchとMi Band 6で計測機能を比較

海外メディアのレビューで特にイマイチと言われていたのが、計測機能の精度でした。

そこで、僕が普段使っているMi Band 6と同時に使って、計測結果の誤差がどのくらいあるのか実際に検証してみました。

計測結果は、使っているデバイスによって誤差が出るのは当然です。

もはやこれは、自分が使っているデバイスの結果を信用するしかないと思っています。

 

検証の結果、睡眠・ワークアウトは誤差が僅かで、僕の中では許容範囲でした。

こちらが同日の睡眠計測の結果。

OnePlus WatchとMi Band 6の比較OnePlus Watch
OnePlus WatchとMi Band 6の比較Mi Band 6

 

そしてこれがワークアウトの計測結果です。

OnePlus WatchとMi Band 6の比較OnePlus Watch
OnePlus WatchとMi Band 6の比較Mi Band 6

 

多少の違いはあるものの、これくらいならデバイスによる違いとしてあり得ます。

ただ、心拍計測だけは不正確かもしれません。

ワークアウト中に心拍数があがるようにダッシュをしてみたのですが、OnePlus Watchではその様子が計測されませんでした。

Mi Band 6の計測データでは心拍数が一気に上昇していることが分かります。

OnePlus WatchとMi Band 6の比較

 

ところがOnePlus Watchではほぼ平坦で、なんなら同じ時間帯の心拍数は少し下降しているようにも見えます。

OnePlus WatchとMi Band 6の比較
ちびめがね
ちびめがね
平均的に心拍数は高めに計測されていますね?

 

おそらく2回のアップデートで不具合の修正があり、海外メディアが伝えているような全く使い物にならない状態ではなくなっていました。

それでも心拍数計測だけはちょっと信頼できないかなーとは思います。

Aliexpress>>OnePlus Watch

OnePlus Watchが2021年7月のアップデートで使いやすくなりました

OnePlus Watchは発売以降ほぼ毎月システムアップデートがあります。

2021年7月のシステムアップデートを適用してみたところ、以下の2点が改善されて使いやすくなっていたので紹介いたします。

  1. 天気情報が更新されるようになった
  2. 心拍計測の数値が安定した

なお、本記事で紹介しているバージョンは「W301GB_11_B.62」になります。

2021年7月OnePlus Watchアップデート

 

OnePlus Health内で表示された更新情報は以下のとおりです。

2021年7月OnePlus Watchアップデート

 

デザインの最適化、ワークアウト時のGPS調整等が変更内容のようです。

直接僕が実感して改善された項目は含まれておりませんが、見えない部分で修正が入っているものと思われます。

天気情報が更新されるようになった

購入当初は天気情報が全く更新されず使い物にならないなーと思っていたのですが、現在はほぼリアルタイムで更新されるようになっています。

2021年7月OnePlus Watchアップデート

 

ショートカットでの天気表示や、文字盤での表示内容にも問題ありません。

2021年7月OnePlus Watchアップデート

 

個人的にスマートウォッチ・スマートバンドを使うなら、天気情報はパッと見て分かる部分に表示しておきたいと思っているので、かなり嬉しい修正ポイントとなりました。

日本で使うからダメなのかなって諦めていましたからね・・・。

心拍計測の数値が安定した

Mi Band 6との比較でOnePlus Watchの心拍計測は不正確に感じていましたが、2021年7月のアップデート以降は改善されているようです。

時々ピコっと高めになってしまうことがあるものの。平均的に高めに表示されていた心拍数の数値が落ち着くようになりました。

心拍計測の数値が安定した

 

意図的に心拍数を上げた時にも、しっかり数値に反映されていました。

心拍計測の数値が安定した

 

それでもちょっと高めかなーと思うこともあるので完璧ではないかもしれませんが、これくらいの誤差であれば僕なら全然使えちゃいます。

2021年7月のシステムアップデートでは、OnePlus Watchのイマイチなポイントが改善されていました。

元々デザインはめちゃくちゃ気に入っていたので、これならメインでも十分使えるなーと思える程に。

今ならおすすめできるスマートウォッチの1つと言えますので、気になっている方は是非使ってみてください。

2021年7月23日現在の価格は、Aliexpress内の公式ストアで$147.99(約16,000円)となっております。

Aliexpress>>OnePlus Watch

OnePlus Watchのスペック

サイズ46.4 × 46.4 × 10.9mm
重さ45g(バンドを除く)
76g(バンドを含む)
ディスプレイ1.39インチ
AMOLED(有機EL)
画素密度:282ppi
バッテリー容量402mAh
ストレージ容量4GB
センサー加速度センサー
ジャイロセンサー
地磁気センサー
光学式心拍センサー
環境光センサー
気圧センサー
静電容量センサー
NFC非搭載
対応OSAndroid 6.0以上
iOS 非対応
防水5ATM / IP68
Bluetoothver.5.0 BLE/BR/EDR
スピーカー搭載
マイク搭載

スマートウォッチに必要な自動計測機能はもちろん、方位磁針や気圧計の機能も搭載されています。

Aliexpress>>OnePlus Watch

OnePlus Watch実機レビューまとめ

 

OnePlus Watchを実機レビューしました。

エレガントで美しいデザインが特長のスマートウオッチ。

操作性も優秀で、動きはサクサクでストレスを感じることがありません。

ただ、搭載されている機能は他社製のスマートウオッチ・スマートバンドと変わらず、計測機能の精度については疑問が残る感じです。

$159という価格を考えると、OnePlus Watchを購入する決め手が見つからない状態。

デザインや操作性の高さが、機能面より重要だと考えている人なら良いかもしれませんが、この値段を出せるのであれば他のスマートウォッチも検討したいところです。

Aliexpress>>OnePlus Watch

 

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!
【Mi Band 6レビュー】画面1.5倍でSpO2測定に対応!進化したXiaomiのスマートバンドXiaomiのMi Smart Band 6(Mi スマートバンド 6)をレビューしています。人気のXiaomi製スマートバンドの2021年最新モデル。ディスプレイが1.5倍大きくなり、SpO2計測ができるようになりました。正統進化したMi Band 6の性能を御覧ください。...
【HUAWEI Band 6レビュー】24時間SpO2計測可能でバッテリー長持ちなスマートバンドHUAWEI Band 6をレビューしています。スマートバンドっぽくない時計ライクなデザインと24時間SpO2計測ができるいのが特長。iPhoneでは使えない機能も。1万円以下で購入できるおすすめのスマートバンドです。...
【HUAWEI Watch FITレビュー】デザイン・機能・バッテリー全て揃ったスマートウォッチ!HUAWEI(ファーウェイ)のスマートウォッチ「HUAWEI Watch FIT」をレビューしています。デザイン・性能・バッテリー、どれも優秀です。必要な機能は全て揃っているのでおすすめできるスマートウォッチです。...
楽天モバイルにしたいけどエリアじゃない・・・。
月額基本料3ヶ月無料が羨ましい・・・。

 

そんなあなたに朗報です!

 

安心のドコモ回線エリアに対応した格安SIM、y.u mobileにしてみませんか?

音声通話/5GBとプランは標準的ですが、2021年8月31日までの申込みで現金13,000円キャッシュバックキャンペーン中!

2021年8月y.u mobileコラボキャンペーン

 

月額基本料金は1,639円(税込み)なので、1,639円×7ヶ月=11,473円。

つまり!

キャッシュバックがあれば、月額基本料が実質7ヶ月無料になっちゃいます。

高速データ通信できるのは月5GBまでなので、データ使い放題ってわけにはいきませんが、外で動画を見ないのであれば十分。

しかもドコモ回線だから使えるエリアも広くて安心です。

 

現金13,000円キャッシュバックは、当サイト特設ページからの申込み限定のキャンペーン。

公式サイトからの申込みだと10,000円キャッシュバックなので3,000円もお得

月額基本料が高い大手キャリアから、格安SIMに乗り換えてみませんか?

 

y.u mobileについての詳しい解説は、こちらの記事をご覧ください。

y.umobileレビュー!
y.u mobile(ワイユーモバイル)レビュー!メリット・デメリット情報まとめ格安SIMのy.u mobile(ワイユーモバイル)を実際に使ってレビューしています。料金や通信速度、メリットデメリットをまとめて紹介いたします。当サイト限定キャッシュバックキャンペーンも開催中です!...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA