ガジェット

【Innergie C6レビュー】60W出力可能なコンパクトUSB-C充電器!使ってわかったメリット・デメリット・評価

本記事はアフィリエイト広告を利用しています

評価:(4.0点/5点満点)

お世話になります。ガジェットブロガーのちびめがね(@chibimeganecom)です。

Innergie C6をご提供いただきました。

Innergie C6

USB Type-Cポートを1口搭載した充電器です。

外出中にノートパソコンなどで作業する人にとって、充電器はコンパクトに越したことはありません。

重たい電源アダプターを毎日持ち歩くのは面倒で仕方ないですからね・・・。

そこでおすすめなのが本記事で紹介するInnergie C6。

持ち歩きに便利なコンパクトサイズながらも最大60W出力が可能です。

Innergie C6

スマホやタブレットはもちろんノートパソコンへの給電もできちゃう高出力モデル。

自宅ではもちろん職場や外出先でも活躍してくれるパワフルなUSB充電器です。

本記事でInnergie C6を実際に使ってみた様子をレビューするので購入の参考にしてください。

メリットデメリット
・コンパクト&軽量
・ハイパワー60W出力
・デバイスに適した出力調整
・折りたたみプラグ

・壁から飛び出る
・高出力時のコイル鳴き
・少々お高め

Innergie C6のデザイン・サイズ感をレビュー

Innergie C6のデザイン・サイズ感2023年からパッケージにプラスチック素材不使用

Innergie C6はデルタ電子が手掛けるInnergie(イナジー)製のUSB Type-C充電器です。

デルタ電子は台湾に本社を置く設立から50年以上の歴史を持つ老舗電源メーカー。

1991年には日本法人も設立しており、電子部品などの様々な分野で数多くの実績を積み上げ業界を牽引しています。

公式サイト>>Innergie

公式サイト>>デルタ電子株式会社

まずはInnergie C6のデザイン・サイズ感をチェックしていきましょう。

デザイン

Innergie C6にカラーバリエーションはなく白のみ。

光沢のあるデザインですがカラーリングのおかげで指紋や皮脂汚れは目立ちません。

Innergie C6のデザイン

清潔感があってオシャレな雰囲気。パッと見Apple製品かな?なんて思ってしまうかも笑

そのせいかiPhoneとのコンビネーションもバッチリです。

Innergie C6のデザイン

本体正面にUSB Type-Cポートが1つ搭載されております。

Innergie C6のデザイン

本体上部にはブランド名である「Innergie」の刻印。

Innergie C6のデザイン

本体下部には性能表示・各種認証がプリントされており、菱形のPSEマークも確認できました。

Innergie C6のデザイン

コンセントプラグを収納できるタイプなので、持ち運ぶ機会が多い人はカバンの中で他のデバイスに傷を付けることがなく重宝するでしょう。

Innergie C6のデザイン Innergie C6のデザイン

プラグを引き出すのに少々力が必要なので慣れるまでは力加減が難しいかも。

凹んでいる部分に指を入れて摘んでやると取り出しやすいです。

Innergie C6のデザイン

サイズ感

Innergie C6のサイズは30.4✕30.4✕60mm。

縦長スタイルですが手のひらに収まるコンパクトサイズ。

Innergie C6のサイズ感

重さは83gと軽量なので持ち歩きに重宝します。

Innergie C6の重さ

僕の推しメーカーAUKEY製の61W出力可能なUSB充電器PA-B2Sと比べるとこんな感じ。

Innergie C6とPA-B2Sの比較 Innergie C6とPA-B2Sの比較

形状が違いすぎて単純比較はできませんが、どっちもコンパクト。

高さか奥行きか。コンセントの空き具合なんかで選んでも良いかもしれませんね。

Innergie C6とPA-B2Sの比較

奥行きが長めなInnergie C6は壁コンセントで使う時は注意が必要です。

こんな感じで壁から飛び出てしまいます。

Innergie C6のサイズ感

またバランスのせいか本体も下がり気味で、少し力が加わると抜けてしまうかもしれません。

USB Type-Cポートが上にくるように差し込めば少しマシになりますが。

Innergie C6のサイズ感

正面から見たサイズは小さいので他のコンセントに干渉することは少ないですが、使用場所にはご注意ください。

Innergie C6のサイズ感

付属品

Innergie C6の付属品はマニュアルのみ。

Innergie C6の付属品

ケーブルは付属していないのでUSB Type-C用のケーブルを持っていない場合には、自分で用意する必要があります。

Innergie C6を実機レビュー

Innergie C6を実機レビュー

ここからはInnergie C6を実際に使ってみた様子をレビューしていきます。

最大60W出力のハイパワー

Innergie C6は最大60W出力

Innergie C6最大の特徴は小型でも高出力であること。

最大60Wにも及ぶのでUSB Type-Cでの給電に対応していればノートパソコンにも使えます。

Innergie公式サイトに掲載されている情報によれば、MacBook Airや13インチMacBook Proにも使えるようです。

Apple: MacBook Air (M2, 2022), MacBook Air (M1, 2020), MacBook Air (Retina, 13‑inch, 2020), MacBook Air (Retina, 13-inch, 2018 – 2019), MacBook Pro (13-inch, M2, 2022), MacBook Pro (13-inch, M1, 2020), MacBook Pro (13-inch, 2020), MacBook Pro (13-inch, 2016 – 2019), MacBook Pro (14-inch, 2021). MacBook (Retina, 12-inch, Early 2015 – 2017)

引用:公式サイト

ハイパワーの秘密はGaN(窒化ガリウム)の採用

Innergie C6はGaN採用
  • 優れた熱伝導率・放熱性
  • 高温・高電圧での処理が得意
  • 熱・エネルギーが散逸しずらく無駄がない

一般的なシリコンより小さいサイズでも同じ強さの電力処理が可能です。

また、高出力充電器は使用中に高温になりますが、GaNは熱放散が小さいために、高温になりずらいというメリットもあります。

ただし、1点注意したいのがコイル鳴きです。

Innergie C6を使っていて出力50Wを超えるとジーっとコイル鳴きが発生していました。

 

それほど大きな音ではありませんが、静かな部屋だと気になるかもしれません。

デバイスに最適な電力供給が可能

Innergie C6の最適な電源供給

Innergie C6はただ高出力なだけではなく賢いところも特徴。

接続デバイスに最適な5種類の電源供給を行います。

  • 15W(5V/3A)
  • 27W(9V/3A)
  • 36W(12V/3A)
  • 45W(15V/3A)
  • 60W(20V/3A)

USBテスターで確認したところ、急速充電規格はUSB Type-C Power Delivery 3.0で、スペック通りのPDOが表示されておりました。

Innergie C6のPDO

ちなみにUSB−CポートからはPower Delivery以外の急速充電規格は検出されておりません。非常に信頼できる製品です。

Innergie C6の急速充電規格

実際に複数のデバイスを充電してみましたが、おかしな挙動は見受けられませんでした。

ワイヤレスイヤホンのような小型ガジェットへの給電もバッチリです。

Innergie C6は最大60W出力 Innergie C6の急速充電 Innergie C6の急速充電 Innergie C6の急速充電

もちろん安全面への配慮もバッチリ。

搭載された独自の「InnerShield」テクノロジーが5つの保護を約束します。

Innergie C6のInnerShield
  1. 過電流保護
  2. 過電圧保護
  3. 過熱保護
  4. 過負荷保護
  5. 短絡保護

例え高出力であってもデバイスを安全を保護。

Innergie C6の最適な電力供給は、接続デバイスに負担をかけず、効率よく短時間での充電が可能になります。

Innergie C6のスペック

Innergie C6のスペック
サイズ高さ 30.4mm(1.2インチ)
横幅 30.4mm(1.2インチ)
奥行き60mm(2.3インチ)
重さ85g(3オンス)
入力100-240V AC / 1.6A 50-60 Hz
出力5V DC/3A
9V DC/3A
12V DC/3A
15V DC/3A
20V DC/3A
急速充電規格PD3.0
Apple Mode

公式サイト>>製品仕様

まとめ:Innergie C6のメリット・デメリット・評価

Innergie C6

Innergie C6を実機レビューしました。

最後に本記事のおさらい。メリット・デメリット・評価を紹介いたします。

メリット・デメリット

メリットデメリット
・コンパクト&軽量
・ハイパワー60W出力
・デバイスに適した出力調整
・折りたたみプラグ

・壁から飛び出る
・高出力時のコイル鳴き
・少々お高め

評価

(4.0点/5点満点)

コンパクトながらも60W出力可能なハイパワーモデル。

Innergie C6を1台持っていれば、多くのデバイスの充電に使えるので家でも外でも活躍してくれます。

もちろん、さらに安く同程度のUSB充電器も購入できますが、長い歴史を持ったデルタ電子が手掛けた製品なので安心感があります。2年保証も付いていますからね。

個人的には、USB Type-CポートからPower Delivery以外の急速充電規格が検出されなかった点も高く評価したいポイントです。

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!


2024年2月スマホ乗り換えドットコムセール

SoftBankに乗り換えを検討している人朗報です!

ソフトバンク正規代理店「スマホ乗り換え.com」でスマホセールを開催中。

ラインナップは以下のとおり。ソフトバンク「新トクするサポート」による48回分割払い適用後の実質価格になります。

  • Xiaomi 13T Pro:実質24円
  • motorola razr 40s:実質24円
  • Google Pixel 8:実質24円
  • Google Pixel 8 Pro:実質25,896円
  • Xperia 10 Ⅴ:実質9,840円
  • AQUOS wish3:実質24円
  • あんしんファミリースマホ:一括1円
  • Redmi Note 10T:一括1円
  • iPhone 15:実質12円
  • iPhone 15 Pro:実質79,176円
  • iPhone 14:実質24円
  • iPhone SE(第3世代)64GB:実質24円

Pixe 8 Proがラインナップに追加されました。

172,080円が25,896円!約15万円安くなっちゃいますよ。ヤバすぎ笑

【Google Pixel 8 Proレビュー】最高のカメラでもゲーム性能は弱い!未知数のAI機能で大化けなるか?使ってわかったメリット・デメリット・評価 Google Pixel 8 Proは普段使いに困らない快適な動作性能と優れたカメラ性能が特徴の2023年フラッグシップモデル。消しゴムマジックや音声消しゴムマジックなどのAIによる画像編集機能が強化されています。実際に使ってみて感じたメリット・デメリットを含めて実機レビューしています。...

公式サイト>>スマホ乗り換え.com

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA