スマートフォン

【2021年春】5万円以下で買えるおすすめハイスペック中華スマホまとめ【バジェットスマホ】

2021年3月から4月にかけて、中国スマホメーカーから次々新しいスマホが発表されています。

最高性能をほこるフラッグシップモデルも魅力的なのですが、注目したいのは3万円~5万円の価格帯で買えるミドルレンジ。

手頃な値段でありながら性能は超ハイスペックなものが多い印象です。

中でも特におすすめなのが以下の4つのスマホ。

機種名販売価格特長
Xiaomi
POCO F3
$299~$349
Aliexpress
・Snapdragon 870
・120Hzリフレッシュレート
・5G対応
Xiaomi
POCO X3 Pro
$199~$249
Aliexpress
・Snapdragon 860
・120Hzリフレッシュレート
Xiaomi
Mi 11 Lite 5G
$419~$479
GIZTOP
・Snapdragon 780G
・重さ159g
・5G対応
Realme
GT Neo
$349~$499
GIZTOP
・Dimensity 1200
・120Hzリフレッシュレート
・5G対応

(2021年4月2日現在)

ちびめがね
ちびめがね
Xiaomiが強い!

 

これだけコスパの高いスマホが沢山あると、どれを買って良いのか迷ってしまいますよね?

そこで本記事では、2021年春に発売されるおすすめ中華スマホの主要スペックや特長、評判をまとめて紹介してきます。

なお大前提ではありますが、本記事で紹介しているスマホは「技術基準適合証明」(いわゆる「技適」)を取得していません

そのため、総務省に届け出を行わずに日本国内で使用する(電源を入れる)と電波法違反になりますので、ご注意ください。

総務省>>技適未取得機器を用いた実験等の特例制度

【POCO F3レビュー】3万円台で買えるハイエンドスマホ!ゲームもカメラも十分な性能で圧倒的なコスパ!POCO F3をレビューしています。3万円台で購入できる高性能スマホです。Snapdragon 870搭載でAnTuTu60万点以上の基本性能、リフレッシュレート120Hz、カメラも綺麗。2021年のフラッグシップキラーはこのスマホに決まり!...
【Mi 11 Lite(4G)レビュー】6.55インチでたった157g!薄くて軽い大画面スマホXiaomiのMi 11 Lite(4G)をレビューしています。6.55インチの大画面ながら重さは僅か157gで6.81mmの薄型。超扱いやすいので女性にもおすすめできるスマホです。実機でレビューしているので是非御覧ください。...

 

技適のない中華スマホを買うのがやっぱり不安だなーと思う場合には、日本でも安心して購入できるコスパモデルをご検討ください。

以下のスマホが機能・性能に優れているので特におすすめです。

【moto g100レビュー】ハイエンド性能で5万円台!メリット・デメリットを実機で評価motorola(モトローラ)のmoto g100をレビューしています。Snapdragon 870を搭載したハイエンドスマホなのに5万円台で購入可能。国内4キャリアに対応しているSIMフリースマホです。高性能のスマホをなるべく安く手に入れたい人におすすめ。...
【OPPO Reno5 A レビュー】実機を使って感じたメリット・デメリットを解説!おサイフケータイ&防水が搭載されて高コスパOPPO Reno5 Aを実機レビューしています。多くの人を満足させる優秀な基本性能。さらにおサイフケータイも防水性能も搭載されています。おまけに5G回線にも対応しているコスパの高いモデルです。メリット・デメリットと併せて紹介いたします。...

2021年春 おすすめ中華スマホ① POCO F3

POCO F3はXiaomiのサブブランドPOCO製のSIMフリースマホです。

POCO F3
製品名POCO F3
サイズ・重量163.7mm×76.4mm×7.8mm
196g
ディスプレイ6.67インチ(AMOLED)
リフレッシュレート120Hz
タッチサンプリングレート360Hz
SoC(CPU)Snapdragon 870
バッテリー4520mAh
33W急速充電
カメラメイン:48MP
超広角:8MP
マクロ:5MP
インカメラ:20MP
ビデオ:最大4K@30fps
対応Band5G: n1, n3, n5, n7, n8, n20, n28, n38, n41, n77, n78
4GFDD-LTE:1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 17, 20, 28, 66
4GTDD-LTE:38, 40, 41
3G: WCDMA Band 1,2,4,5,8
2G: GSM 850 900 1800 1900 MHz
スピーカーDolby Atmos
デュアルスピーカー
防水なし
OSMIUI 12
公式サイトPOCO F3

 

対応バンドを見てみるとソフトバンク回線であれば不自由なく使えそうですね。

5Gはまだまだ実用性に乏しいですが、Sub6のn77、n78のみ対応

ドコモのn79には非対応なのでご注意ください。

POCO F3の価格

メーカー希望価格6GB / 128GB:€349
(45,433円)

8GB / 256GB:€399
(51,942円)
販売価格(Aliexpress6GB / 128GB:$299
(33,100円)

8GB / 256GB:$349
(38,636円)

(2021年4月2日現在)

Aliexpressのセール価格にはなりますが、上位モデルでも4万円を切っています。

通常時の販売価格でも約47,000円なので十分安いです。

POCO F3の特長

POCO F3の特長はSoCにSnapdragon 870を搭載しているところ。

POCO F3はSnapdragon 870搭載

 

前情報を確認するとAnTuTuベンチマークのスコアは65万点以上出ていました。

2020年に発売されたフラッグシップモデル以上の基本性能で、重いゲームでも余裕でプレイできちゃいます。

POCO F3のスペック

 

他社ならフラッグシップとして販売されるスマホが5万円以下で買えるのはヤバすぎです!

ちびめがね
ちびめがね
ちなみに僕は先行販売が始まったと同時に思わず購入してしまいました・・・。

(追記)

実際にPOCO F3を購入してこちらの記事でレビューしています。

スペック通り高性能でなんの不満もないスマホでした。

これで3万円台は相当コスパが高いと思います。

【POCO F3レビュー】3万円台で買えるハイエンドスマホ!ゲームもカメラも十分な性能で圧倒的なコスパ!POCO F3をレビューしています。3万円台で購入できる高性能スマホです。Snapdragon 870搭載でAnTuTu60万点以上の基本性能、リフレッシュレート120Hz、カメラも綺麗。2021年のフラッグシップキラーはこのスマホに決まり!...
ちびめがね
ちびめがね
超おすすめです!!!

POCO F3の評判・口コミ

2021年春 おすすめ中華スマホ② POCO X3 Pro

POCO X3 ProもXiaomiのサブブランドPOCO製のSIMフリースマホです。

POCO F3同様にこちらもかなりコスパの高いモデルになっております。

POCO X3 Pro

 

ちなみに外観がほぼ一緒で1世代前のモデルPOCO X3 NFCはこちらの記事でレビューしているので本記事と併せて御覧ください。

【POCO X3 NFCレビュー】2万円台前半で買える優秀なSIMフリースマホ!XiaomiのSIMフリースマホ「POCO X3 NFC」をレビューしています。2万円台で購入できる高コスパのスマホです。基本性能も高く、カメラ性能も優秀。リフレッシュレート120Hzまで対応しています。...

 

製品名POCO X3 Pro
サイズ・重量165.3mm×76.8mm×9.4mm
215g
ディスプレイ6.67インチ(液晶)
リフレッシュレート120Hz
タッチサンプリングレート240Hz
SoC(CPU)Snapdragon 860
バッテリー5160mAh
33W急速充電
カメラメイン:48MP
超広角:8MP
マクロ:2MP
インカメラ:20MP
ビデオ:最大4K@30fps
対応Band2G: GSM: 850 900 1800 1900MHz
3G: WCDMA: B1/2/4/5/8
4G: FDD-LTE: B1/2/3/4/5/7/8/20/28
4G: TDD-LTE: B38/40/41
スピーカーデュアルスピーカー
防水IP53
OSMIUI 12
公式サイトPOCO X3 Pro

 

対応バンドはソフトバンク回線なら使えそうな感じ。

やっぱり中華スマホが好きならソフトバンク回線が安心ですね。

ソフトバンク回線ならLINEMO・ワイモバイル・格安SIMどれがおすすめか検討!LINEMO(ラインモ)・ワイモバイル・mineo(マイネオ)・nuroモバイル・LINEモバイルを比較して、ソフトバンク回線を使うのにおすすめはどこか検討しています。料金・データ通信量・通信速度の安定性が決め手です。...

POCO X3 Proの価格

メーカー希望価格6GB / 128GB:€249
(32,415円)

8GB / 256GB:€299
(38,924円)
販売価格(Aliexpress6GB / 128GB:$199
(22,030円)

8GB / 256GB:$249
(33,100円)

(2021年4月2日現在)

販売価格は期間限定のセール価格になります。

AliexpressやBanggoodなどの中国ECサイトはセールでガクッと安くなるのでタイミングを見計らって購入するのがおすすめです。

ちびめがね
ちびめがね
安い時には争奪戦になるのでご注意を・・・。

POCO X3 Proの特長

POCO X3 Proの特長はなんと言ってもその安さ。

セール価格なら2万円台で購入できちゃいます。

信じられないくらい安いです。

何度でも言いましょう、安いです!!!

搭載されているSoCもSnapdragon 860なので十分ハイスペック。

POCO X3 ProはSnapdragon 860搭載

 

AnTuTuベンチマークでも45万点くらい出ているようなので、普段使いからゲームまで十分こなせる基本性能と言えます。

デイスプレイが有機ELではなくて液晶なのは少し寂しいですが、リフレッシュレートはしっかり120Hz対応でヌルヌルです。

POCO X3 Proの評判・口コミ

2021年春 おすすめ中華スマホ③ Mi 11 Lite 5G

Mi 11 Lite 5GはXiaomi製のSIMフリースマホです。

Mi 11 Lite 5G

 

2021年春はXiaomiの投入した新製品が激アツ。

同日に発表されたフラッグシップモデルの「Mi 11 Pro」「Mi 11 Ultra」や「Mi MIX FOLD」も飛ぶように売れているようです。

ちなみに僕はMi 11を購入しているのですが、あと少しお金払えばさらに性能が良いモデルが購入できたので微妙な気分になりました。

【Mi 11レビュー】グローバル版なら日本で使っても安心!高コスパな最高性能スマホ!XiaomiのMi 11(グローバル版)を実機でレビューしています。Snapdragon 888搭載のフラッグシップモデル。GMS対応で日本でも安心して使えます。基本性能が高くカメラも優秀なMi 11をチェックしてください。...

 

製品名Mi 11 Lite 5G
サイズ・重量160.53mm×75.73mm×6.81mm
159g
ディスプレイ6.55インチ(AMOLED)
リフレッシュレート90Hz
タッチサンプリングレート240Hz
SoC(CPU)Snapdragon 780G
バッテリー4250mAh
33W急速充電
カメラメイン:64MP
超広角:8MP
マクロ:5MP
インカメラ:20MP
ビデオ:最大4K@30fps
対応Band5G:n1/n3/n5/n7/n8/n20/n28/n38/n40/n41/n77/n78/n66
4G:LTE FDD:1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/20/28/32/66
4G:LTE TDD:38/40/41
3G:1/2/4/5/8
2G:2/3/5/8
スピーカーデュアルスピーカー
防水なし
OSMIUI 12
公式サイトMi 11 Lite 5G

Mi 11 Lite 5Gの価格

メーカー希望価格6GB / 128GB:€369
(48,037円)

8GB / 128GB:?
販売価格(GIZTOP6GB / 128GB:$419
(46,385円)

8GB / 128GB:$479
(53,027円)

(2021年4月2日現在)

なお5Gに対応していないMi 11 Liteも販売されます。

搭載されるSoCがSnapdragon 732Gになってしまいますが、その分価格が抑えられています。

メーカー希望価格6GB / 64GB:€299
(38,924円)

6GB / 128GB:?
8GB / 128GB:?
販売価格(Aliexpress6GB / 64GB:$299
(33,100円)

6GB / 128GB:$329
(36,422円)

(2021年4月2日現在)

こちらの記事でMi 11 Lite(4G)をレビューしているので、ぜひ御覧ください。

【Mi 11 Lite(4G)レビュー】6.55インチでたった157g!薄くて軽い大画面スマホXiaomiのMi 11 Lite(4G)をレビューしています。6.55インチの大画面ながら重さは僅か157gで6.81mmの薄型。超扱いやすいので女性にもおすすめできるスマホです。実機でレビューしているので是非御覧ください。...

Mi 11 Lite 5Gの特長

Mi 11 Lite 5Gの特長はサイズ感。

6.55インチのディスプレイを搭載していながら重さは僅か159g。

さらに厚みが6.81mmしかありません。

Mi 11 Lite 5Gは薄くて軽い
ちびめがね
ちびめがね
カラフルなデザインだし日本で発売されたら確実に売れそう!

 

しかも凄いのはサイズ感だけではありません。

搭載されているSoCがSnapdragon 780Gで、700番台のミドルレンジながらもAnTuTu45万点前後というハイパフォーマンス。

本記事で紹介している他のスマホよりは若干性能は落ちますが、それでも普段使いには十分なので困ることは殆どないでしょう。

Mi 11 Lite 5Gの評判・口コミ

2021年春 おすすめ中華スマホ④ Realme GT Neo

最後に紹介するのはRealme GT Neo。

Realme GT Neo

 

OPPOから独立したRealmeが販売するSIMフリースマホです。

Realme GT Neoのコスパもやばいことになっています・・・。

製品名Realme GT Neo
サイズ・重量158.5mm×73.3mm×8.4mm
179g
ディスプレイ6.43インチ(AMOLED)
リフレッシュレート120Hz
タッチサンプリングレート360Hz
SoC(CPU)Dimensity 1200
バッテリー4500mAh
50W急速充電
カメラメイン:64MP
超広角:8MP
マクロ:2MP
インカメラ:16MP
ビデオ:最大4K@60fps
対応Band5G:N1/N28A/N40/N41/N77/N78/N79
4G:LTE FDD:B1/2/3/4/5/7/8/28A
4G:D-LTE:B34/B38/B39/B40/B41
3G: B1/B2/B4/B5/B6/B8/B19
CDMA BC0 / CDMA2000 BC0
2G: 850/900/1800/1900
スピーカーデュアルスピーカー
防水なし
OSrealme UI 2.0
公式サイトRealme GT Neo

Realme GT Neoの価格

メーカー希望価格6GB / 128GB:1,799元
(30,324円)

8GB / 128GB:1,999元
(33,696円)
12GB / 256GB : 2,399元
(40,438円)
販売価格(GIZTOP8GB / 128GB:$399
(44,171円)
12GB / 256GB : $499
(55,242円)

(2021年4月2日現在)

最小構成モデルのメーカー希望価格はなんと3万円!3万円ですよ?

完全にRealme GT Neoはフラッグシップキラーです。

あくまで中国国内向けの販売価格なのでグローバル版の価格が気になるところですが、やばすぎます・・・。

Realme GT Neoの特長

Realme GT Neoは他のスマホと異なり、SoCにQualcomm製Snapdragonではなく、MediaTek製のDimensity 1200を搭載しています。

Realme GT NeoはDimensity 1200を搭載

 

不安定な面があることは否めませんがかなり高性能なようで、AnTuTuスコア70万点を超えたというニュースもあります。

 

AnTuTuのバージョンが9なのでスコアが高めに出てるのかもしれませんが、もしこの情報が本当なら、最新のQualcomm製SoC「Snapdragon 870」に匹敵する性能となり、Realme GT Neoのコスパは異次元レベルです。

また、その他の性能についても盤石の状態で、仮にDimensity 1200の性能がそこまで高くないとしても高コスパスマホであることには変わらないでしょう。

Realme GT Neoのスペック
ちびめがね
ちびめがね
デザインも良いし買おうか迷います・・・。

Realme GT Neoの評判・口コミ

まとめ:2021年春に買うべきバジェットスマホは?

2021年3月~4月に発表されたミドルレンジスマホのおすすめを紹介しました。

どれも魅力的なのでイチオシは決めにくいですが僕はPOCO F3をおすすめします。

最も安いわけではないものの、基本性能が最も高くクセがないところがポイントです。

機種名販売価格コメント
Xiaomi
POCO F3
$299~$349
Aliexpress
基本性能が高く安定して使えそう。
セール価格が適用できれば3万円台前半になるのも魅力。
Xiaomi
POCO X3 Pro
$199~$249
Aliexpress
とにかく安い。基本性能もそれなりに高い。ただサイズ感(大きい・重い)が気になる
Xiaomi
Mi 11 Lite 5G
$419~$479
GIZTOP
サイズ感の良さは圧倒的。カラフルなデザインで日本人好み。基本性能を考えると少々お高め
Realme
GT Neo
$349~$499
GIZTOP
フラッグシップキラー!ダントツの基本性能と価格の安さMediaTek製のSoCが気にならなければ買わないと損するレベル。
ちびめがね
ちびめがね
あなたはどのスマホが良いと思いますか?

 

なお、海外サイトで中華スマホを購入するのは不安という人なら、日本でも安心して使えるRedmi Note 10 Proがおすすめです。

SoCはSnapdragon 732Gとまずまずの基本性能(AnTuTu 28万点くらい)ながら、最大1億800万画素で撮影できるカメラ、リフレッシュレート120Hzのディスプレイが特長。

しかもキャリア専売モデルではなくSIMフリー端末なので、家電量販店やAmazonなどで買えちゃいます。

 

実際に購入したスマホはレビュー記事を作成する予定なので、ぜひまた当ブログにアクセスしてみてください。

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!
楽天モバイルにしたいけどエリアじゃない・・・。
月額基本料3ヶ月無料が羨ましい・・・。

 

そんなあなたに朗報です!

 

安心のドコモ回線エリアに対応した格安SIM、y.u mobileにしてみませんか?

音声通話/5GBとプランは標準的ですが、2021年8月31日までの申込みで現金13,000円キャッシュバックキャンペーン中!

2021年8月y.u mobileコラボキャンペーン

 

月額基本料金は1,639円(税込み)なので、1,639円×7ヶ月=11,473円。

つまり!

キャッシュバックがあれば、月額基本料が実質7ヶ月無料になっちゃいます。

高速データ通信できるのは月5GBまでなので、データ使い放題ってわけにはいきませんが、外で動画を見ないのであれば十分。

しかもドコモ回線だから使えるエリアも広くて安心です。

 

現金13,000円キャッシュバックは、当サイト特設ページからの申込み限定のキャンペーン。

公式サイトからの申込みだと10,000円キャッシュバックなので3,000円もお得

月額基本料が高い大手キャリアから、格安SIMに乗り換えてみませんか?

 

y.u mobileについての詳しい解説は、こちらの記事をご覧ください。

y.umobileレビュー!
y.u mobile(ワイユーモバイル)レビュー!メリット・デメリット情報まとめ格安SIMのy.u mobile(ワイユーモバイル)を実際に使ってレビューしています。料金や通信速度、メリットデメリットをまとめて紹介いたします。当サイト限定キャッシュバックキャンペーンも開催中です!...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA