LINEモバイル

UMIDIGI A5 ProがLINEモバイルで使えるか試してみました!

UMIDIGI A5 ProはLINEモバイルで使える?

Amazonスマートフォン本体ランキングで上位に入っている、SIMフリースマホ「UMIDIGI A5 Pro

 

  • 6.3インチ フルHDディスプレイ
  • 16MP+8MP+5MPのトリプルカメラ搭載
  • 4,150mAhの大容量バッテリー

ハイスペックでありながら、価格が約13,000円(2019年11月11日Amazon調べ)と、コストパフォーマンスに優れたスマートフォンです。

UMIDIGI A5 Pro本体

 

実際に購入してAnTuTuのベンチマークテストをしたところ、スコアは98165ポイントと、価格の抑えられたエントリーモデルの中では、まずまずといったところ。

UMIDIGI A5 Proベンチマークテスト①

 

HUAWEIの人気端末「P20 Lite」に迫る性能です。

UMIDIGI A5 Proベンチマークテスト②
ちびめがね
ちびめがね
動画もゲームも高品質で楽しみたい!というヘビーユーザーでなければ、十分使えると思います!

 

UMIDIGI A5 ProはSIMフリースマートフォンなので、格安SIM等で契約したSIMカードを、本体に挿入して利用します。

SIMフリースマホ

 

LINEモバイルでは、販売端末以外の動作確認情報を公式サイトで公開していますが、UMIDIGIの端末についての情報はありませんでした。

公式サイト>>動作確認済み端末検索

 

そこで、実際にUMIDIGI A5 ProがLINEモバイルのSIMカードで使えるのか、試してみました。

なお、使用したSIMカードは、音声通話SIM(ドコモ回線)です。

ちびめがね
ちびめがね
LINEモバイルのソフトバンク回線については検証できておりません・・・。

 

ただし、本記事と同様にワイモバイルのSIMカードでも、UMIDIGI A5 Proが使えるのか検証しています。

ワイモバイルの対応エリアは、ソフトバンクのエリアと同一です。

そのため、現在LINEモバイルをソフトバンク回線で利用中の方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

>>UMIDIGI A5 Proがワイモバイルで使えるか試してみました!

UMIDIGI A5 Proはワイモバイルで使える?
UMIDIGI A5 Proがワイモバイルで使えるか試してみました!コスパの高いUMIDIGI(ユミデジ)のA5 Proがワイモバイルで使えるのか、試してみました。対応BandやワイモバイルのAPN設定と併せて解説いたします。...

UMIDIGI A5 Proの対応Band(バンド)周波数帯

SIMフリーの端末を購入する時は、端末がどのBand(周波数帯)に対応しているか調べることが重要です。

回線に対応していても、Band(周波数帯)に対応していなければ、電波を掴むことができず、通信できなかったり繋がりにくくなったりする可能性があります。

なお、ドコモ・ソフトバンク・auの各キャリアが使用しているBand(周波数帯)は、総務省のホームページで確認できます。

総務省ホームページ>>各携帯電話事業者の通信方式・周波数帯(PDF)

ちびめがね
ちびめがね
本記事では、LINEモバイルを利用する場合に最低限対応しておいて欲しいBand(周波数帯)のみ紹介いたします。

LINEモバイル(ドコモ回線)を利用する場合に必要なBand(周波数帯)

高速データ通信に必要なBand(周波数帯)です。

LTE/4G

Band1(2.1GHz) 現在メインの周波数帯
Band3(1.7GHz) 東京・大阪・名古屋で利用可能な周波数帯。「下り」の速度が高速で利用できる
Band19(800MHz) いわゆるプラチナバンドです。低速ですが電波が届きやすいので地方や山間部にお住まいの方は特に重要です。

 

音声通話を利用する場合は、3Gの周波数帯への対応も確認する必要があります。

3Gは通信速度が遅い反面、電波の届く範囲が広いことが特長です。

W-CDMA/3G

Band1(2.1GHz) 現在メインの周波数
Band6/19(800MHz) 山間部などにも届きやすい周波数なので必須です。

音声通話をする時に必要な通信方式が「CDMA2000」となっていたらドコモ・ソフトバンクでは音声通話を利用できません。

CDMA2000」はauが採用している通信方式です。

UMIDIGI A5 Proの対応Band(周波数帯)

UMIDIGI公式サイトのスペック情報を確認すると、UMIDIGI A5 Proが対応しているBand(周波数帯)は以下のとおりでした。

公式サイト>>UMIDIGI A5 Pro 

4G

TDD-LTE方式

  • Band38
  • Band40
  • Band41

FDD-LTE方式

  • Band1
  • Band2
  • Band3
  • Band4
  • Band5
  • Band7
  • Band8
  • Band12
  • Band13
  • Band17
  • Band19
  • Band20
  • Band26
  • Band28A / 28B

3G:W-CDMA

  • Band1
  • Band2
  • Band4
  • Band5
  • Band6
  • Band8
  • Band19

3GネットワークはWCDMA方式に対応しているので、LINEモバイルでも問題ありません。

 

3G・4G(LTE)どちらもドコモのエリアで利用できそうですね!

UMIDIGI A5 Proは、幅広いBand(周波数帯)に対応しているので、使えない状況にはなりにくいでしょう。

ちびめがね
ちびめがね
UMIDIGI A5 Proは残念ながらau回線には対応していません

 

なお、LINEモバイルにこれから加入する人は、事前に対応エリアを公式サイトで確認しておくと安心です。

UMIDIGI A5 ProがLINEモバイルで使えても、お住いの地域がドコモのエリア外だと使えませんからね。

公式サイト>>日本全国で繋がる通信エリア

実際にUMIDIGI A5 ProをLINEモバイルで使ってみました

実際にUMIDIGI A5 ProをLINEモバイルで使ってみました。

  • SIMカードの挿入方法
  • APN設定方法
  • 通信テスト

それぞれ紹介していきます。

SIMカードの設置方法

SIMカードは本体側面のカードスロットを引き出して設置します。

UMIDIGI A5 Proのカードスロット

 

UMIDIGI A5 ProはデュアルSIM機能が搭載されているので、nano SIMカードを2枚同時に利用可能です。

今回はスロット1にLINEモバイルの音声通話SIM(ドコモ回線)を設置します。

UMIDIGI A5 ProにLINEモバイルのSIMカードを設置
ちびめがね
ちびめがね
デュアルSIMを活用すれば、データ通信と音声通話で使用するSIMカードを分けることも可能です。

APN設定方法

SIMフリーのスマートフォンでLINEモバイルを利用するには、「APN設定」が必要です。

公式サイト>>APN設定方法 | Androidをお使いの方

 

設定アプリ内の「ネットワークとインターネット」をタップします。

AndroidでワイモバイルのAPNを設定する方法①

 

アンテナマークの「モバイルネットワーク」をタップ。

AndroidでワイモバイルのAPNを設定する方法②

 

最下部の「アクセスポイント名」をタップします。

AndroidでワイモバイルのAPNを設定する方法③
ちびめがね
ちびめがね
一番下にあるので見つけにくいです!画面を少し上にスライドすると表示されますよ!

 

新しくAPNを設定する必要があるので「+」マークをタップして、追加します。

AndroidでワイモバイルのAPNを設定する方法④

 

こちらのページでLINEモバイルのAPN情報を入力していきます。

LINEモバイルのAPN情報を入力する

 

入力内容は以下の通りです。

名前 LINEモバイル(なんでもOK)
APN line.me
ユーザー名 line@line
パスワード line
認証タイプ PAPまたはCHAP
息子
息子
さっぱり意味が分からない・・・。
ちびめがね
ちびめがね
何が何だか分からなくても、この通り入力すればOK!

 

必要事項のみ入力したら右上のメニュー(黒丸が3つ並んでる)から「保存」を選択すれば完了です。

入力したLINEモバイルのAPN設定を保存する

 

お疲れ様でした!

設定したAPNを選択して暫くすると、ステータスバーに「VoLTE 4G」と表示されます。

UMIDIGI A5 ProにLINEモバイルのSIMカードを設定
ちびめがね
ちびめがね
もし表示されない場合は、入力内容の再確認、再起動をお試しください!

通信テスト

UMIDIGI A5 ProがLINEモバイルで使えるのか、通信速度の計測で試してみました。

Googleの「インターネット速度テスト」を利用してみたところ、以下の結果に!

UMIDIGI A5 ProをLINEモバイルでスピードテスト

 

UMIDIGI A5 ProはLINEモバイルでもバッチリ使えます!

ちびめがね
ちびめがね
安心してUMIDIGI A5 Proをご購入ください。

 

ご覧いただいて分かるとおり、LINEモバイルは通勤時間やお昼休み等の込み合う時間は、かなり低速になります。

どこの格安SIMでも同様な状況なので、仕方ないですが、もうちょっと速ければ嬉しいですね・・・。

 

まとめ:LINEモバイルでもUMIDIGI A5 Proを使えます!

UMIDIGI A5 ProにLINEモバイルのSIMカード(ドコモ回線)を入れて使えるか試してみました。

対応エリアや利用時間帯で速度に差はあると思いますが、UMIDIGI A5 ProはLINEモバイル(ドコモ回線)でも利用可能です!

 

現在お得なキャンペーンを2つ同時に開催している、LINEモバイル。

LINEモバイルで月額基本料半額キャンペーン開始!対象プランはどれ?2019年8月23日からLINEモバイルで開催している「スマホ月額基本料半額キャンペーン」について解説しています。キャンペーンの対象プラン、適用条件に注意です。...
LINEモバイルに新規契約でLINEポイントが5000ポイント貰えるキャンペーンを実施中!2019年11月13日から、LINEモバイルでは、新規加入者に5,000円分のLINEポイントかLINE Pay残高をプレゼントするキャンペーンを開催しています。ポイントの受け取り方やいつもらえるか等、条件や注意点と併せて詳しく解説いたします。...

 

月々の利用料金が安いところが、LINEモバイルの特長です。

実際に利用している僕の利用料金はこちら。

LINEモバイルの月額料金
ちびめがね
ちびめがね
2,000円を超える月がありません!

 

LINEモバイルは、月々の携帯代をグッと抑えることができるので、おすすめの格安SIMです。

こちらの記事でLINEモバイルについて詳しく解説しているので、併せて御覧ください!

>>【利用歴3年】LINEモバイルの最新レビュー!安い?速度は?詳しく解説!

【利用歴3年】LINEモバイルの最新レビュー!安い?速度は?詳しく解説!格安SIM【LINEモバイル】を最新レビュー!3年実際にLINEモバイルを使っている僕が、プラン・料金・通信速度・お得なキャンペーン情報から解約方法まで詳しく解説いたします。...

 

UMIDIGI A5 Proは対応Band(周波数帯)が多いので、広い地域で利用することが可能です。

もしあなたの住んでいる地域や、よく行く場所がどのBand(周波数帯)で利用できるのか分からなくては不安な場合は、公式サイトでエリア情報を確認してみてください。

 

せっかくUMIDIGI A5 Proを買ったのに使えなかった!なんてことにならないように気をつけましょう。

 

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいてありがとうございました!

 

LINEモバイルでUMIDIGI A3 Proが使えるか試してみました!Amazonで人気のUMIDIGI A3 ProにLINEモバイルのSIMカード(ドコモ回線・ソフトバンク回線)を差して使えるか試してみました。...
LINEモバイルでOUKITEL C12 PROが使えるか試してみました!LINEモバイルでOUKITEL C12 PROが使えるのか、実際にSIMカードを入れて試してみました。一部対応していないBand(周波数帯)があるので注意が必要です。...
LINEモバイルでiPhone11は使える?最新動作確認情報をチェック!LINEモバイルでiPhone 11 / iPhone 11 Pro / iPhone 11 Pro Max11が利用できるのか調べてみました。現在お得なキャンペーンを2つ同時に開催しているLINEモバイルでiPhone 11を使ってみませんか?...
【2019年12月最新版】格安SIM LINEモバイルに対応のスマホ機種情報!格安SIMのLINEモバイル(ラインモバイル)に対応している人気スマホ端末・機種情報を毎月更新しています!購入を検討しているスマホがLINEモバイルに対応しているのか確認してみてください。...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA