格安SIM

LINEモバイルを辞める?続ける?大手キャリアに乗り換えるべきか検討!

2021年3月から大手キャリアで格安料金プラン(20GB/2,980円)が始まります。

また、これに伴って格安SIM(MVNO)の月額基本料も相次いで値下げされる状況です。

LINEモバイルは2021年3月31日(水曜日)11:00で新規申し込み終了し、現利用者のみにサービスが継続提供されることになりました。

ちびめがね
ちびめがね
Softbankが始めるLINEMO(ラインモ)に吸収!

 

ただ、サービスがいつまで続くのかはLINEモバイル次第なので、いつ終了となっても文句は言えない状況であることは確か。

僕は現在LINEモバイルに加入しているので、辞めて他社に乗り換えしようか、そのまま使い続けるか迷っています。

そこで本記事で、2021年3月以降にLINEモバイルの契約をどうするべきか検討してみます。

LINEモバイルユーザーのあなたも参考にしてみてください。

LINEモバイルは2021年3月以降どうなる?

LINEモバイルはSoftbankが提供する格安料金プラン「LINEMO(ラインモ)」に吸収されることになり、2021年3月31日(水曜日に)11:00で新規申し込み受け付け終了。

以降は現在利用中のユーザーに対してのみサービスが提供されます。

2021年3月31日 11:00に終了するサービスは以下のとおり。

  • 新規申込
  • 追加申込
  • 招待プログラムでの申込
  • 招待URL発行
  • エントリーコード受付

そして、継続されるサービスは以下の内容になります。

  • プラン変更
  • 各種オプション変更
  • ソフトバンク回線への回線変更
  • SIMサイズ変更・SIM再発行
  • 支払方法変更
  • LINEポイント支払い
  • LINE年齢認証
  • 契約内容・料金明細確認
  • データ通信量確認
  • データ容量の追加購入
  • データプレゼント
  • 機種変更
  • 契約者連携
  • 利用者連携
  • 利用停止
  • MNP転出・解約

ひとまず、現在LINEモバイルを利用中のユーザーがすぐに大きな影響を受けるような事態になることはなさそうです。

ただ、今後規模は少しずつ縮小されていくと思います。

例えば機種変更なんて、新規ユーザーが増えない以上スマホの在庫を持ち続けると損になってしまいますからね?

ちびめがね
ちびめがね
スマホは次々最新モデルが発売されるわけですし・・・。

LINEモバイルの現在の契約内容を確認

LINEモバイルの料金プランは、以下の3つの内容を自分に合わせて組み合わせるタイプです。

  • SIMの種類
  • データ容量
  • データフリーオプション

SIMカードの種類とデータ容量による月額基本料(税込)は以下のとおりです。

データSIM(SMS付き)
データ通信量月額料金
500MB660円
3GB1078円
6GB1,870円
12GB2,970円
音声通話SIM
データ通信量月額料金
500MB1,210円
3GB1,628円
6GB2,420円
12GB3,520円

 

そして、LINEモバイルの特長であるデータフリーオプション(特定のサービスを利用した場合にギガを消費しない)の料金(全て税込)が以下のとおり。

オプション名データフリーの対象月額料金
LINEデータフリーLINE0円
SNSデータフリーLINE
Twitter
Facebook
308円
SNS音楽データフリーLINE
Twitter
Facebook
Instagram
LINE MUSIC
Spotify
AWA
528円

 

ベーシックプランとオプションを組み合わせた月額基本料の合計額(全て税込)が以下の内容になります。

データSIM(SMS付き)
データ通信量LINEデータフリーSNSデータフリーSNS音楽データフリー
500MB660円なしなし
3GB1,078円1,386円1,606円
6GB1,870円2,178円2,398円
12GB2,970円3,278円3,498円
音声通話SIM
データ通信量LINEデータフリーSNSデータフリーSNS音楽データフリー
500MB1,210円なしなし
3GB1,628円1,936円2,156円
6GB2,420円2,728円2,948円
12GB3,520円3,828円4,048円
ちびめがね
ちびめがね
ベーシックプランとオプションを組み合わせた料金を基準に検討していきましょう!

 

ちなみに僕自身は、現在の料金プランの前に提供されていた旧プラン(コミュニケーションフリープラン)を利用しています。

ギガの使用量はだいたい毎月3GB前後。

そのため前月からの繰り越されるギガで賄えている状態で、月1,859円+通話料を支払っている状態です。

プラン名コミュニケーションフリープラン
SIMタイプ音声通話SIM
回線ドコモ回線
月間データ通信量3GB
月額基本料1,859円
カウントフリーサービスLINE
Twitter
Instagram
Facebook
ちびめがね
ちびめがね
殆どのSNSがカウントフリーになる旧プランであることが悩ましいポイントでもあります・・・。

LINEモバイルから乗り換えるべき人は?

ではどんな人がLINEモバイルから他社に乗り換えるべきなのでしょうか?

僕は以下の人が該当すると考えました。

  • ギガが月12GBでも足りない人
  • LINEモバイルの通信速度に不満がある人
  • 月1,300円以上払っている人
  • 5G回線を使ってみたい人

1つずつ紹介していきます。

ギガが月12GBでも足りない人

LINEモバイルの料金プランでは1ヶ月に使える高速データ通信量が最大12GBです。

LINEアプリやその他アプリがカウントフリーにも関わらず、月12GB以上使っている人は他社への乗り換えを検討しましょう。

乗り換え先の候補は「大手キャリアの低価格プラン」か「格安SIMの20GBプラン」です。

LINEモバイルで月12GBプランを利用すると最低でも2,970円(税込)かかります。

他社に乗り換えをすれば月額基本料が安く抑えられるばかりか、1ヶ月に使えるギガの量も増量しますからね。

LINEモバイルの通信速度に不満がある人

LINEモバイルは格安SIM(MVNO)なので、混雑する時間帯の速度が著しく低下します。

1Mbpsを切ってしまうことも普通にあるのでストレスを感じる人も多いでしょう。

毎日通信速度が遅すぎてイライラしている。

そういう人は思い切って大手キャリアの格安料金プランに乗り換えてしまうのも1つの方法です。

この場合、他社の格安SIMに乗り換えるのは全くおすすめできません。

いくら今より料金が安くてギガの量が増えるといっても、通信の安定性は大手キャリアには敵わないからです。

月1,300円以上払っている人

ギガの容量や通信速度に不満はないけど、今より料金を安くしたい。

そういう場合には格安SIMの新料金プランへの乗り換えを検討しましょう。

大手キャリアの格安料金プランの登場に合わせて、格安SIMでも月額基本料の値下げが始まっています。

現在月1,300円以上支払っているなら、同じくらいの料金でギガの容量を増やせる場合が多いです。

同じ料金を支払うならできるだけ容量が多いほうがお得ですからね?

ただこの場合に注意したいのがカウントフリーがなくなってしまうこと。

LINEやSNSを多く利用しているのであれば、LINEモバイルを使い続けたほうが良い場合もあります。

他社に乗り換えをした場合に、現在と月額基本料が同程度で、どのくらいギガが増やせるのかを重要視しましょう。

5G回線を使ってみたい人

LINEモバイルには5G回線サービスはありませんし、おそらく今後も対応しないと思います。

2021年2月時点ではそれほど多くないかもしれませんが、5G回線をいち早く使ってみたい人はLINEモバイルから他社に乗り換えが必要です。

ちびめがね
ちびめがね
5G回線を使いたいだけならもう少し先でも良いかもね?

LINEモバイルから乗り換えるならどこが良い?

では最後にLINEモバイルからの乗り換え先の候補を紹介していきます。

2021年2月時点での内容なので、新サービスや新しい料金プランが発表になったら随時更新予定です。

ちびめがね
ちびめがね
2021年はスマホ代が大きく変わる年ですね!

楽天モバイル

LINEモバイルから他社への乗り換えを検討する場合、大前提として楽天モバイルが使えないかの確認が重要です。

大手キャリアの格安プランや、料金プランの値下げをした格安SIM等色々あるのですが、月額料金の安さだけで考えれば楽天モバイルよりも優れたプランはないんです!

毎月ギガをどれだけ使っても最大月額3,278円(税込)。

さらにRakuten Linkアプリを使えば、通話料もSMS利用料も無料です。

2021年4月からの段階制料金プランであれば、月額基本料を無料に抑えることもできちゃいます。

Rakuten UN-LIMIT Ⅵ段階制料金プラン
ちびめがね
ちびめがね
しかも今なら加入から1年間、月額基本料が無料のキャンペーンも開催中!

 

どう考えても最強の料金プランを提供している楽天モバイルですが、2つの弱みがあるので全ての人におすすめできるわけではありません。

  1. 楽天回線エリアが狭い
  2. 楽天回線対応端末が限られている

2021年1月末時点で楽天回線エリアの人口カバー率は74.9%。

不自由なく使えるのは大都市のみの状態になっています。

2021年1月末の人口カバー率

 

しかも楽天モバイルには繋がりやすい周波数帯であるプラチナバンドがありません

つまり、屋外では利用できても屋内だと使えない状態になっちゃうこともあるわけです。

また、楽天回線は特殊なので対応端末が限られており、新たにスマホを購入する必要がある場合もあります。

これらの条件さえクリアできるのであれば、とにかく楽天モバイルがおすすめです。

 

楽天回線対応エリアの調べ方はこちらの記事で。

楽天回線対応スマホを安く購入する方法はこちらの記事でそれぞれ解説しているので、是非御覧ください。

楽天回線エリアなのか申込・契約前の確認方法!スマホの設定でできる!【iPhone・Android対応】自分のスマホを使って自宅や職場・学校が楽天回線エリアに該当しているのか確認する方法を解説しています。スマホの設定アプリでチェックできるので、誰でも簡単に確認可能です。...
楽天モバイル対応機種が安く買えるキャンペーン解説!1円スマホがお得!楽天モバイルRakten UN-LIMIT(アンリミット)の対応スマホを購入すると、20,000円相当の楽天ポイントが貰えるキャンペーンがスタートしました。キャンペーン適用後の実質価格がいくらになるか紹介しています。2021年6月現在0円端末があります!...
ちびめがね
ちびめがね
1年無料キャンペーンの対象枠も残り僅かですよ!

公式サイト>>楽天モバイル

ahamo / LINEMO / povo

大手キャリアの格安料金プランが以下の3つです。

通信キャリア名称データ通信量/月額基本料(税込)
Docomoahamo(アハモ)20GB/3,278円
SoftbankLINEMO(ラインモ)20GB/2,728円
aupovo(ポヴォ)20GB/2,728円

 

大手キャリアの安定したデータ通信を月20GB、月額2,728円(税込)から利用可能。

これまで高いと言われ続けてきた大手キャリアの月額料金プランが抜本的に変わりました。

LINEモバイルではギガが足りない場合には、大手キャリアの格安料金プランがおすすめになります。

ちびめがね
ちびめがね
仮にLINEモバイルを辞めてカウントフリーが無くなってしまっても、月20GBもあれば超過することもないでしょう!

なお、LINEMO公式サイトに「時間帯により速度制御あり」と記述があるのが気になるところです。

LINEMO注意書き

実際に使ってみなければ分かりませんが、キャリア回線と全く同等の通信速度にはならない可能性もあります。

 

どのキャリアにすべきか、選び方は2つあります。

1つはLINEモバイルで「現在利用している回線」を基準に選ぶ方法です。

  • ドコモ回線 → ahamo
  • ソフトバンク回線  → LINEMO
  • au回線 → povo

 

SIMフリー端末を使っているならどこの回線でも良いのですが、キャリアで購入したスマホをそのままLINEモバイルで使っていた場合には、SIMロック解除が必要になる場合があります。

SIMロック解除するのが面倒な場合には、現在の回線に合わせたキャリアにするべきでしょう。

もう1つは「無料通話の有無」で選ぶ方法です。

ahamoには5分無料通話が標準搭載されていますが、LINEMO・povoには無料通話がありません。

短時間の音声通話をする機会が多い人はahamoがおすすめになります。

 

なお、キャリアの格安料金プランには以下の注意点があることを忘れてはいけません。

  • オンライン専用プラン
  • お店のサポートが受けられない
  • キャリメールが使えない

3キャリアともオンライン専用プランになるので、申し込みやサポートを店舗で行うことができません。

スマホを使っていて不具合が起きたり、分からないことがあっても、メールやチャット・LINEで相談することになります。

また、これまで大手キャリアの特長だったキャリアメール(@docomo.ne.jp等)も使えません。

ちびめがね
ちびめがね
僕が職場の上司にahamoの説明をしたら、そんな不便なの無理だと言われましたよ?

 

2021年3月からサービスが開始されるので、当初は混乱が起こることも予想できます。

乗り換えをするにしても少し待って様子を見たほうがいいかもしれませんね?

 

サブブランド:UQ mobile

auのサブブランドUQ mobileも2021年2月から新料金プランを開始しました。

au本体と変わらない品質のデータ通信を安く利用できるメリットがあります。

月間20GB以上使う人にとっては大手キャリアの格安料金プランの方がおすすめですが、15GBまでであればUQ mobileでも良いでしょう。

料金プランは以下のとおりです。

くりこしプランSくりこしプランMくりこしプランL
月額基本料(税込)1,628円2,728円3,828円
データ容量3GB15GB25GB
通話料20円/30秒
ちびめがね
ちびめがね
無料通話はオプションで加入できます!

 

余ったギガを翌月まで繰り越せるのが「くりこしプラン」のポイント。

大手キャリアの格安料金プランにはデータ繰り越し機能がないので、UQ mobileにすれば無駄なく使えます。

料金面では格安SIMの新料金プランのほうが安くなるものの、通信速度の安定性を求めるのであればUQ mobileがおすすめでしょう。

公式サイト>>UQ mobile

UQ mobileがおすすめなら、Softbankのサブブランドワイモバイルも候補になると言いたいところ。

ただ、僕には発表された新料金プランに魅力を感じなかったので本記事では候補から外しています。

家族みんなでの加入や、ソフトバンクの光回線を利用しているなら月額料金を抑えることができるのでUQ mobileよりもワイモバイルがおすすめです。

こちらの記事で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

ワイモバイルのシンプルプランに加入すべき人は?家族で使うなら安い!ワイモバイルの料金プラン「シンプルS/M/L」に加入すべき人は?大手キャリアの格安料金プランよりもお得?一緒に検討してみましょう。家族割や学割が適用できればおすすめです。...

格安SIM:日本通信SIM

ahamoが発表された後、最も早く動きを見せたのが格安SIMの「日本通信SIM」でした。

日本通信SIMが発表した「合理的20GBプラン」は、大手キャリアに真っ向から立ち向かった格安料金プランです。

プラン名合理的20GBプラン
月額基本料2,178円(税込)
月間データ通信量20GB
月間無料通話70分
70分以降は10円/30秒
通信エリアドコモ回線

 

格安SIMなので通信速度の安定性はイマイチな部分があります。

ただ、月間20GBを2,178円で利用できるのは破格です。

通信速度を重要視していないのであれば、LINEモバイルからの乗り換え先候補になるでしょう。

注意点はドコモ回線しか提供していないところ。

ソフトバンクで使っていたスマホ、auで使っていたスマホはそのまま利用できず、SIMロックを解除する必要があるのでご注意ください。

なお、5G回線への対応もありません。

公式サイト>>日本通信SIM

格安SIM:mineo

格安SIMのmineo(マイネオ)も月額基本料を大きく値下げしました。

データ通信量音声通話SIMデータSIM
1GB1,298円880円
5GB1,518円1,265円
10GB1,958円1,705円
20GB2,178円1,925円

 

日本通信SIMと同水準で、ドコモ・ソフトバンク・auいずれの回線も選択可能という凄い料金プランです。

また、月220円(税込)追加すれば5G回線も使えるという充実っぷり。

無料通話は付いていないのでオプション扱いになりますが、LINEモバイルからの乗り換え先候補になります。

公式サイト>>mineo

格安SIM:nuroモバイル

2021年3月4日にnuroモバイルが新料金プランを発表しました。

大容量のギガは使えませんが低容量プランでは格安SIMで最安となる「バリュープラス」です。

nuroモバイル バリュープラス

 

現在の僕の利用状況に適した5GBのプランであれば月々990円

しかもmineo同様にドコモ・ソフトバンク・au全ての回線を取り扱っています。

また、余ったギガは翌月まで繰越可能

mineoはデータ繰り越しに対応していないので、大きなアドバンテージになるでしょう。

ただし、5G回線の取り扱いは予定していないようなので注意が必要です。

8GB以上のギガを取り扱っていないので単純比較できませんが、相当安いと思います。

公式サイト>>nuroモバイル

 

ちびめがね
ちびめがね
今後もLINEモバイルの乗り換え先候補があったら、本記事を更新していきます!

2021年からLINEモバイルはギガ増量!乗り換えなくても良いかも?

2021年3月5日にLINEモバイルからベーシックプランのデータ通信量を増量する案内がありました。

公式サイト>>【告知】ベーシックプランのデータ通信量を4月から増量予定

具体的な増量内容は以下のとおりです。

音声通話SIM
月額基本料現在増量後
1,210円500MB2GB
1,628円3GB5GB
2,420円6GB10GB
3,520円12GB30GB
データSIM(SMS付き)
月額基本料現在増量後
660円500MB2GB
1,078円3GB5GB
1,870円6GB10GB
2,970円12GB30GB
ちびめがね
ちびめがね
かなり大幅な増量!

 

残念ながら他社から発表された新料金プランのほうが安いので、料金的にはLINEモバイルを続けるメリットにはなりません

LINEモバイルのメリットであるカウントフリーオプションを加味すればさらに月額基本料は高くなってしまいますしね・・・。

またギガ増量は「ベーシックプラン」に限られます。

僕のように旧プラン(「LINEフリー」「コミュニケーションフリー」「MUSIC+」)を利用しているユーザーはデータ通信量は据え置き。

ちびめがね
ちびめがね
僕個人としては何のメリットもない増量になりそうです・・・。

まとめ:LINEモバイルを辞める?続ける?私はこうする!

最後に、LINEモバイルから他社に乗り換えるべきなのか僕自身の検討結果を紹介いたします。

僕は、2021年3月以降LINEモバイルを辞めます

月間3GB前後のギガで十分なので、このまま使い続けようと思っていました。

しかし、2021年4月6日から旧プランのドコモ回線でVoLTEが使えなくなると発表されたので、他社へ移行せざるを得ません。

公式サイト>>旧プランのドコモ回線でVoLTEが利用できなくなります

旧プランからベーシックプランに変更すれば解決するのですが、ギガの増量があったとしてもコスパが悪すぎます。

他社の料金プランのほうが確実に安いですからね?

 

乗り換え先の候補は「LINEMO」か「mineo」です。

僕は使っているスマホをコロコロ変えがちなので、どんなスマホにも対応できる「ソフトバンク回線」には興味があります。

また5G回線に対応している点も重要です。

ちびめがね
ちびめがね
今はまだ実用性がありませんが、5G回線は当ブログの記事ネタになりそうなので!

 

ちなみに生活圏内は楽天回線提供エリアに該当していますが、楽天モバイルは新しい番号で新規契約してしまっているので検討からは外しました。

さあ、あなたはLINEモバイルを辞めますか?続けますか?

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいて、ありがとございました!
楽天モバイルにしたいけどエリアじゃない・・・。
月額基本料3ヶ月無料が羨ましい・・・。

 

そんなあなたに朗報です!

 

安心のドコモ回線エリアに対応した格安SIM、y.u mobileにしてみませんか?

音声通話/5GBとプランは標準的ですが、2021年10月1日までの申込みで現金13,000円キャッシュバックキャンペーン中!

2021年9月 y.u mobileキャンペーン

 

月額基本料金は1,639円(税込み)なので、1,639円×7ヶ月=11,473円。

つまり!

キャッシュバックがあれば、月額基本料が実質7ヶ月無料になっちゃいます。

高速データ通信できるのは月5GBまでなので、データ使い放題ってわけにはいきませんが、外で動画を見ないのであれば十分。

しかもドコモ回線だから使えるエリアも広くて安心です。

 

現金13,000円キャッシュバックは、当サイト特設ページからの申込み限定のキャンペーン。

公式サイトからの申込みだと10,000円キャッシュバックなので3,000円もお得

月額基本料が高い大手キャリアから、格安SIMに乗り換えてみませんか?

 

y.u mobileについての詳しい解説は、こちらの記事をご覧ください。

y.umobileレビュー!
y.u mobile(ワイユーモバイル)レビュー!メリット・デメリット情報まとめ格安SIMのy.u mobile(ワイユーモバイル)を実際に使ってレビューしています。料金や通信速度、メリットデメリットをまとめて紹介いたします。当サイト限定キャッシュバックキャンペーンも開催中です!...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA