買って良かった商品レビュー

ピグノーズPGG-200をレビュー!おすすめアンプ内蔵エレキギター!

Pignose(ピグノーズ)PGG-200レビュー!

Pignose(ピグノーズ)アンプ内蔵エレキギターPGG-200を紹介いたします。

楽器弾ける人って本当にかっこいいですよね!

中でもやっぱり憧れるのはギター!

ちびめがね
ちびめがね
ライブステージの上でギターをかき鳴らしてる姿を見ると痺れるくらいにかっこいい!

 

でもギター始めるのってハードル高くないですか?

何より難しそうだし・・・。

そしてエレキギターの場合は、アンプがないとエレキギターっぽい音にならない!

息子
息子
結局何を買ったら良いのかわからない…。

 

それを全部解決するエレキギターを僕は使っているかもしれません。

pignose(ピグノーズ)アンプ内蔵エレキギター

Pignose(ピグノーズ)のアンプ内蔵エレキギター PGG-200です!

 

PGG-200は、サイズこそ少し小さいですが、アンプがギターに内蔵されていて、スピーカーからエレキギターのかっこいい音が流れます。

ちびめがね
ちびめがね
上手に弾けない僕のような初心者でも、スピーカーから痺れるようなギターサウンドが飛び出してくるんですよ!

 

ずっとギターをやってみたかったけど今更始めるのは・・・。

こんあ風に諦めているあなたに是非おすすめしたいギターです!

 

箱から出せばすぐにかっこいい音が出る、Pignose(ピグノーズ)アンプ内蔵エレキギターPGG-200を紹介いたいします。

Pignose(ピグノーズ)とはどういう意味か

どうしてPignose(ピグノーズ)=豚の鼻なのか。

これを見ればすぐ分かります。

Pignose(ピグノーズ)アンプ内蔵エレキギターPGG-200のツマミ

 

ボリュームのツマミが、豚の鼻を模して作られているからです。

ちびめがね
ちびめがね
めちゃくちゃ可愛いですよね!

 

もともとPignose(ピグノーズ)はミニアンプと知られていました。

 

もちろん、ミニアンプにも豚鼻のツマミがついています。

このアンプの技術がエレキギターに内蔵されたのが、Pignose(ピグノーズ)アンプ内蔵エレキギターPGG-200です。

エレキギターでは豚鼻のツマミがスイッチになっていて、上に引き上げるとボディの内蔵アンプから音が出ます。

そして、このツマミを時計回りに回すことでボリュームが大きくなります。

ちびめがね
ちびめがね
可愛い豚の鼻のようなスイッチがPignose(ピグノーズ)の由来です。

 

Pignose(ピグノーズ)アンプ内蔵エレキギターPGG-200のサイズ

写真を見て分かったかもしれないですがPignose(ピグノーズ)PGG-200は、一般的なエレキギターに比べて小さく作られています。

いわゆるショートスケールというサイズのギターです。

 

実際には測ってみると、以下のようなサイズになっていました。

全長約80㎝
0フレットから22フレットまでの長さ約44.5㎝
弦の長さ(0フレットの端からサドル)約61㎝
0フレットの幅4.5㎝
22フレットの幅5.5㎝
ボディの一番広い場所の幅約24.5㎝
ちびめがね
ちびめがね
僕の計測なので誤差はご容赦ください。

 

全長が短い割にショートスケールが確保できているのは、サドルがボディの端ギリギリに作られてるからです。

ミニギターとは言え、フレットの幅は広めに作られているので窮屈になることはありませんよ。

Pignose(ピグノーズ)アンプ内蔵エレキギターPGG-200の各部の写真

Pignose(ピグノーズ)PGG-200の各部を撮影したのでご覧ください。

 

ヘッド部分

Pignose(ピグノーズ)アンプ内蔵エレキギターPGG-200のヘッド部

 

ヘッド裏

Pignose(ピグノーズ)アンプ内蔵エレキギターPGG-200のヘッド裏

 

ブリッジ

Pignose(ピグノーズ)アンプ内蔵エレキギターPGG-200のブリッジ

 

ボディ裏

Pignose(ピグノーズ)アンプ内蔵エレキギターPGG-200のボディ裏

アンプはオープンバック構造を採用しています。

 

アウトプットとイヤホンジャック

Pignose(ピグノーズ)アンプ内蔵エレキギターPGG-200のアウトプットとイヤホンジャック
ちびめがね
ちびめがね
イヤホンジャックがついているので、ヘッドホンをしながら演奏すれば夜でも迷惑になることはありませんよ!

 

スピーカー部

Pignose(ピグノーズ)アンプ内蔵エレキギターPGG-200のスピーカー

スピーカーのサイズは10㎝。

迫力のある音が出てきます!

 

各部を撮影してみました。

本格的な造りをしていますよね?

ちびめがね
ちびめがね
実際に触れてみるのが一番かもしれないですが、参考にしてみてくださいね!

 

Pignose(ピグノーズ)アンプ内蔵エレキギターPGG-200の音

では実際にどんな音がするのか、6弦から1弦まで弾いてみましたので聴いてみてください!

 

ボリュームを少しだけ回した時の音


 

 

ボリュームを最大まで回した時の音

 

いかがでしょうか?

ボリュームを最大まで回すとかなり歪んだ音になります!

また、ボリュームを最大近くまで回すと、ハウリングを起こすので、本格的です。

ちびめがね
ちびめがね
エレキギター特有の音で、初心者ながら興奮してしまいます!

 

ボリュームの大小で歪みの強さが連動しているということになります。

それは本格的な音作りを求める人にとっては、ちょっと使いにくいかもしれませんね。

ちびめがね
ちびめがね
ギター初心者は難しいことを考えずに、好き勝手弾いて酔いしれてください!

 

Pignose(ピグノーズ)アンプ内蔵エレキギターPGG-200を初心者が買って良いのか

  • ギターをきちんと始めたい!
  • これからプロを目指したい!

あなたがそう考えているのであれば、きっと楽器屋さんでもやめなさいと言われると思います。

そういう人はギターメーカーが出している、初心者用ギターセットを買うべきです。

 

でも僕がPignose(ピグノーズ)PGG-200を買った理由はそうではありません。

とにかく手軽にエレキギターを楽しみたい

さっと取り出して、すぐにジャーーンと弾きたかったんです。

人前で披露するなんて全く考えていませんし、とにかく趣味で気軽にギターを弾きたかった。

僕気持ちは、Pignose(ピグノーズ)のPGG-200が解決してくれました。

ちびめがね
ちびめがね
もちろん練習しなければ、弾けるようにはなりませんよ?

 

だから初心者というよりはギターを気軽な趣味にしたい人に向いているギターだと思います。

息子
息子
コードや音楽理論は全くわからないけど、かっこいい音でギターを弾いてみたい!

 

そう思っているのならPignose(ピグノーズ)PGG-200はおすすめのギターです。

まとめ:Pignose(ピグノーズ)アンプ内蔵エレキギターPGG-200でギターを楽しみましょう!

僕はPignose(ピグノーズ)PGG-200をずっと紹介したいと思っていました。

本当に気に入っていて、週末にはジャカジャカ弾いて遊んでいます。

技術は全然ありませんが、それでも気持ちを満たしてくれます!

 

ずっとギターをやってみたかったんだけど今更始めるのもなって思っているあなたに、ぜひPignose(ピグノーズ)アンプ内蔵エレキギターPGG-200を使って欲しいです。

 

なお、僕が購入したのはこちらのセットです!

 

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいてありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA