ガジェット

【Ibywind Redmi Note 9S専用ガラス保護フィルム レビュー】背面保護フィルム付きでおすすめ!

Redmi Note 9Sは、価格以上の性能のある超優秀なスマホですが、サイズがとにかくでかい!

ただでさえ大きいのに、保護ケースを装着すると更に大きくなってしまいます・・・。

Redmi Note 9Sのサイズ感

 

落として壊れてしまうのは嫌だけど、手の小さな僕にとっては非常に使いにくいポイントです。

そこで、ケースを外して頑丈な保護フィルムだけ装着して使っていくことに決めました。

購入した保護フィルムは、Amazonで見つけたIbywindの強化ガラスタイプ。

Ibywind強化ガラス保護フィルム

 

購入の決め手は、背面フィルムとカメラレンズプロテクターもセットになっているところ。

Ibywindの保護フィルムを1つ買えば、Redmi Note 9Sの全てが守られることになります。

ちびめがね
ちびめがね
価格も1,000円ちょっとなので、コスパも最高です!

 

本記事で、はIbywindのRedmi Note 9S専用ガラス保護フィルムをレビューしていきます。

Ibywind Redmi Note 9S専用保護フィルムの内容物

Ibywind Redmi Note 9S専用保護フィルムの内容物は以下のとおりです。

  • 強化ガラス保護フィルム2枚
  • ウェットシート×2
  • スクリーンスクラブ×2
  • ホコリ吸着シール×2
  • カメラレンズプロテクター1個
  • 背面保護フィルム(透明色)1個
  • 簡単装着キット1個
  • 気泡除去用ジェル
  • 取扱説明書
Ibywindの内容物

 

保護フィルムの厚さは0.33mmで、そこそこ厚みがあります。

Ibywindの保護フィルム

 

強度は9Hで、9Hの鉛筆を擦りつけても傷が付かない程度

カッターなどの金属で擦れば傷ができますし、落とせば当然割れます。

それでも、ディスプレイは守ってくれる強度です。

 

ガラスフィルムは、なるべく厚いものを定期的に交換する使い方が最適です。

どんなに高価なガラスフィルムであっても、強度に大きな違いはありません。

そのため、コスパの高いIbywindのガラスフィルムは、貼りやすいので初めてのガラス保護フィルムに最適と言って良いでしょう。

 

ガラスフィルムを貼り付けしやすいように、装着キットが同封されているのは嬉しいポイントです。

Ivywindの装着キット

 

また、気泡除去用ジェルが素晴らしい効果を発揮します。

これがあるのとないのとでは、仕上がりに大きな差が出るのでIbywindを選ぶメリットになるでしょう。

気泡除去ジェル

 

取扱説明書も安心の日本語なので、使っていて迷うことは殆どないと思います。

Ibywindの取扱説明書

Ibywind Redmi Note 9S専用保護フィルムの貼り方

Ibywindの保護フィルムをRedmi Note 9Sに貼っていきます。

ディスプレイ部分の保護フィルムに必要なものは以下のとおりです。

  • ウェットシート
  • スクリーンスクラブ
  • ホコリ吸着シール
  • 簡単装着キット
ガラス保護フィルム装着キット一式

① ウェットシートで拭き取り

まず、ウェットシートでディスプレイ付着した汚れを綺麗にしていきます。

Ibywindoのウェットシート

 

前面を拭いて、指紋などの汚れを綺麗にします。

ウェットシートで綺麗にする

 

ディスプレイの端っこは埃が溜まりやすいので、入念に磨いていきましょう。

② スクリーンスクラブで磨く

ウェットシートで汚れを除去すると、薬剤が白く残る場合があります。

メガネ拭きのような質感のスクリーンスクラブで、綺麗になるまで磨きましょう。

スクリーンスクラブで磨く

③ ホコリ吸着シートで小さなゴミを取り除く

スクリーンスクラブでディスプレイを擦ると、摩擦でホコリが付きやすくなるので、吸着シートでペタペタゴミを取り除いていきます。

正しい工程だと、ホコリを除去した後に簡単装着キットを取り付けるのですが、僕は取り付けの時にホコリが付いてしまうのが嫌だったので、先に取り付けてしまいました。

簡単装着キットの取り付け

 

吸着シートはシールになっているので、ディスプレイを綺麗にしていきます。

ホコリ吸着シート

④ 保護フィルムの取り付け

簡単装着キットを取り付けているので、保護フィルムの貼り付けは簡単です。

保護フィルム

 

インカメラのレンズの位置に合わせてあげると、綺麗に貼れますよ。

保護フィルムをディスプレに落とすと、勝手に吸着されていきます。

保護フィルムの貼り付け

 

とっても綺麗に貼れました。

ガラス保護フィルムを装着

 

厚みもそれほど気になりません。

Ibywindの厚み

⑤ 気泡除去ジェルで仕上げ

ガラス保護フィルムの性質上、どうしても端に小さな気泡が入ってしまう場合があります。

 

気にならないのであれば、このままでも良いのですが、僕は完璧にしたいので気泡除去ジェルで仕上げをしました。

硬い筆先のようになっている部分をディスプレイの端に当てて、少しずつジェルを染み込ませてあげます。

気泡除去ジェルを塗り込む

 

最後にスクリーンスクラブ等で、保護フィルムをピタッとくっつけてあげれば完成です。

完璧な仕上がりになりました!

保護フィルムを付けたRedmi Note 9S

 

保護フィルムを綺麗に貼れる付属品が沢山入っているので、初めての人でも上手くいくと思います。

背面フィルム・カメラ保護フィルムの貼り付け

Ibywindには、背面フィルムとカメラ保護フィルムも付いています。

これらとセットになっていたのが、購入の決め手になりました。

背面フィルム

背面フィルムは、薄いシリコン風で透明(やや白っぽい)でした。

背面保護フィルム

 

ホコリや気泡が入っても、背面はそれほど気にならないので大胆に貼り付けていきましょう。

綺麗に貼れるまで、貼り直しをしても大丈夫です。

背面保護フィルムを装着したRedmi Note 9S

 

貼り直しをやりすぎてしまったようで、端が浮いてしまいました・・・。

背面保護フィルムの端が浮いた
ちびめがね
ちびめがね
剥がす時は、力を入れずに優しくしましょう!

カメラ保護フィルム

カメラ保護フィルムは、Redmi Note 9Sの背面カメラの形状に切り取られたガラスフィルムです。

カメラ保護フィルム

 

貼り付けは難しくありませんが、気泡が入らないように気をつけましょう。

カメラ保護フィルムを装着したRedmi Note 9S

Ibywind Redmi Note 9S専用保護フィルムの注意点

Ibywindの保護フィルムを実際に使って感じた注意点は以下のとおりです。

  • 装着時は電源をOFFに
  • 保護ケースより弱い

装着時は電源をOFFに

保護フィルムを装着する時は、ディスプレイを触らないようにするために、側面を掴むことが多いです。

その時に、電源ボタンを触ってしまうことがあるのですが、指紋センサーが反応してしまってバイブがめちゃくちゃ気になります

Redmi Note 9Sの電源ボタン

 

Ibywindに限ってのことではありませんが、Redmi Note 9Sに保護フィルムを装着する時は電源をOFFにしておきましょう。

保護ケースより弱い

当然のことですが、保護ケースを取り外してしまうと防御力が下がります

僕はサイズ感が気になったので保護ケースを使うのをやめましたが、そうではないならケースも装着しておきましょう。

背面保護フィルムを付けているものの、ペラペラなので擦り傷が付かない程度

落としてしまったら、背面フィルムごとRedmi Note 9Sに傷が付くでしょう。

 

また、保護ケースで覆われていた部分が剥き出しになります。

Redmi Note 9Sの保護ケース

 

特に、USB-Cポートのキャップを外してしまうことになるので、水等の侵入に注意をしなければいけません。

USB-Cポート保護キャップ
ちびめがね
ちびめがね
くれぐれもご注意ください!

 

Redmi Note 9Sのサイズ感が気にならないのであれば、Ibywindのフィルムを装着したうえで、保護ケースを付けてあげれば防御は完璧になります。

まとめ:Redmi Note 9Sのサイズが気になる人は保護フィルムを!

IbywindのRedmi Note 9S専用ガラス保護フィルムをレビューしました。

Redmi Note 9Sに保護ケースを装着していて、サイズ感に悩んでいるなら保護フィルムのみで使ってみてはいかがでしょうか?

Ibywindには、背面フィルムとカメラプロテクターも付いてくるので、強力ではないものの、守れる範囲が広がります。

また、フィルムを綺麗に貼れる工夫がされているので、初心者でも簡単に貼れるでしょう。

2枚セットなので、1枚ダメになってしまっても安心です。

Redmi Note 9Sのサイズ感にお困りなら、おすすめなので是非使ってみてください。

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA