ガジェット

【Blackview Tab 13】スペック・特徴まとめ!安く買うならAliExpressワールドプレミアセールで!

中国スマホメーカーBlackview(ブラックビュー)からタブレットの最新モデル「Blackview Tab 13」が発売されました。

Blackview Tab 13

激安中華タブレットってどれも似たりよったりなんですが、Blackview Tab 13のスペックをチェックしてみると一味違う印象です。

  • 10.1インチ 液晶ディスプレイ
  • TÜV Rheinland低ブルーライト認証
  • MediaTek Helio G85搭載
  • 6GB/128GB
  • 最大4GBメモリ拡張
  • Doke OS_P3
  • PCモード搭載
  • バッテリー容量7,280mAh
  • ステレオスピーカー

動作性能はそれなりですが「PCモード」が搭載されているのが気になるポイント。

スピーカーもステレオなので音楽鑑賞・動画視聴が捗りそうです。

Blackview Tab 13

Blackview

Blackview Tab 13の発売を記念してAliExpressではワールドプレミアセールを開催。

8月22日から4日間限定の特別価格で販売されるようです。

本記事ではBlackview Tab 13のスペック・特徴とAliExpressでのワールドプレミア情報をまとめて紹介いたします。

Blackviewの担当者さんによると当ブログに実機を貸して頂けるそうです。

すぐに購入するのは怖いなーと思ったら、後日公開予定の実機レビューもチェックしてください。

スペックは立派でも実際に使ってみなければ分からないことがありますからね。

Blackview Tab 13のAliExpressセール価格

Blackview Tab 13のAliExpressセール価格

AliExpressでのワールドプレミアは2022年8月22日 16:00から4日間の期間限定セールです。

クーポン・プロモーションコード等を組み合わせた結果、最終価格が$133.99(約18,300円)になるようです。

通常価格$178.99(約24,500円)
特別割引クーポン-$9
ストアクーポン-$20
クーポンコード
-$16
最終価格$133.99(約18,300円)

割引クーポン・ストアクーポンは商品ページで獲得可能。

グローバル向けのクーポンコードは【16FROXEN130】です。

さらに期間中には抽選でワイヤレスイヤホンやキーボード等が当たるチャンスもあります。

Blackview Tab 13のAliExpressセール価格

ちょっと動作は弱いものの、10インチのタブレットが18,000円ほどで買えるなら超お得!

国内のAmazonや楽天でよく分からない中華メーカーのタブレットを買うくらいなら、Blackview Tab 13を断然おすすめします。

AliExpressでの買い物方法をこちらの記事で解説しているので、初めての人は本記事と併せてチェックしてくださいね。

AliExpressで買い物する方法を解説!住所の入力やお得な支払い方法を紹介海外通販サイト「AliExpress(アリエクスプレス)」で買い物する方法を紹介しています。さらにお得に購入できる方法も。AliExpressでお得に、珍しいものを買ってみましょう。...

AliExpressのセール情報、特に価格・クーポンコード等はセール開始後に変更されることが多いです。必ず購入前に商品ページを隅々まで確認するようにしてください。

Blackview Tab 13

Blackview

Blackview Tab 13のスペック

Blackview Tab 13のスペック

Blackview Tab 13の主要スペックは以下のとおりです。

サイズ約238.8 x 157.6 x 7.7mm
重さ450g
ディスプレイ10.1インチ IPS液晶
FHD+
1,200×1,920
224ppi
最大300nits
リフレッシュレート
不明
Widevine不明
OSDoke OS_P 3.0
Android 12ベース
SoCMediaTek
Helio G85
RAM6GB
ROM128GB
リアカメラ1,300万画素
300万画素
リアカメラ(動画)不明
インカメラ800万画素
インカメラ(動画)不明
バッテリー7,280mAh
生体認証顔認証
対応SIMNano SIM×2
排他的利用タイプ
外部ストレージMicro SD対応
最大1TB
対応BANDWCDMA: B1//B8
TDD: B40
FDD: B1/B3/B7/B8/B20
仮想SIM対応(SIMO)
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth不明
イヤホンジャックなし
スピーカーステレオ
防塵防水不明
NFC不明
FMラジオ不明
衛星測位
GPS/Beidou/Glonass/Galileo
付属品SIMピン
USBケーブル
充電器(海外仕様)
保護ケース
保護フィルム

SIMカードを装着できるので家でも外でも使えるのは嬉しいポイント。

ただし5Gには非対応。対応Band的にソフトバンク回線が最適でしょう。

ちびめがね
ちびめがね
技適マークの表示は確認が必要です!

なんと液晶保護フィルムはもちろん保護ケースまで付属しています。

Blackview Tab 13の付属品
Blackview Tab 13の付属品

ディスプレイを保護できるタイプなのも嬉しいですね。

パタパタ折り畳めば簡易的なタブレットスタンドになっちゃいます。

購入してすぐに使えるのは、さすが中華タブレットって感じがします。手厚い。

Blackview Tab 13

Blackview

Blackview Tab 13の特徴

Blackview Tab 13の特徴

最後にBlackview Tab 13の特徴を紹介していきます。

10.1インチ IPS液晶ディスプレイ

Blackview Tab 13のディスプレイ

Blackview Tab 13のディスプレイは10.1インチのIPS液晶。

最大輝度300nitsと少々暗めなものの、解像度1,200×1,900、224ppiで室内でなら十分使えそうなスペックになっております。

動画視聴が好きなら10インチタブレットがおすすめ。

実際に僕はXiaomi Pad 5(11インチ/59,800円)も使ってますけど、やっぱりスマホで動画を見るのとは迫力が全然違いますからね。

Blackview Tab 13のディスプレイ

TÜV Rheinland 低ブルーライト認証取得

Blackview Tab 13のディスプレイ

さらにBlackview Tab 13はTÜV Rheinland(テュフ ライランド)の低ブルーライト認証を取得済み。

公式サイト>>Eye Comfort Certification

3段階のダークモードに加えて読書モードも搭載されているので、ゴロ寝タブレットとして使っても目に優しい仕様になっているのが他の中華タブレットとは異なるメリットです。

ステレオスピーカー搭載

Blackview Tab 13のステレオスピーカー

大画面ディスプレイと併せて注目したいのが、Blackview Tab 13のステレオスピーカー。

上部下部それぞれにスピーカーを搭載しているので、横持ちをすればステレオサウンドを楽しめちゃいます。

Blackview Tab 13のステレオスピーカー

おそらく音質はそれほど良いとは思えませんが、モノラルスピーカーと比べれば雲泥の差。

より臨場感のあるサウンドで音楽や動画を楽しめるはずです。

動作性能はエントリースマホと同じくらい

Blackview Tab 13はMediaTek Helio G85搭載

Blackview Tab 13に搭載されているSoCはMediaTek Helio G85です。

商品紹介ではゲームもバリバリいけちゃうようにも見えますが、残念ながらそれは厳しいでしょう。

AnTuTuベンチマークのスコアはだいたい20万点くらいで、ネットサーフィンやSNS、動画視聴くらいならスムーズにできますが、重いゲームをプレイするには力不足。

僕がこれまでレビューしてきたスマホの中では、moto g31が全く同じSoCを搭載していました。

【moto g31レビュー】メリット・デメリット・評価まとめ!美しい有機ELディスプレイを搭載したエントリーモデルmoto g31を実機レビューしています。格安スマホでありながら有機ELディスプレイを搭載。Dolby Atmosにも対応したコスパの高いモデルです。普段使いに困らない動作性能、価格以上に綺麗に撮影できるカメラも魅力。...

ただ搭載しているRAM容量が6GBであることに加えて、最大4GBまでROMの一部をRAMに拡張できる機能もあるので、ちょっとはキビキビ動いてくれそうな印象です。

Blackview Tab 13のメモリ拡張機能
ちびめがね
ちびめがね
過度な期待は禁物!

PCモードに期待が高まる

Blackview Tab 13のPCモード

個人的にBlackview Tab 13で最も期待しているのがPCモードです。

Bluetoothキーボードで入力したり、アプリを利用してサブディスプレイにできたりは他のタブレットでもできますが、PCさながらの使用感になるタブレットは見たことありません。

ちびめがね
ちびめがね
しかもセール価格が1万円台の激安タブレット!

小さなウィンドウを並べて表示できるのでマルチタスクも捗りそうです。

Blackview Tab 13のPCモード

とは言え、搭載されているSoCの性能がエントリースマホ並みなので、PCと全く同じように使えるとは思えませんが、ガジェット好きとしては使用感を確かめたいところですね。

Android 12ベースのDoke OS_P 3.0も使い勝手が良さそうなので気になります。

Blackview Tab 13のDoke OS

激安中華タブレットってAndroidをそのままぶち込みました!っていう雰囲気のものが一般的なんですが、Doke OSは一味違う使い勝手の良さがありそうです。

7,280mAhの大容量バッテリー

Blackview Tab 13のバッテリー容量

Blackview Tab 13は7,280mAhの大容量バッテリーを搭載。

バッテリー消耗については使ってみなければなんとも言えない部分ですが、動画視聴の連続使用時間は5.5時間と控えめな印象です。

ただ室内で使うならすぐに充電もできるので、これくらいバッテリーがもてば十分だと思います。

厚さは7.7mmと扱いやすそうですが、450gとそこそこ重め。

さすがに毎日持ち運ぶのはちょっと厳しいですよね。これにケースを装着したらさらに重くなるので・・・。

Blackview Tab 13の重さ

Blackview Tab 13は、他社製の激安中華タブレットよりも使いやすそうな印象。

低ブルーライト認証や、PCモードなどBlackview Tab 13にしかないメリットもあるので、セール価格とは言え18,000円ちょいで買えるなら超お得だと思います。

Blackview Tab 13

Blackview

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA