ガジェット

【Google Pixel Stand(第2世代)レビュー】最大23W充電可能なワイヤレス充電スタンドは買うべき?

いまいちワクワクしない・・・。

Google Pixel Stand(第2世代)を購入しました。

Google Pixel Stand(第2世代)

 

Google純正のワイヤレス充電スタンドです。

税込み9,570円とかなり強気な価格設定ですが、果たしてどれほどの性能なのか?

実際に使ってみた様子を本記事でレビューしていきます。

Google Pixel Stand(第2世代)のデザイン・付属品

Google Pixel Stand(第2世代)の外箱

デザイン

Google Pixel Stand(第2世代)にはカラーバリエーションはなくホワイト1色。TPU・ポリカーボネート製で光沢のないマットな色合いです。

Google Pixel Stand(第2世代)のデザイン

 

台座部分に小さなLEDランプが搭載されています。充電開始時に白で点灯し、正確に充電できていない時はオレンジに点灯します。小さすぎてイマイチよく分かりませんが・・・。

Google Pixel Stand(第2世代)のデザイン

 

背面にはUSB-Cポート。

Google Pixel Stand(第2世代)のデザイン

 

底面には性能や各種認証が印字されております。

Google Pixel Stand(第2世代)のデザイン
Google Pixel Stand(第2世代)のデザイン

 

サイズは82mm×71.6mm×113.9mmで想像よりもコンパクトな印象。

 

Google Pixel 6 Pro、iPhone 12 miniを置いてみた様子がこちら。サイズ感の参考になりますでしょうか。

 

重さは実測で264g。持ち運んで使う人は殆どいないと思いますが、けっこうズッシリしています。ちなみにGoogle Storeの技術仕様には71gと記載されていましたが完全に誤記だと思います。

Pixel Stand(第2世代)の重さ

付属品

Google Pixel Stand(第2世代)の付属品は以下のとおり。

  • クイックスタートガイド
  • USB-C充電器
  • USB-Cケーブル
Google Pixel Stand(第2世代)の付属品

 

ケーブルはUSB-C to Cのタイプで長さ1.5mとそこそこ長め。

Google Pixel Stand(第2世代)の付属品

 

充電器は単体でも購入可能な「Google 30W USB-C 充電器」です。

Google Pixel Stand(第2世代)の付属品
Google Pixel Stand(第2世代)の付属品

 

コンパクトなサイズ感ながらも30W急速充電可能なハイパワーモデル。

Google Pixel Stand(第2世代)の付属品

 

実際にGoogle Pixel 6 Proに使ってみたところ、30Wにまでは及ばないものの25W程度で充電できていました。スマホの急速充電は18Wのものが多いのでけっこう強力です。

Google Pixel Stand(第2世代)の付属品

Google Pixel Stand(第2世代)の充電速度・性能をレビュー

Google Pixel Stand(第2世代)

 

Google Pixel Stand(第2世代)の充電速度・性能はどれほどなのか?実際に使ってみた様子を紹介していきます。

Pixel 6 Proを最大23Wで充電可能!

Google Pixel Standの充電速度

 

Google Pixel Stand(第2世代)は、ワイヤレスにもかかわらずPixel 6シリーズを有線充電にも負けないくらいハイパワーで充電できる点が最大のメリットです。

  • Pixel 6:最大21W
  • Pixel 6 Pro:最大23W

発売当初はPixel 6シリーズが急速充電に対応しておらず、実際にPixel 6 Proを充電している時の出力を計測してみたところ7W程度での充電に・・・。

Google Pixel Standの充電速度

全くPixel Stand(第2世代)のメリットが活かしきれない状態でした。

その後、2022年1月15日頃からPixel 6シリーズ向けシステムアップデートの配信開始。

ついに本来の速度で充電できるようになりました。

実際にPixel 6 Proを充電している時に電力を計測した結果は以下のとおり。日や時間を変えて何度か計測してみましたが、しっかり急速充電できています。

計測の数値はスペック上の23Wを超えていますが、Pixel Stand(第2世代)へ給電される時にロスする電力があるものと思われます。

Pixel 6 Proをバッテリー残量10%からフル充電するまでにかかった時間は約2時間半

充電モードを「最大」にしてこの結果なので、性能的には普通と言ったところですね笑

ずっと同じペースで充電されているわけではなく、80%くらいまではグンと早く充電されて、その後緩やかになっていくようです。

なお、付属のUSB-C充電器で有線充電した方が充電時間は短く、約2時間でフル充電可能でした。

ちなみに、他社製のワイヤレス充電器よりはPixel Standの方が早く充電できるはず。

例えば、僕が普段iPhone 12 miniに使っているAUKEY製のワイヤレス充電器を使ってみたところ最大でも15W前後での充電に留まりますからね。

Google Pixel Standの充電速度

有線充電とそれほど変わらない速度で充電できるので、それならPixel Standを使った方がいいじゃん!と思いました。

ちびめがね
ちびめがね
無事システムアップデートが配信されてよかった!

Qi対応デバイスも充電可能

もちろんGoogle Pixel Stand(第2世代)は、Pixel 6シリーズでなくてもワイヤレス充電規格Qi(チー)に対応しているデバイスであれば置くだけ充電が可能です。

Google Pixel Standの充電速度
Google Pixel Standの充電速度

 

充電速度はデバイスによって異なりますが、最大15Wまで出力が可能とのこと。iPhone 12 miniに使った時は5W程度での充電になっていました。

Google Pixel Standの充電速度

 

またワイヤレス充電に対応した歴代のPixelシリーズにももちろん使えますが、最大10W出力止まりのようです。

充電可能エリアは2箇所

Google Pixel Stand(第2世代)は上部・下部2箇所に充電用のコイルが搭載されているようです。

Google Pixel Stand(第2世代)の充電可能エリア
Google Pixel Stand(第2世代)の充電可能エリア

 

下部にも充電可能エリアがあることで、ワイヤレスイヤホンのような小さなデバイスでもPixel Standに置くだけで充電可能に。台座に窪みがあるので自立できない形状のデバイスでも問題なく充電できると思います。

Google Pixel Stand(第2世代)の充電可能エリア

 

その反面、充電可能エリアが全面にないデメリットもありました。Pixel 6 Proを横置きで充電できません。このため、横置きで動画を見ながらの充電が不可能に・・・。

Google Pixel Stand(第2世代)の充電可能エリア
ちびめがね
ちびめがね
これ結構ダメじゃないですか・・・?

 

またデバイスのサイズによっては縦置きでは充電できず、強制的に横置きにしなければならないものもあるでしょう。例えばiPhone 12 miniはまさにそうなります。

Google Pixel Stand(第2世代)の充電可能エリア
Google Pixel Stand(第2世代)の充電可能エリア

 

ワイヤレス充電器・充電スタンドにはよくあることなのでPixel Standに限った話ではないのですが、充電可能エリアはかなりシビアなのでご注意ください。

それにしてもPixel 6 Proを横置きで充電できないは、ちょっとうーん・・・。仮にも同じGoogle製品なんですけどね?

Google Pixel Stand(第2世代)の機能をレビュー

Google Pixel Stand(第2世代)

 

Google Pixel Stand(第2世代)はワイヤレス充電スタンドなので、置くだけ充電できる点が最大の魅力ですが、その他にも便利な機能が搭載されています。

やはりGoogle Pixelシリーズとの連携が特徴的。

  • 暗い場所で画面をOFF
  • ドッキング中に自動サイレントモード
  • フォトフレーム
  • 音声アシスタントの操作
  • めざましディスプレイ
  • スマートホームの操作
  • 充電モードの切り替え

これらの機能がPixelシリーズでは使えるようになります。

初めてGoogle Pixel Stand(第2世代)でPixelシリーズを充電するとセットアップ画面が表示され、1つずつ設定していくことが可能です。

 

なお設定した項目は、設定アプリの「接続済みデバイス」から変更することもできます。

実際に使っていて特に気に入ってる機能をピックアップして紹介していきます。

フォトフレーム

Google Pixel Stand(第2世代)にPixelスマホをセットすると、置き時計のように時計が表示されます。

Google Pixel Stand(第2世代)のフォトフレーム

 

ちなみにこれは「時間と情報を常に表示」(常時オンディスプレイ)を無効にしていても、自動的に表示される特別な機能です。

Google Pixel Stand(第2世代)のフォトフレーム

 

さらにそれだけではなく、紐付けされたGoogleアカウントのGoogleフォトに保存されている写真も表示可能です。特定のフォルダを指定すればお気に入りの写真がフォトフレームのように次々表示されるようになります。

 

僕はGoogleフォトに保存している子どもたちの写真を全て表示するように設定しました。小さい頃の懐かしい写真が表示されるので、ついつい見入ってしまいますね。

ホームデバイスを操作

充電中に画面をタッチすると、Google Homeに登録してあるスマートホーム家電を操作可能です。

Google Pixel Stand(第2世代)でホームデバイスを操作
Google Pixel Stand(第2世代)でホームデバイスを操作

 

最大4つまで登録可能で、操作できるのは電気・ライト系と空調関連デバイスに限定されているようでした。わざわざロックを解除しなくても操作できるので重宝しています。

充電モードの切り替え

Google Pixel Stand(第2世代)には3つの充電モードがあります。

  • 最適化(デフォルト)
  • 最大
  • 静音

通常は「最適化」を選択しておけば、バッテリーの状況などに合わせて出力を調整してくれるので問題ありません。

ただ、できるだけ早く充電して欲しい!という場面もありますよね?そういう場合には画面をタップしてあげれば「最大化」と「静音」をスポット的に選択可能です。

Google Pixel Stand(第2世代)の充電モード切り替え

冷却ファン搭載

Google Pixel Stand(第2世代)は充電中の発熱を抑える冷却ファンが搭載されています。本体下部と台座の隙間から風が送り込まれるようです。

Google Pixel Stand(第2世代)の冷却ファン

 

排出された空気はスマホの背面を通って上部に流れていきます。ティッシュを当ててみたらヒラヒラ動いていました。

Google Pixel Stand(第2世代)の冷却ファン

 

充電モードを「最大」に設定すると「ファァァァァ」とファンが回転する音がします。うるさく感じるほどではないですが、静かな部屋だと少し気になるかもしれません。

また、「静音」に設定するとファンの音はほとんど感じられなくなります。仕事中など気になって集中できない場合には一時的に「静音」にしても良いでしょう。

まとめ:Google Pixel Stand(第2世代)は買うべき?

Google Pixel Stand(第2世代)

 

Google Pixel Stand(第2世代)をレビューしました。

税込み9,570円。付属の30W USB-C充電器の価格を差し引いたとしても5,610円と超高級品。

Pixel 6シリーズへのシステムアップデートで急速充電が可能になったものの、無理して購入するほどでもないかなー?というのが率直な感想です。

Pixelスマホとの親和性は高く、フォトフレームになったり、スマートホームデバイスが操作できたりと付加価値的な機能もありますが、多くの人は10,000円払ってまで使いたいとは思わないでしょう・・・。

もっと使っててワクワクしたり、Pixelスマホとの連携がヤバイ!って思わせるくらいにならないと厳しいと思います。

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA