ガジェット

AirPodsもEarPodsも耳から落ちる。その原因は耳の形だった!

iPhoneユーザーにはおなじみのAirPods。

 

街で普通に見かけることも多くなってきました。

 

でも僕はこのイヤホンを使うことができません。

AirPodsに限らず、有線イヤホンのEarPodsも使うことができませんでした。

使ってもすぐに耳からポロっと落ちてしまうんです。

なぜなら

 

耳の形が対応していなかったんです!

 

あなたはEarPodsもAirPodsも外れやすいんだよなーって思っていませんか?

もしかするとそれって耳の形が原因かもしれませんよ?

 

本記事ではAirPodsやEarPodsが耳から落ちてしまう原因となる耳の形の解説、AirPodsやEarPodsが耳から落ちないためのおすすめ対策グッズを紹介いていきます!

AirPodsやEarPodsが落ちやすい耳の形とは

どんな耳の形がAirPodsやEarPodsが落ちやすいのかご紹介いたします。

どうしてすぐに耳から落ちてしまうのか。

僕の耳を見ていただければ分かります。

 

EarPodsを耳に装着してみるとこうですね。

確かに耳には入ります。

 

でも簡単な動きですぐにポロッと外れてしまいます。

 

こちらのApple公式サイトのAirPods装着画像をご覧ください。

 

違いがわかりますでしょうか?

僕の耳にはAirPodsを支えるこの部分がないんです。

 

 

このイヤホンを支える軟骨を対珠(たいじゅ)というんですが、僕の耳の対珠は極めて小さいんです!

もはや、無いに等しい・・・。

 

対珠のイラスト

 

耳はもともと複雑な形をしているので対珠がないこともあるそうなのですが、一般的には対珠がある人の方が多いようです。

子どもの頃からイヤホンが落ちやすいなとは思っていたんですが、耳の形状がイヤホンに適してないとは思いませんでした。

 

本来イヤホンが落ちないように支える対珠がないんですから、イヤホンが簡単に外れて落ちるはずですよね。

 

あなたもお手元のAirPodsかEarPodsを装着した状態で鏡で確認してみてください。

どうですか?

AirpodsやEarPodsがスポッとはまって、支えてくれる対珠はありますか?

 

もし対珠の存在が確認できたなら、おめでとうございます!

あなたは耳の形状的にはAirPodsやEarPodsに適していると言えます。

 

残念ながら僕と同様に対珠が小さい人や対珠がない人。

あなたは現状のAirPodsやEarPodsは耳に適していないかもしれません。

AirPodsやEarPodsが耳から落ちないための対策方法

対珠の存在が確認できて耳の形状はAirPodsやEarpodsに適しているかもしれないですが、どうしても落ちてしまうか不安ですよね?

特別激しい動きをしなければ外れて落ちることもないとは思いますが、高価なものだし心配だと思います。

 

そんなあなたは、AirPodsやEarPodsが外れないように対策しましょう!

 

ちなみにAirPodsを落としてなくしてしまった場合には購入することもできます。

片方だけなくしてしまった場合の記事ですが参考にしてみてください。

AirPodsを片方だけなくした時はApple公式修理サービスへ!

AirPodsを片方だけなくした時はApple公式修理サービスへ!AirPodsを片方だけなくしてしまって見つからない時は、Apple公式の「AirPods修理サービス」を利用することをおすすめします。片方だけ購入も可能です。詳しい利用方法や価格を紹介いたします。...

 

僕は自分の耳には合わないことは分かっていましたが、それでもEarPodsを使いたかったので、いくつか外れない対策の商品を購入していました。

僕の耳にはどの商品も合わずに結局外れてしまいましたが、耳の形状が適しているあなたには、これから紹介する商品でAirpodsやEarPodsが外れなくなるはずです!

イヤホン用スポンジカバー

この商品はイヤホンが入ったあとの耳の空間を埋めてくれて、耳との摩擦が増えて外れにくくなります!

ただ、耳の小さい人や女性には少しキツいかもしれないので注意が必要です。

シリコン製カバー

耳の小さな人や女性にはこちらのシリコン製のカバーをオススメします!

スポンジほど厚みはないので丁度いいはずです。

ただし使い続けると摩擦で表面がツルツルになってしまうので滑ります。何個か入っているので、気になったら交換するのを忘れないようにしましょう!

フック付きシリコン製カバー

AirPodsやEarPodsが耳に合わない僕でもこれは外れにくかったです。

耳の隙間を埋めてくれて、さらに耳の穴の上の隙間にひっかかるフックがついているので、ちょっとやそっとじゃ外れなくなります。一番のオススメです!

こちらもシリコン製なので定期的に交換した方が良いと思います!

 

スタイリッシュでiPhoneとの親和性が高いAirPodsやEarpodsの性能を最大限に発揮するために、最高の形で耳にフィットさせてあげましょう!

紹介した商品はどれもそんなに高いものではないですが、あなたのAirPodsやEarPodsを守ってくれる保険になります。

是非使ってみてくださいね!

AirPodsやEarPodsが耳に合わない人におすすめのイヤホン

残念ながら対珠が小さかったり、対珠が無い耳の場合はEarPodsやAirPodsのみならず、インイヤータイプのイヤホンはどれも使えません。

そんな僕みたいに対珠のない人に最も適しているのは、カナル型イヤホン耳の穴に入れて使うタイプのイヤホン)です。

ちびめがね
ちびめがね
イヤホンが耳から落ちてくる心配がないですからね!

 

僕はこれまでに、いくつかカナル型イヤホンを使っています。

購入する時の基準は以下の2つです。

  1. 購入しやすい価格
  2. 音質が優れている

 

これまで購入したイヤホンで、失敗したと感じたものはありません。

あなたも僕のように、対珠がなくてAirPodsが使えない!と悩んでいるのであれば、是非これから紹介するカナル型イヤホンを使ってみてください。

PHILIPS SHE9700

マツコの知らない世界で紹介された人気イヤホンです。

価格以上の音質!

注文が殺到して生産中止になったのですが現在は復活しています。

復活していますが、値段は高騰しているので最新モデルをオススメします。

こちらが最新モデルです。

 

PHILIPS SHE9700には、リモコンもマイクもありません。

音楽を聴くためだけののイヤホンです。

そのかわり、音質は最高

こもった感じもなくクリアであり、低音もしっかり伝わってきます。

SoundPEATS

こちらは僕が初めて購入したワイヤレスイヤホンです。

ケーブルがないイヤホンが欲しくてSHE9700から乗り換えました。

充電しなければならない点が少し手間ですが、音質は申し分ないです。

ただし、曲の頭でたまに音ズレが発生することがあります。

 

ワイヤレスイヤホンの中でも購入しやすい価格であることを考えれば、十分すぎるコストパフォーマンスです!

iKanzi TWS-X9

初めて購入した、念願の左右独立タイプの完全ワイヤレスイヤホンが、こちらのiKanzi TWS-X9です。

コストパフォーマンスに優れ、音質も上々。

もうケーブルタイプのイヤホンには戻れないと、素直に感じました。

こちらの記事で詳しくレビューしています。

>>iKanzi 完全ワイヤレスイヤホン TWS-X9のレビュー!

ikanzi TWS-X9のアイキャッチ
iKanzi 完全ワイヤレスイヤホン TWS-X9のレビュー!iKanziの完全ワイヤレスイヤホン「TWS-X9」をご紹介いたします。コスパが高く初めての完全ワイヤレスイヤホンにもおすすめです。後継機種「TWS-P10」との違いも併せて紹介いたします。...

AUKEY EP-T10

そして僕が現在使っているのが、こちらのAUKEY EP-T10です。

価格は8,999円と、これまで紹介したイヤホンで最も高いです。

しかし、価格以上の優れた機能がふんだんに搭載されています。

  • ワイヤレス充電Qiに対応している
  • 未来の素材「グラフェン」採用で高音質
  • 音量調節も可能なタッチ式操作
  • ペアリングが簡単
ちびめがね
ちびめがね
コストパフォーマンス最高です!

 

こちらの記事で詳しくレビューしているので、是非ご覧ください。

>>AUKEY EP-T10レビュー!Qi充電対応!高音質!コスパの高い完全ワイヤレスイヤホン!

AUKEY EP-T10レビュー!Qi充電対応!高音質!コスパの高い完全ワイヤレスイヤホン!ワイヤレス充電Qi対応の完全ワイヤレスイヤホン「AUKEY EP-T10」の詳細レビューです。新素材グラフェンを採用しているので高音質。コスパの高いおすすめ完全ワイヤレスイヤホンです。...

 

紹介した4つのイヤホンは、どれもコストパフォーマンスが高いのでおすすめです。

カナル型イヤホンをお探しなら、是非試してみてください。

ちびめがね
ちびめがね
後悔させませんよ!

まとめ:AirPodsが耳に合わないなら無理せずカナル型イヤホンを使いましょう!

AirPodsもEarPodsも耳から落ちる原因が耳の形であることを紹介しました。

僕の耳には対珠がないため、AirPodsもEarPodsも使うことができません。

 

もしあなたの耳の形がAirPodsやEarpodsに適しているなら絶対に使うべきです。

特にAirPodsの快適さは他のイヤホンと比べ物にならないでしょう。

購入した際には、僕が紹介した対策をすれば落ちることがなくなりますよ!

 

 

そして、僕のように耳の形がAirPodsやEarPodsに合わない人は、素直にカナル型のイヤホンを使いましょう。

ちびめがねアンテナおすすめのカナル型イヤホンは次の4つです!

 

自分の耳の形に適したイヤホンを見つけて、快適な音楽ライフを楽しみましょう!

 

最新のiPhoneを買うなら
オンラインストアで

お店で並ぶことも、店員さんの長い話を聞くこともありません。

365日・24時間、いつでも自宅でiPhoneを購入できます!

 

オンラインショップなら
\ iPhone11をいつでも買える /

 

 

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいてありがとうございました。この記事がお役に立てたらシェアしていただくと嬉しいです!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

POSTED COMMENT

  1. 50代のオヤジ より:

    同じ耳の形のようで、私もカナル型一択です。
    EarPods使いたいですよね。。

    • ちびめがね より:

      コメントありがとうございます!

      そうなんですね!
      もはや耳の形なのでどうすることもできないのが辛いです。appleに頑張ってもらうしかないですね笑

  2. ゆた より:

    わたしも大珠がなく、付属のイヤホンがポロポロ落ちてしまい困ってました。
    内耳が悪く、カナル型のイヤホンをすると平衡感覚が狂ってしまいそれも断念、、
    メガネをしているのでヘッドホンは痛くなって付けられない三重苦でしたが、
    付属のイヤホンを左右上下逆につけ、コードを耳にかけるとまったく落ちてこなくなりましたよ!

    • ちびめがね より:

      ゆたさん
      コメントありがとうございます。
      それはとっても素敵なアイディアですね。
      試してみようと思います!

  3. kenko より:

    入るだけでも羨ましい!

    私は入りもしないですw

    • ちびめがね より:

      kenkoさん、コメントありがとうございます。

      本当にイヤホンとの相性は難しいですよね。
      耳の形に依存する部分があるので、自分に合うものを見つけなければいけないので…。

      最近、骨伝導イヤホンが少し気になっています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA