ガジェット

HONOR Band 5レビュー | 睡眠計測が優秀!SpO2測定可能!高コスパ スマートウォッチ

生活をちょっと便利にしてくれる電子小物「ガジェット」が大好きな ちびめがね (@chibimegane_rv)です。

中国の人気ECサイト「Gearbest」さんから、HUAWEI HONOR Band 5 をご提供いただきました。

ちびめがねアンテナ限定
クーポンコード【Q8C4O3Q1】入力で1$OFF!

Gearbestは中国版のAmazonと言うべきECサイトです。

安くて機能に優れた中国製ガジェットを数多く取り揃えています。

宝物を発掘するように、Gearbestを閲覧すると楽しいですよ!

Gearbest GearBest Logo
GearBest(日本語サイト)

 

HONOR Band 5は、HUAWEIのサブブランドHONORが2019年7月に発売した、スマートウォッチ。

価格が抑えられているにもかかわらず、機能性に優れた、コストパフォーマンスの高いウェアラブルデバイスです。

スマートウォッチについての概要はこちらで分かりやすく解説しています。

>>スマートウォッチのビジネス動向(神戸大学 塚本昌彦氏著)(PDFファイル)

 

HONOR Band 5を実際に使ってみて、特に以下の機能に優れていると感じました。

  • 睡眠計測が優秀
  • SpO2測定ができる
  • バッテリーが長持ち
ちびめがね
ちびめがね
バッテリーのもちが良いのは嬉しいポイントですよ!

 

スマートウォッチは数多く発売されているので、どれを購入して良いかわかりませんよね?

初めて活動量計としてスマートウォッチを購入するなら、価格と機能のバランスのとれたHONOR Band 5をおすすめいたします。

本記事で、HUAWEI HONOR Band 5を詳しくレビューいたしますので、購入の参考にしていただければ嬉しいです。

GearBest様より、ちびめがねアンテナ限定のクーポンを発行していただきました。

クーポンコード【Q8C4O3Q1】を入力すると、販売価格から1$割引で購入可能です。

是非ご活用ください!

HUWEI HONOR Band 5の外観と付属品

HONOR Band 5の外観と付属品を紹介いたします。

外観

HONOR Band 5はリストバンドタイプのスマートウォッチです。

手首に装着した感じはとてもコンパクト。

HONOR Band 5の外観②

 

Apple Watch Series3(38mm)と並べてみると、大きさの違いが分かります。

HONOR Band 5の外観⑩

 

コンパクトながらも、カラーディスプレイがとっても綺麗です。

HONOR Band 5の外観⑨

0.95インチ、240×120ピクセルの有機EL「AMOLEDディスプレイ」を搭載しています。

 

常時消灯でバッテリー消費を抑え、手首を上げることで点灯してくれます。

HONOR Band 5の外観⑧
ちびめがね
ちびめがね
手首の動きに合わせたディスプレイ表示は概ね問題ありませんでしたよ!

 

本体背面には、心拍センサーと充電用端子があります。

HONOR Band 5の外観③

 

重さも22gと、装着していることを忘れるくらい軽量です。

HONOR Band 5の重さ

 

ベルトにはサイズ調整用の穴が空いており、自分の手首にフィットさせることができます。

HONOR Band 5の外観⑦

バンドの素材はTPU(熱可塑性ポリウレタン)です。

ちびめがね
ちびめがね
ゴムとプラスチックの中間くらいの強度と軟度なので簡単には壊れません!

付属品

HONOR Band 5の付属品は充電ケーブルと充電ドッグ。

HONOR Band 5の外観④

 

充電ケーブルは、18㎝の一般的なUSB-A to Micro USBなので、他社製のケーブルとの互換性があります。

そして、充電ドッグが付属されているのが嬉しいポイント!

スマートウォッチの充電ケーブルは、マグネット式のものが大半で、充電中に外れやすいというデメリットがあります。

しかし、HONOR Band 5に付属の充電ドッグを装着すれば、充電中に外れてしまうことがなくなるので重宝します。

 

充電ドッグをHONOR Band 5に取り付けます。

HONOR Band 5の外観⑤

 

そして、充電ドッグのMicro USBポートに充電ケーブルを差し込んで充電スタートです。

HONOR Band 5の外観⑥
ちびめがね
ちびめがね
朝起きて、充電されてなかった・・・。ということがなくなりますよ!

 

小さいながらも超綺麗なディスプレイが、外見のポイント。

スッキリとした外観で、重さも軽量なので、毎日装着しても苦になりません。

ちびめがねアンテナ限定
クーポンコード【Q8C4O3Q1】入力で1$OFF!

HUAWEI HONOR Band 5のスペックと基本機能

HONOR Band 5のスペックと基本性能を紹介いたします。

価格以上のパフォーマンスを発揮できる、優秀なスマートウォッチです。

スペック

プロセッサー APOLLO3
Bluetooth 5.0
防水規格 IPX5
耐水圧 5ATM
互換OS iOS9.0以降
Android4.4以降
センサー 6軸IMUセンサー((加速度センサー、ジャイロスコープセンサー)、光学心拍センサー、赤外線摩耗センサー)

 

HONOR Band 5はスイミングを記録することも可能です。

6軸センサーの働きで、クロールなどのストロークを自動判別し、ワークアウトのスコアとして記録してくれます。

公式解説にはスイミングでの利用にも勧められています。

しかし、防水・耐水の規格から判断すると、スイミングに耐えれるのか、少し疑問が残るところです・・・。

IPX5・5ATMは、手洗いや水仕事程度に耐えうるレベル

スイミングのスコア記録に使用しようと考えている方は、十分ご注意ください!

基本機能

HONOR Band 5は、ディスプレイをスライドすると機能を切り替えることが可能です。

HONOR Band 5の基本機能①

 

どんな機能が搭載されているのか、1つずつ紹介していきます。

 

ここでは、歩数や消費カロリーなどの活動記録を確認できます。

HONOR Band 5の基本機能1⑫
HONOR Band 5の基本機能⑬

スマートフォンをわざわざ開かなくても、以下の記録を確認できます。

  • 歩数
  • 消費カロリー
  • 移動距離
  • 活動時間
  • 立っていた時間(座りすぎ防止)

 

HONOR Band 5は、スマートフォンの通知を表示することが可能です。

未読の通知数がバッジで表示されます。

HONOR Band 5の基本機能⑤

 

タップで通知内容を確認可能です。

HONOR Band 5の基本機能⑥

 

運動をしたい時は、ワークアウトから種類を選択します。

HONOR Band 5の基本機能⑦
HONOR Band 5の基本機能⑧

目標を自分で設定して、以下のワークアウトを記録します。

  • 屋外ランニング
  • 屋内ランニング
  • 屋外ウォーキング
  • 屋内ウォーキング
  • 屋内サイクリング(バイク)
  • クロストレーナー
  • ローイング
  • スイミング
  • フリートレーニング
ちびめがね
ちびめがね
記録できるワークアウトの種類が豊富ですね!

 

睡眠モニタリング機能で、睡眠時間の計測が可能です。

特に設定をすることなく、HONOR Band 5を装着していれば、自動的に記録されます。

HONOR Band 5の基本機能⑨

 

心拍数の測定も可能です。

HONOR Band 5の基本機能⑩

心拍数の計測は「HUAWEI TruSeen」心拍モニタリング技術が用いられています。

HUAWEI社が開発した独自AIアルゴリズムとセンサーで、リアルタイムの心拍計測が可能です。

さらに自分で心拍数を測定したい時に、この項目を使用します。

 

その他の機能や設定はここで。

HONOR Band 5の基本機能③
HONOR Band 5の基本機能④

タイマーやストップウォッチは、ここから使用可能です。

また、ダウンロード済みの壁紙の変更や、スマートフォンを探す機能も利用できます。

 

HONOR Band 5は専用アプリ「Huawei Health」と連動して使用します。

Huawei Health
Huawei Health
開発元:Huawei Device Co,. LTD
無料
posted withアプリーチ

 

HONOR Band 5を装着して記録したデータは、 Huawei Healthと同期され、スマートフォンで確認することが可能です。

HONOR Band 5の優れた活動量計機能①
HONOR Band 5の優れた活動量計機能②

 

このように、HONOR Band 5には、活動量計に必要な機能は全て搭載されているので、コストパフォーマンスの高い優秀なスマートウォッチです。

さらに、HONOR Band 5のファームウェアを最新版(1.1.0.100)にアップデートすれば、音楽アプリの操作動脈血酸素飽和度(SpO2)計測も可能になります。

ちびめがね
ちびめがね
アップデートのたびに進化していくのは凄いですよね!

 

ちびめがねアンテナ限定
クーポンコード【Q8C4O3Q1】入力で1$OFF!

HUAWEI HONOR Band 5の特長

僕が実際にHONOR Band 5を使用して、特に良かったと感じたポイントは以下の3つです。

  • 睡眠計測が超優秀
  • SpO2測定ができる
  • バッテリーが長持ち

1つずつ紹介していきます。

睡眠計測が超優秀

睡眠計測ができるスマートウォッチは数多く販売されていますが、HONOR Band 5は特に優れていると感じました。

睡眠時間をセットすることなく、睡眠計測機能を「有効」にしていれば、リアルタイムで睡眠計測してくれます。

HONOR Band 5の睡眠モニタリングを有効

 

また、「HUAWEI TruSleep」で、自分の睡眠パターンを分析し、睡眠障害に陥っていないか診断することも可能です。

HONOR Band 5の優れた活動量計機能③

HUAWEI TruSleepはHUAWEI社が開発したAIによる睡眠分析システムです。

分析精度が高いことから、ハーバードメディカルスクールCDBセンターの睡眠試験認証を取得しました。

  • 睡眠構造図の作成
  • 睡眠の評価
  • 睡眠のアドバイス

これらの分析結果をスマートフォンで確認することができます。

HUAWEIプレスリリース>>HUAWEI スポーツリストバンド『HUAWEI FIT』 睡眠モニタリング技術「HUAWEI TruSleep」導入のお知らせ

リアルタイムの睡眠計測は、生活リズムが一定ではない人でも活用できます。

短時間の睡眠は、「昼寝」と正確に分析してくれるなど、精度の高さに驚いてしまいました。

HUAWEI TruSleepが搭載されていることが、HONOR Band 5を使用するメリットと言えるでしょう。

SpO2測定ができる

HONOR Band 5のファームウェアを最新版にアップデートすると「SpO2」測定が可能になります。

酸素 飽和度(SpO2)とは、心臓から全身に運ばれる血 液(動脈血)の中を流れている赤血球に含まれる ヘモグロビンの何%に酸素が結合しているか、皮 膚を通して(経皮的に)調べた値です。

引用:パルスオキシメータとはどのようなものですか?(日本呼吸器学会)

HONOR Band 5の基本機能⑪

 

もちろん医療用に作られたパルスオキシメーターではありませんので、呼吸器の疾患をお持ちの方が常用する用途としては利用できません。

しかし、山登りやトレッキングが趣味の人が、高地で息苦しさを感じた時に簡易的にSpO2測定をする場合などに便利です。

SpO2測定機能が備わったことにより、HONOR Band 5の活動量計としての機能がさらに高まったと言えるでしょう。

バッテリーが長持ち

HONOR Band 5はバッテリーが長持ちです。

公式サイトの解説によると、最長2週間充電不要と記載があります。

しかし、それは全ての機能をOFFにした場合の待受時間のことなので、実際にはもっと短くなります。

僕が睡眠計測や心拍測定のリアルタイム計測を有効にして、約1日半使用したところ、68%の充電が残っている状態でした。

HONOR Band 5の優れたバッテリー機能

 

通知やワークアウトの頻度にもよりますが、1回の充電で5日間程度利用できるのではないでしょうか?

スマートウォッチは多機能になるほどバッテリーの消費が激しくなります。

しかし、HONOR Band 5は1回の充電で長期間使用できるので、とっても優秀です。

 

ちびめがねアンテナ限定
クーポンコード【Q8C4O3Q1】入力で1$OFF!

HUAWEI HONOR Band 5のイマイチな点

HONOR Band 5は高コスパのスマートウォッチですが、イマイチだなと感じた点もありました。

僕は以下の3つが気になりました。

  • ペアリングが少し難しい
  • 通知機能はおまけ程度
  • iOS端末ではできない機能がある

1つずつ紹介していきます。

ペアリングが少し難しい

スマートフォンとBluetoothで接続する機器は、ペアリングが重要です。

ちびめがね
ちびめがね
なるべく簡単にペアリングしたいですよね?

 

残念ながらHONOR Band 5はペアリングが少々複雑です。

HONOR Band 5とスマートフォンのペアリングは、専用アプリ「Huawei Health」を介して行います。

そして、Huawei Healthを使用するためには、「Huawei ID」の登録が必要です。

娘
よくわからないんだけど・・・?
ちびめがね
ちびめがね
ペアリングの方法を解説していくよ!

 

まず、Huawei Healthをスマートフォンにダウンロードします。

Huawei Health
Huawei Health
開発元:Huawei Device Co,. LTD
無料
posted withアプリーチ

 

ダウンロードしたHuawei Healthを開くと、Huawei IDの登録が求められます。

HONOR Band 5のペアリング③
ちびめがね
ちびめがね
Huawei IDを登録しなければ、アプリが使えません・・・。

 

Huawei IDを登録し、ログイン後にHONOR Band 5とペアリングを行います。

デバイスを追加。

HONOR Band 5のペアリング⑤

 

「スマートバンド」をタップ。

HONOR Band 5のペアリング⑥

 

「HONOR Band 4/5」をタップ。

HONOR Band 5のペアリング⑪

 

ペアリングをタップ。

HONOR Band 5のペアリング⑦

 

スマートフォン周辺のBluetoothデバイスが表示されるので、「HONOR Band 5」をタップして追加します。

HONOR Band 5のペアリング⑧

 

HONOR Band 5のにペアリングを促す通知がくるので、チェックマークをタップします。

HONOR Band 5のペアリング⑨

 

これでペアリングが完了しました。

HONOR Band 5のペアリング⑩
ちびめがね
ちびめがね
ペアリングがちょっとめんどくさいですよね・・・。

 

なお、Android端末の種類によっては、Huawei Healthの他に、「Huawei Mobile Service」のダウンロードが必要な場合もあります。

HONOR Band 5のペアリング①

 

Huaweiモバイルサービス
Huaweiモバイルサービス
開発元:Huawei Internet Services
無料
posted withアプリーチ
HONOR Band 5のペアリング②

 

僕の妻が使っているHuawei P30には初期アプリでHuawei Healthが入っているため、Huawei Mobile Serviceアプリのダウンロードは求められませんでした。

HONOR Band 5のペアリング④
ちびめがね
ちびめがね
iOS版でもダウンロードの必要はありませんでしたよ!

 

Huawei IDを作成すると、異なる端末間でも自分のヘルスケアデータが共有できるようになるので、機種変更の時などに重宝します。

しかし、身長や体重などのデータを、HUAWEIに預けることになるので、抵抗がある人もいるかもしれません・・・。

簡単にペアリングができれば良かったんのですが、少々癖が強いですね。

通知機能はおまけ程度

HONOR Band 5には、スマートフォンの通知を振動で知らせてくれる機能があります。

通知の内容も確認できるのですが、残念ながら日本語には対応していません。

試しにLINEで以下の2つのメッセージを送ってみました。

HONOR Band 5の通知機能①

 

HONOR Bnad 5でLINEが届いたことを教えてくれますが、以下のように表示されてしまいました。

こちらが日本語のメッセージです。

HONOR Band 5iOSとAndroiの違い②
息子
息子
わけわかんないじゃん!

 

そしてこちらが、英文の通知です。

HONOR Band 5iOSとAndroiの違い②

 

スマートフォンに受信したメッセージを知らせてくれますが、内容を確認するのは困難です。

通知機能はおまけ程度と考えた方が良いでしょう。

iOS端末ではできない機能がある

HONOR Band 5は、iOS端末・Android端末どちらでもペアリングして利用可能です。

しかし、Huawei Healthアプリに違いがあるため、iOS端末にはできない機能があります。

Andoroid版のHuawei Healthでは、HONOR Band 5の壁紙をダウンロードして、追加設定することが可能です。

HONOR Band 5iOSとAndroiの違い④

しかし、iOS版では壁紙の新規追加機能はありません。

 

メッセージ通知設定も、Android版の方が細かく設定できます。

こちらがAndroid版の通知設定です。

HONOR Band 5iOSとAndroiの違い⑤

 

そして、こちらがiOS版の通知設定。

HONOR Band 5iOSとAndroiの違い⑥
ちびめがね
ちびめがね
Android版のほうが細やかですよね?

 

活動量計としての主要な機能に違いはありませんが、Android版の方が親和性は高いと言えるでしょう。

 

HONOR Bnad 5はコスパの高いスマートウォッチですが、少し使いにくい部分もあるので、注意が必要です。

ちびめがねアンテナ限定
クーポンコード【Q8C4O3Q1】入力で1$OFF!

まとめ:初めての活動量計ならHONOR Band 5がおすすめ!

HUAWEI HONOR Band 5をレビューしました。

HUAWEI HONOR Band 5は、購入しやすい価格でありながら、活動量計に必要な機能を備えた、コスパの高いスマートウォッチだと思いました。

ペアリングに少し癖がありますが、バッテリーが長持ちで、睡眠計測機能が優れているというメリットがあります。

また、HUAWEI社開発した「TruSeen」「TruSleep」が搭載されているので、精度の高い記録と分析ができる点もポイントです。

 

HONOR Band 5は、ただ装着しているだけで正確に睡眠やワークアウトの記録ができるので、これまで活動量計を使ったことがない方にもおすすめです!

 

現在どこよりも安く購入できるのはGearbestで、セール価格4,270円(31%OFF!)

配送に少々時間はかかりますが、気になる方はセール期間中に是非お買い求めください!

なお、購入の際には、ちびめがねアンテナ限定のクーポンコード【Q8C4O3Q1】を入力すると、1$安くなります。

ちびめがねアンテナ限定
クーポンコード【Q8C4O3Q1】入力で1$OFF!

 

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

 

さらにハイエンドなスマートウォッチがGearBestでセール中です!

Gearbest KOSPET JP
KOSPET Prime

10月9日から11月4日まで、通常価格25,154円が17,519円(30%OFF)に!

 

KOSPET Primeは以下の優れた特長があります。

  • 大容量のバッテリー1,250mAh
  • 画面サイズ1.6インチ
  • 顔認証システム搭載
  • 前横2つのカメラ搭載
  • Android7.1.1
ちびめがね
ちびめがね
スマートウォッチっていうか、もはやスマホ!

 

もちろん、ワークアウトや通知機能など、スマートウォッチのベーシックな機能も搭載されています。

実際に使っている様子は、こちらの動画を!

 

ずっと使える1本をお探しなら、KOSPET Primeがおすすめです!

 

公式サイト>>GearBest

セールは11月8日まで
\ お急ぎください /

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA