ガジェット

【OneOdio SuperEQ S1レビュー】ノイキャン搭載で6,000円!コスパの高いワイヤレスヘッドホン

OneOdio様からSuperEQ S1をご提供いただきました。

OneOdio SuperEQ S1

 

定価5,999円と購入しやすい価格ながら、付加価値モリモリのワイヤレスヘッドホン。

  • アクティブノイズキャンセリング(ANC)
  • 外部音取り込みモード
  • Bluetoothマルチポイント

一般的に音響関連のデバイスは高価なほど当然性能が高いものです。

そのため、自分が求めている性能と価格とのバランスが超重要。

果たして約6,000円で購入できるSuperEQ S1の実力はどんなものなのか、実際に使ってみた様子を本記事でレビューしていきます。

OneOdio SuperEQ S1のメリット・デメリットと評価

SuperEQ S1は、イヤホンやヘッドホン等の音響関連製品を販売している中国メーカーOneOdioのワイヤレスヘッドホン。

日本でもAmazon等で多くの製品が販売されており、どれも低価格でありながら高品質であることが特長です。

公式サイト>>OneOdio
Amazon>>OneOdioストア

まずSuperEQ S1のメリット・デメリットを簡単にまとめて紹介していきます。

メリット

OneOdio SuperEQ S1
  • 価格が6,000円と安い
  • 低音重視で迫力ある音質
  • ノイキャンの性能が高い
  • マルチポイントに対応
  • ポップでカジュアルなデザイン

ヘッドホンを購入する上で最も重要な音質の良さ、さらにノイズキャンセリングの性能が高い点が購入すべきメリットです。

高価で高品質のヘッドフォンには太刀打ちできませんが、価格以上の性能を十分に持っています。

デメリット

SuperEQ S1の音質
  • Micro USBでの充電
  • 外部音取り込みモードがイマイチ
  • 装着感の締め付けが強め

2021年に販売されている製品にもかかかわらずMicro USBを採用しているのは残念なポイント。

また、ノイキャンの性能がそこそこ高いだけに、外部音取り込みモードがイマイチな点が勿体ないですね・・・。

評価

(3.5点/5点満点)

価格以上の性能をもったSuperEQ S1は、初めてワイヤレスヘッドホンを使う人におすすめの1台。

6,000円という購入しやすい価格ながら、ノイキャンやマルチポイントのような付加価値的な機能が搭載されています。

ヘッドホンの種類が沢山ありすぎて何を購入して良いのか分からない。

そんなあなたはSuperEQ S1から始めてみてはいかがでしょうか。

OneOdio SuperEQ S1のデザインと付属品

SuperEQ S1の外箱

 

Super EQ S1のカラーバリエーションは黒と白の2色。

 

僕は黒をご提供頂きました。

ヘッドバンド内側の赤が良いアクセントになっていて、非常にスタイリッシュ。

SuperEQ S1のデザイン

 

全体的にプラスチック製でデザインもポップなので人によっては安っぽく感じるかもしれませんが、僕は嫌いではありません。

イヤーカップの側面だけは金属製のようで他の部分と質感が異なります。

ドット調のフォントで表示された「SuperEQ」の文字が良い感じ。

SuperEQ S1のデザイン

 

イヤーカップのサイズは実測で約91mm×79mm×48mmでヘッドホンとしてはコンパクトな方だと思います。

SuperEQ S1のデザイン

 

重さは282g。

僕は普段ワイヤレスイヤホンしか使っていないので、それと比べると当然重いのですが、装着して苦になることはありません。

SuperEQ S1の重さ

 

イヤーカップは耳全体を覆うオーバーイヤータイプ。

内側に「L・R」の表示があります。

イヤークッションはイヤーカップにくっついているので取り外しはできないようです。

SuperEQ S1のデザイン

 

イヤーカップのクッションは、柔らかい合皮のような質感で触り心地は悪くありません。

形状記憶とまではいきませんが、押し込むとゆっくり元の形状に戻ります。

SuperEQ S1のデザイン

 

ヘッドバンドのクッションはシリコンのような素材で、こちらは少し固めです。

SuperEQ S1のデザイン

 

操作ボタン等は全て右のイヤーカップに搭載されています。

ボタンの場所を覚えるまでは操作が難しいですが、使っていればすぐに慣れます。

SuperEQ S1のデザイン
SuperEQ S1のデザイン

 

イヤーカップは前後に少しだけ動きますが、それ以上可動はしません。

だからと言って装着しにくいことはないものの、自由に動くタイプのヘッドホンに比べるとフィットしにくいと感じる人もいると思います。

SuperEQ S1のデザイン

 

ヘッドバンドもプラスチック製で、幅は26mmほど。

SuperEQ S1のデザイン

 

「BE YOUNG」「BE FREE」と表示されている部分が伸縮可能になっています。

SuperEQ S1のデザイン

 

伸縮の際にカチカチと音がなり、割と動きは固めです。

SuperEQ S1のデザイン

 

最大限広げればかなり大きくなるので、誰でも使えるでしょう。

実際僕の息子や奥さんにも装着してもらいましたが、サイズが合わないことはありませんでした。

 

ヘッドバンドは折りたたみできませんが、イヤーカップは折りたたみ可能。

SuperEQ S1のデザイン

 

左右どちらも折りたためば、そこそこ小さくなるので持ち運びに便利です。

SuperEQ S1のデザイン

 

SuperEQ S1の付属品は以下のとおり。

  • マニュアル類(日本語あり)
  • 充電ケーブル
  • 3.5mm AUXケーブル
  • 飛行機用変換アダプタ
  • 専用ポーチ
SuperEQ S1の付属品

 

柔らかい合皮のようなシリコンのような素材のポーチが付いているのは嬉しいポイント。

SuperEQ S1の付属品

 

バッグの中に入れておいても傷つかずに済みます。

 

また、飛行機の座席に搭載されているイヤホンジャックに使うための変換アダプターも付いていました。

機内はノイキャンの性能を最も発揮できる場所なので、ありがたいですよね。

SuperEQ S1の付属品

 

充電ケーブルは、Micro USB / USB Type-Aのもの・・・。

なぜUSB-Cにしてくれなかったのでしょうか。

非常に残念なポイントです。

SuperEQ S1の付属品

 

充電に大きな電力を使うわけではないのでMicro USBでも十分なのは分かりますが、USB-Cであればケーブルを統一できるものを、SuperEQ S1のために更に1本用意する必要があるので不便です。

SuperEQ S1の付属品

OneOdio SuperEQ S1を実機レビュー

OneOdio SuperEQ S1

 

ここからはSuperEQ S1を実際に使ってみた様子をレビューしていきます。

技適はあるけどマークの表示がない

海外製のBluetoothデバイスを使う場合に注意したいのが技適マークの表示。

技適未取得のデバイスは電波法違反になる可能性がありますからね。

この点、SuperEQ S1は技適を取得済み(R210-150890)で、総務省HPのデータベースにも登録されていることを確認しました。

ただし、本体のどこにも技適マークが表示されておりません・・・。

SuperEQ S1の技適マーク

 

僕の認識では技適を取得していたとしても、技適マークの表示がなければルール違反ではないかと思います。

AUXケーブルで利用する場合なら特に問題はないですが、Bluetooth接続で使う場合にはご留意いただきたいポイントです。

低音重視の迫力ある音質

SuperEQ S1の音質は超低音強調系の音質

普段ワイヤレスイヤホンを使っていて、初めてヘッドホンを使う人は迫力に驚いてしまうと思います。

ヘッドホンの割に音場はそれほど広くなく、全ての音が中央に集まっているような雰囲気。

とは言え、定位感はハッキリしているので音色の分離はしっかりしています。

様々なジャンルの楽曲を聞いてみたところ、相性が良いのは「壮大なクラシック」「2000年代までのHIPHOP」です。

低音が効きすぎて、聞き始めは音がこもるように感じるかもしれませんが、長時間音楽再生を続けていくと音質が変化してクリアになります。

それでも低音が強すぎると感じる場合には、イコライザーで調整してあげると良いでしょう。

低音を抑えるのではなく、中音域を持ち上げるような調整がおすすめです。

また、「ノイズキャンセリングモード」よりも「外部音取り込みモード」の方が低音が僅かに弱くなるので、音楽再生には向いているかもしれません。

有線接続ならハイレゾ相当!?

SuperEQ S1は付属のAUXケーブル等を使えば有線接続も可能です。

SuperEQ S1の音質

 

公式サイトに掲載されている情報によればハイレゾに対応しているとのことですが、外箱やマニュアルを見てもハイレゾマークの表示はありません。

SuperEQ S1の外箱

 

ただ、Bluetooth接続との変化はしっかりと感じます。

低音が抑えられて解像度が増すイメージ

音色1粒1粒がより鮮明でクリアになるので、有線接続の音質の方が好きな人もいるでしょう。

ただし、有線接続している時に「ノイズキャンセリング」にすると、音がスカスカになってボリュームが小さくなるので要注意。

初めて聞いた時、そのことに気付かずに「なんじゃこりゃ!」ってなってしまいました。

ちなみにハイレゾ音源を楽しみたい場合には、当然ながら接続デバイスもハイレゾに対応している必要があります。

なお、有線接続時にはノイズキャンセリングの切替以外のボタン操作はできませんのでご注意下さい。

ノイズキャンセリングの効果はそこそこ高い

SuperEQ S1にはアクティブノイズキャンセリング機能(ANC)が搭載されています。

イヤーカップのマイクが周囲の音を拾って、逆相の音をぶつけて相殺。

その結果、周囲の騒音が消えてより音楽をクリアに楽しむことができるわけです。

SuperEQ S1のノイズキャンセリング

 

周囲の騒音をかき消す「フィードフォワードマイク」に加えて、イヤーカップ内の雑音を消す「フィードバックマイク」が搭載された「ハイブリッドノイズキャンセリング」なので、ノイキャン効果はそこそこ高め

AirPods ProやWF-1000XM4のように完全無音状態を作ることはできませんが、以下のような低音域の雑音を上手に消してくれます。

  • 大型車両の走行音
  • エアコンの音
  • 換気扇の音
  • 走行中の電車内の騒音

6,000円で購入できるワイヤレスヘッドホンと考えれば効果は十分と言って良いでしょう。

周囲の音がうるさいと、音楽のボリュームをついつい上げてしまいがちですよね?

アクティブノイズキャンセリング機能があれば、周囲が静かになり、ボリュームの上げすぎを抑えてくれます。

1点注意したいのが、ホワイトノイズが発生すること。

雑音が少ない室内でノイズキャンセリングを有効にすると、サーというホワイトノイズが気になります。

音楽を流せば気になりませんが、SuperEQ S1を耳栓代わりに使うのは難しいかもしれません。

外部音取り込みモードはイマイチ

SuperEQ S1のノイズキャンセリングボタンを押せば、外部音取り込みモードに切り替えてくれます。

SuperEQ S1の外部音取り込みモード

 

正直言って効果はイマイチ・・・。

確かにマイクで外音を拾っている集音感があって人の声などが聞きやすくはなるのですが、突き抜けるような開放感はありません。

さらに言えば、ノイズキャンセリング・外部音取り込みモードをオフにした状態(ただヘッドホンを耳に装着している状態)との違いがそれほど感じられず。

また、ノイズキャンセリング機能と同様にホワイトノイズも発生します。

バッテリーは長持ちで不満なし

SuperEQ S1のバッテリーはアクティブノイズキャンセリング機能(ANC)を使いながらでも、40時間再生可能と超長持ち。

普通はスペック上の再生時間って盛ってることが多いのですが、かなり正確だと思います。

ご提供頂いて以来、3日ほど音楽再生や動画視聴等に使ってみたのですが消耗したバッテリーは30%ほど。

長時間移動にも耐えられる十分なバッテリー性能だと思います。

なお、バッテリー残量はBluetooth設定から確認する必要があるので、そこだけ少々めんどくさいかもしれません。

SuperEQ S1のバッテリー性能

ペアリングは簡単!検索して接続するだけ

SuperEQ S1と端末とのペアリングはとっても簡単でした。

電源オフの状態から、電源ボタン5秒長押しでペアリングモード起動

SuperEQ S1のペアリング

 

あとは、接続デバイスのBluetooth設定で「SuperEQ S1」を見つけてタップするだけでペアリングが完了します。

 

Bluetoothのバージョンは5.0ながらも、接続は安定しています。

実際に使っていても、すぐに途切れてしまうようなことにはなりませんでした。

Bluetoothマルチポイント対応

SuperEQ S1は、複数のデバイスに接続できる「マルチペアリング」に対応しているのはもちろん、同時に2台の端末と接続する「マルチポイント」にも対応しています。

SuperEQ S1のマルチポイント

 

例えばパソコンとスマホに接続をしていれば、パソコンでの作業中に電話がかかってきたとしても、SuperEQ S1の接続先をすぐにスマホに切り替えることができます。

パソコンから切断して、スマホに再接続するという手間がかからずとっても便利。

PCで音楽再生

S1からPCの音楽が聞こえる

PCの音楽停止

スマホで音楽再生

S1からスマホの音楽が聞こえる

マルチポイント機能があるのとないのとでは、使い勝手が全然異なります。

SuperEQ S1を購入する大きなメリットの1つと言えるでしょう。

ちびめがね
ちびめがね
特にテレワーク等でWeb会議を多様されている人には超便利です!

物理ボタンでリモコン操作可能

SuperEQ S1の右ヘッドホンに搭載されている物理ボタンで音楽再生などのリモコン操作が可能です。

SuperEQ S1のリモコン操作

 

操作方法はそれぞれ次のとおり。

◎ボタン1回押す再生/一時停止
通話応答/通話終了
◎ボタン長押し着信拒否
●●ボタン1回押す音量上げる
●●ボタン長押し曲送り
●ボタン1回押す音量下げる
●ボタン長押し曲戻し

 

装着中はどのボタンを押しているのか分からなくなりそうですが、暫く使っていると感覚で分かるようになるのでご安心ください。

マイク性能が良い感じ

SuperEQ S1のマイク性能は相当良い感じです。

実際にLINE通話を試してみたのですが、こちらの声がクリアに聞こえていたようです。

またノイズキャンセリング機能が搭載されていることから、相手の声も聞きとりやすい。

外で使うと自分の声が大きくなるのでおすすめできませんが、室内での音声通話なら抜群に効果を発揮してくれるでしょう。

ちびめがね
ちびめがね
テレワークで重宝しますね!

動画視聴なら遅延は感じない

Bluetoothで接続する仕様上、どうしても遅延が発生してしまいます。

SuperEQ S1のBluetoothコーデックは「SBC」「AAC」で、低遅延コーデックには非対応です。

ただ、よっぽど遅延にシビアな音ゲーのプレイ等に使わない限り、気になることはないでしょう。

動画視聴で使用しても、音ズレは全く気になりませんでした。

むしろSuperEQ S1は低音の響きが強く迫力があるので動画視聴に向いています

ハリウッドの超大作なんかを是非お楽しみください。

サイズ感は悪くないけど締め付けが強め

SuperEQ S1はサイズ調整可能なので大きさが合わないということはないと思います。

SuperEQ S1の装着感

 

頭の大きさ等の要因はあると思うのですが、個人的に締め付けが強めに感じました。

このため、1時間ほど連続使用していると頭頂部が痛くなってきます。

ヘッドバンドのクッションもイヤーカップ同様柔らかい素材だったら良かったのですが、硬めのシリコン素材なことも原因かもしれません。

SuperEQ S1の装着感

 

また、これはSuperEQ S1に限ったことではありませんが、ヘッドホンは夏場に蒸れます。

特に屋外ワークアウト時に使用するとめちゃくちゃ暑いので注意してください。

OneOdio SuperEQ S1のスペック

製品名SuperEQ S1
Bluetoothバージョン5.0
スピーカー定格入力電力20mW
スピーカー最大入力電力40mW
スピーカー直径40mm
周波数応答20Hz~20KHz
インピーダンス32±15%Ω
感度98±3dB
バッテリー容量380mAh
使用時間ANC+BT:40時間
BTのみ:45時間
ANCのみ:40時間
入力DC 5.0V / 120mA
充電時間2時間
騒音低減の深さ28~33dB

まとめ:OneOdio SuperEQ S1は買うべき?

OneOdioのSuperEQ S1をレビューしました。

外部音取り込みモードの性能だけはイマイチなものの、音質、バッテリー性能、ノイズキャンセリング性能はかなり優秀。

また、Bluetoothマルチポイントに対応している点も大きな強みです。

これまでワイヤレスイヤホンしか使ってこなかった人がワイヤレスヘッドホンにチャレンジしたい場合の有力候補になるでしょう。

6,000円で購入できるSuperEQ S1は、かなり高コスパです。

性能と価格が良い意味でアンバランスなワイヤレスヘッドホンだと思います。

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいて、ありがとございました!
楽天モバイルにしたいけどエリアじゃない・・・。
月額基本料3ヶ月無料が羨ましい・・・。

 

そんなあなたに朗報です!

 

安心のドコモ回線エリアに対応した格安SIM、y.u mobileにしてみませんか?

音声通話/5GBとプランは標準的ですが、2021年10月1日までの申込みで現金13,000円キャッシュバックキャンペーン中!

2021年9月 y.u mobileキャンペーン

 

月額基本料金は1,639円(税込み)なので、1,639円×7ヶ月=11,473円。

つまり!

キャッシュバックがあれば、月額基本料が実質7ヶ月無料になっちゃいます。

高速データ通信できるのは月5GBまでなので、データ使い放題ってわけにはいきませんが、外で動画を見ないのであれば十分。

しかもドコモ回線だから使えるエリアも広くて安心です。

 

現金13,000円キャッシュバックは、当サイト特設ページからの申込み限定のキャンペーン。

公式サイトからの申込みだと10,000円キャッシュバックなので3,000円もお得

月額基本料が高い大手キャリアから、格安SIMに乗り換えてみませんか?

 

y.u mobileについての詳しい解説は、こちらの記事をご覧ください。

y.umobileレビュー!
y.u mobile(ワイユーモバイル)レビュー!メリット・デメリット情報まとめ格安SIMのy.u mobile(ワイユーモバイル)を実際に使ってレビューしています。料金や通信速度、メリットデメリットをまとめて紹介いたします。当サイト限定キャッシュバックキャンペーンも開催中です!...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA