iPhone

iPhone 8をiOS13にアップデート!使用感レビュー!アプリの起動は速い?

新しいもの好きの ちびめがね(@chibimegane_rv)です。

2019年9月20日にiOS 13がリリースされました。

Apple公式サイト>>iOS13

ダークモード等、気になる新機能が盛り沢山の内容です。

iPhone SE以降の全てのiPhoneに対応している、ということで早速僕のiPhone 8もiOS 13にアップデートしてみました。

ざっと触った使用感をレビューいたします。

なお、あなたがお使いのアプリによっては、iOS 13に正式対応していない場合もあるので、アップデートは自己責任にてお願いいたします。

iOS 13の概要とアップデート方法

2019年9月20日にリリースされたiOS 13は数多くの新機能が搭載されています。

主な新機能と変更点は以下のとおりです。

  • ダークモード
  • カメラ・写真機能の向上
  • Apple IDでWebサイトにサインイン
  • 月額課金ゲームサービスArcade
  • 3D表示対応のMap
  • ショートカットアプリとSiriの機能向上

Apple公式サイト>>iOS 13

ちびめがね
ちびめがね
ダークモードの搭載が一番大きな変化ですね!

 

また、iPhoneのパフォーマンスの向上も見込めます。

  • Appの起動が最大2倍高速化
  • iPhone X、iPhone XR、iPhone XS、iPhone XS MaxでのFace IDによるロック解除が最大30パーセント高速化
  • Appアップデートのサイズが平均60パーセント縮小
  • App StoreのAppのサイズが最大50パーセント縮小

引用:Apple公式サイト

対応しているiPhone

iOS 13にアップデート可能なiPhoneは以下のとおりです。

  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone SE
  • iPod touch(第7世代)

最新のiPhone 11であれば、iOS 13の機能が遺憾なく発揮されるでしょう。

 

オンラインショップなら
\ iPhone11をいつでも買える /

 

ちびめがね
ちびめがね
iPhone SEでも利用できるのは、嬉しいですよね!

>>iPhone SEはいつまで使える?今買うのは大丈夫?調べてみました!

iPhone SEはいつまで使える?今買うのは大丈夫?調べてみました!iPhone SEがいつまで使えるのか、最新iOSへの対応・CPU性能・バッテリー性能等から解説いたします。どこで購入できるかも併せて紹介しています。...

アップデート方法

iOS 13へのアップデートはiPhoneの設定アプリから行います。

iPhoneをPCに繋いで、iTunesからアップデートすることもできますが、iPhoneをWi-Fiに接続しているのなら、この方法が最も手軽です。

アップデート中のトラブルに備えて、念のため事前にiPhoneのバックアップをとっておきましょう!

 

設定アプリの「一般」をタップ。

iOS13へのアップデート方法①

 

「ソフトウェア・アップデート」をタップします。

iOS13へのアップデート方法②

 

「ダウンロードとインストール」をタップ。

iOS13へのアップデート方法③

 

利用条件に同意して、ダウンロードスタートです。

iOS13へのアップデート方法④

 

表示は1時間とありますが、僕は30分程度で終わりました。

通信環境に左右されるので、目安と考えて良いでしょう。

iOS13へのアップデート方法⑤

 

ここまでくれば、あと少し。

iOS13へのアップデート方法⑥

インストールが完了すれば、あなたのiPhoneにiOS 13が搭載されます。

iPhone 8でのiOS 13使用感レビュー

iPhone 8でiOS 13を使用する上で最も気になるのは以下の2点ですよね?

  1. アプリの起動は速くなったのか?
  2. ダークモードの使用感

1つずつ詳しく紹介していきます。

アプリの起動は速くなったのか?

アプリの起動が最大で2倍速くなるとアナウンスされています。

しかし、僕が使った感じでは、そこまで速くなったようには思えませんでした。

ちびめがね
ちびめがね
言われてみればちょっと早くなったかな?という程度・・・。

そもそも僕は2019年8月にiPhone 8を購入したばかりなので、そこまでヘタれていないのも原因かもしれません。

以前、以下のアプリで特に起動が遅いと感じていました。

  • GUアプリ
  • UNIQLOアプリ
  • 荒野行動
  • モンスターストライク

残念ながらiOS 13でも、これらのアプリは起動に時間がかかりました。

インストールされるアプリのパッケージが小さくなったとは言え、遅いものは相変わらず遅い状況です。

この点、iPhone 8よりもさらに高性能である、iPhone X以降の機種であれば、さらに速さを実感できるかもしれません。

ダークモードの使用感

ダークモードはiPhone 8でも利用できます。

これがダークモード対応の新しい壁紙です。

iOS13ダークモード①

 

ダークモードに切り替わると、壁紙の色合いが自動的に変わります。

iOS13ダークモード②

 

なお、ダークモード対応の壁紙は、マークが付いているので分かります。

ダークモード対応の壁紙。

 

ダークモードへの切り替えは2通りあります。

1つは、設定アプリの「画面表示と明るさ」から切り替える方法です。

iOS13でダークモードに切り替える①

 

手動切替のほか、時間帯で自動的に切り替えるように設定可能です。

iOS13でダークモードに切り替える②

 

もう1つは、コントロールセンターから切り替える方法です。

画面の明るさをコントロールするスイッチを「長押し」で設定できます。

iOS13でダークモードに切り替える③
iOS13でダークモードに切り替える④

 

夜間に目の負担を軽減するダークモードは、とても素晴らしい機能です!

もしあなたがiOS 13にアップデートしたら、積極的に利用してみてください。

ちびめがね
ちびめがね
見た目もカッコ良くなりますよ!

iOS 13を実際に使用して気づいた点

iPhone 8をiOS 13にアップデートして気づいた点を、紹介していきます。

標準のスペースが全角に

文書作成時の「スペース」が自動的に「全角」になりました。

半角に戻したい場合は、「設定」のキーボードから変更しましょう。

iOS13のスマート全角スペース

半角カナ入力ができる

これまで半角カナで入力したい場合は、コピペしたり、キーボードアプリを利用したりする必要がありましたが、iOS 13では標準変換に「半角カナ」が含まれています。

iOS 13は半角カナ入力が可能

iPhone 8でもArcadeが利用できる

AppStoreのメニューが変更になり、Arcadeが搭載されました。

iOS 13の新機能Arcade

まだプレイしていませんが、月額課金制のゲームサービスです。

1か月600円で100種類以上のゲームを、追加料金なしで遊ぶことができます。

Apple公式サイト>>Apple Arcade

 

Arcadeが搭載されたことにより、ダウンロード済みのアプリは、AppStore内の「アカウント」からアップデートをする必要があります。

アプリのアップデートはアカウント内に。

 

なお、AppStoreのアプリを長押しすると、アプリアップデートへのショートカットができますので、こちらを利用すれば素早く移動できます。

AppStore長押しでショートカット

ミー文字

これまでiPhone X以降のiPhoneでしか利用できなかった「ミー文字」がiPhone 8でも利用できるようになっていました。

iPhone 8でもミー文字が使える①

顔や髪形など、パーツを組み合わせることで、自分そっくりの絵文字を作成できます。

 

また、標準のメッセージアプリ以外でも、対応アプリであればミー文字を送ることができます。

LINEを使用中でも、キーボードにミー文字が表示されます。

iPhone 8でもミー文字が使える②

 

なお、自分の表情に合わせて「ミー文字」を動かす、「アニ文字」機能はiPhone 8では利用できないので、ご注意ください。

3D Touch機能の変化

iPhoneの画面を強く押し込む、3D Touch機能にも変化が。

アプリを強く押し込むと、クイックメニューが表示されます。

このように表示内容が変わっていました。

iOS 13のクイックメニュー①
iOS 13のクイックメニュー②

 

メールを強く押し込んで利用できるメニューも変わっています。

メールのクイックメニュー

 

また、iPhone 8に搭載されている「ホームボタン」の押し心地も、変更することができるようになりました。

iOS13ではホームボタンの押し心地を変更できる

①が一番軽い反応で、③が重たい感覚。

ちびめがね
ちびめがね
僕は②がしっくりきましたよ!

スクリーンショットでフルページ保存可能

iOS13のスクリーンショットは、「フルページ」を撮影して、PDFに保存することが可能になりました。

iOS 13のスクショ機能
ちびめがね
ちびめがね
長いページのWEBサイト全体を保存できるので、とっても便利です!

写真の編集がより高度に

写真の編集機能がより高度になりました。

僕はそこまで写真にこだわりを持っていないのですが、調整が細やかにできるようになったので、嬉しいですよね!

写真の編集が高度に
ちびめがね
ちびめがね
iPhone 11 Proで撮影した写真なら、さらに編集が楽しそうです!

Wi-Fiの切り替えが簡単になった

コントロールセンターからWi-Fiの接続先を選択できるようになりました。

コントロールセンターで、アンテナマークを長押しします。

Wi-Fi接続先の切り替え①

 

Wi-Fiスイッチを長押し。

Wi-Fi接続先の切り替え②

 

ここで接続先を切り替えることができます。

Wi-Fi接続先の切り替え③

 

これまでは設定から切り替えを行う必要があったので、少し時短になりますよね。

ちびめがね
ちびめがね
iOS12にこの機能はありましたっけ?僕が気付いていなかっただけかも・・・。

 

実際にiOS13を使用して、気付いた部分を紹介しました。

他にもまだまだ新機能があると思うので、本記事に随時追記していきます。

iPhone 8でのiOS 13使用感レビューまとめ

iPhone 8でのiOS13の使用感をまとめて紹介しました。

アプリの起動速度が2倍に向上すると聞いていたので、少し残念な結果に・・・。

ただし、新機能「ダークモード」は、利用する価値が十分あると感じました。

 

あなたがiPhone 8を使用しているなら、iOS 13にアップデートすることができます。

普段使っているアプリがiOS 13に対応しているなら、アップデートしてもいいでしょう。

リリース当初は不具合が起こることも多いです。

幸い2019年9月25日に、さっそく修正版のiOS13.1がリリースされるようなので、急いでいなければ、そちらを待ってからでもいいかもしれません。

 

やはり、iOS13の性能を最大限発揮できるのは、最新のiPhone 11ですね。

特にカメラの性能がグッと向上したiPhone 11 Proで撮影した写真を、iOS 13の写真編集機能を使えば、プロ顔負けの写真になちゃいます。

機種変更の時期になっているなら、この機会にiPhone 11に変えてみてはいかがでしょうか?

公式サイト>>iPhone 11

オンラインショップなら
\ iPhone11をいつでも買える /

 

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA