ガジェット

【iPad mini 6レビュー】デメリットは1つ!メリットだらけのコンパクトなタブレットは最高の相棒!

iPad mini 6を購入しました。

iPad mini 6

 

本当はiPhone 13シリーズのどれかを買っちゃおうかと思っていたのですが、欲しい機能は全部iPad miniに搭載されていたので思わずポチ・・・。

これまで格安の中華タブレットばかり使ってきた僕にとって初めてのiPadとなります。

TECLAST P10HDレビュー
【TECLAST P10HDレビュー】1万円台の10インチタブレットでブログを書く!TECLASTの10.1インチAndroidタブレット「P10HD」をレビューしています。1万円台で購入できるコスパの高いタブレットです。本記事はP10HDで作成しています。ブログ更新にも使える格安タブレットなのでおすすめです。...
【Teclast M40レビュー】2万円台で最低限何でもできる10インチAndroidタブレットTeclast M40をレビューしています。エンタメ用のタブレットにiPadは高いって考えていませんか?そんなあなたにはTeclast M40がピッタリかも。2万円台で基本性能が十分な10インチAndroidタブレットです。...
【Teclast T40 Plusレビュー】3万円台でSIMカードが使える10.4インチタブレットTeclast T40 Plusを実機レビューしています。3万円台で普段使いに困らない動作性能をもったコスパの高い10.4インチタブレット。技適マークの表示もありSIMカードを最大2枚装着できる点も大きなメリットです。Amazonのセールなら2万円台でも購入可能。...

既に大手メディアさん等で詳細な実機レビューが公開されていると思うので、本記事ではiPad mini 6を1ヶ月ほど実際に使ってみて良かった点を中心にレビューしていきます。

結論を先に言ってしまうと「ちょっと高いけどマジで買って良かった!」これに尽きます。

そして私からの忠告です。

iPad mini(第6世代)はあなたの「おうち時間」がさらに充実する悪魔のデバイスになるでしょう・・・。

本記事で紹介しているiPad mini(第6世代)はWi-Fiモデルです。SIMカードやeSIMに対応したWi-Fi+Cellularモデルではありませんのでご注意ください。

iPad mini(第6世代)のデザイン・サイズ感・付属品

iPad mini 6の外箱

 

iPad mini(第6世代)のカラーバリエーションは全部で4色。

  • スペースグレイ
  • ピンク
  • パープル
  • スターライト
iPad mini(第6世代)のカラバリ

 

このうち僕が購入したのはパープルです。

iPad mini(第6世代)パープル

 

確かにパープルを注文したはずなんですが、どう考えてもネイビー

僕はiPhone 12 miniを使っているので、それに合わせたカラーをチョイスしたのに雰囲気がだいぶ異なりますね。iPhone 12 miniのパープルと比べるとメタリックで深い色合いです。

思ってた感じとはちょっと違いますが、これはこれでかっこいいですね。

iPad mini(第6世代)とiPhone 12 mini

デザイン

アルミ製の背面パネルは光沢のないマットな色合い。100%再生アルミニウムが使われているとのことです。

リンゴマークだけは鏡面仕上げになっていますが濃いパープルなのでそんなに映り込むことはありません。指紋はめちゃくちゃ目立ちますけど。

iPad mini(第6世代)パープル

 

背面パネルに搭載されているのはレンズとフラッシュのみで、それ以外には何もありません。

iPad mini(第6世代)のデザイン

 

フレームは背面パネルとの一体型で素材も色も同色です。角がラウンドに加工されていて柔らかい印象に。サイズの大きい端末がカクカウしていると手に突き刺さって持ちにくいのですが、iPad mini 6はエッジも微妙にラウンドしていて持ちやすいですね。

iPad mini(第6世代)のデザイン

 

左側面には何もなく、右側面にはApple Pencil(第2世代)を吸着するマグネットが搭載されています。

iPad mini(第6世代)のデザイン

 

Apple Pencilがピタッとくっついて離れないのが良いですね。旧モデルではApple Pencil(第1世代)にしか対応していないのでLightningコネクタに直接挿さなけらば充電できなかったとか・・・。それに比べたら大きな進化ですよね。見た目にもスマート。

Apple Pencil(第2世代)は外れない

 

下部にはスピーカーとUSB-Cポート。Apple製品なのにLightningではないのが超良い!凄く良い!めちゃくちゃ良い!わざわざこのためにLightningケーブルを用意する必要がないですからね。iPhoneも早く対応してください(切実)。

iPad mini(第6世代)のデザイン

 

上部には音量ボタン・スピーカー・電源ボタンが搭載されています。

iPad mini(第6世代)のデザイン

 

電源ボタンにはTouch IDを採用。指紋認証で画面ロックを解除できます。個人的にマスクを着用している時間が長いので顔認証だけでは不便で仕方ありません。Touch IDの搭載が購入の決め手にもなったと言っていいくらい最高です!

重ね重ね申し訳ございませんがiPhoneにも搭載してください(切実)。

iPad mini(第6世代)の電源ボタンはTouch ID搭載

 

また音量ボタンにも凄い工夫がなされていました。本体の向きに関わらず、常に上にあるボタン・右にあるボタンが「音量上げる」になっています。

横持ちしている時に上下が反転したとしても、上にあるボタンを押せば音量が上がる仕様です。これ地味に嬉しい機能ですよね?直感的に音量調整できるから超便利です!

 

ディスプレイは8.3インチのIPS液晶。湾曲している部分がないフラットタイプです。

iPad mini(第6世代)のディスプレイ
iPad mini(第6世代)のディスプレイ

 

インカメラはベゼル内に搭載されているので表示の邪魔になることはありません。

iPad mini(第6世代)のディスプレイ

 

ベゼルが狭くなって表示領域が広くなったと言っていたので、どれほどベゼル幅が狭いのか期待していたんですが、それなりにありますよね?実測で上下左右8mmのベゼル幅です。

iPad mini 6のベゼル

 

ただiPad miniの旧モデルを使っていた人からすると超絶進化を感じると思います。ホームボタンが廃止されたのが何より大きいですよね。上下のベゼル幅がぜんぜん違う。

本体のサイズ感はそれほど変わらないので画面が縦長になったようです。

iPad mini 6とipad mini 5のデザイン

 

iPad Air(第4世代)のような見た目になりましたね。全体のサイズが違うのでベゼルが太く見えますが・・・。

iPad mini 6とiPad Air 4のデザイン

サイズ感

iPad mini(第6世代)のサイズは195.4mm×134.8mm×6.3mm。

絶妙なサイズ感で、手がそれほど大きくない僕でも片手でハンドリングできちゃいます。

iPad mini(第6世代)のサイズ感
iPad mini(第6世代)のサイズ感

 

わずか6.3mmの薄さも持ちやすさの要因になっていますね。これは本当にびっくりするほど薄いですよ。iPhone 12 miniよりも薄かったです。すごい!

iPad mini(第6世代)のサイズ感

 

重さは実測で292g。毎日持ち運んでも全く苦になる重さではありません。片手でヒョイヒョイ持ち歩けるのってやっぱり良いですよ。

iPad mini 6の重さ
iPad mini 6の重さ

付属品

iPad mini(第6世代)の付属品は以下のとおり。

  • 簡易マニュアル類
  • USBケーブル
  • 充電器
iPad mini(第6世代)の付属品

 

Appleオリジナルステッカーも同封されています。

iPad mini 6の付属品

 

ケーブルは長さ1mのUSB-C to C。さらばLightning!

iPad mini(第6世代)の付属品

 

スマホには充電器が付属されないことが多くなりましたがiPad mini 6には付いてきます。サイズはコンパクトながらも20W急速充電に対応したモデルです。

 

Appleの独自規格ではなくUSB-C Power Deliveryに対応しているようなので付属の充電器ではなくとも、対応充電器を使えば急速充電可能ですね。

iPad mini 6のPDO

 

付属充電器がコンパクトと言っても、他社製なら更に小さい充電器もあります。例えば、僕が普段持ち歩いているのはAUKEYのOmnia Mini 20W Ⅱですが超ミニサイズ。

iPad mini 6の付属品

 

プラグも折りたたみ出来るのでマジでおすすめです。

AUKEY Omnia Mini 20W Ⅱ

姉妹サイト>>Omnia Mini 20W Ⅱレビュー

iPad mini 6を実機レビュー

iPad mini(第6世代)を実機レビュー

ここからはiPad mini(第6世代)を実際に使ってみた様子をレビューしていきます。

美しいLiquid Retinaディスプレイ

iPad mini 6は8.3インチのLiquid Retinaディスプレイ。有機ELディスプレイではないもののクリアで鮮やかで超キレイです。およそディスプレイの表示に不満をいただく人はいないのではないでしょうか?

iPad mini(第6世代)のディスプレイ

 

  • 解像度 2,266×1,488ピクセル
  • 326ppi
  • P3広域色
  • TrueTone
  • 最大輝度500ニト

文字も画像も動画も、全てを綺麗に映し出すスペックが盛り込まれております。有機ELではなくとも黒の発色も十分綺麗。4K画質の夜景動画も吸い込まれるような美しさです。

iPad mini(第6世代)のディスプレイ

 

ディスプレイリフレッシュレートも一般的なスマホと同じ60Hzではあるものの、高リフレッシュレートしか無理です!っていう人以外には気にならないでしょう。

大画面であるほどリフレッシュレートは高いほうが恩恵を受けやすいとは思いますが、スクロールして残像感が残るなんてことにはなりませんね。十分です。

iPad mini 6の動作性能

 

IPS液晶なので視野角も十分。本体がコンパクトで軽いのでベッドやソファーでごろ寝しながら動画視聴も捗ります。ますます家から出たくなくなりますね。買って良かった。

iPad mini(第6世代)のディスプレイ

 

表示に不満はないですがホーム画面の仕様がちょっと気になりました。

アプリはiOSお馴染みの自動整列で自由に配置することはできません。それは別に良いのですが、なぜか中央に寄って配置されています。上下左右に無駄な隙間ができるのが気になりますね・・・。

iPad mini(第6世代)のディスプレイ

 

なお、iPad mini 6では「ゼリースクロール」や「押すと歪む」現象が確認されていて、実際に僕の持っている端末でも発生していました。

iPad mini 6のゼリースクロール波打つディスプレイ

 

ただ「だからなんなの?」っていうレベルで使用中に気になったことは1秒たりともないので、よほど神経質な人以外は気にしなくてもいいでしょう。

2画面分割も使いこなせる広さ

8.3インチの大きさがあれば2画面分割もうまく使えます。6インチ程度のスマホにも搭載されている機能ではあるものの十分に活かしきれるほどではありませんからね。

ディスプレイ上部の「・・・」をタップすれば簡単に2画面分割可能。

iPad mini 6で2画面分割

 

中央のスライドバーを動かせば大きさを切り替えることも可能です。動画見ながらTwitterのチェックもできちゃいますし、メッセージアプリやメールを見つつWebサイトの確認なんかにも向いています。

iPad mini 6で2画面分割
iPad mini 6で2画面分割

A15 Bionic搭載で何をやってもサクサク動く

iPad mini(第6世代)に搭載されているSoCは「A15 Bionic」。iPhone 13シリーズに搭載されているSoCと同じもので何をやるにもサクサク動いてくれます。

iPhone 13シリーズなんて10万円を超える価格で販売されているのに対してiPad mini (第6世代)は5万円台で買うちゃうわけですからコスパも最強レベルですよ。

ネットサーフィンも動画視聴もゲームも。何をやってもモタつくことなく軽快です。

iPad mini 6の動作性能YouTubeのサイズ切り替えもサクサク
iPad mini 6の動作性能マップアプリで空中遊泳

 

Androidスマホに搭載されているSoCで最高性能のSnapdragon 888を搭載しているスマホとサイトの起動速度を比較しても、この通り圧勝です。スマホより大きなディスプレイなのに表示が早いんだからサクサクとしか言いようがありませんね。

iPad mini 6とZenfone 8の比較
iPad mini 6とZenfone 8の比較

重いゲームも高グラフィックで楽しめる

さすがは2021年フラッグシップモデルのSoC「A15 Bionic」です。

軽いゲームはもちろん、高いグラフィック性能を必要とするゲームでさえ楽々プレイできちゃいます。

人気の「原神」ではのグラフィックス設定はデフォルトで「高」。大きなディスプレイで美麗グラフィックスはたまらなく贅沢な気分になりますね。

iPad mini 6で原神
iPad mini 6で原神

 

動作も全く問題なくサクサク!かなり背面が温かくはなりますが発熱も気になるほどではありませんでした。

iPad mini 6で原神

 

PUBG Mobileのグラフィック設定は「スムーズ」で「極限」、「FHD」で「ウルトラ」まで選択可能でした。これならガチゲーマーさんでも満足できるクオリティではないでしょうか?

 

画面サイズが大きいのでプレイしやすいですね。僕のようなエンジョイ勢であっても無事「ドン勝」をいただけましたよー!たまたまだけど・・・。

AnTuTuベンチマークをチェック

iPad mini 6の動作性能はどれほどのものなのか、最も有名なベンチマークソフトAnTuTuでスコアを計測した結果、驚異の768,853点!

iPad mini 6のAnTuTuベンチマークスコア

 

ランキングを確認するとiPad Air(第4世代)を上回るスコアを叩き出していました。コンパクトサイズ感で中身はフラッグシップ。完璧すぎませんか?

iPad mini 6のAnTuTuベンチマークスコア

 

なお複数回連続でベンチマーク測定をするとガクッとスコアが落ちる場合があります。発熱に弱い端末だとそれが顕著です。

iPad mini 6に関してはそれも問題なさそうですね。ていうか2回目のスコアが最も高くて80万点に迫る勢いでした。半端ないね・・・。

 

同じAnTuTuベンチマークアプリでストレージ速度も計測したのですが、こっちはなぜかイマイチな結果に・・・。読み込みも書き込みもそれほど速くありませんでした。

メモリ(RAM)を4GBしか積んでいないのでこの結果になったのだと思います。使っている時に気になることは殆どありませんが、複数のアプリを同時に動かしていると多少影響はあるかもしれません。

iPad mini 6のストレージ速度

エンタメ専用機にピッタリ!最高です!

iPad mini(第6世代)は抜群の動作性能です。ではどういった使い道が最も適切なのか?

やはりエンタメを楽しむためのデバイスだと思います。

  • 動画視聴
  • 音楽鑑賞
  • 電子書籍リーダー

こういったものをフル活用できるのがiPad mini 6です。

もちろん大画面ディスプレイを搭載したタブレットであれば、どれでも共通しているわけですが、iPad mini 6には持ち運びやすいコンパクトなサイズ感が大きなメリットに。

家中はもちろん、外出先でも気軽にエンタメを楽しむことができるわけです。

AmazonプライムビデオではHD画質で視聴可能。

 

電子書籍を読むのにも最適。コミックを読む時は横持ち、雑誌や写真集を読む時は縦持ちがベストです。写真集なんか特に良いですよ。ディスプレイが綺麗なので実際に本を手に持っているかのような雰囲気です。

 

iPad mini 6を買ってから専ら家ではスマホを開く機会が減りましたね。特に休日なんかは傍らにいつもiPad miniがあるような気がします。

少し遅く目覚めてベッドの中でニュースと天気のチェック。

朝食を食べて、二度寝しながらYouTubeをダラダラ視聴。

昼食後はソファーでNetflix。あっという間に15:00になってAmazonミュージックを流しながら溜まった家事をこなす。

夕方には仕事のメールをチェックしながらネットサーフィン。

そして寝る前はベッドでKindleを開いて読書です。

スマホを開くタイミングなんてLINEが通知された時ぐらいなものです。めちゃくちゃ「おうち時間」が捗っちゃうわけですよ。

iPad mini 6とエンタメサービスとの連携は素晴らしく、あなたをベッドやソファーに釘付けにしちゃいます。危険で魅惑的な悪魔のデバイスです・・・。

仕事やクリエイティブ作業で無理に使う必要はない

iPad mini(第6世代)にBluetoothキーボードを接続すれば、パソコンさながらに使うこともできちゃいます。

iPad mini(第6世代)でお仕事

 

タッチパッドが搭載されているキーボードならマウス操作やスクロールも可能です。

iPad mini(第6世代)でお仕事

 

スマホでは打ちにくいちょっとした長文の作成や簡単な表計算くらいであれば、iPad miniでササッとこなしてしまうのも良いかもしれません。

 

ただ完全にパソコン代わりになるかと言われたら正直難しいと思います。iPad mini 6を使ってできること・できないことをあれこれ考えるくらいだったら、パソコンを開いちゃった方が早いでしょう。

本記事も当初は全部iPad mini 6で書こうと思っていたのですが、やりにくいことが色々でてきて結局めんどくさくなって辞めちゃいました(笑)。

iPad mini(第6世代)でお仕事

 

イラストの制作や画像編集は僕はやらないのでよく分かりませんが、RAMが4GBしか搭載されていない点、クリエイティ作業をするにはディスプレイが小さい等が気になるポイントです。

仕事でバリバリ使うようなタブレットではなく、サブ的な立ち位置で仕事に活かすくらいがちょうど良いかもしれませんね?

ステレオスピーカーで臨場感のあるサウンド

iPad mini(第6世代)がエンタメ専用機になりうるもう1つの理由がステレオスピーカーである点です。

横持ちにすれば左右のスピーカーでのステレオ再生が可能。

iPad mini(第6世代)はステレオスピーカー

 

このスピーカーからの音質が非常に優秀でした。

音の広がりと臨場感に優れ、音質もクリアでお見事。低音にも十分迫力があってキックの音に合わせて本体背面がブルブル震えておりました。

音楽鑑賞はもちろん、動画視聴やゲームなどでもハイクオリティなステレオサウンドが重宝するでしょう。音量も十分大きいので安い外付けスピーカーなんて必要ありませんね。

Apple Pencil(第2世代)が使える

正直言うと僕はお絵描きなんて一切しないので、Apple Pencilなんて必要なかったのですが、レビュー用に購入してみました。本体側面に吸着できる専用磁気パットが付いているなら試してみたくなるじゃないですか?

Apple Pencil(第2世代)は外れない

 

ただ実際に使ってみると、イラスト制作なんてしなくても予算に余裕があるなら買っておいたほうが良いと思います。iPad mini 6との親和性が極めて高いです。

まず遅延が殆ど発生しないので、本当に紙にペンで書いてるかのように使えます。

iPad mini(第6世代)とApple Pencil(第2世代)
iPad mini(第6世代)とApple Pencil(第2世代)

 

画面をスクショしてサクッと書き込みするのも便利です。このままSNSに投稿できちゃいますよね。

iPad mini(第6世代)とApple Pencil(第2世代)

 

あと手書き入力のスクリブルにも利用可能。検索窓や入力画面で手書き入力が捗ります。

iPad mini(第6世代)とApple Pencil(第2世代)

 

消したい時は入力部分をゴシゴシすればOKです。

iPad mini(第6世代)とApple Pencil(第2世代)

 

Apple Pencilでホーム画面の右下から中央に向かってスッとスライドすればクイックメモ。気になることがあったらすぐにメモることができちゃいますね。もはや紙の手帳を使っているかのような感覚です。凄すぎる・・・。

iPad mini(第6世代)とApple Pencil(第2世代)

 

なくても困らないけど、あったらiPad mini 6が更に便利なるのがApple Pencil(第2世代)。せっかくなら一緒に購入したいところです。僕は買って良かったと思っています。

ケースを買うなら純正Smart Folio

スマホに保護フィルムを貼るのが超苦手なのでiPad mini 6はどうしようか悩んでいたのですが、本体購入時に純正ケース「Smart Folio」を買っていたので解決しました。

Smart FolioはiPad mini 6の背面パネルに磁石で吸着するタイプの専用保護ケース。

iPad mini(第6世代)とSmart Folio

 

ディスプレイも全面しっかり保護してくれて、開閉に合わせて電源のオン/オフが可能です。この機能はめちゃくちゃ便利で嬉しい。

ディスプレイ保護面は折り畳めるのでスタンドとしても使えます。

iPad mini(第6世代)とSmart Folio

 

iPad mini(第6世代)のために作られたケースなのでサイズはピッタリ。背面パネルに搭載されているカメラレンズも保護してくれます。

 

Smart Folioを使う上で注意したいのは重さです。

iPad mini 6の背面に磁石でペタっと貼り付けるためのマグネットシートが入っているようでかなり重たいです。

実際にSmart Folioを装着した状態で重さを測ってみたところ397gにアップ・・・。

持ち運びやすいというiPad mini 6のメリットを損なってしまっているような気もします。

iPad mini(第6世代)とSmart Folio

 

少々重さは気になるところですが、僕は保護フィルムは貼らずにこのまま使っていこうと思っています。

擦り傷・引っかき傷はどうしようもないものの使い勝手が抜群ですからね。

なお、こちらも本体カラーに合わせてパープル(イングリッシュラベンダー)にしてみたのですが、iPhone 12 miniとはやっぱり微妙に色合いが違いました(笑)。

iPad mini(第6世代)とSmart Folio

バッテリーは長持ち&急速充電対応

iPad mini(第6世代)に搭載されているバッテリー容量は19.3Wh。

公式サイトによるとWi-Fiでのインターネット利用時で最大10時間のビデオ再生が可能とのこと。

動画を10時間連続再生する機会もそうそうないとは思いますが十分長持ちと言えます。

ビデオ再生よりも負荷のかかりそうな重いゲームを1時間プレイしてみたところ、10%ほどバッテリーを消耗したので殆ど公表通りの結果です。

 

充電はUSB-C Power Deliveryに対応しているので最大20Wの急速充電が可能。

iPad mini 6のバッテリー性能

 

バッテリー残量1%からフル充電までにかかった時間は約2時間。充電開始から1時間で70%まで充電可能で、残りの1時間でゆるやかに30%充電してくれました。

バッテリーに負荷がかかりすぎないように調整されていることが分かります。

iPad mini 6のバッテリー性能

 

大容量バッテリー(多分)を搭載していながら2時間でフル充電できるのは嬉しいポイントですね。

ちなみに急速充電規格Quick Chargeには非対応のようで対応充電器による充電では5W程度の充電に。さらに100Wの急速充電に対応した充電器を使ったとしても20W以上になることはありませんでした。

電源ボタンに指紋認証(Touch ID)センサー搭載!

この機能こそ常々iPhoneに搭載して欲しいと思っているのですが、iPad mini(第6世代)の電源ボタンには指紋認証が搭載されています。

マスクを着用している時間が長い現在の状況では顔認証が超不便。ロックを解除するためにマスクをずらさなければいけないなんて異常だと思います。

iPad mini 6ならそんな心配いりません。電源ボタンに触れる・触れながら押すだけで画面ロックの解除が可能です。

左右の人差し指の指紋を登録しておけば縦持ち・横持ちどちらでもロック解除できるから便利ですよ。

iPad mini 6の指紋認証
iPad mini 6の指紋認証

 

反応も上々でロック解除後にホーム画面に遷移してくれるのも嬉しいポイント。

なお、指紋認証が搭載されているからか顔認証の機能は非搭載になっています。

融通が利かないというかなんというか。インカメラを使う方式の簡易的なものでも良いから顔認証も搭載すれば良かったのになーと思ってしまいました。

歓喜!USB-Cポート搭載!

これも、まずiPhoneシリーズに搭載すべきなのですが、iPad mini(第6世代)の充電ポートはLightningではなくUSB Type-Cです。

iPad mini(第6世代)のデザイン

 

Lightningポートだと専用にケーブルを一本準備する必要がありますが、これからはUSB-Cケーブルが1本あればiPad mini 6の充電もできちゃいます。

更に便利なポイントとして、外付けUSBメモリーなんかも簡単に接続できるようになります。

僕が購入したiPad mini 6のストレージ容量は64GBと少なめなんですが、外付けストレージを併用すれば問題ありません。

iPad mini 6のUSB-Cポートに差し込むだけですぐに認識して使えるようになりました。

iPad mini 6のUSB-Cポート

iPad mini 6のUSB-Cポート

 

充電にしろ汎用性にしろやっぱりUSB-Cポートの方が利便性が高いです。

次はぜひiPhoneシリーズにも搭載してくれるように祈っておきましょう。

リアカメラ性能はまずまず!夜景モードはありません

あんまりタブレットを持って写真撮影するっていうシチュエーションが想像できないのですが、リアカメラの性能はまずまずといったところです。

1,200万画素の広角カメラで最大5倍のデジタルズームに対応。スマートHDR 3機能も搭載されています。

標準
2倍ズーム
5倍ズーム
標準
2倍ズーム
5倍ズーム

 

メインカメラとしてバリバリ撮影したい!っていう要望には答えられませんが、外出先で食事を撮影したりなど、ちょっとした記録用として使うなら十分だと思います。

ちなみに夜景モードは搭載されていないので光量が少ないシーンでは殆ど撮影できないのでご注意ください。

iPad mini 6で撮影した画像
iPad mini 6で撮影した画像

インカメラは超広角カメラを搭載!センターフレーム凄い!

個人的にはリアカメラよりもインカメラの方が使い勝手が良いと感じました。

1,200万画素・視野角122°の超広角カメラを搭載。スマートHDR 3にも対応しています。

カメラ起動時にはトリミングされた状態になっていますが、ワンタップで視野角を広げることが可能です。

iPad mini 6で撮影した画像
iPad mini 6で撮影した画像

 

HDRの効果も非常に高く、背景が明るくても顔が暗くなってしまうことがありません。視野角が広いので家族みんなでビデオ通話する時なんかに重宝しますね。

iPad mini 6で撮影した画像
iPad mini 6で撮影した画像

 

さらにビデオ通話・ビデオ会議に重宝しそうなセンターフレーム機能。

本体を動かすことなく被写体を自動で追尾してくれます。これ凄いですよね?

さらにビデオ通話に他の人が入ってくると自動で拡大・縮小までしてくれるとのこと。

iPad mini 6のセンターフレーム

 

FaceTimeやZoomなどの対応アプリでしか使うことができませんが、Web会議などをする機会が多い人ほど嬉しい機能ではないでしょうか?ちなみに僕は全く使いません・・・。

iPad mini 6のデメリット・欠点はただ1つ

iPad mini 6とiPhone 12 mini

 

実際に使ってみて殆ど不満の沸かないiPad mini 6ですが、唯一寂しいのが防水性能がない点です。

家でも外でも、どこでも便利に使えるiPad miniですがお風呂にだけは持っていけないのが非常に辛い。半身浴しつつ動画見るのが好きな僕にとっては本当に唯一の欠点。

スマホよりも大きなボディサイズに防水性能を搭載するのは無茶な話だと思いますが、いつかAppleさんならやってくれるんじゃないかと思っています。凄く高くなりそうだけど。

そもそもIP防水規格は「水」に対する耐性でお風呂で使うことは推奨されてないんですけどね・・・笑

iPad mini 6の評判・口コミ

僕だけの使用感では参考にならない部分もあると思うので、SNSで見かけたiPad mini(第6世代)の評判・口コミをチェックしてみましょう。

購入した人で不満を感じている人は殆ど見受けられませんでしたね。やっぱり防水性能が欲しいと言ってる人はいましたが。

それにしても皆さん多種多様な使い方をしてらっしゃる。

自分の買ったものの感想を見るのって楽しいですよね。こんな使い方もあるんだーって新たな発見ができたりもします。

評判・口コミをまとめてみても、iPad mini 6は買い!ということになりそうです。

iPad mini(第6世代)のスペック

サイズ約195.4mm × 134.8mm × 6.3mm
重さWi-Fiモデル:293g
Cellularモデル:297g
ディスプレイ8.3インチ Liquid Retina
2,266×1,488ピクセル
326ppi
P3高色域
True Tone
500ニト
リフレッシュレート最大60Hz
OSiPadOS 15
SoCA15 Bionic
6コア
5コアグラフィックス
16コアNeural Engine
ROM64GB/256GB
外部ストレージ非対応
リアカメラ1,200万画素
f/1.8
5倍ズーム
スマートHDR 3
インカメラ1,200万画素
超広角 122°
f/2.4
スマートHDR 3
ビデオ(リアカメラ)4K@24fps,25fps,30fps,60fps
1080P@25fps,30fps,60fps
720P@30fps
ビデオ(インカメラ)1080P@25fps,30fps,60fps
バッテリー19.3Wh
20W急速充電
ポートUSB Type-C
DisplayPort
USB3.1 Gen1
生体認証電源ボタン内指紋認証
対応SIM(Cellularモデル)nano SIM
eSIM
対応Band(Cellularモデル)

 

5G NR(バンドn1、n2、n3、n5、n7、n8、n12、n20、n25、n28、n29、n30、n38、n40、n41、n48、n66、n71、n77、n78、n79)
FDD-LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、14、17、18、19、20、21、25、26、28、29、30、32、66、71)
TD-LTE(バンド34、38、39、40、41、42、46、48)
UMTS/HSPA/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac/ax
BluetoothVer5.0
位置情報(Wi-Fiモデル)デジタルコンパス
Wi-Fi
iBeacon
位置情報(Cellularモデル)デジタルコンパス
Wi-Fi
iBeacon
GPS/GNSS
携帯電話通信
センサーTouch ID
3軸ジャイロ
加速度センサー
気圧計
環境光センサー
イヤホンジャックなし
スピーカーステレオ
防塵防水なし
NFCなし
FeliCa(おサイフケータイ)非対応
ワイヤレス充電非対応

SIMカードを装着できるCellularモデルはeSIM、そして5Gにも対応していますよ。

まとめ:iPad mini 6のメリット・デメリット・評価

iPad mini(第6世代)をレビューしました。

メリット・デメリットをまとめると以下のとおり。

iPad mini(第6世代)
(5点/5点満点)
メリットデメリット
・持ち運びしやすいサイズ感
・ごろ寝で使える軽さ
・サクサクの動作性能
・重いゲームも遊べちゃう
・美しい液晶ディスプレイ
・音質が優秀なステレオスピーカー
・Touch ID搭載
・USB-Cポート
・Apple Pencil(第2世代)との親和性が高い
・超広角レンズを搭載したインカメラ
・防水性能なし
・リフレッシュレート60Hz
・リアカメラは普通

 

コンパクトなサイズ感で何をやっても困らない動作性能。ネットサーフィンからゲームまで、完璧にこなしてくれる優秀なタブレットです。

いつでもどこでも持ち歩いて手軽にエンタメを楽しむのに最適。

防水性能がなかったり、リフレッシュレートが60Hzだったりと僅かに気になる部分はもちろんありますが、個人的には購入するメリットのほうが大きく上回っていました。

タブレットは大きすぎて使い勝手がイマイチと考えているなら、まさにiPad mini 6がおすすめの1台と言えます。

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

Amazon
Music Unlimited
\ お得なキャンペーン開催中 /

初めてAmazon Music Unlimitedを利用する人限定で・・・

なんと3ヶ月間無料で利用できるキャンペーン中!

 

通常月額980円なので2,940円がタダ

Amazonプライム会員の人は、月額780円なので2,340円がタダになります。

7,500万曲が聴き放題なAmazon Music Unlimited。

スマホにアプリを落とせば、いつでもどこでも好きな音楽を楽しめます。

楽曲をダウンロードすればオフライン再生もOK。

しかも2021年10月19日からは待望の空間オーディオにも対応しております。

 

このキャンペーンは利用しないと絶対に損です!

2022年1月10日までの期間限定キャンペーンなので登録をお忘れなく。

公式サイト>>Amazon Music Unlimited

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA