ガジェット

【MOFT iPad mini 6 Snapケース&スタンドレビュー】メリット・デメリット・評価を解説

MOFT iPad mini 6 Snapケース&スタンドセットをご提供いただきました。

MOFT iPad mini 6 Snapケース&スタンド

スマホやタブレットの背面にペタッと貼り付けるスタンドで有名な、MOFTのiPad mini 6向け最新モデル。

スタンドがマグネット式になっているので着脱可能。iPad mini 6本体に装着できるのはもちろん、取り外せばケースにもピタッとくっつきます。

iPad mini 6にMOFT Snapスタンド
マグネットで着脱できるMOFT Snapスタンド
MOFT iPad mini 6 Snapケース&スタンド

Apple Pencil用のホルダーも搭載されているので、特に家でも外でもiPad mini 6を使う人におすすめです。

実際に使ってみた様子をレビューしていきます。

メリットデメリット
・豊富な角度調整
・縦置き・横置きOK

・本体とケースでスタンド付け替え可能
・ペンシルホルダーが便利
・バンカーリングになる
・安定してガタつかない
・重さが気になる
・ペンシルホルダーで充電不可

・ディスプレイ保護フィルム必須

iPad mini 6はこちらの記事で詳しくレビューしているので、本記事とあわせてチェックしてくださいね。

【iPad mini 6レビュー】デメリットは1つ!メリットだらけのコンパクトなタブレットは最高の相棒!iPad mini(第6世代)を実機レビューしています。何をさせても完璧にこなしてくれる優秀なタブレット。どこにでも持ち運べるコンパクトなサイズ感も魅力です。実際にiPad mini 6を使って分かったデメリットも含めて解説しています。...

MOFT iPad mini 6 Snapケース&スタンドのデザイン

MOFT iPad mini 6 Snapケース&スタンド

MOFT iPad mini 6 Snapケース&スタンドは、その名のとおりiPad mini 6専用のケースとスタンドのセットです。

まずは外観をチェックしていきましょう。

ケースは「ブラック」と「グレー」の2色展開。スタンドは「ワンダーラストブルー」「クールグレー」「ライトピンク」の3色展開で、自由に組み合わせて購入可能です。

Snapスタンド

Snapタブレットスタンド

ご提供いただいたSnapスタンドは「ワンダーラストブルー」です。

表面は僅かに光沢のあるヴィーガンレザー製で、柔らかくしっとり滑らかな肌触り。

Snapタブレットスタンド
Snapタブレットスタンド

グラスファイバーも含まれているので耐久性にも優れています。繰り返し着脱や開閉をするものですが、簡単に壊れてしまうことはないでしょう。

Snapタブレットスタンド

Snapスタンドにはマグネットシートが付属しています。

Snapスタンドのマグネットシート

iPad mini 6はMagSafe充電に非対応なので、背面パネルに磁石が搭載されていません。

このため、付属のマグネットシートを背面パネルに貼り付けることで、Snapスタンドの着脱が可能になります。

Snapスタンドのマグネットシート

iPad mini 6に直接貼り付けるのに抵抗がある場合には、薄めの保護フィルムを予め貼り付けておいても問題ありません。ちなみに僕はそうしています。

貼り付け位置のガイド等はありませんが、最下部中央に貼り付けるのがベスト。

Snapスタンドのマグネットシート

これでSnapスタンドが使えるようになりました。

Appleマークが隠れてしまうので少々寂しい感じもしますね。

Snapスタンドのマグネットシート

このように最下部中央にシートを貼り付けておけば、スタンドを装着した時にカメラ・フラッシュに干渉しません。

Snapタブレットスタンド

マグネットはかなり強力で、スタンドを持ってiPad mini 6を持ち上げても外れることがありませんでした。もちろん激しく持ち上げたら外れると思いますけどね。そろーり。

Snapタブレットスタンドの磁気は強力

サイズは114.5mm × 160.0mm × 4.0mmと、iPad mini 6にピッタリのサイズ感になっております。厚みがたった4mmと薄いのが嬉しいポイントですね。

Snapタブレットスタンドのサイズ感
Snapタブレットスタンドのサイズ感

ちなみにマグネットシートは実測で0.4mmほど。ほぼ厚み0なのでケースを装着できるわけです。

Snapタブレットスタンドのサイズ感

4mmの厚さが絶妙で、デスク等に置いても本体はもちろんカメラのレンズが直接触れてしまうことはありません。

Snapタブレットスタンドのサイズ感 Snapタブレットスタンドのサイズ感

しかも、隙間が空いているにも関わらずガタガタしない点もポイント。

Snapスタンドはガタつかない

iPad mini 6をデスクに置いて使っても非常に安定していました。

守るべきところはしっかり守りつつ、扱いやすさも兼ね揃えているのが素晴らしいですね。

Snapケース

Snapタブレットケース

Snapケースはブラックをご提供いただきました。

Snapタブレットケース

フレームは少し固めのTPU製。落下の衝撃にも耐えられそうです。

Snapケースのデザイン

iPad mini 6のために作られた専用ケースなので、物理ボタン・ポート・スピーカーを干渉することはありません。

Snapタブレットケース Snapタブレットケース

ケースを装着した状態でもカメラはバッチリ使えますよ。

Snapタブレットケース

背面はSnapスタンドと同じヴィーガンレザー製。

Snapタブレットケース

内部に金属板が入っており、Snapスタンドを自由に貼り付け可能です。

Snapタブレットケースにタブレットスタンドを装着

磁力が強いので簡単には外れませんが、さすがにiPad mini 6を装着した状態で持ち上げるのは厳しいようです。そろーりでもダメでした。

Snapタブレットケースにタブレットスタンドを装着

ケース側面にはApple Pencil用のホルダーがあります。

SnapタブレットケースのApple Pencilホルダー
SnapタブレットケースのApple Pencilホルダー

カチッとはめ込む感じで収納。激しく振っても落ちてしまうことはありません。持ち運びに重宝しますね。

SnapタブレットケースのApple Pencilホルダー

Apple Pencilは背面の穴から指で押し出してあげると簡単に取り外し可能です。

SnapタブレットケースのApple Pencilホルダー
SnapタブレットケースのApple Pencilホルダー

SnapケースはiPad mini 6本体よりも少し高さがあります。

SnapタブレットスタンドにiPad mini 6を装着

このためディスプレイを下にしてデスクに置いても直接触れることがないので安心です。

SnapタブレットスタンドにiPad mini 6を装着

ケースのサイズは198.2mm × 148.2mm × 10.3mmとそこそこ大きめ。

Snapケースのサイズ感

本体保護のための厚みと、ペンシルホルダーが搭載されているので、どうしても幅広になってしまいます。

Snapケースのサイズ感

MOFT iPad mini 6 Snapケース&スタンドをレビュー

MOFT iPad mini 6 Snapケース&スタンド

ここからはMOFT iPad mini 6 Snapケース&スタンドを実際に使ってみた様子をレビューです。

使っている人が多いと思うApple純正のカバー「Smart Folio」とも比較しています。

豊富な角度調整が便利!縦置き・横置きどちらも可能

Snapスタンドの魅力は豊富な角度調整機能です。

Smart Folioは2種類のアングルで横置きしかできません。

これに対してSnapスタンドは数種類の角度調整が可能。しかも縦置き・横置きどちらでも好みのアングルで使えます。

公式サイトによると合計6種類の角度となっていますが、組み合わせによってはもっと多いんじゃないかと思います。

Snapスタンドは折りたたみ・折り込みが可能なので、これだけ角度調整が豊富になります。

Snapスタンドの角度調整
Snapスタンドの角度調整

椅子やデスクの高さは様々なので、Smart Folioでは融通が利かない部分がありますが、Snapスタンドであればそんな心配はありません。

自分の好みのアングルでiPad mini 6を使えます。

一番浅い角度なんかは、お絵描きに向いているんじゃないでしょうか。

Snapスタンドの角度調整

Snapケースならキーボード入力がしやすくなる

SnapスタンドはSnapケースに付け替え可能。

マグネットで着脱できるMOFT Snapスタンド

iPad mini 6本体で使った時と同じ様に角度調節が可能になります。

さらにケース背面の広範囲に金属プレートが搭載されているので、ケースの高さをあげた「フローティングモード」でも使えます。

Snapケースのフローティングモード
Snapケースのフローティングモード

iPad mini 6にキーボードを接続して文字入力している人は、目線が上がるのでフローティングモードが便利です。

iPad mini 6が小さなディスプレイ代わりになっちゃいますよ。

Apple Pencilがカバンの中で外れない

Apple Pencilホルダーが搭載されている点もMOFT iPad mini 6 Snapケースを使うメリットの1つ。

Smart Folioを装着したiPad mini 6を持ち歩こうとする場合、Apple Pencilをこのように本体にくっつけてカバンの中に入れる人も多いでしょう。

iPad mini 6にApple Pencilを装着

このように持ち運ぶと、Apple PencilがどうしてもiPad mini 6から外れてしまうんですよね・・・。

この点Snapケースなら、ホルダーがあるのでApple Pencilが迷子になることがありません。

SnapタブレットケースのApple Pencilホルダー

これだけ強く振っても落ちないので、外れる可能性は極めて低いと思います。

SnapタブレットケースのApple Pencilホルダー

家でも外でもiPad mini 6でApple Pencilを使う人は、Snapケースがピッタリです。

Snapスタンドがバンカーリング代わりになる

iPad mini 6はコンパクトサイズなので片手でも操作できますが、ディスプレイの端まで指が届かなかったり、落としてしまう危険があったり、ちょっと怖い部分もあります。

そんな時でも、Snapスタンドが装着していれば安心です。

スタンド部分を少し広げて手を通せば、バンカーリングのように利用可能。

Snapスタンドをバンカーリング代わりに使う

縦持ちでのネットサーフィンがかなり安定します。

Snapスタンドをバンカーリング代わりに使う

Smart Folioではこういう使い方ができないので、重宝するポイントです。

Apple Pencilホルダーは充電非対応

Apple Pencilが迷子にならずに持ち運べるのは超便利なんですが、1つ不満なところが。

ペンシルホルダーにApple Pencilを収納しても充電してくれないんです・・・。

ペンシルホルダーはApple Pencilの充電非対応しーん・・・。

ホルダーの場所が充電端子の反対側面にあるので仕方ないですが、移動中にApple Pencilの充電ができなのは寂しいポイント。

もちろん反対側面はフレームが薄く作られているので、磁気でくっついて充電してくれます。

SnapケースでApple Pencilを充電
SnapケースでApple Pencilを充電

もし新しいモデルが発売されるなら、ホルダーに収納した時にApple Pencilが充電できるようにして欲しいですね。

重さが気になる

MOFT iPad mini 6 Snapケース&スタンドはマグネット式なので、着脱して付け替えられるのが便利なポイント。

家ではiPad mini 6本体にスタンドを装着して、外出時はケースにペタ。

マグネットで着脱できるMOFT Snapスタンド
マグネットで着脱できるMOFT Snapスタンド

スナップの名前通り、素早く簡単に付け替えができちゃいます。

ただ、スタンドにもケースにも金属板が入っているので、どうしても重くなります。

iPad mini 6の重さは実測で約292g。

iPad mini 6の重さ

これにマグネットシートとSnapスタンドを装着すると411gになります。

Snapスタンドの重さ

これくらいならまだ許容範囲。片手でも扱えるくらいの重さです。

ただ外出時はこれにSnapケースとApple Pencilも付いてきますね。

Snapケース&スフルセットタンドの

そうすると重さが合計で約573gになってしまいます。結構ズッシリくる重さです。

Snapケース&スタンドフルセットの重さ

ちなみにiPad mini 6にSmart Folioを装着した場合の重さは397gに留まっています。

iPad mini(第6世代)とSmart Folio

重いから使いにくい!と感じるほどではありませんが、頻繁にiPad mini 6を持ち歩いてる場合には、購入前にチェックしておきたいポイントです。

ディスプレイはノーガード

Smart FolioはiPad mini 6のディスプレイを全面カバーしてくれます。

iPad mini(第6世代)とSmart Folio

一方、MOFT iPad mini 6 Snapケース&スタンドにはディスプレイを保護する機能がないので、常に丸出し状態。

Snapケース&スタンドはディスプレイノーガード

iPad mini 6を使っている人は既に付けているとは思いますが、ディスプレイ保護フィルムが必須です。

家で使う場合ならまだしも、カバンの中に入れて持ち歩くと傷が付いてしまう可能性がありますからね・・・。

まとめ:MOFT iPad mini 6 Snapケース&スタンドのメリット・デメリット・評価

MOFT iPad mini 6 Snapケース&スタンド

MOFT iPad mini 6 Snapケース&スタンドセットをレビューしました。

最後に本記事のおさらい。メリット・デメリット・評価を紹介いたします。

メリット・デメリット

メリットデメリット
・豊富な角度調整
・縦置き・横置きOK

・本体とケースでスタンド付け替え可能
・ペンシルホルダーが便利
・バンカーリングになる
・安定してガタつかない
・重さが気になる
・ペンシルホルダーで充電不可

・ディスプレイ保護フィルム必須

評価

(4点/5点満点)

これまで僕はSmart Folioを使っていましたが、今後はMOFT Snapケース&スタンドに乗り換えようと思います。

重いのがちょっぴり気になるものの、利便性の高さがそれを上回っています。

豊富な角度調整や縦置き・横置きどちらでも使えるのはもちろん、バンカーリングとしても使えるのが嬉しいですね。

外に持ち出す時にApple Pencilが行方不明になりにくい点も優秀。

家でも外でもiPad mini 6を使う人におすすめのケース&スタンドです。

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA