ガジェット

【EcoFlow RIVER 2レビュー】初めてのポータブル電源におすすめ!使ってわかったメリット・デメリット・評価

本記事はアフィリエイト広告を利用しています

評価:(4.0点/5点満点)

お世話になります。ちびめがね(@chibimeganecom)です。

EcoFlow様にRIVER 2をお借りしました。

EcoFlow RIVER 2

キャンプなどのアウトドアシーンにはもちろん防災用の備蓄品としても活躍できるポータブル電源。

1台くらい買っておこうかなーと思っても、色々と種類がありすぎてどれが良いのか分からない人が多いのではないでしょうか。

ちびめがね
ちびめがね
値段も結構しますしね?

そんなあなたにおすすめなのが本記事で紹介するEcoFlow RIVER 2です。

 

ポータブル電源に必要最低限の機能を搭載していながら価格も29,900円と比較的手頃。

専用アプリを利用して遠隔制御までできちゃうスグレモノです。

EcoFlow RIVER 2

本記事で実際に使ってみた様子をレビューするので購入の参考にしてください。

メリットデメリット?
・コンパクト&軽量
・十分なバッテリー容量
・6台同時充電
・本体充電が超高速
・パススルー対応
・EPS機能搭載
・コンパニオンアプリ対応
・遠隔操作可能
・購入しやすい価格
・デザインが地味
・USB-Cが1ポート
・USBポートの充電速度が少し控えめ
・ファンの音が気になることも

EcoFlow RIVER 2のデザイン・サイズ感・付属品

EcoFlow RIVER 2

RIVER 2は中国深センのメーカー「EcoFlow(エコフロー)」製のポータブル電源です。

EcoFlowは2017年に設立されて以降、100以上の国と地域で発売され延べ200万人以上のユーザーがいる人気ポータブル電源メーカーの1つ。

日本においても徐々に認知度が高まっており、2022年11月からは元プロサッカー選手の中田英寿さんをブランドアンバサダーに迎えて、さらなる知名度の拡大を狙っているようです。

 

ちびめがね
ちびめがね
あの世界のヒデだよ?すごくね?

まずはRIVER 2の外観や付属品をチェックしていきましょう。

デザイン

EcoFlow RIVER 2にカラーバリエーションはありません。

やや黄色みがかったグレーと黒のツートンカラー。

EcoFlow RIVER 2のデザイン
EcoFlow RIVER 2のデザイン

屋外で使う分には違和感なさそうですが、色合いのせいか少し無骨な印象も受けます。

僕が使っているAUKEY製のポータブル電源「PowerStudio 300」と並べるとこんな感じ。

EcoFlow RIVER 2のデザイン EcoFlow RIVER 2のデザイン

公式サイトの製品一覧を確認すると、だいたいこんな色合いをしているので、もっとポップなデザインがあっても良いかなーとは思いました。

本体上部の背面に飛びている部分は持ち手になっています。持ち歩く特はここをハンドルすると良いでしょう。

EcoFlow RIVER 2のデザイン EcoFlow RIVER 2のデザイン

前面に出力ポートと液晶ディスプレイ、背面には本体充電用の入力ポートと放熱用の大きなファンを搭載。

EcoFlow RIVER 2のデザイン EcoFlow RIVER 2のデザイン
EcoFlow RIVER 2のデザイン

本体上部は少し窪んでいてお皿状になっています。

スマホなんかの小型デバイスはここに乗せてもいいかもしれませんね。

EcoFlow RIVER 2のデザイン

本体下部には4箇所の滑り止めがありました。

EcoFlow RIVER 2のデザイン

ゴムっぽい素材なので直接置いてもデスクや床を傷つけてしまうことはないでしょう。

EcoFlow RIVER 2のデザイン

サイズ感

本体サイズは245 x 215 x 145mmで、300Whクラスのポータブル電源のわりにはコンパクト。A4用紙に収まるサイズ感です。

EcoFlow RIVER 2のサイズ感

何と比較すれば大きさが分かりやすいのか考えたんですが、よく分からなかったので、とりあえずペットボトルとポテチを横に並べておきました。

EcoFlow RIVER 2のサイズ感 EcoFlow RIVER 2のサイズ感
ちびめがね
ちびめがね
どっちもお徳用のビッグサイズだった笑

重さも3.5kgと軽量で5歳の息子でも簡単に持ち上げることができました。

EcoFlow RIVER 2のサイズ感楽勝だぜ!とのことwww

毎日カバンに入れて持ち歩くものでもありませんが、軽いなら軽いほうが嬉しいですよね。

付属品

EcoFlow RIVER 2の付属品は以下のとおり。

  • AC充電ケーブル
  • 車載シガーソケット充電ケーブル
  • 取扱説明書及び保証書

今回は貸出品なのでマニュアルや保証書は同封されていませんでした。

EcoFlow RIVER 2の付属品

AC充電ケーブルは太めで7.5mmほどありました。

硬めで折り曲がりにくいので停電用のバックアップ電源に使う場合には設置場所に注意しましょう。

EcoFlow RIVER 2の付属品

EcoFlow RIVER 2を実機レビュー

EcoFlow RIVER 2を実機レビュー

ここからはEcoFlow RIVER 2を実際に使ってみた様子をレビューしていきます。

バッテリー容量はたっぷり256Wh

EcoFlow RIVER 2のバッテリー容量

EcoFlow RIVER 2のバッテリー容量は256Wh。256Wの電力を1時間供給できる容量になります。

スマホ・タブレットはもちろん、パソコンや小型家電へも電力供給ができる充分なバッテリー容量です。

  • スマホ(4,000mAh):13回以上
  • カメラ(16Wh):12回以上
  • ドローン(40Wh):5回以上
  • 電気毛布(50W):4時間以上
  • 小型冷蔵庫(40W):5時間以上
  • LEDライト(5W):40時間以上

1台あれば数日のキャンプや、バーベキュー等のアウトドアシーンで活躍してくれます。

また、小型で軽量なのでベランピングをする人にもおすすめです。

もちろん普段使い用途ではなく災害用の備えに購入してもいいでしょう。

ちなみにRIVER 2にはリン酸鉄リチウムイオン電池が搭載されており、放充電サイクル3000回に及ぶとのこと。

週に6回使用すると仮定した場合、10年使える計算になります。

またTUV(テュフ)認証も取得しているので安全性も折り紙付きです。

さらにRIVER 2はメーカー5年保証の対象製品なので、安心して利用できます。

公式サイト>>保証について

6台のデバイスに同時給電できる

EcoFlow RIVER 2には複数の出力ポートを搭載しており、最大6台のデバイスに給電可能です。

EcoFlow RIVER 2の出力ポートDC出力ポート
EcoFlow RIVER 2の出力ポートUSB-C×1/USB-A×2
EcoFlow RIVER 2の出力ポートAC出力ポート×2

実際に複数のポートで同時給電を試してみましたが何の問題もありませんね。安定稼働。

EcoFlow RIVER 2の同時給電

USBポートはデバイスを接続すれば給電が始まりますが、AC/DCの各ポートは電源ボタンを押さないと給電されないのでご注意ください。

これだけあればポートを使い切ることはないと思いますが、1つ弱みがあるとすればUSB Type-Cポートが1つしかないこと。

USB Type-Cケーブルを使う機会が増えているので、もう1箇所くらいあっても良さそうですね。

ただ写真にも表示されているとおり、DCポート用の充電器があれば簡単にUSBポートを増やすことができます笑

僕が使っているAUKEYのCC-A4は、コンパクトでありながらUSB-Cポートが2つ増やせるのでオススメです。

DCポート用USB充電器 DCポート用USB充電器

こんな感じでUSB Type-Cポートを2つ増やせますよ。

DCポート用USB充電器
ちびめがね
ちびめがね
同時接続台数が7台になりました!

普段使いに十分な出力性能

EcoFlow RIVER 2の出力性能

EcoFlow RIVER 2の出力仕様は以下のとおり。

ポート出力仕様
USB Type-A最大12W
USB Type-C最大60W
DCポート最大100W
ACポート最大300W

USBポートはそれぞれ超ハイパワーではないものの、殆ど全てのデバイスに十分な給電が可能な出力仕様になっております。

実際にいくつかのデバイスへの給電を試してみましたが、問題なく動作してくれました。

液晶パネルに出力電力と残り使用可能時間で表示されるのがめちゃくちゃ便利です。

EcoFlow RIVER 2の出力性能

ACポートは「X-Boost」機能により450W出力にも対応できます。

ただし600W以上のサージが発生すると安全のために自動停止する仕様のようです。

実際にドライヤーの風量を切り替えてみると、300W以上でも運転できていましたが、強風(900W)にすると給電がストップしました。

このほかRIVER 2は7種類の保護機能を搭載して安全使用を確保しています。

  • 低温保護
  • 過熱保護
  • 過放電保護
  • 過電圧保護
  • 過電流保護
  • 短絡保護
  • 過負荷保護

本体を1時間でフル充電できる

EcoFlow RIVER 2の本体充電

僕がEcoFlow RIVER 2を使ってみて最も凄いと感じたのが本体の充電時間。

実際に空っぽの状態から100%になるまで計測してみたところ、なんと1時間8分でフル充電が完了してしまいました。

256Whの大容量バッテリーを搭載していながら、この結果は驚異的としか言いようがありません。

もちろん本体充電をしながら他のデバイスへの給電を可能にするパススルーにも対応しております。

EcoFlow RIVER 2はパススルー対応

1時間急速フル充電はACコンセントによる充電で、その他の方法による充電時間は以下のとおりとなります。

充電方法最大入力充電時間
ACコンセント360W1時間
ソーラーパネル110W3~6時間
シガーソケット100W3時間
USB Type-C60W5時間

またACコンセントによる充電は最大360Wと超ハイパワー。

EcoFlow RIVER 2の本体充電速度

このため、猛烈にファンが回転するため結構うるさいのでご注意ください。

その影響もあってか、充電中でも本体が熱くならないのは嬉しいポイントです。

EcoFlow RIVER 2の本体充電速度

停電用補助電源としても使えそう

EcoFlow RIVER 2のEPS機能

EcoFlow RIVER 2には便利なEPS(非常用電源)機能も搭載。

フル充電後にコンセントに接続したままの状態で、AC出力ポートを利用すると、バッテリーを消費することなくコンセントから給電されます。

EcoFlow RIVER 2のEPS機能

この状態で停電になってコンセントが使えなくなると、30ミリ秒(0.03秒)以内にバッテリーからの給電が始まります。

電力を常時提供しつづける必要がある機器は、RIVER 2に接続しておくと安心です。

ただし、UPSではないので電力供給の切り替え時に僅か(30ミリ秒)に電気はストップします。

このため、サーバーやパソコンに利用するのはおすすめできません。

また、出力が多い場合にはファンが回転するので、常時接続だと音が気になる場合もあるでしょう。

コンパニオンアプリでリモート管理ができる

EcoFlow RIVER 2のコンパニオンアプリ

RIVER 2はEcoFlowのコンパニオンアプリ「EcoFlow」に対応しています。

EcoFlow - Power A New World

EcoFlow – Power A New World

Hong Kong EcoFlow Innovation Technology Limited無料posted withアプリーチ

バッテリー残量や入力・出力電力の表示。

各種設定やファームウェアアップデート等の操作も可能です。

アカウント登録が必要なのがちょっとめんどくさいですが、近くのEcoFlowデバイスをすぐに検出してくれるので初期設定自体は簡単です。

EcoFlow RIVER 2のコンパニオンアプリ

RIVER 2はWi-Fi/Bluetoothに接続できる機能があるので、EcoFlowアプリを通じて外出中でも操作できるのが個人的には嬉しい機能でした。

AC・DCポートならON/OFFの切替ができるので、あ!消し忘れた!なんて時でも、外から操作できちゃいます。

EcoFlow RIVER 2のスペック

EcoFlow RIVER 2のスペック
モデル名EFR600
サイズ245×215×145mm
重さ約3.5kg
バッテリー容量リン酸鉄リチウムイオン電池
256Wh
AC出力純正弦波
合計300W
サージ600W
50Hz/60Hz
USB-A出力5V/2.4A
最大12W
USB-C出力5,9,12,15,20V/3A
最大60W
DC出力12.6V/8A
最大100W
AC入力100~120V/最大8A
50Hz/60Hz
シガーソケット入力12V/24V対応
既定値8A
最大100W
USB-C入力5,9,12,15,20V/3A
最大60W
推奨使用温度範囲20℃~30℃
放電温度範囲-10℃~45℃
充電温度範囲0℃~45℃
保管温度範囲-10℃~45℃

公式サイト>>スペック

まとめ:EcoFlow RIVER 2のメリット・デメリット・評価

EcoFlow RIVER 2のメリット・デメリット・評価

EcoFlow RIVER 2を実機レビューいたしました。

最後に本記事のおさらい。メリット・デメリット・評価を紹介いたします。

メリット・デメリット

EcoFlow RIVER 2を買うべきメリット、購入前に確認しておきたい注意点は以下のとおりです。

メリットデメリット?
・コンパクト&軽量
・十分なバッテリー容量
・6台同時充電
・本体充電が超高速
・パススルー対応
・EPS機能搭載
・コンパニオンアプリ対応
・遠隔操作可能
・購入しやすい価格
・デザインが地味
・USB-Cが1ポート
・USBポートの充電速度が少し控えめ
・ファンの音が気になることも

評価

(4.0点/5点満点)

必要最低限の機能・性能をおさえたポータブル電源。

それがEcoFlow RIVER 2です。

  • 何を買って良いのか分からない
  • 高すぎるのを買うのは怖い

そんな初めてポータブル電源を買う人におすすめの1台だと思いました。

専用アプリで設定やリモート操作ができる点もガジェットらしくて良い感じです。

僕自身はアウトドアシーンで使うと言うより、備蓄品としての重要性を感じています。

ライフラインとしての電力を少しでも確保できるので、一家に一台あると重宝するでしょう。

EcoFlowの製品はAmazonのセール対象になる機会も多いので、安くなっているタイミングで狙ってみてはいかがでしょうか。

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!
2024年2月スマホ乗り換えドットコムセール

SoftBankに乗り換えを検討している人朗報です!

ソフトバンク正規代理店「スマホ乗り換え.com」でスマホセールを開催中。

ラインナップは以下のとおり。ソフトバンク「新トクするサポート」による48回分割払い適用後の実質価格になります。

  • motorola razr 40s:実質24円
  • Google Pixel 8:実質24円
  • Google Pixel 8 Pro:実質25,896円
  • AQUOS wish3:実質24円
  • Redmi Note 10T:一括1円
  • iPhone 15:実質12円
  • iPhone 15 Pro:実質79,176円
  • iPhone 14:実質24円
  • iPhone SE(第3世代)64GB:実質24円

Pixe 8 Proがラインナップに追加されました。

172,080円が25,896円!約15万円安くなっちゃいますよ。ヤバすぎ笑

【Google Pixel 8 Proレビュー】最高のカメラでもゲーム性能は弱い!未知数のAI機能で大化けなるか?使ってわかったメリット・デメリット・評価 Google Pixel 8 Proは普段使いに困らない快適な動作性能と優れたカメラ性能が特徴の2023年フラッグシップモデル。消しゴムマジックや音声消しゴムマジックなどのAIによる画像編集機能が強化されています。実際に使ってみて感じたメリット・デメリットを含めて実機レビューしています。...

公式サイト>>スマホ乗り換え.com

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA