ガジェット

【BenQ ScreenBarレビュー】モニターライトはノートパソコンで使えるか試してみました!【PR】

BenQ(ベンキュー)様からモニター掛け式ライト「ScreenBar」をご提供いただきました。

 

パソコン等のディスプレイ上部に引っ掛けるタイプのデスクライトなので、スペースが狭い作業環境でも手元を明るくできます。

BenQ ScreenBar

 

本来は上記画像のように独立したディスプレイ用なのですが、僕が使っているのは14インチのノートパソコン。

Dell Inspiron 14 5000(5490)
Dell Inspiron 14 5490レビュー!
【Dell Inspiron 14 5000(5490)レビュー】第10世代インテル搭載!6万円台で買える高コスパノートPCDell Inspiron 14 5000(5490)をレビューしています。第10世代インテル搭載、8GBメモリー、SSD250GB。高性能でありながら6万円台で購入できる高コスパの14インチノートパソコンです。...

 

僕のように普段ノートパソコンを使っていて、モニターライトが欲しいと思っている人も多いと思います。

果たしてScreenBarは、コンパクトなノートパソコンでも使えるのでしょうか?

本記事でレビューしていきます。

BenQ ScreenBarの外観と付属品

ScreenBarは、台湾を本拠地としている電気製品メーカーBenQ(ベンキュー)のモニターライトです。

BenQと言えば、モニター・ディスプレイが世界的に有名なブランド。

Amazonのディプレイ売れ筋ランキングでも、上位に複数の製品がランクインしています。

ちびめがね
ちびめがね
目に負担をかけないディスプレイを手掛けてきたBenQのライトは、デザインと機能性に優れているので、日本でも人気!

 

ScreenBarはカラーバリエーションはなく、黒1色。

幅45cmで、直径2cmとコンパクトです。

ScreenBar

 

重さは150gと軽量ですが、モニター上部に引っ掛ける特製クリップと合わせると495gとズッシリ重いです。

ScreenBarの重さ

 

上部にはタッチ式のコントロールボタンが並んでいます。

ScreenBarのタッチセンサー

 

左側には輝度・色温度の調整ボタンと調光センサー。

ScreenBarのタッチセンサー

 

右側には自動調光ボタンと電源ボタンが搭載されています。

ScreenBarのタッチセンサー

 

照明部分はLEDと、モニターに光が反射しないように設計された非対称の反射板が搭載されています。

ScreenBarのLED

 

電源ポートはMicro USB。

USB Type-Cじゃないのが少し残念なポイントですね。

ScreenBarの電源ポート

 

Screen Barの付属品は以下のとおりです。

ScreenBarの付属品

 

ディスプレイに引っ掛ける部分は、クリップのように挟む可動式。

ScreenBarの特製クリップ

 

モニターに接着する部分に、シリコン製の滑り止めが搭載されています。

傷が付きにくいので安心です。

特製クリップの滑り止め

 

電源ケーブルは長さ155cmのUSB-A to Micro USBのものでした。

そこそこ長さがあるので、電源の確保には困らないでしょう。

ScreenBarの電源ケーブル

 

もちろんパソコンやモニターのUSBポートからも電源供給が可能です。

パソコンのUSBポートから給電

BenQ ScreenBarのスペックと性能

ScreenBarのスペックは以下のとおりです。

光源デュアルカラーLED
照度最大1,000ルクス(高さ45cm)
色温度2,700K~6,500K
8段階調整
カラーレンダリングインデックス95以上
消費電力最大5W
入力電源5V / 1A
安全認証RoHS
CE
FC
IEC/TR 62778
IEEE PAR1789

明るさ13段階/色温度8段階

ScreenBarのタッチセンサーをタッチすることで、明るさと色温度を調整可能です。

ScreenBarの色温度調整

 

組み合わせは全部で104種類になるので、自分好みの照明環境を作れます。

照射範囲35cm×74cm

照射範囲は35cm×74cmと十分な広さです。

作業スペース全体を最適な明るさにしてくれます。

ScreenBarの照射範囲
ScreenBarの照射範囲

自動調光モード

オフィス照明の最適な明るさは「500ルクス」と言われています。

と言っても、どのくらいの明るさなのか分かりませんよね?

そこで便利なのがScreenBarの自動調光モードです。

搭載されているセンサーが室内の明るさを判断して、照射範囲を自動的に500ルクスにしてくれます。

ScreenBarの自動調光モード

ディスプレイ反射制御

ディスプレイに引っ掛けて使用するライトなので、画面に反射したり、明るさが変わったりしないか心配ですよね。

ScreenBarは非光学設計によって、デスクのみを照らして画面への反射を制御しています。

全く映り込みがしないわけではありませんが、画面の見え方に大きな違いはありませんでしたよ。

ScreenBarのニセモノに注意

BenQのご担当によると、AmazonでScreenBarにそっくりの模倣品が販売れているそうです。

価格はScreenBarよりも安いようですが、品質が悪く壊れやすいとのこと。

ScreenBarを購入する時は、「BenQ Store」と記載のある商品を選びましょう。

Amazon>>BenQ Store

楽天市場>>BenQ Direct 楽天市場店

 

BenQ ScreenBarはノートパソコンでも使える?

ScreenBarは僕の使っている14インチノートパソコンでも使えるのか、実際に試してみました。

使えないことはないけど取り付けに注意

ScreenBarは特製クリップをディスプレイ上部に挟んで使います。

推奨されている厚みは1cm~3cmです。

しかし、僕の使っているノートパソコンのディスプレイの厚みは僅か6mm。

ノートパソコンのディスプレイの厚み

 

このため、なんとか挟むことはできるものの、通常であればまっすぐ装着できるはずのScreenBarが少し斜めになっていまします。

ScreenBarがうまく挟まらない

 

ScreenBarが下に引っ張られてしまうので、照射角度が上を向いてしまうものの、回転させることができるのでなんとか通常利用は可能です。

 

また、ディスプレイを大きく傾けてしまうとクリップの重さに耐えられず、勝手にディスプレイが開いてしまうことがあるので注意が必要です。

ScreenBarの重さに耐えられない

 

取り付けに若干不安はあるものの、ScreenBarはノートパソコンでも使えないことはないという感じでした。

一般的に作業スペースは壁際にあることが多いので、自分が影になって手元が暗くなることも多いと思います。

そんな時にScreenBarを装着すれば、手元を明るく照らしてくれます。

資料を確認しながら作業をする時に活躍してくれるでしょう。

タブレットでもScreenBarを試してみた

僕はFire HD 10タブレットをサブディスプレイにして作業をしています。

spacedeskでFire HD 10をサブディスプレイ化
【Fire HD 10レビュー】おすすめの使い道を解説!Google Playはいらない!Amazonのタブレット「Fire HD 10」をレビューしています。綺麗な大画面ディスプレイで動画・音楽・読書を楽しめます。基本性能は高くないのでGoogle Playのインストールはおすすめできません。...

 

試しにタブレットにScreenBarを装着してみたところ、タブレットスタンドが丁度いい厚みになって上手く装着することができました。

 

僕にとっては、作業中にサブディスプレイにScreenBarを付けるのがベストかも。

サブディスプレイ前面のスペースが明るくなって、資料を確認しやすくなりました。

サブディスプレイにScreenBar

 

ScreenBarの推奨環境は、1cm~3cmのモニターです。

ただ、薄型のノートパソコンでも使えないことはありませんでした。

スタンドライトを置くスペースがない人は、ScreenBarを使ってみてはいかがでしょうか?

BenQ ScreenBarの評判・口コミ

ScreenBarを実際に使っている人の評判・口コミを見ていきましょう。

 

少し高いけど、買って良かった!という声が非常に多かったです。

ちなみに、ScreenBar Plusは調光や色温度調整ができるリモコンがあるタイプ。

よほど高いところにモニターがある場合以外には、個人的には必要ないと思います。

まとめ:BenQ ScreenBarはノートパソコンでも使えないことはない

BenQのScreenBarをレビューしました。

省スペースで作業環境の明るさを最適にしてくれる便利なモニターライトです。

通常独立したディスプレイに装着して利用するものですが、ノートパソコンでもなんとか使うことはできました。

薄型ディスプレイの場合には、特製クリップの重さに耐えられないこともあるので、取り付けにはご注意ください。

ScreenBarを装着するモニターの推奨厚みは1cm~3cmです。

 

また、AmazonなどではScreenBarのニセモノも販売されているようです。

安くてもすぐに壊れてしまったら、結局お金の無駄になってします。

購入する時には、公式ショップを選択してください。

 

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただて、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

楽天モバイルにしたいけどエリアじゃない・・・。
月額基本料1年無料が羨ましい・・・。

 

そんなあなたに朗報です!

 

安心のドコモ回線エリアに対応した格安SIM、y.u mobileにしてみませんか?

音声通話/3GBとプランは標準的ですが、2021年1月15日までの申込みで現金23,00円キャッシュバックキャンペーン中!

月額基本料金は1,859円(税込み)なので、1年で1,859円×12ヶ月=22,308円。

つまり!

キャッシュバックがあれば、月額基本料が実質1年無料になっちゃいます。

高速データ通信できるのは月3GBまでなので、データ使い放題ってわけにはいきませんが、外で動画を見ないのであれば十分。

しかもドコモ回線だから使えるエリアも広くて安心です。

 

現金23,000円キャッシュバックは、当サイト特設ページからの申込み限定のキャンペーン。

公式サイトからの申込みだと、22,500円キャッシュバックなのでちょっぴりお得。

月額基本料が高い大手キャリアから、格安SIMに乗り換えてみませんか?

 

y.u mobileについての詳しい解説は、こちらの記事をご覧ください。

y.umobileレビュー!
y.u mobile(ワイユーモバイル)レビュー!メリット・デメリット情報まとめ格安SIMのy.u mobile(ワイユーモバイル)を実際に使ってレビューしています。料金や通信速度、メリットデメリットをまとめて紹介いたします。当サイト限定キャッシュバックキャンペーンも開催中です!...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA