ガジェット

【Dell Inspiron 14 5000(5490)レビュー】第10世代インテル搭載!6万円台で買える高コスパノートPC

Dell Inspiron 14 5490レビュー!

Dellの14インチノートパソコン「Inspiron 14 5000(5490)」を購入しました。

Dell Inspiron 14 5000(5490)
  • 第10世代インテル Core i5
  • 8GBメモリー
  • M.2 SSD 256GB
  • 14インチFHD非光沢ディスプレイ

十分すぎる性能がありながら、価格がなんと65,717円(送料・税込み)と超高コスパ。

ちびめがね
ちびめがね
Dell直販サイトでクーポン適用価格です!

 

動画編集などの高度な作業には向いていませんが、普段使いにピッタリ!

  • Office系の事務作業メイン
  • YouTube等での動画閲覧が好き
  • パソコンを時々持ち歩く

こんな使い方をする人に最適なノートパソコンです。

本記事では、Dell Inspiron 14 5000(5490)のスペックや性能をレビューすると共に、実際に使って感じたメリット・デメリットを紹介していきます。

Dell Inspiron 14 5000(5490)のスペック

Inspiron 14 5000(5490)は、Dell製の14インチノートパソコンです。

Inspironシリーズは、種類が豊富なDellのノートパソコンでは、コスパの高いモデル。

ちびめがね
ちびめがね
パソコン初心者から中級者まで使える、スタンダードクラスですね!

 

Inspiron 14 5000(5490)のスペック概要は以下のとおりです。

製品名Inspiron 5000(5490)
OSWindows 10 Home (64ビット) 日本語
CPUインテル Core i5-10210U
GPUインテル UHD グラフィックス(CPUに内蔵)
メモリ8GB (4G オンボード+ 4Gx1)
DDR4・2666MHz
ハードドライブSSD 256GB(M.2 PCIe NVMe)
ディスプレイ14.0インチ FHD (1920 x 1080) 非光沢
ポート・HDMI ×1
・USB Type-C (DP/PowerDelivery対応)×1
・USB 3.1(Gen 1)×2
・USB 2.0×1
・Micro SDカード リーダー×1
・ヘッドフォン/マイク オーディオ ジャック

外観

僕が購入したInspiron 14 5000(5490)のボディカラーは「プラチナシルバー」。

ちびめがね
ちびめがね
「アイスミント」も選択可能。キーボードの色が黒のモデルです。

 

上蓋中央にDELLのマークが刻印されています。

ボディカラー プラチナシルバー

 

カバーは全面アルミニウム製で、指紋が付きにくくスッキリした印象です。

カバーを開いた時にマークが正面を向きます。

ディスプレイを開けるとDELLマークが正面を向く

 

キーボードの色もボディカラーと同一で、アルミニウム製です。

アルミニウム製のキーボード

 

ディスプレイを開いていくとゴム製のヒンジがデスクに着き、キーボードが持ち上がります。

ヒンジが盛り上がる
ディスプレイを開くと本体が持ち上がる
ちびめがね
ちびめがね
放熱・通気性が良くなると共に、角度がつくので入力しやすくなります!

 

なお、通風口はヒンジ部に付いているので、掃除しにくそうです・・・。

Inspiron 5490の通風口

サイズ・重量

Inspiron 14 5000(5490)のサイズは縦約22cm×横約33cm。

Inspiron 5490のサイズ

 

A4用紙よりも少し大きいくらいのサイズ感です。

A4用紙よりも少し大きい

 

薄型に設計されていて、ディスプレイを閉じた時でも厚みが2cmほどしかありません。

Inspiron 5490の厚みは2cm

 

Inspiron 5490の重さは1,402g。

Inspiron 5490の重さは1,402g

 

電源アダプターを含めると、1,672gになります。

14インチのノートパソコンにしてはちょっと重いかもしれません。

電源アダプターを含めると1,672g
ちびめがね
ちびめがね
毎日持ち運んで使うのは厳しいかも。1kg切るモデルも発売されてますからね・・・。

 

なお僕は、Inspiron 14 5000(5490)に付属の電源アダプターは無駄に長くて太いので使いません。

ノートパソコンの充電にも使える、61W高出力の充電器とケーブルを使っています。

別売りの充電器なら1,538g
ちびめがね
ちびめがね
重さも100gほど軽くなりますよ!

>>【VnBn PD61W 充電器レビュー】Type-C搭載ノートPCも充電できて高コスパ!【BQ-PD61C】

VnBn PD 61W充電器レビュー
【VnBn PD61W 充電器レビュー】Type-C搭載ノートPCも充電できて高コスパ!【BQ-PD61C】Amazonで購入した「VnBn 61W USB-C 急速充電器」をレビューしています。GaN採用の小型高出力充電器。ケーブルが付いていながら他の充電器より安く購入できるので高コスパ。Mac Book Pro(13インチ)の充電にも最適です。【BQ-PD61C】...

ディスプレイ

Inspiron 14 5000(5490)のディスプレイサイズは14インチで、解像度は1920×1080のFull HDです。

非光沢タイプなので、映り込みはありません。

撮影している僕の姿は殆ど写ってないですよね?

14インチFullHDディスプレイ
ちびめがね
ちびめがね
光沢ディスプレイは綺麗に見えますが、自分の顔が映り込むので嫌いです!

 

そこそこ鮮明なので、普段使いには全く困りません。

ひまわりも鮮明に映し出される

 

ベゼルの幅がめちゃくちゃ狭く、横は僅か6mm。

横ベゼルは6mm

 

上部は1cmほどしかありません。

上ベゼルは1cm

 

以前に使用していた13インチのノートパソコンを横に並べてみると、本体のサイズは殆ど同じですが、ディスプレイが大きくなっていることがわかります。

Inspiron 5490と13インチノートパソコンを比較

 

仕様書を確認したところIPS液晶の表記がなかったので、おそらくTN液晶です。

ただ、視野角はそれほど狭くないと感じました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

ちびめがね
ちびめがね
ごろ寝しながら動画見たりするのは厳しかも・・・。

 

ディスプレイ上部のベゼルにWEBカメラが搭載されています。

720P(HD) WEBカメラ

 

4枚のレンズで構成された、720P(HD)の動画撮影が可能です。

ビデオ会議等では綺麗に撮影できますが、静止画は92万画素での撮影になるので使い道に困ります・・・。

静止画は汚い
ちびめがね
ちびめがね
webカメラで静止画撮影する機会なんてあまりないかもしれないですが。

キーボード

Inspiron 14 5000(5490)のキーボードはテンキーがないタイプです。

Inspiron5490のキーボード

 

キーピッチは18.7mmあるので、フルサイズキーボードと言っていいでしょう。

キーピッチは18.7mm
ホームポジション
ちびめがね
ちびめがね
キーストロークは2mmくらいなので若干浅めですが、入力しずらいことはありません!

 

キーボードにはバックライトが搭載されているので、薄暗い会議室などでも使えて重宝します。

バックライト付きキーボード

 

電源ボタンはキーボードに組み込まれており、オプションで指紋認証機能を搭載させることも可能です。

キーボードに組み込まれた電源ボタン
ちびめがね
ちびめがね
「Backspace」キーが小さいのがイマイチ!

 

タッチパッドは10.5cm×6.5cmと使いやすいサイズ。

Inspiron 5490のタッチパッド

 

指2本・3本でのタッチ操作が可能です。

タッチパッドのタッチ操作
ちびめがね
ちびめがね
ネットサーフィンが楽になりますよ!

スピーカー

Inspiron 14 5000(5490)には、本体裏面に2つのスピーカーが搭載されています。

Inspiron5490のスピーカー
Inspiron 5490のスピーカー(拡大)

 

音質は普通で、それほど良くありません。

ただし、付属ソフトの「Maxx Audio Pro」を使えば自分好みの音質に調整できます。

Maxx Audio Pro
ちびめがね
ちびめがね
音楽を聴く時に便利なイコライザーですね!

 

イヤホンやヘッドホンを使うと擬似的な立体音響を楽しめて、これが結構面白いです。

Maxx Audio Proの立体音響

ポート

Inspiron 14 5000(5490)はポート類が充実しているのが嬉しいポイントです。

Inspiron 5490のポート類①
Inspiron 5490のポート類②
ちびめがね
ちびめがね
これだけ揃っていれば困ることはまずないでしょう!

 

USB Type-CはPower Deliveryに対応しているので、電源アダプターを使わなくても充電可能です。

VnBN充電器でノートパソコンを充電
ちびめがね
ちびめがね
残念ながら、Thunderbolt 3には未対応。外付けビデオカードは使えません。

 

Dell Inspiron 14 5000(5490)のSSD・CPU性能

Inspiron 14 5000(5490)のSSD・CPUの性能を、各種ベンチマークソフトで計測してみたので紹介していきます。

SSD

Inspiron 14 5000(5490)は250GBのSSDを搭載しています。

しかも、データ転送速度が高速な、PCIe接続で通信プロトコルとしてNVMeを採用。

実際にベンチマークソフト「Crystal DiskMark」でデータ通信速度を計測したところ、十分な速さが確認できました。

SSDのデータ転送速度計測

 

SSDの速さは、パソコンの起動時間に影響を与えます。

Inspiron 14 5000(5490)は、ディスプレイを開くだけで電源が入る「カバーオープン センサー」搭載。

このため、ディスプレイを開いてから10秒程度で「ようこそ画面」が表示されます。

カバーオープン センサー搭載で高速起動
ちびめがね
ちびめがね
すぐに作業を開始できるので超便利!

CPU

Inspiron 14 5000(5490)のCPUは、第10世代 インテル Core i5-10210U

2019年8月に発売された、ノートパソコン向けCPUです。

CPUベンチマークソフト「Cinebench R20」で計測した結果は1311ポイントと、十分な結果になりました。

Cinebench R20の結果

 

計測中のパフォーマンスを確認してみたところ、シングルスレットの計測時にはターボブーストが効いて4.10GHzの速度が確認できました。

ベンチマーク計測時のタスクマネージャー

 

日常使いのパソコンとしては十分すぎるCPU性能ですが、残念ながらゲームには不向きです。

比較的動作が軽いドラゴンクエストのベンチマークテストでの結果は「普通」。

ドラゴンクエストのベンチマークテスト結果

 

Final Fantasy15のベンチマークソフトでは、「動作困難」でした。

FF15のベンチマークテスト結果

 

計測中の画面も、この通りカクカクのパラパラ漫画状態・・・。

FF15が紙芝居になっている様子
ちびめがね
ちびめがね
ゲームをしたいと考えているなら、素直にゲーミングPCを購入しましょう!

 

Dell Inspiron 14 5000(5490)を購入するメリット

Inspiron 14 5000(5490)を使ってみて感じたメリットは次の3つです。

  1. 価格が安い
  2. 動作がサクサク
  3. USB Type-C(PD)搭載

1つずつ紹介していきます。

価格が安い

Inspiron 14 5000(5490)は十分な性能を備えていながら、価格が安い。

これが1番のメリットです。

僕はDell直販サイトのクーポンを利用できたので、65,717円(送料・税込み)で購入できました。

ただ、クーポンを利用していなくても71,980円なので、めちゃくちゃ安いです。

ちびめがね
ちびめがね
Dell直販サイトでは何らかのお得なクーポンを発行しているので、頻繁にチェックしましょう!

 

なお、Dellのパソコンは注文から2ヶ月程度待たなければ届かないことが多いです。

今すぐ欲しい!と思っているなら「即納モデル」を購入しましょう。

ちなみに僕は即納モデルを購入しました。

2020年5月20日に注文して、2020年5月22日に到着です。

ちびめがね
ちびめがね
すぐに使い始めることができたので満足しています!

 

ちなみに、僕が購入した構成にはMicrosoft Office製品は含まれていません

そのため、Officeが含まれているパッケージの場合だと、2~3万円高くなるのでご注意ください。

ただ、毎日頻繁にOfficeを利用するわけではないなら、月額課金制のMicrosoft 365 Personalを必要な時だけ使うほうが安上がりだと思います。

年額12,984円
月額1,284円
ちびめがね
ちびめがね
パソコンを買い替えてもOfficeのフル機能が使えるのでマジでおすすめです!

動作がサクサク

  • 第10世代インテル Core i5
  • 8GBメモリー
  • M.2 SSD 256GB

これだけの性能を備えているので、動作が重たくなる心配はまずありません。

安いノートパソコンを購入すると、動作がモッサリしてしまうことがあると思いますが、Inspiron 14 5000(5490)にはそんな心配無用です。

ちびめがね
ちびめがね
複数の作業を同時に進めても快適!

 

僕は、YouTubeでの全画面表示の切り替えでモタつかないのが一番驚きました。

1080P(HD)で閲覧していても、この通りキビキビしています。

YouTubeの全画面表示モタつかない!

 

もちろん、動画編集のようにCPUやGPUをフルに使った作業には不向きですし、ゲームをプレイするのも不可能です。

ただ、Office系の事務作業やネットサーフィン、動画閲覧くらいであれば何の支障もなくこなせます。

USB Type-C(PD)搭載

Inspiron 14 5000(5490)USB Type-Cポートで充電ができます

僕にとって重要なポイントだったので、Inspiron 14 5000(5490)の購入を決定づけた理由になります。

いくつか購入候補にあげているノートパソコンもありましたが、USB Type-Cでは充電できませんでした。

パソコンに付属のACアダプターが本当に嫌いなので、どうしても使いたくありません。

ノートパソコンに付属のACアダプター
ちびめがね
ちびめがね
長いし太いし、持ち歩きたくないですよね?こんなの・・・。

 

家だけで使うのであれば、付属のACアダプターでも良いでしょう。

ただ、持ち歩く機会が少しでもあるのなら、USB Type-Cポートでも充電できるノートパソコンがおすすめです。

Dell Inspiron 14 5000(5490)のイマイチなところ

Inspiron 14 5000(5490)は価格以上の性能があるので、殆ど不満はありません。

ただ、1点だけ気になったのはディスプレイです。

あなたが綺麗で視野角が広いディスプレイを求めているなら、Inspiron 14 5000(5490)はおすすめできません。

ちびめがね
ちびめがね
IPS液晶ディスプレイを搭載したノートパソコンを購入しましょう!

 

Inspiron 14 5000(5490)は、白やグレーに弱いようで、画面の端が僅かに暗くなっています。

ディスプレイの4隅が少し暗い

 

また、妙に白飛びが激しかったので、内蔵ソフトの「インテル・グラフィックス・コマンド・センター」で輝度とコントラストを調整し、明るさを少し下げて利用しています。

インテル・グラフィックス・コマンド・センター
ディスプレイの明るさ調整

 

処理能力に加えて、ディスプレイも少し微妙なので、Inspiron 14 5000(5490)は動画編集や高度な画像編集には不向きです。

ちびめがね
ちびめがね
日常使いする分には困るレベルではありませんよ!

 

まとめ:Dell Inspiron 14 5490は普段使いに最適!

Dell Inspiron 14 5000(5490)のスペックや性能をレビューすると共に、実際に使って感じたメリット・デメリットを紹介いたしました。

  • 第10世代インテル Core i5
  • 8GBメモリー
  • M.2 SSD 256GB
  • 14インチFHD非光沢ディスプレイ

これだけの性能を備えていながら、6万円台で購入できる超コスパの高いノートパソコンです。

ディスプレイの性能がそれほど高くないという弱みがあるものの、日常使いするには十分すぎるほど高性能です。

  • Office系の事務作業メイン
  • YouTube等での動画閲覧が好き
  • パソコンを時々持ち歩く

Inspiron 14 5000(5490)は、このようなあなたのニーズに的確に答えてくれるノートパソコンです。

Dellはお得なクーポンを発行している機会が多いので、まずは直販サイトで価格をチェックしてみましょう!

 

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Amazon
Music Unlimited
\ お得なキャンペーン開催中 /

初めてAmazon Music Unlimitedを利用する人限定で・・・

なんと3ヶ月間無料で利用できるキャンペーン中!

 

通常月額980円なので、2,940円がタダ

Amazonプライム会員の人は、月額780円なので2,340円がタダになります。

6,500万曲が聴き放題なAmazon Music Unlimited。

スマホにアプリを落とせば、いつでもどこでも好きな音楽を楽しめます。

楽曲をダウンロードすれば、オフライン再生もOK。

 

このキャンペーンは利用しないと絶対に損です!

7月21日 23:59までの期間限定キャンペーンなので、登録をお忘れなく。

公式サイト>>Amazon Music Unlimited

この記事のURLとタイトルをコピーする
  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA