ガジェット

【VOLTME Hypercore 10Kレビュー】3,000円台で買えるスタイリッシュな10,000mAhモバイルバッテリー!使ってわかったメリット・デメリット・評価

本記事はアフィリエイト広告を利用しています

総合評価:(4.5点/5点満点)

お世話になります。ガジェットブロガーのちびめがね(@chibimeganecom)です。

VOLTME Hypercore 10Kをご提供頂きました。

VOLTME Hypercore 10K

中国メーカー「Voltnex Innovations Technology Co., Ltd」製のモバイルバッテリーです。

  • バッテリー容量10,000mAh
  • USB Type-C(20W)
  • USB Type-A(22.5W)

毎日持ち歩くモバイルバッテリーとして最適なスペックで、1台持っていれば外出中でも安心できそうです。

果たしてVOLTME Hypercore 10Kの実力はどれほどのものなのか。

実際に使ってみた様子をメリット・デメリットと併せて実機レビューしていきます。

メリットデメリット
・3,000円台
・スタイリッシュな外観
・薄くて軽い
・10,000mAh
・最大22.5W出力
・2台同時充電可能
・トリクル充電可能

・パススルー充電搭載

・同時充電は合計15W

VOLTME Hypercore 10Kのデザイン・サイズ・付属品

VOLTME Hypercore 10Kのデザイン・サイズ・付属品

まずはVOLTME Hypercore 10Kの外観・付属品をチェックしていきましょう。

デザイン

VOLTME Hypercore 10Kにカラーバリエーションはありません。

僅かに光沢のあるチャコールグレーのような感じ。

表面にブランド名「VOLTME」が彫り込まれていてカッコイイですね。

VOLTME Hypercore 10Kのデザイン

一般的にモバイルバッテリーはプラスチックのような硬い質感のものが多いと思いますが、ちょっと違います。

しっとり滑らかなシリコンのような質感。皮脂汚れはちょっと目立っちゃいますが、指紋がベタベタ付くことはありません。

VOLTME Hypercore 10Kのデザイン

本体側面には物理ボタンを1つ搭載。これだけオレンジになっていてスタイリッシュ。

全体的にセンスを感じるデザインですよね。

VOLTME Hypercore 10Kのデザイン

本体底面には製品性能。モバイルバッテリーの販売に必要なPSEマークは丸形で、株式会社成洋によって検証が行われたようです。

VOLTME Hypercore 10Kのデザイン

USBポートは全て本体右側面に並んでいます。Type-AとType-Cを1つずつ搭載。

VOLTME Hypercore 10Kのデザイン

USBポートの横にはLEDインジケーター。点灯数でバッテリー残量をザックリ把握可能です。

VOLTME Hypercore 10Kのデザイン
  • 4個点灯:76~100%
  • 3個点灯:51~75%
  • 2個点灯:26%~50%
  • 1個点灯:0%~25%

サイズ

VOLTME Hypercore 10Kのサイズは104×68×16mm。

VOLTME Hypercore 10Kのサイズ

10,000mAhモバイルバッテリーにしてはコンパクト、っていうか薄いですね。

VOLTME Hypercore 10Kのサイズ

iPhone 15 Pro(6.1インチ)と並べるとこんな感じ。持ち運びしやすそうですよね。

VOLTME Hypercore 10Kのサイズ VOLTME Hypercore 10Kのデザイン

重さも実測で170gと超軽量。僕がこれまでレビューしてきた10,000mAhモバイルバッテリーの中で最も軽かったです。

VOLTME Hypercore 10Kのサイズ

デザイン・質感・サイズ・重さ。VOLTME Hypercore 10Kの外観はめちゃくちゃ良い感じで気に入りました。

毎日持ち歩くモバイルバッテリー確定です。

VOLTME Hypercore 10Kのサイズ

付属品

VOLTME Hypercore 10Kの付属品は以下のとおりです。

  • スタートガイド
  • 充電ケーブル
VOLTME Hypercore 10Kの付属品

スタートガイドは日本語での記載もありました。まぁ読むことはないかもしれませんけど。

VOLTME Hypercore 10Kの付属品

なおVOLTMEの製品は注文から18ヶ月の製品保証があります。日本語カスタマーサポートもあるようなので安心ですね。

VOLTMEの保証

公式サイト>>保証

充電ケーブルは長さ30cmのUSB Type-C to Type-Cでした。

ちょっと短いかもしれないので、ご注意ください。

VOLTME Hypercore 10Kの付属品

また、このケーブルを使って本体充電するにはUSB Type-C充電器が必要なのでご注意ください。

VOLTME Hypercore 10Kを実機レビュー

VOLTME Hypercore 10Kを実機レビュー

ここからはVOLTME Hypercore 10Kを実際に使ってみた様子をレビューしていきます。

必要十分なバッテリー容量10,000mAh

VOLTME Hypercore 10Kは10,000mAh

VOLTME Hypercore 10Kのバッテリー容量は10,000mAhと普段使いに最適な容量。

スマホを2回以上、タブレットでも1回以上フル充電可能な容量です。

ノートパソコンを持ち歩いて外でバリバリ仕事をしている人には物足りないものの、そうじゃなければ10,000mAhが最適。

バッテリー容量と本体のサイズ感とのバランスに優れています。

スマホ、タブレット、ワイヤレスイヤホン、スマートウォッチ。

VOLTME Hypercore 10Kは10,000mAh

このあたりを使っている人なら、VOLTME Hypercore 10Kを1台持ち歩けば、充電不足を心配せずに1日安心して過ごすことができるでしょう。

PD&QC3.0対応で最大22.5W急速充電可能

VOLTME Hypercore 10KのUSBポートは、急速充電規格に対応しています。

ポート急速充電規格最大出力
USB- Type-AQuick Charge 3.022.5W
USB Type-CPower Delivery20W

特にUSB Type-Cの急速充電規格Power Deliveryは、様々なデバイスが対応しており、最新のiPhoneでも、30分で50%まで充電可能です。

実際に複数のデバイスを充電してみましたが、急速充電に対応している場合には十分な電力が供給されていました。

VOLTME Hypercore 10KはPower DeliveryとQuick Charge 3.0に対応
VOLTME Hypercore 10KはPower DeliveryとQuick Charge 3.0に対応iPhone 15 Pro/USB Type-A/15W
VOLTME Hypercore 10KはUSB Type-C Power Delivery・Quick Charge 3.0対応iPhone 15 Pro/USB Type-C/20W
VOLTME Hypercore 10KはPower DeliveryとQuick Charge 3.0に対応
VOLTME Hypercore 10KはPower DeliveryとQuick Charge 3.0に対応Xiaomi 13T Pro/USB Type-C/17W
VOLTME Hypercore 10KはPower DeliveryとQuick Charge 3.0に対応Xiaomi 13T Pro/USB Type-A/11W
VOLTME Hypercore 10KはPower DeliveryとQuick Charge 3.0に対応
VOLTME Hypercore 10KはPower DeliveryとQuick Charge 3.0に対応Fire Max 11/USB Type-C/13W
VOLTME Hypercore 10KはPower DeliveryとQuick Charge 3.0に対応ジョイコンどこいったの・・・。
Nintendo Switch/USB Type-C/13W

各ポート20W以上出力可能なので、パソコンへの給電は厳しいですが、スマホやタブレットなら十分です。

なお、念のためUSB Type-CポートのPDOをチェックしてみたところ、仕様通りの性能を確認。パワールールにも準拠しているようです。

またUSB Power Delivery 3.0のオプション「PPS(Programmable Power Supply)」にも対応していました。

VOLTME Hypercore 10KのPDO

通常USB Power Deliveryでは、固定の電圧と電流でデバイスに電力供給されますが、PPSに対応していれば、電圧と電流を細かく刻んで給電できるので、変換ロスと発熱を抑えることが可能です。もちろん受電側(スマホやノートパソコン等)もPPSに対応していなければ機能しません。

ただ、残念ながらUSB Type-CポートからはUSB Power Delivery以外の独自急速充電規格も検出されています。

VOLTME Hypercore 10KのUSB Type-Cポートから検出された充電規格

eMaker搭載ケーブルが破損してしまう可能性が0ではないものの、実際に使ってみた範囲では実用上問題はなさそうです。

まぁ、気になる人は、購入しないほうがいいでしょう・・・。

2台同時充電可能

VOLTME Hypercore 10KにはUSBポートが2つ搭載されているので、2台のデバイスを同時充電可能です。

VOLTME Hypercore 10Kは2台同時充電可能 VOLTME Hypercore 10Kは2台同時充電可能

スマホを2台持っていたり、複数のデバイスを持っていたりする人が大半だと思うので、複数ポート搭載は嬉しいポイントになります。

ただし、2台同時充電時は出力が合計最大15Wに制限されてしまいます。

実際に検証してみたところ、USB Type-Cが10W、USB Type-Aは5W充電になっていました。

このため、スマホ2台やスマホ+タブレットのような使い方よりも、スマホ+ワイヤレスイヤホンのような使い方に向いているかもしれません。

VOLTME Hypercore 10Kは2台同時充電可能

これならどちらのデバイスにも、それなりの速度で給電可能になります。

あると便利な低電流充電(トリクル充電)モード

VOLTME Hypercore 10KのUSB Type-Aポートには低電流充電(トリクル充電)モードが搭載されています。

ワイヤレスイヤホンやスマートウォッチ等では、充電に必要な電流が微弱過ぎてモバイルバッテリーが機能しないことがありますがVOLTME Hypercore 10Kなら安心です。

VOLTME Hypercore 10Kはトリクル充電搭載

使い方はオレンジの物理ボタンを3秒程度長押し。

LEDインジケーターが点滅していればトリクル充電に切り替わっています。

VOLTME Hypercore 10Kはトリクル充電搭載

小さなデバイスだとバッテリーが90%くらいまで充電されると、必要な電力が小さくなりすぎて充電器やモバイルバッテリーが停止しまうことが頻繁にあるので嬉しいメリットです。

本体充電も18W急速充電

大容量モバイルバッテリーのデメリットは本体充電に時間がかかることです。

ご安心ください。

VOLTME Hypercore 10Kは本体も最大18W急速充電が可能です。

実際に本体充電中の電力を計測してみると、しっかり18Wで充電できていました。

VOLTME Hypercore 10K本体も急速充電対応

とはいえ、10,000mAhをフル充電するにはそれなりに時間はかかります。

今日は外でスマホを充電したよなーと思い出したら、VOLTME Hypercore 10Kも充電してあげましょう。

パススルー充電に対応

仕様やマニュアルには記載されていませんでしたが、本体充電しながら他のデバイスに給電もできる「パススルー充電」にも対応しているようです。

VOLTME Hypercore 10Kはパススルー充電対応

ただ画像を見てもらって分かる通り、VOLTME Hypercore 10K本体への充電速度がガクッと落ちます。

僕の検証では、出力も下がって最大4W程度になっていました。

VOLTME Hypercore 10Kはパススルー充電対応パススルー充電時の出力

パススルー充電はどうしてもパワーが落ちてしまうものなので、どうしても必要な場合のみに使うオマケ機能くらいに考えていた方が良いでしょう。

まとめ:VOLTME Hypercore 10Kのメリット・デメリット・評価

VOLTME Hypercore 10Kのメリット・デメリット・評価

VOLTME Hypercore 10Kを実機レビューしました。

最後に本記事のおさらい。メリット・デメリット・評価をまとめて紹介いたします。

メリット・デメリット

VOLTME Hypercore 10Kを買うべきメリット、購入前に確認しておきたい注意点は以下のとおりです。

メリットデメリット
・3,000円台
・スタイリッシュな外観
・薄くて軽い
・10,000mAh
・最大22.5W出力
・2台同時充電可能
・トリクル充電可能

・パススルー充電搭載

・同時充電は合計15W

評価

総合評価:(4.5点/5点満点)

  • バッテリー容量10,000mAh
  • USB Type-C(20W)
  • USB Type-A(22.5W)

普段使いに最も適したスペックのモバイルバッテリーが3,000円台で購入できるのは非常に優秀だと思います。

個人的に気に入ったポイントは外観デザイン・質感、そして軽さです。

持ち歩きにも便利で、ポンッとデスクに置いておいた時にめちゃくちゃイケメンでした!

同じような機能・性能のモバイルバッテリーが数多く販売されているので、見た目で決めちゃうのもありなんじゃないでしょうか?

その上、VOLTME Hypercore 10Kは比較的安めなので購入しやすいと思います。

毎日持ち歩くモバイルバッテリーを探しているなら、候補に加えたい1台です。

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!


2024年2月スマホ乗り換えドットコムセール

SoftBankに乗り換えを検討している人朗報です!

ソフトバンク正規代理店「スマホ乗り換え.com」でスマホセールを開催中。

ラインナップは以下のとおり。ソフトバンク「新トクするサポート」による48回分割払い適用後の実質価格になります。

  • Xiaomi 13T Pro:実質24円
  • motorola razr 40s:実質24円
  • Google Pixel 8:実質24円
  • Google Pixel 8 Pro:実質25,896円
  • Xperia 10 Ⅴ:実質9,840円
  • AQUOS wish3:実質24円
  • あんしんファミリースマホ:一括1円
  • Redmi Note 10T:一括1円
  • iPhone 15:実質12円
  • iPhone 15 Pro:実質79,176円
  • iPhone 14:実質24円
  • iPhone SE(第3世代)64GB:実質24円

Pixe 8 Proがラインナップに追加されました。

172,080円が25,896円!約15万円安くなっちゃいますよ。ヤバすぎ笑

【Google Pixel 8 Proレビュー】最高のカメラでもゲーム性能は弱い!未知数のAI機能で大化けなるか?使ってわかったメリット・デメリット・評価 Google Pixel 8 Proは普段使いに困らない快適な動作性能と優れたカメラ性能が特徴の2023年フラッグシップモデル。消しゴムマジックや音声消しゴムマジックなどのAIによる画像編集機能が強化されています。実際に使ってみて感じたメリット・デメリットを含めて実機レビューしています。...

公式サイト>>スマホ乗り換え.com

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA