今から使えるライフハック

スエードのスニーカーが雨に濡れてしまった時の対処法。

スエードのスニーカーが雨に濡れてしまった時の対処法をご紹介いたします。ドライヤーは厳禁です!!

 

雨の日にスエード等の皮製品の靴をを履いてはいけない。

分かっているけど突然の夕立でスエードのスニーカーが雨で濡れてしまうこともありますよね。

 

僕はVansのOldSkoolといスニーカーが大好きでよく履いています。

 

しかし、先日夕立にあってビショビショになってしまいました。

VansのOldSkoolは2か所にスエードが使われています。

 

アッパー部分

 

かかと部分

家に帰ってすぐに対処をしたので事なきを得ました。

 

スエードのスニーカーが雨に濡れてしまった時は次の手順で対処してください。

 

  1. 部分的に濡れた箇所がある場合は濡れタオルなどで全体的に濡らす。
  2. 砂などの目立つゴミをブラシ等で落とす。
  3. シューキーパー(なければタオル等)を入れて形を整える。
  4. 風通しの良い日陰で自然乾燥をする。

 

濡れたスエードへの対処は自然乾燥しかありません。

無理に早く乾かそうとしてしまうと劣化に繋がるのでやめましょう。

特にドライヤーの熱風をあてるのは厳禁です!

 

濡れたスエードスニーカーの対処

濡れたスエードスニーカーの対処法をもう少し細かく説明します。

部分的に濡れたところがある場合は全体を濡らす

スニーカー全体が濡れてしまった場合は良いのですが、一部だけ濡れてしまった箇所がある場合は濡れタオルで全体的に濡らしてしまいましょう

部分的に濡れた箇所が乾いた時にシミになってしまうのを防止します。

 

目立つ汚れを落とす

雨で濡れて砂などの汚れがスエードにくっついていることがあるので、目立つものはブラシを利用して優しく落としてあげましょう。

 

シューキーパーを入れて形を整える

雨に濡れるとスエードの形が変形してしまう可能性があるので、シューキーパーやタオルを入れて形を整えます。

新聞紙を入れても良いのですが、白やベージュのスエードの場合色移りしてしまう可能性があるので気を付けたほうがいいですね。

タオルを中に入れる場合は、タオルが濡れてきたら湿気を防止するために交換しましょう。

 

シューキーパを利用するのがおすすめです。

 

風通しの良し日陰で自然乾燥する

自然乾燥が劣化を防止する効果的な乾燥方法です。

早く乾かしたいからといってドライヤーの熱をあてることは避けましょう!

 

スエードはヒツジやヤギの皮の裏面を起毛させた革製品です。

ドライヤーの熱や直射日光にあてると、革の繊維を固くしてしまい、劣化していくことになります。

 

オススメはしませんが、どうしても早く乾かしたい場合は、ドライヤーの冷風や扇風機をあてて乾かしましょう(自己責任でお願いします。)。

 

濡れたスエードスニーカーが乾いたら塩が吹いた場合の対処法

長く履きこんでいるスニーカーだと、雨に濡れて乾燥させたあとに、白く塩が吹くことがあります。

これは足から出た汗がスエードに染み込んでしまっている状態です。

 

こんな場合になってしまったらスエードシャンプーを利用することをおすすめします。

スエードシャンプーをするには、スエードクリーニングセットを購入すると良いと思います。ブラシなどもセットに含まれているので毎日のシューケアに便利ですよ。

 

手間のかかる作業になりますがスエードに染み込んだ汗を綺麗に洗い落としてくれます。

 

スエードシャンプーの方法についてはこちらのサイトに非常に詳しく掲載されていますので、参考にしてみてくださいね。

M.モゥブレィ公式サイト スエードシャンプーの使用方法

 

濡れたスエードスニーカーへの対処方法のまとめ

雨の日には革製品であるスエードスニーカー履かないほうが良いと思います。

もしも雨に濡れてしまった時は次の対処をしましょう!

 

  1. 部分的に濡れた箇所がある場合は濡れタオルなどで全体的に濡らす。
  2. 砂などの目立つゴミをブラシ等で落とす。
  3. シューキーパー(なければタオル等)を入れて形を整える。
  4. 風通しの良い日陰で自然乾燥をする。

 

急な夕立などに備えて、防水スプレーをかけて予防するのも良いでしょう。

 

お気に入りの靴を出来るだけ長く履くためにも日頃からケアをしてあげるようにしましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA