ガジェット

Redmi Note 12/12 Proシリーズ価格・スペック・特徴まとめ!AliExpressで発売記念セール開催!

本記事はアフィリエイト広告を利用しています

お世話になります。ガジェットブロガーのちびめがね(@chibimeganecom)です。

2023年3月24日に中国では既に発売されている「Redmi Note 12シリーズ」のグローバル版が発表されました。

  • Redmi Note 12
  • Redmi Note 12 5G
  • Redmi Note 12 Pro 5G
  • Redmi Note 12 Pro+ 5G

 

日本でも幾つか発売されているので馴染みのあるシリーズですね。

特にRedmi Note 11 Pro 5Gは1億画素カメラ&おサイフケータイ搭載モデルで今なお人気の1台。

Redmi Note 11も2万円台のエントリーモデルらしからぬ機能・性能を搭載しており話題になりました。

【Redmi Note 11 Pro 5Gレビュー】使ってわかったメリット・デメリット・評価を解説!Redmi Note 11 Pro 5Gは2022年5月に発売されたミドルレンジスマホ。普段使いに困らない動作性能・リフレッシュレート120Hzに対応した有機ELディスプレイ・67W急速充電。さらにおサイフケータイにまで対応したコスパの高い1台に仕上がっております。実際に使ってみた様子を実機レビューです。...
【Redmi Note 11レビュー】メリット・デメリット・評価を解説!2万円台のスマホに高駆動AMOLEDディスプレイと33W急速充電!Xiaomi Redmi Note 11(日本版)は2万円台で購入できるエントリーモデルながらリフレッシュレート90Hzに対応した有機ELディスプレイや33W急速充電を搭載したコスパの高い1台です。ライトユーザーにおすすめのSIMフリースマホ。実際に使ってみた様子をメリット・デメリットを含めて実機レビューです。...

そんなRedmi Noteシリーズの2023年最新モデルはどんなスマホなのか?

本記事でスペック・特徴、そして気になる価格を紹介していきます。

Redmi Note12シリーズのセール価格

Redmi Note 12シリーズの価格

Enjoy the flagship functions with a mid-range price!

さっそく1番気になる価格をチェックです。結局知りたいのはここ笑

AliExpressでは無印版とPro版それぞれ発売記念セール(アーリーバードセール/ワールドプレミア)が開催されるので、そこでの価格を紹介していきます。

なおワールドプレミアの開催日・開催ショップはそれぞれ以下のとおりです。

セール開始日開催ショップ
Redmi Note 12
シリーズ
2023年4月10日Mi Global Store
Redmi Note 12 Pro
シリーズ
2023年4月6日Xiaomi Mi Store

Redmi Note 12/12 5Gのセール価格(4/10スタート)

Redmi Note 12のセール価格

Redmi Note 12/Redmi Note 12 5Gの価格は以下のとおり。

モデル通常価格最終価格
Redmi Note 12
4GB/128GB
$219
約29,000円
$179
約23,700円
Redmi Note 12
6GB/128GB
$249
約33,000円
$199
約26,400円
Redmi Note 12
8GB/128GB
$269
約35,700円
$229
約30,400円
Redmi Note 12 5G
4GB/128GB
$289
約38,300円
$249
約33,000円
Redmi Note 12 5G
6GB/128GB
$309
約41,000円
$279
約37,000円
Redmi Note 12 5G
8GB/256GB
$339
約45,000円
$299
約39,600円

発売記念セール価格+$10割引クーポンを適用したのが最終価格になります。

さらに先着201人には以下のギフトもあるようです。

  • Mi TV A2(43インチ)
  • Redmi Note 12
  • Redmi Earbuds 3 Lite
  • Redmi Smart Band 2

また端末単体のほか、Redmi Smart Band 2・Redmi Watch 3とのセット販売もあります。

  • $9.9追加:Redmi Smart Band 2
  • $29.9追加:Redmi Watch 3
【Redmi Smart Band 2レビュー】初めてのスマートバンドにおすすめ?使ってわかったメリット・デメリット・評価Redmi Smart Band 2は5千円以下で購入できるXiaomi製のスマートバンド。快適な動作性能に加えてSpO2計測にも対応。幅広ディスプレイが時計のようなデザインで使いやすい1本です。実際に使って感じたメリット・デメリットを含めて実機レビューしています。...

Redmi Note 12 Pro/12 Pro+のセール価格(4/6スタート)

Redmi Note 12 Proのセール価格

Redmi Note 12 Pro/Redmi Note 12 Pro+の価格は以下のとおりです。

モデル通常価格最終価格
Redmi Note 12 Pro
6GB/128GB
$658
約87,300円
$329
約43,600円
Redmi Note 12 Pro
8GB/128GB
$698
約92,600円
$349
約46,300円
Redmi Note 12 Pro
8GB/256GB
$738
約97,900円
$369
約48,900円
Redmi Note 12 Pro+
8GB/256GB
$798
約105,800円
$399
約52,900円

通常価格はだいぶ盛ってるとは思いますがこんな感じに。これ以外にセール開始後にクーポンが発行される可能性もあるので忘れずにチェックしたいところです。

先着35人には以下のいずれかが特典として貰えるようです。

  • Xiaomi Buds 4 Pro
  • Redmi Watch 3
  • Xiaomi TV Stick 2K
【Xiaomi Buds 4 Proレビュー】高音質&強ノイキャン!使ってわかったメリット・デメリット・評価Xiaomi Buds 4 ProはLDACに対応しアクティブノイズキャンセリング機能を備えたXiaomiのフラッグシップワイヤレスイヤホンです。他社製ハイエンドモデルに引けを取らない高音質と強いノイキャン性能が魅力の1台。使ってわかったメリット・デメリットを含めて実機レビューしています。...

また$0.99(約131円)追加でRedmi Smart Band 2とのセットも2,000個限定で販売されます。買えるなら買っておいた方がいいですねこれは笑

Redmi Note 12/12 5Gのスペック・特徴

 

Redmi 12シリーズ無印モデルのスペック・特徴をチェックしていきます。

スペック

Redmi Note 12のスペック
  Redmi Note 12 Redmi Note 12 5G
カラーOnyx Gray
Mint Green
Ice Blue
Onyx Gray
Forest Green
Ice Blue
サイズ長さ:約165.66mm
幅:約75.96mm
厚さ:約7.85mm
長さ:約165.88mm
幅:76.21mm
厚さ:7.98mm
重さ約183.5g 約189g
ディスプレイ約6.67インチ
AMOLED
1,080 × 2,400
コントラスト比 450万:1
DCI-P3
8bitカラー
395ppi
最大輝度 1,200nit
約6.67インチ
AMOLED
1,080 × 2,400
コントラスト比 450万:1
DCI-P3
8bitカラー
395ppi
最大輝度 1,200nit
リフレッシュレート120Hz
120Hz
タッチサンプリングレート240Hz240Hz
OSMIUI 14
based on Android 12
MIUI 14
based on Android 12
SoCQualcomm
Snapdragon 685 4G
Qualcomm
Snapdragon 4 Gen 1
RAM4GB/6GB/8GB
LPDDR4X
4GB/6GB/8GB
LPDDR4X
ROM128GB
UFS 2.2
128GB/256GB
UFS2.2
外部ストレージ対応
最大1TB
対応
最大1TB 
リアカメラ(メイン)5000万画素
Samsung JN1
f/1.8
1/2.76
4800万画素
Samsung JN1
f/1.8
1/2.76
リアカメラ(超広角)800万画素
f/2.2
1/4
FOV 120°
800万画素
f/2.2
1/4
FOV 118°
リアカメラ(マクロ)200万画素
f/2.4
200万画素
f/2.4
インカメラ1,300万画素
f/2.45
1/3.0
1,300万画素
f/2.45
1/3.0
ビデオ(リアカメラ)1080p@30fps
720p@30fps
1080P@30fps
720P@30fps
ビデオ(インカメラ)1080p@30fps
720p@30fps
1080P@30fps
720P@30fps
バッテリー5,000mAh
33W急速充電
5,000mAh
33W急速充電
ポートUSB Type-C
USB Type-C
生体認証側面指紋認証
顔認証
側面指紋認証
顔認証
対応SIMnano SIM×2
+Micro SD
物理SIM×2
SDカードと排他利用
2回線同時待ち受け 可
対応Band
2G: GSM: 850 900 1800 1900MHz
3G: WCDMA:1/5/8
4G: LTE FDD:1/3/5/7/8/20/28
4G: LTE TDD:38/40/41
2G: GSM: 850 900 1800 1900MHz
3G: WCDMA:1/2/4/5/8
4G: LTE FDD:1/2/3/4/5/7/8/20/28/32
4G: LTE TDD:38/40/41
5G: n1/3/5/7/8/20/28/38/40/41/77/78
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac 802.11a/b/g/n/ac
BluetoothVer5.0
Ver5.1
位置情報GPS: L1
GLONASS: G1
Compass: B1
Galileo E1
GPS: L1
GLONASS: G1
BDS: B1
Galileo E1
イヤホンジャックあり あり
スピーカーモノラル? モノラル?
FMラジオ不明不明
防塵防水IP53
IP53 
NFCなし? あり
FeliCa(おサイフケータイ)非対応非対応 
ワイヤレス充電非対応非対応 

特徴:Entertainment Pioneer

Redmi Note 12の特徴

無印Redmi Note 12には2種類ありますがスペック的にはほぼ同一。

名前のとおり「5G」モデルは5G回線に対応し、何も付いてないモデルは4G回線のみの対応になります。

Redmi Note 12Redmi Note 12
Redmi Note 12 5GRedmi Note 12 5G

どちらも6.67インチの大型ディスプレイには有機ELパネルが採用され、リフレッシュレート120Hzに対応しているのでヌルヌル滑らかなスクロールです。

Redmi Note 12のディスプレイ

また、低価格帯モデルながらも33W急速充電に対応しているのも嬉しいポイント。

Redmi Note 12の33W急速充電

旧モデルRedmi Note 11にも採用されていましたが、20%からフル充電までの時間が約1時間と、一般的なスマホの1.5倍ほどのスピードで充電できました。

そして最大の魅力かつ両モデルの違いはSoCです。

Redmi Note 12のSoC
  • Redmi Note 12:Snapdragon 685
  • Redmi Note 12 5G:Snapdragon 4 Gen 1

Redmi Note 12 5Gに搭載されている「Snapdragon 4 Gen 1」のAnTuTuベンチマークスコアは38万点を超えるとのこと。

これは2022年に発売されたミドルレンジスマホに数多く搭載されていたSnapdragon 695 5Gと同等の性能になります。

同SoCを搭載したスマホを何台かレビューしていますが、普段使いに困ることのない十分な性能でした。

一方のRedmi Note 12に搭載の「Snapdragon 685」もAnTuTuベンチマークスコア29万点前後。

旧モデルRedmi Note 11よりは性能がアップしていることになります。

Redmi Note 12と12 5Gの価格差は1万円ほどあるので迷いどころ。

個人的には長期使用を見越して、5G回線にも対応しているRedmi Note 12 5Gをおすすめしたいです。

AliExpress>>Redmi Note 12

AliExpress>>Redmi Note 12 5G

Redmi Note 12 Pro/12 Pro+のスペック・特徴

 

続いてRedmi 12シリーズProモデルのスペック・特徴を見ていきましょう。

やっぱりProモデルが本命でしょうかねー?

スペック

Redmi Note 12 Proのスペック
  Redmi Note 12 Pro Redmi Note 12 Pro+
カラーPolar White
Midnight Black
Sky Blue
Polar White
Midnight Black
Sky Blue
サイズ長さ:約162.9mm
幅:約76mm
厚さ:約7.9mm
長さ:約162.9mm
幅:約76mm
厚さ:約8.98mm
重さ約187g 約210.5g
ディスプレイ約6.67インチ
Flow AMOLED
1,080 × 2,400
コントラスト比 500万:1
DCI-P3
最大輝度 900nit
Corning Gorilla Glass 5
Dloby Vision
約6.67インチ
Flow AMOLED
1,080 × 2,400
コントラスト比 500万:1
DCI-P3
最大輝度 900nit
Corning Gorilla Glass 5
Dloby Vision
リフレッシュレート120Hz
120Hz
OSMIUI 14
based on Android S(12?)
MIUI 14
based on Android S(12?)
SoCMediaTek
Dimensity 1080
MediaTek
Dimensity 1080
RAM6GB/8GB
LPDDR4X
8GB
LPDDR4X
ROM128GB/256GB
UFS 2.2
256GB
UFS2.2
外部ストレージ非対応?非対応?
リアカメラ(メイン)5000万画素
IMX766
f/1.88
1/1.56
OIS
2億画素
f/1.65
1/1.4
OIS
リアカメラ(超広角)800万画素
f/2.2
FOV 119°
800万画素
f/2.2
FOV 119°
リアカメラ(マクロ)200万画素
f/2.4
200万画素
f/2.4
インカメラ1,600万画素
1,600万画素
ビデオ(リアカメラ)4K@30fps
1080p@60fps,30fps
720p@30fps
4K@30fps
1080p@60fps,30fps
720p@30fps
ビデオ(インカメラ)1080p@60fps,30fps
720p@30fps
1080P@60fps,30fps
720P@30fps
バッテリー5,000mAh
67W急速充電
5,000mAh
120W急速充電
ポートUSB Type-C
USB Type-C
生体認証側面指紋認証
顔認証
側面指紋認証
顔認証
対応SIMnano SIM×2
nano SIM×2
2回線同時待ち受け 可
対応Band
2G: GSM: 850 900 1800 1900MHz
3G: WCDMA: 1/2/4/5/6/8/19
4G: LTE FDD:1/2/3/4/5/7/8/12/13/17
/18/19/20/26/28/32/66
4G: LTE TDD:38/40/41

5G: n1/3/5/7/8/20/28/38/40/41/66/77/78
2G: GSM: 850 900 1800 1900MHz
3G: WCDMA:1/2/4/5/6/8/19
4G: LTE FDD:1/2/3/4/5/7/8/12/13/17
/18/19/20/26/28/32/66
4G: LTE TDD:38/40/41
5G: n1/3/5/7/8/20/28/38/40/41/66/77/78
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac 802.11a/b/g/n/ac
BluetoothVer5.2
Ver5.2
位置情報GPS: L1
GLONASS: G1
BDS: B1
Galileo E1
GPS: L1
GLONASS: G1
BDS: B1
Galileo E1
イヤホンジャックあり あり
スピーカーステレオステレオ
FMラジオ不明不明
防塵防水不明
不明
NFCあり あり
FeliCa(おサイフケータイ)非対応非対応 
ワイヤレス充電非対応非対応 

特徴:Mid-range Imaging Flagship

Redmi Note 12 Pro 5GRedmi Note 12 Pro 5G
Redmi Note 12 Pro+ 5GRedmi Note 12 Pro+ 5G

2種類のProモデルは搭載SoCはDimensity 1080で同一ですが、それぞれ異なる特徴があります。

ちなみにDimensity 1080の性能はAnTuTuベンチマークで50万点ほど。Snapdragon 778G 5Gに迫るスコアです。

重いゲームを快適にプレイするにはグラフィック設定を下げる必要があるものの、普段使いであればサクサクで不満を感じるところはないでしょう。

また、どちらも6.67インチのFlow AMOLEDディスプレイを搭載しています。

Redmi Note 12 ProのFlow AMOLED

先日レビューしたPOCO X5 Pro 5Gにも同じFlow AMOLEDディスプレイを搭載していましたが、めちゃくちゃ綺麗でした。

【POCO X5 Pro 5Gレビュー】これは安くて良いスマホ!使ってわかったメリット・デメリット・評価POCO X5 Pro 5Gは十分すぎる動作性能・美しい有機ELディスプレイ・67W急速充電・1億画素カメラを備えていながら価格が抑えられた高コスパスマホ。旧モデルからの着実な進化を感じる1台です。実際に使ってわかったメリット・デメリットを含めて実機レビューしています。...

スピーカーもステレオのようなので動画視聴が捗りそうです。

もちろんリフレッシュレートは120Hzなのでヌルヌルっと動いてくれますよ。

Redmi Note 12 Proはリフレッシュレート120Hz

12 Proと12 Pro+はどちらも急速充電に対応していますが、12 Pro+は120W急速充電(日本で言う神ジューデン)に対応しています。

Redmi Note 12 Proの神ジューデン

フル充電までの時間はわずか19分。以前にレビューしたXiaomi 12T Proも神ジューデンが使えたんですが、マジで早くて衝撃を受けました。

【Xiaomi 12T Proレビュー】2億画素カメラ&120W急速充電のハイエンド!使ってわかったメリット・デメリット・評価Xiaomi 12T Pro(日本版)はSnapdragon 8+ Gen 1を搭載したハイエンドスマホ。120W急速充電・2億画素カメラが魅力。美しいAMOLEDディスプレイやステレオスピーカーで動画視聴やゲームを思う存分楽しめます。おサイフケータイに対応しているのも嬉しいポイントです。使ってわかったメリット・デメリットと併せて実機レビューしています。...

っていうか、フラッグシップモデルと同じ機能がミドルレンジに乗っかっているって普通に考えて凄いことですよね・・・。

ちなみに12 Proは67W急速充電なんですが、こっちでも十分急速なのでご安心ください。

そして、両モデル最大の特徴はカメラ性能です。

Redmi Note 12 ProにはイメージセンサーにIMX766が搭載されております。

Redmi Note 12 Pro

僕は普段スマホを使う上でイメージセンサーは気にしない(そもそも疎い)のですが、そんな僕でもIMX766が優秀なことは分かります。

事実これまでレビューしてきたスマホでも、IMX766を搭載していれば良い感じの写真が撮影できていました。

【ROG Phone 6レビュー】使ってわかったメリット・デメリット・評価!2022年最強ゲーミングスマホ降臨ROG Phone 6を実機レビューしています。Snapdragon 8+ Gen 1を搭載したAsus製のゲーミングスマホです。超音波式ショルダートリガーやモーションコントロールなどゲームに特化した機能が盛り沢山。発熱が抑えられている点も魅力。2022年最強のゲーミングスマホです。...
【Zenfone 9レビュー】コンパクトハイエンドが進化!使ってわかったメリット・デメリット・評価Zenfone 9は片手操作がしやすいコンパクトサイズでありながら、SoCにSnapdragon 8+ Gen 1を搭載したハイエンドモデルです。おサイフケータイ・IP68防塵防水にも対応ているので多くの人を満足させる1台。実際に使ってみた様子をメリット・デメリットを含めてZenfone 9を実機レビューです。...
【Nothing Phone (1)レビュー】使ってわかったメリット・デメリット・評価を解説!デザインも中身もイけてるスマホ!Nothing Phone(1)を実機レビュー。唯一無二のスケルトンデザインとピカピカ光るGlyph Interfaceが魅力のおしゃれスマホ。快適な動作性能でワイヤレス充電や120Hzリフレッシュレートなどの付加価値も充実。満足度の高い1台となっております。...

ハイエンドモデルのスマホにも搭載されていることからも安定した性能なことが分かりますね。

一方のRedmi Note 12 Pro+は2億画素のメインカメラを搭載しております。

Redmi Note 12 Pro+の2億画素カメラ

スマホのカメラは画素数が全てじゃない!とは思うんですが、さすがにミドルレンジのスマホに2億画素カメラを搭載するのは反則なんじゃないでしょうか・・・笑

これもXiaomi 12T Proで実際に使ってるんですけど、パッと見は同じような写真でも拡大した時のディティールの表現が凄かったですよ。

なおどちらのスマホもOIS(光学式手ブレ補正)にもしっかり対応しているので、夜間撮影にも強そうです。

Redmi Note 12 ProのOIS

価格と機能・性能のバランスを考えると、個人的にはRedmi Note 12 Pro 5Gを推します。

6.67インチながらも本体の重さが189gしかないところも個人的に推しポイントです。

AliExpress>>Redmi Note 12 Pro 5G

AliExpress>>Redmi Note 12 Pro+ 5G

Redmi Watch 3のスペック・価格

Redmi Watch 3のスペック・価格

Redmi Note 12シリーズと同時に発表され、発売記念セールの特典にもなってるRedmi Watch 3が良い感じだったので簡単に紹介しておきます。

スペック

Redmi Watch 3のスペック
製品名Redmi Watch 3
カラーBlack
Ivory
サイズ42.58 × 36.56 × 9.99mm
バンド135~200mm
Black:TPU
Ivory:シリコン
重さ37g(バンドを含む)
ディスプレイ1.75インチ
AMOLED
解像度:390×450
最大輝度:600nit
指紋付着防止コーティング
センサー心拍・SpO2
加速度センサー
ジャイロスコープセンサー
地磁気センサー
計測心拍(自動)
SpO2(手動?)
睡眠(自動)
ストレス
月経周期
スポーツモード120種類以上
NFC非搭載
マイク搭載
スピーカー搭載
Alexa搭載
バッテリー容量289mAh
最大12日間
対応OSAndroid 6.0以上
iOS 12.0以上
防水5ATM
位置情報GPS
GLONASS
Galileo
BDS
QZSS
Bluetooth Ver5.2

低価格帯のスマートウォッチで衛星測位に対応しているのが注目ポイント。

またマイク・スピーカーを搭載しているので音声通話に対応。

さらにAmazonの音声アシスタント「Alexa」まで入っております。

これまでレビューしてきたスマートウォッチの中ではAmazfit GTS 4 Miniの機能・性能に近い印象です。

【Amazfit GTS 4 Miniレビュー】軽くて多機能なコスパの高いスマートウォッチ!メリット・デメリット・評価を解説Amazfit GTS 4 Miniは薄型軽量で扱いやすいサイズ感ながら充実した機能を搭載した超コスパの高いスマートウォッチ。ロングバッテリー、1.65インチAMOLEDディスプレイ、GPS内蔵、5ATM、Alexa搭載など満足度の高い1台です。実際に使ってみた様子を実機レビューいたします。...

価格

Redmi Watch 3の価格

Redmi Note 12 Proモデルの販売先Xiaomi Mi Storeでは、4月6日からセールを開催。

$89.99(約12,000円)で購入可能となっております。

円安の影響でちょっぴり割高感がありますね。

ただし、Redmi Note 12無印モデルの販売先Mi Global Storeなら、両モデルとのセット販売で実質$29.9(約4,000円)でGETすることができちゃいます。

Redmi Note 12/12 5Gのいずれかを買う予定ならセット販売がお得です。

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!
2024年2月スマホ乗り換えドットコムセール

SoftBankに乗り換えを検討している人朗報です!

ソフトバンク正規代理店「スマホ乗り換え.com」でスマホセールを開催中。

ラインナップは以下のとおり。ソフトバンク「新トクするサポート」による48回分割払い適用後の実質価格になります。

  • Xiaomi 13T Pro:実質24円
  • motorola razr 40s:実質24円
  • Google Pixel 8:実質24円
  • Google Pixel 8 Pro:実質25,896円
  • Xperia 10 Ⅴ:実質9,840円
  • AQUOS wish3:実質24円
  • あんしんファミリースマホ:一括1円
  • Redmi Note 10T:一括1円
  • iPhone 15:実質12円
  • iPhone 15 Pro:実質79,176円
  • iPhone 14:実質24円
  • iPhone SE(第3世代)64GB:実質24円

Pixe 8 Proがラインナップに追加されました。

172,080円が25,896円!約15万円安くなっちゃいますよ。ヤバすぎ笑

【Google Pixel 8 Proレビュー】最高のカメラでもゲーム性能は弱い!未知数のAI機能で大化けなるか?使ってわかったメリット・デメリット・評価 Google Pixel 8 Proは普段使いに困らない快適な動作性能と優れたカメラ性能が特徴の2023年フラッグシップモデル。消しゴムマジックや音声消しゴムマジックなどのAIによる画像編集機能が強化されています。実際に使ってみて感じたメリット・デメリットを含めて実機レビューしています。...

公式サイト>>スマホ乗り換え.com

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA