楽天モバイル(UN-LIMIT)

楽天モバイルは高いかも!1年無料が終わったら他社に乗り換えるべき?

2020年4月からサービスが開始された、楽天モバイルのキャリアサービス「Rakuten UN-LIMIT」。

Rakuten UN-LIMIT V

 

1年間無料で使えるということで、加入された人も多いと思います。

僕の奥さんも、楽天モバイルに乗り換えて1年間無料で使いはじめました。

ところが、1年間の無料期間終了後は、他社に乗り換えるかもしれないと言っています。

僕は、ギガ使い放題・通話し放題で2,980円ならめちゃくちゃ安いと考えています。

でも、ギガをそんなに使わない奥さんにとっては、他社のほうが安いというわけです。

なるほど、確かにその通り!

月額基本料を基準に考えれば、楽天モバイルよりもずっと安い格安SIMはいくらでもあります。

現在楽天モバイルを使っているあなたも、1年無料期間終了後にそのまま使い続けるか一度考えてみてはいかがでしょうか?

楽天モバイルを使い続ける?他社に乗り換える?

楽天モバイルを使い続けるか、他社に乗り換えるか。

何を基準に考えればいいのでしょう?

答えはシンプルで、データ無制限・通話し放題を使いこなせているかどうかです。

  • 自宅にWi-Fi環境がない
  • 外出中でも動画をよく見る
  • ゲームのプレイ時間が長い
  • 仕事で大容量データを使う

 

などなど、毎月大量のデータ通信量を消費している場合には、楽天モバイルがやっぱりお得です。

楽天モバイルは、スマホ+モバイルWi-Fiが月2,980円で利用できる、と考えれば分かりやすいかもしれません。

家でも外でも、プライベートでも仕事でも、楽天モバイル1本で利用している人がコスパ最強ということになります。

逆にそうではない場合には、携帯代はさらに安くなるのです。

例えば以下のような場合です。

  • 自宅にWi-Fi環境がある
  • スマホの利用はLINEやSNSが中心
  • 動画は外で見ない
  • ゲームはあまりやらない

 

これでは楽天モバイルのギガ使い放題を活かしきれていないので、月2,980円支払うともったいないことになります。

月3GBくらいのデータ通信量があれば十分間に合うので、乗り換えを検討した方がいかもしれません。

あなたは楽天モバイルをうまく使いこなせているでしょうか?

格安SIMは月額2,980円で何ギガ使える?

楽天モバイルの月額基本料は2,980円です。

楽天回線エリア内であれば、データ使い放題・通話し放題ですが、楽天回線エリア外になると月5GBまでしか高速データ通信が利用できません

では、他社では月額2,980円でどのくらいのギガが使えるのか見てみましょう。

通信会社名月額基本料高速データ通信量
楽天モバイル(楽天回線)月額2,980円使い放題
楽天モバイル(パートナー回線)月額2,980円5GB
ワイモバイル月額2,680円
(当初6ヶ月1,980円)
3GB
(当初1年間4GB)
UQ mobile月額2,980円10GB
mineo(ソフトバンク回線)月額2,680円6GB
OCN モバイル ONE月額2,880円10GB
IIJmio月額3,260円
(当初6ヶ月1,980円)
12GB
BIGLOBEモバイル月額3,400円12GB
LINEモバイル月額3,200円12GB
イオンモバイル月額2,980円12GB
DMM mobile月額2,890円10GB
BIC SIM月額3,260円
(当初6ヶ月1,980円)
12GB

(すべて税抜)

楽天回線エリアであれば、データ通信量は無制限に使えるので他社よりも安く利用できることが分かります。

しかし、楽天回線エリア外(パートナー回線)の場合は、かなり割高になってしまいますね。

2,980円払えば、倍以上のデータ通信量を使えるところばかりです。

月額料金を基準にして比較すると、楽天回線を利用できないのであれば、1年無料期間終了後は他社に乗り換えた方が良いと言えます。

格安SIMは月間3ギガをいくらで利用できるのか?

いくら2,980円でギガ使い放題でも、それほど沢山ギガを使わないのであれば、無駄になってしまいます。

家にWi-Fi環境があって外出中に動画を見ないのであれば、月間3ギガくらいのデータ通信量があれば十分です。

実際に僕はLINEモバイルを3GBのプランで利用していますが、3年間利用し続けていてギガが足りなくなった月は一度もありません。

では、格安SIMで高速データ通信量3GBのプランはいくらで利用できるのでしょうか。

まとめると、以下のとおりになります。

格安SIM月額基本料(税抜)
y.u mobile(3GB)1,690円
ワイモバイル(3GB)
2,680円
UQ mobile(3GB)1,980円
mineo(Dプラン/3GB)1,600円
OCN モバイル ONE(3GB)1,480円
IIJmio(3GB)1,600円
BIGLOBEモバイル(3GB)1,600円
LINEモバイル(3GB)1,480円
イオンモバイル(4GB)1,580円(3GB換算1,185円)
DMM mobile(3GB)1,500円
BIC SIM(3GB)1,600円

(すべて税抜)

楽天モバイルの月額基本料の半額以下で利用できる格安SIMもあります。

不必要なデータ通信量が大量にあるよりも、適量で安く利用できるほうが、お財布に優しいかもしれませんね?

楽天モバイルから乗り換える場合のおすすめ格安SIMは?

楽天モバイルの1年無料期間終了後に他社に乗り換える場合、どの格安SIMにすれば良いのでしょうか?

各社でキャンペーンや、独自サービスを展開しているので使い道に合ったところが良いのですが、以下の2つが僕のおすすめです。

  • LINEモバイル
  • y.u mobile

1つずつ紹介していきます。

LINEモバイル

スマホの使い道の多くがLINEとネットサーフィンくらいなのであれば、LINEモバイルがおすすめです。

LINEモバイルには「データフリーオプション」があるので、LINEやSNSをいくら利用してもギガが減りません。

データフリーオプションは3種類あり、月額料金によって使い放題になるサービスが異なります。

オプション名データフリーの対象
(使ってもギガが減らない)
月額料金
LINEデータフリーLINE0円
SNSデータフリーLINE
Twitter
Facebook
280円
SNS音楽データフリーLINE
Twitter
Facebook
Instagram
LINE MUSIC
Spotify
AWA
480円

(すべて税抜)

特にLINEについては、メッセージのやり取りはもちろん、通話やビデオ通話をどれだけ利用してもギガが減りません。

月額基本料とデータフリーオプションを組み合わせると、月額基本料の合計は以下のとおりです。

音声通話SIM
データ通信量LINEデータフリーSNSデータフリーSNS音楽データフリー
500MB1,100円なしなし
3GB1,480円1,760円1,960円
6GB2,200円2,480円2,680円
12GB3,200円3,480円3,680円

(すべて税抜)

ちびめがね
ちびめがね
おすすめは3GBのプランです!

 

データフリーになるサービスの他にプランに応じたギガが使えるので、かなりお得度が高いと思います。

LINEだけなら「LINEデータフリー」、Instagramもよく使うなら「SNS音楽データフリー」オプションを付けると良いでしょう。

それでも最大1,980円なので、楽天モバイルよりもずっと安くなります。

こちらの記事でLINEモバイルについて詳しく解説しているので、ぜひ本記事と併せてご確認ください。

LINEモバイルの最新レビュー!3年使った感想は【おすすめ】です!格安SIM【LINEモバイル】を最新レビュー!3年実際にLINEモバイルを使っている僕が、プラン・料金・通信速度・お得なキャンペーン情報から解約方法まで詳しく解説いたします。...

y.u mobile

通信速度を重視するならy.u mobileがおすすめです。

y.u mobileは、2020年3月からサービスが始まった新しい格安SIM。

実際に僕はデータ通信専用SIMを使っているのですが、通信速度が安定して速いです。

y.u mobileの通信速度計測(2020年8月)

 

格安SIM最大のデメリットは、混み合う時間に通信速度が低下することです。

しかし、y.u mobileであれば特に低速になりがちな昼休みや通勤時間でも遅くなることがありません

料金プランは3GBで1,690円(税抜)。

毎月そんなにギガを使わないのであれば、十分だと思います。

 

また、y.u mobileは、余ったギガに有効期限がないことも特長です。

使いきれずに余ったギガは、どんどんストックされていくことになります。

利用月使えるデータ通信量使ったデータ通信量繰越データ通信量
2020年9月(利用開始)3GB1GB2GB ←10月へ
2020年10月5GB(3GB+2GB)2GB3GB ←11月へ
2020年11月6GB(3GB+3GB)5GB1GB ←12月へ
2020年12月4GB(3GB+1GB)1GB3GB ←1月へ
2021年1月6GB(3GB+3GB)1GB5GB ←2月へ
2021年2月8GB(3GB+5GB)3GB5GB ←3月へ
ちびめがね
ちびめがね
ストックの上限は100GB!

 

楽天モバイルはキャリサービス(MNO)なので、通信速度が遅いことはありません。

そのため格安SIMに乗り換えてしまうと、遅くて嫌になってしまうこともあると思います。

しかし、y.u mobileであれば速度が安定しているので、ギャップを感じにくいです。

y.u mobileについては、こちらの記事で詳しく解説しているので、チェックしてみてください。

y.umobileレビュー!
y.u mobile(ワイユーモバイル)レビュー!メリット・デメリット情報まとめ格安SIMのy.u mobile(ワイユーモバイル)を実際に使ってレビューしています。料金や通信速度、メリットデメリットをまとめて紹介いたします。当サイト限定キャッシュバックキャンペーンも開催中です!...

Rakuten Mini・Rakuten BIGを使っている人の注意点!

Rakuten BIG

 

楽天モバイルをRakuten Mini・Rakuten BIGで使っている人は、他社への乗り換えに注意が必要です。

Rakuten Mini・BIGは、SIMカードを使わずに、eSIMで利用するスマホです。

Rakuten Mini QRコードでeSIM登録
Rakuten Miniで楽天回線のeSIMを設定する方法を解説!QRコードが表示されても大丈夫!Rakuten MiniにQRコードでeSIMを登録する方法を解説します。2020年4月8日からスタートしたRakuten UN-LIMIT(アンリミット)のRakuten Miniでの楽天回線開通方法です。...

 

現在eSIMを取り扱っている通信会社は、楽天モバイルとIIJmioのみ。

しかも、IIJmioはデータ通信専用のeSIMなので、音声通話ができないことになります。

 

つまり、音声通話を利用できるeSIMは、現在楽天モバイルしかないのです。

 

Rakuten Mini・BIGをメインスマホにして、データ通信も通話もしているなら、楽天モバイルから他社への乗り換えは事実上不可能と思ってください。

もちろん、新しくスマホを買い換えるのであれば、話は別です。

Rakuten Mini・BIGをこのまま使い続ける場合に、通信会社選択の自由がなくなってしまいます。

 

月額2,980円は高いし、ギガもそんなに使わないから乗り換えようと思っても、乗り換え先がないので注意が必要です。

ちびめがね
ちびめがね
通話をLINEだけにしてしまうこともできますが、現実的ではないですよね・・・。

まとめ:楽天モバイルの1年無料終了後について考えておきましょう

楽天モバイルは、月額2,980円でギガ使い放題・通話し放題です。

データも通話も思う存分使う人にとっては、間違いなくコスパ最強の通信サービスと言えます。

しかし、ギガをそれほど使わない人にとっては、実は高上がりになってしまう可能性もあります。

月額2,980円より安く利用できる格安SIMが沢山ありますからね?

1年の無料期間終了後、楽天モバイルを使い続けるか、一度検討してみましょう。

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA