ガジェット

OPPO Reno5 AのeSIM設定方法!2回線+microSDカードが使えます!

OPPo Reno5 Aを購入しました。

OPPO Reno5 Aの外観
  • Snapdragon 765G搭載
  • 普段使いに十分な動作性能
  • 良い感じに撮影できるカメラ
  • おサイフケータイ
  • 防水性能

多くの人が満足できるコスパの高いスマホです。

 

そしてSIMフリー版のOPPO Reno5 Aは、物理SIMカードに加えてeSIMも利用可能

せっかく使えるなら!ということで、さっそく設定してみました。

本記事でその様子を紹介していくので、利用予定の人は参考にしてみてください。

ちびめがね
ちびめがね
ワイモバイル版はeSIMを利用できませんよ!

 

なお、OPPO Reno5 Aについては、こちらの記事でレビューしているので本記事と併せて御覧ください。

【OPPO Reno5 A レビュー】実機を使って感じたメリット・デメリットを解説!おサイフケータイ&防水が搭載されて高コスパOPPO Reno5 Aを実機レビューしています。多くの人を満足させる優秀な基本性能。さらにおサイフケータイも防水性能も搭載されています。おまけに5G回線にも対応しているコスパの高いモデルです。メリット・デメリットと併せて紹介いたします。...

OPPO Reno5 AでeSIMを使うメリット

OPPO Reno5 Aに搭載されているカードスロットはSIMカードとmicroSDカードの排他利用タイプ。

OPPO reno5 Aのカードスロット
  • nano SIMカード2枚
  • nano SIMカード + microSDカード

いずれかの方法でしか利用できません。

ところが、eSIMを追加すれば、2回線利用しながらmicroSDカードも併用できるようになります。

eSIMを有効にすると2つあるSIMカードスロットのうち、片方の機能は潰されてしまうのですが、引き続きSDカードスロットとして利用できるからです。

OPPO Reno5 AにeSIMを追加

 

OPPO Reno5 Aは基本性能が優秀なので長期間使えますが、長く使えば使うほど写真やアプリが増えてしまいストレージ不足になってしまいます。

こういう場合に、1つeSIMにしてあげれば最大1TBのmicroSDカードが使えるようになり、容量不足の心配から開放されるでしょう。

まだeSIMを取り扱っている通信キャリアは少ないので選択肢は絞られてしまいますが、是非チャンレジしてみてください。

OPPO Reno5 AのeSIM設定に必要なもの

OPPO Reno5 AにeSIMを追加する場合に必要なのは以下の3つです。

  1. eSIMを有効にしたOPPO Reno5 A
  2. アクティベーションコード(QRコード)
  3. QRコードを表示するスマホ・タブレット等

eSIMを有効にしたOPPO Reno5 A

OPPO Reno5 AにeSIMを追加するには、eSIM機能を有効化する必要があります。

設定アプリの「SIMカードおよびモバイルデータ」にある「eSIM」を有効化しましょう。

OPPO Reno5 AにeSIMを追加

 

SIMカードスロットの片方(SIM2)が使えなくなりますが、引き続きmicroSDカードとしては利用できます。

「有効にする」をタップ。

OPPO Reno5 AにeSIMを追加

 

このように表示されていれば、eSIMを登録する準備完了となります。

OPPO Reno5 AにeSIMを追加

アクティベーションコード(QRコード)

スマホにeSIMを登録するには、通信キャリアから提供される「アクティベーションコード(QRコード)」が必要になります。

今回僕はIIJmioのeSIMをOPPO Reno5 Aに追加してみました。

IIJmioの場合は、申込み完了後にメールでアクティベーションコードを表示するURLが届きます。

OPPO Reno5 AにeSIMを追加
ちびめがね
ちびめがね
通信キャリアによって方法は異なりますが、QRコードを表示する手続きが必ずありますよ!

アクティベーションコードを表示するスマホ・タブレット等

OPPO Reno5 AにeSIMを登録するためには、アクティベーションコード(QRコード)をカメラで読み込む必要があります。

つまり、OPPO Reno5 AにQRコードを表示させてもeSIMの登録ができないのです。

このためアクティベーションコードを何らかの方法で、OPPO Reno5 A以外のデバイスに表示させる必要があります。

OPPO Reno5 A以外にスマホやタブレットを持っているなら、そちらのデバイスでQRコードを表示させたり、カメラで撮影しておいても良いでしょう。

PCに表示させても、紙にプリントアウトしても大丈夫です。

OPPO Reno5 AにeSIMを追加Reno5 A以外のデバイスでQRコードを表示させましょう!
ちびめがね
ちびめがね
手元にOPPO Reno5 Aしかない場合はeSIMの登録ができないので注意です!

OPPO Reno5 AにeSIMを登録する方法

準備が整ったところで、OPPO Reno5 AにeSIMを登録していきましょう。

設定アプリの「SIMカードおよびモバイルデータ」にある「eSIM」をタップします。

OPPO Reno5 AにeSIMを追加

 

「追加」をタップ。

OPPO Reno5 AにeSIMを追加

 

ここで「次へ」をタップするとカメラが起動します。

OPPO Reno5 AにeSIMを追加

 

通信キャリアから提供されたアクティベーションコード(QRコード)をOPPO Reno5 Aで読み取ります。

僕はタブレットにアクティベーションコードを表示させてみました。

OPPO Reno5 AにeSIMを追加
ちびめがね
ちびめがね
QRコードさえ表示できれば、スマホでもPCでも写真でも何でも大丈夫!

 

読み取りに成功すると、すぐに通信キャリアを認識してくれます。

「有効化」をタップしましょう。

OPPO Reno5 AにeSIMを追加

 

これで設定は終了です。

暫く待っていればeSIMの登録が完了します。

 

本来ならIIJmioのeSIMを登録するだけですぐに使えるようになるはずですが、今回はAPNの設定が必要でした。

「アクセスポイント名」にIIJmioを追加します。

OPPO Reno5 AにeSIMを追加
OPPO Reno5 AにeSIMを追加

 

無事OPPO Reno5 AにIIJmioのeSIMを登録できました。

ドコモ回線のBand 3を掴んでくれているようです。

OPPO Reno5 AにeSIMを追加

 

その後、nuroモバイルのSIMカードとmicroSDカードも挿入してみました。

2回線同時に利用しながら、SDカードもしっかり認識されています。

まとめ:OPPO Reno5 AにeSIMを登録すると便利!

OPPO Reno5 AにeSIMを登録する方法を紹介しました。

カードスロットがSIMカードとSDカードの排他的利用の場合、2回線同時利用だとSDカードが使えなくなってしまします。

本体のストレージ容量は128GBと少なくはないですが、長く使っていくうちに足りなくなりそうなら、2つのSIMのうち1つをeSIMにすると解決します。

eSIMの登録方法も簡単で、アクティベーションコードさえ表示できていれば、あとは読み取るだけ。

OPPo Reno5 Aが容量不足になりそうなら、是非お試しください。

なお、今回利用したeSIMはIIJmioの「ギガプラン」のもの。

データ専用SIMですが、月額440円で2GB使えるので激安です。

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA