ガジェット

AirPodsを片方だけなくした時はApple公式修理サービスへ!

街で見かけることが当たり前になってきたAppleのAirPods

 

僕の耳には合わなくて付けることはできません。

それにしても、インイヤータイプにも関わらず、耳から落ちずに着けていられるAppleの技術の高さに関心してしまいます。

>>AirPodsもEarPodsも耳から落ちる。その原因は耳の形だった!

AirPodsもEarPodsも耳から落ちる。その原因は耳の形だった!Apple製イヤホンのAirPodsやEarPodsが耳から落ちてしまう原因は耳の形にあります。AirPodsやEarPodsが落ちやすい耳の形の解説や耳から落ちないためのおすすめ対策グッズを紹介いたします。...

 

先日、知人がAirPodsを片方だけ紛失してしまいました。

お酒を飲んで酔っ払ってしまい、家まで歩いて帰る途中に落としてしまったそうです。

翌日探しに行ったようですが、どこにも見当たらなかったので、現在はAirPodsを片方だけ着けて過ごしていると聞きました。

 

AirPodsを持っている人には、僕の友人のように簡単に紛失してしまいそうなリスクがありますよね。

もしあなたがAirPodsをなくしてしまった時は、Apple公式の「AirPods修理サービス」を利用することをおすすめします。

片方だけなくしてしまった場合でも購入することが可能です!

 

本記事ではAirPodsを片方だけなくした時にApple公式修理サービスでどんな手続きができるのか紹介いたします。

 

なお、カナルタイプのAirPods Proであれば、耳から落ちてなくす心配はまずありません。

こちらの記事で詳しくレビューをしているので、是非併せてご覧ください。

>>【AirPods Proレビュー】耳から落ちない!ノイズキャンセリングが最高!

AirPods Proレビュー
【AirPods Proレビュー】耳から落ちない!ノイズキャンセリングが最高!AppleのAirPods Pro(エアーポッズ プロ)をレビューしています。アクティブノイズキャンセリングや外部音取り込みモードが優秀。カナルタイプの弱点を補った快適なワイヤレスイヤホンです。そして、耳から落ちません。...

AirPodsを紛失したら試したい「iPhoneを探す」

AirPodsを片方なくしてしまった場合に、念のために試したいのが「iPhoneを探す」機能です。

探すアプリ

 

「iPhoneを探す」は、ペアリングしてあるApple WatchやAirPodsも自動的に設定されます。

iPhoneを探すでAirPodsも探せる

 

あなたのなくしたAirPodsが地図上に表示され、落としてしまった場所が分かるかもしれません。

地図上に表示されるAirPods

 

AirPodsを購入したら、「iPhoneを探す」を忘れずにオンにしておきましょう。

設定のApple IDの中にある「探す」をタップ。

iPhoneを探すをオンにする①

 

「iPhoneを探す」をタップ。

iPhoneを探すをオンにする②
ちびめがね
ちびめがね
自分の位置情報を家族や友達と共有したくない場合は、位置情報を共有は「オフ」にしておきましょう。

 

もしAirPodsをなくしてしまった場合に効果的なので、これらの項目は全て「オン」にしておきましょう。

iPhoneを探すをオンにする③

 

常に位置情報がオンになり、バッテリーが減りやすいという話もありますが、僕には大きな変化を感じませんでした。

ただし、もしあなたのApple IDのアカウント(メールアドレスとパスワード)が誰かに知られてしまった場合に、あなたの居場所が簡単に分かってしまうというリスクはありますので、ご注意ください。

ちびめがね
ちびめがね
AirPodsをなくして後悔する前に「iPhoneを探す」を設定しておきましょう!

AirPodsを片方だけ購入する方法と価格

左右が分離しているAirPodsを、片方だけ購入することはできるのでしょうか。

AirPodsを販売しているAppleには、AirPods修理サービスがあります。

Apple公式サイト>>AirPods修理サービス

 

AirPods修理サービスを利用すれば、片方だけ購入できます。

ちびめがね
ちびめがね
2019年10月に発売されたAirPods Proと、以前のモデルで料金形態が異なりますよ!

AirPods Pro(片方)の価格

紛失したAirPods Proを片方だけ入手したい場合は9,800円で購入できます。

バッテリー交換、修理費用を含めた費用は以下の通りです。

バッテリー 保証対象外修理 紛失
AirPods 5,400円(片方) 9,800円(片方) 9,800円(片方)
Wireless Charging Case 5,400円 9,800円 10,800円

(全て税別)

AirPods(片方)の価格

AirPods2までのモデルを片方だけ購入したい場合は7,800円で購入できます。

その他の費用は以下の通りです。

バッテリー 保証対象外修理 紛失
AirPods 5,400円(片方) 7,800円(片方) 7,800円(片方)
Charging Case 5,400円 6,800円 6,800円
Wireless Charging Case 5,400円 7,800円 8,800円

(全て税別)

 

なお、お店に行ってすぐに購入できるわけではありませんので、ご注意ください。

Apple所定の修理サービスに申し込む必要があります。

持ち込み修理
お近くの Apple Store か Apple 正規サービスプロバイダへ製品を直接お持ち込みください。ご来店にあたっては、あらかじめご予約をお願いいたします。また、シリアル番号が必要になりますので、AirPods 本体のほか、充電ケース、購入証明書 (レシートなど)、AirPods のオリジナルパッケージのいずれかをご持参ください。

引用:Apple公式サイト

 

以前僕はiPhone6sのバッテリー交換サービスを利用したことがあります。

その時は運よく正規プロバイダ(ビックカメラなどの家電量販店)に予約の空きがあったので、飛び込みですぐに対応してもらいました。

>>iPhone 6sのバッテリーを無料で交換したのでレポートします!

iPhone 6sのバッテリーを無料で交換したのでレポートします!iPhone 6sのバッテリー交換の費用や所要時間について、僕の経験を元にご紹介いたします...

 

ただし、いつでもそういうわけではないので、事前に予約をして正規プロバイダかApple Storeで交換にかかる時間を確保して、片方のAirPodsを購入しましょう。

ちびめがね
ちびめがね
在庫や他の人の予約の状況もあるので、片方のAirPodsを入手するまでには時間がかかると考えていいでしょう・・・。

まとめ:AirPodsを片方だけなくした時はAirPods修理サービスへ

AirPodsを片方だけ紛失した場合、Apple公式のAirPods修理サービスを利用すれば、片方だけ購入することが可能です。

サービスを利用するには事前に予約をする必要があります。

そのため、すぐに購入できるわけではない点にご注意ください。

ちびめがね
ちびめがね
AirPodsと充電ケースはバラバラでも購入できますが、全部一度になくしてしまった場合には、新しく買った方が安く済みそうですね。

 

なるべく紛失したくないAirPodsですので、日頃から注意をするとともに、万が一紛失したらどうすれば良いのか調べておくと良いでしょう。

AppleではAirPodsをなくした場合に備えてマニュアルページを用意しています。

公式サイト>>AirPodsをなくした場合

 

AirPodsを入手したら、まずこのページを読んで、なくしてしまった場合に対処できるようにしておきましょう。

 

AirPodsはケースに入れて持ち運ぶと思いますが、カバーを付けておくとより安全に持ち運ぶことができるのではないでしょうか?

AirPods用のネックストラップが付属されているものもあるので安心です。

 

せっかく購入したAirPodsですから、不測の事態に備えて落ち着いて対応しましょう!

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいてありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

超絶お得な87時間!

12月6日~12月9日
\ Amazonサイバーマンデー開催 /

 

\ 何を買うか迷ったら /

>>サイバーマンデーで買うべき商品はこれ!

 

\ お得に買い物したいなら /

2019年サイバーマンデー ポイントアップキャンペーン

>>最大8.5%ポイント還元情報

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA