楽しい子育て

子どもにウケる一発芸・ネタをご紹介します!爆笑必至!

我が家の子ども達が喜んでくれる一発芸を紹介いたします!

 

子どもの笑い声は素晴らしいですね。

仕事で疲れていても、悲しいことがあっても、聞いているだけで元気がもらえます。

でもなかなか意図して笑ってはくれない!そうじゃないですか?

笑わそうとしてもなかなかツボに入りにくい。

難しいものです。

 

そこで、我が家の子ども達が必ずウケてくれる珠玉の一発芸を紹介しようと思います。

子ども達が大喜びするような、下ネタや下品な言葉を使うわけではないので安心してください。

 

我が家ではズバリ次の3つの一発芸がハマります!

  • 簡単なマジック
  • 良い声で歌う
  • 大げさに痛がる

現在小学校3年生の娘にもハマるので、3歳くらいのお子さんから使えるのではないでしょうか。

順番にご紹介いたします。

 

ちびめがね
ちびめがね
子どもが笑ってくれると嬉しいんですよね!
息子
息子
僕も気に入ってるよ!

 

子どもにウケる一発芸① 簡単なマジック

早速大笑いというジャンルからは外れてしまいました。

ただ、やっぱり子ども達にとってもウケます!

大人でも喜びますもんね。

忘年会のネタに一つくらいあなたも持っているのではないでしょうか?

 

子ども向けのマジックなので、そんなに高度なマジックは必要ありません。

10円玉を使ったり、トランプを使ったり、身の回りにあるものでできるマジックで十分です。

 

マジックの種明かしをすることは禁止されているようなので、いたしませんが。

例えば、片方の親指を隠してまるで親指が切れているかのように動かすあれとか、
鉛筆を2本使って手から放しても浮いているように見えるあれとか。

そんなシンプルなものでも構わないです。

 

本当に不思議そうにして何度もせがまれますよ!

息子
息子
もう1回やって!もう1回!

 

連続で20回はやる覚悟でマジックを披露してくださいね・・・。

 

 

こんな子ども向けの本に載ってるようなマジックが一番ツボにはまります。

是非チャレンジしてみてください!

そして、最後は子ども達に種明かしをしてあげると、子ども達がクラスの人気者になれます!一緒に練習して親子の触れ合いを楽しむことができますね!

 

ちびめがね
ちびめがね
簡単なマジックは種明かしをしてあげると子どもも出来るようになります!
娘
私はクラスのみんなに見せて驚かれちゃった!

 

子どもにウケる一発芸② 良い声で歌う

これも非常に簡単でかつ、ウケます!

良い声ってお分かりになりますか?

オペラ歌手が歌うようなあの声です。

 

あの声で子どもたちが分かる歌を歌ってあげてください!

お隣さんに迷惑が掛からない程度のボリュームで歌うと本当におもしろいです。

ちなみにこれ、我が家では奥さんにもウケます。ツボなんでしょうね・・・。

 

僕が歌って一番ハマったのは

ドラえもんのジャイアンの歌(おーれはジャイアーンの方)

おもちゃのチャチャチャ

この2曲は確実にうけます。

 

やるタイミングですが、突然始めるのが良いです。ビックリさせないでくださいね?

静かなところでイキナリやるよりは、遊んでいる最中とかに始めるのがいいです!

どうしたんだ?って思わせるのがキモです。

 

ちなみに、自宅や近隣で犬を飼っている場合、あまりにも大きな声でやると吠えられます。

その点は注意してください!

 

ちびめがね
ちびめがね
「もののけ姫」や「千の風になって」のイメージです!

子どもにウケる一発芸③ 大げさに痛がる

最後は「大げさに痛がる」!

これもウケます。確実にうけます。

大げさに痛がってください。

 

子どもって大人がオーバーリアクションで痛がってるのをみると喜ぶんですよね。

すっごく不思議です。大爆笑しますよ!

 

痛がると同時にドジな要素も必要です!ここがむしろ重要です!

 

  • 遊んでいる時にわざと転んでオーバーリアクションに膝を抱えて痛がる。
  • トイレに行きながらわざとドアに頭をぶつけて、おでこを抱えながら痛がる。

 

こういうちょっとしたドジさ加減が子どもの心をつかむんですよ!

 

この時本当に痛そうにしてはダメですよ!

無言でいっつ・・・。などと言ってしまうと、子どもが引いてしまいますからね。

若干笑いながら、痛がる。演技力も重要です!

 

当たり前のことですが、本当にケガをするようなことはしないでくださいね。

ドジを通り越してしまいますからね・・・。

 

息子
息子
僕はパパが痛がってるのを見ると笑っちゃうよ!笑いすぎておならでちゃうこともあるんだ!

子どもにウケる一発芸 番外編 笑い袋

3歳以下の子どもにウケるものも紹介しておきます。

赤ちゃんを笑わせるのが本当に難しい。

でもケラケラ笑ってくれると嬉しいんですよね!

どこにツボがあるか分からないんですよ。

全力で変顔して大爆笑する子もいれば、泣き出す子もいたりして・・・。

 

あくまで一例ですが、うちの子が小さいときは笑い袋のような人形が最強でした。

 

 

これです!

ワンピースに登場するチョッパーがひたすら笑っている人形です。

電池式で笑いながらクルクル回って動きます。

1歳になる前からこのチョッパーにしがみついて遊んでいました。

 

こればかりはツボに入るか入らないか、賭けのようなものなのですが、是非試していただきたいです。


まとめ:子どもを笑わせたいなら全力です!

我が家の子ども達が必ずウケてくれる一発芸を紹介いたしました。

 

なんで子どもを笑わすためにこんなことしなくちゃいけないんだ!と思いますか?

どんな方法でも良いので子どもたちをゲラゲラ笑わせてみてください!

本当に幸せな気持ちになりますよ?

多少の恥ずかしさを捨てることで、子どもが笑って、家の雰囲気がなんとなくあったかくなれば嬉しいじゃないですか!

 

子どもだけではなく、人間にとって、笑うことはとっても大切なことです。

叱った後、兄弟姉妹で喧嘩しちゃったあと、あなたが子どもたちを笑わすことができたら、家の中がパッと明るくなりますよ!

我が家で子ども達にウケるのは次の3つ。

  • 簡単なマジック
  • 良い声で歌う
  • 大げさに痛がる

しょうもない・・・。と思う前に、まずは試してみてくださいね!

 

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいてありがとうございました。
この記事があなたのお役に立てらシェアしてくれると大変うれしいです!

 

お子さんの勉強どうしていますか?

2019年4月からスタートする小学館の通信教育「まなびwith」がおすすめです。

教科書準拠ではない」のが最大のポイント!

2020年の教育改革に向けてお子さんの「柔軟な発想」「考える力」を伸ばしてくれます。

 

まなびwith公式サイトはこちら>>https://manabi-with.shopro.co.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA