格安SIM

LINEMOの通信速度は速い?速度制御で遅くなる?計測結果を紹介します!

2021年3月17日からサービスが始まったソフトバンクの「LINEMO(ラインモ)」。

LINEMOの概要

 

月20GBのデータ通信量を2,728円で利用できるオンライン専用の格安料金プランです。

本家ソフトバンクと同じ回線をLINEMOでも使っているので通信速度が安定しているようなんですが、気になるのは公式サイトに掲載されている「速度制御」の文言。

LINEMOの速度制御

 

速度が遅くてストレスになっていた格安SIMから大手キャリアに戻ろうと思っていても、変化がなければ乗り換える意味がありませんよね?

そこで実際にLINEMOの通信速度を手持ちのiPhoneやAndroidスマホを使って計測してみました。

総評としては次のとおり。

  • 下りは概ね30Mbps~40Mbpsくらい
  • 上りは10Mbps前後(これが速度制御?)
  • 下りが100Mbpsを超える時がある
  • 下りが10Mbps前後になることもある
  • 5Gについては未検証

下りは不安定ではあるものの何をやっても困らない速度だと思います。

上りは10Mbpsくらいしか出ないので同容量データのアップロードは厳しい感じです。

 

なお、モバイルデータ通信の速度については端末、エリア、掴むBand等々、利用環境によって違いがあります。

そのため本記事で紹介した内容も参考程度に留めてください。あくまでも参考に。

ちびめがね
ちびめがね
eSIMではなくてSIMカード(物理SIM)を使っていますよ!

LINEMO(ラインモ)の通信速度を計測した結果

LINEMOのSIMカードが届いた2021年3月19日から3月20日にかけて、1時間毎に通信速度を計測してみました。

なお、計測エリアは東京都内で掴むBandは時間や場所によって変わっています。

主にBand1、Band3、Band41を掴んでいました。

LIINEMOのBand
LINEMOのBand
ちびめがね
ちびめがね
これ以上は知識不足なので仕様環境を説明することができません・・・。申し訳ないです・・・。

 

まずこちらが2021年3月19日の通信速度計測結果。

LINEMOの通信速度計測結果
LINEMOの通信速度計測結果

 

概ね30Mbps以上の速度で使えていますが、10Mbps前後に低下することもありました。

時間帯に規則性はないようで速度制御の結果なのかどうかは分かりません。

平日のお昼休みや通勤通学時間に100Mbpsを超える速度になっていたのは驚きました。

 

そしてこちらが翌3月20日の通信速度計測結果です。

LINEMOの通信速度計測結果

 

土曜日(かつ祝日)ということもあって、家にいる人が多いのでしょうか。

朝から下りの速度が爆速状態が続いていました。

上り速度に関してはいつ計測しても10Mbps前後で良くも悪くも安定しています。

 

本家ソフトバンク回線を長らく使っていないので比較できませんが、いかがでしょうか?

格安SIMとの比較なら安定して高速と言えるのではないかと思います。

速度が低下したとしても10Mbpsくらいなので、サブブランドのワイモバイルを使っていた時と似たような体感速度でした。

高画質で動画を見るのはキツいけど、特別困ることはない感じです。

 

LINEMOはサービス開始直後で何もかもが不安定な状態。

また速度計測も24時間しか行っていないので評価は難しいですが、個人的には通信速度に全く不満はありません。

LINEモバイルから乗り換えて良かったなーと思っています。

公式サイト>>LINEMO(ラインモ)

LINEMOってどんな料金プラン?

LINEMO(ラインモ)はソフトバンクが提供している格安料金プランです。

以下の基本情報と特長を解説していきます。

  • 月20GB/月額基本料2,728円
  • 通話定額オプションあり
  • ソフトバンク回線を利用している
  • 5G回線が使える
  • LINEアプリのギガを消費しない
  • 速度制限になっても最大1Mbps
  • eSIMに対応している
  • LINEMOのデメリット

月20GB/月額基本料2,728円

LINEMOは、1ヶ月に利用できる高速データ通信量(ギガ)は20GBで、月額基本料が2,728円(税込)です。

これまで高いと言われ続けてきた大手キャリアの料金プランとしては破格の安さ。

そのうえ使えるデータ通信量も20GBあるので、満足度の高い料金プランとなっております。

通話定額オプションあり

LINEMOの通話料は22円/30秒です。

LINEなどで通話する人が多いとは言え、音声通話を頻繁に使う人もいますよね。

LINEMOには2種類の通話定額オプションが提供されているので安心です。

オプションオプション料
準通話定額
1回5分以内の国内通話無料
月額550円
通話定額
国内通話無料(時間制限なし)
月額1,650円

ソフトバンク回線を利用している

LINEMOはMVNO(いわゆる格安SIM)ではないので、ソフトバンク回線をそのまま利用しています。

そのため格安SIMにありがちな繋がりにくさがありません

もちろん提供エリアもソフトバンク回線エリアそのまま。

繋がらない!遅い!そんな不満が起こりにくいサービスと言えます。

ただし、時間帯によって速度制御が行われる場合があるようです。

LINEMOの速度制限

5G回線が使える

LINEMOはソフトバンクの5G回線に対応してます。

追加オプションでの提供ではないので標準対応。

5G回線対応スマホさえ持っていれば、誰でも5G回線の利用が可能です。

ただし残念ながら、2021年3月現在は5G回線はそれほど普及していないので実用性はありません・・・。

ちびめがね
ちびめがね
アンテナピクトに「5G」と表示されても実際には4G通信のこともありますからね!

LINEアプリのギガを消費しない

LINEMOではLINEアプリを利用してもギガが減りません。

ちびめがね
ちびめがね
LINEモバイルを吸収したLINEMOの強み!

 

トーク・通話・ビデオ通話を何時間使ってもギガの消費0

現在LINEはメールや電話に取って代わるくらい重要なコミュニケーションツールの1つです。

年齢を問わず利用している人も多いので、LINEギガフリー機能はLINEMOを選ぶメリットの1つと言えます。

なお、LINEアプリ全ての機能がギガフリーになるわけではないのでご注意ください。

ギガフリーの対象サービスを公式サイトで加入前に確認しておきましょう。

公式サイト>>LINEギガフリー

速度制限になっても最大1Mbps

LINEMOは月20GBまで高速データ通信が使えます。

多くの人にとって十分なギガですが、使い切ってしまう場合もあるでしょう。

そんな時でもLINEMOは安心です。

20GBを使い切って速度制限にかかっても最大1Mbpsの速度で利用可能

動画視聴や画像の読み込みは厳しいですが、メールやネットサーフィンくらいなら問題なく使えるでしょう。

ちびめがね
ちびめがね
しかもLINEアプリはギガフリーなので、速度制限にかかっても通信速度が低下しません!

eSIMに対応している

LINEMOはサービス開始時からeSIMに対応しています。

eSIM対応スマホであれば、SIMカードを挿入しなくてもLINEMOが利用可能。

Webで申し込みしてSIMカードの到着を待つことなく即日開通できてしまいます。

eSIMの開通手続きはSIMカードに比べて難解です。

初めて利用する人にとってはハードルが高くトラブルが発生しやすいのでご注意ください。

なかなか開通できない、iPhoneでの開通が難しい、と言った不満も見聞きしています。

ちびめがね
ちびめがね
何度も言いますが、少しでも不安だったらSIMカードにしましょう!

LINEMOを利用するデメリット

大手キャリアの提供しているプランなのに安く利用できるLINMOですが、できないことがある点がデメリットになります。

できないこと内容
キャリアメールソフトバンクのMMS「@softbank.ne.jp」の提供がありません。各種サービスに登録していたメールアドレスの変更等が必要になります。
スマートフォンの購入LINEMOはスマートフォンを販売しないので自分でSIMフリースマホを購入する必要があります。なおソフトバンク・ワイモバイルで購入したスマホもSIMロック解除が必要です。
店舗での契約LINEMOはオンライン専用プランなので店舗で契約できません。
店舗・電話でのサポートソフトバンクの提供している料金プランですが店舗・電話でのサポートを利用できません。チャットかLINEでの対応になります。
セット割家族割引やネット回線とのセット割がありません。これまでソフトバンク・ワイモバイルでグループだった場合にもLINEMOに移行すると外れてしまいます。
留守番電話・転送電話提供がありません。
Yahoo!プレミアム特典ソフトバンク・ワイモバイルで提供されていたYahoo!プレミアムが無料で使える特典はありません。LINEMOに移行すると自動解約されてしまいます。
キャリア決済今後提供予定ですが、2021年3月現在は未提供なのでソフトバンク・ワイモバイルからLINEMOに移行するとキャリ決済で登録していたサービスが自動解約されます。

 

僕自身はこれらの内容がなくても特に不便とは感じませんが、キャリアメールや店舗でのサポートを必要としている人は多いのではないでしょうか?

特にソフトバンク・ワイモバイルからLINEMOに移行しようと検討している人は要注意。

必ず現在の契約内容・登録内容を確認したうえでLINEMOに移行するようにしましょう。

公式サイト>>LINEMO(ラインモ)

まとめ:LINEMOの速度に不満なし!

LINEMOの通信速度計測結果を紹介いたしました。

個人的にはLINEMOの通信速度に不満は感じていません。

もし下り速度が10Mbps前後に低下した時間帯が速度制御だとしても十分です。

安定しているとは言い難い状況ですが、格安SIMに比べたらいつでも高速と言えます。

上り速度は10Mbps前後しか出なかったので、仕事等で大容量ファイルをアップロードするのは厳しいですね。

(そもそも高速アップロードが必要ならLINEMOなんて使わないと思いますけど・・・。)

 

たった1日だけの計測ですし、あなたの利用環境とは結果が異なります。

くれぐれも参考程度になさってください。

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

楽天モバイルにしたいけどエリアじゃない・・・。
月額基本料3ヶ月無料が羨ましい・・・。

 

そんなあなたに朗報です!

 

安心のドコモ回線エリアに対応した格安SIM、y.u mobileにしてみませんか?

音声通話/5GBとプランは標準的ですが、2021年5月31日までの申込みで現金13,000円キャッシュバックキャンペーン中!

月額基本料金は1,639円(税込み)なので、1,639円×7ヶ月=11,473円。

つまり!

キャッシュバックがあれば、月額基本料が実質7ヶ月無料になっちゃいます。

高速データ通信できるのは月5GBまでなので、データ使い放題ってわけにはいきませんが、外で動画を見ないのであれば十分。

しかもドコモ回線だから使えるエリアも広くて安心です。

 

現金13,000円キャッシュバックは、当サイト特設ページからの申込み限定のキャンペーン。

公式サイトからの申込みだと、10,000円キャッシュバックなので3,000円もお得。

月額基本料が高い大手キャリアから、格安SIMに乗り換えてみませんか?

 

y.u mobileについての詳しい解説は、こちらの記事をご覧ください。

y.umobileレビュー!
y.u mobile(ワイユーモバイル)レビュー!メリット・デメリット情報まとめ格安SIMのy.u mobile(ワイユーモバイル)を実際に使ってレビューしています。料金や通信速度、メリットデメリットをまとめて紹介いたします。当サイト限定キャッシュバックキャンペーンも開催中です!...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA