スマホ決済アプリ

PayPayを店舗に導入する6つのメリット!費用は?デメリットは?徹底解説いたします!

毎日PayPayしている ちびめがね(@chibimegane_spp)です。

スマートフォン1つで支払いができるスマホ決済(コード決済)をあなたのお店では導入していますか?

2018年12月にPayPayが開催した「100億円キャンペーン」を皮切りに、スマホ決済ユーザーはどんどん増えています!

スマホ決済には2つのメリットがあります。

  • 財布を出さずに素早く支払いができる
  • 還元率が高いので現金やクレジットカードよりもお得

そのため、スマホ決済ユーザーは使えるお店を探していますし、使えるお店が増えて欲しいと考えています

また、2019年10月の消費税増税に伴う消費の縮小対策として、経済産業省は「キャッシュレス消費者還元事業」を実施します。

もちろんスマホ決済も、この取り組みの一部になっているので、これからさらにスマホ決済ユーザーは増えることが予想できます。

うちもスマホ決済入れてみようか?
でも何を選んだらいいのかしら?

もしあなたがどこのスマホ決済を導入しようか迷っているのであれば、「PayPay(ペイペイ)」を導入することをおすすめします!

【店舗開拓】PayPay

もちろん他にもスマホ決済サービスはありますが、僕がPayPayをおすすめする理由は以下の6つのメリットがあるからです。

  1. 導入費用が0円
  2. 決済手数料・入金手数料が期間限定で0円
  3. 入金サイクルが早い
  4. PayPay利用者は増えている
  5. Alipayも使える
  6. PayPayが使えるお店は有利
ちびめがね
ちびめがね
無料で導入できて、手数料もかからないなんて嬉しすぎませんか?

加盟店向け公式サイト>>PayPay

 

ただ、いきなりスマホ決済を導入してもちゃんと使えるのか、デメリットもあるんじゃないかと不安になりますよね?

そこで、本記事では以下の点について詳しく解説いたします。

  • あなたが店舗にPayPayを導入すべき理由
  • PayPayを導入するデメリット
  • PayPayを導入申し込みをする方法
  • 実際にPayPayを導入してみた人の口コミ
  • PayPayを導入する場合によくある質問

これからスマホ決済を導入しようか迷っているあなたの参考になれば嬉しいです!

PayPayとは?

PayPayは2018年10月にサービスを開始した、ソフトバンクとヤフーによる合弁会社PayPay株式会社が運営している「スマホ決済サービス」です。

従来スマホで支払いをする場合は、レジ横の端末にタッチする「非接触型決済」が一般的でしたが、PayPayが提供している決済方法はそれとは異なります。

  • スマートフォンの画面に表示されたバーコードやQRコードを店舗側が読み取る
  • ユーザーが店舗に設置されたQRコードを読み取る
paypayの支払い方法バーコードを見せる
paypayの支払い方法QRコードをスキャンする

 

ユーザーは店舗が指定したどちらかの方法で決済します。

PayPayは総額100億円をユーザに還元するキャンペーンをこれまでに2度開催し、多くのユーザーを獲得してきました。

また2019年6月からは毎月「ワクワクペイペイ」というお得なキャンペーンを開催しています。

キャンペーンでの還元率は10%~20%と非常に高く、また、キャンペーン外の通常利用特典も3%還元と、現金やクレジットカードを利用するよりもお得に設定されています。

ユーザー目線のPayPayに関する情報はこちらの記事にまとめて紹介しているので、ご覧ください。

>>PayPayの使い方まとめ!登録から解約まで全て解説します!

PayPay(ペイペイ)の使い方まとめ!登録から解約まで全て解説します!2018年10月からサービスが開始されたスマホ決済サービス「PayPay(ペイペイ)」の新規登録方法、使い方、使えるお店、デメリット、解約方法、最新情報を解説します。...

あなたがこれからPayPayを導入しようとしているのであれば、是非一度ご自身で利用してみてください。

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)
PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)
開発元:PayPay Corporation
無料
posted withアプリーチ

 

便利でお得なことを実感できると思いますよ!

加盟店向け公式サイト>>PayPay

加盟店申し込みはバナーをクリック
【店舗開拓】PayPay

 PayPayを導入する6つのメリット

スマホ決済サービスを導入するならPayPayをおすすめします。

おすすめする理由は以下の6つのメリットがあるからです。

  1. 導入費用が0円
  2. 決済手数料・入金手数料が期間限定で0円
  3. 入金サイクルが早い
  4. PayPay利用者は増えている
  5. Alipayも使える
  6. PayPayが使えるお店は有利

1つずつ詳しく紹介いたします。

①導入費用が0円

PayPayをお店に導入する費用は0円、つまり無料です

お手元のPC・スマートフォン・タブレットと、申し込み後に送られるQRコードがあれば、お客様はPayPayで決済することが可能になります。

PayPay導入は無料

 

お客様は店舗に設置されたQRコードをスマートフォンで読み取って支払いをします。

paypayの支払い方法QRコードをスキャンする

 

お客様のスマートフォンの画面を確認すれば支払い完了です。

ちびめがね
ちびめがね
高額の機器を新たに設置する必要がないのが嬉しいポイント!

②決済手数料・入金手数料が期間限定で0円

決済に伴う手数料、PayPayから店舗への入金手数料が以下の期間で無料になります。

決済手数料 2021年9月30日まで無料
(2021年10月1日以降の手数料は未定)
入金手数料 2020年6月30日まで無料
(2020年7月1日以降は105円(税込))
ちびめがね
ちびめがね
現金決済と同様に利用できますね!

 

ただし、入金先口座をジャパンネット銀行に指定すると、上記期間終了後でも入金手数料は永年無料になります。

入金先口座はジャパンネット銀行がおすすめです!

まだお口座をお持ちでない場合はこの機会に口座開設してみてはいかがでしょうか。

公式サイト>>ジャパンネット銀行

口座開設申し込みはバナーをクリック

③入金サイクルが早い

PayPayから店舗への入金サイクルが早いこともメリットの1つです。

ジャパンネット銀行 翌日
その他の金融機関 最短翌々営業日

締め日は「毎月末日」か「累計決済金額が1万円以上」となります。

さらにジャパンネット銀行なら、2019年10月1日以降、売上金額にかかわらず締め日が売上日の当日になります!

ちびめがね
ちびめがね
入金サイクルもジャパンネット銀行は優遇されています!

 

売上を素早く現金化できることは大きなメリットですよね!

④PayPay利用者は増えている

スマホ決済サービスは色々とありますが、PayPayの利用者は特に増えています。

ネット行動を分析している株式会社ヴァリューズの調査によると、2019年2月時点のPayPayのユーザー数は774万人に達しています

2018年12月に開催された100億円キャンペーン開始時のユーザー数は約70万人だったので、3ヶ月でユーザー数が10倍になりました。

PayPayユーザー数の推移

これまでスマホ決済サービスの利用者は「楽天ペイ」がトップでしたが、一気に抜き去り、現在はPayPayの独走状態となっています。

ちびめがね
ちびめがね
せっかくスマホ決済を導入するなら利用者が多いほうが良いですよね!

⑤Alipayも使える

PayPayを導入すると、同時にAlipayアリペイの利用も可能になります。

PayPayとAlipayを同時利用

 

Alipayは中国のアリババが運営しているスマホ決済サービスです。

世界50以上の国と地域に提供し、利用者は10億人以上となっています。

特に中国では日本以上にモバイル決済が普及しており、2017年の決済金額は3450兆円にのぼります。

ちびめがね
ちびめがね
2017年の日本のモバイル決済市場は1兆円ですのでケタ違いですね!

 

2020年には東京オリンピックが開催されるので、多くの外国人旅行者が日本に訪れることが予想されます。

お隣の中国から日本に来る人も多いことでしょう。

店舗がAlipayに対応しているだけで、他の店舗よりも有利になることは容易に想像できます。

Alipayも使えるようにするには、別途審査が必要なのでご注意ください。

⑥PayPayが使えるお店は有利

PayPayが2018年12月に開催した「100億円キャンペーン」の影響で、日本でもスマホ決済が注目され、普及され始めました。

そうすると、スマホ決済ユーザーは支払方法でお店を選択するようになります。

同じ商品やサービスを提供しているお店が2つあったとしたら、自分が利用しているスマホ決済サービスに対応しているお店を選択するでしょう。

なぜならスマホ決済で支払いをしたほうが便利でお得だからです。

全国で700万人以上いるPayPayユーザーを店舗に集客できるチャンスではないでしょうか?

ちびめがね
ちびめがね
「PayPayが使えるお店」は現金払いのお店よりも、それだけで優位性があります!

 

加盟店向け公式サイト>>PayPay

加盟店申し込みはバナーをクリック
【店舗開拓】PayPay

PayPay導入の3つのデメリット

導入費用が0円、期間限定で決済手数料・入金手数料も0円なので、PayPayを導入しないことが最大のデメリットと言えるかもしれません。

あえてPayPay導入のデメリットを挙げるとすれば以下の点になるでしょう。

  1. ユーザースキャン方式の決済であること
  2. 通信状況の影響
  3. 売上管理の手間が増える

詳しく紹介いたします。

①ユーザースキャン方式の決済であること

PayPayには2つの支払い方式があります。

ユーザーのスマートフォンに表示されたコードをお店が読み取る ストアスキャン方式
お店に設置されたコードをユーザーが読み取る ユーザースキャン方式

導入費用0円で始めるPayPayの支払い方法はお店に設置されたQRコードをユーザーが読み取る「ユーザースキャン方式」になります。

スマホ決済ユーザーの多くは自分のスマートフォンに表示されたコードを読み取ってもらう「ストアスキャン方式」に慣れています。

そのため、ユーザースキャン方式に慣れていないお客様を店舗側がサポートをしてあげる場面も多くなるでしょう。

お客様を困らせないように店舗も事前にPayPayの使い方をしっかり習得して慣れておく必要があります。

ちびめがね
ちびめがね
と言っても現金やクレジットカードで支払いよりはずっと便利ですよ!

PayPay導入後の設定方法等のマニュアルがPayPay公式サイトで公開されているので、不安な場合は導入前に読んでみてください。

>>加盟店様用スタートガイド(PDFファイル)

②通信状況の影響

スマホ決済を利用するにはデータ通信が必要です。

このため、通信状況が悪いと決済することができません

もともと電波が良くない場所ではスマホ決済導入は難しいでしょうし、通信会社による通信障害の影響も受けてしまいます。

ちびめがね
ちびめがね
なお、店舗に設置するQRコードは電源不要なので停電時でも決済できるのは強みです!

③売上管理の手間が増える

PayPayによる支払いの売上管理は「PayPay for Buisiness」という加盟店売上管理ツールで行います。

このため現金による売上とは分かれてしまうので、場合によっては売上管理の手間が増えてしまいます。

なお、現在利用している「スマートレジ」との連携や、POSレジでのPayPayの利用にも対応しているので、申し込み前に相談しても良いでしょう。

導入店舗向けサポートセンター>>TEL:0120-957-640

10:00~19:00(メンテナンス日を除く)

 

加盟店向け公式サイト>>PayPay

加盟店申し込みはバナーをクリック
【店舗開拓】PayPay

PayPayの導入申し込み方法

PayPayは公式サイトから申し込み可能です。

加盟店向け公式サイト>>PayPay

 

必要事項を入力して「確認する」をクリックして申し込み手続きを進めます。

PayPay加盟店申し込み

 

申し込みから1週間で利用可能です。

PayPayの加盟店登録申し込みの流れ

 

また、PayPay公式アプリからも申し込みできます。

アカウント画面の「その他」をタップします。

PayPay公式アプリから加盟店申し込みをする①

 

「加盟店に登録」をタップして申し込み手続きを進めます。

PayPay公式アプリから加盟店申し込みをする②
ちびめがね
ちびめがね
アプリから申し込みできるのは簡単で良いですよね!

 

申し込み審査時に以下の書類が必要なので、事前に用意しておくとスムーズです。

法人 法人番号(法人登録した際に発行された番号13桁)の分かるもの
個人事業主 以下の本人確認書類のうちどれか1つ
・運転免許証
・運転経歴証明書
・パスポート
・保険証
・在留カード
・住民票の写し
・印鑑登録証明書

 

また、法人・個人事業主どちらでも特定の種類の業種の場合は以下の許認可証も必要になります。

中古品・リサイクル品・古物の取扱有 古物商許可証
鍼灸院・治療院・接骨院・整骨院 開設届出済証明書
旅行代理店 旅行業登録票
医療相談・法律相談を行っている 資格認定証/登録証
運転代行業 自動車運転代行業認定証

 

加盟店向け公式サイト>>PayPay

加盟店申し込みはバナーをクリック
【店舗開拓】PayPay

PayPayを導入してみた人の口コミ

実際にPayPayを導入した店舗の口コミが一番参考になりますよね。

公式サイトにも2つの事例が紹介されています。

  1. オーダースーツ店
  2. 美容院

 

またPayPayの公式YouTubeチャンネルにも導入店舗の紹介がされています。

 

SNSでも導入店舗のツイートがいくつもありました。

様々なジャンルのお店でPayPayが導入されているのが分かりますね!

あなたのお店でもPayPayを導入してアピールしてみてはいかがでしょうか?

 

加盟店向け公式サイト>>PayPay

加盟店申し込みはバナーをクリック
【店舗開拓】PayPay

 PayPay導入のよくある質問

PayPay導入でよくありそうな疑問をまとめてみました。

①個人事業主でも導入できるか

個人事業主でももちろんPayPayを導入できます。

PayPay公式サイトでは落語家の「林家木りんきりん」さんの事例が紹介されています。

PayPay公式サイト>>落語会でPayPay初導入「林家木りん 独演会」

 

Twitterでもアーティストの「堀川ひとみ」さんがライブ物販用に導入したことをツイートしていました。

個人事業主の方でも安心してPayPayを導入できますね!

②加盟店契約の解約はすぐにできるのか

店舗からPayPayに申請を行えば解約可能です。

また、解約に違約金も発生しません

解約に伴う注意点がPayPay公式サイトに掲載されていますのでご確認ください。

・お申し込みの法人・事業主にひもづく全ての屋号、店舗を停止いたします。
申請月の翌月末が最短の解約月となります。
・申請後、解約通知書(書面)を送付いただく必要がございます。詳細は申請後にご連絡いたします。

引用:PayPay公式サイト

PayPay公式サイト>>よくある質問「解約・停止」

③導入後に困った時はどうするか

加盟店専用の問い合わせ窓口があるので困った時があっても安心です。

 

またPayPay公式サイトの「よくある質問」でも詳しい回答がありますよ。

PayPay公式サイト>>よくある質問

 

加盟店向け公式サイト>>PayPay

加盟店申し込みはバナーをクリック
【店舗開拓】PayPay

 まとめ:PayPay導入のメリットは大きい

スマホ決済サービスPayPayを店舗に導入するメリット・デメリットを紹介してきました。

PayPayをあなたのお店に導入するメリットは次の6つです。

  1. 導入費用が0円
  2. 決済手数料・入金手数料が期間限定で0円
  3. 入金サイクルが早い
  4. PayPay利用者は増えている
  5. Alipayも使える
  6. PayPayが使えるお店は有利

利用者が多いPayPayを導入するだけで有利と言えますし、外国人観光客の集客手段にもなります。

導入費用・決済手数料・入金手数料が0円なことも、導入しやすいポイントです。

ユーザースキャン方式の支払方法なのは弱みかもしれませんが、現金やクレジットカードよりもお得です。

 

PayPayが使えるお店は公式アプリのマップに掲載されます。

PayPay公式アプリ地図上のお店

あなたのお店を知ってもらう集客手段の1つになりますね!

 

PayPayユーザーはPayPayが使えるお店が増えて欲しいと思っています。

是非あなたのお店にもPayPayを導入して僕らにPayPayを使わせてください。

スマートフォンを持ってあなたのお店に訪れるお客様が増えますよ!

 

加盟店向け公式サイト>>PayPay

加盟店申し込みはバナーをクリック
【店舗開拓】PayPay

 

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいてありがとうございました!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA