スマホ決済アプリ

LINE PayとPayPayを5つの機能で比較してみました!

毎日スマホ決済している ちびめがね(@chibimegane_spp)です。

スマホ1つで買い物ができる「〇〇Pay(ペイ)」と言う言葉を最近よく耳にします。

キャッシュレス化が進んでいるので新しいサービスも続々と増えていますよね。

ちびめがねアンテナではLINEアプリに標準搭載されている「LINE Pay」と2018年10月からサービスを開始した「PayPay(ペイペイ)」の情報を随時更新しています。

 

そこで「LINE Pay」と「PayPay」の機能を比較して、どちらが使いやすくお得なのか調べてみました。

比較したのは次の5つのポイントです。

  1. 決済方法
  2. 支払い方法
  3. チャージ方法
  4. 還元率
  5. 使えるお店

 

総合的に判断すると「一長一短」なので、どちらが誰にでもおすすめできるサービスというものではありませんでした。

あなたに最適なサービスは「LINE Pay」なのか「PayPay」なのか参考にしてみてください。

LINE PayとPayPayの比較① 決済方法

どちらも事前にチャージしたお金で決済を行う「スマホ決済サービス」なのですが、2018年11月現在LINE Payの方がPayPayよりも決済手段が多いのが特徴です。

LINE Payの決済方法

現在LINE Payには6つの決済方法があります。

コード支払い

スマートフォンに表示されたバーコードやQRコードをお店の人に読み取ってもらう決済方法

コードリーダー支払い

お店で提示されたバーコードやQRコードを読み込んで決済する方法

オンライン決済

ネットショッピングの支払い方法で「LINE Pay」を選択するとLINE Pay残高から決済が可能です。

請求書払い

公共料金などの請求書に記載されているバーコードをLINE Payで読み取って決済することができます。

LINE Payカード

スマホ決済ではなく、クレジットカードのようなカードで決済をすることもできます。

QUICPay

Androidユーザー限定ですが非接触型決済「QUICPay」での決済も可能です。

「LINE Payカード」を持っていない場合は新規発行が必要です。

 

LINE Payはお店のみではなくオンラインや請求書払いにも対応しているため、使い道が柔軟であることが特徴です。

Androidユーザー限定ですが「QUICPay」に対応しているため「かざして支払い」できることも嬉しいですよね!

 

また、LINE Payは2019年4月に決済専用アプリをリリースしました。

LINE Pay - 割引クーポンがお得なスマホ決済アプリ
LINE Pay – 割引クーポンがお得なスマホ決済アプリ
開発元:LINE Pay Corporation
無料
posted withアプリーチ

 

お得なクーポンを簡単に貰えたり、LINE Payが使えるお店をマップで簡単に調べることができたりと更に便利に使えます。

こちらの記事で詳しく紹介しているのでチェックしてみてください!

 

PayPayの決済方法

PayPayの決済方法は2つです。

コード支払い

スマホに表示されたバーコードやQRコードをお店の人に読み取ってもらう決済方法です。

スキャン支払い

お店で提示されたバーコードやQRコードを読み込んで決済する方法

 

現在は2種類の決済方法ですが2019年2月からオンライン決済にも対応するとアナウンスされています。

 

PayPayはまだサービスが始まったばかりなので決済方法は2つに限定されています。オンラインショッピングの決済には利用できないため、実店舗でのみ利用できます。

一方LINE Payは様々な決済方法に対応しているのでより柔軟に利用することができます。

LINE PayとPayPayの比較② 支払い方法

次に実際にお金を支払う方法を比較してみます。

LINE Payの支払い方法

・LINE Pay残高に現金をチャージして支払う

・LINE Payにクレジットカードを登録して支払う

・LINEポイントを使って支払う

基本となるのはLINE Pay残高に現金をチャージして支払う方法です。

クレジットカードを登録することもできますが、現在クレジットカードを支払い方法に指定できるのはオンライン決済のみで、使えるお店もLINE関連ショップに限定されています。

LINEポイントを持っている場合は決済時にLINEポイントを指定すると優先的にLINEポイントが消費されるので、LINEポイントの使い道に困っている人には便利です。

 

なお、2019年1月29日にLINE PayがVISAブランドのオリジナルクレジットカードを導入することが発表されました。

このクレジットカードはLINE Payのコード決済やオンラインショッピングの支払いのために登録することが可能です。

これまでLINE Payにクレジットカードを登録することにあまりメリットがありませんでしたが、これによりLINE Payがさらにお得に利用できるようになります!

PayPayの支払い方法

PayPayでは3つの支払い方法があります。

・PayPay残高に現金をチャージして支払う

・Yahoo!マネーで支払う

・クレジットカードを登録して支払う

PayPayで大きなメリットはいつでも登録したクレジットカードを選択して支払うことができる点です。

PayPay残高も還元され、クレジットカードのポイントも還元されるのでお得ですよね!

またYahoo!マネー(Yahoo! JAPANが提供している電子マネー)と連動している点も、日ごろからYahoo!マネーを利用している人にとっては嬉しいと思います。

Yahoo!マネーについてはこちらから>>>Yahoo!マネーガイドページ

 

PayPayは登録したクレジットカードを支払い方法に設定することができますが、上限金額が設定されているので注意が必要です。

 

現時点ではどこからお金が支払われるかについてはPayPayの方が少しだけ有利かもしれません。

お金をチャージするのが面倒であればPayPayにクレジットカードを登録して支払いをしても良いでしょう。

 

登録したクレジットカードで支払うとは?

PayPayにはクレジットカードを登録することができます(LINE Payにも登録することができますが現状使い道は多くありません)。

クレジットカードを登録すると

決済・・・PayPay

支払い・・・クレジットカード

このようにPayPay残高を消費せずにクレジットカードで支払いができるようになるわけです。

 

あなたが持っているお財布を想像してみてください。

お財布の中には現金とクレジットカードがありますよね?

PayPayも同じように、支払い方法を現金(PayPay残高)か登録したクレジットカードか選択できるということです。

 

LINE PayとPayPayの比較③ チャージ方法

LINE PayとPayPayではチャージ方法にも違いがあります。

2018年11月現在、LINE Payのほうがチャージ方法の種類が多いです。

LINE Payのチャージ方法

銀行口座からチャージする方法

LINE Payに銀行口座を登録すると、登録口座の残高からチャージ出来るようになります。

銀行口座の登録は「本人確認」を兼ねているため、LINE Payで出来ることが広がります。

 

セブン銀行ATMでチャージずる方法

セブンイレブンなどに設置されているATMでLINE Pay残高をチャージすることができます。

ATMに表示されるQRコードを読み取って直接現金をチャージします。

LINE Payカードレジチャージ

リアルカードのLINE Payカードを持っていれば全国のローソン・ナチュラルローソンのレジでチャージすることができます。

QRコード・バーコードで店頭でチャージする

お店の人にQRコードやバーコードを読み取ってもらってチャージする方法です。

店頭でのチャージに対応しているお店は3つだけです。

  • AINZ&TULPE
  • LIPS and HIPS
  • アインズ

 

コンビニでチャージする方法

ファミリーマートのファミポートを利用してチャージする方法です。

 

ファミリーマートやセブンイレブンがお近くにあれば、コンビニチャージやセブン銀行ATMでのチャージが最適だと思います。

クレジットカードでのチャージには対応していないので、銀行口座を登録すればオンラインでチャージできるのですがそれ以外は店舗に行く必要があります。

 

PayPayのチャージ方法

銀行口座からチャージする方法

PayPayに登録した銀行口座からチャージする方法です。

PayPayとYahoo! JAPAN IDを連携して、Yahoo!ウォレットの「預金払い用口座」に登録している銀行口座を登録することになります。

現在60以上の銀行がYahoo!ウォレットの登録に対応していますが、三菱UFJ銀行からPayPayにチャージすることはできないので注意が必要です。

クレジットカードからチャージする方法

登録したクレジットカードからPayPay残高にチャージすることができますが、現在Yahoo! JAPANカードだけに限定されています。

Yahoo! JAPANカードを使っている人にとっては大きなメリットです。

チャージ方法はLINE Payのほうが多いので使いやすいですが、店舗に行く必要があります。

Yahoo! JAPANカードを利用している人はわざわざ現金をチャージしに行く手間が省けるのでPayPayのほうが便利に使えますね。

 

PayPayではクレジットカードを利用して決済・チャージする時の上限金額が設定されているので利用の際には注意が必要です。

LINE PayとPayPayの比較④ 還元率

LINE PayとPayPayのどちらを利用するべきか判断する基準として「還元率」がありますね。還元率が高ければお得に使えます。

どちらも支払い額の一部が還元される仕組みになっていますが、還元率が異なるので紹介いたします。

LINE Payの還元率

LINE Payでは支払額の一部が「LINEポイント」で還元され、月間の決済額に応じて還元率がステップアップしていく「マイカラー」というプログラムを採用しています。

LINE pay マイカラー

前月の支払実績によって、翌月の還元率が0.5%から最大2%までステップアップしていきます。

還元率が2%になる「グリーン」になるためには1ヶ月で10万円以上LINE Payで決済する必要があります。

 

またLINE Payでは2019年7月31日までの期間限定で「コード支払い」による決済の場合に還元率が「3%」上乗せされるキャンペーンを実施しています。

LINE Payコード払い上乗せキャンペーン

LINE Payを利用するなら「コード支払い」が絶対にお得です!

最低でも還元率が「3.5%」になります。

 

さらにLINE Payでは毎月月末に「Payトク」という還元率がアップするキャンペーンを開催しています。

獲得条件が毎回異なることがありますが、キャンペーン中はさらにお得になります!

 

PayPayの還元率

PayPayでは支払額の「0.5%」分のPayPay残高が還元されます。

ただし登録したクレジットカードでの支払いがいつでも利用できますので、ポイントが二重取りできることはメリットです。

 

また、2019年2月12日から5月31日まで限定で還元率が最大20%になる「100億円キャンペーン 第2弾」が開催されます。

キャンペーン中は最大20%のPayPay残高が還元されるのでお得です。

このキャンペーンでPayPayを知った人も多いのではないでしょうか?

LINE PayもPayPayもベースになる還元率は「0.5%」です。

どちらもキャンペーン中は還元率が上乗せされますが、長期的に考えると利用すればするほど還元率がステップアップしていくLINE Payのほうがお得と言えるでしょう。

LINE PayとPayPayの比較⑤ 使えるお店

還元率が高くても利用できるお店がなければ意味がありませんよね?

LINE PayもPayPayも利用できる店舗を事前に確認しておく必要があります。

LINE Payが使えるお店

主に利用できるお店を紹介いたします。

飲食店

  • 白木屋
  • 笑笑
  • 魚民
  • 千年の宴
  • 金の蔵
  • 月の雫
  • 東方見聞録
  • 和民

 

ショッピング

  • ローソン
  • ファミリーマート
  • Right-on
  • サンドラッグ
  • 阪急百貨店
  • 阪神百貨店
  • ジョーシン
  • ゲオ
  • アクアシティお台場
  • ココカラファイン
  • LOFT
  • くすりの福太郎

 

オンラインショッピング

  • ZOZOTOWN
  • 新ラクマ
  • FOREVER21
  • SHOPLIST.com
  • haco!
  • HMV ONLINE
  • LINE STORE

 

請求書払い

  • 東京電力エナジーパートナー
  • 九州電力
  • 東北電力
  • 健康家族
  • GMO後払い
  • ZOZOTOWN
  • [.ST]

 

また、「LINE Payカード」であれば国内外のJCB加盟店3,300万店舗で利用することができるので、クレジットカード同様に使えます。

LINE Pay公式サイト>>>LINE Payカードとは?

 

LINE Payが使えるお店はこちらの記事で詳しく解説しています。

新しく使えるお店が増えたら随時更新しているので是非ご覧ください。

PayPayが使えるお店

PayPayも2018年12月から「ファミリーマート」や「ビックカメラ」で利用できるようになるなど、徐々に拡大しています。

2019年2月PayPayが使える加盟店①
2019年2月PayPayが使える加盟店②
2019年2月PayPayが使える加盟店③
2019年最新 これからPayPayが使える予定の加盟店

PayPayが使えるお店・加盟店はこちらの記事でジャンル別に掲載していますので読んでみてくださいね!

 

またPayPayの特徴として、公式アプリを利用すると地図と連動して使えるお店を簡単に探すことができます。

PayPay-QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ
PayPay-QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ
開発元:PayPay Corporation
無料
posted withアプリーチ

 

PayPayアプリ内の地図 アイコン表示変更

どこで使えるか分からないという事態になりにくいので、この機能はとっても便利です!

公式アプリでPayPayが使えるお店を探す方法を解説しているのでチェックしてみてくださいね。

 

LINE PayカードならJCB加盟店で利用できるので便利です。ただし、「コード支払い」によるポイント上乗せにはなりません。

PayPayはこれから使えるお店がさらに拡大していくと予想できます。

さらにPayPayは公式アプリを利用することで瞬時に使えるお店が分かることが大きなメリットです。

まとめ:LINE PayとPayPayをどちらを利用するべきか?

スマホ決済サービス「LINE Pay」 と「PayPay」を5つの機能から比較しました。

それぞれ特徴があるのでどちらが良いとは言い切れませんが、2018年11月現在、決済やチャージの柔軟さでは「LINE Pay」がやや有利と言えるでしょう。

 

それぞれどんな人におすすめかまとめてみたので参考にしてみてください。

 

LINE Payはこんな人におすすめ!

  • スマホ決済のために他のアプリを使いたくない人
    →LINEアプリさえあれば使える
  • スマホ決済サービスをよく利用する人
    →利用額によって還元率があがる
  • AndroidでQUICPayを使う人
  • LINEポイントを消費したい人

 

PayPayはこんな人におすすめ!

  • Yahoo!サービスをよく利用している人
    →Yahooウォレットとの連携で銀行口座登録が簡単
  • Yahoo! JAPANカードを使っている人
    →クレジットカードからチャージできる
  • どこで使えるかすぐに知りたい人
    →公式アプリが利用しやすい

 

ちなみに僕はLINEモバイルを利用しているため、毎月基本料の1%のLINEポイントが付与されています。なかなかLINEポイントは消費する機会がないのでLINE Payを利用しています。

おすすめ格安SIMはLINEモバイル!メリットから解約方法まで徹底解説!格安SIMならLINEモバイルをおすすめします。LINEモバイルを使うメリット、お得に加入するキャンペーン情報、加入後の注意点から解約方法まで全ての情報をまとめて解説しています。...

 

LINE PayもPayPayも優れたサービスなのでキャッシュレス化を牽引してくれる存在になると思います。

どちらを利用したら便利でお得か参考にしてみてください!

 

ちびめがねアンテナではLINE PayとPayPayの最新情報を更新しています。

それぞれこちらの記事で情報を随時まとめていますので是非読んでみてください。

 

 

 

 

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいてありがとうございました!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA