LINEモバイル

LINEモバイルでUMIDIGI A3 Proが使えるか試してみました!

Amazonスマートフォン本体ランキングの上位に入っているSIMフリースマートフォンUMIDIGI A3 Proをご存知でしょうか。

  • ノッチ式5.7インチ全画面ディスプレイ
  • 12MP+5MPのデュアルカメラ
  • デュアルSIM

価格が抑えられていて、コスパの高いスマートフォンです。

 

格安SIMを利用している人は自分で端末を購入して、機種変更をすることが可能ですよね。

僕も格安SIMのLINEモバイルを利用しているので、対応端末であれば自由に機種を変えることができます。

LINEモバイルでは公式サイトで動作確認済みの対応端末を公開していますが、残念ながらUMIDIGIの情報はありませんでした。

 

そこで実際にUMIDIGI A3 Proを購入して、LINEモバイルのSIMカードが使えるか試してみました。

今回使用したLINEモバイルのSIMカードは次の2つです(どちらもカードサイズは「nanoSIM」)。

  • ドコモ回線 音声通話SIM(コミュニケーションフリープラン)
  • ソフトバンク回線 データSIM(LINEフリープラン)

UMIDIGI A3 Proを購入しようと検討している方や、これからLINEモバイルに加入しようとしている方の参考になれば嬉しいです。

 

なお、UMIDIGIの2020年最新モデル「S5 Pro」をこちらの記事でレビューしています。

LINEモバイルのSIMカードで動作確認を行っていますので、ぜひ併せてご覧ください。

>>【UMIDIGI S5 Proレビュー】2万円台の高コスパSIMフリースマホ!

UMIDIGI S5 Pro レビュー
【UMIDIGI S5 Proレビュー】2万円台の高コスパSIMフリースマホ!UMIDIGI(ユミデジ) S5 Proをレビューしています。2万円台で購入できるコスパの高いSIMフリースマホ。価格以上の性能を持ったUMIDIGIスマホの最高傑作です。技適マークあり。...

ドコモ・au・ソフトバンク・楽天のBand(周波数帯)

SIMフリーの端末を購入する時、端末がどのBand(周波数帯)に対応しているか調べることが重要です。

回線に対応していても、Band(周波数帯)に対応していなければ、電波を掴むことができず、通信できなかったり繋がりにくくなったりする可能性があります。

格安SIMでも各キャリアの回線を借りているので同様です。

大手キャリアが使用しているBand(周波数帯)は総務省のホームページで調べることができますが、本記事では最低限対応しておいて欲しいBand(周波数帯)を紹介いたします。

総務省ホームページ>>各携帯電話事業者の通信方式・周波数帯(PDF)

ドコモ回線に必要なBand(周波数帯)

LTE/4GBand1
Band3(東名阪で高速)
Band19(プラチナバンド)
3G(W-CDMA)Band1
Band6(FOMAプラス)
Band19(FOMAプラス)

ドコモ回線を利用する場合、Band1・Band19に対応していれば、ほぼ使えると考えていいでしょう。

Band3に対応していれば、東名阪地域で高速通信ができます。

3G回線のBand6・19は、エリア対策用のBandなので、山間部や地方都市にお住まいの方は対応していると繋がりやすくなります。

公式サイト>>通信・エリア

au回線に必要なBand(周波数帯)

LTE/4GBand1
Band18(プラチナバンド)
Band26(Band18を内包)
3G(CDMA2000)Band1
Band18

au回線を利用する場合は、Band1・Band18に対応している必要があります。

Band26は、Band18を内包しているので、Band1とBand26に対応していても問題ありません。

なお、auの3G通話は特殊で、CDMA2000に対応している必要があるのでご注意ください。

ちびめがね
ちびめがね
CDMA BC0(バンドクラス0)と記載されている場合もあります!

公式サイト>>エリア

ソフトバンク・ワイモバイル回線に必要なBand(周波数帯)

LTE/4GBand1
Band3
Band8(プラチナバンド)
3G(W-CDMA)Band1
Band8

ソフトバンクとワイモバイルは同じBandを利用しています。

最低限Band1とBand8への対応が必要です。

公式サイト>>サービスエリアマップ

楽天回線に必要なBand(周波数帯)

LTE/4GBand3(楽天回線)
Band18(パートナー回線)

楽天回線には3Gがありません。

そのため、3G通信専用端末では楽天モバイル(UN-LIMIT)を使えないのでご注意ください。

楽天回線はBand3を利用し、楽天回線提供エリア外ではauのBand18を利用します。

2020年8月現在、楽天回線提供エリアは狭い状況です。

公式サイト>>通信・エリア

UMIDIGI A3 Proの対応Band(バンド)周波数帯

Amazonの商品ページのスペックを確認すると、UMIDIGI A3 Proが対応しているBand(周波数帯)は以下のとおりでした。

3G:W-CDMA

  • Band1
  • Band2
  • Band4
  • Band5
  • Band6
  • Band8
  • Band19

 

W-CDMA方式のみ対応なので、au回線では利用できません。

ドコモ回線・ソフトバンク回線であれば、利用できます。

4G/LTE

TDD-LTE方式

  • Band38
  • Band40
  • Band41

FDD-LTE方式

  • Band1
  • Band2
  • Band3
  • Band4
  • Band5
  • Band7
  • Band8
  • Band12
  • Band13
  • Band17
  • Band19
  • Band20
  • Band26
  • Band28A / 28B

 

4G/LTEもドコモ・ソフトバンクどちらの回線にも完全対応しています。

どちらかの回線を利用した格安SIMであっても利用できるようです。

楽天モバイルは、Band3には対応しているものの、パートナー回線であるBand18に非対応なので、おすすめできません。

LINEモバイルのドコモ回線でUMIDIGI A3 Proを利用できるか

UMIDIGI A3 ProにLINEモバイル ドコモ回線(コミュニケーションフリープラン・音声通話SIM)のSIMカードを入れました。

UMIDIGI A3 ProにLINEモバイルdocomo回線のSIMカードを入れる

 

LINEモバイルのSIMカードを端末に挿入したら「APN設定」をする必要があります。

  • 名前 LINEモバイル
  • APN line.me
  • ユーザー名 line@line
  • パスワード line
  • 認証タイプ PAPまたはCHAP

詳しい設定方法はLINEモバイル公式サイトに掲載されているのでご確認ください。

LINEモバイル公式サイト>>APN設定方法(Android)

 

ドコモのSIMカードが認識されています。

UMIDIGI A3 ProはデュアルSIMに対応しているのでSIMカードを入れるスロットが2つありますよ。

UMIDIGI A3 Pro SIMスロット Docomo

UMIDIGI A3 ProでLINEモバイルのドコモ回線が利用できれば、暫く時間を置くと「4G」のマークが表示されるはずです。

 

無事に「4G」マークが表示されました!

LTEを利用した音声通話サービス「VoLTE」のマークも表示されていますね。

UMIDIGI A3 ProでLINEモバイルのドコモ回線が認識される

 

では実際にUMIDIGI A3 ProでLINEモバイルのドコモ回線が使えるのか回線速度を計測してみましょう。

回線速度の計測はGoogleの「インターネットスピードテスト」を利用します。

Googleの検索窓に「スピードテスト」と入力して検索すると利用できますよ!

Googleスピードテスト

 

こちらが速度計測の結果です。

UMIDIGI A3 Pro でLINEモバイルドコモ回線のスピードテスト①

 

かなり低速ですが、UMIDIGI A3 ProをLINEモバイルのドコモ回線で利用できました。

夜間は回線が混雑する時間帯なので低速になるのは仕方ないですね。

 

もう一度念のため計測してみましたが、やはり低速でした。

UMIDIGI A3 Pro でLINEモバイルドコモ回線のスピードテスト②

 

ちびめがね
ちびめがね
利用地域や時間帯によって速度に誤差があると思いますがLINEモバイルのドコモ回線でUMIDIGI A3 Proを使えました!

UMIDIGI A3 ProをLINEモバイルのソフトバンク回線で利用できるか

では次にLINEモバイル ソフトバンク回線のSIMカード(LINEフリープラン・データSIM)をUMIDIGI A3 Proに入れて試してみます。

UMIDIGI A3 ProにLINEモバイル ソフトバンク回線のSIMカードを入れる

 

ソフトバンク回線のSIMカードが認識されました。

UMIDIGI A3 Pro SIMスロット SOFTBANK

 

しばらくするとドコモ回線と同様に「4G」マークが表示されました。

UMIDIGI A3 ProでLINEモバイルのソフトバンク回線が認識される

UMIDIGI A3 ProはLINEモバイルのソフトバンク回線でも利用できるようです。

 

回線速度を計測してみます。

UMIDIGI A3 Pro でLINEモバイル ソフトバンク回線のスピードテスト

 

同じ時間帯、同じ地点で回線速度を計測したのですが、速度に明らかに差がありました。

LINEモバイルのソフトバンク回線は速いと聞いたことがあったのですが、まさかここまで差があるとは思わなかったので驚いてしまいました。

 

あまりにも回線速度に差があったので、時間をあけて再度LINEモバイルのドコモ回線の速度を計測してみました。

普段利用しているiPhone 6sでの速度計測結果なのですが、さきほどよりも速度は上がりました。

LINEモバイル ドコモ回線の速度を再計測

 

利用者が多い時間帯には回線が混雑しやすいので、速度は低下しがちです。

これはLINEモバイルに限らず、どの格安SIMでも同じような結果になります。

 

LINEモバイルのソフトバンク回線でもUMIDIGI A3 Proを使えることが分かりました!

ちびめがね
ちびめがね
回線速度に大きな差があったので、メインで利用する回線をソフトバンク回線にしようか悩んでしまいました・・・。

まとめ:LINEモバイルでもUMIDIGI A3 Proを使えます!

UMIDIGI A3 ProにLINEモバイルのドコモ回線・ソフトバンク回線のSIMカードを入れて使えるか試してみました。

対応エリアや利用時間帯で速度に差はあると思いますが、ドコモ回線でもソフトバンク回線でも使えます。

UMIDIGI A3 Proは対応Band(周波数帯)が多いので、広い地域で利用することが可能です。

もしあなたの住んでいる地域や、よく行く場所がどのBand(周波数帯)で利用できるのか分からなくては不安な場合はドコモ・ソフトバンクの公式サイトでエリア情報を確認してみてください。

 

せっかくUMIDIGI A3 Proを買ったのに使えなかった!なんてことにならないように気をつけましょう。

 

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいてありがとうございました!

 

ちびめがねアンテナではLINEモバイルのお得なキャンペーン情報や便利な使い方をこちらの記事で更新していますのでチェックしてみてください。

LINEモバイルの最新レビュー!3年使った感想は【おすすめ】です!格安SIM【LINEモバイル】を最新レビュー!3年実際にLINEモバイルを使っている僕が、プラン・料金・通信速度・お得なキャンペーン情報から解約方法まで詳しく解説いたします。...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA