スマホ決済アプリ

LINEポイントの現金化終了!LINE Pay残高への交換は2019年12月31まで!

LINEポイント2019年で現金化終了!

毎日スマホ決済している ちびめがね(@chibimegane_spp)です。

これまでLINEポイントは、1ポイント=1円のレートでLINE Pay残高への交換が可能でした。

LINEポイントをLINE Pay残高に交換する

 

しかし、2019年12月31日23:59までで交換サービスが終了します。

公式サイト>>LINEポイント 一部交換サービスの終了と提供元変更のお知らせ

 

LINEポイントをLINE Pay残高に交換すれば、出金が可能になり、現金化できていました。

>>LINE Payにチャージしたお金を出金する(現金化する)方法を解説します

LINE Payにチャージしたお金を出金する(現金化する)方法を解説しますLINE Pay残高を出金する方法を解説いたします。LINE Payの出金機能を使えばLINEポイントを現金化することも可能です。...
ちびめがね
ちびめがね
ポイントで持っているよりも、現金にしたほうが嬉しい人もいますよね!

 

2019年12月31日までで、LINEポイントは現金化できません。

また、LINE Pay残高以外にも、今後交換できなくなるサービスがあります。

娘
LINEポイントの交換以外の使い道ってなんだろう?

 

そこで本記事では、LINEポイントから交換できなくなるサービスや、今後のLINEポイントの使い道について解説いたします。

LINEポイントからの交換が終了するサービス

LINEポイントから交換できなくなるサービスは複数あり、終了する日付が異なります。

  • 2019年12月27日15:00に終了
  • 2019年12月31日23:59に終了

2日に分けて、交換サービスが終了します。

2019年12月27日15:00に終了

  • dポイント
  • nanacoポイント
  • メトロポイント
  • ベルメゾン・ポイント
  • JALマイレージバンク
  • Amazonギフト券(早期終了あり)
  • Pontaポイント(早期終了あり)
  • 選べるe-GIFT(早期終了あり)

あなたが日頃利用しているサービスもあるのではないでしょうか?

現在以下のレートで交換可能なので、早期終了の対象になっているサービスは、なるべく早く交換してしまうことをおすすめします。

サービス名最低交換ポイントレート
dポイント100ポイントから100P = dポイント 90P
nanacoポイント300ポイントから300P = nanaco 270P
メトロポイント300ポイントから300P = 270メトロP
ベルメゾン・ポイント300ポイントから300P = 270ベルメゾンP
JALマイレージバンク300ポイントから300P = 100マイル
Amazonギフト券550ポイントから550P = 500円
Pontaポイント500ポイントから500P = 450Ponta
選べるe-GIFT550ポイントから550P = 500円

 

2019年12月31日23:59に終了

終了するのは、LINE Pay残高への交換です。

LINE Pay残高へは、1ポイント = 1円から交換可能で、交換レートで損することがありません。

LINE関連サービスの様々なイベントで、LINEポイントが貰える機会があります。

 

例えば、LINEモバイルでは、新規契約者にもれなくLINEポイントをプレゼントするキャンペーンを開催することがあります。

>>ラインモバイルで併用可能な5050ポイント貰えるキャンペーン開催中!

LINEモバイルGOGO!2020!キャンペーン
LINEモバイルに新規契約で5050ポイント貰えるキャンペーン開催中!2019年12月20日からLINEモバイル(ラインモバイル)が開催している、新規契約で5,050円相当のLINEポイントかLINE Pay残高が貰えるキャンペーンを詳しく解説します。月額基本料半額キャンペーンと併用可能です!...

 

また、クレジットカードの発行や、サービスへの新規入会など、特定のアクションでLINEポイントが貰えることもあります。

これまではLINE Pay残高に交換して、支払いに利用したり、現金化したりすることが可能でしたが、今後はできません。

ちびめがね
ちびめがね
現金化できなくなるのは残念ですよね・・・。

 

なお、2020年1月1日以降にLINEポイントから交換できるのは、LINE MUSICクーポンだけになります。

2019年12月31日以降のLINEポイントの使い道

これまで各種サービスと交換していた人は、2019年12月の交換サービス終了後、LINEポイントを何に使えば良いのでしょうか。

おすすめの使い道は以下の3つです。

  1. LINE Payの支払いで使う
  2. 1ポイント=1円の商品を購入する
  3. LINE証券で投資をする

LINE Payの支払いで使う

LINE Pay残高への交換はできなくなりますが、LINE Payでの支払い時に利用することは可能です。

  • コード払い
  • オンライン支払い
  • 請求書支払い

いずれの支払いでもLINEポイントを利用することが可能です。

LINE Pay公式ブログ>>「LINEポイント」を活用する

 

ただし、コード払いについては、利用するポイントを指定できません

「LINEポイント利用」にチェックが入っていれば、LINEポイントが優先的に使用され、不足している場合はLINE Pay残高で支払います。

LINEポイントをLINE Payの支払いに利用する

 

例えばLINE Payで1,000円の支払いをする場合は、以下のように消費されます。

保有LINEポイント消費するLINEポイント消費するLINE Pay残高合計
300ポイント300ポイント700円1,000円
1,000ポイント1,000ポイント0円1,000円
1,200ポイント1,000ポイント0円1,000円
ちびめがね
ちびめがね
「オンライン支払」「請求書支払い」については、利用するLINEポイントを指定できます。

1ポイント=1円の商品を購入する

LINEポイントを利用して、商品を購入することが可能です。

LINEポイントで商品を購入する

 

1ポイント = 1円で計算された商品を購入すれば、損することはありません。

2019年10月現在、1ポイント = 1円で購入できる商品には、以下のようなものがあります。

  • スターバックスドリンクチケット
  • スターバックスフードチケット
  • Coke ONドリンクチケット
  • ローソン からあげクン
  • ミスタードーナツギフトチケット
  • サンマルク チョコクロチケット

この他にも、様々な商品をLINEポイントで購入できるので、LINEアプリの「LINEポイント」から確認してみてくださいね。

LINEアプリ内のLINEポイント

LINE証券で投資をする

LINEポイントを利用して、投資をしても良いかもしれません。

自分の貯金の一部を投資に回すのは抵抗あるかもしれませんが、副産物的に貰ったLINEポイントであれば、心理的なハードルは下がりますよね。

野村證券とLINE Financialの共同サービス「LINE証券」であれば、LINEポイントで投資が可能です。

LINE証券はLINEポイントで投資可能

 

しかも、新たにアプリをダウンロードする必要もなく、あなたが使っているLINEアプリで口座開設から投資まで全部できちゃいます。

LINE証券のメリット
ちびめがね
ちびめがね
LINEがあれば何でもできる!

 

取り扱っている金融商品は以下の3つ。

  1. 国内株
  2. ETF(上場投資信託)
  3. 投資信託

中でも、株式投資は1株数百円から投資ができるのでおすすめ。

ちびめがね
ちびめがね
LINE証券では「単元未満株」を購入できるので、少額投資が可能になっています!

一般的な株式取引は、単元株(100株単位)でのお取引となりますが、LINE証券なら、単元未満株でのお取引に対応しているため、1株からお取引できます。例えば、株価が3,000円の銘柄なら、最低でも30万円(100株)の資金が必要ですが、LINE証券なら、1株3,000円で購入することができます。

引用:LINE証券公式サイト

 

もちろん投資なので、価値が下がり、投資額よりも減ってしまうリスクはあります。

しかし、LINEポイントを利用し、少額での取引であれば安心ではないでしょうか?

 

LINE証券

公式サイト>>LINE証券

\ LINEポイントで投資 /

 

ちびめがね
ちびめがね
せっかく貯めたLINEポイントなので、なるべく損せずに利用したいですね!

まとめ:2019年12月31日以降はLINEポイントの現金化はできません

LINEポイントから交換できなくなるサービスや、今後のLINEポイントの使い道について解説いたしました。

2019年12月でLINEポイントから交換できなくサービスは、以下のとおりです。

  • dポイント
  • nanacoポイント
  • メトロポイント
  • ベルメゾン・ポイント
  • JALマイレージバンク
  • Amazonギフト券(早期終了あり)
  • Pontaポイント(早期終了あり)
  • 選べるe-GIFT(早期終了あり)
  • LINE Pay残高

普段、LINEポイントで交換しているものがあれば、なるべく早く交換してしまいましょう。

また、2020年1月1日以降、LINEポイントの使い道でおすすめなのは、以下の3つです。

  1. LINE Payの支払いで使う
  2. 1ポイント=1円の商品を購入する
  3. LINE証券で投資をする
ちびめがね
ちびめがね
LINEポイントを有効活用!

 

LINEポイントを現金化する場合には、LINE Pay残高への交換が必要でした。

2019年いっぱいで、終了するのはとっても残念です。

ただし、今後もLINE関連サービスでは、現在同様にLINEポイントを付与することがあるでしょう。

2020年に登場するVISA LINE Payクレジットカードのインセンティブ(利用特典)もLINEポイントです。

>>LINE Pay(ラインペイ)初年度還元率3%のクレジットカードを発表!

Visa LINE Payカード情報まとめ
LINE Pay(ラインペイ)初年度還元率3%のVISAクレジットカードを発表!スマホ決済サービスLINE Pay(ラインペイ)でVISAクレジットカードを導入することが発表されたので紹介いたします。初年度は還元率が3%のお得なクレジットカードです。...

 

あなたに最適なLINEポイントの使い道を、今から考えておきましょう。

僕はLINE Payの支払いに使用したいと思っています。

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

 

【2020年最新】LINE Pay(ラインペイ)とは?便利でお得な使い方を解説!スマホ決済サービスLINE Pay(ラインペイ)の新規登録方法、使い方、メリット、解約方法や最新情報まで詳しく解説いたします。...
LINE PayとPayPayどっちを使う?
LINE Pay(ラインペイ)とPayPay(ペイペイ)を6つの項目で比較!おすすめのスマホ決済はどっち?スマホ決済サービスLINE Pay(ラインペイ)とPayPay(ペイペイ)を「決済方法」「支払い方法」「チャージ方法」「還元率」「使えるお店」「キャンペーン」の6つの項目で比較しました。あなたにおすすめのスマホ決済はどちらでしょうか?参考にしてください!...
【最新版】LINE Pay(ラインペイ)が使えるお店・加盟店一覧スマホ決済サービスLINE Pay(ラインペイ)が使えるお店を支払い方法別に紹介いたします。新しくLINE Payが使えるお店が増えたら随時更新しています。...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA