スマホ決済アプリ

【2019最新】Kyashとバンドルカードを徹底比較!メリットや違いを解説します!

新しいもの好きの ちびめがね(@chibimegane_rv)です!

 

カードを発行しなくてもオンラインショッピングで利用できる「プリペイドカードアプリ」をご存知ですか?

なかでも人気なのは、以下の2つのアプリです。

  • Kyash
  • バンドルカード
Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード
Kyash(キャッシュ) – 誰でも作れるVisaカード
開発元:Kyash
無料
posted withアプリーチ
バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ
バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ
開発元:Kanmu, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

どちらも審査不要で即時発行して利用できるので大変便利です。

もちろん、2019年10月から始まった「キャッシュレス・消費者還元事業」にも対応しています。

 

娘
似たようなアプリだけど、どっちがいいの?

 

どちらのアプリを利用したら良いか迷っている人もいるのではないでしょうか。

 

そこで、本記事ではプリペイドカードアプリ「Kyash」と「バンドルカード」を以下の5つの項目で比較してみました。

  1. 発行できるカードの種類
  2. チャージ方法
  3. 利用限度額
  4. 手数料
  5. 特長

 

ちびめがね
ちびめがね
どちらのプリペイドカードアプリを利用するのがあなたにとって最適か参考にしてくださいね。

Kyashとバンドルカードの比較① 発行できるカードの種類

Kyashもバンドルカードもオンラインショッピングのみで利用できる「バーチャルカード」と実店舗でも利用できる「リアルカード」を発行することができます。

Kyashで発行できるカード

 

①バーチャルカード

国内外のVISA加盟店のオンラインショップで利用できます。

②リアルカード

国内外のVISA加盟店のオンラインショップに加えて国内のVISA加盟店の実店舗で利用できるようになります。

リアルカードを発行してアプリ内で有効化すると、発行したバーチャルカードとリアルカードの情報は統合されます。

 

Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード

Kyash(キャッシュ) – 誰でも作れるVisaカード
開発元:Kyash
無料
posted withアプリーチ

バンドルカードで発行できるカード

 

①バーチャルカード

国内外のVISA加盟店のオンラインショップで利用できます。

②リアルカード

発行手数料が300円かかります。

国内外のVISA加盟店のオンラインショップに加えて国内のVISA加盟店の実店舗で利用できるようになります。

③リアルプラスカード

発行手数料に600円かかります。

リアルカードの利用可能店舗に加えて海外の実店舗でも利用できるようになります。

さらに、ガソリンスタンド・宿泊施設でも利用できるようになります。

プリペイドカードはガソリンスタンド、ホテル、機内販売では利用できないことが多いです。

バンドルカード公式サイトのコラムに分かりやすい説明が記載されているので参考にしてみてくださいね。

バンドルカード公式サイト>>バンドルカードが使えないお店があるのはなぜ?

 

ちびめがね
ちびめがね
バンドルカードはリアルカードの発行に手数料がかかるので注意してくださいね!
バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ
バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ
開発元:Kanmu, Inc.
無料
posted withアプリーチ

Kyashとバンドルカードの比較② チャージ方法

Kyashとバンドルカードでチャージ方法も異なります。

Kyashのチャージ方法

  • Kyashに登録したクレジットカード
  • コンビニ
  • セブン銀行ATM
  • 銀行ATM(ペイジー)

2019年7月現在、4つの方法でチャージすることが可能です。

Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード
Kyash(キャッシュ) – 誰でも作れるVisaカード
開発元:Kyash
無料
posted withアプリーチ

バンドルカードのチャージ方法

  • ポチっとチャージ(有料)
  • ドコモ払い(有料)
  • セブン銀行ATM
  • コンビニ
  • 登録したクレジットカード
  • ネット銀行
  • 銀行ATM(ペイジー)
  • ビットコイン

2019年7月現在、8つの方法でチャージすることができます。

 

携帯電話料金と合算して払えたり、ビットコインでチャージすることもできるなど、バンドルカードの方がチャージ方法としては柔軟です。

ちびめがね
ちびめがね
ポチっとチャージには手数料がかかります。のちほどご説明しますね!

 

バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ

バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ
開発元:Kanmu, Inc.
無料
posted withアプリーチ

Kyashとバンドルカードの比較③ 利用限度額

Kyashもバンドルカードも不正利用からの保護など安心して利用できるように利用限度額が定められています。

Kyashの利用限度額

保有残高限度額

1,000万円

チャージ限度額

1日のチャージ限度額は50,000円です。

また残高が50,000円以上ある場合はチャージできません。

決済限度額

バーチャルカード リアルカード
24時間の限度額 30,000円 50,000円
1回あたりの限度額 30,000円 50,000円
1ヶ月の限度額 120,000円 120,000円
有効期限内(5年)の限度額 1,000,000円 1,000,000円
ちびめがね
ちびめがね
1,000,000円を超える利用があった場合は期限内でもカードが更新されるようです。

 

なお、2019年6月17日からは、登録クレジットカードの3Dセキュアに対応しました。

これに伴い、本人認証を行っていない場合の決済限度額が以下のとおりになりました。

24時間の限度額 5,000円
1回あたりの限度額 5,000円
1ヶ月の限度額 20,000円

 

Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード

Kyash(キャッシュ) – 誰でも作れるVisaカード
開発元:Kyash
無料
posted withアプリーチ

バンドルカードの利用限度額

保有残高限度額

バーチャルカード
リアルカード
リアルプラスカード
保有残高限度額 100,000円 1,000,000円

 

チャージ限度額

バーチャルカード
リアルカード
リアルプラスカード
1回あたりの限度額 30,000円 100,000円
1ヶ月の限度額 120,000円 2,000,000円
有効期限内(5年)の限度額 1,000,000円 無制限

 

決済限度額

1回あたり50,000円

 

Kyashは決済額に詳細な限度額があり、バンドルカードはチャージ額に詳細な限度額を設けています。

ちびめがね
ちびめがね
限度額が設定されているので安心して利用できますね!

 

バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ

バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ
開発元:Kanmu, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

Kyashとバンドルカードの比較④ 利用手数料

Kyashの利用手数料

Kyashで利用手数料がかかるのは海外の店舗で利用した時だけです。

海外サービス手数料として支払い額の3%が加算されます。

それ以外のサービスについては全て無料で利用できます。

 

Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード

Kyash(キャッシュ) – 誰でも作れるVisaカード
開発元:Kyash
無料
posted withアプリーチ

バンドルカードの利用手数料

バンドルカードでは手数料がかかる場合がいくつかあります。

  1. リアルカード発行手数料(300円/600円)
  2. ポチっとチャージ利用手数料(後述)
  3. ドコモ払い利用手数料(チャージ1回につき300円、6,000円以上のチャージだと6%)
  4. 海外事務手数料(4.5%)

 

ちびめがね
ちびめがね
手数料がほとんどかからない点で言えばKyashは優れていますね!

 

バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ

バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ
開発元:Kanmu, Inc.
無料
posted withアプリーチ

Kyashとバンドルカードの比較⑤ 特長

Kyashにもバンドルカードにも、メリットと言うべき特長があります。

Kyashの特徴:支払い額の1%がポイントバックされる

kyashポイントで1%還元

 

Kyashを利用するメリットは、最大1%のポイント還元があることです。

リアルカードでの支払い 還元率1%
バーチャルカードでの支払い 還元率0.5%

 

消費者還元事業と合わせれば、最大常時6%という強力な決済方法になります。

kyash+消費者還元事業で最大6%還元

 

支払額の1%~0.5%がKyashポイントとして、支払いから数日後に貯まり、貯まったKyashポイントは、1ポイント=1円ですぐに利用可能です。

対象外の取引もあるので注意が必要です。

  • 売上未確定のままのお取引
  • Kyash Visaカードを登録したQUICPayによるお支払い
  • 交通機関へのお支払い(定期券、乗車券、切符、回数券、特急券などの料金)
    鉄道、バス、モノレール、ケーブルカーなど
  • モバイルSuicaアプリでの購入、チャージ
  • Google Pay経由によるモバイルSuicaアプリでの購入、チャージ
  • 税金のお支払い
    ふるさと納税、税金各種
  • 公共料金のお支払い
    Kyash Visaカードがご利用いただけない場合もございます。
  • 寄付金のお支払い
  • 金券、商品券や有価証券等の現金同等物の購入
    また金券、商品券や有価証券等の現金同等物を販売しているサイトでの購入
  • 郵便局の販売サイトでのお支払い
  • 造幣局の販売サイトでのお支払い
  • 代金未回収が発生しているお取引
  • 本人または第三者による不正利用と弊社が判断したお取引

引用:Kyash公式サイト

 

また、Kyashを他のクレジットカード等と組み合わせることでさらにお得になります。

(例)クレジットカード+Kyash+PayPay=還元率3.5%

① 還元率1%のクレジットカードでKyashにチャージする

② PayPay(還元率1.5%)にKyash(還元率1%)を登録して支払いをする

 

①②の合計で実質還元率が3.5%になっちゃいます!

ちびめがね
ちびめがね
いつでも高還元率で利用できますよね!

 

Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード
Kyash(キャッシュ) – 誰でも作れるVisaカード
開発元:Kyash
無料
posted withアプリーチ

バンドルカードの特徴:お金がなくてもチャージができる

バンドルカード最大の特徴は今お金がなくてもチャージすることができる「ポチっとチャージ」が利用できる点です。

 

通常、事前にバンドルカードにお金をチャージをして、チャージ残高の範囲内で支払いを行います。

それが、ポチっとチャージを利用すれば上限額まではチャージせずに支払うことが可能です。

ポチっとチャージは3,000円~上限額(最大50,000円)の範囲内で月に何度でも利用できます。

上限額は利用状況によって変動します。

上限額の設定はバンドルカードが行うので、利用者では設定できません。

ポチっとチャージした金額は翌月末までに「コンビニ」「ネット銀行」「銀行ATM」で支払います。

ただし、ポチっとチャージを利用するには手数料が必要です。

  • 3,000円〜10,000円の場合: 500円
  • 11,000円〜20,000円の場合: 800円
  • 21,000円〜30,000円の場合: 1,150円
  • 31,000円〜40,000円の場合: 1,500円
  • 41,000円〜50,000円の場合: 1,800円

(例)3,000円のポチっとチャージを利用したら、翌月末までにチャージ額と手数料の合計3,500円を支払う必要があります。

ちびめがね
ちびめがね
便利なサービスですが手数料は割高と言えます!

バンドルカードは審査不要で親の同意があれば未成年でも利用できます。

上限50,000円とは言え、お金がなくてもポチっとチャージを利用すれば買い物ができてしまいます。

お子さんにバンドルカードを使わせる場合は親御さんが利用状況等の管理を徹底するようにしましょう。

ポチっとチャージの支払期限を過ぎると以下の措置もありえるので注意してください。

  • カードの利用停止
  • ポチっと申込み上限の制限
  • 第三者への債権譲渡
  • 支払期限の翌日から支払いに至るまでの、遅延損害金の請求

引用:バンドルカード公式サイト

 

ちびめがね
ちびめがね
Kyashにはポイントバックがあるので、バンドルカードよりもお得になります!

バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ
バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ
開発元:Kanmu, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 まとめ:Kyashとバンドルカードのどちらを利用するべきか

プリペイドカードアプリ「Kyash」と「バンドルカード」を「発行できるカードの種類」「チャージ方法」「利用限度額」「利用手数料」「特徴」の5つの項目で比較して紹介いたしました。

どちらのアプリも審査不要ですぐに使うことができるので便利です。

それぞれのメリットをまとめてみます。

 

Kyashのメリット
  • プリペイドアプリでは最高の1%還元!
  • 手数料がほとんどかからない!

Kyashの最大の特長は、1%のポイント還元です。

これだけでも利用する価値は十分にあると言えます。

また、友達に送金できたり、請求できたりする機能もあるので友達同士で使っている人が多いなら便利です。

 

バンドルカードのメリット
  • お金がなくてもチャージできる!
  • 充実したサポート!

バンドルカードを利用するメリットは「ポチっとチャージ」があることでしょう。

また、本記事を作成するにあたって、バンドルカードのサポートページを何度も参考にさせてもらいましたが、大変分かりやすかったです。

公式サイト内のコラムも充実した内容なのでおすすめです!

 

あなたに最適なプリペイドカードアプリはどちらでしょうか?

本記事を参考にして利用してみてくださいね!

Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード
Kyash(キャッシュ) – 誰でも作れるVisaカード
開発元:Kyash
無料
posted withアプリーチ
バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ
バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ
開発元:Kanmu, Inc.
無料
posted withアプリーチ
ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいてありがとうございました!

 

【2019年最新】スマホ決済アプリおすすめ5社を徹底比較!スマホ決済アプリ「PayPay」「LINE Pay」「Origami Pay」「楽天Pay」「メルペイ」を決済方法や還元率、使えるお店などで比較しました。あなたに最適なスマホ決済アプリを紹介しています。...
2019年10月スマホ決済各社で開催中のキャンペーン情報まとめ!2019年10月にスマホ決済サービス各社で開催中のお得なキャンペーンをまとめて紹介しています。毎月最新のキャンペーン情報を更新してお届けしています。...
【2019年最新版】スマホ決済におすすめのクレジットカードまとめ!バーコードやRQコードで支払いをするスマホ決済におすすめのクレジットカードを紹介します。クレジットカードを持っていない人や作れない人にもおすすめの方法も併せて紹介いたします。...
LINE Pay(ラインペイ)とPayPay(ペイペイ)を6つの項目で比較!おすすめのスマホ決済はどっち?スマホ決済サービスLINE Pay(ラインペイ)とPayPay(ペイペイ)を「決済方法」「支払い方法」「チャージ方法」「還元率」「使えるお店」「キャンペーン」の6つの項目で比較しました。あなたにおすすめのスマホ決済はどちらでしょうか?参考にしてください!...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

POSTED COMMENT

  1. ばんどーる より:

    Kyash
    現在はモバイルSuicaへのチャージは6000円以上の理由でもポイント付与対象外です。

    • ちびめがね より:

      ばんどーる様

      大変失礼いたしました。
      すぐに内容を修正いたします。
      この度は、ご指摘ありがとうございました。

      また、気付いた事がありましたら、何なりとご連絡頂ければと存じます。

  2. ニック より:

    タイトルは撤退ではなく、徹底比較が正しいのではないでしょうか

    • ちびめがね より:

      ニックさん

      コメントありがとうございます!

      ご指摘本当にありがとうございます。
      なんとも恥ずかしい…。
      すぐに修正いたします!

      ありがとうござしました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA