知って良かった最新情報

Crowd Cityで遊ぶと消費するデータ通信量はやや多いので注意です!

 

App Store無料ゲームランキングで上位をキープしている「Crowd City」をご存知ですか?

Crowd City
Crowd City
開発元:Voodoo
無料
posted withアプリーチ

 

指1本でできるシンプルで簡単なゲームですが、めちゃくちゃ面白くてハマってしまいますよね!

人気が出るのがわかります。

ただ夢中でやりすぎると気になってくるのがデータ通信量の消費量じゃないですか?

1GBや3GBなど毎月使えるデータ通信量は決まっているし、他にも使いたいアプリがありますもんね。

 

そこでCrowd Cityで遊んでる時にどのくらいデータ通信量を消費するのか測ってみたのですが、1分間に約5MBと少しだけ多く消費することがわかりました。

外出時に4G回線などで遊ぶ時には少しだけ注意が必要かもしれません。

 

本記事ではiPhone用ゲームアプリCrowd Cityで遊んだ時に消費するデータ通信量とデータ通信量の消費を節約する方法を解説していきたいと思います。

Crowd Cityで遊ぶ時に消費するデータ通信量は?

僕はLINEモバイルのコミュニケーションフリープランをdocomo回線で利用しています。

4G回線でCrowd Cityを5分間遊んだ時のデータ消費量は17.6MBでした。

5分間Crowd Cityで遊ぶと消費するデータ通信量

1分あたりのデータ消費量:3.52MB

 

続けてさらに5分間(トータル10分間)遊んでみるとデータ消費量は69.9MBに増えました。

10分間Crowd Cityで遊ぶと消費するデータ通信量

1分あたりのデータ消費量:10.46MB

 

さらに5分間(トータル15分間)遊ぶとデータ消費量は85.9MBに増えていました。

15分間Crowd Cityで遊ぶと消費するデータ通信量

1分あたりのデータ消費量:3.2MB

 

Crowd Cityを15分間遊ぶと85.9MBのデータ通信量を消費しました。

1分あたり5.72MBになりますので、他のゲームアプリと比べると少しだけ多いと思います。

 

あなたは1日にどのくらいCrowd Cityで遊んでいますか?

遊ぶ時間とデータ消費量を表にまとめてみると次のようになります。

Croud Cityで遊ぶ時間 データ消費量
30分遊ぶ 約171MB
1時間遊ぶ 約343MB
2時間遊ぶ 約686MB

 

ちびめがね
ちびめがね
データ通信量をできるだけ節約したいなら、遊ぶ時間は少し抑えたほうが良いかもしれませんね!

Crowd Cityをダウンロードする時のデータ消費量は?

Crowd Cityをダウンロードする時のデータサイズは約193MBです。

Crowd Cityをダウンロードする時のデータ消費量

 

ゲーム自体をiPhoneにダウンロードする時も大量のデータ通信量を消費するので気を付けましょう。

 

ちびめがね
ちびめがね
Crowd CityをiPhoneにダウンロードする時にはWi-Fiなどに接続することをおすすめします。

Crowd Cityが消費するデータ通信量が多い理由

Crowd Cityをプレイするだけなら消費するデータ通信量はそれほど多くないと思いますが、Crowd Cityは1プレイが終わるたびに広告が表示されています。

この広告がデータ通信量を多く消費していると考えられます

また、表示されている広告も「お試しプレイ」が出来るようなゲームの広告が多いので、なおさらデータ通信量を少し多く消費してしまう原因です。

 



Crowd Cityで遊ぶ時のデータ消費量を節約する方法

Crowd Cityに限ってのことではないですが、スマートフォンでは色んな事をしたいのでデータ消費量はなるべく節約したいですよね。

動画を観る機会が多い人ならなおさらそんな風に思うのではないでしょうか。

そこで、データ通信量の消費を節約する方法をいくつかご紹介いたします。

データ消費量を節約する方法① タウンWiFiを利用する

タウンWiFiというアプリをご存知でしょうか。

タウンWiFiバナー

タウンWi-Fiは駅や飲食店に設置されているフリーWi-Fiスポットに自動的に接続してくれる便利なアプリです。

接続可能なフリーWi-Fiスポットは日本全国50万か所以上もあります。

街中で動画を観たい時などに利用すると節約になりますよ!

見知らぬ人が同時に同じWi-Fiに接続するので、個人情報を取り扱うアプリを利用することは避けたほうが良いでしょう。

公式サイトはこちら>>タウンWiFi

ダウンロードはこちら

WiFi自動接続アプリ タウンWiFi
WiFi自動接続アプリ タウンWiFi
開発元:TownWiFi Inc.
無料
posted withアプリーチ



 

データ消費量を節約する方法② ギガぞうを利用する

ギガぞうもフリーWi-Fiスポットに自動的に接続してくれるアプリです。

ギガぞうバナー

ギガぞうの特徴は高セキュリティでフリーWi-Fiスポットに接続できることです。

Wi-FiのSSIDが暗号化されている「Wi2eap」で、さらに接続もVPNを使用しているので安心して利用できます。

また、LTEを圧縮してデータ消費量を節約する機能もあるのも特徴です。

 

ただ、ギガぞうは毎月500円の月額利用料がかかります。

2か月間無料体験も可能なので試しに使ってみても良いと思いますよ。

 

公式サイトはこちら>>ギガぞう

ダウンロードはこちら

ギガぞう - 速度制限対策アプリ
ギガぞう – 速度制限対策アプリ
開発元:Wire and Wireless Co.,Ltd.
無料
posted withアプリーチ

 

僕の利用している格安SIMのLINEモバイルもデータ消費量を節約できます。

LINEモバイルはLINEアプリの全機能をデータ消費なしで利用できます。

トークも通話もビデオ通話も一切データ消費がありません。

 

また、コミュニケーションフリープランならLINEアプリの他にTwitter、Instagram、Facebookのデータ消費も0(ゼロ)になります。

 

今なら「月額基本料が3か月間1,390円割引」「新規加入で5,000円分のLINEポイントが貰える」2つのキャンペーンを同時に開催しているのでめちゃくちゃお得です!

こちらの記事にキャンペーン情報を詳しく紹介しているので是非読んでみてください。

データ容量無制限のモバイルWi-FiルーターならCrowd Cityやり放題に

データ消費量を節約して速度制限を回避する方法もありますが、やっぱりデータ消費量を気にせずにスマホを使いたいですよね?

そんなあなたにオススメなのが「どんなときもWiFi」です!



「どんなときもWiFi」は一般的なモバイルWi-Fiルーターによくある「月間7GB」「3日間で10GB」のようなデータ通信量の制限がありません!

どれだけ利用しても通信制限ががかからないので安心してスマホを利用できます。

ちびめがね
ちびめがね
もし低速になってしまっても384kbpsは確保してくれます!

 

また、「どんなときもWiFi」はトリプルキャリア回線対応で、ドコモ・ソフトバンク・auすべての回線の中からエリアによって最適な回線を拾ってくるので幅広いエリアで利用できます。

繋がりにくいことが少なくて済みますよ!

ちびめがね
ちびめがね
トリプルキャリア対応なのはとっても安心です!

 

さらに料金も安心の2年間定額制です。

最初の2年間・・・3,280円(税抜き)

2年目以降・・・3,980円(税抜き)

最初の3ヶ月だけ安い、1年経過後急に利用料が上がる、なんて心配はありませんよ。

2年間ずっと固定額で利用できます!

 

家でも外でもデータ容量無制限で使える「どんなときもWiFi」を是非お試しください。

公式サイトはこちら>>どんなときもWiFi


まとめ:Crowd Cityで遊ぶ時は少しだけ注意をしましょう!

iPhone用ゲームアプリCrowd Cityで遊んだ時に消費するデータ通信量とデータ通信量の消費を節約する方法を解説いたしました。

1分間Crowd Cityで遊ぶと約5MBのデータ通信量を消費することが分かりました。

一般的なゲームアプリよりも少しだけ多いようです。

 

外出時など4G回線では遊ぶ時間に気を付けるようにしましょう!

やりすぎるとデータ通信量をすぐに消費していまいます。

 

少しでもデータ通信量の消費を節約したいのであればご紹介した「タウンWiFi」や「ギガぞう」を利用しても良いと思います。

また毎日スマホを長時間利用する人には格安SIMのLINEモバイルや、データ通信量無制限のモバイルWi-Fiルーター「どんなときもWiFi」もオススメです!

 

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいてありがとうございました!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA