ガジェット

AirPods(第3世代)は耳から落ちる?実機で検証!耳の形に要注意!

2021年10月26日に発売されたAirPods(第3世代)を購入しました。

AirPods(第3世代)
  • 空間オーディオ対応
  • アダプティブイコライゼーション
  • 長持ちバッテリー
  • 耐汗耐水性能
  • MagSafe・ワイヤレス充電対応

気になる性能を多数搭載した新型AirPodsなのですが、僕が最も気になったのが自分の耳に合うかどうか

ちびめがね
ちびめがね
いかに高音質でも高性能でも、耳に合わなければ使い物になりませんよね?

 

こちらの記事でも紹介しているのですが、僕の場合は耳の形状的にインイヤーイヤホンを使えません。

AirPodsが耳から落ちる!原因と対策は?
AirPodsもEarPodsも耳から落ちる。その原因は耳の形だった!Apple製イヤホンのAirPodsやEarPodsが耳から落ちてしまう原因は耳の形にあります。落ちやすい耳の形の解説や、おすすめ対策グッズを紹介いたします。...

装着してもすぐにポロッと外れてしまいます・・・。

すぐに落ちるEarPods

 

AirPods(第3世代)も旧モデル同様にインイヤータイプ。

ただAppleの説明によると、多くの人の耳にフィットする新しいデザインを採用しているとのこと。

AirPodsの新しいデザインは軽量で耳にフィットし、ちょうどよい角度に心地よく収まり、音を耳の中にダイレクトに届けます。

(引用:Apple公式サイト

ちびめがね
ちびめがね
さすがにインイヤーイヤホンが合わない僕にもフィットしてくれるのではないかと期待!

 

本記事ではAirPods(第3世代)が耳から落ちるのかどうか実機で検証した様子を紹介していきます。

忙しいあなたのために先に結論を言いましょう。

僕の耳には合わず非常に落ちやすいという結果になりました。

なお、AirPods(第3世代)はこちらの記事で詳しくレビューしているので本記事と併せて御覧ください。

【AirPods(第3世代)レビュー】メリット・デメリット・評価を解説!カナル型イヤホンが苦手な人におすすめ!AirPods(第3世代)を実機レビューしています。空間オーディオに対応するなど旧モデルから大幅進化!音質も低音が強くなり強化されています。カナル型イヤホンが苦手な人におすすめできるApple純正ワイヤレスイヤホンです。...

AirPods(第3世代)とは?メリット・デメリット・評価

AirPods(第3世代)

AirPods(第3世代)は2021年10月26日に発売された、Apple製のワイヤレスイヤホンです。

「耳からうどん」と揶揄されたスティックが短くなり、ハイエンドモデルAirPods Proのようなデザインに。空間オーディオに対応するなど機能面でも大きくパワーアップしています。

まずAirPods(第3世代)を購入するメリット・デメリット・評価をまとめて紹介します。

メリット

AirPods(第3世代)を買うべきメリットは以下のとおりです。

  • 耳に負担の少ないインイヤータイプ
  • 旧モデルより音質が向上
  • 空間オーディオに対応
  • ワイヤレス充電に対応
  • MagSafe充電対応
  • IPX4防水性能

デメリット

AirPods(第3世代)のデメリットとも言うべき注意点は以下のとおりです。

  • ノイキャン非搭載
  • 外部音取り込み非搭載
  • 23,800円という価格

評価

(4点/5点満点)

音質や機能は旧モデルから大幅に進化が見られ、実際に使ってみても非常に優秀なワイヤレスイヤホンだと感じました。当然iOSデバイスで使うことが大前提です。

23,800円という価格をどう考えるのかが購入のポイントになると思います。あと7,000円ほど追加すればノイキャンや外部音取り込み機能を搭載したAirPods Proが買えてしまいますからね?

この点、自分の耳にカナル型(耳栓タイプ)のイヤホンが合わずにAirPods Proが使えなかった人もいると思います。

まさにAirPods(第3世代)はそんな人の救世主となるべきワイヤレスイヤホンと言えるでしょう。

ちなみに、僕の耳の形にはAirPods(第3世代)は合わないので、使いたくても使えないイヤホンでした・・・。

AirPods(第3世代)は耳から落ちる?実機で検証

AirPods(第3世代)は耳から落ちやすいのか実際に試してみました。

AirPods(第3世代)のデザイン・形状

AirPods(第3世代)は、一見AirPods Proのようにも見えますが、旧モデルのデザインを踏襲したインイヤータイプ。

耳の穴に直接挿入するカナルタイプ(耳栓型)ではありません。

AirPods(第3世代)のデザイン AirPods(第3世代)のデザイン AirPods(第3世代)のデザイン AirPods(第3世代)のデザイン AirPods(第3世代)のデザイン AirPods(第3世代)のデザイン

 

一般的なインイヤーイヤホンとは異なり、独特な形状をしていますね。

AirPods(第3世代)を装着した様子

それでは早速実際に装着して落ちるのかどうか検証した結果をご報告。

装着した様子はこんな感じです。

旧モデルの長く伸びたスティックのような足が短くなって、AirPods Proを装着しているような雰囲気。

AirPods(第3世代)を装着
ちびめがね
ちびめがね
「耳からうどん感」が少なくてスタイリッシュ!

 

ただですね、もう装着した瞬間に分かってしまいました。

これは絶対に落ちやすいなと・・・。

イヤホンがただ耳の中に置いてあるような感じで全く安定していません。

軽く触れただけでポロッと落ちてしまいます。

AirPods(第3世代)が耳から落ちる
AirPods(第3世代)が耳から落ちる

 

静かに座っているだけでも不安定な状態ですから、運動なんて当然できません。

試しに頭を軽く降ってみるとこんな感じ。

頷くように頭を上下に動かしても外れませんが、イヤイヤと首を横に振るとAirPods(第3世代)が吹っ飛んでしまいました

AirPods(第3世代)が耳から落ちる
AirPods(第3世代)が耳から落ちる

 

残念ながら僕の耳にはAirPods(第3世代)は合いませんでした。

装着した感じ、旧モデルのAirPodsよりは若干安定していると思ったので、殆どの人の耳には合うんじゃないかと思います。

奇跡的に良い感じに装着できた場合は、首を振っても落ちませんでしたよ。

AirPods(第3世代)が耳から落ちる

AirPods(第3世代)が落ちやすい耳の形状

僕の耳にはAirPods(第3世代)が合いませんでしたが、それは僕の耳の形状が原因です。

僕の耳と妻の耳を並べて見てみましょう。

 

お分かりになりますか?

僕の耳には赤丸で囲んだ部分の軟骨が横に開いていますよね?

ちびめがね
ちびめがね
対珠(たいじゅ)と呼ばれる軟骨なんですよ!

 

本来この軟骨が立っているおかげでインイヤーイヤホンが引っかかって耳にフィットするのですが、僕にはそれがないのでポロポロ落ちてしまいます。

イヤホンを装着した様子がこちら。

 

妻の耳にはイヤホンが引っかかっているのが分かりますが、僕の耳の場合はただ置いてあるような状態になっていることが分かります。

 

試しに妻にAirPods(第3世代)を装着した状態で頭を振ってもらったり、ジャンプしてもらったりしましたが、全く落ちる様子はありませんでした。

僕は耳の専門家ではないので、これが原因ですとは言い切れませんが、恐らくAirPods(第3世代)のようなインイヤーイヤホンが落ちやすい原因の1つではあると思います。

もし、あなたがAirPods(第3世代)を購入しようと思っているなら、一度耳の形状を確認してもいいかもしれませんね。

AirPods(第3世代)を耳から落とさない対策

AirPods(第3世代)

 

僕と耳の形状が似ている人や、その他の原因でインイヤーイヤホンが落ちやすい人。

また、AirPods(第3世代)が耳から落ちてしまわないか不安な人。

そういう人におすすめの対策は、イヤホンにカバーを装着することです。

まだAirPods(第3世代)は発売されたばかりなので専用カバーの種類は少ないですが、これから数多く出回るはずです。

参考に僕がこれまでEarPodsやAirPods(旧モデル)を使っている時に落ちないように試したイヤホンカバーや、実際に使ったAirPods(第3世代)向けのイヤホンカバーを紹介いたします。

イヤホン用スポンジカバー

こちらはイヤホンが入ったあとの耳の空間を埋め、さらに耳との摩擦が増えて外れにくくなります!

ただ、耳の小さい人や女性には少しキツいかもしれないので注意が必要です。

シリコン製カバー

耳の小さな人や女性にはこちらのシリコン製のカバーがおすすめです。

スポンジほど厚みがないので、丁度いいはずです。

ただし、使い続けると摩耗して表面がツルツルになり滑りやすくなります。

何個か入っているので、気になったら交換するのを忘れないようにしましょう!

フック付きシリコン製カバー

AirPodsやEarPodsが耳に合わない僕でもこれは外れにくかったです。

耳の隙間を埋めてくれて、さらに耳の穴の上の隙間にひっかかるフックがついているので、ちょっとやそっとじゃ外れなくなります。

こちらもシリコン製なので定期的に交換した方が良いですよ。

ちびめがね
ちびめがね
一番のオススメです!

(購入済)付けたままケースに収納できるシリコン製カバー

AirPodsやAirPods Proを使っている場合、カバーを付けているとケースに収納できないこともあります。

元々イヤホンにカバーを付けることなんて想定しないで作られていますからね?

そういう場合には、薄型でシリコン製のカバーを装着するのがおすすめです。

実際に「【Fit in the case】Auyuiiy AirPods 3 イヤーピース」を購入して試してみました。

AirPods(第3世代)向けイヤーカバー

 

ケースに収納できる点が特徴なので、めちゃくちゃ薄いです。

AirPods(第3世代)向けイヤーカバー AirPods(第3世代)向けイヤーカバー

 

こんな感じでイヤホンにピタッとフィットしてくれるので、充電ケースにも収納できました。若干蓋が閉まりにくい感じはしますが、充電できないようなことはありません。

AirPods(第3世代)向けイヤーカバー AirPods(第3世代)向けイヤーカバー

 

シリコンによる摩擦の影響で安定感が増すイメージ。もともとAirPods(第3世代)を使っていても落ちにくい人が保険のために装着すのに向いていると思います。

AirPods(第3世代)のスペック

再生時間音楽等:6時間
空間オーディオ:5時間
通話:4時間

ケースと併用:最大30時間再生
充電時間イヤホンの充電がなくなった場合に、充電ケースでの5分間の充電で1時間の再生が可能
バッテリー容量充電ケース:345mAh
イヤホン:不明
充電端子Lightning
ワイヤレス充電対応
MagSafe / Qi
重さケース:約37.91g
イヤホン:約4.28g
BluetoothVer5.0
通信距離不明
防水規格IPX4(イヤホン・充電ケース)
チップ(SoC)Apple H1
Bluetoothプロファイル不明
対応コーデックAAC,SBC
ドライバーサイズ不明
周波数応答不明
インピーダンス不明
センサーデュアルビームフォーミングマイク
内向きのマイク
肌検出センサー
動きを感知する加速度センサー
音声を感知する加速度センサー
感圧センサー
テクノロジー空間オーディオ
ダイナミックヘッドトラッキング
アダプティブイコライゼーション
専用の高偏位Appleドライバ
専用のハイダイナミックレンジアンプ

まとめ:AirPods(第3世代)は僕の耳には合いません!

AirPods(第3世代)

 

AirPods(第3世代)が落ちやすいのかどうか実機を使って検証してみました。

残念ながら僕の耳の形状が変わっているので、AirPods(第3世代)はポロポロと落ちてしまい、まともに使うことはできないようです。

ただ僕が特殊なだけであって、多くの人の耳にフィットする形状・デザインだと思います。

購入前に落ちてしまわないか不安な場合には、本記事を参考に耳の形を確認してみてください。

ちびめがね
ちびめがね
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

Amazon
Music Unlimited
\ お得なキャンペーン開催中 /

初めてAmazon Music Unlimitedを利用する人限定で・・・

なんと3ヶ月間無料で利用できるキャンペーン中!

 

通常月額980円なので2,940円がタダ

Amazonプライム会員の人は、月額780円なので2,340円がタダになります。

7,500万曲が聴き放題なAmazon Music Unlimited。

スマホにアプリを落とせば、いつでもどこでも好きな音楽を楽しめます。

楽曲をダウンロードすればオフライン再生もOK。

しかも2021年10月19日からは待望の空間オーディオにも対応しております。

 

このキャンペーンは利用しないと絶対に損です!

2022年1月10日までの期間限定キャンペーンなので登録をお忘れなく。

公式サイト>>Amazon Music Unlimited

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA